• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
【業界初!保安基準適合 REALワイドトレッドスペーサー】 ※2015.11現在



【LINE@KSPでお得情報を配信中】




【KSPウェブショッピングサイト】




【KSPリアルタイム情報満載】



【ヘッドライト光軸コントローラー 作動イメージ動画】


KSP-ENGのブログ一覧

2017年02月26日 イイね!

NSX内装関係リフレッシュ

NSX内装関係リフレッシュ

こんにちは。。


少しずつ暖かい日もあり、春の兆しもと思っていると
雪がチラついたりで、まだまだ油断できませんね。


早く夏タイヤに戻したい・・・・




さて・・・
NSXはエンジンメンテや足回りなど紹介が多いですが
内装関係も作業していますよ。。





こちらのNSXは・・・・






まずは、
ブレーキとクラッチマスター交換と同時に、
クラッチのダンパーレス&Rペダルに交換と




ヘッドライトのLowビームにHID取付とポジションをLEDに交換。

テールランプ交換は前期テールは廃番なので中古持ち込みです。


そしていよいよインテリア関係で・・・

02Rメーターの組み込みです。



メーターを外して・・・




分解します




メーター裏は画像のように結構汚れていますので、まずは清掃します。




続いて基盤の加工・・・




そしてメーターを組み込み、専用テスターで補正作業を行います。




NSXも年式的に樹脂などの部品は劣化していて
色々なところが割れたりしてきています。
この車輌もそんなケースで・・・
レンズのネジ取付部が割れてしまっていたので
補修で対応しました。




あとは、内部に埃やゴミが入らないようにエアーで清掃しながら、
新品のアンダーバイザーやレンズを組み込んで完成です。




車両に取り付けて動作チェック
電球も全て交換したので、明るくて見やすいですね(^^)




続いて・・・
シートを外してフロアーマットを・・・






02R用に交換♪

これは、もう手に入らないのでオーナーさんの持ち込み。

赤いフロアマット綺麗で良いですね(^^)




さらに・・・
ドア内装のガーニッシュ交換
この部品はよく割れるので、グラグラしていたり
ういている車両も多いです。
オーナーさんも気になっていたようで・・・
追加作業で左右とも交換となりました。
内装を外すついでにスピーカーリッドも持ち込みで交換しました(^^)



ありがとうございました。









KSP LINE@を始めました。
LINE@に登録頂いたお客様には
LINE@限定のお得な情報も
定期的に配信予定です。

もちろん登録料・維持費などは
一切かかりません。無料です。
こちらの登録も是非お待ちしております。

Posted at 2017/02/26 15:48:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSXインテリア系 | イベント・キャンペーン
2015年08月10日 イイね!

NSX純正電動シート不動!修理可能かな!?検証中です。。

NSX純正電動シート不動!修理可能かな!?検証中です。。こんにちは!

