• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

LiftedMasterのブログ一覧

2016年01月31日 イイね!

お台場無法地帯突入♪

お台場無法地帯突入♪本日は有休頂いて”ニューイヤーミーティング2016”へ。

周辺道路〜駐車場〜会場と何処を見ても旧車の嵐!

タイムスリップした気分になり久しぶりに楽しい一日を過ごせました♪




駐車場でも周りは殆ど旧車&街道レーサー。

自分の車は場違いか…(汗)
けどそこはみんな”改造車好き”♪
愛機の写真を撮ってくれている方も数名居ました♪


やっぱ駐車場は楽しいね〜♪


スーパーカーも暴れまくっていたなぁ〜♪


もちろん単車も…♪


今の電化製品の様な車達と違ってやっぱこれが”車”なんだというのを実感させられました。


皆さんホント綺麗に乗ってます。

大好きな”MAZDA ROTARY"系は…

RX−3が数台に


SA22Cが数台ありました。
ホントはカペラ、ファミリア、ルーチェあたりを期待していたのですが見る事は出来ませんでした…

久々に味わう爆音と目鼻に堪える排ガスの匂い…
そして周辺公道の無法地帯状態に熱くなりました(笑)
なんかまたこういうのに乗りたくなって来た…(爆)

適当に撮った写真ですが、久しぶりにフォトギャラにでもアップしてみます。
Posted at 2016/01/31 21:30:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2016年01月18日 イイね!

年一のご挨拶&オートサロン2016

年一のご挨拶&オートサロン2016例年通りとなってしまった”年一”のご挨拶の時期がやってきました。

新年らしく紅白&ヤンチャ仕様の画像でご挨拶…

皆様今年も宜しくお願いします。

風の噂ではみん友の皆様の中で数名の方はD:5を手放したそうで…

自分は資金難もありまして細々と引き続きD:5と共に歩んでいます(笑)
車の妄想だけは相変わらず尽きませんが…



そんな訳で話変わって今年も休日と当たったので行ってきました。

TOKYO AUTO SALON 2016


最終日の日曜日ということもあって激混み…
けど相変わらず車好きよりも尾根遺産好きの比率が高かったような気が…(笑)

まず最初は今回一番気になった車を…


雨さんちのシャンテ♪

35年ぶりのリメイクということだそうで…

13Bペリのインジェクション仕様。
現在はフルコンでキッチリ燃調もとれて素晴らしいんだろうなぁ…


ネーミングも現代に蘇った”スーパーシャンテ”ということもあって今時らしいボディリメイク。走る姿を是非見てみたい…

けど自分的には現役時代に見ていたみん友のローリーさんのシャンテがやっぱり一番♪

当時これでストリートを暴れまくっていたローリーさん&シャンテの格好良さが完全に目に焼き付いてるからね…(笑)

あとこれも雨さんちが出展していたSA22C

綺麗な車両でした。


こちらも13Bペリのインジェクション仕様。

これも雨さんちのFD

これは20Bのドリフト仕様のようです。


こちらのFDは現行MAZDA顔らしくグリルが埋め込んでありました。


現行スポーツの殆ど無い現在、一世代前といえども高いスポーツ性能を誇るFDは結構使われているようです。

これは何処かのショップのFDの室内。

REが熱い向こうの国で売っているローターマスコットに…


ハウジング&ローターのぬいぐるみ♪

こういうの見ているとまたREに乗りたくなっちゃいます…

けど乗るならやっぱりAUS&NZ仕様のOLD SCHOOL系で決めたいですね〜♪

やばいくらい4ローター良い音してます…


6ローターにルーチェーというチョイスがヤバ過ぎです。


こちらはルーチェセダン。







PACが作るマシン達は全て最高の仕上がり。

彼らの熱さに完全に日本は負けてます…(汗)

それとMAZDAのRX VISIONも展示してありました。

美し過ぎるボディライン …

時期的に新型ロードスターも多数展示されていました。
此処最近のMAZDAには勢いを感じます。



これはトラストのロードスター

チューニングカーブームの80〜90年代に一斉を風靡したトラスト。
倒産等を乗り越え現在も欠かせないパーツメーカーでしょうが寂しい事にブースは端の小さいスペース。当時では信じられない事です。
他にも当時一斉を風靡したチューニングショップ&メーカーの出展がどんどん無くなって来てます。
やはり時代ですね…

