• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

TAKUV35のブログ一覧

2017年06月05日 イイね!

購入から4年、2回目の車検終了

早いもので、購入から4年目、2回目の車検を先月受けた。
購入時に、8月車検を5月にし、それから27年車検29年(今年)の車検。購入時、約28,000㎞から走って45,000㎞プラスの約83,000㎞。北九州往復やゴールディンウィークに宮崎北九州を走行したこともあり、年間1万㎞をオーバーしている。

 2年前の車検時、サーモスタット交換とフロントサスペンションのアーム交換。サーモスタットは、電動式でエンジンコンピュータに高温時に開きが遅く開いていた経緯が記録されていたのでオーバーヒート防止のため交換(水温計ありません)。アームは、ハンドルのブレがあったため点検をお願いしたところ、交換が必要とのことで交換。

 今年は、交換部品はないだろうと思い、ナビの更新とヘッドライトの磨きを頼んだ。それと、加速時に一瞬もたつくことがあるのでそれらを頼んだ。ヘッドライトは、夜間暗く感じることとロービームで照度を測定するから、磨いたほうがいいと後から言われるより覚悟を決めていた。
診断の結果、磨きがおすすめとバッテリーの容量が45%と交換時期にきているとのこと。2年前は気にしていたのに忘れていた。トランクルームにバッテリーがあるので、バッテリー上がるとエンジン側にあるプラス端子カバーを開けてプラスとボデーのマイナスを接続とブースタケーブルの接続が面倒なので交換。
 加速不足は、エキゾースト側の進角?バルブリフト調整用?のソレノイドバルブが故障を起こしているとのこと。2年前のサーモスタットや今回のソレノイドバルブは、自己診断にかけ判明した。専用テスターがないとわからないとは、困ったものだ。


 ブレーキは、昨年末にリアのパット交換サインが出たので交換していた。交換サインが出たときは、高速のPAに入るためにブレーキをかけたとき、いきなり「車がリフトアップしたマーク」が出たので驚いた。その後は、パーキングブレーキのランプが点灯しっぱなし。メータの中央にあるため気になってようがいないのですぐに交換した。このためリアは、心配なかったがフロントが・・・。今回は、大丈夫。ただ、国産車と違ってディスク摩耗限度値があり、F(フロント)22,4㎜、R(リア)18,4mm となっていて、愛車の測定値はF(フロント)22,7㎜、R(リア)19,2mmと次の車検かそれ以前に交換が必要になりそう。
ナビは、今年の秋にバージョンアップしたのが出るので、そちらのほうが良いとのことで今回は見送り

 費用はかさんだが、走りの性能の復活と燃費が高速燃費、平均メータ読みで9.0→9.3場合により9.7とわずかにアップ。ヘッドライトも綺麗になり、バッテリー交換もあって明るくなった。
 
Posted at 2017/06/05 22:48:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | メンテナンス | 日記
2017年03月22日 イイね!

横浜みなと未来でなくとも試乗できます

先日のヤフーで日産超小型モビリティが横浜みなと未来で運用するニュースがあった。通常なら気持ちがブルーになるけど、大分県姫島で一年前から大分レンタカーの実証実験を行っているのでそうはならない。
 3月12日門司のレトロ地区で姫島の観光アピールの際もこのレンタカーでアピール。
 ガルウィングタイプのドアを開けるとかなり目立つ

 コムスは原動機付自転車の乗用車タイプだけど、こちらは小型モビリティということで2人乗り。


  後ろから見るとペンギンが万歳している感じ。北九州市も門司レトロ地区と小倉にレンタカーの事務所があるので乗れます。窓がないですが、これからの季節にはいいかも知れません。それと高速道路には乗れませんのでご注意ください。
Posted at 2017/03/22 21:25:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月21日 イイね!