まだまだ暑い日が続いてますが、夜は

少しずつ涼しさを感じられる日が有りますね。

さて、本日の作業ネタはNSXの純正電動シートです。






これ以前から電動シートが動かなくなった事例は有りましたが、

壊れたらRのようにフルバケに換えたりして対処することが多かったんです。

でも中には純正が良いと思うオーナーさんがいるのは当然なので

ちょっと前からいらなくなったシートを分解して検証してました。



最初に予想されたのはモーターの故障

まぁ、モーターは部品で出るのでこれなら修理は簡単なんですが、

今回はモーターではない部分が不調になってました。


このシートはモーターは動くけど作動しないという事例

どうせゴミ箱行きだったシートなのでバラバラにしてみました。


この状態ならモーターは作動する


モーター側ではない稼動部分の分解

ここはモーター側から一本の軸で駆動されてるけど、極端に動きが重くなってました。

もう手では回せないくらい。

当然、モーターの力でもかなりの負担が出ますよね。

分解してみたところ、古くなったグリスでべったりです。

ちなみにココの構造はロータリーエンジンのような動き。

シャフトをオフセットさせながら回り、背もたれのステー部分を駆動してます。


これは反対側のギア部分

モーターからきた力が最初に伝わるギアです。


このギア部分を変心しながら回る

この部品のギア部分は型で成型されてるようで、裏側はこの形で出っ張ってます。


軸のグリスを新しいものに変えて、ギアの組みなおし。


組みなおし後は軽くスムーズに動くようになりました。

これは新しいグリスに変えたからと言う単純な修理では無いですね。

中のスプリングのズレや、ギアのズレもありそうです。

そんな訳で今回の検証でこの状態なら治せる目処がつきそうです。

ちなみにココは基本的に非分解の場所なので分解するときに削り落とした

強力なリベットは再利用出来ません。

組み付け時にはそれに変わる物で対処します。

画像は一般的なボルトナットで仮組みしてます。



続いてこちら

いよいよ本番?!

この車も純正電動シートの不動症状


早速、分解からです。




バラバラなったシート

結果は..


今回はモーターが動かなくなってたのでモーター交換で治りそうです。


念のためこちらも点検

動きが若干重くなってましたが、これくらいなら問題無さそうなので

グリスUPして再利用しました。


フレームの完成

この状態でもテストをして動きを確認


モーターの力をシャフトで反対側に伝達する構造


受け側

ここの動きが重くなると当然モーターにも負担が掛かります。

今回はここの部品は大丈夫でしたね。


動きが正常になったので組み立てます。


車両に戻して完了です。


このシートの修理は何箇所か原因があるので一度バラしてみないと特定

出来ないですね。

まだまだ症例数が少ないので断言は出来ませんが、純正シートの修理は出来そうですね。

いずれNSXの定番修理に入るのか!?

分かりませんが今までもこんな感じで症例数が増えてきてメニュー化しましたからね。

純正シートのトラブルもKSPにご相談くださいね!

今のところ治る可能性があります!^^

Posted at 2015/08/10 12:45:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSXインテリア系 | イベント・キャンペーン
2015年07月06日 イイね!

NSX パワーウィンドー修理連発。。

NSX パワーウィンドー修理連発。。こんにちは!

今日も雨。。

最近ずっと雨が続いてますね。。

そんな続いてる繋がりでは有りませんが、、

NSXのパワーウィンドー修理が続いてます。





こちらの車両は左側。。

初期症状は作動中の異音や動きの渋さです。

違和感が出たら早めに相談してくださいね!



基本的に中の部品交換になりますが、状況によって調整とグリス交換で若干

改善することも有ります。

全パーツ交換するのが理想ですが、価格が高いです。。

この辺りの部品も在庫してますが、安易に交換してたら部品だけで高額に

なるので状況によって判断します。


こちらの車両もオーバーホール


これは中のパーツが破損してるので交換。


このパーツは簡単に交換できますが、左右のレールは高いので

今回は古くなったグリスを取り除き、新しいグリスを塗って対応しました。

レール交換のときはレールに表面処理をすると動きがスムーズになります。


このパワーウィンドーが弱ってくるのはNSXに限らずいろんな車でなりますね。

ちょっと前はフェラーリの修理依頼が重なりましたが、今は落ち着いてます。。笑


ありがとう御座いました!


Posted at 2015/07/06 11:18:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSXインテリア系 | イベント・キャンペーン
2015年03月17日 イイね!

NSX純正電動シート張替リフレッシュメニュー!!

NSX純正電動シート張替リフレッシュメニュー!!
















こんにちは。
KSP商品部の「ヤス」です。








今日は、ほんとに暖かいですね。
もうすっかり春本番と言った感じです。
(^^)







ご存知の通り、NSXの純正シートは
意外とホールド性も良く電動なので
社外品に変えず、純正シートを
大事にされている方も多い現状です。
しかし・・・
NSXも初期型は20年以上経過・・・
当然ながら純正シートの劣化が
目に留まる様になってきます。







どれだけリフレッシュできるか
比較出来るよう撮影してみました!

