• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

sadayanのブログ一覧

2013年01月17日 イイね!

続編を期待して、待ってみたい。《プロメテウス》

18日/金曜ロードショーで、また《地球が静止する日》やるそうで。
確か2年くらい前にも地デジでやってくれたのだが、この作品・・完全にタタキ売り状態になってきたような。まぁいつか愚痴ってみたい映画の一つなんだが、あまり細かいトコロは突っ込まずに(苦笑)鑑賞なさってくださいね。m(__)m

で、長引く鼻風邪でグズグズいいながら…)受注分をこなす日々なのだが、先だって2012年の話題作を2作品ほど(DVDだが)ゲットしたので、ボチボチと鑑賞しておりましたよ。さっそく感動・・もとぃ、ちょっと文句も含めまして、(↓)より一丁。


      《 プロメテウス/2012年公開 》



(↑)・・とかいった、壮大なサブ・タイトルをつけちゃったもんだから、エラく誤解を招いてますけど、ね。各評価サイトを見ても、いゃあ〜グチられるわ叩かれるわ、挙句は監督引退か? とまでコキ落とされる始末。
Yahoo!映画評でも賛否両論の真っ最中で、全体的には可哀想なくらいの低評価なのだが、個人的に言えば、ざっと3.6点はつけてみたいと思っているのですよ。まぁ今作だと73点? が自己評価って感じですか・・。

現時点でも各レビュアーさんがとても丁寧な解説や謎解きをなさっているのだが、低評価も高評価も、どちらの言い分も良く解る。内容的には私もイマイチ評価だし、公開前に配給会社がとった戦略も外れた一因ではないか? と考えていますし、ね。

 で、先にちょっとだけ言わせてもらいますと・・・



 『せめて、吹き替えはプロを起用してもらいたい。(怒』



主役の吹き替えで某若手タレント嬢を起用した事が余計に仇となり、結果、ネット炎上の一因になってしまった・・のは、やはり事務所+配給会社の責任でしょうね。一応、後学のため日本語吹き替えでも鑑賞してみたのだgy・・・いゃ、結局30分ほどでヤメた。それ以上は時間の無駄だったので。他のキャストはしっかりプロだったので、余計に彼女だけが浮いてしまった。オトナの事情もあるでしょうけど、これ・・まったくの逆効果ですから。(猛省をお願いします)


 ふ〜、ちょっとスッキリしたので続きをば。

実のところ、私も冒頭からちょっとした違和感を覚えたのだが・・S.ウィーバー女史の後釜(いゃ、前釜か?)としての女傑=ノオミ・ラパス嬢(エリザベス・ショウ役)が、ちょっとなぁ・・であります。



全編にわたる迫真の演技には凄みさえ感じたのだが、主人公のオーラと言いますか、まぁ正直なところ今ひとつ・・つまり、その『フツーのおばさんっぽくね?』と言うのが、ちょっと・・(すいません。m(__)m)
もっとも、話が進むにつれて結構馴染んできた・・と言って良いのか。いゃあ、この人もなかなかハマってくるんじゃ? と思えた次第。全自動手術システム(?)で自前の腹を開腹オペやったり(かなりエグい…)、最後で巨人と一戦交えたり・・は、なかなかの頑張り。強い女性を育むのもエイリアン・シリーズの真骨頂だし、ココは一つ続編に期待しながら、見守って行きたいと思いますな。


さて、ストーリー的にどうこう・・は各サイトで熱っぽく語られるので、個人的に気になった部分で一丁。



ロボット/デヴィッド役のマイケル・ファスベンダー氏。途中から、だけど ”ありゃ…完全に,このミッションの影の進行役じゃん?” と、確信犯的な行動をとりはじめる。
これまで、ロボットは ”例の三原則” が足かせとなっていて、人間を傷つける事が出来ないハズでは? と信じていた自分にとって、けっこう衝撃的な行動が目に付いたワケですよ。
このデヴィッド君ときたら・・クルーに例の黒い液体を飲ませるわ、命令を無視して勝手な行動するわ・・で、アレまぁ〜ロボットの描写としては新手のパターンじゃ無いのか? なんだが、そう言えば初代のエイリアンでもそういった描き方してましたねぇ・・R.スコット監督の頭には、定着した考えなのかな?(ブレード・ランナーでもそうだった気が・・)

