• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
【業界初!保安基準適合 REALワイドトレッドスペーサー】 ※2015.11現在



【LINE@KSPでお得情報を配信中】




【KSPウェブショッピングサイト】




【KSPリアルタイム情報満載】



【ヘッドライト光軸コントローラー 作動イメージ動画】


KSP-ENGのブログ一覧

2016年05月31日 イイね!

ランボルギーニ アヴェンタドール!ローダウンツラツラ作業!

ランボルギーニ アヴェンタドール!ローダウンツラツラ作業!こんにちは!

ここ最近は夏日が続いてますね!

天気が良いです!^^









さてさて、そんなドライブ日和の中、綺麗なイエローのマシンが入庫しました。

ランボルギーニアヴェンタドールです!



今回の作業はKSPオリジナルのローダウンロッド、専用スペーサーなどなど

取り付け作業です。

遠方からお越し頂いたので、朝一から作業して、夕方に終わらせる予定を

組ませて頂きました。



作業開始。。



オーナーの方なら知ってると思いますが、アヴェンタドールはプッシュロッド式

サスペンションを採用しています。



車高の調整は、そのプッシュロッドの長さを変更すれば変わります。



肝心なサスペンション側を弄ると、プリロードなどが変わるのでプッシュロッド

側の寸法を変えた方が違和感がないんですね。

ちなみにKSPオリジナルのプッシュロッドはジュラルミン削り出しの

一体式を採用しています。



なぜ調整式にしないか?

やっぱり製品の剛性です。頻繁に車高調整する場合は不向きだと

思いますが、見た目と走行性能を考慮すると純正から2センチほどの

ローダウンが良かったんです。

そんな訳で取り付ければ一発2センチダウンのロッドを製作しました。^^

サスKITで言うと車高調ではなく、ローダウンサスの感覚ですね。

今回も取り付け完了後は前後とも2センチほどダウンしました。

車高が下がると、キャンバーも付くので、専用のスペーサーも装着!



このスペーサーはアヴェンタドールの純正ホイール専用に作ってみました。



標準ホイールはもちろんですが、このオプションホイールとのマッチングも丁度いいですよ!

社外ホイールを取り付けるとツラツラになって恰好いいですよね!?

純正ホイールでもスペーサーを付ける事によって同等のオフセットになるようになってます。

もちろん、ホイールボルトも専用の物に変更になります。



ちなみにスペーサーは車両側にしっかり固定出来るようになってるので、汎用品で

有りがちな、ホイールを外したら脱落するようなことは有りません!^^



ローダウンロッド、スペーサーの詳細はKSP社用車で製作した時の記事を参考に

してください。

こちらが前回の記事です。

http://minkara.carview.co.jp/userid/711133/blog/37020526/

社用車で製作したときはゴールドでしたが、今回はシルバーアルマイト処理になってます。

基本的に受注生産なので、シルバー、ゴールド、ブラックなどご希望のアルマイト色に

出来ます。


ローダウンしたらアライメントですね!?



アヴェンタドールはローダウンするとトーイン方向になります。

キャンバーも付きますので、トーイン効果も増します。

タイヤの片減りもそうですが、キャンバーが付いた分、トーインの調整もしっかり

調整します。

純正と同じ数字より少なめが調子良いですよ!^^



続いてこちら

こちらは鉄板作業のライセンス灯のLEDです!

キャンセラー入りなのでワーニングも付きません。

電球色からホワイトのクールな印象に変わりますね!

こちらも社用車でテスト済みの専用品になります!^^



作業は以上ですが、取り付け終了時の画像を何枚か載せてみます。

















見た目もイメージ通りのローダウンになり、オーナーさんにも満足頂けました。

こちらは後日オーナー様から送られて来たメールです!^^


「スピードは●●●位までしか出しませんでしたが、
直線&高速コーナーもノーマルと変わらず安定していて良い感じでした。
パーキングで佇む姿はグッと低く構えていて非常に格好良く、
予想以上の仕上がりで満足しています。
ツライチ具合は本当に絶妙で、こだわりが良くわかりました。
また、ライセンスランプのLEDの色もグッドですね。
段差にはこれまで以上に気をつけたいと思います。
また相談に乗って下さい。」


一部編集抜粋して掲載させて頂きました。

とても励みになりました!

