• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Super Cityのブログ一覧

2012年04月29日 イイね!

室内雑音制止計画(施工編④)-完結編(^o^)/

室内雑音制止計画(施工編④)-完結編(^o^)/さて、長きに亘り連載して来ましたクラハイ君の整備経過、室内雑音制止計画も、ようやく今回で収束を見る事となりまちた!
いやあホント、気になって居た雑音が一掃されましたよ!
マイDらーさんである『神奈川トヨタ自動車』さんには、大変お世話になりましたm(_ _)m
営業さんも、整備士の方も、言い分を真剣に聞いてくれて、それに一生懸命取り組んで戴いたのでホント感謝しています!



これも、街中でエンジンをバンバン停止させて滑走/EV走行を行うハイブリッドカーならではのトラブルだとつくづく思いまちた(@ @;ハアア・・・

それに、こんなに本格的な解体作業になるとも思わなかったんでつ・・・

(^ ^)
先日、こちらのリヤ電動サンシェードを交換して戴いたのですが、その後路上を走行してギャップを越えるたび、かすかに『キンキンキン』という例の金属音の様な雑音が消えない状態でした。

窓に展開したこの状態では、ほとんどしないくらいになったのですけど、
(^ ^)
この様に収納してしまうと、走行中は雑音がより頻繁に発生してしまいます。特に作業日当日は、揺れるたび途切れなくって感じでした。
(^ ^)
そして、再びリヤシート周りの解体ショー(@ @;
(^ ^)
これは前回交換して戴いた、新品のリヤ電動サンシェード本体の画像でつ(^ ^;
(^ ^)
これの交換だけで、完全に消音出来れば良かったんですけど・・・
(^ ^)
それで、更にチェックを入れた結果、整備士さんは残っている雑音の音源を特定したのでつ(@ @;
(^ ^)
もしかしたら、アッパーバックパネル(バルクヘッド上面)の下から来る音なのかも知れないというところまで検討してくれましたが、
(^ ^)
原因は、やっぱりこのアッパーバックパネルの上部、リヤガラスとの狭い隙間の部分にあったのです。

(^ ^)
ここから先の作業は、Super City は所用が有って代車のPRIUS君で出払ってしまったので、撮り溜めた前回整備中の画像から貼って逝きます。
(^ ^)
リヤアッパーバックパネルの上部には、リヤ電動サンシェードの基部取付箇所のほか、画像に有りますように室内から冷気を引くニッケル水素二次バッテリー関係の空冷吸気ダクト、リヤトレイウーハー、2個のツイーター、リヤシートベルト巻き取りテンション、そしてLEDリヤアッパーストップランプなど、狭い空間に所狭しと機器が並んでいるんでつ。
(^ ^)
こちらは、解体ショーで取り外されたリヤシート及び内装パネルの各パーツ。
(^ ^)
実は、残っていた雑音の音源は、ここにあったのです。

この丸い形の大きな穴は、リヤセンターにあるリヤトレイウーハー。
(^ ^)
リヤシート後方のアッパーバックパネル、こちらの下面にスピーカーが納まる枠があるのですが、それとスピーカーの縁枠が干渉していた事が判りました。それが、リヤ電動サンシェードの稼働時にこのパネルを押し引きする事で、スピーカーに当たったり離れたり。
(^ ^)
こちらは、リヤトレイウーハーの内部画像。
解決策として、後方にあたる赤い矢印の部分にノイズフィルターを施工したところ、問題の雑音は消えた、と言う事です。
(^ ^)
このスピーカーは、図の通りアクティブノイズコントロールシステムを構成する重要なパーツです。

これによって、GS450h よりハイギヤードになり、一層低いエンジン回転数で巡航させるようにした結果発生した室内のエンジンこもり低音を打ち消すカウンターノイズを、乗車中は常時発生させています。
(^ ^)
ここまでの整備作業の結果、これまで気になっていた室内雑音は、現時点で一掃されまちた♪

これは、ホント有難いでつ!(><;
これだけ対応して貰えて、やっぱりこちらのDらーさんを選んで良かった!




