• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
【業界初!保安基準適合 REALワイドトレッドスペーサー】 ※2015.11現在



【LINE@KSPでお得情報を配信中】




【KSPウェブショッピングサイト】




【KSPリアルタイム情報満載】



【ヘッドライト光軸コントローラー 作動イメージ動画】


KSP-ENGのブログ一覧

2015年12月22日 イイね!

ランボルギーニ アヴェンタドール 専用スペーサーとローダウンロッド完成!

ランボルギーニ アヴェンタドール 専用スペーサーとローダウンロッド完成!こんにちは!

今年も残すところ、あと僅かですが寒いんだか、そんな寒く

無いのかって気温ですね。。


さてさて、

ちょっと前から開発中だったランボルギーニアヴェンタドール

専用部品が出来たのでご紹介させて頂きます!



製作したのはローダウンロッドと純正オプションホイール専用のスペーサーです。

まずはローダウンロッドからですが、オーナーの方はご存知だと思いますが、

アヴェンタドールのサスペンションはプッシュロッド式なんですよね。



簡単に言えば通常サスショックが付いてる場所はロッドだけで、サスショックは

車体内側に横向きに付いてます。



リアはエンジンルームに堂々とオーリンズ製サスペンションが鎮座してますが、

フロントは隠れていて見えません。。

ナックルからサスペンションまではプッシュロッドとリンクで構成されているんですが、

このプッシュロッドの長さを変えると車高が変わるんですよね。



一般的に車高調整はショックケースのネジ部で調整するんですが、プリロードの関係や

ショック単体のストロークの関係でロッド側を変更したほうが乗り心地やショック性能に

影響が少ないので、こちらのパーツを製作しました。



でもココには相当な力が掛かるので材料と形状は結構考えましたね。

純正のアルミ鍛造品に劣らない強度と動きの伝え方などなど・・

そんな訳で材質はKSPスペーサーで実績ある国産ジュラルミンの削りだしで製作。

形状も地面からのショックを確実に伝えられるよう、たわみが無い一体式の

削り出しに拘りました。

やっぱり700PS!300キロオーバーの車ですからね。



製作も図面から起して、マシニングセンターで無垢のジュラルミンから削りだし製作。



調整式も考えましたが、頻繁に車高調整したり見た目重視の低さにするなら

ありなのかな?!と思いましたが、実際に走ることを考えると車高も2センチほど

ローダウンがベストだと思いますね。。





KSPでは見た目と走りのバランスで約2センチダウンのローダウンロッドにしました。

軽量でシンプルな構造なので取り付けも簡単です。



純正ロッドと入れ替えるだけで約2センチローダウンするパーツになりました!^^

表面処理は耐腐食性も考慮してアルマイト処理、色はゴールドにしてみました。

写真映えしますよね?!笑



もちろん色は好みで変更出来ますが、ゴールドも格好良いと思います。。^^

まぁ、色に関しては好みなので、シルバーやブラックなどなど出来ますが。。




続いてスペーサーです。

オリジナルの既製品でいろんなサイズが有るので、いろいろ試してみましたが、

ちょっと違うんですよね・・





やはり専用の物が良いと思い、純正オプションホイールにピッタリな

専用スペーサーを作りました。^^



高価な純正オプションを選択したのに、社外ホイールに比べると

ちょっと迫力不足なのをちょい足しです?!



純正ホイールの寸法もしっかり計測して車両側、ホイール側のハブ径も

きっちり合うように公差も詰めました。

ここの寸法が甘いと高速域でブレますので慎重に寸法を決めます。


取り付け方法も車両側に固定できるようにブレーキローターと共締めする

サービスホールも追加。

これはフェラーリ用にも採用してますが、これが無いとホイール着脱時に

ホイール内側に脱落する恐れがあり、思わぬ傷が付くのを防止しています。



ちなみに、一般的にアヴェンタ用にマッチングしてる社外ホイールは、

この純正OPホイールとほぼ同じサイズがほとんです!

装着するタイヤも同じサイズが多いですね。。



あとはオフセットが違うだけなので、そのオフセットを社外ホイールと

同じくらいになるようスペーサーで調整してみました。



簡単に言うと、純正OPホイールが社外ホイールと同じくらいツラツラになります!

