• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
【業界初!保安基準適合 REALワイドトレッドスペーサー】 ※2015.11現在



【LINE@KSPでお得情報を配信中】




【KSPウェブショッピングサイト】




【KSPリアルタイム情報満載】



【ヘッドライト光軸コントローラー 作動イメージ動画】


KSP-ENGのブログ一覧

2017年06月20日 イイね!

W463 Gクラス 2017モデルG350dへスペーサー取り付け・・・なのですが!?

W463 Gクラス 2017モデルG350dへスペーサー取り付け・・・なのですが!?
















こんにちは。
商品部の「ヤス」です。



わたしからのブログ更新は久しぶりとなります。
なかなか更新できず、申し訳ございません。
m(_ _)m




さて、相変わらず人気のある
W463 Gクラス!


KSPでも、毎週の様に新規のお客様に
ご来店頂いております。

お客様のなかには新車を購入後まもなく・・・
更には、ディーラーで新車納車後直接ご来店!
なんてケースもあったり・・・
本当にありがたい限りでございます。(^^)

さて、現在の新車は
いわるゆ2017モデルと呼ばれていますが、
この新車のG350dにスペーサーを装着していきます。





Gクラスオーナー様には
多数のご支持を頂いております
KSP製Gクラス専用スペーサー!

ラインナップは10ミリ~35ミリまで
幅広くご用意しております。
※10ミリのみフロント専用品です。

今回は、フェンダー内に収まるギリギリのサイズを
左右前後ピッタリになるようにスペーサーを
装着していきます。






こちらは35ミリスペーサー装着状態。






スペーサー本体の直径は
純正ホイール側の接地直径と合わせた
専用設計で製作しています。






そして、次のスペーサーを
装着していきます。





次に選択したスペーサーは
21ミリサイズのスペーサーです。





さっそくホイールを外して・・・





装着していきます。
ちなみに画像の21ミリサイズのみですが
スペーサー固定用ボルトの頭が構造上の都合、
スペーサー表面より若干突出してしまいます。

21ミリスペーサー装着の場合は
このボルトの頭(約Φ21)の突出(約3ミリ)が
ホイール側で逃げなければなりません。
社外ホイールと組み合わせる場合は、
必ずホイール裏面の逃げ(くぼみ)が有るかを
事前にご確認下さい。

なお、2017年6月現在までの純正ホイールは
AMGを含め逃げる事が確認出来ておりますので
問題ございません。
(エディション463専用ホイールのみ21ミリ装着不可)





左フロントにも21ミリスペーサーを
装着致しました!









!?

何か・・・おかしいと思いましたか!?

そうです!
先程、右フロントには35ミリスペーサーを
装着していました!

つまり、今回は左右で異なるサイズを
選択している事になります。






今回は前後共に
左側に21ミリサイズを装着。





右側には35ミリサイズを装着しました。

これで見た目のツライチは左右で、ほぼ揃っている
状態となりました。


ただし、今回の事例は「この現車に合わせた」選択です。
車輛自体はフルノーマルの車輛ですが、左右誤差が大きく
オーナー様の希望で「左右の見た目を合わす選択」という事で
この様な装着例となりました。






スペーサーの装着は「左右同一」が基本です。
左右で異なるサイズを装着した事で
実際にデメリットを体感するかは別として、、、

理由としては、
車輛(シャーシ)の中心からタイヤの接地位置までの
距離が変わってしまう事になるため、
理論上、ハンドルを切った際の挙動が
左右で異なる現象が起きます。
故に左右を揃える事が原則ではあるのですが
「見た目重視」であれば、こういった選択も中には
あるという事になります。


KSPで装着した2017モデルのG350dでは、
この様な左右差が大きく起こっている車輛を
複数確認しています。
Gクラスは車高を変化させたりすると
こういった症状は車輛の構造上もともと起こるのですが、
フルノーマルの車輛で過去の車輛(~2016モデル)と
比較しても理由は現在、判明しておりませんが
2017モデルは発生頻度、左右差が多い傾向にあるようなので、
これからスペーサーを検討されている2017モデルのお客様は、
必ず現車で確認してから選択サイズを決定するように
注意して下さい。

