• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Super Cityの"Super City 号" [トヨタ クラウンハイブリッド]

国産ストロングハイブリッドにも、注目して欲しいです

投稿日 : 2011年02月25日
1
『クラウンハイブリッドなんて、エコって言う割には燃費がそうでも無いじゃん』・・・という意見も多いのであります。でも、とにかく、この実力を見てくださいm(_ _)m
2
外形こそ、どすこい国産公用車ですけど。
因みにこの2010年2月MC以前の仕様は、ヤンキーぽいエアロデザインなので駄目出しされましたけど(T_T)/
3
LEXUS GS450h という、国産ハイブリッドカーでは屈指の加速力(0-100km/h 5.6秒、120-180km/h 6.5秒、BMW-M3と同一タイム)を誇るパワートレインを、そのまま移植して、スムーズさと車内静寂性を更に高めたクラウンハイブリッド。ファイナルは欧州版 GS450h と同じなので、0-100km/h 6.2秒・・・
4
ストロングハイブリッドは、昨今の国内モデル将来動向を聞くに、ダウンサイジングの波にさらわれて消えて逝きそうな予感(T_T)

フルサイズ4ドア-3BOXセダンクラスにしか導入されておらず、国産ハイパフォーマンスクーペはみんな純粋なガソリンエンジンモデルなのも、何か打止めの様相を呈す一因かも。ガソリンエンジン礼賛の人、多いですもんね。
5
TOYOTA THS-II 2段変速式リダクションハイブリッドシステムを、解り易く絵にしたものです。クラッチは無く、現実的な常時EV走行可能な速度は概ね70km/h前後まで。

一方、FUGA HYBRID や、欧州メーカーの2クラッチパラレル式ハイブリッド機構はガソリンエンジンとモーターを切り離して高速EV走行が出来るシステムです。常時EV走行は100km/hを上回るそうですね。
6
現時点での国産ストロングハイブリッドが搭載するガソリンエンジンは、LEXUS LS600h/h-L のV8、LEXUS GS450h/CROWN HYBRID のV6-3.5L、そして FUGA HYBRID のV6-3.5L だけです。

これらも、来年/再来年には無くなってしまう組み合わせかも知れません。
7
TOYOTA THS-II 2段変速式リダクションハイブリッドシステムのカットモデル。147kw/200ps/13,000rpm、275nm/28kgf-m という強力なモーターを搭載。

左から発電機、動力分割機構、モーター、2段変速式リダクションギア。
左右のギアにはプラネタリーギアを用いスムーズ且つリアルタイムな動力伝達を行います。アクセルを踏めば、息をつかずガーっと加速。
8
こちらは LEXUS GS450h のスケルトンディスプレイ画像です。後部シートの背中部分に大きなニッケル水素二次バッテリーを搭載。CROWN HYBRID も同じです。

因みに FUGA HYBRID が100km/h 以上での高速EV走行と19km/Lという燃費性能を実現したのには、ここに更に強力なリチウムイオンバッテリーが搭載された事が大きいです。

イイね!0件




関連リンク

この記事へのコメント

2011/03/01 22:42:07
こんばんは。

いつまでたっても、ストロングハイブリッドについて認知度は低く、ハイブリッド=大人しい低燃費車 という認識が大勢のようです。

加速動画やデータに対する反応が、大方「ハイブリッドなのに速すぎる!」という事からもよくわかります。

しかしそれは至極当然な事で、カー雑誌やカーサイトの記事に興味を持ったり、ディーラーでカタログを貰ったり、あるいは実際に乗って初めて「ストロングハイブリッド」を識るですから、我々のような車好きの感覚を一般の人に当てはめる事が間違いなのかもしれませんね。

大方の後続ドライバーは、CROWN HYBRIDというエンブレムを見て、「お、エコなハイブリッドのクラウンだ」とだけ思っているんでしょうね。しかしその実態は、目も眩む速さを秘めたまさしくステルスセダンなのです。
コメントへの返答
2011/03/02 00:27:58
呑人さん、こんばんは!お久し振りです。コメント有難う御座いますd(*^ ^)b
『みんカラ』を拝見してて、国内外の大排気量車の他サブカーを保有する程の方々でも、ハイブリッドに食指を伸ばす気にはなかなかならない様ですね(T_T)

クラハイそのものは『LEXUS GS450h の動力性能と、更に進化した静寂さを両立した、後席重視の公用セダン』と表現して良いのではないかと思います。つまり、一般ユーザーがクルマ選びをする時、かなり解り難いパッケージに感じられます。やっぱりメーカーの売り方が、沢山買ってくれる企業向けである事が、根本原因では?
その方針はMC後モデルにより顕著で、スタイルは大人しくなり、足回りも柔らかさを増し、モータージャーナリストも興味を失くした感が記事に染み出てます。こうした走り好きのプロに訴えるには、販売不振の LEXUS GS450h と同様、車体重量の重さを何とかしない限り難しいかも。
もしこのドライブトレインを、より軽く低いボディに搭載して売りに掛けたら面白いと思うんですけど・・・
Sport-mode のクラハイは、全く違うエンジンに換装したかの様にブースト効いて、びっくりしました(@ @;)

注目のオークション

 

おすすめアイテム

 

プロフィール

「200系クラウンハイブリッドでの、TEIN Endura Pro PLUS試走記 http://cvw.jp/b/712941/40865444/
何シテル?   12/18 17:26
2010年3月、クラウンハイブリッドを納車。ブログは「みんカラ」が初めてです。 30歳頃迄、二輪で箱根峠とFISCOに出没。今は街中で安全運転。 【過去車歴...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

H25年3月10日(日)・ミッション修理・車検完了♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/14 15:18:02
足がつり。。。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/17 16:58:26
エジンバラはこんな街です 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/12 19:53:45

ファン

73 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ クラウンハイブリッド Super City 号 (トヨタ クラウンハイブリッド)
14年間乗ってきた9代目クラウンロイヤルサルーン3.0Gを手放し、AUDI A4 2.0 ...
トヨタ クラウンロイヤル トヨタ クラウンロイヤル
1995年購入、9代目クラウン3.0ロイヤルサルーンG。同年FMCによりモノコックボディ ...
ホンダ NSX ホンダ NSX
1990年式ホンダNSX、1992年新車購入。SPOONSPORTSの実測270Km/h ...
トヨタ スープラ トヨタ スープラ
NSXの前に乗っていた2代目トヨタスープラ2.0GTツインターボエアロトップ標準ボディ。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.