• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

prostage78のブログ一覧

2014年06月27日 イイね!

15分間冷えないエアコン。

15分間冷えないエアコン。平成3年式・走行7万キロのとあるホンダ車です。


なぜかエアコンを始動してから約15分間は温風でしばらくすると突然冷風になるようです。



昔なら「壊れたなら軽量化のために外してしまえ。」と言うところですが(笑





エアコンはもっぱら取外し専門だったのであまり得意ではございませんが、さっそく作動状態を確認してみると、確かに冷風が出ているとは言え少し効きも悪い感じです。




ゲージを付けてみると、ガス圧は正常。サイトグラス(のぞき穴)内も特に違和感なし。もちろんコンプレッサーも作動している。



しかし、しばらくエンジンを停止して放置後、再度エンジン始動エアコンONしてみると、なぜかまた温風。。。。



この時ゲージの圧も低圧側が負圧を指し出したので、どこかで詰まっているのは間違いなさそう(-oー;)




詰まると言えばエキスパンションバルブ。(細い穴を通過させてその後膨張させる事でガスを気化させる部分)



しかし、


分解して点検するも問題なさそう。。。。。





となると、最初の写真のリキッドタンク。(内部にフィルターと乾燥剤が有る)




この頃のリキッドタンクは非分解で、外部からは状態が確認出来ないのでとりあえず交換してみると、ビンゴ!



正常に作動するようになりました。



ここで修理は完了。  








とは言え内部がどうなってるのか、ど~しても気になります。


これまでたいして興味も持たなかったエアコンですので、こういった状態の時は内部がどうなってるのか確認しようと思ったこともございませんでしたが・・・・




この機会に未知の扉を開けてみます♪










エアソーでタンクを切断してみました。


内部は意外と単純な構造。



この中の乾燥剤で水分を除去したり、フィルターを設ける事でゴミがエキパンに行かないようにしています。


構造上いつかは寿命が来る物ですが、エアコン内部にどれ程のゴミと水分が過去に混入したかで大きく寿命は異なります。










乾燥剤もドロドロ。タンク内も細かいゴミが確認できます。

真っ黒なのは事前にガス内に注入した漏れ確認の為の蛍光剤の影響もありますが、おそらくはエアコンオイルと水分とゴミが混ざった事が主な原因かと。。









そして問題のフィルター部分。


ヘドロ状の物がフィルターを覆っていました。 ドライバーですくい取ると奥の方は結構な厚みで蓄積してるのが確認できました。




ここまで分解してようやく納得できましたが、


エアコンONして15分ほどすると、フィルターを覆っているヘドロ状の蓄積物のどこかに通路が出来、ガスが流れ出し冷房が効き始める。


エアコンを停止して、しばらく放置するとまたヘドロがフィルターを覆い通路が塞がりエアコンが効かなくなる。


実際短い時間の間にエアコンON/OFFする分には冷えた状態を維持したままでしたので、少しの時間なら通路が確保されたままだったんでしょうね。




闇雲に部品を変えた訳ではありませんでしたが、「よく分からないけど換えたら治った。」ってだけでなくて、こうやって目で見て症状と一致する原因が確認できて納得出来るとすっきりしますね~♪



エアコンの効きが悪いときはリキッドタンクの劣化も要注意ですね~



興味も無かったエアコンでしたが、こうして実際にトラブルと向き合い改めて構造を考えると良い勉強になりました。



なんだか車屋さんみたい(笑





Posted at 2014/06/27 21:28:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常 | クルマ
2014年06月22日 イイね!

仕上げはエンジン洗浄。

仕上げはエンジン洗浄。ようやくSW20のメンテも終了です。


最後はエンジン内のカーボンを洗浄してオイルを交換して完了です。








この車両は年に一回程度の間隔で毎年燃焼室内に溜まったカーボンを除去する作業を行ってリフレッシュしています。


これまではニュ-テック製の洗浄剤で、プラグを外してその穴から直接洗浄液を流し込み除去するタイプを使用してきました。
強力にカーボンを落とす事が可能ですが、洗浄液の届く範囲がシリンダー内部に限られるのと、施工が大変なのが少しネックでした。



今回は同じニューテック製でもエンジンを始動したまま洗浄液を少しずつスロットルから吸い込ませていくタイプを使用しました。






ワンプッシュすれば洗浄液が無くなるまで自動的に噴射されます。
細い管の先端から霧状になって噴射されますので、少し回転数を上げていればエンジンが止まってしまう事はありません。



