車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月19日 イイね!
204GWSクラウンハイブリッド、3回目車検を無事完了!こんばんは(0 0)/

昨日、即ち平成29年2月19日、うちのクラハイ
ちゃんは何と3回目の車検を完了しまちた。
新車登録平成22年2月26日から7年、これで、
14年間付き合った前車9代目クラウン君から
通算21年ものクラウン生活。


まさかの連続クラウン生活22年目突乳・・・・

スポーツカー好きの私が、こんな事になるとは、あの頃は思いもしませんでちた・・・










今回は車検整備の際に、ちょっと前から発生していたクーラントラインからの僅かな音・・・

以前、リコール整備でV6エンジンを降ろしてまた載っけた作業のあとでエアが入り、エンジン起動するたんびに「バシャバシャバシャ・・」となってた、あれがまた少し出てたので、

エア抜きをお願いしておいたのです。


※因みに、今回は車検整備の間、所用で一日Dらーを離れてたので、画像は以前掲載したものを
  流用しています。最後の夜のクラハイショットと積算メーターだけが昨日の画像です。
  なので、文章だけ更新してるので「読む」だけでお願い致しますm(_ _)m


なので、整備工場に入りしな いきなりエア抜きから逝っております。
























これで、満たしたフルードの液量が少し下がったそうなので、ある程度のエアは抜けたようです。

因みにこの「バシャバシャ」は、エンジン停めちゃうHVじゃないと走行中は聞き取れないし、
クラハイちゃんと同程度の静かさ及びLEXUS車程では無い遮音防音性能(自虐・・・じゃないと、
解らないのではないかと思います。



・・・んで、次にリフトアップして、エンジンオイル交換とタイヤ/ブレーキパッドチェックです。





今回は、7年間で初めて、オイル交換時にオイルフィルターを同時交換しませんでした。

また、油脂類ではこの他にブレーキフルードのみ全量交換しています。
ミッションとデフは各々20,000km走行都度交換してるので、もう1~2回エンジンオイル換えてから
になります。この際、マイクロロンの施工はどうしようかなあ。

デファレンシャルは既に20,000kmごとだから2回投入してるでしょ。
ギヤオイルは20,000kmごと2回入れ替えしたうち、40,000km時にマイクロロン投入。
エンジンオイルは最初の20,000km時に投入したのみです。
製造販売メーカーのほうでは、一度入れたらそんな頻繁に追加する必要は無いとの事ですが。



タイヤの残り溝。

整備記録のほうにもアップした事ですが、これ写真撮り忘れたので昨年8月7日、総走行距離50,936kmオイル交換時の画像です。そこに、タイヤ溝が僅かに映っている・・・。






この左後輪のみ同4月9日にパンクのため48,200kmで新調したもの。














そこから6,243km走った現在で残溝6.5mm。






他の3本は、↓2014年3月2日、28,500km弱で交換したもので、25,943km走破して残溝4.5mm。















・・・この時点で、溝そのものは結構まだ逝けそうだったんですけど、

↓サイドウォールに、家族が攻撃を加えてたようで、ここで継続使用を潔く断念したものです。







工場出荷時から装着されていた、純正のDUNLOPから、YOKOHAMA BLUEARTH-Aに。。。









まあ、3本についてはもうちょっと逝けるという事で、車検はクリヤー。
タイヤローテーションも、急いでやるほどの片減りは発生していないようです。
RX-7(SA-22C)に乗ってた頃は、サーキットでも無いのに約3,000kmで肩が無くなってたのにね。



次に、ブレーキパッド。









・・・すいません、この画像もちょっと旧い画像で、今回整備工場に張り付けなかったのが残念。。







然し、回生ブレーキ多用によるHV車のこれは、やたら減りが少ないのです。

現在、まる7年・54,000kmh超えで残り溝が

 前輪右7.0mm/左6.0mm、
 後輪右8.0mm/左8.5mm。

この調子だと10年80,000kmでも逝けてしまいそうです。






んで、リヤキャリパーなんですが、例のピン固着症状が解消される対策品は出ていないので、
これ、とリヤダンパーは9年間に保証期間が延長されています。









ただ今回は、昨年メンテナンスしてもらった効果か、音鳴りや固着は現時点で発生していないので、
DJブレーキクリーナー(速乾性)と、ケミテックマテリアル/ブレーキメンテナンスセットというのを、
採用してメンテしたようです。



