• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

RaySureのブログ一覧

2017年10月09日 イイね!

藤枝~御前崎へ

藤枝~御前崎へ昨日は札幌への出張からの帰りにCANバスアダプターの交換を行ったのですが、今度はETC車載器の接続不良が出てしまいました。

 三連休最終日の今日は第2月曜日。ディーラーに連絡を入れると展示会のみの対応ということで、いよいよ自力でバラさなきゃいかんかなあと思いながらグラブボックス内のETC車載器をチェックしたところ、車載器側の接続コードの付け忘れを発見。ETCアンテナ、ナビ接続コード、電源の3つをさくっと取付けて5分で作業終了してしまいました。

 メカニックさんのケアレスミスですが、ナビ本体側の問題ではなかったということでこれは僥倖であるとポジティヴに受け止め(笑)ふらりとドライブに出掛けました。

 まずは昼食。あまり知られていないのですが、静岡県の中部から東部には美味しい蕎麦屋さんがいくつもあります。
 【八兵衛】はその代表格ですが、ここはシーズンを問わず気軽に手打ちの美味しい蕎麦が食べられるお店です。
 新蕎麦にはまだ少し早い時期ですが、ひと足先ということで天もりそばをいただきました。

 お腹が満ち足りたところで藤枝からR150を経て御前崎を目指しました。
 実は納車直後にも一度出掛けているのですが、梅雨時だったためあまりゆっくりできませんでした。
 今日は好天。外気温も25℃前後と過ごしやすく、窓を少し開けてレコードモンツァの快音を愉しみながらのドライブです。

 藤枝から1時間ほどで御前崎に到着。特に混雑もなく快適なドライブでした。
 御前崎の駐車場には午後3時40分に到着。ここから階段を100mほど登ったところに御前崎灯台がありますが、見学は午後4時に終了してしまうため、周辺をぶらぶら散策しながら過ごしました。
 日没までは1時間半ほど。ここで少し迷いましたが、いいパノラマ写真が撮れたので、今回は早めに撤収。

 帰りは東名経由で1時間20分ほどで静岡市内に戻りました。

 次は夜明けから早朝にかけての時間帯に来ることを考えています。
Posted at 2017/10/09 19:04:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2017年09月10日 イイね!

アバルト595パーツ10選(2017年9月版)

アバルト595パーツ10選(2017年9月版) パーツレビューもそろそろ100件に近付いてきたところで、個人的におすすめのパーツを挙げてみました。
 スパルタンでストイックな方向性とは真逆の、快適性と煩悩に満ち満ちたリストになりそうですが(笑)ストリートユースの基本を外さず、クルマ生活を楽しむアイテムの数々といったところです。



【第1位】A.TRUCCOオリジナル シートローポジションアダプター
 このクルマの悩みどころであるドライビングポジションを劇的に改善させるアイテムです。
 ステアリング位置に比しペダル位置が近すぎるため、ノーマルでは足が疲れやすいのですが、これを導入することで自然なポジションがとれます。また、視界も自然になります。
 特にロングドライブの多い方にはマストアイテムだと思います。


【第2位】
THREE HUNDRED リバウンドストップラバー
 ステアリング操作のダイレクト感と正確性が向上します。低速から効果を実感でき、高速域でのレーンチェンジも安定します。
 狙ったところにスパッと鼻先を向けるスポーツドライビングの醍醐味が味わえます。


【第3位
Orque Technique Ideale ピュアスポーツパドルシフト
 パドル操作に必須のアイテム。
 構造用両面テープでの取付けですが、しっかり装着できます。
 手触り、操作感ともに良好です。


【第4位】
 OKUYAMA ドライバーフットレスト
 右ハンドル仕様の左足の収まりどころとしてベストのアイテムです。
 足底全体が乗せられるので、ロングドライブが楽になります。


【第5位】
PHASS FD 0590ex
 12.5cmのアルニコフルレンジ。知る人ぞ知るPHASSのベストセラーです。
 駆動力のあるアンプと組み合わせることで極上の音を奏でます。
 メリハリよく「歌う」低音域、ボーカルの息遣いまで再現する解像度抜群の中音域、そして伸びやかで聴き疲れのしない高音域まで、しっかり繋がった豊かで正確な再生能力は、ピュアオーディオの音を彷彿とさせるものです。
 レコードモンツァの快音にも負けないパワーも兼ね備えており、大音量でも音が濁ったり歪んだりしないのも特筆すべきところです。
 お気に入りのBGMとレコードモンツァの快音で、映画やドラマの主人公の気分に(笑)


【第6位】
OKUYAMA CARBING トランクブレースバー
 ボディ補強はここから始めるのがおすすめです。
 コンパクトハッチの宿命ともいえるリヤ開口部の補強アイテムですが、取り付けが容易で効果がはっきり現れます。
 ワダチの乗り越えや高速域でのレーンチェンジ、クリッピングポイントで、リヤタイヤの挙動が落ち着き、外乱があっても狙ったラインをトレースしやすくなります。
 A.TRUCCOのリヤレインフォースメントバーのほうが効果的ですが、同時使用も可能なのでさらなる補強を行う際には考慮してもいいでしょう。

