• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

イケカメのブログ一覧

2016年07月12日 イイね!

ウェーバー DCOE9 これから調整だけど人任せ。

ウェーバー DCOE9 これから調整だけど人任せ。とりあえずウェーバーが付いた後、適当に乗り回している。
アウターベンチュリーの交換だけで普通に乗れてしまっているため一応主治医にチェックしてもらう。

「あー油面高いからちょっと下げるか」
とか言ってフロートをちょいちょいいじっているのだが、オレが
「あのガラスの油面を計る奴とか、使わないんですか?」

こういうの(拾った画像です)。

と聞いたら、「計るたびに変わるし、上から覗いて見当つければ合わせられるから、いらない」

え〜勉強のために買おうと思ってたのに・・・・

ようはエマルジョンチューブを外した穴から覗けば、どこに合わせたらいいか分かるらしい。

まぁ確かにそうだけど、一応オレは買おうかな。

ウェーバーもダウンドラフトだと簡単に見れるようになる部品があるのね。
DCOEはドレン穴がないからな。
Posted at 2016/07/12 21:29:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 私的日記 | 日記
2016年05月30日 イイね!

カート初撮影で新型EF100-400mmをいぢめる

カート初撮影で新型EF100-400mmをいぢめる筑波サーキットで初めてカートのレースを撮影したのだけれど、コーナーリングスピードが速い!
速いクラスだと筑波で54秒とか。
あまりに撮影しづらいので、普段やらないレンズいぢめを。

動体追従モード(だっけ?)を押しっぱなしでどこまで追えるか。




















なんにも考えなくても追っかけくれました!
新しいレンズはスゴいね!
もちろんシャッタースピードと絞りは工夫しているけどね!
Posted at 2016/05/30 22:30:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2016年03月19日 イイね!

MF01 スペイシー250 リアサスをシグナスXから流用してみた。

スペイシー250、寄る年波には勝てず、リアサスがふわんふわん。
ダンパーがダメで、路面の段差を拾ったりすると、揺れがまるっきり収まらない。
足つき性は良くて助かるけど、1名乗車でもリアが下がり過ぎで変。

似たようなサスをヤフオクで探していると、シグナスXのものが合いそう。
シグナスXの方が直径で10mmぐらい太いなぁ。

まぁとりあえず買ってみるか。



スペイシー250のリアサスの長さは穴→穴で310mm。
シグナスXのリアサスは穴→穴で325mm。



幅も一緒だね。



下も一緒。変なオフセットもないし、着くなこれ。
穴径は、上が違う。
スペイシーは原チャリでよくある8mm径。シグナスXはビグスク系の10mm。

キタコのコンビネーションカラーを購入。



右側はあっさり着いた。



左側は、リアサスが太くなったせいで、エアクリーナーボックスやインナーフェンダーと干渉しそう。



エアクリーナーボックスが当たってる。



スペーサーを入れてエアクリーナーボックスを外に逃したら当たらなくなったかな。



あら減衰力を変えるための突起が当たってるわ。
まぁ、大丈夫でしょ。



変えてから〜ぜんぜん違う!
硬すぎると言われるシグナスXの純正リアサスだけど、スペイシー250に着けると、硬すぎず、柔らかすぎず、バッチリ。

光軸はそれほど変わった感じがしないのに、足つきはやっぱり悪くなったね。
15mmの違いでも、元がヘタりすぎていたのだろう。
センタースタンドで上げた時のリアタイヤと路面のクリアランスが減ったり、サイドスタンドを使った時の車体の寝る角度が変わったりとかはあるけど、結果良し。

まぁしばらく乗ってみよう。
エアクリーナーボックスの干渉が治らないようだったら、パワーフィルターにでもしようかな。

後続のスペイシー250乗りのための備忘ですよ。
Posted at 2016/03/19 18:16:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 私的日記 | 日記
2016年03月17日 イイね!

MF01 スペイシー250 のハイスピードプーリー作ってみた。

30年前以上前のスクーター、スペイシー250。
頑張ると90km/hぐらいでるけど、頑張らなくても100km/h出るようにして、東名高速を走ってみたい。
まぁサスペンションがダメで怖くて飛ばせないけどね。



既存のフュージョン用に加工されたものを欲しかったんだけど、売り切れてたので自作です。



バックリ削りましたよ。



旋盤にかまして表面の角度も替えましたよ。
Posted at 2016/03/17 00:48:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 私的日記 | 日記
2016年02月05日 イイね!