純正ホイールでも物凄く格好良くなります!^^

色もホイールに合わせてブラックにして違和感を無くしました。

もちろん、シルバー、グレーも製作出来ます。ホイールの色で選べますよ。

厚さは前後共に15ミリに設定しました。

純正ホイールのオフセットとローダウンを考えると15ミリがピッタリでした。



付けるスペーサーはプレートタイプなのでロングボルトが必要になります。

もちろん専用のロングボルトも作りました。



純正ボルトと同じ2ピースタイプにしたのでホイール側にも優しいです。^^



ただ純正ボルトはトルクスタイプなんですが、作ったのは6角穴付タイプになります。

これはフェラーリ純正ボルトと同じサイズになるので、特に見慣れた感じで、

違和感が有りませんが、ランボはトルクスじゃないとダメだろ!って言われると

現状ではトルクスタイプのロングボルトが有りません。。^^;

ちなみにボルトの材質はクロモリ材に適正な焼入れ処理をしてるので強度には

問題ありません。安心して使用できます。



ローダウン+スペーサー装着後の画像です!^^





見た目も丁度良い感じだと思われますが、この辺りは好みがあるので

画像でイメージしてください。



この状態で走行しましたが、待ち乗りレベルではほぼ純正と変わらないフィーリング

でした。





気になる高速走行は?!

この手の車の常識レベルのスピードでも特に問題はありませんでしたが、更に上の

スピードでは車高が落ちた事によるアーム位置の変化がありますので、道が荒れてると

純正に比べて乗り心地が少し悪く感じました。

まぁ、あまり使わないスピード域なので問題が有るのか?!無いのか?!・・^^;

路面が荒れてなければ問題は無いと思います。



でも、これ以上下げると乗り心地どうのと言うより、超高速域の荒れた路面は

車の挙動で路面に接触しそうで怖いと思いますが。。

見た目重視か?!走り重視か?!いろいろ好みがあると思いますが、KSPでは約2センチ

ダウンで落ち着きました。



それにしても、もともと低い車なので、2センチでも今までより気を使う事が多くなると

思いますので、ローダウン時には十分注意してくださいね!^^


オーナーの方!業者の方!こんな部品が出来ましたので興味があればご連絡ください!

お待ちしてます!

ありがとうございます!^^

販売定価 ローダウンロッド¥250000(前後1台分SET)税抜き 色は発注時にオーダー可
       専用15ミリスペーサー&専用ボルトKIT¥100000(前後1台分)税抜き
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

KSPエンジニアリングでは

東京海上日動、三井住友海上の自動車保険代理店です。

NSXやスーパーカー、輸入車の自動車保険の車両保険設定など
得意にしています。

ご来店できない地方の方でもご利用実績有りますので、ぜひ
ご相談下さいね!

車高の低い車対応の自社セーフティーローダーも完備してますので いざと言う時のロードサービス対応など全てご相談下さい!

きっとご希望に添える提案が出来ると思います!
特に現在の車両保険金額などでご不満の方はご相談下さい!^^


リクルート情報

KSPでは随時メカニックを募集しています。

KSPに来てくださるお客様達は車が大好きな方達です。
国産車からスーパーカーまで沢山の作業から学べる環境で
整備士として頑張ってみませんか?

車が大好きでスーパーメカニックを目指す方!
すでに経験豊富な方!

ご連絡お待ちしてます!^^

社会保険、雇用保険、労災などなど全て完備してます。


定休日 /毎週木曜日 第三水曜日
創  立 /1991年9月














Posted at 2015/12/22 12:00:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | ランボルギーニに関する情報 | イベント・キャンペーン
2015年12月19日 イイね!

フェラーリF355 内装ベタベタ補修から車検メンテナンス

フェラーリF355 内装ベタベタ補修から車検メンテナンスこんにちは!