また、KSPでは試着用スペーサーもご用意しておりますので
ご来店頂ければ、現車の身体測定も可能です。
不安がある方は、是非お気軽にご相談下さい。

KSPファクトリー 0425319936





見た目としては、
非常に満足頂ける仕上がりになったかと思います。

この度はご指名ありがとうございました!




これからスペーサー検討されてるユーザーの方は、
是非、参考にして頂き「必ず現車確認」して
愛車に合う適正なサイズ選択をして頂ければと
思います。


Posted at 2017/06/20 13:50:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | W463 Gクラス | イベント・キャンペーン
2017年06月11日 イイね!

NSX-NA2電スロ制御 LINKセッティング

NSX-NA2電スロ制御 LINKセッティング

こんにちは。
今日は天気も良くドライブ日和・・・
午前中ご来店のお客様も、朝ドライブの帰りに寄られたとのことです(^-^)










さて、変わらずNSXの作業依頼は多数頂いておりますが、

本日は新しい試み!

NSX-NA2の電スロをフルコン制御です。。




こちらの車輌は昨年販売させて頂いた車輌で、
納車前に追加作業でお車を仕上げてほしいとご依頼を頂きました。



まず、後期ABS換装、6MTオーバーホール/ファイナル変更、02Rメーターなどを行い
ワイヤースロットル化もご相談頂いたのですが、当社も電スロ制御をワイヤースロットルに変更は
何台か行いましたが、確かにアクセルのレスポンス等は良くなりフィーリング良く乗れる仕様になります。
ですが、これからは時代に逆行するのではなく、新しいものを新しい技術で制御していかなければと
思っていたので、電スロのままでワイヤースロットルのようにフィーリングを良く出来るかもしれない・・・・
ただ当社もまだ実績がない仕様なのでテストしながらとなりますが・・・とご相談したところ、
快くお任せいただけました。
ありがとうございます。。



定番のワイヤースロットル化これも選択肢としては良いものですが、
加工も多くそれなりのコストがかかるのと、電スロになって軽量化されていた分が
少しの重さですが重量増になります。。笑

電スロならAACを加工して付ける手間がいらないのと
価格を抑えて、制御変更の選択肢を増やす意味でも良いのかと。。


純正部品の欠品、製廃などで、供給面での問題がここ数年心配になってきているので、
今後の事を考えると今やっておくべきタイミングだと思います。

ただ、NSXの電スロ制御でワイヤースロットル並みかそれ以上のフィーリング。。
誰もやっていないのか情報が無い・・・



問題はステッピングモーターを採用している純正スロットルのようでして・・・
これを完璧に制御できるフルコンが存在しません。。


MOTEC本社に問い合わせしてもらいましたが、
ステッピングモーターオプションはあるらしいのですが、お勧めは出来ないとの回答・・・
やはり何が起きるかわからないのでしょうか?


悩んだ結果、スロットルボディはDCモーターに交換することにして
昨年の暮れからスロットル探しをして、選んだのがZ33のスロットルボディ。。

アダプター製作は必要ですが、純正より軽量コンパクトです。

スロットル内径はφ70 。。。
純正の内径はφ64で、拡大加工してもφ66なので少し大きめとなります。
最近はスロットルを2個使用している車が多く、NA2の純正よりも口径が小さい物ばかりで
選択肢があまり無かったのもあります(^^ゞ






