• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
【業界初!保安基準適合 REALワイドトレッドスペーサー】 ※2015.11現在



【LINE@KSPでお得情報を配信中】




【KSPウェブショッピングサイト】




【KSPリアルタイム情報満載】



【ヘッドライト光軸コントローラー 作動イメージ動画】


KSP-ENGのブログ一覧

2015年07月28日 イイね!

毎年恒例!NSXエアコン修理の最新手法です!

毎年恒例!NSXエアコン修理の最新手法です!こんにちは!

今日も猛暑が続いてます。。

午前中の早い時間は雨が降りましたが、もうカラカラになってます。。笑








さて、今年もエアコンメンテ、修理など連日のように作業してますが

今シーズンから新たな手法でメンテ出来るようになりました。


このNSXもエアコントラブルで入庫

既にコンプレッサーから異音がしてました。



異音がしてると言う事は内部でブローしてる可能性が大です。


これはリビルト品に交換です。


新しいコンプレッサー


ここからが先シーズンと違う手法。

もう何回か違う車種でも紹介してると思いますが、あらためてご紹介です。

コンプレッサーがブローしたと言う事は細かい削りカスなどが配管に周ってる可能性が大です。

毎年NSXのエアコン修理をしてますが、この機械はKSPにとって必需品になりました!

メーカーではコンプレッサーの負担を減らして燃費向上、エンジンの負担を減らすなどなど

アピールしてましたが、KSPでは洗浄が一番役立ちそうです!

今までは一部配管途中を分解して、パーツクリーナーで流したり、時には

部品交換をして対処してましたからね。。

それでも配管システムの全部交換するわけにいかないし、どこかに残ってる可能性がありました。

それが流れ出すと減圧弁などに詰まったり、新しいコンプレッサーに周ると

寿命が短くなる可能性もあったわけですが、

新しい手法ではコンプレッサーに繋げる配管に、マシンのパイプを直接取り付けて

高圧で液状化したガスを大量に流してシステム内を洗浄します。

これは画期的でした。^^



新しいコンプレッサーを取り付ける前に洗浄開始


過去に漏れチェックで入れられたような蛍光剤などの不純物は古いオイルと一緒に

ココに溜まります。


配管途中にある窓


洗浄が開始されると物凄い勢いで液状化したガスが流れる。

ある程度の時間を掛けて循環させます。

この勢いは最初見たときメカニック全員が「おーー!!」でした。。笑

ちなみにこの流れは一方通行では無いので効率よく洗浄が出来ます。


循環してるガスの液体はこのフィルターでろ過されてます。


洗浄してる間に新しいコンプレッサーの下準備

今回はレシーバーも交換します。


配管内の洗浄とパーツの交換をしてガスチャージ開始です。

これもメーカー指定の規定量をきっちり注入できますので、コンプレッサーに

余計な負担が出ません。

エアコンガスは多くても少なくても効率が落ちます。


今まではアナログのメーターを見ながらメカニックの判断で注入してましたが

今後は5g単位で規定量きっちり注入しますよ!^^

入れるガスも一度マシンの中に取り込みながら純度を上げて入れますので

エアコンの効率も上がりました。

予断ですが、1缶200gのガスを前もってマシンに溜めるですが、コレ結構バラつきが

あるんですね。。

実はこの缶200g入ってない!っても発見しました。。笑


噴出し口からの温度もチェック!


これでエアコンに関しても完璧なメンテが出来るようになりました!

コンプレッサーを交換しない通常のガスチャージも効果があります。

現状のガス量がどれくらい入ってるのか?!漏れはないか?!など

チェックしながらエアコンガスを一度回収してクリーニングしながら純度を上げて再注入しますので

エアコンの効率が上がります!ぜひ一度お試しください!^^



Posted at 2015/07/28 12:19:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSX電装系 | イベント・キャンペーン
2015年07月01日 イイね!

NSX LEDヘッドライト施工

NSX LEDヘッドライト施工こんにちは!

今日は本格的な雨降りですね。。

さてさて、ちょっと前に作業したNSXのヘッドライト作業

今回はヘッドライトに定番なHIDでは無く、

オーナーさんの要望もあり

LEDにしてみました!



