• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

sadayanのブログ一覧

2012年09月29日 イイね!

古いプラモデルの棚おろし:タミヤ模型1/12 (その1)

古いプラモデルの棚おろし:タミヤ模型1/12 (その1)毎年、この時期になると妙にソワソワしていたのだが・・・。
F1GPが鈴鹿にやってきて、今年もあのお祭り騒ぎが・・・だったのですけどね。ご存知のように、昨年(2011年)を持ってフジTVの地上波放送も終わり、CSかBSでしか視聴できなくなりました。
かねてより深夜枠の録画中継も低迷を続け、加えて日本メーカーの撤退も続いたわけで、そりゃ仕方が無いだろうな・・とは思うんですが。
1年経ってみると、自分的にも慣れた…と言いますか。まぁ特に観なくてもいいっか・・程度だったようで。もちろん可夢偉選手は応援しているけど、どこか特定のチームを応援していた訳でもなし、走るマシンを見ても以前ほどトキメクことは無くなったようです。
その昔、あの爆音を聞くために深夜の高速道路を走ってサーキットに出向いたのに・・嗚呼、何という変わり様か・・・と嘆く昨今。

ところで。少し前にあのディアゴスティーニから《週間◯◯シリーズ》が出てましたね。
1/8スケールの巨大なマクラーレンホンダMP4/4だけど、コレは凄いな。なんたって、1/8ですよ。1/20スケールとは違って、たった8台で本物と同じ長さになるのが凄い! のだが・・頑張って組み上げても、飾って映える部屋がない。いゃ広くてお洒落な部屋にお住まいの諸兄はいいんですけどね、我が家にそんな洒落た部屋など存在せず、ですから。
で、CM観ていてふと思い出した・・のだが、そういゃ実家の屋根裏に昔の模型とか、上がってね? と、所用ついでに見に行ったわけですよ。そうしたら、ありました。
1/12シリーズのF1が2セット、同スケールのオートバイ・シリーズやら造りかけの残骸?やら、あれこれと。(苦笑
で、一切合切を車に積み込んで我が家に持って帰ったわけですよ。いゃー、懐かしいな。





Ferrariなんかは85%位まで手がけていたのだが・・このMP 4/6は半分も行ってない。バラで各部を仕上げていたのだが、エンジン部はさっぱり。・・たくもぅ、なんでいつも半端な仕事しとるんだ! と、どこからともなく怒りがこみ上げる始末ですよ。





凝っちゃう人はもぅ、ギリギリまで薄くしてカーボン・デカールとか貼っちゃうんだろうけど・・私しゃゴメン被りますです。そこまでのマニアでもありませんので・・はぃ。



解説本とか読むと、ディスクの縦穴も埋めちゃってまたドリルで穴を開け直す・・そうで。凝りだすともぅ止まらない人って羨ましい。単純に尊敬しちゃいますよ・・えぇ。


しかし、また再開するといっても肝心の塗料や工具などが(たぶん)ダメだろうなぁ。
特に専用の金属系塗料なんて、今でもあるのかどうか・・確かグンゼ産業?だったか、塗って磨くとエラくリアルになるメタル塗料が好みだったのですけどね。溶剤入れたら再生できるのかどうか。試すのも面倒くさい・・時間はあっても気力が無い。
それ以前に店を広げる場所が無い。またシンナーの匂いにフラフラしつつ(変な意味ではありません。キッパリ!)リビングに充満させるのも嫌だしなぁ。模型専用の作業机もとっくに処分したし、作業部屋は4台のMTB専用になっとるし(笑。

(※あとで調べたら、まだグンゼ産業のメタルカラー、出してました。)

やっぱり、当分は無理ですな。しばらくはまた押入れの肥やしにするしか無さそうです。



Posted at 2012/09/29 13:52:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 昔、ハマってました。 | 趣味
2012年09月27日 イイね!