このクルマに搭載されているハイブリッドシステムは、実際にオーナーになってみると、クラウンの車格を越えた高級感を常に感じながら走ることが出来るんでつ。



それは、他のクルマで言えば同じ縦置きTHS-IIシステムを搭載するLS600hやGS450hのオーナーさんや、FUGA HYBRIDの様に強力なパワーと高速域でのEV走行を同時体験出来るハイブリッド車のオーナーさんなら、判って貰えると思いまつ。



クラハイ君は、内装こそそれらレクサス系高級車に比してコストダウンにより、相当にプラスチッキーな点が悲しいところです。

因みに、上級車格のマジェスタを見て、例えば欧州A様軍団でやっている『RSや上級グレード車の室内パーツをAグレード車に流用する』っていうのをマネしようと思ったら、・・・
マジェから流用出来る高級パーツって、ほぼ無いでつ(T_T)オンナジナンダモン

が、同車格クラスと比較した時の圧倒的な静寂さと、静止状態からアクセルを踏み込んだ(と言うより、足の指先で押す程度)際に、1.8t という車重のストレスを全く感じずに『ス~っ!』と走り出すあの感覚。

我々世代、Super City 自身も含めて旧来の走り屋のオサーン連合にはいまだ懐疑的な思いや反発の対象である電気自動車の要素の部分。峠やサーキットを『カーン!』って走る世界とは対極に有るハイブリッドワールドって感じですが、これはこれで、『良いんで無いかい?(0 0)』・・・って、思い初めています。



・・・と言う事で、クラハイ君はその圧倒的な室内の静寂さを、何とか維持したいんでつ。

これで、これから暫くはじっくりこのストロングハイブリッド車と付き合って行けそうでつ♪

以上、完結編で御座いました!(^ ^)/~~
Posted at 2012/04/29 18:40:01 | コメント(5) | トラックバック(0) | 保証修理/交換 | クルマ
2012年04月28日 イイね!

クラハイ君 vs RS 2.5L プレミアムエディション②/②

クラハイ君 vs RS 2.5L プレミアムエディション②/②は~い、それでは前篇に引き続きまして、ロイヤルサルーン 2.5L プレミアムエディション vs うちのクラハイ君 っていう比較フォトレヴューの後篇、逝ってしまいまつ!

前篇では、あのハイソカー全盛時代のクルマたちとの内装比較もやってしまったので、ちょっとこちらの2車のネガな部分をクローズアップする事になってしまいまちたm(_ _)m



気を取り直して、クルマ比較『勝手にフォトレヴュー』、逝ってみたいと思います♪

(0 0)
ロイヤルサルーン 2.5L プレミアムエディション

ステアリングセンターには、200クラウンMC後期から採用された、アルミパネル加飾が(^ ^;

(0 0)
クラハイ君のほうは、MC前モデルなのでこんなのでつ♪
(0 0)
ロイヤルサルーン 2.5L プレミアムエディション
(0 0)
クラハイ君
(0 0)
ロイヤルサルーン 2.5L プレミアムエディション
(0 0)
クラハイ君
(0 0)
ロイヤルサルーン 2.5L プレミアムエディション
(0 0)
クラハイ君

(0 0)
ロイヤルサルーン 2.5L プレミアムエディション の、ダッシュボード前面木目調加飾パネル
(茶木目-特別設定フレンチポプラ調)




(0 0)
クラハイ君の、ダッシュボード前面幾何学調加飾パネル




(0 0)
ロイヤルサルーン 2.5L プレミアムエディション の、AV機器カバーリッド木目調加飾パネル
(茶木目-特別設定フレンチポプラ調)
(0 0)
クラハイ君の、AV機器カバーリッド幾何学調加飾パネル
(0 0)
ロイヤルサルーン 2.5L プレミアムエディション の、シフトゲート周り加飾アルミパネル
(0 0)
シフトゲート周り加飾アルミパネル近影
(0 0)
クラハイ君の、シフトゲート周りパネル
(0 0)
シフトゲート周りパネル近影