スロットルから洗浄液を吸わせるので、インマニ内部やポート、バルブ燃焼室、ピストントップまで洗浄する事が出来ます。









簡単に施工できますが・・・・・・ 屋内で行うのは、、、、、危険です。。。





夜間しか作業時間が確保できなかったので、近所迷惑にならないよう、どうなるのかは覚悟の上でガレージ内で行います。



民家の無い方の窓を開け、



工業用ファン全開に回し、



ある程度の悪あがきをしてみましたが、、、、、



マフラーから排出される白煙と、刺激的な匂いにが、あっと言う間にガレージ内を覆い尽くし、



わずか数分で、人間が生存する事は不可能な状態に。。。。






「prostage78ガレージ内でエンジン洗浄中に・・・・・・」






と、明日の新聞に載りかねないので、命を落とす前に屋外退避。 





30分ぐらいしてエンジン停止後シャッター全開で換気。





エンジンを綺麗にするのも命がけです(笑







Posted at 2014/06/22 23:58:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常 | クルマ
2014年06月17日 イイね!

なんで、こ~~なるの???

なんで、こ~~なるの???まったくついていない。


大体こういう事は、事が終わりかけた頃に起こるんですよね~(-o-)



普段の生活態度にかなり問題はあるのかもしれませんが。。。。







SW20の作業もようやく終わりが近づき、タービン・エキマニ・アウトレット・触媒と取り付けが完了し、、、、




もう一息と言うところで、





異変に気が付きました。。。。。。






最初の写真のパイピングの間に見える黄色いオイルレベルゲージが・・・・・・






やたらとグラグラする・・・・・・・・





何かおかしい・・・・・と思いレベルゲージを引き抜いてみると・・・・・・・・






取れてはいけない物が一緒に抜けてきた~~~(汗









って、意味が分かりませんが、レベルゲージのパイプをエンジンから外してみると、、、、、




つまりこういう事に。。。。












レベルゲージのパイプが、「ポッキ!」と折れて、レベルゲージ抜いたつもりが、一緒にパイプの上半分もくっついてきた。。。訳で。。。。。




エキマニのすぐ横なので熱の影響と、錆、金属疲労などが重なったようですが、、、、



よくよく考えてみれば、以前から怪しかったな~~(笑


多少レベルゲージがぐらつくのはSW20では普通なのかと思い込んでました。(爆




新しい部品に取り換えればもちろんベストなんですが、今回は時間が無いので溶接して延命処置。









タービンとか外れてるタイミングで気が付けば何の苦労も無かったのですが、、、、、、


修理のためにまた組み付けたパーツを外して後戻り(-o-)






「出来た~~~~!!」 って後にこれは、テンション↓↓↓








修復したレベルゲージを組み付け、触媒やパイピングを組み直し、、、、










何とか元の形に。














Posted at 2014/06/17 23:13:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日常 | クルマ
2014年06月14日 イイね!

”絶対に緩まないネジ”vs”絶対に緩む熱膨張”

”絶対に緩まないネジ”vs”絶対に緩む熱膨張”本業がバタバタで日にちが空いてしまいましたがSW20のメンテ再開です。



エキマニのバンテージも巻き終わりタービンとドッキング。









エキマニ~タービン間のボルトは特に高温にさらされますので、熱と振動でネジが緩みやすく、ガスケット抜けや排気漏れに悩まされます。


純正だとネジが緩み方向に回らないように金属のプレートでナットをロックする方法がとられている事も有ります。



私が数年前から行っている対処法は・・・・・










溶接。











この程度の溶接ならメガネレンチで「ふんっ!」って回せばネジを緩める事が可能ですが、これなら高温にさらされても絶対に緩みません。




過去に試したダブルナットも効果的なのですが、今回のようにスペースの都合上使用出来ない場合もありますし、セルフロックナットは高温で膨張してしまい緩んでしまいましたので、安価で省スペースで最も効果的なこの方法にたどり着きました。



しかしこの車両は分解前もこの手法でネジロックしていましたが、ネジこそ緩んでいませんでしたが、5年経過しているとは言えこのフランジ部分にわずかに緩みが発生していました。
このままもう少し使用していたら排気漏れを起こしだしていたかもしれません。




サーキット走行時はタービンやエキマニが真っ赤になるほどの高温で、そこに走行中の振動やエンジンの振動が加わりますから非常に過酷です。。。。。





今回の緩みの原因はガスケットが熱や振動で潰れて厚みが薄くなった事が大きいと思いますが、測定した限りではほとんど確認できませんでしたが熱でボルトが伸びた事も有るかもしれません。



