• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Dell@一二四朗のブログ一覧

2017年02月25日 イイね!

川沿いぶらり

今日も今日とて,ぐずぐず9時半ぐらいまで寝ぼけてゴロゴロ

とりあえずやっと起き上がって,メシを求めがてら
ゴソゴソとバイク乗る支度して,今日は一路,可部あたりまでうだうだ朝飯兼昼飯を食べに行くことに

先週は土曜からノロウィルスにやられたのか床にふせてたので
やっと現場から解放されてのまともにV7iiを乗ってやれる日.

ゆーて結局食ったのは何かってCOCO'sでビーフカレー食っただけっていう

やっぱまだ寒いんですよねー,広島の7℃~8℃で寒いなんて抜かしてたら
東北や日本海沿いのライダーからスパナ飛んできそうですけど

でもって,どっか写真撮影するのに向いてる場所ねーかなーって
何気なく走ってたら

太田川沿いの堤防道にすすーって入ってくカブのおっちゃんを目撃


これだ!



ちゃんと進入禁止じゃないか,大型自動二輪が入り込んでも問題ないか
標識をチェックして,問題がなさそうなので私も川沿いコースへ突撃!

しかも4輪が入ってこれない区間!!これは!!写真タイム!!!!!



おっほwwwwwイイ感じwwwwwww



川沿いは新発見でしたね~
写真には色々都合がいいというか,背景が遠くまで綺麗に収められるのと
土手に自分がしゃがめばいつも以上に煽った写真も撮れるしで,いいでないの,土手.



まーあと人通りが完璧少なくて,若干大胆な停め方してもOKなのが最高.



こんな具合,来てもチャリンコくらい,サッと3分くらいの撮影ならなんにも迷惑にならない.



たまたま可部線の電車が通りかかって,おや,同じ黄色だったねそういや.
電車はあまり知識を持ち合わせていませんが,同じ黄色ってことで思わずパシャリ



向こうのドームはなんじゃろのー


この後はしばらくクルマも通る区間で,撮影こそしませんでしたが
このまま川沿いにズンズン走って観音まで抜けちゃいました.

いつもは54号線沿いに降りてくのですが,考えて見りゃ川沿いもずっと行けるわけで
川沿いで色々なアクテビティに興じる人々を横目に,冬の終わりを感じて走りました.

一部,梅っぽい花をつけた木々もあったりで,3月ももうすぐ
1月~2月はあっという間ですね,3月もあっという間なんですけど.



そうそう,ピレリのステッカー貼ってみました.片方だけですけど.

実はこれ,とあるものに用意したステッカーだったんですが
サイズデカすぎてありゃりゃってんで,V7iiに貼ってみっかつことで
右側に張って,じゃぁ左もって思ったら微妙にカバーのサイズが小さくて
これ無理やんってなり,今は右側だけの状態です.

それもイイかなっていう適当ぶり.

エニのステッカーもあるの右側だけだし,ゆっくり左側に貼れそうなヤツとの
出会いを待ちますか

マニエッティ・マレリとかその辺がいいですよね,イタリアですし.
SFKとかでもいいけどSFKなんて出回ってないだろうし
キャレッロとかシエムも欲しいけど,そもそもV7のヘッドライトはそのどちらでもなさそう.

サベルト関係ないしなぁ,ブレンボもむむむむ....一応ブレンボですけどなんか違う.

ま,ステッカーはおいおいダラダラで


明日は洗車しよ~



にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
にほんブログ村
Posted at 2017/02/25 23:51:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | バイク | クルマ
2017年02月15日 イイね!

トヨタ旋風!と広島V7's旋風?

まずはこれを見て欲しい



トヨタがWRCに復帰2戦目で優勝!!!!

フゥ――――――――↑

アガるぜぇええええええ!!!!!!!







まさかこんなにもトヨタ再びの優勝姿を早々に目撃できるなんて思っても居ませんでした.
去年のストーブリーグ中には,シトロエンの下馬評が高く
トヨタには不調のシーズンを送るラトバラと,開発ドライバーであるものの
トップカテゴリでの実戦経験がお世辞にも多いとは言えないハンニネンという
戦力を心配されるドライバーズラインナップと実しやかにささやかれ
開幕での完走が達成できれば御の字

そんな扱いでした.

が,開幕すると戦闘力では他の3社に半歩程度の遅れながらも
トヨタはモンテカルロでラトバラが2位を獲得します.

ヌービルが橋の縁石にマシンをヒットしリタイアしたり
2位を走っていたタナクのフィエスタにエンジントラブルが見られたり
対オジェ最右翼と目されていたシトロエンのエース,ミークが
リエゾン移動中に一般車と接触しリタイアするなど
波乱の展開の中,ラトバラは慎重にヤリスWRCをドライビング
その結果が,復帰後初戦の2位獲得というリザルトでした.