【第7位】
BlueWideMirror ブルーワイドミラー
 純正の1300Rに対して1000Rのブルーワイドミラーです。
 純正ミラーは死角がやや大きく、夜間、後続車のライトによる幻惑が問題になりますが、これでかなり改善します。
 安全に関わるアイテムなので、早めの導入をおすすめします。


【第8位】
azzu mijas 🇮🇹あっずホルダー500
 仕上げが綺麗でとても使い勝手の良いドリンクホルダーです。
 セミオーダーの製品でバリエーションが豊富。注文してから届くまで数週間を要しますが、待つ価値のある品です。


【第9位】
エーモン 静音計画 静音計画 ロードノイズ低減マット(M) / 2660
 ロードノイズ低減とともに、足元からの振動を抑制するアイテムです。
 ロードノイズの減少はもちろん、ロングドライブでの疲労がかなり軽減します。

 導入も容易でコストパフォーマンスの高い製品です。

【第10位】
EMU'S ENGINEERRING アルミヒールプレート
 デザインの素晴らしい純正フロアマットの弱点を補強するアイテム。
 実用性もありますが、ペダルやフットレストと同じ素材で統一感が出ます。



 他にもおすすめパーツは数多くありますが、現時点でのベスト10は以上のとおりです。
 挙げてみると五感に関わってくるパーツがほとんどですが、このクルマの特色がよく現れていると思います。
Posted at 2017/09/10 22:23:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | パーツ | クルマ
2017年07月06日 イイね!

アバルト595あるある

アバルト595あるある納車からひと月。購入前のリサーチで諸先輩たちによる数々のツッコミどころを知りましたが、ホント笑っちゃうくらい面白いクルマです。

既に何万キロも乗っていらっしゃる方はもとより、これから購入を考えている皆さんのためにまとめておくことにします。


【ドライビングポジション】
 座った瞬間の違和感といったらありません(笑)
 「ミニバン?いや軽トラかこれ?」
 これまで経験してきた、定評のあるドイツ車やマツダ車のナチュラルな姿勢とは対極。しかもシートだけは超ハード(笑)
 ペダルが近くてステアリングが妙に遠い。しかもテレスコピックなし。腕長の私でもバックレストを立て気味にしないと厳しいです。
 100kmの運転で右前脛骨筋のこむら返りが起こるとか、普通じゃないとしか言いようがありません(笑)

【コンパクトなのに小回りが利かない】
 軽乗用車並みの車体に強力なエンジンを詰め込み、4ポッド対向ピストンキャリパーと40プロファイルのタイヤなんて無茶なことをした代償です。最小回転半径はなんと非公開(笑)
 前車のアテンザと感覚的にはほとんど変わらないので、5.6mくらいあると思います。

 ※追記:取扱説明書で5.4mであることを確認しました。まあ、大物ですね(笑)

【座る人を強烈に選ぶサベルトシート】
 私は175cmの標準体型ですが、腰骨の部分が当たるというか締め付けられます。フルバケとは妙に異なる被拘束感を味わえる稀有な椅子(笑)
 それからさんざん言われてますが、リクライニングダイヤルはドアを開けないと操作できません。納車時のインストラクションで担当さんが真っ先に言及してました。
 まあイタリア人は運転中にバックレスト調整なんかしないのだと割り切ってましたが(笑)、サイドサポートの後ろに手を回して後方からアプローチすると回せることを発見しました。
 ただし、その姿勢で運転するのは危険すぎるので、やめておきましょう(笑)

【シートベルトバックルの位置】
 低すぎます、というかなんでこんなところに埋まってるんだよと(笑)
 目視しないでシートベルトを装着しようとして、内側の隙間に差し込んでしまう「あるある」は、たぶんベース車と共通でしょう。

【パワーウィンドウスイッチ】
 オープンカーでもないのになんでシフトスイッチのところにあるのかと(笑)
 窓開けようとしてドアミラー動かすのも「あるある」でしょう。

【小物入れ】
 シリーズ4になってようやくグラブボックスに蓋が付き、コーナーでドリンクホルダーからペットボトルが吹っ飛ばなくなるなど、改善著しいですが(笑)、相変わらず小物入れのたぐいは少ないです。そんなもん自分でなんとかしろという主張すら感じます(笑)

【ウインカーレバー】
 国産車やドイツ車のしっかり感とは対極の曖昧で妙にヤワな感じがいい味出してます。しかもときどきバキッと鳴ります(笑)

【パーキングブレーキ】
 シートベルトバックル同様、低い、というか妙に遠いです。レバーの仕上げと手触りが極めて良好なのと対象的なゴムブーツのチープさは見逃せません。