※各画像左が施工前・右が施工後となります。







シートベルトの際に肩口はよく擦れる場所です。






腰回り・・・特に乗降の際に擦れる箇所は面積も大きく
劣化が特に目立つ箇所です。







座面も脚で擦れたりするので
劣化が激しいですね・・・




参考までにホワイトの施工例です。














この様にホワイトシートも
綺麗に張り替える事で、新車当時の
豪華さが蘇ります。





使用する素材は合皮ではありますが
多数のNSXを見てきたKSPスタッフが
選定した高品質素材を使用する事で、
コストとクオリティを両立させました。



張替費用は材料費・工賃込みで
一脚あたり10万円(税別)となります。

※車輛からの脱着の場合、別途工賃が発生します。
※シートのみ郵送頂いての対応も可能ですが
 返送時の送料が別途発生致します。





純正シートのNSXオーナーの方は
是非、検討してみては如何でしょうか?



Posted at 2015/03/17 15:03:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSXインテリア系 | イベント・キャンペーン
2013年09月02日 イイね!

近況。。

近況。。こんにちは。

猛暑もやっと峠を越えたのか
今朝は
雲の様子が秋空に見えました。









まだまだ残暑ではあるけど
ファクトリーで作業をするには良い季節になってきます。

KSPの隣は林というか森みたいなところなんだけど
あれだけ煩かった蝉が 唐突に静かになると
今年も秋の入り口か。と思う。

KSPファクトリーは相変わらずで
色々なNSX作業に追われています
でも
飛び抜けて面白いことも起きなくて
わざわざ掲示板に書くことも減ってました。


今年もエアコンはたくさん治しましたねぇ
後期用134aコンプレッサーを
常時2台在庫していても
すぐに使っちゃう。
10台以上134aチェンジしたかな。

ダッシュボード外しエバポレーター交換も5台くらいやったか。

なぜかここに来て
後期ABS換装の依頼も重なっていて
今月5台くらい作業しました。
常連のお客さんはほとんど換装しちゃったから
後期ABS換装も打ち止めかな・・と思っていたけど
新規で来店する方も増えていると言うことでしょう。
まあ、世の中には
まだまだ前期ABSのままのNSXが大多数なわけですからね。
なにせ 高圧ガスを使っている前期ABSは長期安定性が望めず
これらが
徐々に故障が進行していけば
後期換装の需要もまだまだあると言うことでしょう。

実は
後期ABS換装に使うハーネスで
先端のコネクターが
入手困難の兆しです。
今までも何度もそんな話があったんだけど
NSXでは「後期」ABSモジュレーターだけど
すでにこの形状は過去の物になっていて
コネクターは自動車メーカーから純正採用が無いので
生産量を激減させているみたいで
とりあえず
前回200個くらい仕入れたんだけど
先々 このくらいの数では買えなくなるかもしれないとのことで
イヤな予感はしています。


先日
FISCOでエンジントラブルしたお客さんが
ハイコンプ&ハイカム仕様のC32Bを仕立てました。
GONさんのType-Sよりちょっとハードな仕様で
368馬力と
数馬力だけどGONさん号よりパワーが出ました。

このオーナーさん
今までもハイカム仕様のC32Bを載せてFISCOを走っていて
1分54秒台で回っていました。
今回のエンジンは今までより20馬力ほどプラスで
ストレートの伸びは変わってくるだろうから
どんな勢いで走るやら。

NSXのパワーチューンも
地道に進歩しているから
これを安定して出力できる様
冷却を含めて周辺の技術蓄積をしていかなきゃならないです。



先日
メーター検査機を作ったのを紹介したところ
さっそく
2件ほど修理依頼が来たので作業しました。

どちらも
実速よりメーター表示が低く表示する。
時速40キロの時 メーターは30キロ付近を指す
と言う状況

やはり
このトラブルは多いんだなぁ。。

分解して検査機に載せてエラーを確認し
基板を修理して補正する。
2台とも
実速に対してほぼ正確に補正できました。
ついでに
タコメーターもチェックすると
全体的に表示が高めで
8000rpm時に針は8500rpmを指していたので
これも補正。

う~ん
なんて便利なんだろう!