オジェの優勝は流石というか,ポロからフィエスタへ乗り換えても
その強さと安定感は揺るがないのか,誰もがそう感じ
次戦のスウェーデンにおいてもオジェが掻っ攫うか
スピードではオジェを凌ぐことも多々見せるヌービルが取るものと
多くの人が思っていたでしょう.

そのラリースウェーデンも,デイ3最終SSのスーパースペシャルステージまでは
考えうる限りの可能性の一つだったヌービルのリードが保たれていました.
SS1やSS4でのラトバラによるステージウィンはあったものの
それは少々のサプライズに過ぎず,ヌービル優勢のままに
スウェーデンは幕を閉じるかもな.と誰もが思い始めたところで
ヌービルは自身のドライビングミスによってマシンのステアリングを壊してしまい
デイ3を完走ならず,最終日を前にデイリタイアという5分のペナルティを確定させてしまいます.

そして迎えた最終日
首位はトヨタのラトバラ,その3.8秒後方にフォードのタナク,20秒後に王者オジェと続きますが
最終び最初とその次のSS16,SS17と攻めたてるフォード勢を凌いで
ラトバラがベストタイムを叩きつけます.
この時,どうやらタナクのフィエスタはまたしてもエンジンが完調ではなくなっていたようで
新車のヤリスWRCが存外なほどまでに持ちうるタフネスさと比べると
聊か繊細な側面がある様に感じてしまいますが,オジェのフィエスタには
そういったことが見られないため,タナクは未だ何かその辺が恵まれていないのかもしれません.

泣いても笑っても最後のSS18
ここで王者オジェがまさかのステージ開始直後にスノーバンクにマシンをひっかけスピン
エンジンの再始動に手間取り,ここでオジェのラリースウェーデン制覇と
開幕二連勝の野望は潰えてしまいます.

また,シトロエン勢も前日からのコースオフやミスなどが重なり精彩を欠き
ヌービルが実質脱落した後は,ソルドがチームを牽引しますが
パッドン共々ヌービルほどのスピードは見せられず
トヨタvsフォードの構図に2つのワークスチームはただ届かぬ背中を追いかけるのみ

この最終SSはパワーステージでもあり,このステージのベストを記録したドライバーには
選手権ポイントに加算される5ptが加算されることもあり
昨日デイリタイアを喫したヌービルがベストを奪いに奮闘しますが

この日,すべてのSS勝者は,そう

ラトバラ
でした.



ライバルのフォード2台を更に突き放す圧倒的な走りでヤリスを最終SSのゴールに滑り込ませたラトバラが
自身にとって4勝目のスウェーデンにおける勝ち星と
通算17勝目のWRCイベント勝利
そしてトヨタという新天地に移籍し僅か2戦目にして
パワーステージ制覇という色を添えて完璧な形で成し遂げました.

トヨタにとっては99年のラリーチャイナでオリオールがスバルのバーンズと
激闘の末に獲得した勝利から18年ぶりの美酒.
日本車のWRC優勝としては05年のラリーGB以来のことでした.



このスウェーデンでのリザルトでもってラトバラは選手権のトップに立ち
3年半に渡って首位を堅持したまま過ごしたオジェを
選手権ボードの上で飛び越えます.
昨年までVWチームで,自身のスランプにずっと苦悩していたラトバラが僚友だったオジェを追い抜くとなると
なんだか劇的な1戦としてのイメージを強く焼き付けるには十分な筋書きです.



おめでとう!ヤリ・マティ ラトバラ選手!並びにコドライバー,ミーカ アンティラ選手!
ありがとう!最高の週末に感謝しきり!トヨタの優勝する姿が拝めて感無量!









次戦はメキシコラリー,極寒の地から標高高いラフロードイベントで
17年規定のラリーカーの実力が試されます.



ちなみに,16年はラトバラがラリーメキシコを制覇しているので
また展開次第ではポディウムにちゃっかりトヨタが乗ってたり....!?したらうれしいなぁ

でも他の3社のWRカーと比較するとヤリスWRCはメカトラブルで
この開幕2戦を一度もリタイアしていないので,新参者ながらタフさは一番?かもと思うと
ちょっと期待しちゃいますね,メキシコでの高地セッティングはWECでも
セオリーとなるものはTMGが把握してるでしょうし,最適化はできなくとも
お手上げではないので,またヌービルやタナク,オジェの動きでは
ラトバラの表彰台もあり得なくはないんじゃなかろうか!とワクワクしています.

今年のWRCは目が離せませんね~










ここで別のハナシ

今日やっと,出張先の愛媛から戻ってきて41日ぶりにV7iiストーンの火入れをしたんですが
最初のクランキングはカシュンカシュンカンシュカッ..カシュンカンシュンゾドドォーンともう息も絶え絶え
冬場に長期間エンジンをかけないのはホントだめですね.
あーもう最低でも20日間以内に一回は火入れするべきだなと痛感
はぁーほんと出張なんてやだやだやだやだ.


