• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

否のブログ一覧

2017年12月06日 イイね!

実は最初から失敗してた?

実は最初から失敗してた?

10月の瀬戸自動車走行会が台風に見舞われた為、先日おかわりの同走行会がありました。

天気も良く、BESTEXの密着荷重400kgのテストと、ちょっと試してみたい次のセットを同日にテストできたので良かったです。


朝1枠走り、即バネ交換して午後は3枠走行。

結果としては…



イマイチですね。


気温が低く、路面温度も低すぎないので、案外こういう時の方がタイムは出し易いと思っていますが全然でした。

バネ交換はフロントはKYB11kのままですが、プリロード調整し、リヤはKYBの9kにして、プライマリースプリングも安泰のBaseM製にしました。



これが裏目で、今朝のタイムからコンマ5ぐらいダウン。
31秒すら切れなくなりました。



もうタイヤがダメなのか?と思いましたが、いくら悪くなったとは言え、朝のタイムより極端に落ちるなんてことは無いので、何が悪いと言えばセッティングが悪いという事になるでしょう。

たまたま居合わせた運転の上手い方にも乗ってもらいましたが、アンダーオーバーで怖くて乗れないと酷評でした。
お試しセットだったとは言え、前後バランス等は普段の感覚に合わせたつもりでしたが、これも印象は悪かった様です。

色々と話しを伺って腑に落ちる点はいっぱいあったし、直し方もおおよそ検討が付いているので、またやり直せばいいかなという感じです。


そういえばですが、NAの時はパワーをグリップ内に抑え込めれていて、都合のいい様にリヤの動きを作れていたのですが、今はまだそれが出来てないので、立ち上がり時の挙動がセッティングでオーバーなのか、パワーでオーバーなのかまだハッキリしてません。

今回で言えば、バネレートの上げすぎに原因の一旦があると思います。
12kぐらいでも大丈夫だと思っていましたが、ひょっとすると以前の10k9kの時点で既にその兆候はあったのかもしれません。
実際タイムはあまり良くないですし。


今月は車検ですので、アームから何から一旦やり直したいなと思っていいます。
今のタイヤのグリップでどこまでパワーを受け止めさせることができるか、その検証からやり直しです。

上手く行けば自ずといい結果が待っているでしょう。
Posted at 2017/12/06 15:52:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月24日 イイね!

オーリンズDFVリセッティング

オーリンズDFVリセッティング

メールでセッティングの質問をチョイチョイ受けますが、珍しくリセッティングのご依頼です。

走行会でご一緒した時に、ウチの86の乗り心地が良さから『是非プライマリースプリング仕様を…』
と言う事で一度採寸に来てもらった上で、パーツを購入して、先日リセティングをやりました。

車高調はオーリンズDFVです。



吊るしの9k7kからご自身でswiftの8k9kに交換されたそうですが、街乗りの乗り心地が良くないと言う事でした。
採寸の際に一度街中を走らせて貰うと、思ったより乗り心地は悪くなかったですが、あまり沈む感じが無い割に、swiftの癖もあって動きが大きめだったので、その辺も含め解消できるかな?と。

全長調整なのでやりやすいですが、リヤダンパーのストロークが短く、計算上でもBaseMのプライマリースプリングが使えなかったので、BESTEXの密着荷重350kgをチョイス。

それでもギリギリである事に変わりはないので、バンプラバーも最小限の物を使います。

メインのバネレートはフロント9k、リヤ10kです。
リヤは10k以上でないとBESTEXのプライマリースプリングすら使えなくなってしまいます。。。

組んだらこんな感じ。



作業はウチでやりましたが、脱着はほぼほぼお願いして、サスの組付と、取付の後の調整はお手伝い。

最近のBESTEXプライマリースプリングのテストで気がかりだった1G状態は…



お、新品だからか意外と良さそう!
下手すれば400kgより残ストロークありそうです。
ここからヘタらなければですが…

フロントは、まずは手持ちのスプリングからと言う事で、吊るし戻しの9kシングルです。



そして、大まかな車高調整後、試走し、前後バランスをチェック。

やはりフロントのレートが足らない感じでしたが、走る時にフロントの減衰を強めにしてもらえばカバー出来そうな感じだったので、一先ずそうしてもらう事で今日の所はOK。
このあたり好みもありますし、以前は8k9kにされてた事もあるので、色々試してもらって後々違和感があれば再検討という事で。

