• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Dell@一二四朗のブログ一覧

2016年09月25日 イイね!

三脚デビューナイツ

前回のエントリーからすっかり2週間も空いちゃいました.

何って,ジールパイセンの現場を手伝いに毎朝6時に家を出て岩国へ
近いっちゃ近いんですけど,一日12時間も外出てたら
帰ってきてバイク乗る気力が・・・・

更に輪をかけて,先週はせっかくの日曜日が

っざけんなンナロー!!!

V7iiは雨には極力曝さないのが自分ルール.
8月末の秋吉台では雨の中を走る羽目になって以来
そこからは雨に曝していません.

雨って思ってる以上に,地面にくっついてからもくっつくまえからも
クルマ・バイクにつくとまぁきたねぇきたねぇ

それが絶対嫌です.

あと,V7iiないしはV7オーナーは解ると思うのですが


マフラーがすっご勢いで汚れるよね,雨の中って


無理っ




磨くのは嫌じゃないけど,汚れるのは嫌.

ワガママを突き通す.それが俺様STYLE.
(さぁ,ツッコミが来るかな!来るかな!カマンッ)



流石に今週は日曜日も晴れっぽいってことで
仕事の終わった土曜日には,三脚もって夜景リベンジ!!



広島港周辺まで出向いて,道路以外ではエンジン切っての引き回しで
V7iiを被写体に写真を撮って区訳なんですけど

夜遅いから,人も少なかろうって思ってたら

結構往来があって,三脚かまえて,シンプソンのM30被ったヤローが
カシャカシャやってるわけですよ.

ちょっとどころか結構恥ずかしかった.....


あと,いよいよ三脚を構えだすと,なんだか他人の邪魔になってる気がして
おいそれと写真撮影できない気がしちゃって.
ロケーション選定にエライ困ってます.



が,そんな葛藤やジレンマはあるものの
三脚の威力は,効果絶大.

当たり前ですけど,すごいです三脚.

こりゃー今まで持たなかったのがバカみたい.



K-S2の汎用性の高さも相まって
夜間の撮影は,X-5に比べて大分見れる様なブレ無さになってきました.



撮影していると,広島港前で路駐している車に動け~っとお巡りさんが巡回に来て


あー・・・これ職質されそう・・・


ヘルメット被ったまま写真撮るヤツなんてクッソ怪しいもんな.

って思ってたら



何にもありませんでした.



いや,そのそんなとこまでバイクを引きつれて何やってんの

とか,怒られるかな?ってドキッとしたんですけど
お巡りさんにどうやら怪しい奴というよりは,あぁ,あれはただの変態だ.

人畜無害の変態だからほっとけ,という判定を下されたのだと思います.

何はともあれ,広島港は10分ソコソコでそそくさと撤退.
長居してたら流石にお巡りさんにめっ!されてたでしょう.

で,いつもの近所の漁港まで移動して,夜景をバックに撮影続行.



前回は文字がぶれちゃったテたメーターのアップもこんな感じ!
三脚はすんごいぜ!!!



おほほほほ捗るううううう!



景色だけを切り取るのは難しい.なんだこれな一枚.




五日市周辺の,海辺から山を見ると結構キラキラしてて割と好きです.



さってもっと試行錯誤しようかなーって思ったら

充電がもう切れるでー!って言い出すカメラさん

うそーん!



インターバル合成撮影ってのをやってみようとした矢先に電池切れちゃった・・・

チクショウメー!(自分が悪い)


仕方がないので,撮影はココで切り上げ.
廿日市のゲーセンの前を通ったら,先週,ついに艦これアーケードを始めたジールパイセンの
ジールが止まってたので,冷やかしに行ったら
艦これアーケードめっちゃ混んでて,ジールパイセンはなんでか湾岸ミッドナイト遊んでたっていう
自分でもびっくりの展開.

かくいう私も,ジールパイセンと先週に艦これアーケードデビューしたんですけど
あれ人をダメにしちゃうゲームです.

動く艦娘が可愛くない訳ねぇだろうが・・・・アブねぇ・・・・100円をずっと吸い取られちゃう......

なので,私はやるにはやりましたが,やっても300円分だけを貫いてます.

