• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

イケカメのブログ一覧

2016年07月19日 イイね!

サニー、フロントブレーキのフェードでドナドナ。旧車トラブルの予兆の備忘。

サニー、フロントブレーキのフェードでドナドナ。旧車トラブルの予兆の備忘。横羽線を南下していて、徐々にハンドルが左にとられるようになる。
パンクかと思い高速道路を降りてタイヤを見るが、潰れていない。

なんだろうなぁ、と思いながらも、下道を普通のペースで走行。
徐々にハンドルの取られ方がひどくなる。
信号待ちでタイヤを見るが、変化なし。ぐらつく様子もない。

が、変な焼けるような臭い。

オレだあああああ!

脇に寄せようとするが、深夜の国道。
ブレーキすっぽぬけ。
幸い路側帯のようなところにサイドブレーキで停止。

左前輪のホイールキャップを触ると、チンチンに熱くなっている。

1時間ほど置いたところ、ブレーキは効くようになった。

完全にフェードの症状。自動車教習所で習う「下り坂でフットブレーキを使い続けてると、クルマが止まらなくなるよ。エンジンブレーキも併用しなさいね」のあれだ。

ちょうど到着したJAFのアンちゃんが「スライドピンの固着だと思うんですけど、応急処置してみます?」というが、なんとなくピストン側の動きが渋くなってるような感じがしたので、レッカーしてもらい帰宅。



とっととブレーキキャリパーOHキット取り寄せて、ついでなのでマスターシリンダーもOHすることに。

分解チェックしたところ、JAFのあんちゃんには残念だがスライドピンは問題なし。
ピストンに動きが悪くなったような痕跡有り。

ホイールの塗装は沸騰して剥がれてるし、ブレーキパッドも焼けとるこれ。
あーあ。
ハブベアリングのグリスも流れ出てるわ。

作業自体は極端に難しくはないけれど、4輪のブレーキはあまり慣れていないので、最終的な部分は整備士の主治医にちゃんと見てもらい、エア抜きもやってもらい終了。

まぁ無事に帰宅出来て、事故にもならなかったので良かったけど、
ヒトコトで言えば整備不良

で、思い出すにつけ、予兆がいくつか有った。

◯変なジャダー。
40マイルぐらいのところで左前輪からジャダーが発生していたが、症状が出たり出なかったり。
しかも、ホイールを変えても、同じ速度のところで同じような感じのジャダー。
なんだろうなぁと思っていた。
結果としては、引きずってたんだと思う。

◯空走距離の減少。
クラッチを切って惰性で走る時の距離が、短くなっていた。気のせいかと思っていたが、キャリパー整備後、空走距離が明らかに長くなった。
これもブレーキの引きずりと結びつけて考えなかった。

◯ハンドルが左にとられる。
たまに、ハンドルが左にとられる症状。
左前輪にだけ弱くブレーキが掛かった状態だったんだろう。ピストンが戻ったり戻らなかったりしていたのか。これも引きずりだとは考えず。

ほんと気をつけよう。
Posted at 2016/07/19 22:57:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 私的日記 | 日記
2016年07月12日 イイね!

ウェーバー DCOE9 これから調整だけど人任せ。

ウェーバー DCOE9 これから調整だけど人任せ。とりあえずウェーバーが付いた後、適当に乗り回している。
アウターベンチュリーの交換だけで普通に乗れてしまっているため一応主治医にチェックしてもらう。

「あー油面高いからちょっと下げるか」
とか言ってフロートをちょいちょいいじっているのだが、オレが
「あのガラスの油面を計る奴とか、使わないんですか?」

こういうの(拾った画像です)。

と聞いたら、「計るたびに変わるし、上から覗いて見当つければ合わせられるから、いらない」

え〜勉強のために買おうと思ってたのに・・・・

ようはエマルジョンチューブを外した穴から覗けば、どこに合わせたらいいか分かるらしい。

まぁ確かにそうだけど、一応オレは買おうかな。

ウェーバーもダウンドラフトだと簡単に見れるようになる部品があるのね。
DCOEはドレン穴がないからな。
Posted at 2016/07/12 21:29:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 私的日記 | 日記
2016年07月09日 イイね!

DATSUN1200というかLB110に、ウェーバーキャブレーターを取り付けるのその3

DATSUN1200というかLB110に、ウェーバーキャブレーターを取り付けるのその3左ハンドルのサニーに、ウェーバーを1基がけしたよの続きの続きの最終回。

いろいろあったけど無事付きましたよ。
一つ一つの出来事をクリアしていくのが大変でしたよほんと。
ミニなんかだと定番メニューなんだろうけど、他にやってる人が居ないことをやるのが楽しいのよホント!