乗り心地的にはタイヤが18インチな事もあり、少しハードかな?と思いましたが、本人としては大分良くなったのか、満足された様子でした。
BaseMのプライマリースプリングが乗り心地が一番いいと思いますが、代用としてはBESTEXの密着荷重350kgが一番良さそうですね。
あと計算上大丈夫だと思いつつも、多少心配していたリヤのバンプタッチも無かったので、よかったです。

試走を終えてから仕上げにアライメントもやります。



なんだか前後ともトーゼロが良いみたいな話が蔓延してるのか、過去何台かそういう方が居ましたが、個人的に走りやすさを考慮すれば、ある程度調整した方がいいと思います。
サブスプリングを使うのであれば尚更かな?と。
この辺りは走る場所にもよります。

どのぐらい調整するかは、実際走りに行ってもらって、その印象で変わるので、今回はベターな感じにしました。

これで一通りの作業は終了です。

今回フルセットで組む予定だったので、当初6万円以上の見積もりでしたが、段階的に必要があればという形にし、新規で購入したパーツは、プライマリースプリングとスプリングシート、バンプラバー。
リヤのメインは僕が使ってたので中古として、半額ぐらいで済みました。
これでもそこそこ良いとは思いますが、もう一声質を高めるには、やはりフロントのバネレートとヘルパーの導入ですね。

『バネだけでこんなにも違うんですねー』と仰ってましたが、本当にそうです。
せっかく高い金出して買った車高調を1つのパーツとみてしまっていて、気に入らないから丸々買い換えるみたいな人も居ますが、勿体無い話です。
それに、シングル仕様の車高調をいくら買い替えても、サブスプリングを使った乗り味にはなりません。

競技にも出ないし、街乗りとミニサーキット程度であれば、高額なダンパーを使用しなくても、吊しからリセッティングするだけで同じタイムで走れる仕様にできる可能性もありますし、吊し以上に好みの乗り味に調整する事も出来ます。
物は選びますが、そこそこの安価な車高調をリセッティングすれば、名だたるメーカーの高額な車高調より、自分の好みの仕様で安く作る出来る訳です。

この方が良いとは思いますが、それ以上にブランドを装着する満足感みたいなものも有るんで、お金がある人はブランド物を更にリセッティングしてくださいw

あ、吊るしで気に入ってる人は無理にリセッティングする必要はないですよ。
あくまでも不満があればの話です。
Posted at 2017/11/24 18:42:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月20日 イイね!

密着荷重400kg

密着荷重400kg

300kgに続いて400kgのテストです。

今度は400kgですから、今まで使ってたBaseMの物より、少し密着荷重が多い事になるので、密着するタイミングが遅くなる事になりm…



えーw?
400kgだよね?

まぁいいや、例によってこういう物って事です。
ひょっとしたらここから限りなく縮まらなくなるのかも…んなわけないと思いますが。

レートは21kgもあるので、BaseMのから6kgアップしたことになります。

先回と同じようにポーンと放り込んだまま他に手は加えません。素性を確かめるのが目的なので。

これに合わせてフロントは先回と同じ10kに、今度はヘルパーありにしてみて近所を試走…



硬い…サブスプリング使ってる感はあるけど結構硬いです。

そのせいもあってか、フロントとリヤで揺れ感のバランスが悪く、かなり違和感があるので、ついにこの日が来たかと2年前から予見して準備しておいた(ウソ
KYBの11kを倉庫からひねり出し、ヘルパーと共に装着。



バランスが整って違和感が無くなったので、今度はこれで走りに行きたいと思います。

久々にKYBを使いましたが、ヘルパー使うこと前提ならこの感触はやっぱ良いですね。
使わないとレートを下げない限り乗り心地はあまり良くないので、街乗りもサーキットもと欲張りな方にシングルはおすすめしませんが、セット1万円ぐらいで新品買えるので、コスパ良いです。

更に安い物も幾つかありますが、癖が強かったり、ヘタリが強かったりするので、どうしても安く済ませたい以外、そっちはあまりオススメしません。

Posted at 2017/11/20 16:31:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月13日 イイね!