次に、補器用メンテナンスフリーバッテリー。





この7年間の間に1度、DらーさんでPanasonicの新品バッテリーに換装。
電圧計測値は12.27Vで良好。

ただ放電気味とのコメントが有りました。





エマージェンシータイヤ。

これ、前回パンクチャー発生の際には、ホント助かりました。





結局あの変な充填剤を使わなくても、サイドウォールが逝ってしまってたのでタイヤ交換には
なってしまいましたが、あそこから100km以上、高速道路を使ってこのエマージェンシータイヤで
Dらーまで帰って来られましたからね。

因みに昨年暮れにこちらのエアチェックもして貰っていたので、420kpaバッチリ入っていました。



エンジンのエアフィルターは清掃のみ。
エアコンのクリーンエアフィルターは新しいものに交換しました。






エアコンフィルターの交換とあわせ、普段はクイックエバポレータを施工してカビ防止しているのですが、今回は神奈川トヨタさんのキャンペーンで、DENSO/大幸薬品共同開発の室内除菌・消臭を行うための「車両用クレベリン」を施工しました。







この発生器で二酸化塩素を室内に発生させ、特定のアミノ酸を酸化することでウイルス・菌を除去、ニオイを消臭するとの事。






あとは、リヤライセンスプレート左右バルブと計器盤警告灯の一つが切れてたので交換、って感じでした。





ってことで、うちの場合、まだまだこちら204GWSクラハイちゃんとの生活が、続きそうです。


















さてさて、街のハイヤーや、企業の運転手さん付き社有車に比肩するくらい、どこまで綺麗を
維持できるか・・・・

また、楽しいクラハイライフの、始まりでつ💛




・・・おっしまい(0v0)/
Posted at 2017/02/20 20:48:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | 法定点検 | クルマ
2017年02月16日 イイね!
PRIUS PHV 2017、出ましたね~(0 0;こんばんは(0 0)/

今回は、EV走行能力、燃費性能と共に
脚つまり走りのほうでもしっかり詰めて、
マーケットに出しましたね・・・

プラグイン-ハイブリッド。



ちょっと、本体見て無いので、NETから画像拝借してしまいましたm(_ _)m





いーや、プラグイン-ハイブリッドの二次バッテリーって、デカいにゃー!









これでも、凄く軽量化しているそうですね。


型式            DLA-ZVW52
全長×全幅×全高   4645×1760×1470mm     ホイールベース   2700mm
トレッド前/後      1530/1540mm
室内長×幅×内高   2110×1490×1195mm
車両重量         1530kg
EV走行距離       68.2km
HV走行燃費       37.2km/L
EV走行最高速度    135km/h(社内測定値)

パワーユニット      1.8リッター直列4気筒ガソリンエンジン
最高出力/トルク    72kW(98PS)/142Nm
1NMモーター性能    最高出力53kW(72PS)、最大トルク163Nm
1SMモーター性能    最高出力23kW(31PS)、最大トルク40Nm

二次駆動バッテリー  25Ah大容量リチウムイオン電池





・・・車重、めっちゃ重いのかと思ったら、そんなでも無いようです。

けど、このサイズで1.5トン超えかあ・・・


100km/h以上まで、一応モーターだけで速度上げられるのも巡航出来るのも、良いですね。
あれ、フーガハイブリッド君が確か、そのあたりの速度域まで逝けましたよね。

リチウムイオン電池って、流石だにゃあ。



うちのクラハイ君なんて、









PHVじゃ無いHVだし、二次バッテリーはニッケル水素電池だし、
高速道路での平坦路EV巡航速度は72km/hまでで、73km/hになるとV6エンジン稼働しちゃいます。


↓これはLEXUS GS450hさまのディスプレイ画像ですが、まあこれとサイズ同じらしいので。





ちっちゃいですよね~、PHV用と比べると。


トランクルームの化粧ボードを取り外すと、





↓これ、みん友さんのアスリートの荷室画像をすいませんお借りしてしまいまちたm(_ _)m





ここに、クラハイ君は ↓こんな感じでバッテリーを搭載してます。











・・・しかし、日本にはまだ、ポルシェやアウディ様、テスラのように、プレミアムなモデルは、
ほぼ無いような気がします。


↓テスラ モデルS




モデルSだと、1,000諭吉超えでしたっけ。。。  はるかに(汗




プリウス PHVは、世界第一級のPLUG-IN ハイブリッド車を広く普及させる使命があるのでしょうね。

・・・と言っても、これもカタログ価格で400諭吉超えて来ますから、大衆車ではありませんね。


けれども、最近ではプレミアムな輸入車が、ダウンサイジングと称してめちゃ排気量の小さい
エンジンを搭載して、大きいサイズのボディのままリーズナブルな価格で攻勢を掛けて来ています。