ってもブラウザ版とは違って,ゲーセンに出向かなきゃ100円を浪費することもないので
ジールパイセンに伴だって行く時しかやらないように気を付けなければ・・・・セガめ!流石だ!

AM2研が製作しているので,流石といったゲーム性.

で,どこかで隠しコマンド入れたらデイトナUSAの音楽流れたりします?



そして,明けた日曜日の今日は
朝8時からバイクに跨り,インターバル合成撮影に挑もうとしたんですけど
三脚かまえて,バイクと距離が取れて,動く一般車をボカして撮影するのに向いた場所が見つからず
朝マック食べて,近所をウロウロしまくっても,なんだかなぁという完全敗北濃厚で



唯一,セブンイレブンの隅っこでちょこっとだけチャレンジしてみたんですけど
なんかシャッター速度いじりだしちゃったらインターバル合成のこと忘れちゃって
なんか白ボケした謎の写真を数枚撮って家に帰るという
ほんと何してんだ俺は.っていう流れで敗北帰宅.





だめだこれ



よーし夕方に伸びたテールライトとヘッドライトを背景に・・・・

って思ってたら





んだよおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!






明日も仕事,で水曜日からは,神奈川へ日曜まで出張.

来週もカメラでV7ii撮影出来ねぇじゃねぇか!!!!!

チクショウメー!!!!


にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
にほんブログ村
Posted at 2016/09/25 23:34:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | バイク | クルマ
2016年09月11日 イイね!

再びの25マイルソフトクリーム

この土曜は暑さを感じるうちに,また,錦帯橋のソフトクリームを食べに行こうと思い
錦帯橋まで走ってきました.

っても,その前に,岩国付近でジールパイセンが現場を動かしているので
差し入れのアイスと飲み物を届けて,しばらく職人の人たちとバイク談話

九州の土木屋の職長さんが,V7iiストーンをめっちゃっかっこいい!って言ってくれて
ニンマリするしかないですよねぇ?
愛車が褒められてるんですもの,嬉しいワーイ!

で,そんな語らいを後にして
錦帯橋まで,K-S2で写真を撮ること,アイスクリームを食べるため,それらを満たすため
187号線を錦帯橋まで走ります.



あっさり到着,うん近いねやっぱり



今回で3回目の錦帯橋,今回はソフトクリームが目的なので
予めソフトクリーム屋がある方へ停めます.
でもって,今回は橋を渡らず,岩国場側でウロウロ散策.



まだ夏かなーなんて思ってたんですけど



秋なんですねぇ,モミジがほんのり色づいて
秋を予感させます.そういえば,空もなんだか高くなったような気がしますしね.



肝心のソフトクリーム!今回は黒ゴマ味!うんまいっ!
写真を撮るにも,接写が装着中のレンズでは無理なので
仕方なくiPhoneで撮影.



その後も,錦帯橋を暫くウロウロして,昼前には帰ろうと離脱
しかし,2号線の変な渋滞に巻き込まれ,お昼を割り込んでしまいました・・・・ホーリーィシット!

それでも,13時前までには帰宅できたので良しとしますか..という感じで
ゆったり午後を過ごしていると,この日は広島カープが25年ぶりのリーグ優勝をかけた日

日もすっかり暮れたころを見計らって,市内までV7iiストーンで偵察!

いやー盛り上がってました.飲み屋という飲み屋はカープファンであふれ
街を行きかう人もキモチ多めで,赤い帽子,赤いジャケット,カープファンが溢れていました.
さらに,市内にはどこかしこからか,カープ応援歌が流れており
街全体が熱気を帯びていました.

そんな中,私はV7iiストーンを被写体に,また撮影の繰り返し.



ちょっとハッキリ撮影できたけど,やっぱり少しぶれてる・・・・・あぅぅん!!!



マリーナホップは閉店時間を過ぎても,なんでか人がいっぱい.



原爆ドームとV7iiストーンもX-5で撮ってますが,K-S2でもリベンジ
少しぶれる.悔しいぃ!



遠くならぶれないんですけどねぇ



あと,前後しちゃうんですけど,マリーナホップではこんな一枚も撮影できました.
なんだかカタログに出てきそう?なんちゃって



こうすると余計にカタログっぽい?