(0 0)
ロイヤルサルーン 2.5L プレミアムエディション のドアアームレスト-ウィンドウスイッチ周り加飾パネル
(0 0)
クラハイ君の、ドアアームレスト-ウィンドウスイッチ周りパネル
(0 0)
ロイヤルサルーン 2.5L プレミアムエディション のドアアームレスト-ウィンドウスイッチ周り加飾パネル近撮
(0 0)
クラハイ君の、ドアアームレスト-ウィンドウスイッチ周りパネル近撮
(0 0)
クラハイ君の、フットレバー周り
(0 0)
クラハイ君の、フットレバー周り
(0 0)
クラハイ君の、フットレバー周り
(0 0)
ロイヤルサルーン 2.5L プレミアムエディション のフットレバー周り。あらら・・・?(0 0;

ステアリングシャフト部分が、剥き出しだ(@ @;




これは・・・?
クラハイ君と同じく、電動パワーステアリングなんですが・・・

因みに、クラハイ君は、こんな感じでつ↓



こういう感じに、黄色いコーションシールが貼った部材が、黒い樹脂カバーで覆われているんです。



ああ、そっか、VGRSが装備されているかいないかって言う部分かにゃ?(0 0;



あと、最後にリヤトランク周り、逝ってみたいと思います!
こちらは、HVかそうじゃないかで随分事情が違っていまつ(@ @;

(0 0)
ロイヤルサルーン 2.5L プレミアムエディション の、リヤトランクルーム全景。

おおお・・・これは、広いにゃああ(@ @;
(0 0)
ロイヤルサルーン 2.5L プレミアムエディション の、リヤトランクルーム内部
(0 0)
クラハイ君の、リヤトランクルーム全景。

縦にバサっと、衝立てが(T_T)
(0 0)
クラハイ君の、リヤトランクルーム内部。

この衝立ての内側に、例の巨大なニッケル水素二次バッテリーが、DCコンバータ、及び両者の冷却用空冷システムと一緒に納まっている関係で、クラアスに設定されてるTOM’Sリヤアッパータワーバーが取付けられにゃい(><;
(0 0)
クラハイ君の、リヤトランクルーム内部
(0 0)
クラハイ君の、リヤトランクルーム内部
(0 0)
クラハイ君の、リヤトランクルーム内部

フロアカーペット/床敷ボードを持ち上げると、このような樹脂パネルが現れます。車載工具と、パネル下にはエマージェンシータイヤが納まっています。
(0 0)
クラハイ君の、リヤトランクルーム内部、衝立ての奥に納まっているHVシステム用ニッケル水素二次バッテリー、コンバータ、冷却用空冷システム。




以上、くだらないブログにお付き合い戴き、有難う御座いまちた!m(_ _)m
Posted at 2012/04/28 08:35:51 | コメント(6) | トラックバック(0) | クルマ比較 | クルマ
2012年04月27日 イイね!

クラハイ君 vs RS 2.5L プレミアムエディション①/②

クラハイ君 vs RS 2.5L プレミアムエディション①/②先日、マイDらーさんとこでクラハイ君の整備をして戴いている最中に、ショールームに鎮座してたこのクルマを激写しておりました・・・

折角なので、我が家のクラハイ君と写真比較シリーズをやってみたくなり・・・



どこがどう違うのか、それぞれ同じ様な画像を並べて掲載してみますた(^ ^;