ところで、私が子供のころ、そう大阪万博のころに、欧州から来たフェラーリ・モデューロ。









これ1970年に見た小学生の私は、衝撃的でちた(まー古い、歳わかっちゃいますね)。

これは電気自動車では無かったみたいですけど、

未来のクルマは、電気自動車になって、こういうデザインで街を走り出すんだ!

・・・って、思ったもので御座いまつよ。



やっぱ、PHV、電気自動車は、こういうモデルもほしいにゃあ。


と、思ったら、日本にも有りましたね、こんな先鋭的な挑戦が!








童夢-ゼロ。。。。

これも、電気自動車ではありませんけど、見てびっくりの、このデザイン。

これ、市販されたら凄いのになあって、思っていましたけど、遂に認可が下りなかった・・・・(涙



でも、国際レースには、DOME RLというれっきとしたプロトが走っちゃいました。






ねえ、日本のメーカーさんも、電気自動車・PHVで、スポーツカー作ってくらさい。

今のところ、マンション住まいのわだスは、車両価格が安くても、充電器使う車は買えないのが
悲しいところですけど。

この前、Dらーさんに老夫婦がPHVプリウスで来てて、あれは羨ましかったです。

デザイン、頑張ってください。



あ、そういえば市販されなかった日本製のスーパーカーと言えば、ジオット・キャスピタ。



↓すいません、また画像NETからお借りしまちたm(_ _)m












恰好良シス!(@v@;




・・・話が、どんどん脱線して逝く(ーー;

電気自動車、関係ないし・・・・・





だから、PHVで恰好良いデザインの、日本車ね!

外国製は高くて手が届かないんですから。

あ、マンション買い替えるのが先か(滝汗








・・・おっしまい!




※↑多くても2年に1回しか開催されない、クラハイオフ会でのひとコマ(涙;



・・・どの車に乗っても車高短マストなオサーンがなんかのたまっているので、証拠写真アップ。

  ↓ほらほらこんな低い(ーー;









純正サス&車高で、指先どころか腕・ひじまで入るタイヤとホイールハウスの隙間💛

↓順法精神あふれる Super City 号と比較すると、よ-く解るのでつ・・・


Posted at 2017/02/16 21:41:06 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマへの想い | クルマ
2017年02月06日 イイね!
Super City 危機一髪!・・・赤信号で覆面さんに張り付かれ(汗いやー、何してるにもアップしましたが、
後から考えて、危機一髪でちた。。。

一昨日、マイDらーさん襲撃途上、赤信号で後ろに綺麗なシルバーの200クラウンがついて停車したんでつ。おんなじ200系クラウンの、それもメタリックシルバーが凄くきらきら綺麗な車両。


あーやっぱこのクルマのオーナーさんは、私と同じように、いつまでも大事にしているんだなあって、ちょっと嬉しかったんでつ。



↓これ、以前アップした画像でつ(すいません・・・










んでいつものゆっくりスタートしてたら、ギュワ~ン加速して抜いてった。

乱暴だなって思って、何もこんなところで飛ばさなくったって・・・・

わだスの運転が、とろい邪魔だ、って事なのかなあ・・・・?


って、見てたら、・・・


先頭のミニバンのお尻に張り付いて間もなくルーフから赤色灯、そして無情のサイレン…(;・д・)



↓すいませんNETからお借りした画像でつm(_ _)m



↑そう、まさにこういう覆面さんでちた(滝汗:(゚Д゚;)・・・




200クラウンだと思って、おんなじだあってそればっか思ってみてたので、

そのミニバンさんがなんの理由で捕縛されたのかは、さっぱり解らなかったんでつ。



・・・何かなあ?