専用のアダプター製作。。



サージタンクの加工とついでにサージオーバーホールを行い取付です。




アダプター取付と・・・



スロットル取付です。

第一台目ですからアダプターはほぼワンオフですね。。
口径が大きくなった分中心を少しずらしています。





純正のエアークリーナーから、チューニング車輌向けのKSPエアークリーナーKITに交換です。

車体側の加工はこれだけであとはフルコンです。






アズニュー インジェクター洗浄機





今回、エンジンメンテは行っていないのですが、せっかくなのでインジェクタークリーニングも実施しました。
セッティングを行うので各部をなるべく良い状態にしたいですもんね(^-^)

※現在のエンジンメンテには、インジェクタークリーニングをメニューに組み込んでいます。




そしていよいよ・・・




電スロの制御がキッチリ出来る性能と、本体や必要部品のコストなどを考えて
今回初めて 「LINK」 を使用してみることに。。
他の車種では色々実績があるようですが、NSXは情報が無いので色々と手探りです。。










ハーネスを製作して、
スロットル開度センサー、アクセル開度センサーも2系統入れてフェイルセーフも入ります。






ひたすら配線図とにらめっこでしたが、無事にエンジンに火が入り
正常にアイドリングするようになりました。




チャンバーボリュームコントロール正常。
A/Cアイドルアップも正常です。。
まずは、第一、第二、第三段階位まではクリアしました。




冷間始動はこれから時間をかけて詰めていきますので、
まずは、シャシダイで全開領域のセッティングを行います!!
このようなセッティングを行う時はシャシダイがあると、ほんと便利ですね♪
全開領域をセッティングするのに公道では出来ませんからね(^^ゞ笑




LINKはリバースゲートコントロールも対応しています。
頭がいいですね(^-^)




さらに、TCSを生かすことも出来ますが、今回は使用しません。。




セッティングを詰めていくと出力もどんどん上がっていきます♪






2枚目、3枚目のデータはトルクが異常に上がっていますが、
下のギアで踏みすぎた為、跳ね上がってしまいました笑




気温、湿度も高めの日だったのですが、
結果・・・馬力は333.9PS トルクは36.5kgmでした。。


この結果はノーマルのC32Bだと過去最高かもしれません。
トルクもかなり出ましたね。。




純正の電スロで殺されてしまった、C32B本来の力を引き出せたのかもしれません(^-^)

カムもノーマルなので、7000rpm以上はドロップしますが、下がりきった8000rpm付近でも
310PS以上出ています。
エンジンメンテを行う時にハイカムを組んであげれば、340~350PS位は狙えそうですね♪



LINKのおまけ機能で、タコメーターにオープニングセレモニーのニードルスイープが付きました笑
タコメーターだけですが・・・笑



実際乗ると、純正スロットルとはまるで別物でかなり乗りやすくなり、
ピックアップも最高に良くなりました。
これはワイヤースロットルより良いかもしれません。。

ゆっくり発進して、完全にクラッチが繋がった後の2000rpm付近は、アクセルの反応がシビアなので
あえて少し鈍らせてあります。
純正フライホイールならそんなには気にならないかもしれませんが・・・
これはそれぞれの仕様で乗りくらべてみないとですね。




全開領域のセッティングは完了したので、あとは始動時と、始動直後。。
街乗りのセッティングをもう少し煮詰めてから、ご納車させて頂きます!!




もう少しお待ちください。。




NA2のLINKセッティングの費用ですが
約70万円(今回紹介したエアクリKIT、インジェクタークリーニング、サージOHは別途オプション)

参考に、過去のワイヤースロットル化費用は・・・
約80万円

上記金額は参考費用です。
LINK、ワイヤースロットル化のどちらも、追加交換するパーツや作業によって金額は変わります。
また、純正部品の価格改定などによっても、上記金額から変わってきますのでご注意ください。

