• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

02P-Modelのブログ一覧

2014年05月31日 イイね!

オイルとATF交換

いつものスタンドでオイル交換した。
前回は12月19日だったから約半年だ。
走行距離は7300キロほど。
まだ行けそうだが、過保護なので交換した。
交換後のフィーリングの変化はなかった。
やはりまだ行けたかw

あわせてATFも1リットルだけ交換した。
交換前は黄色の一番上。
交換後は緑色の一番下。
まあこんなものだろう。
ずっと2リットル交換をしてきたけれど、これからは1リットル交換にしようと思った。

久々にラーメンネタ。



池袋で「やすべえ」を喰った。
3年ぶりくらいだろうか。
たまに喰うとうまいね。




同じく池袋の「鶏の穴」
うーん、好みじゃない。
鶏出汁はあっさりと味わいたいんだけれど、濃すぎる。

どうせ気まぐれ東京の~
夜の池袋~~~~~♪
Posted at 2014/05/31 22:35:01 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 日記
2014年05月01日 イイね!

I'll remember April

月が変わってしまった。
四月の思い出を記しておく。


四月の中旬、仕事でまた仙台へ行ったついでに思い立って象潟まで行ってきた。
山形の七日町に宿を取ってそこから160キロくらいの道のりだった。
山形は桜が満開だった。
象潟は如何に?

象潟の桜は波に埋もれて
花の上漕ぐ蜑の釣り船


花あれば西行の日とおもふべし
だw

道中の酒田も桜が満開だった。
象潟まであと30キロ弱。
北上するとはいえ大丈夫だろうな、と思って県境を越えて秋田入り。
桜は満開だった。

道の駅、象潟に車を止めて歩いてみた。
小さな丘が点々とあるが、これがかつては海に浮かぶ島だったのだろう。
春の山を若葉より先に彩る花も美しいが、西行の歌のごとく海に点々と浮かぶ小島に花が咲き乱れていたならば絶景だろうとレストランやパチンコ屋が並ぶ風景を恨めしく見た。

象潟で驚きの発見があった。
私は池田修三という版画家が好きで、東横線の大倉山にある竹芳洞で絵を買って人に贈ったりするのだけれど、その池田修三の没後10年作品展が象潟であるという。
なぜ象潟で?と思って調べると池田修三は象潟の人であった。
行きたいなぁ。





七日町に戻っての夜、ふらりと屋台村へw
ここは通算3回目だ。

カウンターに座ると隣の地元民が話しかけてきた。
せっかくなので疑問に思っていた山形から酒田へのルートを聞いてみた。
私は行きは国道13号で行き、帰りは高速で帰ってきたのだけれど、高速は途中月山の区間がつながっておらずワインディングロードの山越えだった。
距離も高速を使う方が20キロほど長い。
地元民曰く「たいてい13号を使うね。あそこは開通しないよ。」とのこと。
なるほど。
わざわざお金を払って遠回りするより、13号のバイパスを使った方が合理的だ。
そこから庄内(酒田)と山形は仲が悪いという話しになった。
あれは別の県だと彼は言うw
それじゃあ米沢は?と私が聞くと、米沢も上杉の文化で別の県だと言った。
酔っ払ってお国のことを聞くのは楽しい。
私がどんどん焼きはちっとも美味くないと言うとアレは山形のソウルフードだと力説したw
その彼氏、今年の六魂祭が山形だから大変だとぼやいていた。
「だって人口25万人の山形市に20万人くらい外から来ちゃうんだよ。パフィーも来るし。俺ん家開放して人泊めるしかねえなぁ。」なんて言っていた。
確かに想像するだけで大変だ。
「祭りだし、昼間から酒飲むしかねえな」と二人で笑った。
楽しい夜だった。




Posted at 2014/05/01 03:31:44 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2014年04月05日 イイね!