ではでは、さっそく逝ってみましょう・・・

(0 0)
ショールームに居たモデルは、特別仕様だと言うこの、ロイヤルサルーン 2.5L プレミアムエディションでつ。

販売価格は415諭吉・・・
(0 0)
我が家のクラハイ君と、ロイヤルサルーン 2.5L プレミアムエディション 、外見上の違いは勿論、Fバンパースポイラー周り、ブルークリヤレンズ、そして、フロントグリル。フロントグリルだけで、随分印象が変わるのですね。
(0 0)
ロイヤルサルーン 2.5L プレミアムエディション のリヤ周り。
(0 0)
クラハイ君の、リヤ周り。
ファブリック内装のスタンダードパッケージなので、スポイラー類が無いのは同じ。納車後日換装したアスリートのサイドステップと、アルミホイール、クリヤテールレンズが異なります。
(0 0)
ロイヤルサルーン 2.5L プレミアムエディション のFシート。

カタログを見ますと、上級ファブリック(抗ダニアレルゲン加工&静電気帯電防止機能付)となってまつ(^ ^;




(0 0)
クラハイ君の、Fシート。





こちらは、ロイヤルサルーン 2.5L プレミアムエディション のFシート



(0 0)
ロイヤルサルーン 2.5L プレミアムエディション のFシート、腰サポート部分。




こちらは、クラハイ君のFシート背もたれ部分



(0 0)
クラハイ君の、ショルダーサポート/ヘッドレスト部分。
(0 0)
ロイヤルサルーン 2.5L プレミアムエディション のリヤシート。

これ、座って見て、手で触ってみての感触は結構柔らかくて良い感じでしたよ。ただ、リヤシートリクライニングは無し。またオーディオ、電動式リヤサンシェードの後席操作スイッチもにゃい(T_T)
(0 0)
クラハイ君の、リヤシート。
(0 0)
ロイヤルサルーン 2.5L プレミアムエディション。

Fシートバック越しに、ダッシュボードを覗く。
(0 0)
クラハイ君も、同じ様なアングルで・・・(^ ^;
(0 0)
クラハイ君の、リヤシート。Fシート越しに覗く。
(0 0)
クラハイ君の、リヤシート全景。
(0 0)
クラハイ君、足元も頭上も広いでつ(0v0)/




(0 0)
ロイヤルサルーン 2.5L プレミアムエディション。
↑クラハイ君と同じアングルで撮ってみまちた♪
・・・ううむ。まだまだ、これでは内装におカネを使う事を惜しまなかった、あのバブル期のシート表皮に、とても辿り着く事は敵いません。
え、そんな時代のシート表皮は知らない、ですって?。。。
ではでは、少々その頃のセダン車両を比較してみましょう♪
(0 0)
これ、ちょっと色合いが Super City のクルマとは違いますが、9代目クラウンロイヤルサルーンGと同時にデリバリーされたマジェスタの内装です・・・

この時代のシート、ロイヤルもマジェスタも包み込まれ感が良かったでつ。リヤシートのクッションも、現行クラウンよりこちらのほうが柔らかくて。
(0 0)
これは、比較的新しい2009年モデルのクラウンマジェスタ、本皮革張りシート仕様の内装です。

これはこれで、高級感が有りますが・・・
(0 0)
Super City 家では、やっぱりこちらのほうが好評なのでつ。
(0 0)
クラウンマジェスタにはいくつかのグレードが有って、年代ごと微妙に仕様も異なりますが、これもなかなか良いでつ。
(0 0)
リヤシートの、柔らかそうな感じが解りますか?
(0 0)
こちらも、クラウンマジェスタでつ♪
(0 0)
手触りなんか、画像で想像するよりとってもソフトなんですよ。

クラウンマジェスタは買わなかったけど、ロイヤルサルーンもこれも、この時代のクルマは内装が現行より全然良かったなあ・・・
(0 0)
これは、バブル当時のハイソカーの代名詞、クレスタの内装でつ。ちょっと年代の疲れと汚れが目立ちますが、本皮革とのツートーンで手が混んでいまつ。
(0 0)
これも新車当時は、素晴らしく映ったでしょう。
柔らかそうでしょ?(0 0)