ファンレス LED H4 ヘッドライト球〜 まぁこんなもんかな。

ホントはJCCAのニューイヤーミーティングにクラブスタンドを出していたから、その日記を書こうかと思ったら、携帯電話のカメラが汚れてて全然写真撮れておらず。
まぁいつもどおり楽しかったですよ〜

とりま今回、ようやくファンレスのLEDヘッドライトバルブの安価なものが出てき始めたから、着けてみましたよ。

LEDバルブの既存の製品はLEDチップの冷却用ファンの存在がイヤだったんですよ。
やはりファンのような回転部品はそのうち壊れるし、ヘッドライト後ろ側に突き出るために、装着も億劫になる。

以前、LEDバルブの出始めにファン付きのものをシグナスXに装着していたけど、光が散ってしまってまるっきり照らせなくなってしまったことが合ったので、数年間様子見していたところ。

今回買ったのは
「バイク用LEDヘッドライト Hi/Lo切り替えタイプ ホワイト 12W 800Lm」

売り文句は
「車検基準をクリアした初のLED。 」

をを〜凄いじゃないの

最初からスペイシー250につけるつもりだったので、ホンダの2輪は燈火類が交流電源だからAC/DC両対応のものを購入。

発光面。回路構造的にHi-Loを同時点灯不可のため、パッシングはできなくなるらしい。


放熱フィン。この形状を思いついた人、頭いいよな〜


全てはヘッドライトの中に収まるため、装着はカンタン。半田が汚いのは中華のご愛嬌。安いしね。


とりあえず室内で12Vを叩き込んで発光テスト。
ぬほ〜裸で見ると、やっぱ明るくみえる!


とりあえず、サニーにつけて発光比較。
向かって左がLEDバルブ。右はよくあるイエロー球のH4バルブ。


一応、ウリ文句通りカットラインは出てるっぽいなぁ。


ハイビーム。ちょっと右に散ってるかな〜光軸調整はしなきゃダメかな?


スペイシーにつけるよ!


白色でございます。ちょっと光軸が高くなったか。
とりあえずホンダの交流電源でもちらつき無く光ってます。


装着した感想としては〜
そんなに明るくない!
今回着けてみた12V12Wの800ルーメンのものは、確かに色も白くなって変えた感が演出できるけど、まぁそこまで。
LED球の進歩としては凄いと思うんだけど、HIDの25Wを付けて意外に明るくなくてガッカリする感覚に近いか。
それでも、H4のフィリップスあたりのホワイトバルブを買うより安い。
なにしろポン付け。それって凄いよね。

同種の製品で12V40Wの2000ルーメンのものがあるので、そっちの方がイイかもしれない。
まぁそうなってくるとファンレスじゃ無くなってしまうので、800ルーメンぐらいがファンレスの限界というところなのかもしれない。
Posted at 2016/02/05 23:31:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 私的日記 | 日記

プロフィール

「[整備] #サニー サニーとかサニトラのファイナルギア交換 http://minkara.carview.co.jp/userid/753313/car/895275/3867498/note.aspx
何シテル?   08/16 01:31
地下アイドル好きのイケカメです。友だち申請どうぞよろしく?! 普段の仕事、立場、しがらみとは関係なく、個人的に書きたいことを適当に書くブログです。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

思った以上に、暑かった筑波サーキット 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/09/15 10:53:52

お友達

よろしくお願いします。
93 人のお友達がいます
技研@ゼッケン2番技研@ゼッケン2番 * オガッちオガッち *
Blue JackBlue Jack * ナカガーナカガー *
mini417mini417 HYPER-MOKEHYPER-MOKE

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ スペイシー250フリーウェイ ホンダ スペイシー250フリーウェイ
シグナス180の話が同時にあったが、ナヤンだ挙句のこちら。 1968年のラビット生産終了 ...
日産 サニー 日産 サニー
お買い物車。営業車とガソリンの請求書を分けるために存在(笑)サニーじゃなくてDATSUN ...
ボルボ 240 セダン 熟女 (ボルボ 240 セダン)
過去最強にお金と手間をかけましたが、ドナドナされました。涙。
BMW 3シリーズ ツーリング BMW 3シリーズ ツーリング
よい車だったのですが、ハイラインの本革シートや燃費などが体に合わず、リリースしました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.