遠いところありがとうございました!^^

今回の製品についての詳細は前回の記事もご覧ください。

http://minkara.carview.co.jp/userid/711133/blog/37020526/

いつもありがとうございます!


Posted at 2016/05/31 18:38:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | ランボルギーニに関する情報 | イベント・キャンペーン
2016年05月28日 イイね!

スバル WRX S4 VAG型純正フルノーマルに車検範囲でスペーサー装着

スバル WRX S4 VAG型純正フルノーマルに車検範囲でスペーサー装着













こんにちは。
KSP商品部の「ヤス」です。










今回は純正フルノーマルのSUBARU WRX S4に
前後、REALワイドトレッドスペーサーを装着です。





おかげさまで、たくさんのお客様に
ご支持頂いておりますREALワイドトレッドスペーサーは
ハブセンター一体型なので、スペーサーを装着した際に
ありがちな「ブレ」を最大限に抑制!
センター部がアダプター方式のスペーサーと比較したら
間違い無く精度が出る様に製作しています。

製品表面にハードアルマイト加工を施しているので
正面硬度はスチール並みの強度を得ています。
また、このハードアルマイトは
腐食物質(融雪剤等)の攻撃から製品を守る役割も持っています。





今回、リアには20ミリスペーサーを装着。





フロントにも20ミリサイズを装着しました。





このREALワイドトレッドスペーサーは
ワイドトレッドスペーサーの安全基準である「ASEA基準」に
現在、唯一合格している「高品質ワイドトレッドスペーサー」です。

他にも高品質の証として「強度検査合格証」か付属されます。





この車輛に限らず、一般的なお話ですが・・・

ほとんどの国産車の車輛ハブボルトは20ミリ以上の長さがあります。
画像の様に20ミリスペーサーを装着の場合、製品表面に
純正ハブボルトが突出してきますので、ホイール裏面に
この純正ハブボルトの「逃げ」が無いホイールには
装着する事ができません。
逃げが全く無いホイールで、どうしても装着する場合は
この突出してしまった分を切断加工するか、
ボルトが全て隠れるサイズのスペーサーを装着するしか
手段はありません。





今回確認した純正ホイールはどうでしょう・・・





裏面にしっかりと「逃げ」があったので
特に問題無く装着する事が可能でした。


補足ですが・・・

KSPで装着確認した純正ホイールであったとしても、
100%問題無い!!
と、言い切る事はできません。
なぜなら・・・
ホイールの生産は「型」で生産されるものですが、
この純正ホイールが「たった1つの型で生産」しているとは限りません。

この「逃げの構造」はワイドトレッドスペーサーが装着される事は
想定されている訳では決してありません。
このホイールもそうですが、純正ではサイズや生産工場を
認識する為の刻印がある事が多いです。
つまり逃げの深さに若干の誤差があっても
ホイールの強度基準をクリアする為の強度に影響が出るレベルでは
ないと思われますので、この部分に寸法誤差があっても
おかしく無い話な訳です。
実際に、純正同一品番のホイールで逃げ寸法が異なってた事例が
ありましたので、必ず事前に現車に装着されているホイールの寸法で
確認する事が必要なので気を付けてください。






ちなみにWRX S4の標準仕様では、
WRX STIより若干細いタイヤが採用されていますね。





REALワイドトレッドスペーサーは
各種、専用寸法で製作しています。
精度を重視しているため、若干の錆でも
装着しづらくなってしまいますので、
装着前に付着している錆を綺麗に落とします。





スペーサーを車輛に装着(固定)する際は
各ナットが均一に締まる様に注意して
最後はトルクレンチを使用して規定トルクで装着する様にします。
(M12=110Nm~120Nm  M14=130Nm~140Nm)





スペーサーの装着が完了したらホイールを装着し
ナットを装着したら作業終了です。





リア側フルノーマル状態。





リア側20ミリスペーサー装着状態。





フロント側フルノーマル状態。





フロント側20ミリスペーサー装着状態。





このREALワイドトレッドスペーサーの直径は
159ミリで製作されています。
このサイズは製品としての強度はもちろんですが
直径が小さいとスペーサーが引っこんで見た目にも
問題があるため、KSPでは20年以上前の販売当初からの
拘りの部分です。





