• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ひでエリのブログ一覧

2018年02月17日 イイね!

碧い乙嫁のファイアクラマーとちはやなぐ

碧い乙嫁のファイアクラマーとちはやなぐ息子の彼女を紹介してもらった!@ひでエリです。

こういうのやっぱ来るんですねぇ…ウチ一人っ子だから、この子もしかしたらオレの娘になるのか〜え〜恥ずかしい〜…なんてことを考えられないほど当日息子が爆発的な3時間寝坊遅刻をして心配やら気を遣うやらでとんでもない会食でした、はぁはぁ。

さてマンガたくさん出てまして、他のもありそうなんですが、この辺にしときます。

1.乙嫁語り10
もうこのマンガも10巻ですか…。
今回は個人的に大好きな乙嫁アミルが半分、学者スミスの驚愕展開が半分です。
アミルの「幼くても老いても蒼き狼は誇り高いものです」が、自信を失っているカルルクに刺さります。やっぱアミルはいいオンナだなぁ…。あの親父からなんでこんな思慮深い優しい娘ができたやら…。

2.蒼きホルスの瞳4
前巻で陵辱を繰り返す兄王を毒殺し、自らが王の母、摂政として君臨することになったシェプスト。
ドロドロの政治劇は健在、最愛の恋人との再会がシェプストを支えますが、兄王の血を引く異母子の息子とも微妙にズレ始めます。後を引く展開です。

3.ファイアパンチ8
終わった!まさかの最終巻。
更にイデオン感満載なヒキ。何かが発動してしまったかのようなネームのすっ飛び様。おいおい、ちゃんと終わらせろよ!

4.さよなら私のクラマー4
どうも登場人物が多くて名前と顔が一致しない状態が続いています。
前作の「四月は君の嘘」が神すぎたためちょっと期待値が高すぎたか…。
もチョイ他のサッカー漫画とか見て、登場人物の個性の振り方とか研究して欲しい。

5.ちはやぶる33
コレはビッグイニング!一気に二桁得点並みのインパクトのある展開。
ここまで何度かこの展開になるのかなるのかとドキドキしたけど肩透かしをくってきましたが、満を持して!です。
今後の展開の基点になる一冊。

6.あさひなぐ25
そうそう口聞いちゃダメ、から始まるんでしたね。喋れないというのがこんな風になるのかと、よく研究してらっしゃいます。
たまに経営学的なヤツでこういう閉鎖空間でのイジワル研究がありますが、なんの資料見てこの着想なんだろうなぁ。
何れにしても話せないことのもどかしさが、よく描写されていて素晴らしいと思いました。
そしてそれぞれが気づき、苦悩に直面したり、それを救いに大御所が最後登場したり。
楽しい展開でした。
Posted at 2018/02/17 20:48:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | マンガ
2018年02月12日 イイね!

お気に入りの黒いメルセデス

お気に入りの黒いメルセデスウチの黒いのはその辺によく走っているメルセデス、それもC180とCの中では最も非力で更にステーションワゴンという実用車である。W204後期という形式で既に型落ちとなるクルマだ。
スペックも全く大したことが無く、一昔前のダウンサイジングロープレッシャーターボのはしりで1.8L 156ps/5,000rpm、25.5kg/1600rpm〜。ロープレターボ車なら普通といって差し支えない。
実はこの何の変哲も無い「普通」のクルマであるところがとても気に入っている。

メルセデスオーナーとしては初めてとなるこの車で中古のセダンに試乗し目からウロコが落ちた。それまではゴルフ6のロープレターボ+DSGに心奪われ、次は絶対ゴルフ!と思っていたのに、例のディーゼル試験捏造の一件で私の人生は今後VW社と交わることは無いと決めた。そしてメルセデスに乗ったのだ。

自分で乗ってみて分かった。メルセデスは面白くない、刺激がない、メルセデスはどれに乗ってもメルセデス、普通の乗り味だと色んな友人がいう意味が。
しかし私にとっては至高の「普通」である。

低い回転域からリュイーンと掛かるターボ音は、乗りやすさのためにある。踏んですぐ最大トルクが出るこの駆動系セットは、ターボが生まれた意味の初心に戻り、本来の仕事をしている。昨今でこそ電気自動車のトルク特性には劣るものの、ディーゼルターボに次ぐトルク特性に違いない。内燃機関フリークであり、音や高回転域のフィーリングなど、クルマをタダの走る道具と割り切れないドライバーにとっては、ガソリンエンジンは今なお無くてはならない「心臓」である。
ガソリンロープレターボが生む低速トルクはドライバーにとって最善の選択肢のひとつであろう。

