• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

リグのブログ一覧

2011年12月09日 イイね!

これで低音が…っっっ!

これで低音が…っっっ!いやはや、今年もそろそろ年貢の納め時的な時期になってまいりました。

妙に忙しくて日記書けず…

これも8月に付けたものを今ですからね、月日が経つのは早いもんです。

いやぁ、歳はとりたくないもんですね。

内容はいたって簡単。

リアスピーカーの音割れが酷いもんで交換という事です。

ただ実は私、フロントスピーカーだけでいいんじゃね?と常日頃思ってまして、

場所的にそんな聞こえるもんでもなく、

なにより自分の車です、音のバランスとんのめんどくせぇ

よって、ウーハーにしてしまえばよろしいんではなくて?とのマインドの元ああなりました。

使ったスピーカーはイースコーポレーションの高いけどショ〇い16センチウーハー。

入力50Wという車用ウーハーにあるまじき数値(笑)

これに組み合わせるアンプは倉庫に転がっていたカロッツェリアのよくわからんアンプ。

動くかどうか一抹の不安を考えながら取付ました。

バッテリーから直電源をひっぱり、たしか8sqのケーブルでしたかね?忘れました。

適当にボディーアース。

スピーカーケーブルは倉庫にこれまたころがっていた黒赤線。

たいして期待してないのでこんな感じで作業。

ただ期待以上の効果があった場合にドアがビビるので一応デッドニング(これが一番金かかった)。

アンプは適当に運転席下に転がして、配線も終わり。

いざスピーカー取付。


まあ、当然入りませんわな(笑)


もとが10センチなんだから。

どうしよう?

うん、切るか、ドア。

切ったら後戻り出来ねーなー。

まあ、切った先に何か見えてくるさ。

って訳でサンダーでギュイーーーンとカット。

なんとか付きました。

で音だしのためエンジン始動!

うっすら「ドむ、ドム」鳴ってる。

音量上げる。

「バブ!ババブ!」

左リアドア、そこに野太い声の赤子がいました。


…何これ?びびってんの?音割れしてんの?


トリムはまだ組んでない。

ドアの振動を手で押さえても赤子は泣きやまない。

スピーカーを外す…

なんでスピーカーの音割れてんの?意味がわかんないんだけど?

これまだ入力50Wにはほど遠いよ?

こいつぁひでぇ、普通の16センチのスコーカーの方が低音出るよ。

右がいけてるのになんで…不良品?

左もよく聞くと音小さい?

いやいやアンプだろコレ。

左右で出力違ってんだろ。

純正Fスピーカーへ繋ぐと元気に鳴ってます。

諦めた瞬間でしたね、面倒になって。

もうこれで音割れない程度にして聞く事にしました。

一応Fスピーカーの低音の補強にはなってますし、

もともとあまりドコドコ鳴らす性格でもないので…

唯一納得いった点は、

Rドア閉めた時の重々しさ、クラウンぐらいにはなったかもしれません。

リアスピーカーのウーハー化はオススメです。

が、使うものにはご注意を!?


さて、次はe-マネ アルティメイトでも付けますかね。
Posted at 2011/12/09 19:54:10 | コメント(1) | トラックバック(0) | プレオ | クルマ
2011年05月25日 イイね!

あばばばばばばば

あばばばばばばば今日、少し時間があったのでヘッドライトの交換をしました。

うちのプレオは右のヘッドライトがプライバシーの保護に全力で取り組んでいるため、
バルブがうっすらとしか見えないぐらいレンズが黄ばんでました。
左も感化されたのかプライバシー保護に取り組み始めてましたので
いっそ両方解雇してしまおうかと。
プライバシーと偽っての秘密はいけません、古株だからかいらぬ知恵を付けたようです。
新しく入る方は前の会社を何故かやめて某オクをうろついていた二人組、世知辛い世の中です。
そこそこ中堅どころだったようですが、ほぼ汚れが無く綺麗な瞳だったので思い切ってスカウト。
契約金は二人で23000円。