先程、タイヤサイズにふれましたがWRX S4標準ホイールの場合、
タイヤサイズ=225-45/18  ホイールサイズ=7.5J +55
となっています。
対してWRX STIの標準ホイールの場合は、
タイヤサイズ=245-45/18  ホイールサイズ=8.5J +55
となります。

つまり、S4(VAG)標準ホイールを基準で考えると
STI(VAB)標準ホイールは、IN/OUT両方向に
13ミリ弱太い(出っ張る)事になります。






今回、前後に20ミリスペーサーを入れた訳ですが
フロントはギリギリ、リアはあと数ミリの余地あり!
と、いう状況でした。
(個体差が有るものなので、あくまでも参考数値です)

STI(VAB)のユーザーも、この数値を参考にスペーサーを
選択してみては如何でしょうか?



なお、フェンダーとのクリアランスは
アライメント数値や車高によって変化します。
今回の参考車輛の車高をそのままDownさせると
装着可能なスペーサーサイズも変化します。
現車の条件に合わせ最適なサイズを選択してください。
d(^^)





WRXオーナーの参考になれば幸いです。

今回撮影にご協力頂きましたオーナー様にも
大変満足頂けたと思います。
ありがとうございました。









REALワイドトレッドスペーサーは全国の量販店はもちろん
ネット通販からも購入可能です。


KSP.WEB

楽天市場

ヤフオク

Yahooショッピング






《KSPファクトリーならTOTALでお得です》

KSP店頭で直接ワイドトレッドスペーサー購入頂いた方は
1SETから装着工賃サービスで取付可能です。
(ネット通販・他店購入・中古品はサービス対象外です)
「何ミリサイズを入れて良いか解らない!?」という方も
KSPメカニックが、その場で愛車を測定!
適正サイズをご案内させて頂きます。
お近くの方でサイズに困っている方は
お気軽にご来店、ご相談下さい!


ただし、サイズによっては、大変人気があるため在庫切れの場合もございます。
お急ぎの場合は、事前に在庫状況の確認をお願い致します。
また、週末、祝日は大変混雑する事がございます。
事前に作業予約のご連絡を頂ければ、お待たせせずに作業可能です。
まずはお気軽にお電話下さい!

KSPファクトリーTEL 042-531-9936

Posted at 2016/05/28 16:29:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | SUBARU車に関する情報 | イベント・キャンペーン
2016年05月23日 イイね!

フェラーリ458スペチアーレ ローダウン作業

フェラーリ458スペチアーレ ローダウン作業こんにちは!

いやいや、暑いですね!?

ここ数日は夏日になってます。。^^;

今年の夏は猛暑になるようなので、熱中症に気を

つけないとですね!




さてさて、本日の作業ネタはフェラーリ458スペチアーレの

ローダウン化です。



もともとフェラーリは純正で車高調整が出来るんですが、純正ショックで

下げ過ぎるとプリロードが無くなって、ノーマルの張りがある剛性感が無くなっちゃいますね。



純正サスのまま下げるのは最大でも1~2センチまでが限界かもしれません。

ちなみにフロントに純正リフティングが付いてると、車高ダウンの調整幅が

少ないんで1センチほどのダウンまでになります。



今回はリフティングが付いてないので、純正スプリングでもローダウンが

出来ましたが、走行性を考えてNOVITECのスプリングを入れました。





基本的に直巻きタイプになりますが、製造はKWのようです。。^^

オーナーさんの希望の車高にセットしたあとは、アライメント調整です。

スペチアーレの標準アライメント数値はとんでもなく尖がった数字なので

すごくシビアな動きをします。

サーキット派の方はそれで良いと思いますが、ストリート派の方は少し数字を

変更するだけで高速走行がとても安定します。



今回は高速安定方向の数字に変更したので、高速は安心して踏めたようです。。笑


ライセンス灯もLEDに変更しました。



商品はオリジナルのLEDです。

専用の球切れキャンセラー付きなので、警告灯は着きませんよ。^^



簡単ですが、以上になります!


いつもありがとうございます!

==============================

広告です!

タイヤ交換もお任せ下さい!