この時代を知って居るオサーン世代は、現行クラウンのシートを見てどうしてもこれらと比較してしまうんですよね・・・
(0 0)
マークII グランデのシート。

これぞ、ハイソカー!と言いたくなる豪華さ。
これで、メーカー純正なんですからね。・・・現行車に、ここまでのレベルは求めませんけれども・・・
(0 0)
トヨタ車ばかりをご紹介してきたので、ここで日産も♪

こちらは、日産 CIMA 41LV。当時、シーマ現象って流行りましたよねえ♪
(0 0)
これも、いかにも柔らかそうです。
(0 0)
リヤシートなんか、どうですか。

ずうっと座っていたいって思えるようでしょ?
(0 0)
最後に、セルシオ逝ってしまいます♪
(0 0)
これはもう・・・

ここまでとは言いませんけれど、コスト厳しいのも解りますけど、現行モデルももう少しシートの品質を上げて欲しいでつ!

さて、②編に引き続き逝きたいと思います!
(0v0)/

Posted at 2012/04/27 22:55:26 | コメント(7) | トラックバック(0) | クルマ比較 | クルマ
2012年04月26日 イイね!

N700系新幹線で、大阪出張なの(^ ^;

N700系新幹線で、大阪出張なの(^ ^;今週は、月曜日の午後から大阪~神戸と2泊3日で出張して参りまちた♪

Super City は携帯電話での『みんカラ』アクセス方法が解らにゃい(T_T)
なので、コメント頂戴した方々には大変、返信が遅くなりまして失礼いたしましたm(_ _)m



まあ、それにしましても新幹線、前回アップから1年ぶりで御座います。
むしろ飛行機のほうが散々乗って来たにゃあ・・・

近い様でも、なかなか乗る機会が無い新幹線、実はSuper City は鉄っちゃんでも乗り鉄君でも御座いませんが、あの美しいボディ造形は大好きなので御座います♪




クルマでも、飛行機でも、なかなか↑この様なカタチのものは有りませんね!

と言う事で、さっそく新幹線版『勝手にフォトレビュー』逝きます!

(^ ^)
月曜日の午後、東京駅で新幹線ホームに
(^ ^)
Super City は、美しい機械ものは大好き。特に、多くのトンネルを通過する日本の新幹線ならではの、フロントデザインの機能美♪




(^ ^)
このコックピットの外形は、航空会社のB767、B777と比べても更に流麗かつ近代的でつ!
(^ ^)
Super City が予約した席は勿論、喫煙ルームの有る15両目で御座いましたから、こちらは最後尾の16両目なので御座いまつ。

然し、この尾灯の色合いと言い、輝き方と言い・・・

欧州A様を凌駕しておりませんか?(0 0;
(^ ^)
最後尾車両のお顔周りを、アップで御座います
(^ ^)
禁煙マーク付いてますが、煙草吸えるんでつ♪




ちょっと、この角度からのショット、ご覧ください・・・

なんて美しい曲面の連なりなのでしょう・・・(0 0;



もう、乗り鉄君や鉄っちゃんでなくったって、いっぱい萌えさせて頂きまつ!

(^ ^)
・・・このあたりから見ると、独特な流体デザインの美しさ妖艶さを実感できまつ♪




F1カーでも、イタリアの雄、F社の跳ね馬君だって、この美しさには注目するでしょう・・・



これを、この造形を純国産だと言ってのける某大陸の厚顔無恥さには、失笑を禁じ得ません(><;

8
さあて、いよいよ乗り込み開始でつ!(><;

(^ ^)
はい、皆さん、宜しいですか!

旅の友第一位は何と言っても、喫煙ルームでつ♪

ノート、取りましたか?もう一回言いますよ!
ここ、大事でつ。次の試験範囲ですからね~、しっかり覚えてくださいね!
いまは、街中でもおいそれと喫煙出来ません。




新幹線の事前予約と言えば、ここの近くを取る事でつからね!

