• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

yossy308のブログ一覧

2013年12月08日 イイね!

'01 YZR500

'01 YZR500またまた随分ご無沙汰の7カ月ぶりの更新です。

プラモが完成した時にしか更新してないので、今回のモデルには丸7カ月かかってしまったってことですな。

おまけに、ホントならチームメートのカルロス チェカ号も一緒に作って、2台並べて完成のはずだったのに、結局一台仕上げるので力尽きました。


カルロス号のカウルだけは仕上げて、いずれ着せ替えしてあげましょう。
さてさて、そんなんでやっと完成した2001年型YZR500、マックス ビアッジ号です。

2001年シーズンというのは、実質的にGP500が終焉を迎える年でした。
翌年の2002年シーズンからは、4ストローク990ccとの混走レースとなることが決まっていて、モトGP元年となる訳です。
4ストローク990ccのスピードは圧倒的で、混走レースというものの2スト500に乗るライダー達はまるで別のレースを戦っているようなありさまとなっていったのです。
最速のバイクとして長年世界の頂点に君臨していた500ccが、ああも簡単に後塵を拝することになるとは...
新しい時代が到来した喜びよりも、なんだか心寂しい思いをしたのが思い出されます。

ということで今回のマシンは、500ccが紛れもなく世界最強であった時代の最後の最後のヤマハファクトリーバイクということですな。
ゼッケン3は、エースライダーであるローマの皇帝こと、マックス ビアッジのマシン。
最後の500ccチャンピオンの座を懸け、バレンティーノ ロッシと激闘を繰り広げました。
ロッシとビアッジは、同じクラスを戦うライバルとなる以前からお互いに嫌い合ってて、チャンピオン争いをしたこの年には、パドックで殴り合いを演じてくれるなど公私共にガチンコ対決を見せてくれました。

まっ、最終的にはロッシの圧勝ともいえる形でシーズンを終え、バレンティーノの時代が花開いていったんですけどね。

このタミヤのキットは、去年作った'99レッドブルWCM号に対して主にカウリングの形状が変更となったもの。
2001年モデルはこのカウリングが特徴的で、まっこと良く再現されてます。
最高なのは、このシートカウルの形状。
YZR250まではいかないまでも、スラントしたテール部分から突き出たサイレンサー。
こりゃー、エビだよ、エビ。

んで、ストリップ。

完成まで7カ月を要しただけあって、今回は現時点でできる全ての技術を投入して作っております。
本当はもう少し、特に電装系のディティールUPをがんばりたかったんだけど、一生完成しなさそうなので、今回はここまでだ。
前作のNSR製作の途中から導入したエアブラシをフル活用して、塗装のレベルも確実に一段上がりました。

塗装のレベルアップだけでなく、今回から色んなディティールアップパーツが投入されてますよ。
まずはカーボンデカール。
エアボックスや、ラジエターへの導風板は、これまで只のフラットブラックだったのが、バッチリ、カーボン柄になったよ。
これは一度使うと、もう元へは戻れないカッコよさだ。

チェーン回りには、金属製のディティールアップパーツを導入。
チェーンプラーも本当のネジを仕込んどいた。

リアのブレーキディスクはベンチレイティドだったりする。

キットのままだとフレームの内側はスカスカだけど、ポリパテで埋めてちゃんと作っておきました。
エキパイの取り付けにはスプリングも追加っと。

ラジエターの取り付けボルトもいい味だしてるらあ。

最後はWCM号と一緒に。

今年は結局、ロスマンズ号とこのマックス号の2台しか作れなかったなあ。
実際、やることが増大してるし、初めてやることだらけだったもんだから時間が掛かり過ぎちゃってんだな。
来年は、もっと、ちゃちゃちゃっと作れるように、時短を目指して、台数アップだ。

去年に引き続き、この季節、マルボロカラーはぴったりだよ。月桂樹かけてやりたい気分。

次回は間違いなく来年になることでしょうから、メリークリスマス!&ハッピーニューイヤー!!
Posted at 2013/12/08 16:10:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | プラモデル | 趣味
2013年05月17日 イイね!

