• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Kurofune.のブログ一覧

2014年05月02日 イイね!

気が付けば・・・^^;

気が付けば、3ヶ月と放置してしまいました^^;

報告です!
本日、回数に回数を重ね、大型二種技能試験16回目となった私ですが・・・

結果から申し上げまして、ついに、本日合格いたしました!!!

皆様、ありがとうございました!
あまりにサボってしまいましたので、ここまでの結果一覧を書き記したいと思います。
1回目⇒路上に出るも途中終了
2回目⇒まさかのAコース完走で楽勝ムード
3回目⇒鋭角で散り、楽勝ムードが消滅。
4回目⇒縦列駐車失敗
5回目⇒路上に出るも、試験場一周(人工衛星)
6回目⇒路上に出るも途中終了
7回目⇒縦列駐車でポールに軽く接触
8回目⇒鋭角でのミスに焦ってギヤ間違いで終了
9回目⇒路上に出るも人工衛星
10回目⇒久方ぶりのAコース完走も不合格
11回目⇒Aコース完走も不合格
12回目⇒Bコース完走も不合格
13回目⇒Aコースで危険行為発生のため人工衛星
14回目⇒鋭角で脱出不能に。
15回目⇒Aコース完走も不合格
16回目⇒これから書きます。

ここまで、16回受験中、11回路上に出て、6回完走。
自分で「これは受かったー」的な感じで余韻に浸っても、当たり前のように不合格になります。二俣川は恐ろしい世界です(笑)
一発試験は慣れたもんだと思っていましたが、大型二種は別格でした。

それでは、16回目の正直となった試験の様子です。

受付は8:15、窓口が開くと同時に受付、もらった番号は1番。
正直、大型二種は何番をもらっても、あんまり関係ない。なぜなら、場内課題で得点が残っている者が、路上試験に進む形で試験が行われ、複数人数が路上に出る場合、試験官によっては、順番が変動する場合が有るからだ。
でも、場内課題は番号順。大型二種は多くも3人が一度に見れる限界であり、今日は自分を含め、2人だった。
担当試験官は、大型二種見習いのS試験官と、1回目、2回目、9回目でお世話になり、牽引二種で合格をくれた、I試験官。個人的には、このI試験官が相性が良いと思っていて、「今日はもらった!」と勝手に思っていたのはナイショw

試験開始。
最初は、課題外の坂道発進。一応、受験者がクラッチの感覚を確認するためと言う名目であり、採点には含まれないものの、ここで逆行すると、試験官の心証を害することもあり、二種受験者としては失敗は出来ない。自分は、サイドブレーキを使用せず、ブレーキペダルを踏みながら半クラを作って、ブレーキを離して綺麗に発進。その後は、鋭角。右折から右曲りの鋭角、切返し2回で難なく通過し、縦列駐車も完璧、後方間隔は一発で50cmに入れて場内は満点でパス。

(2人目の方は路上に出れなかったので割愛。)

そして、路上試験。
路上に進んだのは、自分1人のみだったので、お約束のAコース。大型車用の裏門を出て、試験場通りの鋭角右折を難なくこなし、路駐と、人通りの多い試験場前をやり過ごし、路端停車1発目。ドアから10~20センチ程度手前で停まってしまったが、仕方ない。発進して坂を下り、2発目の路端停車はど真ん中。そのままニュータウン通りへ向かって左折。ここでハプニング。ニュータウン第3のバス停付近、信号前の八百屋の前の定番の路上駐車しかも点々と3台。これをやり過ごして通過すると、交差点進入前に黄色信号と言う、完全アウトのタイミング。しかし、この位置で信号待ちをすると、極めて邪魔なので、危険行為覚悟で交差点に進入。しかし、試験終了は告げられず、コースを進み、3発目の路端停車は、行き過ぎ。そして、発進時はサイドブレーキを上げ忘れて、発進手間取り・・・。もうダメだと思ったけど、試験はまだ続くようなので、バスは金が谷の狭隘路、保土ヶ谷バイパス出口部分と進み、中原街道へ。

ここからはひたすら直線だが、もうボロボロだと感じていた自分は、どうせ三ツ境駅で帰されるつもりで運転。しかし、一向に試験終了は告げられず、結局完走。ここからは試験官に運転を代わり、試験場へ帰還。

あーあ、今日も不合格か。

そう思っていたが、試験終了後のS試験官からの講評に違和感。
『今日どうだったと思う?』
この聞き方に違和感を覚えつつも、取り敢えず、謙虚に、黄色信号で突っ込んだ事や、サイドの上げ忘れの旨を言う。すると、サイドはもちろんダメだけど、黄色信号の所は、判断としては良いと思うよとのこと。道路交通法的にはアウトかも知れないけど、大型車で中央線を踏み越えた位置で停止したら、それこそ最悪の事態。大型二種免許を取るに当たり、大事なのは、最悪の事態を回避するための状況判断力。黄色信号で突っ込んだのは、あの場合に於いては正解と、逆に褒められた。

その他、指摘事項は特に無く、「もしかしたら・・・」と思い始める。
そして、ついに・・・。


大型二種免許、合格!!