と同時に近場の守りを固める中の人も同時解雇の流れで…
解雇理由は55Wだからって散ってたらあんま明るくないよね。ってとこです。
期待の新人は某オクでうろついていた2011年式(?)35Wをスカウト。
契約金は9800円でした。

今までの経験上キセノンをつけると近場を守ってしまう傾向にあったので、
今回は事前にヘッドライトの下のボルト二本に
1ミリのワッシャーをかますという対策をとってみました。
これで取りつき方が前に1ミリしゃくれる形となり上を照らしやすくなったはずです。

取り付け中気づいたんですが、
画像を見てもらえば気づく方もいると思うんですが…
レンズ青くね?
リミテッドのレンズだったようです。

光軸に関してはワッシャー効果か新人が基本に忠実なのか、
多少散ってるとは言え恐らく光軸出てます。
運がいいのか取付後全く調整しなくてもそれっぽいとこ照らしてました。
ただ…
これ車検とおんのか?主に色。
一応6000Kのバルブですが照らす光が結構青い気が…
ま、いいや。
最悪、ハーローゲェェェェェンにかえりゃいいわけだし(笑)

対費用効果は高いのか低いのか…自己満足の範疇かもわかりませんね。
Posted at 2011/05/25 19:29:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | プレオ | クルマ
2011年05月09日 イイね!

久々の車いじりネタ

久々の車いじりネタ最近とんと車をいじってなかったので少しネタ的なものを。

今回やりましたのは、防音?です。

事の発端はとある仕事で静岡に出張で行く事が多くなりまして、
また今月の20日にいくんですが、
道中の東名高速爆走中にあまりにもロードノイズが煩かった為です。

ただでさえエアクリ+プーリー交換でアクセルあけるとSCの音がすごい上に、
ロードノイズが来る訳ですから結構きつかったんです。

で、今回やった事というとホイールハウスに防錆材的なものを塗りヌリ。

以上です。

画像の黒いとこが塗ったとこで、フロントはキャビンに面してるのが塗ったとこぐらいなんで
中途半端ですが、リアは前面に塗ってます。

塗ったものはノックスドールのオートプラストーン。
見た目は缶に1キロ入っており、中身は「ご飯ですよ!」です。
塗ると言いましたが、だいぶ硬いので手ですくってなすりつける感じの作業です。

効果の程は…

ありますね、これは。

作業前までは全体からロードノイズって感じでしたが、
作業後は前からの音が目立つようになりました。
プラシーボとかじゃなくマジです。

フロントはキャビンに接してる部分に塗るだけでは効果は薄い、
もしくは
エンジンルーム側からもロードノイズが入ってくるんでしょう。

誤解のなきように言っておきますが効果の大きかったリアもロードノイズはまだ出てます。
ロードノイズの音量低下と音質が低音よりになってるだけです。
おそらく、ご飯ですよ!は防音(音量低下)、特に高音域の減衰に効果的なんではないかと、
低音成分はサスやアームを伝わるロードノイズと思われます。
伝わるのはどうしようもないので放置の方向で。

フロントはどうしたもんか…
ダッシュボード外して遮音材敷き詰めて、ダッシュ裏に吸音材詰め込むぐらいしないと
無理かもわからんです。

そもそも静寂性を考えたボディじゃないのが痛いところですが、
軽のボディに求める要素じゃないですからね(汗)

ボディを伝わる音を止めるとすると…
大幅な重量増とお金がかかるので却下。

でも静かな車にしたい…
どう見ても詰んでるんですが、そこに挑戦するのも面白いかななんて思ってます。
次はマジでダッシュおろすかも(笑)
Posted at 2011/05/09 15:33:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | プレオ | クルマ
2010年12月21日 イイね!

近場の守りはもういいよ…

だいぶ前に付けたキセノンヘッドランプが、
Hiビームにするとカットの入った光になってる事に最近気づきまして、
これはおかしいと思い今回の作業(?)です。

Loビームでは光が散ってぼやっとした印象で、
Hiビームではカットが入る…

Loビームの光は論外の現象としてHiビームですよ。
なぜカット入るのか?
単純に考えたらHiビーム時のキセノンのポジションがハロゲンのLoビーム時と同じって事です。
ならばキセノンバルブの位置を変えてしまえばよろしい。

えーっと、確かスライド式だったからバルブを現時点より後ろに下げればいいと。

で、どれだけ下げるかハロゲンとキセノンのバルブを見比べる…

あれ?