'86NSR500

'86NSR500どーもこんばんは、お久しぶりです。5ヶ月ぶりです。

お久しぶりのブログアップですが、そこはやっぱりプラモでしょう。っていうか、やっと完成しましたよNSR500。
1月から作ってたから、丸4ヶ月掛かっちゃった。

前作ハセガワ'88YZR500を作り終え、真っ白に燃え尽きた感に包まれつつも、その次に作るものと言えば今度はやっぱりロスマンズ。タミヤ'86NSR500だ。

NSR500といえば、昨年末にタミヤ様から最新作'84NSR500が発売されて、今作るならそっちでしょう!ってな所ですが、私が欲しいのはやっぱりロスマンズ。
ん~んロスマンズ、ああロスマンズ。

はい、一応完成しました。

このキットは1986年モデルのNSRで、発売されたのは1987年。
いわゆる絶版もので、普通のプラモ屋ではもう売ってません。(再版ものの全日本カラーは別として)
今回はとうとうネットオークションで手に入れてしまいました。高かったけど...

まあ、しかし、'86モデルというのは非常に微妙なセレクトですな。
スペンサーがチャンピオンの'85モデルでもなく、ガードナーがチャンピオンの'87モデルでもなく、まさしく狭間の”チャンピオンが取れなかった'86モデル”と言う訳です。
みんなが欲しいのは、やっぱ'85か'87だよね。
自分が一番欲しいのは'89なんだけどね。
まあでも、正々堂々のロスマンズだあ。

ロスマンズカラーを堪能するには、この真横からショットだね。

前にも書いたけど、自分がWGPに興味を持ったのは'86シーズンからで、最初に好きになったライダーがガードナー。
まさにこのマシンに乗っていた時のガードナーなんですな。

そしてこのキット、かれこれ25年ぐらい前のものなのに、いやいやどうよこれ、全然カッコいいでしょう。
パーツ数の少なさとか、あっさりとしたところはありますが、完成までもっていけば最新のキットと比べても引けを取らないカッコよさだぞ。

はい、ストリップ。
こうなると、最近のキットと比べると少し寂しい感じかな。

でもエンジンのディテールなんか、しっかりしているところはしっかりしてる。
いやあ、さすがだよ、さすが。
やっぱタミヤ、四半世紀前から(いやもっと前から)、その精密さに掛ける思いをひしひしと感じたぞ。

キャブには、最新モデルの'84NSR500用のディティールアップパーツから、ファンネルメッシュを流用してみました。
これ、なかなかいい感じ。

実は今回、このファンネルメッシュを使う以外にも、色々と新しい試みをこの作品から織り込んでおります。
金属製ディティールアップパーツの導入、パテを使った中空部分の裏打ち、そしてなりより、とうとうエアブラシの導入です。

はい、こちらが今回導入しましたコンプレッサー付きのエアブラシセットですね。(エアブラシ付きのコンプレッサーか?)
今までのスプレー缶塗装とはもはや違う訳ですよ。そう違ってくるはずな訳ですよ!!

今回、エアブラシで塗ったのはエキパイのみ。(外装塗った時には、まだ買ってなかった)
でもどうかな?分かるかな?この微妙なグラデーション。
いやいや分からなくてもいいよ。俺にしか分かるわけないよ。
この自己満足が最高。

ちなみに、エアブラシを買ったはいいが、我が家の塗装スペースはここだ。
うん、もちろんベランダ。
マンション暮らしのおいらには、最高にエキサイティングなスペースだ。

そんなこんなでようやく完成したNSRですが、次回作はもう始まってます。
しかも、とうとう出たよ、2台組み。(大人組み?)

NSRは色々試すこともあって時間が掛かったけど、こっからはブッ飛ばして行くぜ!
年末の茂木GPを目指して。

おっと、その前に今週末は静岡ホビーショーだ。こっちもブッ飛ばして行くぜ!!
Posted at 2013/05/17 07:42:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | プラモデル | 日記
2013年01月03日 イイね!

あけましてロンドンなう

あけましてロンドンなうあけましておめでとうございます。

今年の正月は、よんどろこない理由でロンドンで迎えることになりました。
海外での正月は初めてです。
当たり前ですが、紅白的なTV番組はやってませんが、一応、年またぎで行く年来る年的な番組はやってました。
花火が上がってただけのような気はしますが...