KSPでは車好きのオーナー様に満足して頂くよう、常に最新の設備と

技術を提案したいと頑張ってます。



最新式タイヤチェンジャーとバランサーを設置してます。

通常のチェンジャーと違う

ところは、センターロック式です。

一般的なチェンジャーだとホイールの裏側を爪で挟むんですが、デリケートな

ホイールだと傷が心配でした。

もちろん爪にも傷防止のガードが付いていますが、やっぱりセンターロック

式の方が安心です。



塗装されてるホイール、スーパーカーのホイールや、高額なホイールも

安心して作業が出来る環境が整いました!

また各メーカーのタイヤもタイヤ専門店に負けない価格でご提供出来る事に

なりましたので、ぜひご相談ください!^^

もちろんタイヤはネットで買ってKSPに直送する作業でも大歓迎です!



ウエイトの色はブラックとシルバーで、古い両面テープは綺麗に剥がしてから作業させて頂きます。




じっくり丁寧に作業させて頂きますので、ぜひぜひ今後は

タイヤホイールもご相談下さいね!







Posted at 2016/05/23 11:30:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 458 | イベント・キャンペーン
2016年05月13日 イイね!

フェラーリF430作業 4連発!エアロ取り付けなど。。

フェラーリF430作業 4連発!エアロ取り付けなど。。こんにちは!

最近はホント夏日のような暑さになって来ましたね?!

ちょっと動くと汗ばむ感じです。。^^;


さてさて、本日の作業ネタはフェラーリ430シリーズの作業です。

まずはこちら

430スクーデリアです。



一般的なオイル交換作業です。

安定のロイパーを注入!

このオイルは絶対的な信頼性があるので、KSPでも昔から競技車両にも

使用してました。



チャレンジレースの時も夏場のサーキット走行も油温が安定してたので安心して

走ってましたよ。

お勧めです!^^




続いてこちらのF430

フロントから異音がすると言う事で相談されましたが、症状からして

いつもの場所からでした。



430はスタビブッシュが劣化してくると音が出やすくなります。

交換作業になりますが、応急で軽く給油すると改善する場合も有りますよ。^^




続いてこちら

F430にフロントスポイラー取り付け。



以前、リアアンダーを取り付けさせて頂きましたが、今回はフロントです!





社外のフロントからM-Tecnologiaのフロントリップ取り付けです。



こちらの商品はFRPとカーボンが有りますが、今回はカーボン製を取り付け。

カーボンの方が塗装しなくて良いので、お得感が有るかもですね?!^^


左がM-Tecnologia、右が社外です。


製品はフロントのダウンフォースを考えて、裏面も拘った形状にしています。

GTウィングをフロントに付けたようなイメージですね。





翼断面形状を採用してるので、高速の安定性が増しますよ!^^



とは、言ってもエアロは効果ももちろんですが、見た目も大事です!

何枚か画像を貼りますね!

















ブラックのボディーにカーボンが映えますね!

これは良い!と思った方はぜひぜひお問合せお待ちしています!

宜しくお願いします。^^


こちらのF430はタイヤ交換です。



前後とも交換予定でしたが、タイヤの納期の関係でフロントだけ先に作業しました。

新しく導入したタイヤチェンジャーで作業。



何回かタイヤ交換をすると徐々に増えていくバランスウエイトを剥がした跡。。

このタイプの両面は比較的剥がしやすいんですが、結構厄介なのも有りますね。



タイヤ交換のたびに時間を掛けて剥がすのも手間なので、ウエイトだけ剥がして

両面テープの残骸はそのままなのも分かりますが、見た目が悪いのでKSPでは

綺麗に剥がしてからホイールバランスを取ります。^^



新しいチェンジャーはリムを掴みません。

タイヤレバーも使わないので大径ホイールやデリケートなホイールも安心して

組み換えが出来ますよ!

タイヤはネットで買ってKSPに直送する持ち込み作業でも大歓迎なのご相談

下さいね!^^



以上です。

いつもありがとうございます!^^



Posted at 2016/05/13 12:43:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | F430 | イベント・キャンペーン
2016年05月04日 イイね!

NSX作業近況 続パワステ祭り!?新製品も!

NSX作業近況 続パワステ祭り!?新製品も!こんにちは!

ゴールデンウィークですね!?

KSPファクトリーも今日と明日はお休みを頂いてます。。

さてさて、今日の作業ネタはNSXです。^^

まずはこちら。



一般的な点検整備で入庫したNSXですが、エアコンのR12から134aにチェンジです。

もうエアコン関連の整備は季節的に定番作業ですね!?