ここ数日でかなり寒くなりましたね。。

それでも例年より気温が高めらしいんですが。。

さてさて本日の作業記録はフェラーリF355です。

作業内容は車検一般整備、内装ベタベタ修理、ウィンドー修理でお預かりです。




車検一般整備は基本的な事はもちろんですが、その車特有の箇所も念入りに

チェックします。

ブレーキパッドの交換

フロント側ですが、かなり磨耗していたので交換になりました。

フェラーリの純正ブレーキはブレンボ製がほとんどですが、F355もブレンボ製の

システムを採用しています。

純正パッドもブレンボ製ですが、補修部品にはコスパの問題で

フェロード製を使う事が多いんですよね。

ちなみにフェロード製はフェラーリチャレンジカー指定にもなった信頼出来るパッドです。




これもフェラーリでは定番の内装樹脂部分のベタベタ修理

もうこれは年間何台の作業が有るんでしょうか?!笑

多いのが348、355、360ですが、年式的に430も出てきてます。

ちなみにベタベタって何?って事ですが、樹脂パーツの表面の質感を高める

ために一塗りしてるんですよね。。

ヨーロッパの気候では問題ないんでしょうか?!現地の車を見てないので

なんとも言えませんが、日本ではそのコーティングが10年くらいするとベタベタして

くるんです。

室内なので服に付いたら始末が大変です。^^;


そんな訳でベタベタしてきたらパーツ類を外して表面のベタベタを一掃します!

特殊な液剤で綺麗に落とします。

地味な作業で時間掛かりますが綺麗に仕上げますよ!

これ作業する側からするとベタベタ具合が酷い方が取りやすいので、限界まで我慢して

してください!笑 ってそんな事はないですね。。

すいません、、失礼しました。。ちょっとでも気になったらご相談下さい!^^



続いてパワーウィンドーの修理

症状はスイッチを触ってもウィンドーの作動不良

ドアの中でモーターが動いてる音がしてるので分解してチェックしたところ

モーターを留めてるボルトが緩んで外れてました。。

これは単純にモーターを元の位置に取り付けて完治。


モーターは表側のパネルを外して作業します。

通常は中からですが、355は表からです。



ばらしたついでにレールの洗浄と調整をしてスムーズに動くように復活


油脂類の交換

エンジンオイルからクーラントまで交換


オイル類はやっぱりこれ!

絶大なる安定性と信頼性のロイヤルパープル


プラグ交換


このプラグカバーのパッキンが破れやすいんですよね。

ここが破れるとプラグホールに水分が入りやすくなってプラグが錆びてきます。

これはパッキンとプラグの交換です。


最後はフェラーリテスターで過去のエラーなどリセット

その他の不具合箇所をチェックして終了です!


ありがとう御座いました!^^




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

KSPエンジニアリングでは

東京海上日動、三井住友海上の自動車保険代理店です。

NSXやスーパーカー、輸入車の自動車保険の車両保険設定など
得意にしています。

ご来店できない地方の方でもご利用実績有りますので、ぜひ
ご相談下さいね!

車高の低い車対応の自社セーフティーローダーも完備してますので いざと言う時のロードサービス対応など全てご相談下さい!

きっとご希望に添える提案が出来ると思います!
特に現在の車両保険金額などでご不満の方はご相談下さい!^^


リクルート情報

KSPでは随時メカニックを募集しています。

KSPに来てくださるお客様達は車が大好きな方達です。
国産車からスーパーカーまで沢山の作業から学べる環境で
整備士として頑張ってみませんか?

車が大好きでスーパーメカニックを目指す方!
すでに経験豊富な方!

ご連絡お待ちしてます!^^

社会保険、雇用保険、労災などなど全て完備してます。

認証/関東運輸局認証工場 第1-11590

定休日 /毎週木曜日 第三水曜日
創  立 /1991年9月


Posted at 2015/12/19 11:27:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | F355 | イベント・キャンペーン
2015年12月14日 イイね!

NSX作業 年末作業 近況

NSX作業 年末作業 近況こんにちは!

もう今年も残すところ半月になっちゃいました。。

毎年この時季になると、年末までに納車する仕事と、年明けから

お預かりする作業と予定が入り乱れて仕事の調整が難しんですよね。






予定を入れて何かハプニングがあって年末までに終わらないと

ファクトリーで年越しになっちゃうし、少なすぎると時間が余っちゃうしで、

作業予定の調整をしつつ仕事を進めてます。。^^:

ただ毎年そうなんですが、年明けすぐは比較的空きが出来るので、作業予定を

受けやすいです。

そんな近況なんですが、画像メインでご紹介します!^^


まずはこちら

これもNSXでは良くある症状ですが、室内に温風が入って来るトラブル。


NSXのブロワファンユニットはスペアタイヤの後ろに有るんですが、この

ユニットのパッキンが経年劣化でボロボロになっちゃいます。



当然ココにはラジエターがあるので暖められた隙間風が室内に入って

来ちゃうんですよね。。しかもラジエターファンは電動なので作動すれば

停車中でも入ってきます。


その症状が出たときの原因はいくつか有って、エアコンの配管などのゴムパッキン

が劣化しても起こります。



ただ圧倒的にブロアファンユニットのパッキンの面積が大きいので、まずは

こちらを修理するとほぼ改善しますね。

ココのパッキンは単品で出ないので、代替品で対応します。


ブロアファンユニットを丸ごと新品にすればパッキンも付いて来ますが、

部品代もそこそこ掛かるので、今回はユニットをバラしてOHして対応しました。

あとは室内側のエバポレーター側ですが、こちらはパッキンだけ換えるのは

コスパが悪いので、壊れたときエバポ交換する事になりました。



続いてこちら

もう、これは毎月何機も修理してるパワステラックのOHです。



こちらはパワステラックだけ送られて来て修理するパターンですが、ほとんどが

業者さんです。


このパワステ修理は結構奥が深くて今でも回数を重ねるごとに気づいた

ところはバージョンUPしています。

だいぶ確立してるので基本的に要領は同じなんですが、より精度が良いように

少しづつ変わって来ました。

まぁ、バラしてみた状態にもよりますが、最善の状態になるように常に気を使って

組んでますよ。^^



こちらは車両から外してのOH






こちらはブラシとローターの接点が荒れていたので修正しました。


実は良く見るとローター側が蒲鉾型に片磨耗してる事があるのでここは注意深く

見ないといけません。



ここを見逃すと組みあがった時にガタは無くなりますが、少しフィーリングに違和感が

残ったりします。

そのフィーリングも気づかないレベルの時もありますが、OH後の耐久性を

考えるとキッチリやらないとダメな部分です。


組みあがったユニットの点検

これも一昔まえはメカニックの手に伝わる「塩梅」で対応してましたが、最近は

センサーを取り付けて微妙な音を感知させながら調整します。

ちょっとした事ですが、パワステOHも徐々にバージョンUPさせてます。^^


続いてこちらの赤NSXです。

エアコンのコンプレッサーの交換



これはマグネットクラッチをシムで調整しながら組みます。


定番のドライブシャフトの交換。

これはリビルト品に交換します。




いつものエキスパンションタンクの交換

このパーツは常に圧力が掛かる場所なので、つなぎ目が怪しい場合は即交換

になります。





パワステOHをしたので最後はアライメント調整をして終了。



ブレーキローターの研磨



新品に交換するのは簡単ですが、1度研磨しとくと経済的です!^^


こちらの黄色NSX-Rは車検などなどでお預かり。





作業は車検絡みの一般整備からNA2キャリパー、02R用ブレーキローターに

変更。

ブレーキパッドはオーナーさんの持込でエンドレス製に変更しました。





良く見るとミラーにクラックが入っていたので、こちらは純正新品部品に交換しました。







こちらは販売した車両の納車前点検とモディファイ。

新しいオーナーさんの要望で電装品メインで作業してます。

ナビやドアロック、ドライブレコーダーやETCなどてんこ盛り状態です。

なんとか、お約束の納車日には間に合うように作業してます!^^





こちらの赤のNSXはアライメント調整で来店して頂いたんですが、リフトに上げて

調整しようとしたら、何かリアのナックルの向きが変?と言う事でチェックした

ところトーコントロールアームが取り付く部分が変形してました。



急遽お預かりになり、ナックル交換作業になりました。





新品パーツは切削加工の跡が綺麗でメカニカルです!^^




さらについで作業でNSX-R用のクラッチペダルにも交換。




このRペダルはストロークがショートになるので操作時の作動距離が短くなります。

ペダル位置も少し奥になるので素早いクラッチ操作をするには良いんですよね。

ちなみにノーマルにはクラッチ操作をラフにしても、ある程度吸収してくれるダンパー