今まで
これがやりたくて出来なかったんだよねぇ。

この検査機にも名前を付けよう!と考えて
「ダン」にしました。

ボードマイコンのイメージで
由来はスーパー巨人です。

K100を知ってる人はけっこういたけど
こちらはリアルに知ってる人は少ないだろうなぁ。



パワステトルクセンサーの修理が
最終段階です。
近いうちに明細を照会しますけど

盆休み中に
最後の組み立て実験をしました。

インターフェース基板は出来たので
これを
ギアボックスのケースに入れて
元通りにウレタン充填するんだけど
真空脱泡が難しい・・

そのための治具まで作ったんだけど
充填するウレタン樹脂は粘度が高く
なかなか気泡が抜けてくれない。

まあ、現状でも問題は無いんだけど
仕上げにすごく手間がかかるので
もうちょっと良い方法を確立したら紹介します。

だけど
だいぶお待たせしているお客さんがいたので
先日
完成したトルクセンサーを組み込んだパワステギアボックスを
DeaDeeさんに発送しました。
これが
トルクセンサーインターフェース交換第一号の出荷になりました。



本気で修理すると凄く苦労するNSXのパワーウィンドウ。
これも
いつか紹介ページを作ろうと思っているんだけど
よくもまあ
こんな面倒な調整を
新車生産で行っていたモノだ・・

それにしても
パワーウィンドウの動作が重くなる
決定的原因は
ガイドレールの摩耗なんです。


ガラスがフルアップ状態を維持している時
ガイドには強い力がかかったままなので
ガイドの内側接触部が摩耗するわけです。

だから
レギュレーターモーターを交換しても
ガイドをグリスアップしても
ガラス動作がどうにも重くなってきた時は
ガイドを交換しないと完治してくれない。

でも
それがかなり面倒で
一度苦労したら
出来るだけ長期間 動作が安定して欲しい・・
と思って出来ることを考えてみて

レールにタフラム処理をしてみました。

タフラム処理は
硬質アルマイトにテフロン樹脂を浸透させた
アルミに対する非常に固い皮膜処理で
私は産業機械の設計をしている頃よく使っていました。


レールを脱脂してメッキ屋さんへ持ち込んで処理してもらったんですが
もおね
表面の固さはまるっきりアルミのイメージじゃ無いですね。
表面を鉄のドライバーでゴリゴリ擦っても傷も付かないし
カッターの刃を立ててみても
かなり力を入れないと傷が入らない。
だけど
テフロンコートされた表面は実によく滑る。

う~ん。これはかなり理想的かも。
下処理が大変で費用もかかるけど
パワーウィンドウを長期間安定動作させたかったら
こういった地道な処理が効くと思う。

手間ひま費用はかかるけれど
こうやって
じっくり手を入れてやると
色々な点で「純正以上」が可能になるんですよね。
こういうのも
「チューニング」の面白さで
これが分かってくれるお客さんは けっこういらっしゃるんですねぇ。

Posted at 2013/09/02 13:25:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | NSXインテリア系 | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「Gクラス ゲレンデ フロントアクスル系リフレッシュ作業 http://cvw.jp/b/711133/40421969/
何シテル?   09/17 17:34
国産車、輸入車問わず皆さんに満足して頂ける商品開発、販売をしていきますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

KSP-CARS 特選中古車・高価買取 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:20:57
 
KSP動画コンテンツページ 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:18:47
 
KSPフォトギャラリー 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:17:39
 

お友達

KSPエンジニアリングです。お気軽にお友達登録お誘い下さい!
スーパーカーのイメージが強いですが、国産車の新製品情報も配信しております。
各種、施工例、キャンペーン情報、お買い得情報などなど最新情報を真っ先にご案内致します。
1193 人のお友達がいます
パーちゃん@パーちゃん@ * てすたろっさ@てすたろっさ@ *
はじわーるどはじわーるど * え~くんえ~くん *
どっきどきどっきどき * 若じっじ&430若じっじ&430 *

ファン

495 人のファンがいます

愛車一覧

フェラーリ 360モデナ KSP 360 Challenge (フェラーリ 360モデナ)
現在は360チャレンジ (modena/スパイダー/チャレンジストラダーレ含む)
ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター
KSP Aventador roadster LP700-4
AMG Gクラス W463 G63AMG Model2012 (AMG Gクラス)
オリジナルパーツ開発、装着・ドレスアップ等
ホンダ NSX ホンダ NSX
KSP NSX ストリート~サーキット走行会まで対応するコンセプトで仕上げました。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.