• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
【業界初!保安基準適合 REALワイドトレッドスペーサー】 ※2015.11現在



【LINE@KSPでお得情報を配信中】




【KSPウェブショッピングサイト】




【KSPリアルタイム情報満載】



【ヘッドライト光軸コントローラー 作動イメージ動画】


KSP-ENGのブログ一覧

2015年07月28日 イイね!

毎年恒例!NSXエアコン修理の最新手法です!

毎年恒例!NSXエアコン修理の最新手法です!こんにちは!

今日も猛暑が続いてます。。

午前中の早い時間は雨が降りましたが、もうカラカラになってます。。笑








さて、今年もエアコンメンテ、修理など連日のように作業してますが

今シーズンから新たな手法でメンテ出来るようになりました。


このNSXもエアコントラブルで入庫

既にコンプレッサーから異音がしてました。



異音がしてると言う事は内部でブローしてる可能性が大です。


これはリビルト品に交換です。


新しいコンプレッサー


ここからが先シーズンと違う手法。

もう何回か違う車種でも紹介してると思いますが、あらためてご紹介です。

コンプレッサーがブローしたと言う事は細かい削りカスなどが配管に周ってる可能性が大です。

毎年NSXのエアコン修理をしてますが、この機械はKSPにとって必需品になりました!

メーカーではコンプレッサーの負担を減らして燃費向上、エンジンの負担を減らすなどなど

アピールしてましたが、KSPでは洗浄が一番役立ちそうです!

今までは一部配管途中を分解して、パーツクリーナーで流したり、時には

部品交換をして対処してましたからね。。

それでも配管システムの全部交換するわけにいかないし、どこかに残ってる可能性がありました。

それが流れ出すと減圧弁などに詰まったり、新しいコンプレッサーに周ると

寿命が短くなる可能性もあったわけですが、

新しい手法ではコンプレッサーに繋げる配管に、マシンのパイプを直接取り付けて

高圧で液状化したガスを大量に流してシステム内を洗浄します。

これは画期的でした。^^



新しいコンプレッサーを取り付ける前に洗浄開始


過去に漏れチェックで入れられたような蛍光剤などの不純物は古いオイルと一緒に

ココに溜まります。


配管途中にある窓


洗浄が開始されると物凄い勢いで液状化したガスが流れる。

ある程度の時間を掛けて循環させます。

この勢いは最初見たときメカニック全員が「おーー!!」でした。。笑

ちなみにこの流れは一方通行では無いので効率よく洗浄が出来ます。


循環してるガスの液体はこのフィルターでろ過されてます。


洗浄してる間に新しいコンプレッサーの下準備

今回はレシーバーも交換します。


配管内の洗浄とパーツの交換をしてガスチャージ開始です。

これもメーカー指定の規定量をきっちり注入できますので、コンプレッサーに

余計な負担が出ません。

エアコンガスは多くても少なくても効率が落ちます。


今まではアナログのメーターを見ながらメカニックの判断で注入してましたが

今後は5g単位で規定量きっちり注入しますよ!^^

入れるガスも一度マシンの中に取り込みながら純度を上げて入れますので

エアコンの効率も上がりました。

予断ですが、1缶200gのガスを前もってマシンに溜めるですが、コレ結構バラつきが

あるんですね。。

実はこの缶200g入ってない!っても発見しました。。笑


噴出し口からの温度もチェック!


これでエアコンに関しても完璧なメンテが出来るようになりました!

コンプレッサーを交換しない通常のガスチャージも効果があります。

現状のガス量がどれくらい入ってるのか?!漏れはないか?!など

チェックしながらエアコンガスを一度回収してクリーニングしながら純度を上げて再注入しますので

エアコンの効率が上がります!ぜひ一度お試しください!^^



Posted at 2015/07/28 12:19:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSX電装系 | イベント・キャンペーン
2015年07月27日 イイね!

フェラーリ360 重整備!フルメンテ!

フェラーリ360 重整備!フルメンテ!こんにちは!

いやいや、毎日暑いです。。

熱中症には気をつけないとですね。

さて、本日のファクトリー作業ネタです。

フェラーリ360モデナのフルメンテです!







