車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月21日 イイね!
ついにYahooにもオレオレ詐欺が!今日も暑かったですな!盛岡市内では30度を越えてましたが、地元でも27度くらいにはなったのではないだろうか・・・。

昨日Yahoo!プレミアムから「選ばれました!」という旨のメールが届いた。まぁ、この種のメールはスルー、むしろ胡散臭さも感じるくらいだ。
まっ、『オレオレ詐欺』というの冗談だが、このメールは釣りで、その後に何かあるのだろう。

さて今日のブログも農作業ネタでGo!


遅れている農作業、ようやくユリも定植までこぎ着けた。遅れの一番の理由はビニールハウスをかける時期が2週間は遅れたことだ。

5目の網を張った床に球根を置いていきます。


三ツ目が通る、じゃなかった、三ツ芽です。このまま植えますと三本の茎が出てきますが、概して細身+花芽も少なめ。これは分球できなかったが、双子とかで分球しかけているものは割って定植した。
ユリの定植は小生の担当、その時家人は・・・、


代かき中でした。代かきは約2時間で終了した。小生の球根置きも2時間で終了。


ではトラクターを洗車します。
入念に洗うのはリアタイヤの内部。ロータリーの爪は意外に土が付いていなかったよ。

田植え他の日程がだいたい決まった。小生の田んぼは来週の土日、明日の月か火には除草剤散布をしないと。
それとユリの定植後にワラ敷き、エバーフロー設置と灌水、トルコキキョウの定植用床作りと盛り沢山だ。

とはいえ買い物にも行ってきた。


まずは玉掛けワイヤ。径の太い方が623円、細い方が590円。
もちろんPTOシャフトの切り離し目的。あればあったで牽引にも使える(かも?短いし細いので心許ないが)。


シャックル168円。これは各種サイズを購入しておきたい。今後の課題だ。


平タガネ515円。これもPTOシャフトの切り離し目的。たぶんインナーとアウターが密着してその摩擦でスライドせず切り離しができないものと思う。密着面をこのタガネで叩いて空隙を作ってオイルなどを流し込めれば少しはいいかも?


今度はAPさん。
オイルスプレー、初めて聞く商品248円(税抜き)、マグネット面ファスナ280円・同、3/8DRユニバーサルジョイント480円。

マグネット面ファスナは早速使用したが、詳細は整備手帳にて。


ユニ黒でソックス購入千円ちょっと。ファッションは何でもユニ黒というわけではないが、コスパに優れているので購入。今日は少し店が混んでいたが、年配の女性が列に並ばず会計をしようとしていた。市場の露天なんかでも順番を並ぶことができない人が多いな~。

『列に並ぶ』というのは都会のマナーなんだな。
Posted at 2017/05/21 21:54:11 | コメント(4) | トラックバック(0) | 買い物 | 日記
2017年05月20日 イイね!
『心が折れる』という表現はいつの頃から使われ出したんですかね?10年も経ってない気がするけど。言葉(単語)というもの、未来永劫変わらないものではなく、時ととともに盛衰していきます。
『新しい』は”あたらしい”と読むが、『新た』は”あらた”と読むなど、時間の途中で”た”と”ら”の位置が入れ替わってしまったと思われる言葉もある。

って、何が言いたいかというと、新語造語はあまり好きじゃないんですよね(←『って』とか『つーか』も新語だけど)。


午前中は家族を病院へ連れて行き、戻ったのが12時半頃でした。
帰宅が遅くなりそうだったので予め作業着・長靴をイケスポに積み込んで、田んぼ近くの休憩室に直行および作業にかかれるように段取りはしていた。