余談ですけど,ここ数日間,イタリアはマンデロ・デル・ラーリオでは
モトグッツィ本社において,工場見学会が行われてたみたいで
羨ましい・・・・行ってみたいなぁ....



夜の中で,照明にあてられて写真を撮るには,タイヤなどもワックスで磨かないといけませんなぁ







ってわけで,日曜日には
三脚買うぞ!ってエディオンに行ってきたんです.

カープ優勝で割引してるって聞いたので!!!




三脚は対象外でした!!!!





はぁぁぁぁぁん!!!orz





でも買いました.


ちゃんちゃん♪



にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
Posted at 2016/09/11 22:43:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2016年09月08日 イイね!

夜の帳に



今日は,仕事を定時で切り上げて,K-S2のズームレンズキットに付属していた
もう一つの方の【PENTAX-DA L 50-200mm F4-5.6 ED WR】を装着して
夕暮れの木材港へ写真を撮りに行きました.

先日の三段峡ツーリングでは【PENTAX-DA L 18-50mm F4-5.6 DC WR RE】を使用したので
今回はより,離れたところからズームして撮影のためでもあります.

最初の一枚目から,もう自分の中ではおぉぉ!?みたいなのが連続で
この冒頭の一枚は,今日のカメラ散歩を切り上げるシメの一枚なんですけど
前まで使ってたX-5ではこうはいきません.

K-S2はとーっても楽しいカメラです.
まだ色々と理屈が頭に入ってないので
勢いだけで撮ってますが,ちゃんと理屈も叩き込んで
自分が切り取りたい絵を切れるようにならなければいけねぇな!こりゃ!



これが今日最初の一枚目,背景がぼやけてくれるのがいいですよね.
X-5でもマニュアルモードでF値をいじればよかったんでしょうけど
もうこの一眼レフの魔力に魅せられてしまったら,もうX-5は過去の存在になってしまいました.



工場をバックに,瀬戸内を廿日市から望みます.



奥の島は江田島ですかね,ここから橋が架かれば近いんですけどねぇ
陸から行こうとすると,江田島は呉を経由しなきゃいけないので
4月に江田島ツーした以来,江田島へは行ってません.



V7iiストーンって360°どこから見てもカッコイイんですけど(親ばか)
特にこの後方斜めから見るのは,エンジンもタンクもマフラーも全部を欲張りに
これでもかと見せつけられちゃうので,一番贅沢な見かたかなと



まぁ前方斜めから見ても同様にみなぎるんですけどね



真正面からもモチロン見ごたえあります.スリムな車体からグラマラスに飛び出すV2
単気筒や横置きV2だと真正面からというのは,とても難しい構図ですが
V7iiはその点,エンジンというハイライトを見せやすいので
カメラ初心者にも優しいバイクだった!(言ってろ)



途中で夕飯を喰って,ちゃーんと暗くなるのを待って
メーターをアップで撮ってみたり.
ここで,夜景モードの方が鮮やかなんですけど
ブレるorz

三脚買います!俺ぁ決めた!買うんだ!

カープが優勝すればエディオンで安くなるだろ!(希望的観測)




メーター一つでもV7ii三姉妹はほんとセクシーだと思います.
双子の姉妹ストーンとレーサー,それに少し遅れて登場した新たなる妹ストルネッロ
4人目の妹は来るのだろうか.
レコードリミテッドエディションみたいのは来るんですかねぇ



ってな感じで,ここには10枚ほどですが,たぶん今日だけで70枚くらい撮ったのかなぁ
で,その中の8割近くはダメダメな写真ばかりです.

いやはや勉強不足経験不足!



カメラの初心者指南書を探しに行かねば...むむ...




あとそろそろ,2016年俺的イケてる世界の自動車ランキング
ノミネートもする時季になってきました.
今年からは,俺的イケてる世界の自動二輪ランキングも
併せて作らねば・・・なんて考えています.

え殿堂入りはどうせV7iiストーンだろって?

バレちゃ仕方ねぇな

贔屓目で見るに決まってんだろ!世界一最高のバイクだぞ!V7iiってやつは!

あ,イタイ!やめて!モリワキのエキパイ投げないで!だれだ!ヨシムラのサイクロン投げてきた奴!