ガードマン

亡くなった宇津井健さんの話ではない。

交通警備のガードマンの話だ。


昨夜、大久保通りを大久保から中野方面へ走っていた。
夜の11時過ぎ。
途中までガラガラだったが中野郵便局の手前で大渋滞となった。
なんだ?工事か?
渋滞をノロノロ進んで行くと左側に100m先工事中の看板が。
道路工事(拡幅か?)で一車線つぶれての交互交通だった。
仕方ない。延べ10分くらい待ってようやく停止線の先頭までたどり着いた。
次は私の番だ。
ガードマンの指示に従って徐行で発進した。
すると、まさかの逆側からも車の進入が!
私の後ろにもぎっしり車は進入してきているし、逆側もびっしり進入してきている。
おまけに路線バスまで曲がってきやがった。
こりゃどうにもならない。
窓を開けて対向車のドライバーと苦笑いしたのち、思わずガードマンに怒鳴った。
「ちゃんと誘導しろ!」
しかし、ガードマンの手際は悪い。
つぶした車線のパイロンやAバリケードを退かすのもチンタラやっている。
逆に道路工事作業員の手際は良かった。
飛んできて引きずったり蹴っ飛ばしたりと最短の方法でバリケードを退かしてくれた。
アスファルトを積んだダンプもさっとバックで退いて一車線つくってくれた。
彼らの手際の良さに怒りも静まった。
ガードマンは現場監督から大目玉を喰らったことだろう。

まぁ無事故で良かった。

以上


Posted at 2014/04/05 11:35:31 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2014年03月30日 イイね!

多賀城の春

先週の仙台につづいて、先ほどまで多賀城に行っていた。
多賀城といってもホテルは仙台市の境界線みたいなところだから、再びの仙台行きに等しい。
雪に見舞われた先週と違い、今週の仙台はすっかり春だった。
前回に引き続きキャラバンで行ったのだが、前回はスタッドレスで、今回は夏タイヤに履き替えて行った。

仕事は震災で閉店したとあるお店の再出店の工事だった。
あれから3年、ようやく再び店舗を構えるに至った。
おめでとうございます。

ホテルを仙台港北ICからすぐのプレミアイン仙台多賀城というホテルにしたので、多賀城の市街地とは無縁だった。
ホテルの周りに何もなければタクシーで飲みに行くか、車で飲みに行って代行を頼むかしただろうけれど、ホテルの周りにはチェーン店の飲み屋がたくさんあった。
歩いて数分なので妥協した。
どこにでもある飲み屋なので、取り立ててブログにupするようなことはない。
ブログネタとしては、ホテルの風呂が良かった。

こんな形の湯船だ。



奥に腰を掛けるような段があって、半身浴の長湯が楽にできた。
我が家にも欲しいなぁ。


東北にも春が来たようだし、そろそろ旅に出たいと心が騒ぐ。
Posted at 2014/03/30 02:22:51 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2014年03月24日 イイね!

6ヶ月点検とタイヤ交換

ディーラーにて6ヶ月点検を受けた。

問題はなし。

今のところ昨秋に冷却水を補充してから目視でわかる範囲では水は一切減っていない。
やはり補充したのは魔法の水だったのかw
橋本南さんに感謝。

ついでにタイヤを夏タイヤに交換してもらった。
お金はかかるけれど、窒素管理料金と割り切ることにする。
スタッドレスは自分で換えて結局スタンドで空気を入れてしまったので、夏タイヤは窒素オンリーを保ちたい。

担当の営業マンがまたしても86の見積もりを持ってきたw
いや、今の仕事の都合でワゴンじゃないと無理なんですよと逃げる。
仕事から解放されたら考えますね。
しかし、そこで引き下がる営業マンではないw
プリウスαはどうでしょう?
月々のガソリン代は半分以下になりますよ、とアピール。
話半分に聞きながら、トヨタのワゴンだとフィールダーかアベンシスかと想像する。
アベンシスだったら現行よりも先代の方が好みだなぁ。
現行アベンシスだとアコード、アテンザと競合なのかな?
実はアコードも先代の方が好みだw
もし不測の事態が起きて乗り換えなければならないとしたら、何を選択するか?
ワゴン縛りだと、トヨタの車が上位に出てこない。
担当営業マンから車を買う日が来る予感がしない。
残念。


丁寧に見送られて車道に出るとタイヤの感触を確かめた。
硬めだ。
イイね!

Posted at 2014/03/24 01:59:29 | コメント(3) | トラックバック(0) | | 日記

プロフィール

「PCの起動時間って確かに煩わしいですね。私もiPadを入手してしまいました。@Taka@蒼色高貴 」
何シテル?   05/03 21:52
02P-Modelです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

世界に広げたい友達の輪♪
99 人のお友達がいます
wa-rpwa-rp * 赤いネコ赤いネコ *
ぷよすけぷよすけ * 雪の助雪の助 *
aki@AS200-6MTaki@AS200-6MT * パフォーマッツァパフォーマッツァ *

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ アルテッツァジータ サンセヴェリーナ(ジーナ) (トヨタ アルテッツァジータ)
お師匠の橋本南さんに倣って名前をつけました。 ジーナは小説『パルムの僧院』からサンセヴェ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.