ご依頼された内容は主にブレーキ系、ブッシュ、エアコン、タイベルです。

まずはブレーキ系から画像メインでご紹介します。



外したブレーキキャリパーとローター

キャリパーは塗装します。

これは塗装専門にお任せです!


ローターは綺麗に表面を研磨します。

これは酷くなりすぎる前に一度やっとくと長持ちします!


KSPのオリジナル強化ブッシュ。

もちろん自社設計の商品です!^^

360、430系に対応します。


プレス機で弱ってしまった純正ブッシュと入れ替えます。


純正のゴムブッシュから樹脂性のブッシュに変わります。

乗り味はゴムのたわみが無くなるのでダイレクトになり車の動きが分かりやすく

なります。高速向きのオーナーさんにはお勧めですよ!

もちろん不快な音などは有りませんが、ダイレクトになった分、足回りが硬く?!しっかり?!

表現が難しいですが、、そんな感じに変わります。

町乗りメインで曲がる止まるを重視しない場合は純正のブッシュが良いと思います。


全てのブッシュを交換です。ちなみにフェラーリ純正チャレンジカーと同じ方式のブッシュですが

ストリートを走行することを考慮して寸法を決めてます。


塗装屋さんから戻ってきたキャリパーの取り付け


黒キャリパーから鮮やかなイエローに変更!このイエローはフェラーリ純正部品の

箱の色と同じです。これとても綺麗で数台やってますが、好評です!


最後はテスターでフルード注入とエア抜き。

テスターでABSユニットを作動させながら画面の指示通りにエア抜きをする事で

完璧にエア抜きが出来ます。


続いてエアコンの修理

この車に限らず、コンプレッサーのトラブルで交換する作業はこの時季とても多いです。

純正品をそのまま買うととても高額なのでリビルト品を使用。

壊れたコンプレッサーと交換になりますが、商品はどう見ても新品に見えます。。笑

肝心なマグネットスイッチは新品なのでお勧めです!


ちなみにコンプレッサーがトラブルった時は配管内に細かい金属のゴミが残ってる

可能性があります。今までは危なそうな部品は交換したり、可能なかぎり配管を洗浄したり

してましたが、やっぱり完璧では無いんですよね。。

そんな訳で今シーズンから導入した最新マシンを使います!^^


新しいコンプレッサーを取り付ける前に機械に配管を取り付けます。


ここから配管内はもちろん、エアコンシステム内部の強制洗浄をします。

洗浄するのはエアコンガスが液体になったものです。


通常入れるガス量よりも多いガスを液状にして流しまくります!

配管途中にある窓から液体が凄い勢いで流れるのが分かります。


洗浄終了後は新しいコンプレッサーを取り付けて指定どおりのガスをキッチリ

注入します!

キッチリ注入することでコンプレッサーの負担も想定内になり、エアコンの効率

も上がります。ガスは多くても少なくてもダメです。

ガスの量は車のエンジンルームにラベルが貼ってあって規定量が表示されてます。

エンジンオイルと同じなんですが、今まではメカニックの知識と塩梅でアナログの

メーターを見ながら注入してました。

これを5グラム単位でメーカー指定量をきっちり入れられるので完璧です!^^


最後は噴出し口で冷気の温度測定をして確認。


そろそろ年数の経った車はぜひお勧めします!^^


続いてメインのタイベル交換作業!

ヘッドカバーのパッキンなども全て交換します。


タイベルだけでは無く、周辺の消耗品やトラブルが出そうな場所は全て見ますよ!


ウォーターポンプもチェック


ガスケット、パッキン類も交換

普段見えない部分なので怪しいところはチェックしながら必要であれば交換します!


洗浄もして完璧に仕上げたタイベル周り。

タイベル交換するときは周辺の汚れを綺麗にしてから新品ベルトを取り付けます。

絶対に新しいベルトを汚してはいけません。


最後に4輪アライメント

足回りのブッシュを交換したので全て取り直しです!

ブッシュがしっかりしてるのでゴムブッシュのようなジワジワ感がありませんね。

気持ちよく数字が出ます!^^


全ての作業が終了した360モデナ!