ちょ!ゴールドウィング用エンジンガードはやめて!死んじゃう!


にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
にほんブログ村

Posted at 2016/09/08 22:46:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | バイク | クルマ
2016年09月07日 イイね!

86とZニスモ見物

こんばんわ.

今日はバイクの事をほーんの少しと,86とZのニスモを見てきたことについてです.
久々にクルマ批評録というカンジですね.

先日の日曜日,ジールパイセンと夕方から,近所の日産へZを見に行こうという誘いを受け

近所の日産のディーラーまで冷やかしに行ってきました.

パイセンの仕事用フィールダーで日産に颯爽と乗り付ける独身二人.
対応に当たってくれたのは,これまぁなんとも美人な女性スタッフ.

それはまぁ置いといて

単刀直入に申しますと,Z34のニスモバージョン,あれ何さ?


写真だとすごくイイ雰囲気なんだよね,Z34ニスモ.

でも,モノホンのZ34ニスモはなんか安っぽいなぁ・・・・

ホントにそう感じちゃったんで,私の感性が壊れてるのかもしれません.
私が,Z34ニスモに対して,何を不満視しているのか.

あ,走行性能云々についてはコメントできません.
動かしてすらいませんからね,あまつさえ椅子にも座ってません.
座らなかった理由も後述しますが

・値段

・エクステリア&インテリアデザインのまとめ方

・名前負けしているアレコレ

この3つ


まずは値段について,単純に高いよね.600万円オーバーっていうと
いくらニスモの名前を冠しているとはいえ,この値段設定は初期のGT-Rと
被らんように意識しているの?と勘繰りたくなるような中途半端な設定
そう中途半端に高いんだこれ.高いなら高いでもっとぶち抜けてほしいんよ.

何が言いたいか,雰囲気を重視したライトスポーツカー及びちょっと攻めなGTカーとしては
国産車としては高すぎる.もう-100万円ぐらいじゃないのあれ

が,600万円を超えながらにして,ブレーキも単なるまな板仕様.
溝入れるとか,穴あけ加工した奴じゃないの!?って思いました.

ここで,別にそんな加工してなくても制動能力は十分だろ.

そう思った方もいると思いますが.

それはそれでいいんです別に,私がいけ好かないと感じているのは
ニスモの名前が冠してあるのに
そういうところは,通常グレードと大差ないのが残念でならない.

ニスモという三文字は日産車にとっては特別なハズ.

制動能力はモチロン,そういうとこもキチッと雰囲気だして欲しいんです.
で,そういうとこもバシッとやって,値段は700万円超えてった方が
良い様な気がするんですけどね.

718のケイマンは同価格帯で,ブレーキは溝を有するものを装着しています.

溝一つでなんだテメー!そう思うかもしれませんが.

ブレーキ一つで,なんだかザンネンになりました.あくまで雰囲気がですよ.


が,問題はブレーキだけじゃない.内装もやっぱり安っぽい.

これが続いての問題,外装と内装が妙にチープ
特段,ニスモを感じない.バケットシートおごっときゃいいんじゃね?みたいなのアリアリで
名前と値段に中身が追い付いてないんですよ.

こんな宙ぶらりんのZ34に600万は積めねぇ.
そう思いました.

椅子に座らなかったのも,なんかドア開けて,あぁーと思い
ドアを閉めたら,これまた安っぽいバァン!という音
これが一番がっくり来ました.Z34にくらいもうちょい上等なドアキャッチャー使ってよ・・・と
マツダCX-3の方がよっぽどいい音で閉まります.

これならノーマルのZ34の方が断然!いいです!
あれは値段と中身が釣り合っているな,と思うからです.
400万円後半から乗り出せて,中身は3.7LのFRでGTカー,いいじゃないですか.

でもZ34は価格を思い切って上げて,もっと本気の雰囲気を出すか
今のままのエクステリアパッケージで値段を下げるかをしないと
なんのニスモなのか,私には理解しかねます.
これが名前負けしてるアレコレ,ドア音も,内装のプラっぽさも,そしてエンジンも
強烈にチューンしているわけではない.ニスモならもうちょっと派手に行ってもいいんじゃない?