密着荷重300kgテスト

密着荷重300kgテスト

先々週の話ですがバネのテストに作手に行ってきました。

タイムはこんな感じ。

季節的に少し良くなりましたが、大方の予想通りリヤがイマイチでグリップがすっぽ抜けます。

コーナー進入でオーバーにはならないので、リヤの接地は出来てますが、立ち上がりのアクセルオンでリヤの外側に荷重が乗った時、内側がある程度伸びた状態だと、以前よりグリップが稼げずにオーバーになりやすくなっています。

緩和するには減衰を上げる、プリロードを変える、アライメントを変える、サブのバネレートを上げる。
色々ありますが、以前との違いで言えばレートが下がっただけなので、原因は何だといえばそれでしょう。
ポーンと入れただけでは中途半端ですね。
この辺がシングルよりも難しい所かと思います。


これでグリップ感が変わらなければレスポンス自体は向上してるので、街乗り犠牲にした分タイムアップ出来ると思うのですが、コンマ数秒も変わらないかな?

勿論ドライビングでカバーするのも手ですが、同じ速度、同じタイミングで、同じ加減で踏めないのではセッティングがマイナスに出たと言う事でしか無いです。



とまぁリヤは全然ダメでしたが、フロントは逆に良かったです。

シングルなのでロール量が減ってレスポンスはも良くなりましたが、その分アンダーになるかな?
と思ってたんですが、想像以上にロールしてたのでアンダーが強くなった感は無く、レスポンスだけ上がった感じでGOOD。
ターボ化等々の重量増があんまり気になって無かったんですが、シングル10kの感じじゃなかったんで、今度はレート上げてもいいかもしれません。
シングルのままだと乗り心地がそれ以上にはならないので、ヘルパーは付けたいですからね。


ヘルパーだのプライマリーだの、サブスプリング入れるのが流行ってる気はしますが、純粋にサーキットでタイムを出す為なら、シングルの方がセッティングは分かりやすいので、条件と目的が揃わなければ、あえて使う必要はないです。
入れただけで魔法が起こる訳ではないですし、それ以外の工夫が色々必要になります。

今回が正に入れただけ状態なので、よく分かるかと…


では、今度は密着荷重400kgの方をテストしますかね。
ストローク的にフロントにヘルパーを使うかまた微妙ですが、調整効くので入れます。

バリューの日だったので、またカレー頂いちゃったw

Posted at 2017/11/13 18:52:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月24日 イイね!

瀬戸自動車走行会

瀬戸自動車走行会

年2回恒例の作手走行会へ行ってきました。

大抵雨ですが、今回はオマケで台風までくっついてきて、大荒れの天気でした。
帰りの道が倒木や土砂崩れとかで帰宅できなくなるのも困るので、昼で切り上げて帰宅…

外で話すのもままならないので、こんなこともあろうかとノーパソ持っていって正解でした。
作業が捗るw

今回の雨量だと、ストレートで直進してる途中でも2速だとリヤが掻いてしまっていたので、3速固定で走行…
それでもストレート以外はブーストを急に立ち上げてしまうとリヤが流れます…
ドライとやる事は同じですが、慎重を重ねて走行…

以前にも増してビビりになったせいか36秒台ばかりでしたが、ちょっと頑張ってギリ35秒台に入ったので満足w

セッティング変えてるのでドライでどのぐらいタイム変わるか試したかったですが、それはまた次回に持ち越しですね。


作手の走行会でもカレーが食えますw

カレーと言えばもろまえ走行会ですが、あちらは酸味の効いたサラッとしたカレーなのに対し、作手のは一晩寝かせた?コッテリなカレー。

具材も定番ですが美味しいです。

Posted at 2017/10/24 00:11:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

通勤車ですがオートランド作手・美浜サーキット等を走っております。 グリップ走行だけで、ドリフトは出来ません…>< チューニングは足までは家で、そこか...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

超速シフトアップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/20 09:51:22
なぜ車高を下げてはいけないのか 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/05 16:52:35

ファン

89 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ 86 トヨタ 86
6台目の車です。 長い間乗ったWiLL VSからトヨタ86に乗り換えました。 通勤からサ ...
トヨタ WiLL VS トヨタ WiLL VS
2台目に購入した車です。一番長く乗りました。 MTで、有り難味があるかないか分からない、 ...
三菱 ランサーエボリューション 三菱 ランサーエボリューション
5台目の車でした。 故障状態で会社の人に譲ってもらったのを修理し、 主にサーキット走行で ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
4台目の車でした。 競技落ち車両でした。 半年程乗って、サーキットでミッションブローし ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる