• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Dell@一二四朗のブログ一覧

2013年08月23日 イイね!

秋はミニ四駆がアツイ

秋はミニ四駆がアツイいやーなんか夏休みも終わりなんですねー
8月頭はずーっと学校行ってて、なんか気がついたらお盆で、もう下旬

まっ、我々大学生、大学院生というのはあと一ヶ月も休みがあるんですけどね!!

さて、そんな中、ミニ四駆界隈ではタミヤの斜め上にぱねぇ新製品ラッシュに、ミニ四駆スレも店舗でもどこでも、レーサー同士がなんだなんだとざわついております。

まずはMAシャーシのニューフェイス、ヒートエッジ
なかなか好みです。どうせ、色もなんも全部ぬりかえるので気にしません
写真を見ていただきますと、どことなくトヨタTS030がモデルかな?って感じです。
MAシャーシのローンチモデルがブラストアローで、あれがアウディR18っぽいなとは思っていましたが
やはりというか、全体的にコックピットからノーズへかけての絞りがTS030っぽい
これは、来年のポルシェがLMP1復帰に合わせて、ポルシェっぽいミニ四駆くるで!!!

そしてもう一方がシャドウシャークなるARシャーシのニューモデル
こちらはフォーミュラーテイストらしく、エアロアバンテよりもフォーミュラーしている様子
形成色とカッコがどつぼなら、ベンソン&ヘッジスカラーのジョーダンホンダ風なんていいかも・・・
それか、フレンチブルーも余ってるし、リズラスズキカラーもいいかなー

そして斜め上の張本人
トラッキンミニ四駆シリーズから
ジョリージョーカーとサニーシャトルがプレミアム化!!!
なんだこれ!しかもARシャーシときたもんだ!!
どうやら、ワイルドやトラッキンのボディをARに積むための専用アタッチメントが出るらしく
それに合わせての登場だとか、くぅー!

こりゃージョリージョーカーでホーネット号AT車 赤青と
サニーシャトルでホーネット号MT車 赤黄で
ドゥエイトオオオオナアアアアア!!
デイトナー!レッツゴーアウェイっ!!するしかねぇ!!!

そしてさらに混沌を極めた謎のスーパーニューフェイス

日産Be-1!!

ここでまさかの実車ミニ四駆!!
なんだこいつは!!しかもしかもType-3シャーシ



ドユコトー

目玉ぽーん

ゴシゴシ

!?

もうこれ、9月にでるエアロハイマウントウィング使って、パイクスピーク仕様にしなさいっていうお告げですか?

加工して、S2にのせてぇ!

取り敢えず、コミカルミニ四駆なのかレーサーミニ四駆なのか、立ち位置どこなんすかこれ

Be-1がある程度売れれば、こういう種類の丸っこい実車が続々ミニ四駆化したら嬉しいですねー

コナミが稼働させている
GTIclub スーパーミニフェスタみたいな顔ぶれが揃うといいなぁ!

ルノー シュペールサンク
プジョー 205GTi
シトロエン BX
マトラシムカ バゲーラ
ミニマーコスGT
ミニクーパー1275S
アストンマーチン シグネット
フォード カプリ
アウトビアンキ A112アバルト
フィアット500
ランチア フルビア 1.6HF
メルセデスベンツ Aクラス W168
BMW 2002 ターボ
VW ゴルフ1 GTi
スズキ スイフトスポーツ
ホンダ シビック
トヨタ スポーツ800
スバル 360ヤングSS
日野 コンテッサ1300クーペ
マツダ カペラロータリークーペ
三菱 コルトラリーアート

こんな面々なら、丸っこい感じにデフォルメしても似合いそうですし
イイと思うんですけどだめですか!タミヤさん!
アヴェンタドールとかGT-Rじゃやっぱこの手の丸っこい感じは様にならないし、こういうときのフランス車のラインナップはめちゃくちゃ強い
デフォルメしても確実にキャラが立つ
ルノー キャトルとかシトロエン2CVとかもいけいけですやん

コンデレなんかにきっと新風を吹き込む日産Be-1楽しみですね
ルノー キャトルとルノー サンクも欲しいなチラチラッ
左右でホイールベースが違うのも再現したいなチラチラッ


で、最後はあのダイナホークGXがブラックスペシャルとなって復活!!
ダイナホークきたー!!!
黒形成かー・・・またウォルターウルフカラーにしようかな!今度はちゃんとダークネイビーで染める!!!

くそ、秋は新製品ラッシュが尋常じゃねェ!!

Posted at 2013/08/23 01:01:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | おもちゃ | 趣味
2013年08月19日 イイね!

バイクの日

バイクの日8月19日はバイクの日だと、日付が変わってからあっ!と気がついた私

相変わらず、バイクが買えそうで買えない日々が続いています。
中古車屋にいくものの、とくに目ぼしい個体も無く

16号沿いの赤男爵で、87年式のGSX-R250を発見!
むむっ!と近寄り、さらっと跨りポジション確認
いいなーなんて思ってると、店員さんきてセールス開始

ふんふん、って跨りながらセールス受けて
タコが20,000r.p.mまで刻んであるのに感動
やっぱ、下すかすかでもこの20,000の数字はいい!って思って、なんか見積もりだしてもらって
ローンと保険料でいろいろなんやかんので
月2万円ほどで乗れますー的な話に

くー!乗れる!乗れるけど、事故以来
バイクの話をすると、母が有無を言わせぬ猛反対

原チャリよりも、むしろ回避行動の面では良くなると思うのに、どんなに理論で堀を埋めても理不尽な反対をされる始末、とほほ・・・
むかし、ゼッツーとか乗ってた親父も、バイクはあまり味方してくれず・・・
車好きだろ!車先にしーや!っていうけどパパン、車なんて高すぎて手がでないっての

だから、車よりも低コストで運用できる250cc探してるんだってのよ

307ccとかC6が空から降ってくればいいけどさ
そんなわけないもん

GSX-R250も、店を見積もりだけで出たあと、バイク乗り先輩がピシャリと

あれ、状態悪いヨ

えーでも、87年式だし・・・

好きで買うならいいけど、俺なら買わないかナ

うぐ・・・!

俺よりバイクに断然詳しい先輩の言葉は、俺を冷静にするのに十分だったのでございます。
87年式といえば、FC3SやST165と同い年、そう考えると70年代の名残りを引く世代、各所は古い中でも古く
メカニカルな面では、後発のGSX-R250RやZXR250とは雲泥の差となるモデル

89年のZXR250と90年のCBR250RRらへんから、マルチクォータークラスでもそれ以前とこれ以降で、まったく佇まいが別物な気がするんですよ。

まるでR32が出たときみたいに

R32も古いので20年落ちオーバーの選手ですが
今見ても、古い感じしなくって
古いは古いんだけど、R31と比べるともォー別物

孫にあたるR34と並んでも遜色ない感じするし
やっとR35が出てきて、R32も年食ったなーって感じ

そんなに変わらないって言えばそうも言えるんですが
自分が納得するって大切だなっていつも思うんです。
湾岸ミッドナイトのちょー大好きなセリフの一つに

城島光一というキャラクターが言った
「自分がソレを正しいコトとソレをセレクトするかはまた別だろ」

この言葉どかーんと来ましたね
世の中では、それが正しいとされていることでも
自分が納得できなきゃ選んでも辛いだけよって
コトなんですねコレが

佇まいって、納得させるにはどーしても必要なものだと思うんですよ

中身はオイル滲んでたりとか、カウルに傷があっても
なんか佇まいいいなーって、奴あるじゃないですか

そーいうのがZXR250やCBR250RRにも同じことが言えて
GSX-R250の派生となるアクロスは89年の登場だったかな
そのアクロスはGSX-R250からの派生なのに、あんまし古く見えないんですよね
GSX-R250Rと同じ時期ってのがそう見せているのか

アクロスもいいなーなんて思いますよね
フロントブレーキがシングルってのが好みじゃないんですけど
シングルはシングルでバネした重量が軽いってのもありますし、悪くないんですが
ダブルディスクのがっしり感は無いですよね

アクロスも400ccがあればいいのに、って思ったら
実質の兄貴っぽいポジションにRF400が居ましたね。

RF400もイイですよね、相変わらず
結局ZZR-400とかの辺りに戻ってくるのか・・・俺ってやつは・・・

ZZR-400もいいけど、ZXR400とかもいいなーなんて思う夏休み前半の終わり

学生なもんでまだあと一ヶ月ありますますおさん。

ZXR250とZXR400のあのカラーリングといい
佇まいといい、中身といい、あの明らかにあんまり意味なさそうなフレッシュエア導入ホースといい
好みど直球・・・買うならやっぱりZXR250でって思いもあるけれど
いい出物があればアクロスでもGB400TTでもええでーなんて思うんですけどね

ザンザスとかバンディットもいいなーあー

秋が来ちゃうよー、もー

あーやばー!

Posted at 2013/08/20 00:59:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2013年08月06日 イイね!