が付いてるんですが、ダイレクト感が無いのと、もともとRにはダンパーが無いので

Rペダルにする時はダンパーを外すのが正解です。



こちらは引き続き作業中のNSX-RのヘッドOH



幸いにしてブロックやヘッドの歪が無かったので、今回はヘッドOHメインに作業しました。

一度、全てのバルブを外してチェック。バルブガイドは全て交換しました。

カム類はそのまま再利用ですが、念のため曲がりなどもチェック。



NSXのエンジンはタペット調整が必要なんですが、当然ココにもクリアランスが

ある訳で、組み付けるメカニックで変わる部分です。

マニュアル数値を参考にするのは基本なんですが、全てのクリアランスが揃って

なければいけません。



これ普通の事なんですが、クリアランスには許容範囲が有るんですよね。

クリアランスを計るシックネスゲージの使い方にも差が出ます。

ギュって入れるのか?!スーッと入るのか?!笑

そんな微妙な感覚でもバラつきが出てしまいます。

KSPでは許容範囲を考慮しながら全て統一して無理のないシックネスゲージの使用

方法で全ての箇所を時間を掛けて、ほぼ同じ数字に揃えます。

そのクリアランスも気温によって変わって来るのでとても気を使う作業になります。

作業するメカニックの考え方で差が出る部分ですよね。

こちらの作業も順調に進んでるので、年内には納車出来るよう、作業してます。



近況は以上です!

これ以外にも紹介出来ていない作業がたくさん有るんですが、こんな感じで

年末作業が進行しています。

いつもありがとう御座います!^^


スーパー余談ですが、、

これからの季節の新兵器。。笑

この石油ストーブはKSPが始まって以来からだから

かれこれ24~5年使用してるんですよね。。

燃費は悪いんですが、まだまだ現役です!^^



でも移動が出来ないんで、ここから離れた作業は寒いんです。。

そんな訳で移動式の新兵器を導入しました!^^

作業には関係ないネタですが画像撮ったので載せてみました。。




ではでは

あと半月!頑張って作業進めていきます!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

KSPエンジニアリングでは

東京海上日動、三井住友海上の自動車保険代理店です。

NSXやスーパーカー、輸入車の自動車保険の車両保険設定など
得意にしています。

ご来店できない地方の方でもご利用実績有りますので、ぜひ
ご相談下さいね!

車高の低い車対応の自社セーフティーローダーも完備してますので いざと言う時のロードサービス対応など全てご相談下さい!

きっとご希望に添える提案が出来ると思います!
特に現在の車両保険金額などでご不満の方はご相談下さい!^^


リクルート情報

KSPでは随時メカニックを募集しています。
一般整備から世界の名車達の整備をしています。
お気軽にご連絡下さい!



Posted at 2015/12/14 14:54:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSXに関する情報 | イベント・キャンペーン
2015年12月12日 イイね!

ベンツW463 Gクラス作業 何連発だ?!

ベンツW463 Gクラス作業 何連発だ?!こんにちは!

昨日は大雨でしたが、気温は高かったですね。

今日もそんな寒くなく過ごせてます。








さてさて

本日の作業ネタはベンツGクラス作業をまとめてご紹介です!

KSPファクトリーは定期的にゲレンデ作業の依頼を頂くんですが、

ここ最近多くなって来ましたね。ありがとうございます!

まずは

ここに2台ありますが、奥のG55コンプブラバス仕様は車検などの作業で

お預かり中です。


手前のG550は後期ルックにモディファイでお預かりです。



パーツ類はオーナーさんの持ち込み品です。

後期ミラーとライトカバーの取り付けのご依頼を頂きました。




このゲレンデはまだ購入したばかりで、今後少しずつモディファイして

行きたいそうです!楽しみですね!^^

完成後にデイライトも点くようになりました。


電動格納も別付けスイッチで可能になりました。


続いてこちらはG350ブルーテックのパワーチェック!

KSPファクトリーのシャシーダイナモは4WD対応なのでGクラスのパワーチェック

も出来ちゃいます!^^

その昔、チューニングが流行ってたころGT-Rのパワーチェックをやるために

設備したんですよね。

ちなみに、このG350にはパワーアップするモジュールが取り付いています。

純正馬力よりしっかりUPしてましたよ!