後半、ついに実現した異星人とのファースト・コンタクトで、あっさり首をもぎ取られるのもお約束のパターン。この辺り、初代作を知る人にはオマージュ的な面白さはありますね。
(見ようによっては『ウェ〜!』だが、プレデターの背骨抜きよかはマシだ・・)

で、今作でも一応、注目株と思い込んでいた S.セロン嬢なのだが・・・。



相変わらず、どんなコスプレをしても、お似合いになるセロン嬢。さすがにアップ・カットになると★★★なんだが、スーツ姿になると背筋がシャキッと伸びてカッコ良すぎます。
ちょっと意外・・と言うのか、もしかしたらこの人もロボット? かと思ったのだが、どうやら ウェイランド氏のお嬢さん だったようで。当のウェイランド氏はざっと120〜130歳?くらいの老人だし、えらく年齢差が・・とか、疑問符もつく設定だよなぁ・・。
しかしまぁ、ちょっと勿体ない使われ方だったな。最後の特攻シーンなんて、もぅ最悪。
ビビって脱出したまでは良かったが、あっさり異星人の船に踏み潰されるし・・今回はちょっとイイ所がなかったですな。まぁ人間側の都合だけで見れば、惑星=LV223で繰り広げられる 親娘のケンカ…といったトコロでしょうか。




今作ではもの凄い老人を演じていたけど、若き日のスピーチ・シーンもあった(と言われる)ピーター・ウェイランドを演じるガイ・ピアース氏。もしかしたら、続編でその辺りの謎解きもしてくれるかも? 少し期待してますけど、そうじゃないと、わざわざ彼を起用した意味が無いような・・単なる老人役なら、別に彼でなくとも良かったのでは。こっちもまた、何となく謎を匂わせる出演だったか・・。


それにしても、初代作から見るとやはり映像美は凄い訳ですよ。個人的に感動した・・いゃ、ロボットのデヴィッド君も感動していた(↓)なシーンが凄い。




異星人の船のナビゲーション・システム? こういったシーンはやはり、3Dで観るべきなのでしょうね。まぁショボい2D+DVDでも結構良かったですよ。
地球を愛おしそうに手にかざすシーンなど、デヴィッド君の2面性を表現しているのが面白かった。今から80年後にこういったロボットが出現するとは思えないのだが、出来たら出来たで、ちょっと怖い未来かもしれませんな。




 で、最後はやはりコイツでシメてくれましたね。
途中形態(?)の、あのダイオウイカみたいなアレの正体がまだよく解からんのだが・・・黒い液体って、生物を遺伝変換するためのiPS細胞みたいなモノかしらん? イカの触腕が巨人の口に入り込み、結果この(↑)が出てきたって事は・・。

ますますもって、深まる謎が多い、この作品。前4作を見ておかないと(特に初代作)完全に置いてけぼりを食わされること必至なんですが、私的には一部で騒がれるほどヒドイとは思えなかった。キッチリ説明しながら・・だと、今作でも2部構成に分けないと到底追いつけないほどの内容になっちゃいそうで。まぁ2時間ちょいのSF大作としては、結構楽しめた・・と言うのが本音であります。

ま、人物像や科学者達の幼稚な行動などにあれこれ不満は残るものの・・・続編で一気に巻き返してくれることを期待しますので・・ひとつ、よろしく。

Posted at 2013/01/17 13:07:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | ”うーん、チョット困った”映画 | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「あれれ・・急にアレが手元に・・(苦笑)どうして?」
何シテル?   10/27 23:16
sadayanです。汎用省エネ車の週末ドライバーですが、以後よろしくお願いします。2010年の夏、8年半乗った旧型MPVからDEMIOに入れ換え。あまり4輪には...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
趣味のMTBの熱も冷めてきて、それほど遠乗りもしなくなる・・気がした、2010年夏。実家 ...
その他 自転車 その他 自転車
現在、メインで使っているMTBの一台です。4年前(2009年)に手に入れたバイクですが、 ...
その他 自転車 その他 自転車
ここ7〜8年、メインで乗っているMTBです。今はRIZE 5と併用して、週末の河川敷+サ ...
その他 自転車 その他 自転車
(写真-上)KLEIN Attitude Race/1995年モデルでしょうね…たぶん( ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.