ぱっと見は台座から一緒の位置だぞ?
おかしい…絶対におかしい。
一緒ならこんなにずれる訳がない。

ふとハロゲンバルブをガン見。

おおぉぉぉぉぉぉぉーーーーーー!?

HiとLoのフィラメントが上下同じような距離で付いてるぅ!
IH01のバルブはH4と似てるから台座が小さいだけかと思ったらフィラメントの位置関係が違うやん!
ぬぅぅぅぅ!小癪な!!

まあ、落ち着け…

って事はキセノンバルブのスライドってどうスライドしてんの?
配線をソレノイドのみ繋ぎパッシング。
きちっと上下にスライドしてますね…
そうすると上下の高さがおかしい訳か。

改めて見比べる。

だいぶ上下方向に高い、台座に対してLo時に5ミリほど斜め上についてる感じ。
これが近場の守りを固めざる負えない原因か。

これは困った。
キセノンバルブを斜めに付けるとかやった事無いんですけど…(汗)
ちゃんとホールドできるのか?
まあ、自分の車だしイケイケでやっちまいましょう。

もう、原因分かって満足してしまった感が否めませんでしたが、
とりあえず改善作業。

とりあえず熱持つ部分だから耐熱性を考えていくと
5ミリのアルミ板を削って、台座の下側に貼り付け斜めに取りつくようにする。
これでいこう!

10分後…完成!

早すぎないか?ですって?
うん、アルミとか削るの面倒臭ぇ。
なんかその辺に転がってた5ミリの発泡樹脂板をカッターで切って、
ホットボンドでくっつけてシレっと車に納めましたから(笑)

燃えたらどうするって?



消せばいいんですよ。


これでLoビーム時にある程度カットが入るようになりました。
うん、満足満足。

キセノンバルブの台座にF-16とあるバルブはほぼ同じ現象になると思われますので、
購入する方の参考にでもなれば…
Posted at 2010/12/21 11:49:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | プレオ | クルマ
2010年12月20日 イイね!

久しぶりに日記でも

最近考える事がありまして…

オーディオの音に関して致命的な構造と悪名高きプレオのダッシュボードですが、
ここは考え方を変えてみてむしろ自由度が広がってるんではないかと思うんですね。

何を眠たい事を…とか思わないでくださいね(汗)

私は趣味で車以外に家庭用オーディオとかもやってまして、
ここ最近のマイブームが10センチのフルレンジスピーカーなんですね。

車で10センチのフルレンジとか言ったら…

「ん?何?純正?ぺっ!」

的な位置付だと思うんです。
車ではドアに16センチぐらいのミッドで、ダッシュやピラーにツィーターってのが定番中の定番。
確かに高音は上まで伸びて、低音もそこそこ迫力がでて分かりやすい音になりますし、
なにより見た目がなんかカッコいい

がしかし…

私の経験上だいぶ難しいんですよね、音の調整が。
だって、高音の出どころと中低音の出どころが離れてるんですもん、当たり前ですよね。
尚且つ、ドアスピーカーとか横向いちゃってますからね。
だから各種DSP・イコライザー等で耳を誤魔化していくわけです。
それをしようとすると機器にお金がかかってくるし、システムも複雑になってきてしまいます。
ハマった時の音は確かに素晴らしいものがあります。
そこへ至る道はかなり税関が多いです。

ならば!

あえての比較的安価なフルレンジで組んでだいぶいい音を出そうというマインドです。
これであればまずクロスオーバーがいりません。
配線が簡素化できます。
定格もあまり高いものは少ないので低出力のアンプで駆動できる。
配線の単価ダウンとアンプ自体のコストダウン。
場所もとらない場合(トレードイン)が大半ですから加工等の発生は少ないので作業工賃ダウン。

ほら、どんどんお金が浮いてきたでしょ?