KSPでタイベル交換をした場合は作業証明書を発行してます。

加えて1年間の保障規定もセットされてるので安心してお任せくださいね!^^


こうして記事にすると流れが早いですね。。

今回もかなりの作業量でお時間も掛かりましたが、しっかりじっくり整備させて頂きました!

いつもありがとう御座います!













Posted at 2015/07/27 11:40:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | 360modena | イベント・キャンペーン
2015年07月23日 イイね!

業界初!!スペーサーの保安基準適合へ本格始動!

業界初!!スペーサーの保安基準適合へ本格始動!













こんにちは。
KSP商品部の「ヤス」です。














今回はVIA(日本車両検査協会)に来ています。

VIAではその名の通り、自動車や自転車を含む
車輛を構成する様々な部品の
検査や試験を専門に行っている第三者機関です。

皆さんがよく目にする部品で例えると
しっかりとした社外アルミホイールの裏側に
「VIA刻印」を目にする事が出来るかと思います。

アルミホイールの強度試験なども
コチラで行われています。





その内部で・・・







KSPの主力製品、
20年以上の販売実績のあるワイドトレッドスペーサー。
そのなかでも最高品質を誇る
REALブランドワイドトレッドスペーサー。

今回は、このREALワイドトレッドスペーサーの
試験の為VIAさんにお邪魔しました。







今回テストに使用する試験機器。
最大で50tまでの圧力を発生させる事が出来るそうです。







ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
ワイドトレッドスペーサーという製品は
「安全」という指標が現在までありませんでした。

「車検」という規定で考えても
「スペーサーに関して」という
検査項目が存在する訳ではないため、
そもそも車検に通る!通らない!を
判断する基準すら無い訳ですが、
それではユーザーからしてみても
「不安」が残る事は否めません。

そこで、KSPも加盟している
「日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会」
通称「NAPAC」ASEA事業部のスペーサー安全基準を
ASEA基準委員会の方々と共に数年をかけて設定。

作成された安全基準の実証試験の為、
今回VIAさんに試験を依頼したという訳になります。








ASEA基準に適合するREALスペーサーを
検査装置に取り付けていきます。

ちなみにASEA基準にはKSP製品でも
REALブランドで販売している
国産車用ワイドトレッドスペーサーのみが適合となります。

スペーサーを装着しても
「純正同等の性能と強度の保持」という基準から
従来より販売していたハブセンターが無い、もしくは
ハブセンターアダプター方式の製品は基準不適合となります。








スペーサーを台座側へ固定したら
ホイールを想定した検査部品を装着し
車輛とホイールに挟まれた状態を作ります。




全てのナットの固定はM12サイズの
通常規定トルク12/N・mで締め付けます。

ちなみに・・・
取付など、すべての作業はKSPスタッフではなく
VIA検査員が行っています。







試験機の上にREALスペーサーが組み込まれた
検査機器を準備していきます。


検査機器は企業秘密のため画像に
モザイクをかけさせて頂いております。
予めご了承ください。m(_ _)m











試験スタート!










どんどん圧力が上昇していきます。






前例が無い検査である事もそうですが
高負荷状態であるため、検査中は
何が起きるかわかりません!
万が一に備え、試験機は強固な金網で覆われた状態で
テストを行います。






今回の試験目的は、
考えうる最大の回転トルクに対しての強度検査!

有識者と協議し設定された「強度計算式」に基づき
算出された最大数値を30秒間負荷をかけ、
破損等が起きないかを検査します!






・・・ですが、、、
現実問題で考えると何百馬力も出ている車輛・・・
例えばゼロヨン車輛でもスタートダッシュ時には
タイヤがロス(空転)してしまうため、
今回の様な「最大負荷フルロック30秒耐久」なんて状況は
現実的に起こりえない状況だと思いますが、
こういうテストにも耐えうる強度を保持する事で
大幅な安全マージンを確保する事にも繋がり
「想定外の状況下でも耐えうる信頼の製品」が生まれる訳です。



想定外の状況だったので走行中タイヤが取れました!
では、済みませんからね・・・(苦笑)





検査後の製品。
本体・ハブボルトを含め、何ら異常は検出されず、、、

WTACの様な超競技的な現場でも実証を積み重ねてきた
製品でしたので、おかげさまで信頼は多方面から
頂いてはおりましたが・・・
これで理論と・実証!
「安全基準」を満たした製品である事が実証されました!