んで、あとから、あー私も実はロックオンされてたのかなあって、ちょっと焦りました。


街中では、今では昔と違っていつもそんな運転だから、
覆面さんにヤキを入れられるような事はほぼ無いと、解ってはいても、まービビりますよね。












今度の週末はまた走りますから、安全安心の走りで逝きたいと思います。

確か、今年秋の免許更新では、ゴールドになる筈ですから(汗
Posted at 2017/02/06 13:08:45 | コメント(7) | トラックバック(0) | クルマと生活 | クルマ
2017年01月30日 イイね!
やっぱクラウンハイブリッドはオフィス街がお似合いです💛こんばんは💛

先週末は、土曜日はまったり自宅に居て
おコタツに埋まり乍らまったり過ごしました。
横浜のお天気は快晴だったのですが、
風はちょっと寒かったんで・・・・



そんな、超ムダな時間の過ごし方もたまには良いんじゃないかなあって、思います。

だって、クラハイちゃんの身体はほんと綺麗なままだったので、洗う必要が全く無く・・・








↑スチーム洗車のあと、一度も雨に降られていませんし、

これはもう、「晴れ男」の引証決定的でしょ(爆
雷神さんもわだスと一緒のオフなら、帰ってから洗車しないで済むでしょ(核爆



んで、日曜日は零のごとく、実家に逝く際またまた「一般道燃費トライ」なんてつまらない遊びに
邁進してしまったので御座いまつよ・・・



んで、クルマの外装画像を撮影するの全く忘れてしまったので、

最近わだス、仕事エリアが都心の中央区になってるもんで、公用車を目にする機会がめっちゃ多く
なりまして、会社の周りはクラウン、フーガ、ベンツ、レクサスLS、そういうのに溢れているのでつ。







んで、思ったんですが、クラハイちゃんも、やっぱオフィス街が一番似合うなあって💛


↓以前、ちょっとアップさせて頂いたショットなんですが(汗;



















・・・↓お客様をお乗せする後部左側シート、ドアを開いたとこでつ。。。







↓んで、ちょいワルなトヨタ初の「純正ヤンキー仕様クリヤーコンビランプ」(自爆









因みに、夜はこの車、スカイラインになりまつ(笑











・・・さて、昨日はこんな美味しい、ヒレカツ定食、逝ってしまいまちた!






う、うんめえええ!(@v@;



・・・まあ、走りとは全然縁遠い日常シーンでつ。




んで、昨日の一般道燃費走行の話でちたね。。。































①往路区間 32.5km走行  区間燃費 14.6km/L
②買い物等 15.2km走行  区間燃費 10.5km/L
③復路区間 33.3km走行  区間燃費 17.4km/L

 昨日の総計 81.0km走行 一日の燃費記録 14.5km/L





区間記録、確定






・・・いったい、いつになったらちゃんと走るんだって?(0 0;・・・・



・・・・・



・・・・・



箱根峠の雪が溶け切って、路面乾いて凍結防止剤が洗い流されてからですかね!(爆

















おっしまい(^ ^;
Posted at 2017/01/30 18:23:50 | コメント(4) | トラックバック(0) | 燃費レビュー | クルマ
2017年01月28日 イイね!
2016年11月7日のみなとみらいオフ、650S編の続き!内装編!今晩は!(0 0)/

いやー年末から年始に掛けて、忙しかった!
うちの会社は12月決算なので、落ち着いて
パソコンで遊んでられなかったんでつ。。。

然し、ようやくひといき付いたところです。

んで、昨年末みなとみらい美術館の前庭で開催された輸入車SUVの展示会に、旧AUDIオフ会の
元気さんからお誘いを受けて乱入した際、タイトルの「650S-なっくうさん号」お披露目があったので
例によって例のごとく、Super City お得意の『勝手にフォトレヴュー』やっちゃいました!





・・・んで、昨年の第1編は何と無謀にもうちのクラハイちゃんvsマクラーレン650S-Spyderという
事でアップしましたが、あまりのギャップにへこたれたもので・・・

特に今回は「内装編」なので、うっとうしい事はやめて、650S様しばりで一気に紹介しちゃいます。


いくぞー













































・・・このね、エンジンとシャシーがまた、凄い。

ググってみますと、その容姿を形成する骨組みの画像がまあ、わんさか。
なんであんなにサイドシルがぶっといか、これで納得出来ちゃいます。







↓ちょっとだけ、NETからお借りしまちた!m(_ _)m














↑この、太い太いサイドシルの骨組み(確かカーボンでしたよね)が、

↓こうなっている理由なんです。





オーナーさん、見てると乗り込むとき、ここ踏まないように乗り越えて、シートにお尻から
「よっこらしょ」って座り込むんです。

ああ、汚さないよう気を使っているんだなあ・・・・

と、思いましたので、わだスも座らせてもらった際には同じようにお尻から、「よっこらしょ」(爆



因みにもしも我が家でこれ買ったら、我が家の女衆は間違いなくここに脚を「どん」乗っけて
乗り降りするに違いありません。。。
ピンヒールで構わず「ガン!」ってしそう・・・。絶対やるだろうな。。

