車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月15日 イイね!
今日はアイドリングストップ機能のお話。

今や殆どの車に標準装備されているアイドリングストップ機能。
実はコレ、旧世代の車で燃費走行を身につけた人間にとっては厄介な代物なのです。

日々燃費運転に明け暮れる燃費ジャンキーにとって、リフト&コースト(アクセル全閉での空走)とシフトチェンジによるエンジンブレーキだけで(ほぼ)停止することは日常茶飯事。ところがこのアイドリングストップという機能、ブレーキを踏んでないと働かないのです。

例としてアルトの場合ですと、カタログでは減速中に13km/h以下になった場合にアイドリングストップすると書かれていますが、その作動条件は「アクセル全閉」「ブレーキSW・ON」「Dレンジ」「マスタバック負圧規定以上」「パワステ不作動」等々、実に19項目の条件を全てクリアした場合のみストップし、一つでも条件を外れるとストップしません。

つまり、エンジンブレーキのみで13km/h以下まで減速した場合はストップしないのです。
その理由は、エンジン停止状態ではマスタバックの負圧が働かず(厳密には1回分だけ効きますが)、ブレーキが効きにくくなって危険という理由でしょう。
(プリウスシリーズには強力な回生ブレーキと、ペダル操作によらずブレーキ油圧を発生させられるポンプが付いてるのでコースト状態でもストップ可能です)

ではどうすれば一番燃費を稼げるのか。
私が新型車解説書を読んだ限りでは
「コースト状態でタイミングを計り、ココ!という所でLレンジにシフト、減速時フューエルカットによって燃料無噴射状態で減速。13km/hになった瞬間、若しくは燃料噴射再開回転数である2000rpmを下回った瞬間にDレンジにシフトし同時に最低限の踏力でブレーキを踏む(この時点でアイドルストップ)。半コースト状態で目標停止箇所に近付きつつ、踏力を徐々に増やす方向で速度をコントロールし、最終的に停止する。」
という停止方法が最も燃料の無駄がない停止方法であると思います。
踏力を強める方向でコントロールするのはセオリーに反しますが、ブレーキを緩めることでアイドリングストップが解除されるのを防ぐためです。
(改良によって停止直前での踏力ダウンでは解除されないようにリプログラムされましたが、どの程度で解除されるか不透明なので)
Posted at 2017/03/15 22:55:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | テクノロジー | クルマ
2017年03月07日 イイね!
巷のヴィヴィオ乗りの間では某番組の事が話題になってますが、かくいう私も既にヴィヴィオを降りる決断をした一人でございます。

と言っても、この春の車検は通して2年後に・・・という計画ですが。

2年後は今のヴィヴィオに乗り始めて10年目の節目にあたる。
親が乗ってたヴィヴィオの頃から数えると、20年にわたり(ヴィヴィオ界ではマイナーな部類の)NA/FF/CVTのヴィヴィオに乗ったことになる。

そんな節目の年になぜヴィヴィオを降りるか。
飽きたとか嫌になったとか、そういうことではない。
ヴィヴィオは未だに乗って楽しく、弄って楽しい車である。
外板の錆もちゃんと板金してやれば直るレベルだし、
エンジンだってオーバーホールすればまだまだいける。

しかしながらもう「勝てるクルマ」ではないのだ。

ムーヴがTNP27とか言ってた頃はまだ鼻で笑えた。
ミライースが30の大台に乗って雲行きが怪しくなり、
アルトで決定的に差が付いた。
メーカーが本気で金をつぎ込んで軽量化に力を入れてきた。
あらゆる策を尽くして走っても、技術で劣るドライバーに先を行かれる。
燃費ジャンキーにとって最大級の屈辱である。

だから私は、勝つためにヴィヴィオを降りる決断をした。
レースに勝つ一番の近道は勝てるクルマに乗ることなのだ。

もちろんあと2年乗るわけだから通常のメンテはする。
しかし、ヴィヴィオの燃費向上にこれ以上のリソースを割くことはしない。
そのリソースは次の「勝てるクルマ」へと回す。

ぶっちぎりの、あっと驚く様な燃費を出してこそ燃費ジャンキー。
ヴィヴィオでやり残したこと、ヴィヴィオでは出来なかったこと、全部ぶちこんでとんでもマシーン作ってやるぜ。
Posted at 2017/03/07 22:41:17 | コメント(4) | トラックバック(0) | ヴィヴィオ | クルマ
2017年03月05日 イイね!
2月半ばぐらいから、部屋の中の不要品をガシガシ捨てていっている。
大きいゴミ袋で4つか5つほど、古紙回収も大量に出した。
現在は廃品回収業者の巡回待ちで、一番のデカブツであるプリンターが部屋から消え去ったら、メタルラックの配置換えを計画している。

なんで急にやる気が出たのか、自分でもよくわからないが、
特別部屋を広くしたいとかいう気持ちが強いわけではなく、ある日ふと
「モノが多いと、死んだときの遺品整理が大変だなぁ」
と思ったのである。

で、要らないモノを追い出していって、これからはあまりモノを溜めないように心掛けようと思っていた矢先に、掘り出し物がポロッと出てきて飛びついてしまった。

ヴィヴィオの部品に関しては2年後に降りるときにまとめて処分するので、その後しばらくは物置にだいぶ空きができると思っているが、数年したら次の車の部品が溢れ出すのは想像に難くない。

車弄りにしても登山にしても、なんでこうモノがかさばることばっかり趣味にしてしまうのか・・・。
Posted at 2017/03/05 14:46:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月22日 イイね!
前回のブログで紹介したポケットストーブの能力をテストしてみました。

条件は屋外、気温約5℃、水温も外の水道で汲んだので同じくらいだと思います。
夏の北アルプスの朝と条件的には近いと思います。
使用する燃料はカエン ニューエース 10gです。

ポケットストーブは風防がないと役に立たないので、風防を立てて

こんな感じでのテストです。

最初は500ccの水を沸騰させられるかテストしてみましたが、1個では沸騰には至らず。
燃焼時間はほぼスペック通りの17分でした。

次に350ccでテスト。
やはり1個では沸騰に至らず。

3回目、とりあえずアルファ米を戻せるだけの湯ぐらいは沸かせるかと200ccで試すと、7分ほどでなんとか沸騰に至りました。

どうも1個では火力が足りないようなので、最後にアルファ米+汁物を想定して450ccを沸かすべく、燃料を2個並べてテストしてみました。
すると6分少々で沸騰しました。

カエン ニューエースを燃料として使う場合は2個並べて使うのが良いようです。
途中消火後の再点火も可能ですが、初回点火より点火に時間がかかります(5~10秒)。

燃料はこんな感じでストーブ内に6個収納できます。

テスト結果を踏まえると、レトルトオンリーの食事なら朝夕で2個でいける計算ですので、3日分の燃料が収納出来ることになります。
この状態で重量が142g。風防が70gの計212g。
ジェットボイルのバーナーやガス缶等の重量が365gなので、差し引き約150gの軽量化ですね。
2日分の燃料なら更に20g軽くなります。
風防も工夫次第で更に軽くなりそうです。

たかが150gじゃないですよ。
150g軽くなるって事は他に余分な荷物を150g持てるって事なんです。
Posted at 2017/01/22 12:21:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 趣味
2017年01月19日 イイね!
年明けからカルイノホシイホシイ病の発作に苦しんでいましたが、Amazonからお薬が届きました。

こちらです。


ポケットストーブってやつです。
旅館とかで見かけるような固形燃料を使うためのゴトクですね。
Esbitのが有名ですが、これはコピー品です。
見ての通り作りがちょっと雑です。

???「こんなもんはな、開いて燃やせりゃいいんだよ。勉強になったなあ、おっさん!」


・・・ほんとはEsbitのが欲しかったの(グスン)でも品切れだったの。


さて、こいつを買うにあたって一番心配だったのが、「JETBOILの本体が載るか」ということでした。
載らなかった場合、JETBOILは使用回数3回でお蔵入りになる可能性もあったので、ドキドキしながら載せてみました。

立った!JETBOILが立った!


ちょっと前後にぐらつきますが、バランスを崩して倒れるほどではありません。
一安心ですね。
週末はコイツをテストしてみます。


どんどんウルトラライトに近付いてるじゃねぇかって?
いやいや、登山靴はハイカットブーツというのが私のこだわりですので、ハイカットを履いてるうちはウルトラライトでもトレイルランでもない!というのが私の主張です。
Posted at 2017/01/19 20:56:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 趣味
プロフィール
初めまして、黒鉄です。「一生乗る」ことを目標にしてますので、他のインプオーナーさんと比べると物足りない内容かもしれませんが、少しでも参考になるような記事が書けれ...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
SUPER PRO ステアリングラックマウント交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/01/06 22:21:31
お友達
絡むより絡まれる方が好きです。
が、誰でもウェルカムではありません。
常識に囚われない人、趣味の合わない人、業者さんや明らかな人数稼ぎは拒否する事もあります。
アニオタ・スバオタ・新技術オタ・燃費ジャンキー・東方厨・山ヤ等
話が合いそうだと思ったらポチっとどうぞ。
128 人のお友達がいます
いどっといどっと * ぺそ太郎ぺそ太郎 *
紅い眼鏡紅い眼鏡 * ご老公ご老公 *
Milky+Milky+ * 煩悩整備士煩悩整備士
ファン
50 人のファンがいます
愛車一覧
スバル ヴィヴィオ スバル ヴィヴィオ
5万で譲ってもらった通勤用。「金をかけずに楽しむ」をコンセプトに、思いつきでいじってます ...
スバル インプレッサ スバル インプレッサ
中古にて購入。 目指す方向はBMWのM3みたいな感じ。 パッと見普通の車っぽくて、普通に ...
その他 その他 ハイドラ用 (その他 その他)
ヴィヴィオ・インプ・フォレ以外でのハイドラ用
スバル フォレスター スバル フォレスター
4台目(通算6台目)のスバルです。 「寝袋で車中泊できる車なら少し金を出す」という事で弟 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.