今回は雑誌絡みの取材を兼ねてだったので詳細は次発売のオンリーメルセデスを

ご覧くださいね!^^


続いてこちらのG55は定番のスペーサー取り付け


もともとKSP製スペーサーがフロント21ミリ、リア25ミリが着いていましたが、

ワイルドすぎると言う事で、今回は控えめのフロント10ミリ、リア15ミリに変更しました。


10ミリ、15ミリスペーサーはプレートタイプになるのでロングボルトで固定する

ようになります。

参考までに、Gクラスは基本的に純正ボルトの首下が45ミリです。

10ミリスペーサー取り付けの場合は首下55ミリ、15ミリスペーサーの場合は

首下60ミリのボルトを使います。

今回はホイールがブラックなため、ボルトもブラック仕様で用意しました。


もちろんハブ部分もしっかり精度出してるので取り付け時にはハブ部分の汚れや

錆びを綺麗に落とさないとはまりません。

それくらいキッチリ作ってますよ!^^




スペーサー取り付け後は・・

リアのコーキング部分。。


ここなんですが、気になると気になりだす部分です。。^^;

特に夜なんですが、後ろの車からライトが当たると荒いコーキング部分が目立って

ギラギラするんですよね。。

ここをカバーするコーキングプロテクターなる物をKSPオリジナルで作ってるんですが、

これが結構人気で通販でもジワジワ売れるんです。

両面テープで取り付けるパーツなので通販でも購入しやすいんでしょうか?!

取り付けるとこんな感じで普通になります。



普段は目立たないパーツですが、どうですか?!^^

楽天、ヤフオク、ヤフーショッピングで「W463 リアコーキングプロテクター」で

検索してみて下さいね!


最後はオイル交換

オイルはメーカー指定のモービル1です。


Gクラスのオイル交換は頻繁にあるので指定オイルを常に準備しています。


お次はまっさらな新車!G350ブルーテック限定車の登場です。!


パールホワイトのボディーに定番オプシディアンブラックのAMGフェンダー、バンパー

ルーフなど白黒ツートンの限定カラーです。

これはお洒落ですね!かなり目立つコントラストになってます。


こちらの作業も定番のスペーサー取り付けです!


フロント25ミリ、リア30ミリで、ちょいハイミタイのワイルド仕様です!


先ほどの10ミリ、15ミリスペーサーはロングボルトを使用しましたが、

21ミリ、25ミリ、30ミリ、35ミリスペーサーを取り付けの場合はホイールを留める

純正ボルトは使用できません。

AMGを含む純正ホイールを使用する場合は必ず首下35ミリのショートボルトを

ご用意下さい。

社外ホイールなどの場合はホイール裏、取り付け面から出てくるボルト長に

十分注意してくださいね。

スペーサー厚を超えてる場合は必ず合ったボルトに変更してください。

KSPでも各種サイズボルトは別途ご用意しています。

ここは重要なので、良く分からない場合はお気軽にご相談ください。^^



フロント25ミリ、リア30ミリで男らしいワイルドな雰囲気に変貌しました!

ちなみに、この車はG350ブルーテックの限定車なのでAMG専用ワイドフェンダーになってます。

通常のG350のフェンダーはAMGの半分くらいの幅なので、同じサイズを入れると極悪仕様に

なるのでご注意ください!笑

予断ですが、、

2016年モデルから通常のG350もAMGと同じワイドフェンダーが標準装着される事に

なってます。

そんな訳で2016年モデル以降の方は参考にしてみてくださいね!^^


この日は2台並んでゲレンデ作業。。

限定G350の前方ではブラックのG500が作業中でした。


G500はドアロックの故障とウインドーレギュレータの交換

出先でドアが閉まらなくなったと緊急入庫でした。

症状を確認したらドア内にあるドアロックユニットの破損です。


この症状はゲレンデではたまに有る症状ですね。

ドアを閉めても完全に閉まらず開いてしまう症状です。

これは内装を外してドア内のパーツ類からガラスウインドーを外してから取り外します。


外したユニット


上が新品部品

スプリングで引っ張って無ければいけない場所にスプリングありません。


ドア内に落ちていた破損したスプリング


新品部品にドア開閉のマイクロスイッチを移植して取り付けです。

このマイクロスイッチのヒゲ部分を曲げないように慎重に移植しますよ。

まぁ、作業自体は簡単です。^^


この後は順番に組み付けて終了です。


そしてこちらの作業


これこそゲレンデでは定番中の定番トラブルですね。

ウインドーの上げ下げで異音や作動不良が出てきたら早めに修理しないと、

最悪ウインドーが落ちて割れる事があるので注意ですね。。

ゲレンデはウインドーが直立してるので作動させてるワイヤーユニットに負担が

掛かりやすいのも原因ですよね。

ウインドーレギュレーターは現在の所、モーター付きの高い方と、モーター無しの

安い方が有るので、今回はモーターが元気だったので無しの安い方で修理しました。


これも内装をサクサクバラして交換作業です。

やっぱり破損していた部品


交換したパーツは樹脂部分の形状が変更されています。

対策品かな!?