さて家族車に求めたいものは色々あるが、そのうちの1つは静粛性、ではないだろうか。
ロードノイズやエンジン駆動音、吸排気音とクルマの走行由来の音は数知れないが、走行中に車中で家族とハッキリ聞き取れる会話がしたい、良い音で音楽を聴きたいと思うのは普通の家族ニーズとしては当然のことだろう。メルセデスW204の車内は音がよく鳴る。そして静かである。
そしてタイヤの選択はこの静粛性に対してとても大事である。ロードノイズはタイヤに依存するところが大きい。せめて純正で選ばれているコンチネンタルのスポーツコンチ5あたりを履けば問題ないが、一度ハイグリップラジアルを履かせて、そのロードノイズの大きさに驚いた。言うまでもなくロードノイズ低減にはタイヤが重要な役割を果たしているのである。
次回は更に静粛性重視のタイヤに振ってみたい。

そして実用車だと言い切ったが、走りも思いのほか悪くないのだ。さすがにオモチャとして持っている趣味車のエリーゼやFD3Sの様にコーナーでクイックにヒラヒラと舞うような乗り方はしないが、太いトルクのおかげで上りのタイトコーナーなどはすこぶる楽である。クイックに振り回したことはないが、1.5トンの車体は落ち着いて、狙った通りの弧を描く様なコーナーリングをする。純正脚もよく動きよく収まる。変な挙動がなくシュッと収まる感じが気に入っている。ダンパーのセッティングが良いのだろう。これでいて乗り心地も良いのだから文句なしである。

レーダーセーフティ、ディストロニックプラスは今までにないドライブ体験をさせてくれた。当初オートクルーズ的な機能に期待は全くしていなかったが、コレなしのドライブは考えられなくなった。

気に入らない点としては…
1.全席足元のオフセット。
センターミッドに置かれたエンジンとミッションのせいで、投げ出した足が真っ直ぐにならない…。MRのエリーゼやFF車で慣れていると気持ち悪い。
フロントミッドにこだわったロータリー13BのFD3Sの凄まじいオフセット感程ではないが、右にオフセットしてしまう様なレイアウトが今ひとつ…。

2.シートポジション
ディーラーでも話したが、そんな苦情は聞いたことがないというセンター側に傾いている様な前席のシート。
明らかにセンター側に傾いている様な気がするのだがなぜ皆に気にしないのか…。
なので、センター側のシートレール下にワッシャを噛ませて15mmほど双方を傾けた。これでだいぶ緩和したが未だ傾いている様な気がする…。

とはいえ、走り良し、機能良し、止まって曲がるもよし、荷物も載って最高の「普通車」はとても気に入っている。

のだが、友人達からは壊れるぞ!と脅されている。壊れる場合はセンサーの老朽化や誤動作、接触不良などほぼ電装系からくる様で、自らのDIY歴で最も苦手な部類。
なるべく壊れないでいて欲しいものだ。

既にヤナセに持って行く気はもうないので、日常整備は全てDIYにしようと移行中。先ずはオイル交換、のタイトル写真である。
Posted at 2018/02/12 13:06:48 | コメント(4) | トラックバック(0) | 黒メル生活
2018年02月10日 イイね!

西伊豆、夏の海

西伊豆、夏の海ここまでのあらすじ
バイクで日本一周中。太平洋側を抜け友人と伊豆自転車一周サポート中。
=======
蒸し暑いテントの中で目が覚めた。
テント前室でまだ寝ているカメを叩き起こしてテントから這いずり出る。
今日も暑くなりそうだ。天気がいい。

視界の端にある1人用のテントには昨夜一緒に飲んだユリが寝ているはずだ。
ユリが寝た後も男3人であーでもないこーでもないと勝手に美脚美人ユリの噂話に花を咲かせて妄想レベルMAXで寝たので、顔を合わせたら赤面してしまいそうだ。

逃げるようにして海水浴場の水場に行って顔を洗いヒゲを剃る。バシャバシャバシャ…

「おはようございます!」

不意に後ろから声をかけられ飛び上がる。

「あっ!ゴメンなさい、驚かせちゃって
!」

ユリだった。想定内だが完全に油断していたのでビックリしてしまった上に、思った通り昨夜の妄想が蘇って赤面してしまう。ユリの方を向かずに火照った顔を隠すようにもう一度顔にバシャっと水をかけてから首タオルを広げてゴシゴシと拭き、リセットしてから返事をした。

「おはようございます、ビックリしました〜。朝ごはん味噌おじやと魚肉ソーセージの焼いたのでいいですか?」

「え〜ご相伴に預かっていいんですかぁ?」

「もちろんですよ、一人分追加するのは全く大したことないので。味は保証しませんけどね」

そんなことないです、昨夜のご飯美味しかったですよ、というセリフへの返事は笑顔でスルーしつつ、ユリの顔に正対する。うん、確かに美人だな。また赤面しそうだったので目をそらす。