ウェーバー DCOE リンケージは、ウェーバー純正のアンダーマウントでキャブの上面はスッキリポンタ。
DCOE Weber LP3000 - Single cable Linkage (bottom mount) ってやつね。



燃料ポンプは、エンジンルームにミツバを付けるのは定番すぎるのでFACETを燃料タンク脇に。
最近のFACETは壊れない!とのことなんだけど、どうかしらね。
FACETはアメリカでは中国製の偽物が非常に安価に出回っているようなので、e-bayとかaribabaで買う人は気をつけたほうがイイと思うよ。
ポンプ本体への刻印の有無とかが有るみたいだけど、日本ではFACET自体の人気があまり無いようなので、関係ないかな。


プレッシャーレギュレーターも KING のメーター付き。ウェーバーだったらメーターついてなくても無調整らしいけど、やっぱ見た目で。国産旧車の人はなんでみんなヤフオクで買ったホーリーなんだろうね。
ちなみに KING は標準のブリキみたいな鉄板のステーが嫌だったので Sytec とかいうところのアルミのステーをお取り寄せ。
ナッターでファイヤーウォールにお取り付け。


チョークケーブルのアウター止もワンオフして作ったよ。冬場に効果があるといいなぁ。


O2センサーもお取り付け。指示通りにポートから60cmあたりのところに。


PLXを使用するのは初めてなので楽しみ。


ついでに日立製の純正オプションのフルトラデスビも引退。


偶然譲っていただいたサニトラ用のフルトラデスビに変更。


しかしボッシュのブルーコイルにしたら触れないぐらい熱くなるけど、コイルってそういうものなのかな?
電気屋さんに聞いたら「普通に80度ぐらいになるよ〜」とのことだけど、いままで触ったことがなかったのでわからない。
コイルの抵抗値を計ったらちゃんと3Ωあるから、合ってるはず。
夏場にコイルパンクで路上停止とか嫌だからね。


とりあえずウェーバーに換装後、簡単にエンジンもかかりそのまま乗れてしまっている。
全体に薄そうで、3速とかで意地悪な踏み方をすると加速しなかったりとか問題点はあるので、これからセッティングを出していこう!
Posted at 2016/07/09 15:27:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年07月09日 イイね!

DATSUN1200というかLB110に、ウェーバーキャブレーターを取り付けるのその2

DATSUN1200というかLB110に、ウェーバーキャブレーターを取り付けるのその2左ハンドルのサニーに、ウェーバーを1基がけした続きだよ。



しつこく探してようやく入手した楕円ポートのウェーバーDCOE用のマニホールド。
これで進むかなぁと思い、ステンのタコ足を譲ってもらったが、これがインマニと全く合わない。

しかたがないので、別メーカーのステンのタコ足を入手。
なんとかインマニをクリアしそうだったが、車体に借りづけしたところ、ステアリングギアボックスにガッツリ当たってしまいダメ。

今度はアメリカから左ハンドル用の鉄のタコ足を輸入。
これで着くだろうと安心してエンジンに借り付けし、ダウンパイプ部分も作ってもらい、工場でキャブ換装作業をし始めたら・・・・
インマニは回避しそうだが、キャブ本体がガッツリ当たってしまうという事態に。
情報のないままに進むと、結局現物合わせだね。



さらにフランジの造りなどがあまりに悪く排気漏れ確定。主治医から「これ、ダメ」と言われお蔵入り。

このあたりでいい加減に嫌になりつつあったが、いろんなひとに手伝ってもらって迷惑もかけていたので、なんとか知恵を絞ると・・・・

そうえいば純正の鋳物のエキマニ、何個か持ってたなぁ。
これ付くんじゃねぇの?と。



付くぞ、これ!!
簡単な道を選ぶなら、4-1のサニトラ用エキマニから作るほうが楽だけど、4-2-1のGX用マニのほうが多少はかっこ付くかな。

あーでもこれ、ダウンパイプ無いんだよな〜と思っていたけど、加工屋さんのお友達にGX用マニのフランジをステンでワンオフしてもらう。

あまりにぴったりに出来ていて鼻血でそう。


かっこいいぞこれ。


で、作ってもらう。設計をミスって取り外ししにくくなっちゃったけど、まぁイイか。


インマニに合わせてエキマニを削っていたら、穴が開いたりしたけど。


インマニも削ったりなんかして、なんとか付きました。


Posted at 2016/07/09 15:26:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 私的日記 | 日記
2016年07月09日 イイね!