年越しそばも食べられたので、正月気分は良しです。
(topの写真はこっちで流行っているらしい、極度乾燥しなさいのお店)

前置きはこれぐらいで、さっそくロンドンのプラモ事情について語ろう。

ロンドンのプラモ屋らしきものには2件行きました。
どうやらロンドン中心部には、もはや大きなチェーン店しか無く、私の愛する小さな専門店等なんてのは郊外にしかないらい。
まあ、流行っていないことは間違いない。
日本のプラモ屋と同じにおいのするお店に行きたかったんだけど、お上りさんにはハードルが高かった。
(どうでもいいが、ギター屋は日本のギター屋と同じにおいがした)

ということで、代表的なチェーン店らいしお店から。

イギリスを訪れる日本人の関所とも言える大英博物館の近くにあるチェーン店。
名前的にも、日本のチェーン店とも似ているねえ。

お店の中央に立っているアイアンマンにかこつけて写真を撮った。
日本だったら、ガンダムが立っているポジションだな。
その奥の棚全てがプラモ置き場で、そこそこのスペースを割いてました。

イギリスというと鉄道模型が本場らしいけど、その他のスケールモデルもがんぱってるぞ。
やっぱり、レベルや、エアフィックスが大半を占める中、いやいやタミヤ、負けてない。
ガンプラは置いていないので、バンダイは全く見なかったけど、タミヤは陸、海、空と全ジャンル見事にそろってますよ。
バイクで言ったら、ハセガワも置いていたよ。

どうでもいいけど、女性のお客さんも結構いた。
彼氏に連れてこられてたカップルだけでなく、お一人様でどうどうと塗料を買っていく女の人もいて、これだったら”プラモ屋でナンパ”も可能かもしれない。
こりゃ、天国だ。

一番興味のあったのは、塗料売り場。
噂にたがわず、ヨーロッパではエナメル系塗料が中心のようだ。
レベル、ハンブロルが懐かしい感じの缶物で売られてます。
固まるとふたが開かなくなって難儀しそうだ。

しかし、ここでも、ちゃあんとタミヤが売られてますよ。(塗料のラックも日本のまんま)
ただし、タミヤは水溶性アクリル系塗料のみしか見かけなかった。
エナメルの本場では太刀打ちできないのか?
ただし、レベルからも水溶性アクリル系の塗料も売られていて、お子様にはこちらがおすすめなのかな?

スプーレーだって、ちゃんとタミヤが売られておりますよ。
値段的には、日本の5割増しぐらいかな。

プラモ屋はこれぐらいにしておいて、もう一軒、MUSTで行かねばならぬのがプジョーロンドン。(そんな名前じゃないけど)

日本からのお上りさんだけど、日本でプジョーに乗ってるよって言ったら、黒人の女の人が親切に案内してくれました。
全体的にイギリス人はみんな親切だ。
ちゃんとコーヒーも出してくれたし。日本と同じだねえ。

カタログももらったよ。
A店長へのお土産だな、これは。
帰ったら、208の試乗のついでに持って行こうっと。
Posted at 2013/01/03 08:57:56 | コメント(3) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2012年12月24日 イイね!

'88年YZR500

'88年YZR500こんばんは。クリスマスでも、やっぱりプラモ。
やっと完成しましたよ、ハセガワ製'88年YZR500です。

思えば、この一作のためにレッドブルYZR号、テツヤ号TZ-Mをこなしてきた訳でしたよ。

マルボロカラーのYZR、やはりこれこそが最強のヤマハYZRでありましょう。


そして、この88年型というのは私にとっては絶妙なセレクトです。

1988年というと、今回のモデルであるこのマシンを駆ったエディー・ローソンがWGPで世界チャンピオンを獲得した年であります。

自分がWGPに興味を持ち始めたのは、高校2年生だった'86年の晩秋、初めて買ったバイク雑誌がきっかけでした。(バイク雑誌を買ったきっかけは、その年の夏頃にTECH21のムースを買ったらバイクのシールが付いていたから)
その雑誌の巻頭特集が、既にシーズンの終了していたWGPの総括だった訳で、このマシンの主であるエディー・ローソンが二回目の世界チャンピオンを獲得したことを中心に解説されておりました。('88年は三回目なのね)

