• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
【業界初!保安基準適合 REALワイドトレッドスペーサー】 ※2015.11現在



【LINE@KSPでお得情報を配信中】




【KSPウェブショッピングサイト】




【KSPリアルタイム情報満載】



【ヘッドライト光軸コントローラー 作動イメージ動画】


KSP-ENGのブログ一覧

2013年02月28日 イイね!

NSX ミッションの話題

NSX ミッションの話題こんにちは!

今日はポカポカ陽気で暖かいですね!?

でも週末はまた寒くなりそうですが。。


さて、今日はNSXのミッションネタです。


記事はNSX担当者の内容です。




大物作業が多々残っているけれどKSPファクトリーは割と平穏な状況です。

昨年からの依頼で出来なかった6速ミッションの組み立てを引き続き行う。
年が明けて4機組み立ててあと2機。


先日
香川県から陸送で入庫したAT車を6速換装。
無事に終わったところで再び陸送で帰っていきました。

このNSXのMT換装が終わった直後ATが故障して困っているオーナーさんからTELで相談を受けた。

状況は
3速が滑ってしまって・・ということらしい
でもKSPまではたどり着けそうとの事で来店してもらってそのまま入院。

近所を試乗してみると
なるほど 2速から3速に上がったところで
エンジン回転が不自然に上がって滑っているようだ。

上記の香川のオーナーさんに事情を話し
MT換装で降ろしたATをいただけないかと相談したところ快諾してくれました。
まあ、MT換装して降ろしたATを持って帰る人もいませんけどね。


走行9万キロでMT換装で降ろしたATなので程度が不明だけどATは無料で提供します。
と言う条件でATの交換作業を開始

換装が終わって近所を試乗でグルグル走り回ってみたけど
変速ショックも少なく予想以上にコンディションの良いATだった。

年々
ATの不具合で相談を受ける件数が増えてきました。
今回みたいにMT換装して降ろしたATが目の前にあれば
実際 換装する直前まで走っていたわけだから
これを使って安価に復活という手があるんだけどこれはかなりのラッキーな事で
普通はATが故障したらかなりな病む事になります。


KSPとしては
今年はATの完全OHに挑戦してみようと思っています
そのためには実際トラブルが起きているATが必要なので
是非 今回の事例は検証してみたくて交換作業を引き受けてみた次第でした。

ATも10万キロを超えるとクラッチ板の摩耗による滑りが多くなってきています。
MT換装の作業依頼自体は毎年何台もあるんですが、
今回のように降ろしたATがコンディションが良いとは限らないわけで
いつか中古交換では逃げられない事態が起きるのは目に見えているし
みんながみんなMT換装を希望するわけではないので。
「NSXはATだから良いんだ」というオーナーも多いわけです。


年明け早々
立て続けに4機ほど組み立てた6速ミッションも一段落
あと1台分部品があってもう1台分発注しているけどまだ届かない。

6速ミッション組み立ても組むなら連続でやると効率良いんですけどね
さすがにこちら都合で思うようには行きません。
でも、いい加減慣れましたね。。


メカニックのリアルタイム情報はフェイスブックです!

トップバナーの「いいね!」をして頂くと情報が届きますので宜しくお願い致します。^^





KSPエンジニアリング HPトップはこちら

http://www.ksp-eng.co.jp/


208-0034
東京都武蔵村山市残堀2-29-1

商品部  日曜祝日定休

TEL 042-569-2930
FAX 042-569-2981

ショールーム、ファクトリー直通 毎週木曜日定休

TEL 042-531-9936
FAX 042-531-9937

営業時間 10:00~20:00
Posted at 2013/02/28 13:25:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSX駆動系 | イベント・キャンペーン
2013年02月25日 イイね!

NSXパワステ修理レポート マニアックだよ!

NSXパワステ修理レポート マニアックだよ!こんにちは!

今日はNSXのパワステ修理に関するレポートを掲載したいと思います。

長文で専門的な内容なので予めご了承下さい!笑








では、どうぞ。。


NSX パワーステアリングギアボックス分解整備NSXのパワーステアリングは電動アシストタイプ。

経年老化に伴いアシスト機構にガタが大きくなって操舵に違和感を生じる事例が増えています。

しかし、このギアボックスは非分解ユニットであり、整備のための消耗部品や構成部品もメーカーから供給されていないためトラブルが起きた場合 Assy交換しかないのが現状でトラブル発生の際には高価なギアボックスの購入を迫られていました。

KSPではMT車にパワステを後付けする事も多く、パワステが標準搭載されたAT車の作業依頼も多いためこの整備の確立も重要と考えて早期からギアボックスの構造理解と修繕を模索していました。