でも・・





・・・これ、女性乗せる時は、周囲の歩行者に毎回パンツ全開になっちゃうのでは(汗












ダッシュボード周り、アルカンターラ調のフェルトで全面覆われていて、手が掛かっていますよね。

うちのクラハイちゃん、せめてここだけでもプラスチッキー全開を止めて貰えたら、随分高級感が
違うと思うんです。

クラハイちゃん、↓こんな感じですからね・・・











・・・あ、650Sしばりでアップするんでしたね!(汗

気を取り直して、またまた逝きます!





ここ、F1みたい!
































スポーツカーだと、カーボンパネルは映えますねえ!


















↓ここは、シート足元のアジャスト機能・・・というか、記憶機能ボタンかな。





跳ね上げドアを、着座位置から見たショット。
この肌の感じは、あのデ・トマソ・パンテーラのにちょっと似てるでつ💛





ダッシュボードを、フロントスクリーン越しに見たショット。





・・・んじゃ、ホイール逝きます。














このホイール・・・

305も厚さがあるんで、例のR8様下廻り激写の際に膝を痛めてテニスが出来なくなった過去を
怖れず一応、ホイールハウスの中に腕を突っ込んではみたのですが、サスペンションまでカメラが
届きませんでした(T T)









ブレーキキャリパーも、凄い。

ってか、ブレーキローター勿体なくて、ブレーキ踏みたくないかも(爆






んじゃ、お尻から下廻り。ディフューザーのとこ逝ってみましょう。







因みに、うちのクラハイちゃん、は↓こんなの貼っていますけども(汗












650S君のお尻はあ・・・・












もうね、つるんつるん。

リヤばかりじゃなく、下周りはほとんどパネルで覆われているんです。R8様と同じでしたね!



あ、クラハイちゃんが、唯一勝てるとこがありました!


・・・それは・・・


↓ここ。





なんでも、ガソリンを給油する際には、この、樹脂製のパイプを取り出して給油口に挿し込んでから
じゃないと、入らないって・・・・







因みに、クラハイちゃんの場合は、ちゃんと・・・・












・・・入ります!(^o^)/






・・・ようし・・・1点、稼いだぞお・・・・



んでも、こちらのオーナーさんのわだスの印象は、AUDI時代から衝撃的で、


何故か、赤い内装もお好きなので御座いまつよ・・・・(@@;


なので、次にお会いする時には、もしかしたら ↓こおんな感じになっちゃってて、









↓内装もこんな感じに改装しちゃってるかも知れません(核爆







わっはっは




んでは、この続編は、このオフ会に参加されたほかの「Aじゃない人が多いオフ会」メンバー様の
おクルマのおさしんと、会のそもそもの趣旨だった、輸入車SUV展示車両のシーンなんかを、
アップしたいと思っております!

いつになるか!








おっしまい。
Posted at 2017/01/28 20:16:20 | コメント(3) | トラックバック(0) | 勝手にフォトレビュー | クルマ
プロフィール
「うちのクラハイちゃんも、2008年モーターショー会場に陳列してたあれは、隙間少なくて欧州車みたいに格好良かったのに(T^T)…おかしいなあ(-人-;)(;-人-)」
何シテル?   02/22 21:49
2010年3月、クラウンハイブリッドを納車。ブログは「みんカラ」が初めてです。 30歳頃迄、二輪で箱根峠とFISCOに出没。今は街中で安全運転。 【過去車歴...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
ファン
70 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ クラウンハイブリッド Super City 号 (トヨタ クラウンハイブリッド)
14年間乗ってきた9代目クラウンロイヤルサルーン3.0Gを手放し、AUDI A4 2.0 ...
トヨタ クラウンロイヤル トヨタ クラウンロイヤル
1995年購入、9代目クラウン3.0ロイヤルサルーンG。同年FMCによりモノコックボディ ...
ホンダ NSX ホンダ NSX
1990年式ホンダNSX、1992年新車購入。SPOONSPORTSの実測270Km/h ...
トヨタ スープラ トヨタ スープラ
NSXの前に乗っていた2代目トヨタスープラ2.0GTツインターボエアロトップ標準ボディ。 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.