魚肉ソーセージは常温で保管できるのでこういうバイク旅では重宝する。いつも数本は持っておくのだ。せっかくなので道向こうのコンビニで卵も買ってきて目玉焼きも作ろう。食べてくれるお客さんがいると作る方もモチベーションが上がる。

昨夜の残りご飯に粉末味噌汁を2袋ほどブチまけ、沸かしておいたお湯をかけて味噌おじやとする。
折りたたみフライパンに油を引いて、魚肉ソーセージをハサミでちょきんちょきんと切ってフライパンに落としていく。そして塩コショウをぱっぱと振って終わり。
目玉焼きは2つずつ割って一度に2人分を作成。蓋がないので堅焼きになりがちだが文句言う奴には食わせない。

ゴソゴソと起き出すヤマカメの尻を蹴飛ばしつつ配膳する。といっても紙皿に乗せて地べたに置くだけだが。

今日は午前中は海で遊んでからゆっくり出発しようと昨夜決めておいた。朝、片付けに追われないというのは心理的に楽だ。

「私は朝ごはんを頂いたら先に出ますね」

あからさまに残念そうな顔をするヤマ。
昨夜の妄想の1つにユリが水着を持っていて一緒に遊んでくれる、それもビキニ!というものがあったのだが、現実はそう甘くないのだ。

「そうですか、朝まで付き合ってくださってありがとうございました。会えてよかった、とても楽しかったです。
またどこかで会えたらいいですね。」

そう言って笑顔で送り出した。
ユリも笑顔で手を振り、ヘルメットを被ってゆっくりと石廊崎に向かって走り出していった。

その後我々はヤンチャな中学生時代に戻り、磯付近で潜ったり浮かんだりしていた。本当はダメだが、貝を拾ったりウニをとったりして晩飯を優雅にするために頑張った。
息の続く限り潜るので、海中のものを拾って浮かぶ時は既に息はギリギリである。
水面を見上げると、あ、コレは死ぬなと未来少年コナンにはなれない自分を思い知る。実際にはギリギリ間に合うが。

その日は結構な採れ高でホクホクしながら、早い時間からの夕飯となった。
ウニの棘が刺さったカメはトゲを抜くのに一人で騒いでいた。とげ抜きなどないものだから爪切りで抜こうとしていたのだが…

「うわぁ!別のとこ切ったぁ!イテェ!」

ご愁傷様である…。
Posted at 2018/02/12 08:54:32 | コメント(4) | トラックバック(0) | 野宿日本一周
2018年02月08日 イイね!

絶車ノイン

絶車ノインナチスの軍服はカッコいいから真似禁止!@ひでエリです。

未だナチスの亡霊に悩まされるヨーロッパですが、ともかくナチス関連は全部禁止ですよね。その中でも軍服は絶対禁止らしいのですが、その理由がこれらしいです。

若者がカッコいい、と扇動されてしまうそしてナチスという文化が肯定されてしまうのがNGなのだと。
なるほどな〜そういう価値観で日本人はもの考えないな、と思いました、はい。

この間にもたーくさんマンガ読んだのですが、さすがに面倒なので本日から仕切り直しです。

1.ぜっしゃか1巻

いやいや、絶車をレストアする女子高生の学科があるって、もう宇宙レベルでレアすぎでしょ。そんなのあるわけ無いです。
SF的な荒唐無稽感とは全く異なる、想像できる荒唐無稽感とでも言いましょうか。
よくこんな絶対売れなさそうなプロット思いつくなと。
で、オレは買ってしまうと(笑)

正直オススメしません、ただの絵日記マンガなので絶車が出てくるのが少し懐かしいくらいです。
でも1話目のフロンテクーペや中盤に出るバンデンプラプリンセスとかは正直欲しいですね。
ボロボロなのを自分で時間かけて直すのが楽しいのは良く分かります(主にナナちゃん方面で)
2巻は…買わないかな…

2.ノイン2巻

高橋ツトムの最新作、ノイン2巻。
ヒトラーのDNAから生まれた13人の子供を「壁」が守ります。9番目のノインがこの話の主人公。子供達を守る「壁」はそれぞれ1人に1人ずつ。8番目の子供の「壁」であるナオミが表紙です。
日本刀使いってコア過ぎじゃね、と思うのですがまあそこは置いときますか。
正直まだ2巻では何にもわかりません。
作者の語りたいことの1/10程度しか語れてないのではないでしょうか。
高橋ツトムクオリティなので絵は大好きです。
まだ導入部分ということで評価はしません!
Posted at 2018/02/09 00:10:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | マンガ
2018年02月07日 イイね!