鉛筆の呪い

この記事は、鉛筆の芯。について書いています。

こんちは、久々です。

ステキングなブログを見つけたのでトラックバック

鉛筆の芯といえば、学生時代を思い出す存在

えんぴつや 香るおもひで まなびやの

なんて句が浮かぶくらい、身近でしたね
かく言う私も鉛筆の芯の一つや二つ、刺さった経験がありますが、どこに刺さったかすらも忘れました。

鉛筆の主成分は、その字に反して炭素です。
これは、理科の授業でも習うので、多くの方がご存知かと思います。
ただ、そんなことを書いても、みんなしっとるわい!
って話ですよね
(ただし、鉛筆の芯はグラファイトだけではなく、粘土なんかも混ぜてあり、そのレシピは鉛筆会社ごとに異なるとか)

そもそも、なんで鉛なんて字が入ってるのか
どうもこれは、昔、カーボングラファイト
炭素のある形態が鉛の仲間と思われていたことの名残りらしいです。
けっこーありますよね、そーいうの
750ccのコトをナナハンと愛称で呼んでた時代の名残りからか
このナナハンは何cc?と訪ねてくるナンシーさんがいるそうです。ナナハン=大型なんでしょうね。

鉛筆の主成分、カーボングラファイト は炭素分子が
六角板状結晶といって、平面にハニカム構造を形成します。
このとき、炭素の分子間は共有結合という、互いの手を取り合い

うちらズッ友だょ!

って繋がっているので、とても強固です。
しかし、縦方向へは、ファンデルワールス結合という
たまたま、電車で乗り合わせた様な他人と
偶然そばにいただけ、みたいな状態で
偶然目的地が一緒だったわー程度なのです。

なので平面には、共有結合でもォーそれはそれはサベルト6点固定ハーネスみたいなもんなのに
縦に向かっては、シートに座っただけ
故に鉛筆の芯というのは、平面ごとバリバリっと離れてへき開をおこしていくため
紙に残り、鉛筆で文字が書けるという訳です!

ここで、化学に興味のある人は炭素といやーダイヤモンドもあったよね?と思うかと思います。
確かにダイヤモンドも同じ炭素ですが、先ほどでてきた、ズッ友か他人かの違いが大きく関係します。

ダイヤモンドは、地球内部の高温高圧の状況下で生成されるもので、グラファイトとくらべ、発生状況が限られます。
そして、ダイヤモンドは、先程のズッ友状態を四方に足すら投げ出して結束しているのでスーパーなまでに硬いわけなんです。

同じ炭素でも、ずいぶんと変わってて、化学ってーのは面白いです。
鉛筆の芯が刺さった経験というのは、結構あるみたいで、私が所属する研究室でも、12人中6人は経験があり、2人、刺さったままという人間が居ました。

けっこー居ますね、芯保持者

でも、異物であることに変わりはないので
やはり、摘出した方が良いみたいですが
しなくても、経験的に問題もないとの意見も

トラックバック先のブログ様でも
炎症はごく僅かながらに起こしてるので
異物感を感じ、痛みや刺激を覚えたら
と、あるので

その時がくれば医者に行けばいい、程度ですかねー
私は多分、そうなったらデザインナイフでほじほじしたくなりそう。

タイトルの鉛筆の呪いなんてのはありませんので
特に意味も無いです。


おわり

Posted at 2013/08/06 12:33:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記

プロフィール

「俺的イケてる世界の自動車TOP100 2017年版 http://cvw.jp/b/715559/40770973/
何シテル?   11/26 20:24
Dell@一二四朗ともーします。 V7iiストーンでドコドコと走ってます あっちにドコドコ,そっちにドコドコ 気ままにゆったり適当がマイルール ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/8 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

日本ブログ村【モトグッツィ】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/05 22:37:13
 
Due Cornetti 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2010/03/17 01:09:02
 

お友達

メルセデスオーナーの方(ガシガシ申請してくださいな!)
イタフラ車好き・オーナーの方
ライダーな方
(特にホンダやモトグッツィのオーナーの方はぜひぜひ!)
WRC好きな方
ミニ四駆やってるぜ!って方
我はエンスージアストだ!という方
お友達になってくださいまし
17 人のお友達がいます
金子浩久金子浩久 * ユキスイ@BPgr&amp;155ユキスイ@BPgr&155
ICRT OvertakersICRT Overtakers BP51BP51
Kommi - えすじーKommi - えすじー マシタカ号マシタカ号

ファン

9 人のファンがいます

愛車一覧

モトグッツィ V7iiストーン モトグッツィ V7iiストーン
2016年3月29日納車 ずっと恋い焦がれてたV7iiを我が手に
メルセデス・ベンツ Eクラス セダン メルセデス・ベンツ Eクラス セダン
キター! さ、これから何をしていこうか 溢れるトルクに日々惚れ惚れ、現在11万キロ、な ...
ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン) ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン)
勢いで決断し,京都から引っ張ってきました. 初めて乗った日は,ヘルメットの中で顔がニヤニ ...
その他 その他 その他 その他
まさかのおもちゃを登録(笑) 懐かしさを覚えたら、私と同世代! 現在のラインナップ ・ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.