あまり騒がないで居るつもりだったが、思わず台を、バンッ!と叩いて、「やったー!」と、叫んでしまった。周りの人たちは、微笑ましく自分の方を見ていて、少し恥ずかしかった(笑)あれこれと説明を受け、最後に、担当のS試験官と、I試験官に御礼。これで、四輪免許の試験は終わってしまった・・・。四輪コースで、もう試験を受けられないのは、寂しいけど、まだ二輪がある!
でも、正直、試験場に疲れてしまったのが本音。取り敢えずは、考えながらしばらく休養することにしようと思います。

しかし、16回の試験で得られたことは、本当に教習所では経験できなかったであろう事ばかりだったと思う。この貴重な経験を胸に、これからも、日々安全運転に努めたいと思います。
長々と、長文をお読みいただき、ありがとうございました!
Posted at 2014/05/02 22:13:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 運転免許 | 日記
2014年02月13日 イイね!

大型二種4回戦

2/13
油断大敵。
今日の教訓である。
先日の鋭角脱出不能で、すっかり鋭角がトラウマとなってしまった為、前日に戸塚で1時間みっちり鋭角を練習してから試験に臨みました。

受験番号は3番、試験官は大特、牽引でもお世話になった、古株のW試験官。
前2人の試験が終わるのを待ち、まずは坂道発進、早速逆行(小)を出すが、坂道発進は採点対象外。しかし悪い印象を与えてしまったのは間違いないでしょう。。。
そして、鬼門の鋭角。前回ハマったのと同じ、右折~右鋭角。しかし、前日の練習の成果もあって、切返し2回で通過。しかし、クラッチのドッカン繋ぎ連発で早くもボロボロ^^;
しかし、得点はまだ残っているので、そのまま縦列駐車へ。
大型一種を取った時は縦列駐車が苦手でした。何故なら後輪の位置が分からないから。しかし、バスには”路肩灯”という最強の目印があるため、この苦手意識は吹っ飛び、自分の中で、「楽勝」と決めつけ、逆に余裕からくる油断を生むことになりました・・・。
縦列駐車だと内心喜んだ自分は、鋭角を抜けてきたこともあり、「さすがに受からないだろうけど、路上は確実だなー♪」と、かなり油断をこきながら後退。浮かれていたこともあり、かなりいい速度で下がっていたら、スペースに収めるための右ハンドルが遅れてしまい、左後輪が縁石に・・・・・
切返して取り敢えずは収めますが、この接輪が致命傷となり、最後にお情けで後方間隔50cmをやらせてもらって、今回も場内で試験終了。

最後にW試験官に言われたことを要約すれば、『あんた受かりそうなだけの技能あるんだから、もっと丁寧にやりなよ』という事でした^^;
”ある程度出来るようになると雑になる”という、自分の悪い癖が出たようです。
そして、W試験官も、I試験官に続き、『Kurofune.さん、前も何か試験受けてた?』と仰ったので、「あ、1年半くらい前ですけど、牽引とかでお世話に・・・^^;」と言ったら、『あ、やっぱり。。。』とのことでした。みんな覚えてるもんですねぇ。。。
因みに、W試験官はとてもいい人で、ほかの試験官なら答えてくれない質問にも、メチャクチャ丁寧に、そしてアツく答えてくれます(笑)
いつの日にか、交通安全協会の教官になって、試験場練習に居てくれたらイイですね^^


次で試験5回目。そろそろ受かる気配がして来ないとまずいなぁ。。。
Posted at 2014/02/13 18:05:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | 運転免許 | 日記
2014年02月05日 イイね!