そこから毎月何がしかのバイク雑誌を買うようになり、翌春'87シーズンが始まる頃には購読する雑誌はライディングスポーツに落ち着いていました。


高校3年生で迎えた'87シーズンは、ローソンのライバルに成長したワイン・ガードナーがチャンピオンになる訳ですが、地元の宮崎の片田舎ではWGPの情報源は雑誌媒体しかなく、毎月発売日の二三日前から、フライングで売ってないかな?って地元でも大手の本屋に毎日通ってました。(正確に言うと、当時の宮崎では月刊誌は一般の発売日の二日遅れで書店に並ぶのが常であり、物流の都合が万が一うまいこと行って、普通の発売日に書店に並ばないかなってことを期待していた。ちなみに週刊ジャンプが書店に並ぶのは火曜日。月曜日に買えるのは駅の売店だけだった。今はどうだか知らないよ)
ライディングスポーツの一月遅れぐらいのGPの情報を読み漁って、何月号にどういう記事が載っていたかも大体覚えてしまってたりして。。。
あ、'87年は日本グランプリが開幕戦として復活して、宮崎でもテレビで見れたんだった。
雨でマモラが勝って、伊藤巧が表彰台に上がったよね。
シャケさんが、平忠彦にポイント譲ったりもしたっけか、ってことも覚えてたりする。


やがて迎えた'88年、大学受験を無事クリアーし、進学のために東京へ。
大学うんぬんよりも、とにかくサーキットに行きたかった。

初めてサーキットに行ったのは、全日本選手権が開催されている5月の筑波。
そして初めて目にしたワークスマシンが、この'88年型だったということになる訳ですよ。
(全日本なんで藤原儀彦のラッキーストライクカラーね)

でも何にせよ、とにかく全てがカッコ良かった。
2stオイルの甘い匂いってのもシビれたし、キャンギャルなんかもゴロゴロいたし、宮崎から出てきて本当に良かったって思った。

WGPの方は、月刊誌のライスポに加えて、東京では東京中日スポーツという大変ありがたいスポーツ新聞が売られていて、WGPの情報は翌日に入手できるようになった。(しかも予選の結果までも)
そして翌年の’99年シーズンには、テレビ大阪製作のWGPがテレビで見られる(東京だと12チャンね)状況となって、あの5強、6強の時代に突入していくのでありました。


はい、ここまで全部前置き。

88YZRですよ。
マルボロカラーのガンダムカウルですよ、ガンダム。
ガンダムというのは、ラジエターへの導風孔の形状がガンダムの耳の形に似ているってことでついた通称です。
このカウリングは'87年から導入されていたんだけど、'87シーズンはサーキットによって旧型と使い分けられていたようです。
だから何となく88年からの様な気がしてしまうのね。

88年からは正式採用となりますが、その後2年ぐらいでだんだん縮小、消滅してしまいます。
まあ、スピードが出なかったんだよね、多分。

でも、恰好はよかった。ホント、カッコかよかったんだよ。

さてさて、プラモのほうはネイキッドで。。。


ハセガワのプラモデル、すごいよ、すごい、いやすごい。
本当に精密、というより繊細だよ。
プラの材質がやわらかくて、懐かし感じもした。
昔、零戦のプラモ作った時とか、ニットーのSF3Dを思い出す柔らかさだった。
今でもこの感じなんだ。懐かしすぎるよん。

腕の見せ所のエンジン。
腕よりも、キットのディテールが最高。
下の写真で分かるかな?キャブなんて泣ける感じ。


その他、ディテール。

思い出のYZR。
商品化してくれてありがとう、ハセガワくん。
キットは最高でした。みんなも一人2個作ろうね。
私は親戚の子供へのプレゼントとして、もう2個目を買った。

プラモばっかり作っていて、家族にも白い目を向けられても負けるなパパモデラー。
マルボロカラーはクリマスっぽくて、うけはいいぞ!!

プラモに興味のない人も含めて全ての人に、”メリークリスマス!!”