ちなみに取り付ける前のライトトラブル

片側だけ暗くて点灯の仕方が変な症状です。

まずはこれを治してから取り付けです。


実はこのトラブル、、かなり根が深くて治すのに時間掛かりました。

つい先日同じトラブルのNSXが修理依頼に来ましたが、現在は修理方法を確立

してるのでサクサク治しましたが、最初は悩みましたね。。


配線トラブルを治して、ヘッドライト本体にLEDバルブを取り付け

これ、ライト裏側の加工もあるのでイメージしてたより大変でした。。

まぁ、HIDのように四角いバラストが無い分、見た目の収まりは良いですが。


フォグもLEDバルブに交換


ヘッドライトもフォグもLEDバルブに交換しました。


暗くなるのを待ってから点灯!

一昔前のLEDとはパワーが違いますね!?

外からだと十分明るく感じます。


参考までに向こうの黄色NSXがノーマルハロゲンライト

比べると白さが際立ちます!


目線の明るさ。。

工場内では十分明るく感じますね。

色目の問題もありますが、現時点ではシンプルな取り付け、色目の

ファッション性などを考えるならLEDライト、実用性重視ならHIDって感じでしょうか?!


続いてマフラー交換

KSPオリジナルマフラーの取り付け。

程よい音量なので人気があります。






ありがとう御座いました!^^




Posted at 2015/07/01 12:11:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSX電装系 | イベント・キャンペーン
2015年06月29日 イイね!

エアコントラブルの季節ですね!最新技術で解決!NSXの巻

エアコントラブルの季節ですね!最新技術で解決!NSXの巻こんにちは!

今日は梅雨空が一旦落ち着いて晴れ間が出てます。

毎年恒例ですが、この季節に多く依頼される整備、トラブルがエアコンです。

特にNSXの作業依頼がとても多くなります。

そこで今シーズンから最新の機械を導入することにしました!




詳しくは後ほど。。

まずは作業記録を見てください!


エアコントラブル・・この車もその1台

熊本から陸送でやって来ました。。

近所のディーラーさんで見て頂いたそうですが、完治しないのでKSPに入庫に

なりました。



症状としては定番のガス漏れとコンプレッサーの異常

NSXでは良くある症状

まずは点検しますが、漏れは配管のつなぎ目や室内のエバポあたりから漏れるのが

多いので周辺をチェック


点検した結果エバポからの漏れを確認

これは交換するしか無いですね。

今回は調子悪くなっていたコンプレッサーとレシーバーも交換


左が新しいエバポレータ


以前どこかで入れられたであろう蛍光剤。。


中で漏ってる蛍光剤

ここから中身が漏れるのはおかしいので交換になります。


こんな感じで漏れの出たエバポ交換やコンプレッサー交換などの作業は

先シーズンまでと同じ。。


全ての修理をしたココからが今シーズンから違います。

このエアコンシステムの最新診断装置!


今までは昔ながらのコレでガスの注入をしてましたが、ガスの量というのは

エンジンオイルのように規定量が決まってます。

その規定量をきっちり入れるのはメカニックがゲージを見ながら圧力と何缶入れたか?!