現在では独自の修理方法確立と消耗部品の流用などで通常消耗レベルであればガタの改善が可能になっています。

また、ギアボックスのみを送っていただいての整備依頼が非常に増えたため
車載せずに動作検証できる治具を作ってこの作業に当たっています。


下図がNSXのパワステギアボックスの構造

モーターの回転をヘリカルギアでボールネジに伝達しボールネジナット(リサキュレーティングボール)で直動に変換してこれをラックシャフトに連結する事でパワーアシスト機構を構成している。

最もガタが発生するのはボールネジナットとラックシャフトの連結部です。






独自構造のギアボックスを的確に分解整備するため上のような動作検証治具を作って整備しています。

これが車輌から外したパワステギアボックスAssy


治具にはギアボックスを立てた状態で取り付けてラックシャフト下側をショックアブソーバーを繋いで直動に対しての負荷をかける。

ピニオンシャフトにステアリングを取り付けて回転するとショックアブソーバーをストロークさせる力が抵抗になりこれがハンドルの重さになる構造

この状態でコンピュータに通電するとギアボックスのトルクセンサーが正常ならパワーアシスト動作が行われるので操舵は軽くなるのが確認できてセンサーやモーターにエラーがあればオレンジのパワステ警告灯が点く様になっている。

制御側で問題がなければパワーアシスト状態で動作検証してモーターやギア、ボールネジなどからの異音をチェックしてOHして症状が改善が見込める事を確認してから分解整備を開始する事になります。


まずは先端ケースを取り外す事になるけれど、このギアボックスではケース組み立ての位置決め機構が無いのでボルトを緩めた時点でメーカーで適正に組まれた位置を見失うため調整不能な条件では絶対ボルトを緩めてはいけない。



上の写真がボールネジナットの直動をラックシャフトに伝えるジョイント部分。
パワーアシストで感じるガタツキはほとんどの場合このジョイント部分に発生している。


ラックをピニオンギアに押しつけている ラックガイドとスプリングラックガイドスクリューを取り外す。


トルクセンサーインターフェースユニットと一体になったピニオンギアユニットを取り外す。



ボールネジ先端とモーターシャフト先端に加工されたヘリカルギアが噛み合って駆動を伝えている構造だけど、この2軸の位置を動かしてバックラッシュ調整を行っている構造。

従って組み立て時にはギアのバックラッシュ調整が重要になります。


外しにくいボルトはあるけれどこのまま治具上で分解していく。


主要部品一式


経年老化が激しい老化したグリスを除去して洗浄する。

ここで使われているグリスは一般のリチウム系MPと違っていて透明感がある寒天の様なグリスが充填されている。

ただし、経年変化で真っ黒で金属が溶け込んでいるためか激しい異臭を放っている。


同じグリスが入手できないためKSPでは比較的質感が近いRPのグリスを使っています。


ガタが出ているブッシュは取り外し産業用のブッシュに交換。

ブッシュの固定は2軸の位置関係の動きを考慮してある程度の動きを加味してリテーナーで
抑えて溶接


この部分には色々なノウハウがあり、逃げを上手く作らないと操舵の際にカタカタ音が出たり 動作が重くなったりしました。


操舵の際にキュルキュル音が出たりパワー系統のエラーが出る場合ブラシと接触しているモーターのコミュテーターが焼けている場合が多く接触の電気抵抗増大が原因。

ローターを旋盤で回転させながら紙ヤスリでコミュテーターを修正
表面状態が著しく悪ければ表面を切削して修正。


ほとんどの事例でブラシの消耗は軽微だけど 著しければ交換。
再利用する場合でも接触部を修正してやることで 異音は消えてくれる。
ちなみに、このモーターはかなりコンディション良好な事例。


洗浄しコンディションを整えた部品


再び治具上で組み立てていく。
非分解部分に関してメーカーから締め付けトルクの指定はないけれど素材と構造を考えて締め付けトルクを管理ステアリング機構は重要保安部品だから慎重に組み立てていく。

また、電動パワーステアリングは水気を嫌うのでアルコール系パーツクリーナーなどを使う際内部に水分が残らないように注意。














コンピュータを繋いで通電しパワーアシスト状態でステアリング操作しながら2軸のバックラッシュを調整する。これを上手く行わないとギア鳴りやガタが残る事になる。

これも重要なノウハウで新品製作時にはどの様な方法で組み立てていたのか考えて調整用の治具作ってパワーアシスト状態で調整する。

この方法なら車載確認をせずに動作の最終チェックが可能になります。



整備が完了したパワーステアリングギアボックス。
これでパワステの動作フィーリングはほぼ新車状態に戻ります。

両端のタイロッド取り付け部にはゴムブーツが付きますが、水を嫌う電動パワステにとってこのブーツは非常に重要。ギアボックス整備の際にはブーツを新品交換を推奨します。



動作中の連結部分のガタを撮影してみました。

http://ksp-eng.co.jp/tyiz/mpg/GearboxOH.wmv


このパワーステアリングの構造はモーターの回転をボールネジで直動に変えてラックシャフトの動作をアシストする方式ですが、ノーマルのブッシュが老化によって著しいガタを発生させているためアシスト力がラックに伝わる際に遅れが生じます。