DATSUN1200というかLB110に、ウェーバーキャブレーターを取り付けるのその1

DATSUN1200というかLB110に、ウェーバーキャブレーターを取り付けるのその1左ハンドルのサニーに、ウェーバーを1基がけしたよ。



これまでの経緯。

最初に乗り始めた頃の A12エンジン は非常に調子は良かったのだけれども、ホーシングをサニトラ流用のH165に変えてしまっている事もあって、遅い。4速だったし。

もうちょっと高速が楽になるとイイなぁを目指し、取り敢えずアメリカから購入する際に同時に入手していた A15エンジン で乗ることに。この時はB110ノーマルキャブ。
ミッションはFS5W60Lで5速化。これで高速巡航は格段に楽になった。



B110純正インマニだとポートがはみ出てしまいエアを吸ってしまうので、そこをアルミパテで塞いで使用。1200cc用の純正ダウンドラフトキャブのジェットを変更して使用。この純正キャブだとエンジンルームがノーマルっぽくて嫌いじゃ無かった。

純正キャブだとプライマリージェットとセカンダリージェットしか交換できず、いろいろやったが、安全マージンも考えて結構濃い目のセッティングになってしまっていた。これはこれで静かで運転もしやすくて良かった。

しかし、やはりせっかく排気量の大きなエンジンに積み替えたのだから、もう少しなんかやってみたいという気持ち。

で、いろいろパーツを集めたのだけれど、これがいろいろ大変で。

なんで1基がけかというと、左ハンドルだから、ブレーキマスターがキャブに当たっちゃう。

左ハンドルの世界のマニアは、ファンネルレスにしたりしている。普段乗り用なのでエアクリーナーもちゃんと付けたかった。

拾った画像。エアクリーナーが付けられないし、ファンネルも無理。


あとは、無理矢理角度をつけて回避させたり、ブレーキマスターの位置を移動させたりしているが、これは却下。

こんなことしてまで付けたんだね、昔のマニアは。


ツインキャブだと、お金もかかるし同調めんどくさいしエアクリもファンネルすら付けられない。よしワンキャブにしよう! MG-Bとかのレーサーもみんなワンキャブだし。

ということで、手に入れたCANNON製ワンキャブ用のインマニは、A12用。これはこれでレアな代物だったのだけど、いかんせん丸ポート用。

いまは日本でも入れてる業者さんがあるみたいなので、これを使ってワンキャブにした人は何人かいるのかな?

楕円ポート用のシングルウェーバーのインマニは、ネット画像で見かけるものの、製品は売られておらず(当時)、そのまま2年ぐらい放置。

しつこくe-bayを見ていたら、オーストラリアのマニアが出品していた南アフリカ製の楕円ポート用インマニを2年越しで入手(現在は再生産されて入手可能)。

上がCANNON、下がROWLAND。


ポートが違うね。


ようやく念願のサイドドラフトウェーバー用のインマニを入手したので、いろいろ45パイのDCOE9とかリンケージとか購入。

しかし、ここからが長かった。
Posted at 2016/07/09 15:23:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 私的日記 | 日記

プロフィール

「[整備] #サニー サニーとかサニトラのファイナルギア交換 http://minkara.carview.co.jp/userid/753313/car/895275/3867498/note.aspx
何シテル?   08/16 01:31
地下アイドル好きのイケカメです。友だち申請どうぞよろしく?! 普段の仕事、立場、しがらみとは関係なく、個人的に書きたいことを適当に書くブログです。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

思った以上に、暑かった筑波サーキット 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/09/15 10:53:52

お友達

よろしくお願いします。
93 人のお友達がいます
オガッちオガッち * うるぐすうるぐす *
ナカガーナカガー * mini417mini417
TD-05TD-05 ぷちとろんぷちとろん

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

日産 サニー 日産 サニー
お買い物車。営業車とガソリンの請求書を分けるために存在(笑)サニーじゃなくてDATSUN ...
メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン
身内のお下がり。 5年落ちで走行16万キロのぶっ飛びっぷり。 3ヶ月で8000キロ乗って ...
ホンダ スペイシー250フリーウェイ ホンダ スペイシー250フリーウェイ
シグナス180の話が同時にあったが、ナヤンだ挙句のこちら。 1968年のラビット生産終了 ...
ボルボ 240 セダン 熟女 (ボルボ 240 セダン)
過去最強にお金と手間をかけましたが、ドナドナされました。涙。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.