• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

くっのブログ一覧

2017年01月20日 イイね!

<自動車>急発進防ぐアクセルペダル 町工場の技術で開発

<自動車>急発進防ぐアクセルペダル 町工場の技術で開発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170118-00000070-mai-soci

息巻いている社長には大変申し訳無いですが、今の段階ではメーカー採用はとても不可能でしょう。
メカスロを使っている中古車向けのアフターパーツや、昔の車を生産・販売している新興国市場では道があると思います。
その理由は以下の通り。

・昨今の自動車は安全装備(ESP、ABS等)、自動変速トランスミッション(CVT、DCT等)、エンジンの燃費向上対策(吸排気VVT等、燃調の制御等)の協調制御のため電子制御スロットルが必須となっています。
この時代にメカスロを売り込むという発想自体が既にズレています。

・「改良型で1万キロを走ったが、ペダルは確実に作動する一方、高速道の合流や急な坂道での踏み込みならレバーは外れない」とありますが、たった1万kmでは何の保証にもなりません。
10年以上乗るユーザーは普通に居ますので、最低でも20万km保証くらいは必要では?

・同じく「高速道の合流や急な坂道での踏み込みならレバーは外れない」とありますが、どのくらいの踏力と角速度で検証しているのでしょうか?
市場では設計者が驚くような力や速度で踏み込むユーザーは当たり前のように居ます。
海外の大柄な人では尚更です。
外れてもペダルから足を離せば元に戻るのですが、間違いなくクレームになるでしょう。

・何だか良く分からない、「教授」と名乗る人が「電子制御技術は万全とは言えず、このペダルを併用すれば安全性は向上する」と仰っていますが、何を根拠に万全ではないと言っているのでしょうか?

・コストの話が出ていますが、構造を一切変えずプログラムだけで対応できる電子制御に対し、構造が複雑化するメカスロでは天地がひっくり返ってもコストでは勝てません。

・信頼性の面でも、電スロならば車輪速をモニタリング出来るため、走行中の急激な踏み込みで動作する可能性を0に出来るので有利です。

・部品のバラつきを考慮してトリガーの動作力を決めると、トリガーが固くなりすぎて結局動作しないという問題が出てきそうな気がします。それをどう解決するのか?

以上の通り、個人の力では解決出来ない問題が山積みです。
スポンサーを募って資金を集め、JARIなどの機関に持ち込んでN増しテストする。
即ち会社を立ち上げる、くらいやらないと現実的ではないのでは?


余談になりますが、この記事からは、記者の想いだけで意味もなく電子制御を貶し、昔ながらの町工場を持ち上げようとする意図が見え隠れしています。
この記者は「敵に立ち向かうなら敵をよく知る」という基本が出来ていません。
Posted at 2017/01/20 23:09:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月23日 イイね!

スマホナビ用にこんなツールは作れないかな?

Yahoo!カーナビ専用リモコン「ナビうま」が超絶便利、いっそハンドルに埋め込みたい

http://news.mynavi.jp/articles/2016/11/20/yahoo/


これは便利、ちょっと欲しい。
でもスマホナビは使っていない。
理由は以下。

今のスマホナビが抱える最大の課題は、
「トンネル等のGPSが入らない場所では止まってしまう」
という点。
これはスマホナビの車速検出がGPSに依存しているため。
東名高速や首都高などトンネルが連続する道路を頻繁に走る自分には向かないのです。

で、ちょっと考えたのですが、車両の車速ハーネスに接続し、
車速パルスをBluetoothなどでスマホに飛ばすアフターパーツを開発すれば、
前述の問題は解決するはず。
私のような車載ナビ派も取り込めるのでは?
ナビアプリが対応していなければならないので、GoogleやAppleが自分で開発する
必要がありますが。

グレード構成は2仕様にして、
・車速パルス情報のみ飛ばすタイプ 2000円以下
・ジャイロセンサー内蔵+車速パルスのタイプ 5000円以下
くらいで販売できればいい感じ?
冒頭記事のリモコンで6000円オーバーだから、ジャイロ付き5000円はキツイかな?

私が思いつく位なので、世界をリードする2社は開発に乗り出しているに違いない!?
期待してます。
Posted at 2016/11/23 21:42:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2015年11月14日 イイね!

スイフト新色




いつの間にかスイフト標準車に新色が追加されています。
単なるソリオとの共通化なのですが、紫色は意外とイケます。
その代わりスタイルの黄色が消えてしまいましたが…

http://www.suzuki.co.jp/car/swift_style/
Posted at 2015/11/14 12:57:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2015年07月03日 イイね!

POTENZA Adrenalin RE003に195/45R17追加

POTENZA Adrenalin RE003にスイフトスポーツの195/45R17サイズが追加になりました。
9月発売予定だそうです。

http://tire.bridgestone.co.jp/potenza/re003/size.html#inch17_03

これで純正ホイールを使い続けるという選択肢も出来たのではないかと思います。
まあこの値段なら高バランスな純正品もアリですが。
Posted at 2015/07/03 22:08:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2015年06月27日 イイね!

今日も浜松の道路は平常運転

右へ曲がる必要があるため、右車線へ車線変更をしたかった。
1.サイドミラーとルームミラーで後方と斜め後ろを確認。
2.目視で2輪車の有無を確認。
3.十分な空間があったので指示器を出す。
4.再度目視で斜め後ろ確認。
5.車線変更開始。ここで突然右側車線を走っていたステップワゴンが急加速。
6.私の車に急接近した所で急ブレーキ。
7.何故かステップワゴン、クラクションを鳴らす。私「!?????!?!??」

恐らく前「だけ」を見て車間距離が広かったので加速したのでしょう。
ほんの少し目線をずらせば指示器が分かる位置に居たはずなのに、なぜ見ていないのか不思議でならん。
ドライバーは初老の男性だったし、脳の病気か白内障だったのだろうと思って心を鎮めておきました。
ちなみに家に着いてから指示器のランプ切れは無かったことを確認済み。
こういう運転をされると、自動ブレーキ装置というのは出るべくして出た装置だと痛感します。

浜松は
・指示器を出した方向に曲がるとは限らない
・逆走はルーチンワーク
・広い道路でも右折時に車を左に振る(逆も然り)
・コンビニ出口から2車線道路の通行を遮って右折する
などが日常茶飯事ですが、嫌な運転にはやっぱり慣れません(慣れてはいけない)。
県外からお越しになる方はお気をつけ下さい。
Posted at 2015/06/27 14:04:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「<自動車>急発進防ぐアクセルペダル 町工場の技術で開発 http://cvw.jp/b/712317/39203382/
何シテル?   01/20 23:09
行き当たりばったりなスタイルを愛してます。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

オトモダチ…ホシィ…
7 人のお友達がいます
SHIRASUSHIRASU きくりん@zc31sきくりん@zc31s
りゅうます。りゅうます。 教官様様教官様様
杉(弟)杉(弟) とっち.とっち.

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ スズキ スイフトスポーツ
2014年8月24日乗り換え。 今回は無改造のド・ノーマルで行きます。 これからよろしく ...
スズキ スイフト よぉ~しよしよしよしよしよしよしよし (スズキ スイフト)
2014年8月24日にお別れ。 私の給料で最初に買った車。 思い入れはあったものの、新し ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.