これが、NSXのパワーステアリングでハンドルを回した際に アシストが若干遅れてカクッと感じる原因で、初期型NA1のパワステではかなりの割合でこの症状が出ていて違和感を感じているオーナーは多いです。

また、操舵系のガタに関しては車検整備で指摘される事もありディーラー様からの整備依頼が増え車輌の査定で大きなマイナスポイントになるためこれを修繕したいと中古車業者様からの整備依頼も増えました。

NSXのパワーステアリングは電動パワーステアリングとしては極めて初期の設計でありその構造故に独特のトラブルを招いていますが、やはり、パワーアシストの恩恵は大きく年々高性能になるタイヤのグリップに比例してステアリング操作は重くなっているので今後もパワーステアリングの需要は多々あると思います。

現在
ガタの最も大きな原因であるブッシュ部分に関してはほぼ対処法を確立しましたがラックシャフトが極端に摩耗してしまった場合には対処不能となる場合もありました。

この場合ステアリングセンター付近で回転方向の遊びが大きく左右どちらかへ大きくステアするとガタが減ってくるという症状になります。
原因はグリスの老化によるラックシャフトとラックガイドの接触摩耗でラックシャフトが磨り減ってしまった場合には構成部品が販売されていないため修理が不能になります。

初期型NA1は20年前のグリスで潤滑している事になり操舵のガタツキを体感したならグリスの老化によってシャフトが決定的に摩耗する前に分解整備してしまった方が良いかと思われます。

現状でパワーステアリングの整備技術としてはほぼ完成領域に来ましたがまだ、消耗部品の再生などで未知の部分が残っていて将来 どのようなトラブルが起きるか分からないので今後もステアリングギアボックスの再生技術の蓄積を行っていきたいと思っています。
Posted at 2013/02/25 18:37:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSXパワステ系 | イベント・キャンペーン
2013年02月23日 イイね!

KSP-CARS 車両販売 BMW M3入庫 NSX AT車 フェラーリ等

KSP-CARS 車両販売 BMW M3入庫 NSX AT車 フェラーリ等こんにちは!

今日も車両販売部門からお知らせです。。












販売中だった白NSX-R



先日入庫した白フェラーリ430チャレンジ

共にご成約頂きました。ありがとう御座いました!

430チャレンジは画像を撮る事無く即売でした。。^^;



新しく入庫した車両

2005年 BMW M3 2オーナーの SMGⅡです。

この車両も程度が凄く良いですね!前オーナーもKSPのお客様なので車両の

状態もバッチリ把握してます!

D車 3.8万キロ 370万(税込み)

【只今の在庫状況】
Benz CLS55AMG(シルバー) : 390万円(税込)
ガレージ保管の超極上車です!


NSX(赤 AT) : 428万円(税込 整備費込み)
走行少なく超綺麗なNSXですよ!見たら欲しくなること間違い無し!ホントに程度良い車体です。


JZS161アリスト(ホワイト) : 116万円(税込)


【近日入庫予定車】

フェラーリ360Modena フルハーマン仕様 黄色 : 1台


ご興味ある方はお気軽にご連絡下さい。

KSP-CARS カーセンサーに掲載中です!

http://www.carsensor.net/shop/tokyo/300345001/?BKKN=CU0154291517&BKKNTR=1

現在、スポーツカーに限らずミニバンやセダン、
輸入車など車種問わず買い取りを強化しております。
また委託販売も行っています。愛車をなるべく高く売りたい方!委託販売してみませんか?

お気軽にKSP-CARSまでご相談下さい。

TEL 042-531-9936

宜しくお願い致します。



Posted at 2013/02/23 14:33:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | KSP-CARS (車両販売・高価買取) | イベント・キャンペーン
2013年02月22日 イイね!

スクーデリアライン ステッカー フェラーリF430

スクーデリアライン ステッカー フェラーリF430こんにちは!

今日はフェラーリF430に大人気のスクーデリアライン施工ネタです。

KSPファクトリーで作業する場合は専門業者さんに施工をお願いしてます。


予め完成してるスクーデリアラインKITを使います。




クロベース素材にシルバーを貼り付けた商品です。

カラーはお好みで変更可能です。




完成です。



商品のご案内

このスクーデリアラインをDIYで施工出来るようにKIT販売しています。

フェラーリ以外の車種にも対応出来るように少し長めに設定してるので、カットしてお使い下さい。

詳しい施工方法取説も付属してますのでDIYで施工出来ますよ!