昼食後はイケスポ車内で昼寝をしていたのだが、


暑い!汗だくになって昼寝は中止した。
ちなみに休憩室には二人くらいなら横になれるスペースはあるが、コンクリートのタタキのみなので寝るのには少し痛いかな。


では田のクロ(畦)の草刈です。


いまいちチップソーの切れ味が悪い気もするが交換は次回にして、今回はこのまま。


家人はというとユリの球根の定植準備です。
納品時にはピートモスという川藻の一種にくるまれているので、それから掘り起こします。
既に芽が出てきています。


これはウチの自家球根・冬越し。
芽が出ておらず、球根の締まりも悪い。多分使い物にはならないだろう。


県道脇も除草します。実は先週除草剤を散布しておいたんですが、それが効いてまして草丈というか勢いがかなり弱まって集草量が撒布していないところの1/3位でした。


とっていいのは写真だけ、残していいのは足跡だけ。タバコの投げ捨てなんて論外!

ただゴミは拾わないと「あっ、ココはゴミを捨ててもいいんだね」的に勝手な解釈をされる可能性があるんで、極力拾ってます。


最後のクロの草刈。
なんか黄色を残したくて、右半分だけ刈った。勿論、黄色の花の脇にも雑草はあるのだが、取りあえず残した。


これ何の花ですか?


さて底付きしたPTOシャフトを農機メーカーさんで外して貰った。
今クボタはブロキャスが3点リンクで留まっているだけで、PTOは付いていない状態。


どうやって外そうかな?


取りあえず引っ張ってみることにした。
固定側はトラクターのウェイト。


PTOのベアリングを壊さぬよう、U字型のところにパイプを通して、


牽引側はミニキャブ。タイダウンフックにシャックルを付けて牽引してみる。
ホントはミニキャブでは牽引は不可、タイダウンフックも牽引用ではない。


おそるおそる引っ張ってみる。
ミニキャブの重量約800kgくらい?牽引相手が軽トラ自身だったら引っ張れるだろうし、相手がトラクターだからシャフトの底付きも抜けるだろう。800kg以上の力が必要でないならな、だ。


ぐにゃっ!という感触があり、パイプが折れたorz。ようやくここで「心が折れた」に繋がるわけですな。
牽引ロープでソフトにやったのが逆によくなかったかも?パイプを挟めずにワイヤーなんかで
、直付けした方が力が一気にかかっていいのかも知れない。


次回のチャレンジだが、黄色のカバーを割ってシャフトを露出させ、摩擦箇所にグリースかCRCを塗布しておこう。カバーの処遇はまた考えるとして。
それからワイヤ-を入手しておくか。


そんな事を考えながら、折れたパイプを炙るのであった。
2017年05月18日 イイね!
サラリーマン農家の悲しい性(さが)なんか悲しげに田んぼを見てる、みたいなミニキャブ・・・。車を擬人化するのは好きではないのですが、この絵面からはそんな気にもなります。

農作業も目白押しだがDIYは放置プレイ、とあまりいい状況じゃない。仕事の大きい山場は過ぎましたが、小山がまた迫ってきてる。要は仕事の進め方がヘタクソなんですな。この小山を超えてからDIYにかかろう。PTOシャフトを外すこと、トラクターの間欠ワイパー化、田植機のバッテリー充電と整備、とやること一杯。


除草剤も少しずつ効いてきました。


さて本日は荒掻きです。
水を入れない状態で一度耕起して、湛水後に耕起することを荒掻きと言います。

水は少し多いような気がしますんで、


取水口を少し狭めた。が、これが後で軌道修正に。


コレくらいゴミがたまるんですよね~、撮影後ゴミを撤去。


荒掻き作業にかかる前にまず米苗に灌水。


根張りがこのような感じです。何かの原因で根張りが良くないと培土(敷いた土)をグリップできず、ボロボロとこぼれ落ちます。そうすると田植機背面の苗載せ板に積載できず、田植えできない。それもあるが、仮に植えても活着できないだろう。


灌水終了後、自宅に戻り、ハローを装着します。


ブロキャスでヘマして以来、ワンタッチのありがたみを感じます。


完了。


では荒掻きにGo!