大型二種3回戦

2/5
”試験には魔物が棲んでいる”を痛感した。
今日の受験番号は2番、2人のみだった。順番が来たので乗り込んで、試験開始。
まずは後方間隔。今日は攻めすぎてギリギリセーフ。でも一発OK。続いて方向変換も切返し無しで難なく通過。そして坂道発進。歯車はここから狂い始める。

NAエンジンの5号車だったのだが、まさかの逆行。

坂道発進は法定外の課題なので、減点は無いのだが、試験官の印象は決して良くないはず。内心、「やっべぇ・・・」と思いつつ、鋭角へ。今日は右折~右方向へ抜ける、個人的に一番大っ嫌いな鋭角。この鋭角は左に寄せきれない場合が多いく、今回はパターンに見事に嵌まる。。。

まずは1回目の切返し。「少し早かったかも知れない」と思いつつ、いつも通りに切返す。そして、重大なミスに気付く。そう。ハンドルを切るのが”少し”ではなく、”だいぶ”早かったのだ。こうなってしまうと、修正がかなり大変なのは経験者なら分かる話。ひたすら縁石から離れるように切返し続けるも、時すでに遅し。切返しに4回かかってしまった。通過不能で試験終了。3回目で初めて、無念にも路上に出ずして試験終了となった。
運転者を交代し、1番の人の路上試験に立会人として同乗。しかし、中原街道で試験終了。結局、今回も合格者なし。二種は難しい・・・^^;


2人しか居なかったこともあり、発表はかなり早かった。
指定日の変更を済ませ、帰ろうかと思ったら、自分が牽引二種を取りに行っている時に、大型二種を受けていた人を発見!お互い、「あれ・・・、一回会ってますよね?^^;」といった感じで、ただただ驚きつつ、免許関連トークで40分くらい盛り上がりました。
試験の内容は散々だったけど、昔懐かしい人に会えて楽しかった。次回こそと言う気持ちで、今回のことを引きずらずに頑張ります!
Posted at 2014/02/05 17:42:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | 運転免許 | 日記
2014年01月29日 イイね!

大型二種2回戦

1/29
本日は2回目の試験。ロードスターは手元に無いので、今日は電車で試験場へ。(ってか近所なんだから、いつもそうしろって言われそうですねw)
受付して貰ったカードは1番のトップバッター。そして試験官は、前回と同じI試験官が担当。
乗り込んで、準備をして発進。まずは坂道発進、そして方向変換(左)。久しぶりが故に、あまり自信は無かったが難なく決め、後方50cmも一発でパス。問題の鋭角へ。今日は6番へ右折で入るパターン。1回の切返しで行けそうだったので、ハンドル全切りで粘っていたが、左前輪が接輪してしまい、切返し2回目を実行。今度は右後輪がギリギリ一杯で通過してセーフ。自己採点90点で場内試験をパス。

今回の受験者は3人で、自分を含む2人が路上へ。

自分は前回に引き続きAコース。まず難関の鋭角右折。交差点内で清掃車が作業していたため、曲がり切れず、仕方なく切返し。(慣らし走行区間なので採点外)そして、路上試験開始。さっそく路端停車1回目。『まだ早いかなー?』と思い、止まる寸前に再加速して1m先に停めたら、これがアダとなってハズレ。試験場前で歩行者をやり過ごした直後に2回目、今度はOK、坂を下りて3回目もOK。あとは路駐をやり過ごしつつ、ニュータウンを抜け、金が谷を右折し、狭隘路を抜け、中原街道を60km/hで爆走させゴール。取り敢えず完走してしまった。しかし、途中、逆行(小)を取られそうなのが2回ほど、そしてAむらが数回あったため、恐らく落ちたという自己採点。そんな事を考えつつ、次の人に交代して、自分は最後方の席へ座り、Bコースを見学。この方、試験15回目と言っているが、ぶっちゃけ確認が成ってない気がする。操作も荒い気がするし、正直自分の方が上手いんじゃないかと言う所感。路端停車を2回しかやらなかった辺りが、それを物語っている・・・^^;


大型二種は当然最後の帰着。帰って10分もしないうちに発表。もちろん全員不合格。


今回の指摘事項は・・・
・鋭角での接輪
・1回目の路端停車を外したこと
・逆行、アクセルむら
普段MTに乗っていても、慣れない車のクラッチの感覚は掴みにくいですなー
逆行しないような操作をすれば、急発進になるし、急発進やドッカン繋ぎにならないように意識すると、逆行する・・・。もう少し試験場のバスに慣れないといけませんなー
Posted at 2014/01/29 21:47:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | 運転免許 | 日記
2014年01月20日 イイね!