やっとみました星間戦争8

やっとみました星間戦争8さよならルーク…@ひでエリです。

今週金曜日で上映終了というスケジュールの中、なんとか滑り込みで映画館で観ることができました。

確かに何度か良い意味で裏切られる展開はあるものの、正直出来としてはスターウォーズシリーズの中では下から数えた方が良いのではないかという印象です。あ、後でフォローします(笑)
(好きな人ごめんなさい、私見です)

もう全国的に上映期間があと3日ってことで、ぶっちゃけてネタバレOKでいきます、勝手に(笑)

・エピソード5もそうでしたが、真ん中の話はどうしても尻切れとんぼかつ、導入部分が単なる前回延長という「前回からの続き」モノなので、そこでワクワク感は半減すること。

・そんで多分レイが前作比で太っちゃって、二の腕がぷよぷよになってること(個人的には好き)

・ローズちゃんが余りにインスタ映えしないこと…

・宇宙のはずなのに何だか重力があるかの様な表現が多過ぎてSFファン的には詰めが甘い様に感じること(爆撃って?落とすって?は?)

・パンフの表紙の絵が「◯ンダム?」という感じのレイなこと。

・カイロ・レンってカッコいいの、これ?なこと。

・レイアの晩年感が半端ないこと…

な辺りがどうにもこうにも、映画の中でレイだけが奮闘している感じでこの後が心配になりました。
もうちょっと華のあるキャラ出して来てほしいと思います。

ただしストーリー展開はなかなか骨のあるもので、これまでのスターウォーズを見続けて来てる人なら、なるほどね〜こうくるか、流石スターウォーズ観て育ってる造り手だけあるな〜よく分かってる、という何故か上から目線になる展開でした。

親玉殺した後にオレと手を組んで銀河に秩序をもたらそう、なんてセリフはエピソード3のおじいさんそのものですし、ジェダイが天寿を全うした時の逝き方は消えてなくなるってのが王道だよね、とかエピソード6のベン・ケノービを思い出す逝き方だったりとか、過去の作品のオマージュ、世界観を壊さない、続いている話、これからも続く話であることを強く意識させる作りでした。

そしてやはりジェダイマスターはヨーダ!これに尽きる。この達観した人生観、全てを理解した俯瞰の世界観、今回この人が出て話を締めてくれなかったら、ルークに失望して終わるところでした。

レイの覚醒にもホッとして次回を待てる感じです。

現場からは以上で〜す。
Posted at 2018/02/07 08:54:03 | コメント(7) | トラックバック(0) | 徒然

プロフィール

「@ジョーヌさん ウケる」
何シテル?   02/18 21:46
ひでエリ です。よろしくお願いします。 エリーゼを愛し、ナナちゃんを愛し、ロッテを愛し、酒を愛しています。 最近サーキット全く行けてないので、改題しまし...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

アクセサリー電源取り出し(シガーソケット裏)2口シガーソケット取り付け 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/15 10:34:36
AGT AUGMENT クイックリフトダンパー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/24 23:59:28
GPSロガー(フォトメイト887)データと車載ビデオの合体 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/27 22:26:23

お友達

みなさんのエリナナライフ、カーライフを参考にさせていただいております。
存じ上げないショップさん、コメントを交わさずのいきなりのお誘いはお断りします、ゴメンなさいね。
141 人のお友達がいます
あんだ~あんだ~ * やっちゃん!やっちゃん! *
ANYOKiNG 【DRiViSiON】ANYOKiNG 【DRiViSiON】 *みんカラ公認 まるしまるし *
しゃあ☆彡@TRしゃあ☆彡@TR * ふじRふじR *

ファン

60 人のファンがいます

愛車一覧

ロータス エリーゼ 蓮沼エリちゃん (ロータス エリーゼ)
乗ってて素晴らしく楽しいクルマ。雨に弱いバイクのような車(笑)! 普段乗りでも充分異次元 ...
メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン 黒メルちゃん (メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン)
白猫のはずが黒メルに。 さらに英国かと思いきや独国。 一生に1度は乗ってみたかったメルセ ...
マツダ RX-7 おむすび沼ナナちゃん (マツダ RX-7)
FD3S 1型増車。俺もキイロの仲間入りだぁ! 息子が大学生になるのを見越して、数年前に ...
ホンダ XLR250R BAJA 本田トンボくん (ホンダ XLR250R BAJA)
人生で最長の寵愛期間を誇る我が愛車。 大学生時代、日本一周からエンデューロレース、サボり ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.