でも…

車用のフルレンジって結構残念なものが多いのが現状な気がします。
なんていうか純正の延長みたいな製品か、中央にツィーターがのっかってるやつ。
10センチになるとツィーターのっかると見た目がアレなんですよねぇ…

じゃあどうするか…

ここで最近考えてた事ですよ。
家庭用使えばいいんじゃね?って事です。
家庭用フルレンジであれば価格帯のラインナップは下は1500円ぐらいからありますし。
内容がアルミダイキャストフレームとかになっても10000円しません。
だいたい車用の半額ぐらい。
その中に家庭用で名機と呼ばれるスピーカーユニットもあります。
それ使えば安くてもまあ悪くはならないでしょう。

まあ、6オームなんですけどね(汗)
一般的な車用スピーカーは4オームです。
ならば当然アンプも4オームに対応した出力。

ダメじゃん!

と思った方は先走りすぎ。
ここで登場、家庭用アンプ!
実は家庭用も内部電圧は12Vで駆動してる事が多いんです。
だからたまに車用の壊れたアンプばらすと、
あれ?このMOSFET、家庭用の〇〇のアンプのと一緒っぽい…
なんて事もあります。

って事は家庭用の電源部にちょちょいと手を加えてしまえば使えるということです。
これで6オームの出力が手に入る訳ですよ。
いやいや、でかすぎるんじゃねーの?と思った方…
鋭い。
一般的に家庭用で売られてるアンプはでかいのが有名です。
しかしちゃんと小さいのもあるんです。
デジタルアンプ(車用と一緒)のD級と呼ばれるカテゴリーの製品達。
ぶっちゃけ手の平サイズとかあります。
そんなのでも定格20W×2とか出しよります。

私が狙ってるのはそのD級の定格20W×2シリーズ。
出力低すぎんべ!
いやいや、侮るなかれ。

私もJBLの4425が目の前で普通に動いた時まではそう思ってました。
普通に騒音おじさんになれます。

これで組むと部品代だけで40000円でお釣りがきます。
この値段で名機と呼ばれるスピーカーを入れるのは車用じゃまず無理でしょう。

で調整も比較的簡単(突き詰めると死ねる)にでき、
コストパフォーマンスに優れた環境が出来上がる訳です。


いい事(?)づくめで書きましたが、
もちろんこの方法は欠点もあります。
10センチのスピーカーって事で話を進めてきましたが
想像通り低音はそのままではカスです。
ですから色々家庭用で使う場合にはエンクロージャー(箱)に工夫をするのですが、
ドア取付車ではなかなかスペースの問題上難しいところです。
でもプレオならばダッシュの上に取付箇所がある訳で…
ダッシュの上に工夫をこらした箱を作ればなんとかなりそうです。
そう、ドアにはない自由ですよ!

なんて事を考えてる訳で無駄に採寸したりして、
頭ン中で工夫をこらしてます。

まあ、一番の問題は金銭面なんですがね(笑)
Posted at 2010/12/20 20:31:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | プレオ | 日記

プロフィール

2010年4月に元年式スープラからD型RSに乗りかえました。 これからちょこちょこいじって行こうかと思います。 まあ、オーディオいじるのがメインになりそうで...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

どなたでも気軽に友達になっていただければとおもいます。
1 人のお友達がいます
とびっこ.とびっこ.

愛車一覧

スバル プレオ スバル プレオ
何気に修復歴あったりします。(笑)おとなしく乗りましょ…歳も歳ですし。思った以上にしっか ...
トヨタ スープラ トヨタ スープラ
納車半年の一台目のターボSを某山道で昇天させ、急遽買った二台目。AT→MT。どんだけ好き ...
スバル ヴィヴィオ スバル ヴィヴィオ
仕事で姫路に行った時に通勤コースが狭かったので購入。スバルの軽の車体作りに感動した車でも ...
トヨタ アクア トヨタ アクア
今話題(?)のアクアです。 仕事の出張等に使う目的で購入。 燃費悪さにびっくりですね。高 ...

過去のブログ

2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.