そんな訳で過去を思い出してついついRE&MAZDAに熱くなってしまいました…


昨年同様にリバティーウォークあたりは賑わってました。











スーパーカーにビス止めバーフェンは一斉を風靡した感があります。


もちろん諸星さんのランボ軍団も。







 今年もRAUH Weltのポルシェ

ロー&ワイドの悪な外車達は格好良いですね〜♪





外車も国産車も現在の主流となるヘラフラ、スタンスと言われるギリギリまでの攻め込み…
けど自分の中では今でも”八の字シャコタン”…(笑)
何時の時代も格好良い!永遠に不滅ですね♪


ロングノーズも旧車には現在も使われる手法。
18の頃、仲間が910ブルのロングノーズとか作ったなぁ…(懐)


単車は今年もどさくさに紛れて数台飾ってありました。
隣のマッハは昨年飾ってあったのと同じかな?

旧車も数台。





美し過ぎるボディでした…


そしてここ数年の愛機達の系統。
アゲ系…

実車が見てみたかったプロスタッフのGクラス。
サスキット&ハブリダクションで迫力のスタイル。


同じくプロスタッフのエブリィはジムニーの脚廻りを移植した本格仕様。




他にもアゲトラ数台。

もちろんロードハウスブースで新年のご挨拶。

今年も相変わらずの攻めで決めてました♪

他にも4駆系は

ランクル系数台。
新型200系は結構出展されてました。


レネゲード数台


JK数台






H1


こちらは本物のG4x4


D:5は三菱ブースに二台。





今年も物凄い数のカスタムカーがありました。
流石日本一のカスタムカーショーですね♪

混んでいたけど楽しめました。

そんな訳でまた来年…(爆)
Posted at 2016/01/18 13:12:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | D:5 | 日記
2015年01月23日 イイね!

限界…

限界…納車以来履き続けていたKM2もそろそろ限界。

山はかなり減ってひび割れも酷くなってきた…

ロードノイズは遥か遠くから聞こえてくるそう…(笑)

雨の日とかはちょっと怖い感じ。

泥遊びでの性能は然程気にならないけど

アスファルトでのロードノイズはスワンパーに匹敵するくらいの音量に…
高速なんかじゃ車内での会話もちょっと厳しい感じで流石に先日は家族全員からブーイングの嵐…

そんな訳でタイヤを入れ替えようと思い色々と物色して…

日本じゃあまり履いている人が居ないコレ。

Fierce Attitude M/T


トレッドパターンは過激な感じで◎


ショルダーとトレッドの一部には”有刺鉄線”とハード路線は自分好み♪
だけどショルダーがそんなに迫力を感じ無い…
もっと有刺鉄線が大柄なデザインだったら良かったのに♪

そんな訳で履こうと思いましたが円安だし納期も分からんので却下。
是非誰か人柱的にD:5に履いてみて下さい(笑)

それに一応、ロードハウス繋がりで
BFGoodrichのホームページ”カリスマ店長”
のページにも愛機が掲載されているし違う銘柄に履き替えはマズいかなぁ〜なんて思っていましたが結局は無難にコイツに履き替えました。


TOYO OPEN COUNTRY M/T

D:5コンプリートを製作する時点でコレかKM2の二択で迷っていたのと前車のハマーH2はコイツを履いていたので迷わずコレにしました。


もちろん履いた後は性能チェックも含めて少し遊んで来ました♪


まぁ〜問題無いですね。
ロードノイズもM/Tと思えない程静かです♪
減ったらそれなりになりますが…


そしてその後はこの寒い中一本…(笑)
こっちがメインだったのは内緒です♪
Posted at 2015/01/23 23:13:21 | コメント(2) | トラックバック(0) | D:5&フィッシング | 日記
2015年01月12日 イイね!

tribute…

tribute…昨日は今は亡き友人の命日。
家も近所で小学校からの長い付き合いだった。
この時期の彼のお墓には綺麗な花やお供え物が沢山だ。
自分は大好きだったマイルドセブンを毎年持って行く。
そんな煙草も知らぬ間に昨年あたりからメビウスと銘柄名が変わっていた。
煙草を止めた自分だが、この日は必ずお墓の前で一本吸い終える…




FC3S後期型が主流だった時代に選んだ彼の愛機は”SA22C SAVANNA RX-7”