構造的にこっちのほうが破損しずらい形状に変わってますね。


新しいワイヤーユニットにモーターを移植して元に戻して行きます。




この作業は、何度も作業してるNSXなどと要領は同じなのでサクサク終了しました。

今回はこれで以上です!

画像メインで紹介させて頂きましたが、Gクラスの作業も得意にしてますので、

ゲレンデオーナーさん!作業のご依頼よろしくお願いします!^^

いつもありがとう御座います!^^



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

KSPエンジニアリングでは

東京海上日動、三井住友海上の自動車保険代理店です。

NSXやスーパーカー、輸入車の自動車保険の車両保険設定など
得意にしています。

ご来店できない地方の方でもご利用実績有りますので、ぜひ
ご相談下さいね!

車高の低い車対応の自社セーフティーローダーも完備してますので いざと言う時のロードサービス対応など全てご相談下さい!

きっとご希望に添える提案が出来ると思います!
特に現在の車両保険金額などでご不満の方はご相談下さい!^^


リクルート情報

KSPでは随時メカニックを募集しています。
一般整備から世界の名車達の整備をしています。
お気軽にご連絡下さい!











Posted at 2015/12/12 15:55:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | W463 Gクラス | イベント・キャンペーン
2015年12月10日 イイね!

フェラーリ348 定期メンテ またまたイエローキャリパー?!

フェラーリ348 定期メンテ またまたイエローキャリパー?!こんにちは!

最近はじわじわ寒くなって来ました。。

まだ日が出てるうちは良いですが、夜はホント寒いですね。

さてさて、、本日の作業記録ですがフェラーリ348です。


この348は一般メンテも含め、いつも遠くから来て頂いてる

常連さんです。。^^

今回の作業も油脂類の交換と、キャリパーの交換。

キャリパーは最近増えてるフェラーリイエローに塗装した純正キャリパーです。

ちなみにこの348はほぼオリジナル状態を保ちながら、すばらしく綺麗に維持されてます。

内装の状態を含め、とても20年以上たった車とは思えない綺麗さです。^^



いつもはドライブがてら日帰り作業が多いんですが、今回はキャリパー交換が

あるのでお預かり作業になりました。



使用するオイルはいつものロイヤルパープル。

このオイルは良いですよ!



使いだしたのは、もうずいぶん前になりますが、KSPはゼロヨン競技に一生懸命だった

んですよね。

車はRX-7、シルビア、GT-Rといろいろ作りました。

あの頃はゼロヨンが流行ってましたからね。。全国のチューニングショップが

必死にデモ車作って走らせてました。



KSPは全国のショップ対抗クラス(HKSプロファイタークラス)

で名だたる有名ショップを押さえ2年連続優勝してるんですよ。^^

当時はRX-7 FD3S、FC3S、シルビアS14、で優勝。。

GT-Rは残念ながら大クラッシュで全損・・笑

トーナメント式のレースだったので勝ち上がるたびに強敵に当たるので

どんどんブーストもあげて決勝まで辿り着いたんですが、そのギリギリの

エンジンを終始安定させてたのが、このオイルなんです。

当然、オイルメーカーは沢山あったわけで、いろいろ使いましたよ。

もちろん業者ならではの付き合いも有りましたから、実際に使いたいオイルと

商売として売りたいオイルなどなど有りましたが、エンジンをバラした時の

状態や安定性など考えるとコレが一番良かったんですよね。。

やっぱりホントに信頼できる銘柄をお客さんに薦めたいですからね。

画像は2013年オーストラリアWTAC決勝レース


ただココんちは宣伝がイマイチなのかな?!(失礼。。笑)

日本では知名度が低かったんですよね。

なので、お客さんに薦めても、「聞いたことない」って反応が多かったです。。笑

やっぱり皆さんが知ってるブランドの方が販売しやすいですからね。

売るだけを考えたらそっちの方が簡単でした。

アメリカやオーストラリアあたりだとかなり知名度高いんですけどね。。

宣伝も派手だし・・^^



でも良い物は良いって事でKSPでは今でもロイパーを信頼して薦めてます!