WTACでも実証! その1

WTACでも実証! その2






今回、検査した製品は
スバル用の15ミリサイズ(PCD114.3&100の2種)ですが
順を追って基本ラインナップ全品を試験していきます。

また、ASEA基準登録後は必要に応じて、
・試験成績書
・強度証明書
これらの書類も発行可能となる予定です。

また基準認定製品全品には、
ASEA基準合格を示すシールが添付されます。

VIAもASEAも国交省認可の第三者機関ですので
「自社基準」などにみられる曖昧さはありません。



でも・・・





タイヤがはみ出しちゃう様なサイズの装着はNGですよっ!(笑)



今秋より設定出来る様、現在、急ピッチで準備を進めておりますので
今しばらくお待ちください!



今回の検査は、いままで販売していたREALスペーサーそのもので行っております。
製品自体は、販売開始より現在までの間、
小規模ながらマイナーチェンジを行ってはおりますので
過去にREALスペーサーを購入頂けたお客様全てにも・・・とはいかなくても、
可能な限り、この安全基準をバックUP出来る様にも準備しておりますので
既に購入済みのお客様も期待してお待ちください。

ホイールスペーサーはとても重要なパーツです。
適正な材料、精度など信頼性が最重要です。
KSPブランドは皆様に安心して使用して頂けるような商品開発をしていきます!




Posted at 2015/07/23 17:37:53 | コメント(11) | トラックバック(0) | 商品案内 | イベント・キャンペーン
2015年07月21日 イイね!

レアです!アストンV12! ボランテ!

レアです!アストンV12! ボランテ!こんにちは!

いやー!梅雨明けしたら、いきなり猛暑です!

ファクトリー内も大変暑いです!^^;

熱中症には気をつけないとですね。。






さてさて

今回の作業記録ですが、古くからのお客さんからのご依頼です。

アストンV12ボランテ!とてもレアな車両です。

この車をいつものようにお任せでやっちゃって!って事で相談しながら

モディファイさせて頂きました!

すでにハデハデにモディファイされてますが、今回はタイヤホイール、電装系がメインです。


定番のライセンス灯のLED化


オーナーさんお気に入りのKAROのマット製作。

メーカーに型がないので特注です!


フォグランプ、ヘッドランプはHID。ポジションはLEDで色を

合わせます!


ちなみにこの車はキャンセラー無しで大丈夫でした。^^


作業は電装系女子。

内装、電装専門のメカニックです!

内装は汗臭い男がやるより絶対に良いとお客さんからも支持率急上昇してます。。笑

作業も女性ならでは。。ジワジワとじっくり確実に進んでいきます。


ライト類の取り付け完了!

重要なヘッドライトは信頼のベルフ製、フォグは価格を抑えたものにしました。^^


完成したKAROのマット。ぴったりです!

足元照明も取り付けしました。これはスモールと連動させてます。

淡く照らすように間接的に取り付けてます。夜はいい雰囲気ですよ!


優れもの登場!

いまの時季は絶対ですね!エアコンのメンテナンス!

一般的なガスの補充や真空引きでは出来ない完璧なエアコンメンテが出来ます!

一度配管やシステム内を洗浄しながら純度を高くしたガスを規定量きっちり入れます!

途中でガスボンベの付け替えもないので真空引きも完璧に行えますよ。

長年使ってるエアコン内の不純物をクリーンにすることでコンプレッサーの負担も軽減します。

お奨めです!


そしてナビ取り付け!

カロッツェリアのHDDを取り付けしました。

アストンの場合、シフトレバーが近いので電源ON時に自動開閉しないよう

モニターは基本的に出しっぱなしになります。

使い勝手が少し悪くなりますが、それでも付けたいと言うリクエストに答えて取り付け!^^


最後にタイヤホイールの交換

今回は輸入車では人気のハイパーフォージド製

価格は高いですが、この削り出し感が本物を感じますね!

格好いいです!


オフセットも特注ですが、今回もぴったりです!