プレリュード

プレリュード代プレリュードは、先進的なデザインではあったけれどあまり人気はなかった。スピードメータとタコメータが同一になつた同軸メータ新鮮だった。


 
2代目になりデートカートで超人気車種に。ライトを上げた試乗車に乗ったとき、運転席からの視線を邪魔することなかったのが印象的だった

 3代目は、2代目の基本デザインを継続、S13 シルビアが出るまで人気車種
プレリュードインクス何か新鮮に見えた


4代目は、ガラッとかわて固定式ライトに


で、先日見た5代目プレリュード。最初見たとき車種がわからず、最近出た車かと思ってしまった。4代目、5代目は現在でも通用する気がする。ウィキペディアによると、インテグラに統合で生産中止。プレリュードを知らない世代も出てくる日そう遠くはないな

 

Posted at 2017/02/21 22:13:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | ノスタルジア車 | クルマ
2017年02月18日 イイね!

トヨタミライ

 昨年、燃料電池自動車販販第1号ミライを北九州の某ホームセンター駐車場に駐車していた。ドライバーが買い物から帰り車に戻ってきたので許可を得て撮影。フロントグリルを見ると共通パーツだろうかプリウスイメージが。
                     フロント
後ろを見ると、スピンドルグリルではなくて普通のグリル
                        リア
斜め後ろから見ると、窓が6ライト(左右計)だろうかドライバーの話によると、会社の車で、燃料を補給にしていたとのこと。
FCV(燃料電池自動車)も、電気自動車が市販される際と同じくインフラ(充電施設・水素充填施設)の問題と値段の問題があり、なかなか普及に拍車がかからない。
充電施設は全国に3,000台近ほど整備されている。燃料電池に必要な水素充填施設は計画はあるけど、億単位の工事費と15年くらいの耐久力しかない。いろいろかんがえると、これからは、PHVの時代になるだろう。
Posted at 2017/02/18 20:08:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月17日 イイね!

紆余曲折の末か

*準中型免許施行
 数年前だったと思うが、普通自動車免許と大型免許の間に中型免許が設けられた。中型免許施行のさい、普通免許取得後2年間経過しないと中型免許を取得できないことは、高校卒業後就職した若手ドライバーが育たないといわれたことがあった。今回の改正はそれを解決するために改正されたのだろう。おまけに、準中型免許を取得すれば、普通自動車も運転できるという。
どうせなら、免許修得年齢を下げるか、軽自動車免許を復活させたほうが、若者の車離れを抑止できるかもしれない。
 

 *高齢運転者対策の推進
  高齢者の事故が話題になっています。徐々に事故件数が増加しており、これも大きな社会問題となりそうな感じ。その対策で、臨時認知機能検査臨時高齢者講習が施行されるようです。一時不停止など指定された18種類の違反行為をしたとき臨時に講習を受けなければならないというもの。確かに、事故抑止にはなるけれど、地方では免許返納したくとも交通機関がない、交通機関のある場所に行くまでが遠いなどの問題があってその対策が先決じゃないだろうか。



 (出典:東九州自動車道路PA、WCで撮影)
Posted at 2017/02/17 22:34:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車ニュース | 日記

プロフィール

「トヨタがダイハツを完全子会社化」
何シテル?   02/03 20:54
家に、箱スカ1800GL10歳の時に納車されてから車に興味を持ち始め、趣味と実益が同じという50代のおやじです。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

いろいろな車の情報交換したいので、車種は問いません。気が合いそうだと思われたら、誘ってください。
50 人のお友達がいます
kotaro110kotaro110 * hito114hito114 *
悪魔のRとZ(龍剛)悪魔のRとZ(龍剛) * 正岡貞雄正岡貞雄
ken13ken13 けいぞおけいぞお

ファン

9 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 3シリーズ セダン イルカ (BMW 3シリーズ セダン)
あこがれていたBMW、MSportsパッケージ専用色ルマンブルーをネットで見つけた。出店 ...
三菱 ミニカ 三菱 ミニカ
 平成4年式三菱ミニカ(形式H22V)。平成12年7月に改造車検合格してコンバートEV( ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
ホンダフイットの車検が近くなった時に見つけて購入。FRでよかったんですが、乗るにつれMT ...
日産 スカイライン スカさん (日産 スカイライン)
平成17年式スカイラインの後期(最終)モデル。インターネットしていたとき、越谷市の販売店 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.