コンプレッサーなど主要部品を134a用にチェンジします。





配管類は今までのを使うので、いつものマシンで配管内をクリーニングします。

昔はパーツクリーナー等でなるべく綺麗にするようにしてましたが、このマシンを

を使うと確実性がUPします。



配管内には細かい汚れやコンプレッサーの削りカスなどが残ってる事が有りますからね。。

新しいコンプレッサーに交換したときは必ず使ってます。^^


配管途中にある窓を見ると、ものすごい勢いで洗浄されてるのが分かります。



汚れが残ってると新しいコンプレッサー交換しても寿命が縮まりますからね!

ドラシャからのグリス漏れが有ったのでこちらもリビルト品に交換です。






続いてこちら


茨城方面からご来店されました。



ナビ取り付けとパワステオーバーホールの依頼でお預かりしました。

ナビ本体はオーナーさんの持ち込み品です。



ナビの取り付けも最新バージョンになってます!



以前は、ナビ本体に簡易的なステーを両面テープで留めて固定、フェイスパネルも

純正のパネルを2DINが入る大きさにカットして仕上げにアルミの枠でカット部分を

隠す方式でした。

「以前のバージョン」


でも、この方式はKSPが最初にデモ車にした赤のNSX-R、古すぎて記憶にある

NSXオーナーさんはいないと思いますが、昔に赤のNSX、NSX-Rと最高速チャレンジ

なんかをやってたんですよね。。笑

その頃に純正BOSEを外して、フルオーディオを付けたりしたんですが、当時はナビでは

無くて、1DINオーディオを2段で付けたんですよね。

その時に作ったのが始まりなんですが、いまだに変わって無かったんです。

ちょっと取り急ぎ感があるアルミ板金物の枠!笑

今回から大幅に変更しましたよ。^^

「大まかなパーツ類。取り付けに必要なショートパーツは含まれます」


本体固定のブラケットも新規に製作したので取り付けKITとして完成。



ナビ枠はアルミ削り出しの高級感のある仕上げで作りました。

表面はヘアライン仕上げでブラックアルマイト。



最近の輸入車に有りがちな雰囲気になりました!^^



NSXの雰囲気を壊さず高級感を出してます。

もちろん灰皿もオープンしますよ!



KIT化してるので、すでに2DINサイズが付いてる車両には取り付けが可能です。

ただし、純正のパネルは灰皿上からカットします。



まぁ、もともと2DINを着けるには純正パネルを大きく加工しないとダメなので

条件は同じです。。^^

これで後付け感が無くなりスッキリ2DINが収まります!^^

KIT価格は取り付けブラケット、フェイスパネルなどSETで28000円です。

興味ある方はお問合せ下さいね!


こちらの作業、今回はドアスピーカー、リアスピーカー、

バックカメラも取り付けました。









続いてパワステOHですが、、

ラックを車両から降ろして作業してる間に。。



別にユニットが1台、、



2台、、



3台、、笑

溜まって来ました。。



パワステ祭りの始まりです!




担当メカニックは連日やってます。。笑






ところで。。

ディーラーさんや専門店さんからラック単体で依頼を受けることが多いんですが、

以前からパワステラックの重要な部分・・



ここの部品が破損してるケースが多くて気になってました。


以前、KSPで作業するときは自己融着テープなどで補修してましたが、

やっぱり重要な箇所です。

装着後にココに水が掛かると腐食など起こして接触不良の原因になります。

通常パワステラックが故障したときは本体ごと交換部品なので、

ココだけのパーツが出ないんですよね。

そんな訳で新規で製作しました。

もし破損してる場合は交換させて頂いてます。



ブーツも作りましたが、これはラック単体で送って来ると車両側に

残る部分です。

もし破れてたりした場合は相談してください。付属する事が可能です。

ちなみにゴムのブーツの材質は結構重要なんですが、今回は使用目的と

環境状態を専門業者さんと打ち合わせを何度もして最適な材料で作りました。

車側に残った端子を入れることも想定した材質なので交換時も配線の

加工はありません。

KSPで作業する場合に破損してる場合は交換させて頂きますね。




こちらのお車はアライメントをきっちり見て終了です!^^




続いてこちら

NA1のメーターを02Rメーターに改造です。



パーツ代がそこそこ掛かるのと基盤の改造が必要ですが、雰囲気がかなり

変わるので良いと思います!