大型二種1回戦

あまり読んでいる人が居ないかと思われますが、記録のためにもBlogに残しておきます。
月一ブログがぁ・・・www


2014/1/20
本日に車検を控えた愛車・ロドと向かったのは、試験場。
厚木街道の渋滞に本気でウンザリして、迂回して、8:30前に到着。
貰った受験番号は3番。たぶんラストバッターだろうという勘が当たり、大型二種受験者は3人、担当試験官は、牽引二種で合格をくれたI試験官だった。

(やさしい人だけど、クソ真面目ゆえ採点が辛そうな気がするんだよなー、この人。)

そんなこんなで試験開始。
1番の人は縦列駐車でポールにぶつけてアッサリ終了。2番の人は上手だったけど、逆行しまくっていた。2人とも試験は場内で終了。そして、自分の番。まずは、あまり好きではない縦列駐車だけど、難なくこなして一発OK。次の後方間隔50cmも微調整から急制動だったけど一発OK、坂道発進もOK、難関の鋭角。しかも左鋭角。
二俣川の左鋭角は、進入の時点でかなりハイレベルであり、下手をすると、鋭角進入前に切返す羽目になります。とにかくメッチャ難しいんです!
左に感覚を開け、ワイドなラインを描いて進入したら、突っ込みすぎて右前輪ギリギリ^^;
そして肝心の鋭角も切り遅れて、後輪より前輪のラインが苦しい展開になりつつも、なんとか切返し2回で通過。すると、、、

「はい、じゃあこのまま路上へ出ましょう」

とのお告げ。
場内試験はパスしたようです。リモコン操作で開閉する門を抜け、まずは試験場外周を一周。難関のV字右折もギリギリクリアし、その後路端停車・・・が、大失敗^^; ブレーキを抜ききれず、目標物が前輪のあたりで止まっちゃいました(;´・ω・)
気を取り直して、再発進。500mも走らないうちに次の路端停車、今度は成功^^
バスはニュータウンへと進むも、ニュータウン第4バス停付近で1車線をふさぐ道路工事を実施中・・・。あえなく200mほど3速でノロノロと徐行で進み、工事終了地点でまさかの試験終了。旭中学校を1周する形で細い道を使ってUターンし(超神経使ったー)、同じ道で試験場へ帰着。

「いい練習になったでしょ♪」

・・・まぁ、ね^^;
工事中の道とか、旭中学校外周一周とか、11mバスで走りたくなかったわ!(笑)
今回の注意点は、鋭角で逆行した事と、サイドを引いている時に発進が荒くなる事の2つ。なんだ、場内の時点で結構減点されてんじゃん。って事は、専ら途中終了する予定で外に出したのか。
期待しただけ損したw
そして、申請書を返してもらう時には、

「kurofune.さん、前も試験場で何か受けてなかった?」

と言われた。自分はI試験官に牽引二種の合格をもらった旨を話すと、「あぁ、やっぱり。」と。この人は1回しか当たってない気がするんだが、よく覚えてるなぁ。。。他の試験官も自分の顔を覚えてそうだ(笑)


その後は、ロードスターを車検に出すため、ディーラーへ。
手続きを済ませ、納車前に現車確認。ここで、衝撃の事実発覚。


幌が破けてる・・・!


全く気付いてなかったから、かなり驚きました^^;
営業担当の人曰く、「前例が無いし、幌ってたぶん補償対象外だった気が・・・」と。しかし、本社に圧力をかけてくれるとのことだったので、お任せして帰宅。結果や如何に?
Posted at 2014/01/20 18:55:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 運転免許 | 日記

プロフィール

「試験場なうー( ´∀`)」
何シテル?   03/08 13:11
Kurofune.と申します。 昔の競走馬、クロフネとその産駒が好きで、愛車もクロフネと同じ”芦毛”のNC2ロードスター…(爆) 正直、クルマより鉄道の...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

高気圧の”玉・砕・館” 
カテゴリ:My page
2010/09/18 20:13:07
 

お友達

お友達募集ちう。
来るもの拒まずです。
趣味や好みが合いそうな人は・・・
 押しちゃって下さい!


会った事がある人は必ず・・・

 ・ ・ ・ 押 せ 。 (笑)
20 人のお友達がいます
ひげさんひげさん びたみんすぅーびたみんすぅー
さんかくいなりさんかくいなり 青デミ@DY青デミ@DY
豆@FD2豆@FD2 ミー660ミー660

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
『人生一度はスポーツカー』 そんな感じで選んだ2台目のクルマです。 ある時、突然ロード ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
中古で買った記念すべき1台目のマイカー。 狭い路地での不慮の事故により、やむを得ず乗り換 ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
家族のクルマながら、事実上兄貴のクルマ。 我が家で免許を最初に取ったのは兄貴なので、仕方 ...

過去のブログ

2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.