「こんなもんだろ」と言う経験で対応してたんですが、

この曖昧な感じがコンプレッサーに負担が掛かったりする原因の一つになってました。


更にこの装置の凄いところ。。

その車に指定されてる規定量を正確に入れるのは当然ですが、現状入ってるガスを

大気開放せず、一旦回収。その回収するときに車両システム内の不純物なども

一緒に回収します。

例えば過去どこかで入れられたこの漏れを確認する「蛍光剤」

これはエアコンシステムにはあまり良くありません。

コンプレッサーの負担や詰まりの原因になったりします。


今回コンプレッサーやレシーバーの交換もしましたが、故障したコンプレッサーを交換すると

言うことは不純物が配管に回ってる可能性が大なわけで、

今までは配管パーツの交換や、パーツクリーナーなどで可能な限りの洗浄で対応

してましたが、やはり完全には取りきれず、新しいコンプレッサーに交換したのに

数年でまたコンプレッサートラブルや、配管途中の減圧弁など特に細い部分が

どこかに潜んでいた不純物で目詰まりしたりする可能性もありました。

全てのパーツを新品交換すれば良いですが、工賃なども含めると

費用負担も高額になりますからね。なるべく少ないパーツ類で対応してました。


それがこのオイルフラッシング機能を使えば高圧側、低圧側両方からクリーニングが

出来ます。

簡単に言えば、何年も経ったエアコン配管の中には色んな不純物があり、それが

原因でトラブルを引き起こしていました。

通常のエアコンガス注入ではこれを解決する事が出来なかった訳ですが、

ガスの注入と同時に不純物を取り除きながらガスを規定量注入する事が可能になりました。


分離された不純物などはここに溜まります。


200gと表示されてるガスですが、実はバラつきがありますね。


一度回収されたガスや内容物はココで分離されて新品ガスより純度が高くなり

車側に注入されます。


この機械の一般的な効果は

規定量きっちり入れることでコンプレッサーの負担を減らして燃費向上

真空引きから一度も外さず純度の高いガス注入まで入れられるのでエアコンの効率UP

などなどですが、KSPでは違う方向で魅力を感じて導入しました。

車を趣味として使ってるオーナーさんのエアコンシステムの修理やガス注入。

大事に乗る車にはとても使える機械だと思います。

もちろん今回エアコンシステムの修理をしたこのNSXでも使用しました。

また現在お預かりしてるNSXのエアコントラブルにも活躍します。

こちらもコンプレッサー交換なので外したついでに配管内をクリーニングしていきます。


これでエアコントラブル時の怪しいと思われて交換してた

部品交換が少しでも軽減されれば良いと思います。

またその他、エンジンメンテなどの作業でエアコンガスの抜き替えが必要な作業時も全て

この装置で対応します!

詳しい施工はぜひぜひお問い合わせ下さい!

















Posted at 2015/06/29 12:38:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSX電装系 | イベント・キャンペーン
2014年11月04日 イイね!

NSX メーター修理 マニアックだよ!

NSX メーター修理 マニアックだよ!こんにちは。

このところ
メーターの修理依頼が度重なったんだけど
今回依頼されたタコメーター不動はちょっと手強かった。








オーナーさんの話では
走行中 タコメーターの針がフッと0に落ちて
それきり動かなくなったとのこと。

車輌側に原因がある可能性もあるんだけど
オーナーは自分でメーター脱着が出来るとのことなので
とりあえず
メーターを単体で外して送ってもらった。


届いたメーターAssyを分解し 基板を目視チェックすると
例のごとく
電解コンデンサーからの液漏れがかなり進行している。

で、基板とパネルを組み合わせて
検証機DANに載せてパルスを入れてみるんだけど
やはりタコメーターは動かない。

スピードメーター側は?とチェックすると
20キロほどで針の震えがあって180キロ域ではかなり低めを指す。
これは
良くある症状なのでついでに修理することにするんだけど

正直
タコメーターが治せるか自信が無かったので
まずはタコメーター基板から修理を試みる。


メーター不調の原因は
ほとんどがコンデンサーの液漏れで
漏れた電解液で基板が損傷している事が多いので
コンデンサー交換だけじゃ治ってくれないことが多いんです。

NSXのメーターはかなり旧式で(そりゃ、設計は昭和でしょうから)
集積度も低いので我々でも手が出ます。
タコメーター側には
メーターの駆動回路部分 球切れや半ドアのワーニング回路
など、パートごとに分かれているから

ICやトランジスターを含めて怪しい部分の部品を基板から全て外し
基板を清掃 パターンの修理を行って
再び部品を半田付けして電解コンデンサーは全て新品交換。

症状が軽ければこれで治ってくれるんだけど
今回は針がピクリともしない・・

さらに調べていくと
トランジスターが1個壊れていることが分かって
交換したら正常になった。

スピードメーター側も修理して
再びDANに載せてチェックすると
動作は全て正常になった。
各回転数&速度域でエラー補正を行って作業は完了。


先々月にもタコメーターが
突然動かなくなったということで
修理依頼品が送られてきたんだけど
これは抵抗がショート状態だった。

どうも
スピードメーターよりタコメーターの方が故障事例は多いみたい。

ちなみに
この手の修理作業を行う時
ハンダ吸い取り機は必須工具です。
エンジンコンピュータからROMを外す時なんかにも使うけど
半田ごてみたいに先端が加熱されて 基板のハンダを溶かし
スイッチオンでバキュームでハンダを吸い取る。
これが無いとICは外せないんだよねぇ。