次はもう来年だね。
Posted at 2012/12/24 18:41:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | プラモデル | 日記
2012年11月28日 イイね!

魅惑のマルボロレッド

魅惑のマルボロレッドこんばんは。またプラモだよ。
プラモ復帰第3作にして大本命'88YZR500、順調に製作が進んでおります。

昨日は有休でしたが、また例によって人の家で塗装に没頭しておりました。
言い訳する訳ではないですが、没頭してしまうのも仕方ありません。
なんせ、今回はマルボロカラーなのですから...

世界中の男の子にとって憧れのカラーリングと言えば、マールボロレッドかロスマンズブルーと相場は決まっています。
中高生の頃、誰しもが自分の自転車をマルボロかロスマンズに塗り替えできないものかと、一度は考えたはず。
実際に塗り分けることはなかったけど(ちっちゃなTECH21のシールを貼ってた)、40を過ぎて、とうとうマールボロレッドを塗る日がやってきたよ。

今回の成果。

この頃のマルボロレッドと言えば、もちろん蛍光レッド。
プラモデル業界でも、マルボロレッドは研究され尽くされている訳で(バイクよりもF1人気のおかげだね)、ちゃんとバッチリな塗料が発売されております。

スプレーの色はバッチリ、後はマスキング技術が勝敗を分ける次第。
今回の結果は、まあ、五分の出来かのおお。
というか、蛍光レッド(マルボロレッドっていう名前でいいじゃん)、最高。
スプレー塗ってるだけで、ゾクゾクしてくるっ!

マスキングもバッチリ決まったラジエターダクト。
たまらん!こいつ見てるだけで昨夜は芋焼酎がいけました。

塗装が決まれば、後は楽しくも苦行でもあるデカール貼り。
最近のプラモキットには、ご時世に合わせタバコロゴは付属しておりませんが...

ちゃあんと入手済みです。(しかも万が一を考えて2枚)
なんとなく世間的にモザイクかけちゃいました。

外装は、ホレボレするできで仕上がっておりますが、中身は現状この状態。

ハセガワ君、本当にありがとう。エンジンもたまらん出来ですわ。
もうすぐ、自分の車輪で立てるようにするからね。

大本命の製作に没頭している所ですが、ぼちぼち次回作についても構想を練っております。
本命エディー号を作ってしまうと、今度は歴史上最後のマールボロレッドの500号を作りたくなってきた。
(プラモ作るにしても、やっぱ2st500なんだよね)

そうくれば、ローマンエンペラーの'01YZR500。
実はタバコデカールだけは既に入手済みだったんだな。
肝心のKIT本体はというと、塗装場のサイドカーマン宅近辺のプラモ屋にて発見してあります。
前作TZ250M同様、このMB号も既に絶版なのですが、このお店、普通に売ってました。

ついでに言うと、このお店、あなどれないですよ。すごいです。
おっさんモデラーにとっては、多分あこがれの地”時の流れが止まったプラモデル屋”そのものです。
だって未だにあるんだよ、レベルカラー、パクトラタミヤ、そして何とモノグラムカラー!!

たまらん。本当にたまらん。
Posted at 2012/11/28 20:09:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | プラモデル | 日記

プロフィール

「'01 YZR500 http://cvw.jp/b/743155/31826050/
何シテル?   12/08 16:10
国産ステーションワゴンから乗り換えてもうすぐニ年です。 家族でのキャンプ、帰省と大活躍の車です。 どこまで運転しても本当に疲れない車です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

プジョー 308SW (ワゴン) プジョー 308SW (ワゴン)
車歴4台目にして初のフランス車です。
ヤマハ マジェスティ125 ヤマハ マジェスティ125
通勤快足号。たまに、ちょびっとツーリング。 購入後3年を経過して、元も取った気になって、 ...
トヨタ カルディナ トヨタ カルディナ
3台目の車。 オメガが壊れて急遽乗替え。 絶対壊れない安心感は、最後まで期待を裏切らなか ...
オペル オメガ オペル オメガ
2台目の車。 ドイツ車なら安心だろうと思って買った。 最後はタイミングベルトが切れて路上 ...

過去のブログ

2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.