フェンダーの出ヅラもオーナーさんのご要望通りにさせて頂きました!^^

KSPと言えば油くさいイメージ有りますが、タイヤホイールもお任せ下さいね!

ばっちりオフセット計算させて頂きます!^^


どうですか?!


元のホイールも派手で良かったですが、こちらは高級感が出ました。


サイズは20インチです。タイヤの外径は純正タイヤとほぼ同じにしてますので

ABSやトラコンに影響しません!


まだまだ進化しそうな感じですが、今回はこれで納車させて頂きました!

ありがとう御座いました!^^



Posted at 2015/07/21 11:47:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他輸入車に関する情報 | イベント・キャンペーン
2015年07月18日 イイね!

フェラーリF430 メンテ2連発!

フェラーリF430 メンテ2連発!こんにちは!

今日のお天気は曇り。。

時々パラパラ雨で蒸し暑いですね。

ファクトリー周辺は台風の直撃は有りませんでしたが、

天気は悪いです。




本日の記事は先日作業したフェラーリF430系です。

1台目はF430の一般整備と車検からトラブルシューティング。



この車は通常の車検整備でお預かりしましたが、途中でエンジンが掛からなく

なるトラブルが発生!

いやいや、結構ハマりました。。

こうして記事にすると早いですが、かなりの時間を費やしました・・笑

原因はF1ポンプのトラブル。

ポンプが死んでしまってクラッチが切れずにエンジンが掛からない

症状でした。

360のF1ポンプトラブルは頻繁に治しましたが、そろそろ430系も出始める

頃でしょうか?!

360より制御が複雑になって来てるのでテスターが無いとお手上げですよ。



こちらはF430で定番の作業

マフラーステーの割れです。。


これは溶接して終了。。

ここは良く割れてますね。


あとは一般整備をして車検を取って終了。。

お待たせしました。。


続いて430スクーデリア作業

こちらは社外マフラーフランジの歪から排気漏れ。。

一度外してフランジの面出しをして修正です。


前回は左側、今回は右側でした。


次はアライメント調整

この車はサーキット走行を楽しんでるので、それに合わせたアライメントに変更します。

当たり前ですが、アライメント調整する時は高精度に水平で無ければ意味ないですよ。

基準になる台の水平が出てないと車高や数値を弄っても気分だけの状態です。。笑



現状を把握してから楽しく走れるように調整させて頂きました!



この調整は理屈の数字だけではダメですよ!

ドライバー視点からのフィーリングがあるので結構難しいです。

数値に関してはフェラーリチャレンジレースで得たノウハウで引き出しが

沢山ありますので、ぜひご相談くださいね!^^





Posted at 2015/07/18 11:42:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | F430 | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「Gクラス ゲレンデ フロントアクスル系リフレッシュ作業 http://cvw.jp/b/711133/40421969/
何シテル?   09/17 17:34
国産車、輸入車問わず皆さんに満足して頂ける商品開発、販売をしていきますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

ユーザー内検索

<< 2015/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

KSP-CARS 特選中古車・高価買取 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:20:57
 
KSP動画コンテンツページ 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:18:47
 
KSPフォトギャラリー 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:17:39
 

お友達

KSPエンジニアリングです。お気軽にお友達登録お誘い下さい!
スーパーカーのイメージが強いですが、国産車の新製品情報も配信しております。
各種、施工例、キャンペーン情報、お買い得情報などなど最新情報を真っ先にご案内致します。
1193 人のお友達がいます
はじわーるどはじわーるど * パーちゃん@パーちゃん@ *
てすたろっさ@てすたろっさ@ * え~くんえ~くん *
どっきどきどっきどき * 若じっじ&430若じっじ&430 *

ファン

495 人のファンがいます

愛車一覧

フェラーリ 360モデナ KSP 360 Challenge (フェラーリ 360モデナ)
現在は360チャレンジ (modena/スパイダー/チャレンジストラダーレ含む)
ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター
KSP Aventador roadster LP700-4
AMG Gクラス W463 G63AMG Model2012 (AMG Gクラス)
オリジナルパーツ開発、装着・ドレスアップ等
ホンダ NSX ホンダ NSX
KSP NSX ストリート~サーキット走行会まで対応するコンセプトで仕上げました。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.