専用のメーターテスターで調整します。



雰囲気が変わります!^^




続いてこちら

エンジン降ろしメンテ、AT-6速ミッション乗せ換え作業中のNSXですが、

エンジンが完成しました。

ハーネス類も綺麗にして新品のような状態まで磨き上げました。

時間は少し頂きますが、妥協のない完璧な状態まで仕上げます!



車両に搭載。



新規組み立てた6速ミッションも搭載しました!

今回はドラシャ交換など、細かいパーツ類も交換になりました。



次のエンジンメンテ作業の予定が有るので、数日中にはリフトから出ますよ!^^



続いてこちら



こちらは車検を絡めた一般整備でお預かりです。

NSX特有の箇所は念入りにチェックします!



最近もNSXの車検の問い合わせが多いので期日が近い方は早めにご相談くださいね。


続いてこちら



こちらは沖縄から運ばれて来たNSXですが、NSXを専門的に修理する

工場が地元にないと言う事で入庫になりました。



かなりの大きな修理ですが、順調に進んでます。

もちろんNSX専用の治具に載せての作業なので一般的な修理とは比べ物に

ならない完璧な寸法が出ます。



さて、まだまだNSX作業の続きは有りますが、長くなったので続きは次回に。。笑


いつも作業依頼ありがとう御座います!


==============================

広告です!

タイヤ交換もお任せ下さい!

KSPでは車好きのオーナー様に満足して頂くよう、常に最新の設備と

技術を提案したいと頑張ってます。



最新式タイヤチェンジャーとバランサーを設置してます。

通常のチェンジャーと違う

ところは、センターロック式です。

一般的なチェンジャーだとホイールの裏側を爪で挟むんですが、デリケートな

ホイールだと傷が心配でした。

もちろん爪にも傷防止のガードが付いていますが、やっぱりセンターロック

式の方が安心です。



塗装されてるホイール、スーパーカーのホイールや、高額なホイールも

安心して作業が出来る環境が整いました!

また各メーカーのタイヤもタイヤ専門店に負けない価格でご提供出来る事に

なりましたので、ぜひご相談ください!^^

もちろんタイヤはネットで買ってKSPに直送する作業でも大歓迎です!



ウエイトの色はブラックとシルバーで、古い両面テープは綺麗に剥がしてから作業させて頂きます。




じっくり丁寧に作業させて頂きますので、ぜひぜひ今後は

タイヤホイールもご相談下さいね!






Posted at 2016/05/04 09:04:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSXに関する情報 | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「Gクラス ゲレンデ フロントアクスル系リフレッシュ作業 http://cvw.jp/b/711133/40421969/
何シテル?   09/17 17:34
国産車、輸入車問わず皆さんに満足して頂ける商品開発、販売をしていきますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

ユーザー内検索

<< 2016/5 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

KSP-CARS 特選中古車・高価買取 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:20:57
 
KSP動画コンテンツページ 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:18:47
 
KSPフォトギャラリー 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:17:39
 

お友達

KSPエンジニアリングです。お気軽にお友達登録お誘い下さい!
スーパーカーのイメージが強いですが、国産車の新製品情報も配信しております。
各種、施工例、キャンペーン情報、お買い得情報などなど最新情報を真っ先にご案内致します。
1193 人のお友達がいます
はじわーるどはじわーるど * パーちゃん@パーちゃん@ *
てすたろっさ@てすたろっさ@ * え~くんえ~くん *
どっきどきどっきどき * 若じっじ&430若じっじ&430 *

ファン

495 人のファンがいます

愛車一覧

フェラーリ 360モデナ KSP 360 Challenge (フェラーリ 360モデナ)
現在は360チャレンジ (modena/スパイダー/チャレンジストラダーレ含む)
ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター
KSP Aventador roadster LP700-4
AMG Gクラス W463 G63AMG Model2012 (AMG Gクラス)
オリジナルパーツ開発、装着・ドレスアップ等
ホンダ NSX ホンダ NSX
KSP NSX ストリート~サーキット走行会まで対応するコンセプトで仕上げました。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.