ネットの無い時代に雑誌や自分の足で回って探した1984年式後期型の12Aターボ。

最初は皆ブーストアップ仕様から始まった。

ノーマル然としたフォルムが今見ると逆に新鮮だ。

彼が最初に選んだ仕様はコスモAPに積まれていたキャブ仕様の13Bをサイドポート拡大しウェーバー48φのダウンドラフトにシグマのK26ターボキットを組んだ”13Bサイドキャブターボ仕様”


エンジンルームにはダンドラウェーバーに装着されたシグマのサージタンクがちらりと見える。

この仕様で彼の助手席に乗って真っ昼間の県道を走っていたところエンジン不調にて停止。道路脇に急停車しボンネットを開け覗き込んだところ火柱が上がり炎上。
彼と二人して軽い火傷を負ったのも今となっては良い思い出だ…

幸い車両火災は免れたがその火災によって仕様変更を余儀なくされた…
そして次に彼の選んだ仕様はFC3Sの13BTベースにしたインジェクションターボ仕様。当時キャブターボに拘っていた彼だったが火災によってある程度リスクのあるチューニングだというのを実感したのかもしれない…


FC後期型にポート研磨を施したリビルトエンジンをベースにタービンはTD06 20G、特注のステンエキマニにRCウェストゲート、追加インジェクターにCPもFCマイナー後&雨宮Redomといった仕様だった。

そして火災によってダメージを受けたパーツも使える物は後輩がしっかり受け継いだ。

当時でも貴重になりつつあったウェーバー48φダウンドラフトは後輩のメカチューンのSAに…


走りに行かない休日の昼間も特に約束もしていないがいつの間に溜まり場に集まって来る。もちろん携帯電話はまだ一般的では無い時代。
何する事無く車を眺めながらあっという間に時間は過ぎていった…

前開きのボンネットが少なくなってきていた時代に彼としては自満だったようだ。

IMSAのライトキットにスリットボンネット、RE雨宮のSPLバンパースポイラー。


この当時は公認車検というものが脚光を浴びてきた時期だったが自分達の周りでは誰一人構造変更を行なってはいなかった。文字通りの”違法改造車”
整備不良による違反、車両没収、車検は勿論通らない…
しかし一般的に言われる”暴走族”上がりだった仲間達はそんな事は全く気にしていなかったそんな時代だった。


FC3Sにはコストパフォーマンスを含めて人気のあったTD06 20Gを使ったターボチューンだったが車重の軽いSA22Cには更に相性が良かったのか彼はこの仕様を気に入り、心臓部に合わせて脚廻り&ボディ剛性も含め色々な所に手を入れていった。

そしてボディのオールペンを含めたフルリメイク。

パテ埋め&加工されたエアロにパープルマイカ系の美しいボディカラー。
埋込型のヘッドライトも更に加工が施されACTIVEロードスターのハーフライトキットに使われていた物と同型のIPF製のライトが組み込まれた。

この頃になると周りも含めハードな改造を施した車両は公認車検を取得するようになってきた。

彼のSAもこのリメイクを機にフル公認となった。
JSSキットを装着しワイド化して3ナンバーとか流行っていた時代だっが彼は5ナンバー&SAらしさに拘りフェンダーは240Z用加工パテ埋め&叩き出しといった仕様だった。

そして仲間達と土曜の夜は走りまくった…





夜が明けるまで…



そして数年後…
自分や後輩などもFCやSAを降りて行く中、彼だけはSAを愛し続けた。
彼に対して自分的には裏切るように足を洗っていった感が強かった中、元々出張が多かった彼のSAのけたたましい音が久々に自宅裏に響いた…

「ちょっと助手席に乗ってよ…!」

久々に会った彼の口から直ぐにでた言葉と足を洗ったとはいえ長年聞いてきたREサウンドからして”何かをやったな…”というのは直ぐに分かった。

そして走り出したSAの加速は想像以上だった…
そしてアクセルを抜いた時の独特のバックタービン音。

「ツ、ツインターボ…?」

自分の言葉にニヤリと笑った彼の顔が印象的だった。

自宅に戻って来てエンジンルームを開けるとそこには二基のタービンが鎮座していた。

"IHI RX6"