それと老眼鏡!
若い頃は細かい物も全然見えたんだけど
最近は
電子部品に刻印された文字が霞むんだよねぇ・・
抵抗のカラーコードも
1/8Wとかの小型だと滲んでよく見えなかったりする・・
そこで老眼鏡をかけてみると
これがまあ 悔しいくらいよく見えるんだなぁ。。

まあ、日常生活では全然困らないレベルだから
いいんだけどねぇ・・




Posted at 2014/11/04 11:17:22 | コメント(5) | トラックバック(0) | NSX電装系 | イベント・キャンペーン
2013年07月31日 イイね!

メーター修理1号 検査機の続き。。

メーター修理1号 検査機の続き。。こんにちは。

さっそく
検査機が役に立ちました。

手元に
速度エラーが非常に大きいメーターが1個と
同様に
速度エラーの補正が出来ず困っていたお客さんのNSXが有ったので
これの修理にチャレンジ。






手持ちのスピードメーターは
180Km/h信号を入れても120Km/hくらいまでしか上がらず
お客さんのNSXは100Km/h弱までしか上がらないという
実速に対して表示が著しく低いという症状で

基板に実装された部品を
良品の基板の部品と片っ端から交換してテスト・・をやるつもりで
数回部品交換を繰り返して故障部品を探っていたら
あっさりと
壊れている部品を発見。


ありゃま・・簡単に見つけちゃったよ。。
やっぱり
計測治具があると作業が楽だねぇ。

この検査機では
スピード&タコ 各単体で動作させられます。


とりあえず
スピードメーターのエラー修理を行って完了したので
ついでにタコメーターもチェックしてみたら
この車輌では
8000rpm信号を入れて針の表示は8300rpm近辺を指してましたね
せっかくなので
アイドリングから全域で
実回転数に対してほぼピッタリになる様に補正しました。


そんなわけで
とりあえず
スピードメーターが
実速より速度表示が著しく低くなる傾向の修理は2例経験しました



まだまだ
色々なトラブルがありそうだけど
こうやって
経験を積んでいけば
様々なトラブルに対して修理対応が出来る様になれそうです。

Posted at 2013/07/31 15:27:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | NSX電装系 | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「NSX日帰りインジェクター洗浄 http://cvw.jp/b/711133/39990093/
何シテル?   06/25 15:27
国産車、輸入車問わず皆さんに満足して頂ける商品開発、販売をしていきますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

KSP-CARS 特選中古車・高価買取 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:20:57
 
KSP動画コンテンツページ 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:18:47
 
KSPフォトギャラリー 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:17:39
 

お友達

KSPエンジニアリングです。お気軽にお友達登録お誘い下さい!
スーパーカーのイメージが強いですが、国産車の新製品情報も配信しております。
各種、施工例、キャンペーン情報、お買い得情報などなど最新情報を真っ先にご案内致します。
1184 人のお友達がいます
EARTHEARTH * R Magic おーはらR Magic おーはら *みんカラ公認
Bee♪Bee♪ * りゅうじん@黒豹FDりゅうじん@黒豹FD *
三十爺三十爺 * Blue-アルchanBlue-アルchan *

ファン

493 人のファンがいます

愛車一覧

フェラーリ 360モデナ KSP 360 Challenge (フェラーリ 360モデナ)
現在は360チャレンジ (modena/スパイダー/チャレンジストラダーレ含む)
ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター
KSP Aventador roadster LP700-4
AMG Gクラス W463 G63AMG Model2012 (AMG Gクラス)
オリジナルパーツ開発、装着・ドレスアップ等
ホンダ NSX ホンダ NSX
KSP NSX ストリート~サーキット走行会まで対応するコンセプトで仕上げました。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.