もちろん、KSPファクトリーまでご来店出来る方はこちらで施工させて頂きます。

スクーデリアライン ステッカー DIY用
スクーデリアライン ステッカー DIY用
価格:42,000円


みんカラショッピング以外でもご利用頂けます。

KSPエンジニアリングが運営する通販サイト

オリジナルパーツから社外パーツまで販売しています!

KSP.WEB 

YAHOOオークションストアー

http://storeuser10.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/ksp_eng

YAHOOショッピング

http://store.shopping.yahoo.co.jp/ksp-attain/index.html

楽天市場

http://www.rakuten.co.jp/ksp-attain/


KSPエンジニアリング HPトップはこちら

http://www.ksp-eng.co.jp/


208-0034
東京都武蔵村山市残堀2-29-1

商品部  日曜祝日定休

TEL 042-569-2930
FAX 042-569-2981

ショールーム、ファクトリー直通 毎週木曜日定休

TEL 042-531-9936
FAX 042-531-9937

営業時間 10:00~20:00


Posted at 2013/02/22 11:56:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | F430 | イベント・キャンペーン
2013年02月21日 イイね!

Ferrari純正シートカバー Lサイズ レッド

Ferrari純正シートカバー Lサイズ レッドこんにちは!

今日も商品のご紹介です。












このシートカバーはフェラーリ純正部品ですが、結構便利です。。

フェラーリに使用するのはもちろんですが、セカンドカー等、フェラーリ以外の車に結構使われてたりします。

ほとんどのシートをスッポリ被せられるのでシート保護や汚れ防止に便利です。

Ferrari純正シートカバー Lサイズ レッド
Ferrari純正シートカバー Lサイズ レッド
価格:8,800円

通常フェラーリに標準で付属されているシートカバーはこの商品より小さめです

オプションでスポーツシートなどを付けると少し無理があるサイズだったりします。


この商品は標準仕様より大きめなのでスポーツシートや極端に大きく無ければ

競技用バケットシートも対応できます。

画像はOMP製フルバケットシートに被せてみました。


是非フェラーリ以外の車もシート保護にどうでしょうか?!





KSPエンジニアリングが運営する通販サイト

オリジナルパーツから社外パーツまで販売しています!

KSP.WEB 

YAHOOオークションストアー

http://storeuser10.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/ksp_eng

YAHOOショッピング

http://store.shopping.yahoo.co.jp/ksp-attain/index.html

楽天市場

http://www.rakuten.co.jp/ksp-attain/




KSPエンジニアリング HPトップはこちら

http://www.ksp-eng.co.jp/


208-0034
東京都武蔵村山市残堀2-29-1

商品部  日曜祝日定休

TEL 042-569-2930
FAX 042-569-2981

ショールーム、ファクトリー直通 毎週木曜日定休

TEL 042-531-9936
FAX 042-531-9937

営業時間 10:00~20:00

Posted at 2013/02/21 16:35:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他フェラーリに関する情報 | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「W463 Gクラス 2017モデルG350dへスペーサー取り付け・・・なのですが!? http://cvw.jp/b/711133/39964735/
何シテル?   06/20 16:03
国産車、輸入車問わず皆さんに満足して頂ける商品開発、販売をしていきますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

ユーザー内検索

<< 2013/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

KSP-CARS 特選中古車・高価買取 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:20:57
 
KSP動画コンテンツページ 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:18:47
 
KSPフォトギャラリー 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:17:39
 

お友達

KSPエンジニアリングです。お気軽にお友達登録お誘い下さい!
スーパーカーのイメージが強いですが、国産車の新製品情報も配信しております。
各種、施工例、キャンペーン情報、お買い得情報などなど最新情報を真っ先にご案内致します。
1184 人のお友達がいます
てすたろっさ@てすたろっさ@ * 秀明@とわだ魂秀明@とわだ魂 *
R Magic おーはらR Magic おーはら *みんカラ公認 ゲレンデ大好きゲレンデ大好き *
朝霞の種馬reborn朝霞の種馬reborn * ★こうちゃん★★こうちゃん★ *

ファン

493 人のファンがいます

愛車一覧

フェラーリ 360モデナ KSP 360 Challenge (フェラーリ 360モデナ)
現在は360チャレンジ (modena/スパイダー/チャレンジストラダーレ含む)
ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター
KSP Aventador roadster LP700-4
AMG Gクラス W463 G63AMG Model2012 (AMG Gクラス)
オリジナルパーツ開発、装着・ドレスアップ等
ホンダ NSX ホンダ NSX
KSP NSX ストリート~サーキット走行会まで対応するコンセプトで仕上げました。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.