当時F1タービンと呼ばれていた代物が美しく焼けたステンエキマニに二つ装着され更に大型&層増しされたインタクーラーも装着されていた…

そして彼は更なるSAに対する夢を自分の前で嬉しそうに話してその場を去っていった。

残念ながらその時の仕様の写真は自分の手元には無かった…
本当に美しく仕上げられたエンジンルームだったのを今でも鮮明に覚えている。



それからたった数ヶ月後の寒い一月十一日の仕事帰りの深夜に通勤用の車両で彼は25歳という若さでこの世から旅立っていった…

愛機SA22Cを残したまま…

翌日の正午頃に彼の家族から連絡を受けた時は何が何だか分からなかった…
そして色々と慌ただしい中集まった仲間達は皆真っ赤な目をしていた。
お通夜が終わって自宅に戻り、当時25歳だった自分だが両親の前で声を出して大泣きをしたのを今でも思い出す…

その数ヶ月後、彼の愛機SA22Cは当時のチームメンバーだった後輩が受け継いだが、その後輩が手放した後の消息は不明だ…

当時FC、FD、ロードスターに乗っていた仲間達も彼のSAと生き様に憧れていたなぁ…





先日仲間達が載っている雑誌が発掘され見て涙が出そうになった。
恥ずかしいコメント書いてるなって…


FCの脚廻りを移植して「5穴なのが嫌だ…」なんて変な拘りを持っていたのを思い出す…
本当にSA22Cが好きだったんだろうなぁ…


最高の仲間達…



あの悲しい出来事の日からもう17年も経つんだな…

あの日からこの寒い成人式の時期となると悲しみが込み上げて来る…
一年、一年と心の傷は小さくはなっているけど彼の事は一生忘れないだろう…

君の生き方とSA22Cは最高に格好良かったよ…
Posted at 2015/01/13 01:17:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2015年01月10日 イイね!

今年も…

今年も…年一回のブログ更新の時期がやってきました…(笑)
最近は皆さんも放置気味のようで…

私はどうにか細々とD:5と共に歩んでます…
本年も宜しくお願いします♪






そんな訳で本日は久々に東京オートサロンに行ってきました。

会場は”車好き3割、尾根遺産の撮影好き7割”といった雰囲気…

もちろん最初はロードハウスにご挨拶。

相変わらずの攻め方ですね♪
Tさん御苦労様でした。

会場に唯一のD:5は三菱ブース…

KEENとのコラボモデルでした。

もちろんデカタイヤも数台有り…

88ハウスのランクルは全て40クラスのタイヤを装着

クロカン&リフトアップ系はJKなど数台…

TOP RANKAZのアンリミなど…


そしていつの時代も憧れの車達…



RAUH-Weltのポルシェはホント格好イイ…

オートサロンと言えば自分的には晴海で開催していた頃が全盛期。
幕張になってからは三年振りのまだ二回目…(汗)
クロカン&トラック&外車は別に”RVショー”や”インポートカーショー”をメインでやっていた時代なのでオートサロンといったら自分の中ではやはりこちらがメインといったイメージ…


RE雨宮


AB-FLAG
などなど…

今更かもしれませんがあの頃の勢いは無いと感じたのが本音です…
時代の流れ、そして”栄枯盛衰”という言葉があるようにまぁ〜仕方無いことですよね…

そんな中、ニュージーランド出身のドリフト界の猛牛"Mad Mike"が操る4ローターFD?のエンジンを覗き込んでいると…





本人登場!

皆さん知らないのか?それとも現れたばかりで気付かなかったのか?
外国の方々はサインを貰ったり、写真を撮ったりと大喜びでした。

ドリフト業界は全く知らない自分だけど"Mad Mike"の走りはホント格好良い♪




そんな訳で久々に車ネタで楽しんだ一日でした。
他は大した写真は無いのですが久々にフォトギャラにでもUPしてみます♪
Posted at 2015/01/11 01:38:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | D:5 | 日記

プロフィール

「DDS3皆さんに会えて楽しかったです♪」
何シテル?   04/15 19:04
自分では弄れませんがカスタムカー大好きです。 免許を取得してから乗ってきた車すべてカスタムカーです。 近年はリフトアップ車メインで乗り継いでいます。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ファン

52 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 デリカD:5 三菱 デリカD:5
2010 CHAMONIX ROADHOUSE 7"FULL COMPLETE [EX ...
ハマー H2 ハマー H2
2003年式ハマーH2 ●6インチリフトアップキット ●FOXRACING製フロント ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
ジムニー 8インチリフトアップ ●MUD JAYSON 6インチボディリフト ●TA ...
GMC その他 GMC その他
96 GMCユーコン ●DICK CEPEK 2インチUPサスキット ●CENTER ...

過去のブログ

2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.