そこで今回は









右のただの鉄ボルトから高強度の黒いボルトに仕様変更して、ガスケットは潰れているとは言え十分使用可能な状態でしたので、あえて再利用しました。


潰れきったガスケットならこれ以上薄くなる事は無いであろうと言う予測に加え、万全を期すために熱によるボルトの伸びも極力抑える対策をとってみましたが・・・・・・ガレージに転がってた何かの純正ボルトで、つまり有り合せ(笑



ミッションのギアなどもそうですが、状態によっては中古を使用した方が良い場合もございます♪




結果は数年後。。。。







※タービンの位置を少しずつ調整して組み上げていく必要があった車両は、私が施工した車でも溶接していない場合がございますのでご了承ください。
プライベートなご連絡でした。(笑





Posted at 2014/06/14 00:16:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日常 | クルマ
2014年06月03日 イイね!

ナシ汁ぷしゃー 便利グッズのはずが。。。。

ナシ汁ぷしゃー 便利グッズのはずが。。。。タービン・エキマニが無ければクラッチレリーズシリンダーが交換しやすいんで本日仕事から帰り交換作業。

にしても汚い。


空色で目立つはずのレリーズシリンダーやエンジンブロック周辺も真っ黒。。。









汚いと作業する気になれないんで、まずは掃除から。





ガレージ内で高圧洗浄すると床が水浸しになって後始末が大変ですので、そこまで威力は無いけどピンポイントで放水出来る以前購入した便利グッズを使ってみます。





普段はエアーガンで水道ホースをつなげば水も噴射できる優れ物♪


ノズル先端をひねれば放水パターンも自由自在♪



派手に水をばら撒かないんで、屋内での作業では使い勝手が良いはず。












って事なんですが・・・・・  結局水道の圧力そのままなので、ホームセンターで売ってる普通の散水用シャワーヘッドと能力は同じ。。。。。って感じ(-oー;)



結構良いお値段したんですが。。。エアーガンとしての機能はともかく、水を利用しての洗浄ガンとしては使い物にならない。

これなら通常のエアー併用タイプの洗浄ガンの方がはるかに使えます。


これ↓






エアーを噴射する時の負圧を利用して青いホースから水を吸わせて噴射出来ます。


勢いが有るので少量の水で高い洗浄能力がありますし、シンナーなどの溶剤を吸わせて噴射してもガンが壊れる事も無く。


10年以上愛用して今だ現役で活躍中! 正に優れものです♪



ブログ書いてて存在を思い出し、写真撮りましたがすでに作業終了後の話(笑






って事で、新兵器を早々に諦め、昔から持ってる洗浄ガンの存在にも気づかず、いつも通り高圧洗浄機を引っ張り出し、プシャ~~~~


夜の作業なんで、ちょっと洗浄機の音が気になりますが。。。。


ご近所さんごめんなさい。(笑










ん~~~パワフル~~♪




おかげでガレージは水浸し。後始末の方が大変。










業務用洗剤の威力のおかげもかなりありますが、綺麗になりました♪



ガレージの床もエンジンも綺麗になってやる気になったところで、今日は終了かな(笑




Posted at 2014/06/03 22:33:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常 | クルマ

プロフィール

「抜かれた~(=o=;)」
何シテル?   06/13 20:04
YZ東アウトコースで09年12月にコースレコードを記録し、コース最速をゲットしました!   (2012年6月にこの記録は抜かれました。)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

ただの車好きです、お気軽にお誘いください!

いつも足跡付けて下さるあなた。是非お誘いボタンをポチッとしてって下さいね~

サーキットに行った事ない方でもOKですよ~!

48 人のお友達がいます
R-TYPE-GM4R-TYPE-GM4 * ちゅわぶきちゅわぶき *
べ卿べ卿 OzekiOzeki
最速ワゴンR最速ワゴンR 白しび#3白しび#3

ファン

56 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ シビック ホンダ シビック
1600CCの限界に挑戦中です! B16AにトラストT78タービンと言うお馬鹿な仕様でサ ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
ファミリーカー兼サーキットお遊び用 現在いたってノーマルですが・・・・。 エアクリボ ...
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
最近はホンダばかり乗ってるので、FF&シビックマニアかと思われがちですが、実は色々乗って ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
ミラノレッドです。 はげてます。はげてます。はげてます・・・・・。 誰か育毛剤を!! ...

過去のブログ

2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.