Z34ニスモは正直ザンネンなコでした.


同様に,周りにも,シルフィや新型セレナが置いてあったので
パイセンと見てたんですが

なんで日産は,妙に安っぽいんですかね?こう包まれてる感じも無ければ
落ち着いた雰囲気を感じない.
実家のT31エクストレイルもそうなんですけど,安っぽいんですよね.

中島飛行機さんトコとか,オサムちゃんトコを笑えませんよコレ
むしろ,最近のスバルとスズキの方がシャンとしているというか

ここ最近ずーっと日産はGT-Rを除いて,ちゃちぃ

ノートのニスモも置いてありましたけど,ダセェですな.アレ,アレ買うならシトロエンC3買った方が
断然賢い選択だと思いますよ.

ニスモって言葉をカンタンに配りすぎなんですよ.
AMGやMスポーツにしたいのでしょう?安易に配りすぎ.
その辺は,トヨタみたいにいっそG'sなどと,新しく標榜する方が上手.
(かといってノアとかヴォクシーをスポーツカーっていうのはどうかと思いますけど)

第一,マーチももうすぐFMCかかるらしいじゃないですか
クソ早くね?日産自ら現行マーチは失敗だと認めちゃうんですか?

まぁそうですよね,ル・マンをたった1年で投げるぐらいの根性無し日産ですものね

いつから日産はダイハツの様な,冷蔵庫とシンクの隙間で人知れず腐ったスライスハムの様な風体に成り下がったのか.

日産の良心はGT-Rだけですか,そうですか.

そんなGT-Rの名前も,ル・マンを一年で投げて思いっきり泥塗ってますよね.

やっちゃえ日産とかぶっこいてますけど,何一つやっちゃえてない上に
失墜というイメージ戦略の失敗をやっちまってる気がしてなりません.








で,次に,パイセンがなんか消化不良だったらしく
86見にいこーぜ,そういうのではす向かいのネッツに移動.

担当セールスさんに,閉店も近いというのにガレージから
わざわざお目当ての後期86を出していただき,痛み入りますですハイ.

でも生で見る後期86は,思ってた通り.かっこいいんですね~!バッチグーですよ.



前期のなんだか浮いたフロントグリルが,後期になったことでより洗練された印象に!
これで300万円前半で無理すれば乗れないこともないだって!悔しい!乗りたくなっちゃう!

さすがに,写真を見て,後期は随分とかっこよくなったなぁ!と思ってただけに
乗り込まずにはいられず,いそいそと乗り込みました.
室内の雰囲気も,値段と比するにイイ雰囲気を出しています.
包まれてる感じがしますね!ステアリングを握った感じもシックリ来ますし.
軽く,ブオンブオンと吹かしてみると,小気味い音が響きます.

それに,Z34はどうしてもホイールベースの内側にエンジンをすべて収めるのが難しいのに対し
86ではギリギリというか9割はホイールベースの内側にエンジンが入ってます.
Z34が目視で7割ほど,ND5RCが完全に入ってるのと比較すると
やはり86の方が,値段とパッケージングにデザインが一枚上手と感じます.

それに後期になって最高出力が200psから207psへなったのも
僅か7psのカタログ値上昇ですが,ほぼほぼ価格帯に大幅変更は無く
この僅か7psが,後期のアドバンテージをなんとなーく感じさせてくれる優越感をもたらします.

7psで何言ってんだ?て思うでしょう?オートバイに乗れば解るのです1psの重みが(遠い目)

V7iiが500ccも排気量が下のジールにあと8ps差と迫られてる現状に
気にしなくてもいいのに,ちょっとウッ!ってなります.

でも,いざヨーイドンすると,低速トルクの圧倒的な厚みで
V7iiがズバァ!と前に出るんですけどね.

いやそんな馬力とか気にしてんならブルターレでもF4でもパニガーレでも乗っとけよってハナシなんですが

話を元に戻すと,86の方が雰囲気と値段のバランス.すなわちキャラクターの付与が非常に上手い
頑張れば買えそう,というのもありますし,全体的にシャープでスポーツカーという
形容そのものによくあてはまるパッケージングをしています.