【メインメーター】
 シリーズ3までのイエーガーの同軸メーターの異様な見づらさには及びませんが、なかなかツッコミどころ満載です。
 ノーマル、スポーツの両モードともに視認性は良好で、デザインも好きですが、ノーマルモードとスポーツモードで時計の位置が違うとか、まるで人間工学に挑戦しているかのようです。これも「主張」でしょうか(笑)
 しかも時計合わせの方法がなんか特殊(笑)。オーディオの取付けを行っていただいたサウンドガイアの社長さんですら、ディーラーの工場長に問い合わせたくらい。ちなみに私は「発見」してました(笑)

【ブースト計】
 右ハンドル仕様のいかにも取って付けたような配置。そのくせしっかり前方視界を制限する無駄な存在感(笑)
 スポーツモード表示?メーターが赤くなって嫌というほど主張するので意味なし(笑)

【ワイパー】
 皆さんご指摘のとおり、鳴きまくります。水はけ自体は良いのですが、フロントウィンドウの三次曲面が特殊なのか、撥水コーティングとワイパーブレードの材質、ウィンドウの濡れ具合などの諸条件のストライクゾーンが異様に狭い感じがします。
 間欠ワイパーの無段階調整なんてありません。雨滴感知?なにそれおいしいの?の世界(笑)
 そのくせワイパーOnでリバースに入れると、リアワイパーが勝手に動き出すという、謎の親切設計(笑)。思わずワイパースイッチ確認するのも「あるある」でしょう。

【ヘッドランプ・スモールランプ】
 ライトはOn/Offのみ。お洒落なデイライトは点きっぱなし。ここまでシンプルだと男前とすらいえます(笑)

【デフォルトでOffになっているTTC】
 TTCは駆動輪の空転を制御する疑似LSDで、基本的にOnの状態で運転するものですが、エンジンをかけた状態ではOffなので毎回スイッチを押さなければなりません。しかもその場所がエアコンパネルの中にあるという不思議(笑)

【レコードモンツァ】
 コンペティツィオーネはこれ抜きでは語れません。
 エンジンをかけた瞬間に注目され、視界から消えるまでガン見されます(笑)
 ノーマルの円形のカバーから後付け感満載の4本出しのルックスもさることながら、これホントに車検通るのかと心配になるくらい獰猛な音です。
 担当さんいわく、

 「焼けてきたら落ち着きますよ」

 とのことですが、どうなることやら(笑)


・・・とまあ、ぱっと思いつく限りでもこれだけ挙げられます。アウディやBMW, 国産車ならトヨタやマツダあたりではありえない仕様ですが、これら数多のツッコミどころすら、笑って許せるくらい魅力的なのがこのクルマです。

クルマ選びや運転は、異性との付き合いに喩えられることが多いですが(スターリング・モスの名言、というか迷言などもその文脈でしょう。彼が何を言ったかは検索してみてください)、よく言われる、

「いいクルマに乗るならドイツ車を選べ。好きなクルマに乗りたいならイタリア車を選べ」

という文言がはっきり当てはまる。そんなクルマです。1000km乗っただけで、これだけのネタを書けるんですから、楽しいとしか言いようがないですよね(笑)
Posted at 2017/07/07 00:47:26 | コメント(3) | トラックバック(0) | レビュー | 日記
2017年07月05日 イイね!

再び空港へ

再び空港へ暇を見付けては走行距離を伸ばす毎日。
だいぶこのクルマにも慣れてきました。
実は今月中旬に長距離ドライブの予定なので、そろそろ初回点検を済ませておきたいところですが、どうやってその時間を捻出するか、ちと悩み中。
Posted at 2017/07/05 22:50:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
2017年07月03日 イイね!

クルマが好きな人、運転が好きな人のクルマ

クルマが好きな人、運転が好きな人のクルマ数多のツッコミどころを笑って許せる、クルマ好きな人のためのクルマです。
単にいいクルマが欲しければドイツ車を選びますが、私はいいクルマより好きなクルマに乗りたいので、アバルトを選びました。
ただ、確かに超個性的なクルマですが、品質面などはかなり頑張ってますし、必ずしも一部のマニア向けのクルマではないと思います。
Posted at 2017/07/03 22:49:35 | コメント(0) | レビュー | クルマレビュー

プロフィール

RaySureです。静岡県在住の二児の父。クルマと音楽が三度の飯より好きです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

ACC電源の取り出し 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/06 11:15:02
ドア内張り取り外し 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/08 20:51:29
ドア内張り外し 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/07 00:02:30

お友達

4 人のお友達がいます
まさみちょんまさみちょん 敬助敬助
automax-izumiautomax-izumiみんカラ公認 R.AkuR.Aku

ファン

17 人のファンがいます

愛車一覧

フィアット アバルト・595 (ハッチバック) フィアット アバルト・595 (ハッチバック)
可愛らしい外観と獰猛な音のギャップがたまりません。 運転も整備もそれほどのスキルはないの ...
マツダ アテンザ マツダ アテンザ
ノーマル+αが理想。燃費が今ひとつでしたが、とてもいい車でした。

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.