それと広島に戻ってきたので
昨年からしたいなーと思っていた広島のV7オーナーによるオフミなんてのもしたいですねぇ
気持ち的にはもう今週の土曜にでもイタリアンランチミーティングとかいいよなぁナンテね
ブラックが精悍なV7オーナーのお二方様!ご都合の宜しい時間をお知らせいただきたく存じます~!
寒いのに錦帯橋でソフトクリーム食べて,お昼にイタリアンを食べて
あたたかい昼のうちにサクッと帰ってくる錦帯橋散歩如何でしょうか~!

にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
にほんブログ村
Posted at 2017/02/15 23:28:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月06日 イイね!

ようやくか

長かった出張もようやく終わりそう。

早ければ来週末にはV7iiを動かせる……ハズ!

年明けたと思ったら、もう節分も過ぎ去り
世の中はバレンタインデー。

ヌギギギギ!!!

バレンタインデーだとぉ!?

カカロットォ!貴様!なにぃ!?

みたいなどこぞの王子の凡ゆる台詞が
色々当てはまるバレンタインデー。

今年は絶望的。
だって、周りは野郎しかいないもん☆

去年は元請けの女性社員(若い)から
奇跡的な支給があったのですけどね………

ま、そんなことを論じてもさして無意味なので
置いといて

もう頭の中は戻ってからのV7iiで走りに行く先について考えています。
意味もなく大和ミュージアムやら、屋代島の陸奥資料館などの旧海軍関連巡りもいいですし
錦帯橋へ行ってクソ寒いなかアイスクリームも悪く無いかなと
それか、夏に失敗した秋吉台リベンジもんー

三段峡などは路面凍結が怖いのでパス

やはり、海沿いか、凍結リスクの低いコースが理想なので
かと言って、この一月まるまる愛媛にいるので、今更またしまなみ海道を渡るのは気分的に冴えないので
呉近辺をちゃんと走ろうか、そんな処です。

早く桜の綺麗なシーズンこないかなー!

そもそもGW早く来て欲しいです。
今年はのっけの1月から叔父が死去するという
訃報の中、仕事の関係で葬儀に参列できなかったので
V7iiを駆って、神奈川まで出たらば
1日のインターバルを置いて、相馬市までひとっ走りするか思案しています。

北関東〜福島を走破するGW、体力が追いつくかどうかです。
W124の時はそんな遠出して、出先でなんか死んだらどうしよって考えてましたが
V7iiはその点、確実にタフネスというか、イタリア車の癖に案外そういうことが無いもんで
福島行脚も大丈夫……だと思います。

それまでにETC付けなきゃ!スクリーンも探さなきゃ!

なんて言っといて、また現場が始まってGW潰れたら笑えませんな。ハハッ。

いやホントにあり得るから困った話だ………
Posted at 2017/02/06 21:31:14 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「バイクの日は安近短 http://cvw.jp/b/715559/40275583/
何シテル?   08/20 14:29
Dell@一二四朗ともーします。 V7iiストーンでドコドコと走ってます あっちにドコドコ,そっちにドコドコ 気ままにゆったり適当がマイルール ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/2 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    

リンク・クリップ

日本ブログ村【モトグッツィ】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/05 22:37:13
 
Due Cornetti 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2010/03/17 01:09:02
 

お友達

メルセデスオーナーの方(ガシガシ申請してくださいな!)
イタフラ車好き・オーナーの方
ライダーな方
(特にホンダやモトグッツィのオーナーの方はぜひぜひ!)
WRC好きな方
ミニ四駆やってるぜ!って方
我はエンスージアストだ!という方
お友達になってくださいまし
17 人のお友達がいます
E友E友 * 金子浩久金子浩久
BP51BP51 Kommi - えすじーKommi - えすじー
ユキスイ@BPgr&amp;155ユキスイ@BPgr&155 ICRT OvertakersICRT Overtakers

ファン

9 人のファンがいます

愛車一覧

モトグッツィ V7iiストーン モトグッツィ V7iiストーン
2016年3月29日納車 ずっと恋い焦がれてたV7iiを我が手に
メルセデス・ベンツ Eクラス セダン メルセデス・ベンツ Eクラス セダン
キター! さ、これから何をしていこうか 溢れるトルクに日々惚れ惚れ、現在11万キロ、な ...
ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン) ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン)
勢いで決断し,京都から引っ張ってきました. 初めて乗った日は,ヘルメットの中で顔がニヤニ ...
その他 その他 その他 その他
まさかのおもちゃを登録(笑) 懐かしさを覚えたら、私と同世代! 現在のラインナップ ・ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.