でもその前に、ワークランプのステーが緩んでいることに気が付いた。
ハウス耕起の際、天井をぶつけた(擦った)のだろう。少しだけ締め付けした。

道路には例のオイル染みが・・・。これを見る度、次回はヘマしないと固く心に誓うのであった。臥薪嘗胆!


後輪にカゴ車輪を付けて沈み込むのを防ぎます。


これでカゴ車輪の効果が分かると思います。


では荒掻き開始。


2枚目を終えたところで親戚が来た。ウチの田んぼは南北の長方形なんですが、北側の端数メートル分が掘れて水深が深くなってる。
2枚目の田んぼの土の偏在を指摘され、土を持って来る気味にして荒掻きせい、とのことだ。


どんなものか分からんが、やってもらった。
水の量も少ないとのことで、狭めた取水口を今度は開いて貰った(内心、「開き過ぎじゃないのか」と思ったが)。


本日は仕事に行かねばならず、この時刻で一度終了した。
って、サラリーマンだから仕事優先だよね(←当たり前か!)。
Posted at 2017/05/19 07:46:09 | コメント(2) | トラックバック(0) | 農作業 | 日記
2017年05月15日 イイね!
壊してしまったブロキャスのベアリング周りですが、農機メーカーから連絡があり、修理はできるが費用は5万円くらい、期間は今週いっぱいかかるってさ。もちろん修理をお願いしました。
さくっと原因を聞いたのですが、やはり底付きではないかとのこと。しかもPTOシャフトのインナーがアウターにすっかりはまって抜けない・・・とも言っていた。このままでもベアリングの修理自体は可能のようだが。


底付きの原因は何か?昨年の写真を見ていたら、気が付いた。
「昨年はPTOシャフトのアウターごと外していた」ようだ。今回はアウターはロータリーのものを残し、インナーは残してブロキャスのものを使ってた!対応するインナー・アウターを取り違えて取り付けしたから”長めのインナー”と”それに対応しない長めのアウター”同士で底付きしたわけだ。

PTOシャフトは農作業機のポジションが上下するごとにインナーがスライドして長さを調整するわけですが、それができなかったことになる。


写真では見えないがインナーはブロキャス添付の正しいものだが、アウターはうんと短いものが標準だった。

PTOシャフトのアウターまで交換する、ということまで頭が回っていなかった・・・。あんなにきつかったインナーにはちゃんとした理由があったわけだ。『オスメスがあってません!』てね。
2017年05月14日 イイね!
手作りのお団子
いよいよ、松本伊代、湛水開始です。田植えの目標は5月27日(土)か28日(日)のいずれかで、その前に荒掻きと代かきと除草剤散布になります。荒掻きは多分平日の早朝に、代かきは土曜日ですかね。
まずダム現場のゴミを片付けて、ストレーナも設置します。写真上の煤けた箱はですな、堰に流れてきた落ち葉や灌木を引っかけてくれます。


今年はなんか堰の水量が多い気がしますが。
堰の水を横取りできるよう、途中に鉄板を敷設します。堰の途中で水が盛り上がってますが、そこに鉄板があります。


次にクロを越して湛水できるよう、隣の田に水を引き渡す仕掛けを作ります。
毎年のことで進化がありませんな。
常設の水路作るべきなのか、どうせ冬で壊れて春のクロ塗りで潰れるから簡易のほうがいいのか・・・。


これはバッファです。直接水が田んぼに落ちるようにすると落水の勢いで底面が掘れてしまいますので、やさしくランディングさせるための簡易工夫♪

あと全部の田んぼのクロ(畦)を歩いてクロが壊れてないかとか排水の蓋が閉まってるかなどを確認して、


9時半頃湛水開始。


さて休憩後はユリの定植用床(とこ)作りです。
って、写真では既にできあがってますが、網を張って、弛み防止のイボ鉄筋を刺します。ちなみにユリの球根は毎年買ってまして、今年は18日頃納品予定。週末にて移植作業、つーことは来週末も潰れるわけだorz。