フェラーリやNSXのエンジンにも相性が良いですよ!

フェラーリ360チャレンジをレースに出していた時もずっと使ってました。

真夏の炎天下の中、FISCOを1時間全開で走りっぱなしの時もありましたね。

なんかオイルの宣伝になってますが、それくらいお気に入りの銘柄って事です!^^

もちろん価格と性能のバランスを踏まえての事ですよ!


そんなロイヤルパープルでKSPが特注してるミッションオイルがあります。

特にフェラーリやNSX、FF系のミッションのデフとミッションが同じオイルで

潤滑してるタイプに合わせてブレンドしたオイルです。

ギアの入りもスムーズになりますよ!

もちろんこの348にも使用しました。

ちなみにソフトとハードの2種類があります。

ガンガン走る人はハード、待ち乗りメインの方や冬場はソフトをお勧めしています。

かなりフィーリングが良くなるのでご相談下さい!^^



ここでハプニング発生!

今回クーラントも全交換したんですが、ラジエターのドレンボルトが固着していて嫌な硬さで

回ってきました。。最終的には折れてしまって急遽部品待ち。。

予定外のお時間を頂いてしまいました。。^^;

部品待ちの間に・・

持ち込み塗装済みの、いつものイエローに塗られたキャリパー。


これに交換する予定だったんですが、これまたハプニング。。笑

前後左右の形状がおかしい。。



左右対称じゃないとダメなんですが、入っていたのは右前キャリパー2個、左後キャリパー2個。。。

仕切りなおしになりました。



今回はディクセルの低ダストパッド交換とブレーキフルードの交換のみになりました。



あとはドアの開閉時に異音が出ていたので調整して作業は終了し無事に納車に

なりました。

いつもありがとうございます!^^

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

KSPエンジニアリングでは

東京海上日動、三井住友海上の自動車保険代理店です。

NSXやスーパーカー、輸入車の自動車保険の車両保険設定など
得意にしています。

ご来店できない地方の方でもご利用実績有りますので、ぜひ
ご相談下さいね!

車高の低い車対応の自社セーフティーローダーも完備してますので いざと言う時のロードサービス対応など全てご相談下さい!

きっとご希望に添える提案が出来ると思います!
特に現在の車両保険金額などでご不満の方はご相談下さい!^^


リクルート情報

KSPでは随時メカニックを募集しています。
一般整備から世界の名車達の整備をしています。
お気軽にご連絡下さい!







Posted at 2015/12/10 12:18:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 348 | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「ウラカン再入庫!今度はマフラー交換♪ http://cvw.jp/b/711133/40206129/
何シテル?   08/07 14:31
国産車、輸入車問わず皆さんに満足して頂ける商品開発、販売をしていきますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

ユーザー内検索

<< 2015/12 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

KSP-CARS 特選中古車・高価買取 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:20:57
 
KSP動画コンテンツページ 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:18:47
 
KSPフォトギャラリー 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:17:39
 

お友達

KSPエンジニアリングです。お気軽にお友達登録お誘い下さい!
スーパーカーのイメージが強いですが、国産車の新製品情報も配信しております。
各種、施工例、キャンペーン情報、お買い得情報などなど最新情報を真っ先にご案内致します。
1189 人のお友達がいます
ま~太ま~太 * DORYDORY *
きゃのん@2008きゃのん@2008 * スーパーオートバックス浜松スーパーオートバックス浜松 *みんカラ公認
夢・心・彩・純夢・心・彩・純 * ビー吉G&#39;sビー吉G's *

ファン

494 人のファンがいます

愛車一覧

フェラーリ 360モデナ KSP 360 Challenge (フェラーリ 360モデナ)
現在は360チャレンジ (modena/スパイダー/チャレンジストラダーレ含む)
ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター
KSP Aventador roadster LP700-4
AMG Gクラス W463 G63AMG Model2012 (AMG Gクラス)
オリジナルパーツ開発、装着・ドレスアップ等
ホンダ NSX ホンダ NSX
KSP NSX ストリート~サーキット走行会まで対応するコンセプトで仕上げました。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.