新しい技術や制御を使って、過去の技術よりも費用を抑えられ乗りやすさやフィーリングも良くなるのは
選択肢としてはとても良いですよね。。

ちょうど、ワイヤースロットル化を考えているオーナー様もいるかと思います。
LINKを使用した電スロ制御。。
新しい選択肢としてKSPでは提案します。



NSX専用ページ↓
http://www.ksp-eng.co.jp/nsx/
まだまだ製作途中ですので、順次情報を更新させて頂きます。






KSP LINE@を始めました。

もちろん登録料・維持費などは
一切かかりません。無料です。
こちらの登録も是非お待ちしております。


------------------------------------------------------------
求人情報です。
kspエンジニアリングでは商品部正社員スタッフを募集しています。
新商品の企画や販売など自分のアイデアをリリースしてみませんか?
ある程度車に知識のある方や車好きの方で興味のある方はご連絡お待ちしています!

kspエンジニアリング商品部
連絡先 042−569−2930
Posted at 2017/06/11 12:29:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSXエンジン系 | イベント・キャンペーン
2017年06月03日 イイね!

NSXパワステラックOH ご依頼続き

NSXパワステラックOH ご依頼続き


こんにちは。


今日は天気が良くてドライブ日和ですね!暑いですが・・・(^^ゞ








年に何回かご依頼が集中して重なるタイミングがある
NSXパワステラックのオーバーホール笑

丁度今がそんなタイミングでしょうか(^^ゞ




1台分OHが終わると直ぐに次のラックが届く・・・



さらに直ぐに別のところからも・・・で2台分




たまってしまったので早速1機始めます。

作業台に設置してチェック・・・






分解、洗浄を行って・・・






調整と組み立て。。




まず1機完成!
綺麗になりました。。




そして2機目ですが・・・




タイロッドが付きっぱなしで送られて来ています。。。

これはダメな送り方ですね。

送って頂く際はタイロッド関係は全て外して頂き、ラック本体のみでお送りください。
輸送中の破損、紛失を防ぐ為にも、必ずお願いします。



2機目のオーバーホール開始






こちらも分解、洗浄を行ってから
調整、組み付けていきます。


そして・・・オーバーホール中に別のところからも問い合わせや

業者さんから、「OHまたお願いしたいので、昨日送りましたから~」と
送りました報告笑


1機ずつでしか作業出来ませんので、通常よりもお待ち頂く時もあります。
予めご了承ください



よろしくお願いします。







KSP LINE@を始めました。

もちろん登録料・維持費などは
一切かかりません。無料です。
こちらの登録も是非お待ちしております。


Posted at 2017/06/03 14:21:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSX足回り系 | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「W463 Gクラス 2017モデルG350dへスペーサー取り付け・・・なのですが!? http://cvw.jp/b/711133/39964735/
何シテル?   06/20 16:03
国産車、輸入車問わず皆さんに満足して頂ける商品開発、販売をしていきますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

KSP-CARS 特選中古車・高価買取 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:20:57
 
KSP動画コンテンツページ 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:18:47
 
KSPフォトギャラリー 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:17:39
 

お友達

KSPエンジニアリングです。お気軽にお友達登録お誘い下さい!
スーパーカーのイメージが強いですが、国産車の新製品情報も配信しております。
各種、施工例、キャンペーン情報、お買い得情報などなど最新情報を真っ先にご案内致します。
1184 人のお友達がいます
★こうちゃん★★こうちゃん★ * dacksdacks *
ワッキー☆牛田組ワッキー☆牛田組 * きゃのん@2008きゃのん@2008 *
夢・心・彩・純夢・心・彩・純 * amgiamgi *

ファン

493 人のファンがいます

愛車一覧

フェラーリ 360モデナ KSP 360 Challenge (フェラーリ 360モデナ)
現在は360チャレンジ (modena/スパイダー/チャレンジストラダーレ含む)
ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター
KSP Aventador roadster LP700-4
AMG Gクラス W463 G63AMG Model2012 (AMG Gクラス)
オリジナルパーツ開発、装着・ドレスアップ等
ホンダ NSX ホンダ NSX
KSP NSX ストリート~サーキット走行会まで対応するコンセプトで仕上げました。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.