購入の他、昨秋に掘り上げて現在解凍中の自家球根もあるので、この写真とは別なハウスにも床を用意する予定です。あぁ、これも来週末か・・・。


午後の作業。家人は床作りの残りの分、小生はハウス周りと休耕地の除草です。
タンポポがすごい、つーかひどい。年々数が増えていくような気がしますが、除草しなきゃ、って思うのが綿帽子になったところで、要は時既に遅し。今年はまだ黄色が生きている内の除草とします。


除草剤を散布。


コッチの休耕地も除草剤を撒布、ここには同じ黄色でも菜の花とかを植えてみたいものだ。


道路脇には除草剤を撒布し、田んぼの近くのクロは刈払した。今年最初の刈払機登場ですが、始動も無問題、手入れしていたわけではないが結果オーライ。
before


after


この時間となったが、湛水は約1反歩分終了。約7時間で表面全体に水が行き渡るまできた。

さて長らくお待たせ致しましたが、これから団子の製作(製造・加工?)をします。


材料は小豆と軍手とマイカ線(ハウステープ)とタイラップ(笑)。

ここでいう『団子』とはハウスビニールの屋根を留める際、マイカ線を向こうへ投げ渡すために使うもので、ウチでのニックネーム。マイカ線のパイロット(水先案内人)になります。
マイカ線は引っ張りに強く、縦(長手方向)に裂けても横方向には裂けにくい製品。それをハウス屋根にかけていくので、団子は個数が多い方がいい。今冬はネズミに食われてボロボロになったもの多し。


みんカラらしく、車のDIYグッズを使います(笑)。それは”タイラップと556”。


まず指の根本をタイラップでカシメます。指先まで小豆が行き渡らなくてもいいので。


適当な量の小豆を入れます。適当な匙とかがなく、556の蓋を使った。これもみんカラ的!


2杯弱というところでした。
手首にあたるところを、これまたタイラップでカシめて、不要な分をカットします。
従来はマイカ線のお古で縛ってました。が、時間が経過すると緩んでくるんですよ。タイラップだと緩み止めがあるからいいかな?なんて。


最後に指先と手首をマイカ線で再度縛ってループにして、完成。
いうまでもなくこのループのところに屋根用のマイカ線を仮留めするのですな。団子には適度な重さと柔らかさが必要で、その仕様を満たすためには手作りが必要なわけです。チャンチャン♪
Posted at 2017/05/14 20:57:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | 農作業 | 日記
プロフィール
「最近PCが遅いのはサイバー攻撃のせい?」
何シテル?   05/14 19:09
ミニキャブマンです。よろしくお願いします。 理由あってミニキャブ買い換えました。DIY一からやり直しです。HNの通り、三菱の軽トラ「ミニキャブU62T」に乗っ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
YUPITERU DRY-FH220M 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/11/17 19:31:50
お友達
よろしくお付き合い下さい。
28 人のお友達がいます
LowStyle102LowStyle102 * 瀬良瀬良
べべ2べべ2 働くキリギリス働くキリギリス
カプリコン11カプリコン11 M-4M-4
ファン
28 人のファンがいます
愛車一覧
三菱 ミニキャブトラック ニューミニキャブ (三菱 ミニキャブトラック)
9年乗ったミニキャブにお別れ、新しいミニキャブです。嬉しい反面、DIYし直しです。お金が ...
三菱 RVR RVR (三菱 RVR)
平成27年3月30日月曜日に納車されました。
三菱 eKスポーツ 三菱 eKスポーツ
イケスポは家族の車ですが、私がメンテしています。 マイチェン前のH81Wにも乗っていまし ...
ヤンマー ヤンマー エコトラ AF250 ヤンマー ヤンマー エコトラ AF250
農作業と冬期間の除雪用です。小回りがきき、キャビン・冷暖房付きなのでこれからの時期助かり ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.