Z34ニスモは後付のエアロがかえってブヨブヨした感じになり,引き締まった感を失っているのとは
正反対の印象を抱きます.

Z33,Z34初期と続いた,あのロングノーズの方がSGTとの縁故を感じさせてよかったんですけどねぇ

トヨタはホント変わりましたね,MR-Sと80スープラが途絶えてからの4~5年
トヨタが現在の,スポーツカー絶滅の下地を担っていたのとはえらい違いです.
モータースポーツも当時はF1で惨敗していましたが,今ではWECで
14年には年間チャンピオン,今年は悲劇のストーリーを紡ぐなど
話題に事欠きません.いやほんと6月のル・マンは悪夢だった......

今のトヨタの方が,90年代の日産っぽいと思いません?

日産はダイハツ化が止まらない.何が明暗を分けたんでしょうかね.



86については,パイセンもカッコイイ!を連発
ちょっとうれしそうなセールスのおにーさん.

二人で86を褒めちぎって,カタログをしっかりもらって帰ってきたのでした.




その後は,マリーナホップのナップスでパイセンが通年で使えるライジャケ探し.
目を付けたのは「アルパインスターズ」
おおぅ,高そうなの行きますなぁと思いながら私も一緒にコレはどすか?これは?と提案
が,色とサイズの合致が無く,この日は見るだけで終り.

私は,最近ヘルメットも新調したし,ライディングブーツもちゃんとあるし
何かね~って思いながら,ウィンターグローブの前でV7iiとあったものにするかーと
見るだけですよ?考えてたんですけど.
なんでグローブって,どれもこれも赤!青!カワサキグリーン! なんですか

黄色はねぇのかよ!スズキだぞ!スズキは一応黄色だぞ!いいのか!

もう秋なんてさっさと過ぎ去り,走るたびに手が凍える冬が来るのですねぇ.


そう考えると,ムショーに錦帯橋で暑いうちにソフトクリームを食べておきたい気分に駆られます.

なので,また土曜は25マイルソフトクリームでも食べに行くつもりです.






にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
にほんブログ村
Posted at 2016/09/07 23:33:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2016年09月04日 イイね!

シン・ゴジラ感想記



巷で話題沸騰中のシン・ゴジラ観てきましたよ~

昨日,会社の先輩に連れられて,近所の映画館まで行ってきました.

先輩はなんと4DXも含め,これで4回目のシン・ゴジラになるとのこと

ショエー!


当の私はというと,ツイッターでなんか話題になってたなぁ

程度で,まったくゴジラに関する予備知識もなく

そもそもゴジラをまじまじとちゃんと映画で見るのはこれが初めてで

ゴジラそのものは知っていましたが,私のゴジラに関する既存の情報といえば




・叫ぶ

・吠える

・暴れる

・はかいこうせんを吐く

・デカイ



くらいなもので,まー自衛隊とドンパチすんだよね?みたいな感覚で椅子に座りました.




※以下,ここからはネタバレを含みますので閲覧は自己責任でお願いします.




先輩は,見に行く前,こういっていました.

「冒頭のゴジラが出てくるシーンだけを言えば・・・・そうだな
ターミネーター見に行ったつもりでイスに座ったらプレデターだった」


はて,私にはこの真意が劇場で放映開始されるまであまり想像ができませんでした.
なにより,ゴジラというキャラクターのイメージは見たことがありますから
ゴジラの姿が突拍子もないのか,それとも,ストーリーそのものが突拍子もないのか.




答えは前者でした.




最初の蒲田に現れた所謂「第二形態」と称されるシン・ゴジラを見た瞬間.






なにこれキモッ!






そう思いました.おぼろげに記憶にあるゴジラ像とは変わっていて
デザインアイコンたる背びれはありましたが
深海からはい出てきたその姿は,深海魚が水圧の変化で目が飛び出したような
ギョロついた目.そして動くたびに鰓からは大量の体液が飛び散り
蒲田の路上から住宅地を,家も車も何もかもを弾き飛ばして進みます.

私はゴジラvs○○○シリーズを見たことが無く,この時点で
これがゴジラの新たなる敵か?という考えにすらも至らなく
頭の中で巡っていたのは,これがシガニー・ウィーバー主演のエイリアンだとか
同系統でよろしくのプレデターだとか,はたまたはザ・グリードのようなノリで
このゴジラはズルッとその場で脱皮して,中から超パワーアップした成体が出てくるのかと思っていました.