(^ ^)
・・・ガンガン走って、程なく名古屋を通過
(^ ^)
ここのターミナルは、新横浜駅周辺よりも近代的で御座いますよ♪

また、良いお天気で!(^ ^;

わたしゃ、雨男では絶対御座いません!
(^ ^)
はい、いきなり2泊3日の出張が終わって(@ @;

この画像は既に帰りのシーンでつ
(^ ^)
お土産と言えばもう、これをおいて他には御座いませんでしょう!

『赤福』!(@v@)/
(^ ^)
帰りの列車が、もうすぐ入場して参ります♪
(^ ^)
さあ、お愉しみはこれから♪

新幹線の中で食べる、駅弁で御座います
(^ ^)
今宵は、とんかつ弁当逝っちゃいました♪




・・・また、これが良いんでつよ・・・



見ました?見ました?



おおお!う、うっまそおおお!(@v@;


・・・さて、ひと眠りするともう、すぐ新横浜駅に到着致しました!



さよなら~!

・・・って、この動いてる列車を至近距離で鮮明に撮影する事の、何と難しい事でしょう・・・



・・・以上、絶対に仕事して無い出張編、終わり!(><;
Posted at 2012/04/26 12:56:22 | コメント(9) | トラックバック(0) | 勝手にフォトレビュー | 旅行/地域
2012年04月23日 イイね!

遂に14代CROWNの新顔、中国発のコレとなるのか?

遂に14代CROWNの新顔、中国発のコレとなるのか?もう、結構ショックでつ・・・(><;

先日、Webでこのような記事を見まちた・・・
      ↓
【北京モーターショー12】
トヨタ クラウン 中国仕様、大胆に変身か 2012年4月21日




※記事内容は、↓関連情報URLからご覧ください

1
こちらは以前、某クルマ雑誌で拝見しましたが・・・




↑14代目CROWNの特徴は、このモノグリルだと言う、内容でちたね・・・

2
今回は、北京発のこのショット・・・

合成っぽいですけど(T_T)・・・でも、向こうで売ってる現行『皇冠』(日本名;マジェスタ)のボディラインですもんね。

現地語のWeb URLは、↓こちらをご覧ください・・・
http://www.autohome.com.cn/news/201203/314792.html
3
画像を拡大すると、こんな感じです。

・・・モノグリル??(@ @;あうでぃのパク?

新型カムリ、ってか?(0 0;




4
・・・ふううむ。

このデザインの流れで、年末に出ると想定される日本国内第14代CROWNの新顔も決まりなのでしょうか?(0 0;・・・

Posted at 2012/04/23 11:57:08 | コメント(11) | トラックバック(0) | 勝手にフォトレビュー | クルマ

プロフィール

「しゅう8927さん、あざーす!(^^)/
Dらーさん受け入れOKとのことですので、逝けそうでつ…(;^_^A」
何シテル?   11/23 20:51
2010年3月、クラウンハイブリッドを納車。ブログは「みんカラ」が初めてです。 30歳頃迄、二輪で箱根峠とFISCOに出没。今は街中で安全運転。 【過去車歴...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

H25年3月10日(日)・ミッション修理・車検完了♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/14 15:18:02
足がつり。。。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/17 16:58:26
エジンバラはこんな街です 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/12 19:53:45

ファン

72 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ クラウンハイブリッド Super City 号 (トヨタ クラウンハイブリッド)
14年間乗ってきた9代目クラウンロイヤルサルーン3.0Gを手放し、AUDI A4 2.0 ...
トヨタ クラウンロイヤル トヨタ クラウンロイヤル
1995年購入、9代目クラウン3.0ロイヤルサルーンG。同年FMCによりモノコックボディ ...
ホンダ NSX ホンダ NSX
1990年式ホンダNSX、1992年新車購入。SPOONSPORTSの実測270Km/h ...
トヨタ スープラ トヨタ スープラ
NSXの前に乗っていた2代目トヨタスープラ2.0GTツインターボエアロトップ標準ボディ。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.