と思ったら,突如,品川周辺に到達したところでむっくりと立ち上がり沈黙.
どうやらこれが「第三形態」のゴジラのようで
沈黙を保った時に,陸上自衛隊の対戦車ヘリが攻撃を開始しようとするのですが
逃げ遅れた避難民(老人二名)が目視により発見され
攻撃は中断されます.

首相がこの場面で
「国民に自衛隊の弾を向けるわけにはいかん!」
あぁ~建前が優先されるのもなんとも日本らしい決断だ~と思いました.

実際,話的には第三形態で駆逐が達成できていれば
東京の都市機能は大分残された状態で,ゴジラによる天災を抑え込めるのですが
老人二名への流れ弾が着弾することを懸念したために
ゴジラ側への猶予を与えてしまうことになるわけです.

ですが,ここで老人共々葬っちまえというのはカンタンなハナシで
実際はそうもいかない,苦悶の表情で中止を通達する首相の難しい立場が
痛いほど心に響きます.

前段階的には,ここまで圧倒されるテンポで話が進み
なによりも,ゴジラの侵攻に併せて,展開される
閣僚や首脳陣のやり取りがなんとも日本らしい展開で

何をやるにも懐疑会議会議会議会議会議

ゴジラはどんどん迫ってくるのに,頭の方は遅々として動きが取れず

結局むっくりと起き上がった第三形態
この第三形態は,自身がエネルギー源とする放射線由来の発熱により
一旦冷却のため,海中へと戻って行ったのですが・・・・




「第四形態」の再上陸



ここまでスピーディーに絶望感と緊張感を逼迫させたまま話を進められると
こちらはもう固唾を呑んで観るしかないのです.

神奈川県に再上陸を果たしたゴジラ,鎌倉を踏みつぶし
川崎の方へ向かいます.

私の実家は
ギリギリセーフっぽいです!!!!!


ですが

務めてる会社の本店は,
ゴジラの熱放射光線でたぶんなぎ払われてます!!
四ツ谷~市ヶ谷周辺全滅だもんね!!








あぁ~弊社~!!!
(これが言いたかった)







この映画の凄いところは,有無を言わせず,ゴジラという淡々と迫るもはや天災に対し
組織でもって,日本人がどう動くか.というのがよーく現れているところです.

ハリウッド映画なら,ヒーローが登場し,戦闘機で頭に一発核ミサイルを直接見舞うとか
ボリウッド映画なら,ゴジラと一緒に踊り出すでしょう.
香港映画なら,崩れる瓦礫からジャッキーがエボ10か何かで逃げることでしょう.

でも,このシン・ゴジラの指揮を執った庵野監督は,絶望の中に抗う人々の抵抗を書くのが
やっぱり上手いなぁと感心する以外にありませんでした.

庵野監督といえば,著名なアニメとして「新世紀エヴァンゲリオン」が挙げられますが
このシン・ゴジラに置いても,庵野監督の絶望と衝撃の狭間とでも言いましょうか
ギリギリの攻防戦というのが全編にわたって繰り広げられます.

また音楽や演出なども,エヴァンゲリオン由来のメンバーがいるとのことで
エヴァンゲリオンっぽいと言ってしまえば,無碍なハナシですが
それでも,このシン・ゴジラの逼迫した展開は,ゴジラバージンな私にとって
最高に緊迫かつ白熱したストーリーと映るわけです.
ヤシマ作戦のBGMも私はいいなー!って思いましたよっ!





ゴジラに対し,対峙する10式戦車が動き回るシーンも中々で
やっぱり庵野監督はこういった兵器に対しても造詣があるので
私程度の軍事知識を齧ってる人間ならば,もうその迫力に大満足!
もっとディープに自衛隊の兵器についてアレコレ知ってる人からすれば
何かあるのかもしれませんが,私には最高にカッコイイ10式戦車の動くシーンに感動!
それに99式自走砲155mm榴弾砲なんかも出てくるという,ほんとに総火演じゃん!
みたいな展開でゴジラに抗うのが,声には出せなくても
口は開きっぱなしでした.

この第四形態が出てから,後半も怒涛のように進むのに話は頭にちゃんと入ってきます.
国際社会からの圧力や,米軍との共闘も含めて熱い展開がずっと続きます!

B-2が三機も撃墜されちゃったりして,実際自衛隊に比べると
米軍の登場時間は短いんですけど,損害額的には米軍が半端ないと思いました!

どう感想に取り留めたらいいのかもはや解らないくらい,いろんなことが同時に発生します.

新幹線や在来線のJR車両を爆弾にしてゴジラの足元へ突っ込ませるのは笑っちゃいましたけど.


いやね,在来線が爆発しながら,ゴジラにうねうね巻き付くんですよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ここだけは笑っちゃいました.

それも含めて,いい映画なんです.


また,この最終対決中に,米軍からもこの特殊オペレーションへの志願者が続出と
石原さとみ演ずる,パターソンがそう言うのですが
これも今の日米の関係を一言で,かつ日本人がちょっとうれしくなる演出ですよね.
3.11のトモダチオペレーションを思い出しました.

また,対馬沖で不穏な動きがあると,言及されるシーンもあったりで
大方,北朝鮮や中国,ないしか韓国だろうなぁって思いながら見てました.

スパコンの使用許諾を求めるシーンでは,ドイツやフランスも出てきますが
地政学的に遠方の欧州は,利害関係もほぼ一致しており
何かと日本の都合がいい方向で動いてくれます.


結末については,なんとか人類側が,というよりは日本政府側が
薄氷を踏む様な勝利を刻むことになるのですが.





劇場行ってみて来いよ!





マジで




多分,今頃,中国人民解放軍の日本侵攻のシナリオか,それに準ずる仮想敵対国の
日本への侵攻プランで警戒すべきは,新幹線による無線神風特攻
とかなんとか書かれてるかもしれませんね(爆笑)

ま,そんな冗談は置いといて

シン・ゴジラを見た後は,字幕遊びに興ずるのも,この興奮を共有化するためなのでしょうか
私も,字幕遊びにすっかり興じています.











シン・ゴジラっぽいかも!






気になった方は,是非,シン・ゴジラを観るため劇場へ行ってください.
特に,ゴジラを観たことないあなたはたいへん楽しめると思います!

劇場へゴーゴー!
Posted at 2016/09/04 16:43:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記 | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「2017年ル・マン24時間レース http://cvw.jp/b/715559/39957203/
何シテル?   06/18 23:55
Dell@一二四朗ともーします。 V7iiストーンでドコドコと走ってます あっちにドコドコ,そっちにドコドコ 気ままにゆったり適当がマイルール ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/9 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

日本ブログ村【モトグッツィ】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/05 22:37:13
 
Due Cornetti 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2010/03/17 01:09:02
 

お友達

メルセデスオーナーの方(ガシガシ申請してくださいな!)
イタフラ車好き・オーナーの方
ライダーな方
(特にホンダやモトグッツィのオーナーの方はぜひぜひ!)
WRC好きな方
ミニ四駆やってるぜ!って方
我はエンスージアストだ!という方
お友達になってくださいまし
17 人のお友達がいます
金子浩久金子浩久 BP51BP51
ユキスイ@BPgr&amp;155ユキスイ@BPgr&155 マシタカ号マシタカ号
Kommi - えすじーKommi - えすじー ICRT OvertakersICRT Overtakers

ファン

9 人のファンがいます

愛車一覧

モトグッツィ V7iiストーン モトグッツィ V7iiストーン
2016年3月29日納車 ずっと恋い焦がれてたV7iiを我が手に
メルセデス・ベンツ Eクラス セダン メルセデス・ベンツ Eクラス セダン
キター! さ、これから何をしていこうか 溢れるトルクに日々惚れ惚れ、現在11万キロ、な ...
ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン) ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン)
勢いで決断し,京都から引っ張ってきました. 初めて乗った日は,ヘルメットの中で顔がニヤニ ...
その他 その他 その他 その他
まさかのおもちゃを登録(笑) 懐かしさを覚えたら、私と同世代! 現在のラインナップ ・ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.