コスプレ洋画2作品。《 X-MEN /グリーン ランタン 》

正直、『もしかしたら地雷を踏むかもなぁ・・』な、心境だったわけですが。
観てみると、少し安心しました。(まぁ緑のコスプレ男はちょっと・・だったけど)

しかし、向こうの俳優さんって・・よくぞまぁ、恥ずかしげも無くあんな格好しますな。
邦画だと、ここまで露骨なコスチューム映画って・・あまり思いつきませんよ。
(あ・・《ヤッターマン》とか、《CASSHARN》はけっこうアレでしたけどね。)




   《 グリーン ランタン/2011年公開 》

見るからにヤバそうな作品だったので(対戦車地雷踏みそうで)、先に鑑賞しましたよ(笑。 しかし、”ランタン” って・・・)
いゃ、特に注目していた作品でも無かったのだが・・中古DVDを選ぶ際、先にX-MENを選んでいて、1枚だと寂しいのでもう一丁・・な、パターン。(苦笑
《ブレイド3》や《…ウルヴァリン》とかでけっこう頑張っていたライアン・レイノルズ君が出ていたので、思わず手が出た・・・ってトコロでしょうか。

観る前に覚悟…と言いますか、心構え?が出来ていたせいか、それほどヒドイって事は無かったですね。Yahoo!映画評の3.3点は至極マットウな気がしました。
本国でどの程度の人気なのかは知りませんけど、こっちじゃほとんど知名度ゼロじゃなかろうか? 自分もCATVのアニメ版でチラッと見かけたくらいですし、ソレだってヒーロー団体物(ジャスティス・リーグ)に出ていたな・・程度の認識。
かなり対象年齢が低そうな感じだし、仮に親子で観てもそれほど違和感とか感じられずに済みそうですな。ランタン・パワーで潜在意識を具現化して、数々の武器を出す・・・って、あれ? 何だか《スポーン》っぽくないか? まぁあっちほどグロくは無いし、ライアン君のお茶目ぶりもなかなか上手いし・・数々の異星人や、トレーニング・シーンなどは笑えましたけどね。ただ後半で地球の危機を救うのに、たった一人でやるとは思わなかったぞ。
異星人のお友達が連れ立って助けに来てくれる・・っぽい展開だと想像していたんですけどね。予算不足だったのか、原作どおりだったのか? ちょっとアレレ〜な感じでした。
ベテラン俳優のティム・ロビンス氏が出ていた以外は特に有名人も居なかったし、感動できるシーンも無かったのだが、ライアン君と同じくサッパリ系映画で観やすいのは良かった。
ただ、エンド・ロールの後にちょこっと続編っぽいカットを入れるのは・・。
(最近多いみたいだけど、アレは反則じゃ・・ホントに作る気、あるのか?)

先の《アベンジャーズ》が大成功した手前、DCコミックもたぶん二番煎じを狙っているはず・・なので、ひと通り製作した暁には公開予定(=ジャスティス・リーグ?)・・ではないかと。


 《 X-MEN:ファースト・ジェネレーション/2011年公開 》

邦題も長いけど、内容も131分と、けっこう長い作品だったんですな・・。
先の3部作は全部持ってるので、安くなったらその内に・・・で、ゲットしました。こっちはもぅ評価も良いし、3部作の前日譚としては外せない訳で。ブツブツ言いながらも(?)ワクワクしつつ、鑑賞しました。130分ちょいなんて、あっと言う間だったですよ。
3作目の《X-MEN:ファイナル ディシジョン》がいささか消化不良だったので、少しだけ不安はあったのだが・・概ね、皆さんの評価が良かったので、今さらだけど在宅鑑賞をば。

若いミュータント諸君のスカウト/訓練風景ではちょっと中だるみを感じたのだが、うーむ・・さすがに編集がウマい。3部作を観ていた人には、いちいち頷ける内容に仕上がっております。スカウトの途中、ウルヴァリン(ヒュー)をチョイと出演させたり、セレブロや専用機の開発、マグニートーがかぶる”ちょっと恥ずかしいヘルメット”のくだりとか、やはりファンの心理をよく解っているよなぁ・・。無理を感じさせない辻褄あわせ・・もとぃ、脚本にイタく感心した次第です。本国にとっては鬼門でもあった歴史=キューバ危機を題材にしたのも、なかなかウマいセッティングでしたし、ね。
今作で一番おぉ!と感心したのが、悪のミュータント役=セバスチャン・ショウを演じたケヴィン・ベーコン。もぅすっかり成りきっちゃって、最高でしたね。さすが、であります。
ぶっちゃけ、ドル箱俳優の出演・監督作品では無いのだけど、シリーズを通して観た人にはスカッと楽しめる良作に仕上がっていました。まぁ一見さんはちょっと・・だけど、アメコミが好きじゃない人はたぶん観ないでしょうから・・こちらもYahoo!映画評の4.37点は納得、の数字です。今後、日本を舞台にした6作目(スピン・オフだけど)も公開を控えているので、そっちもまた楽しませてもらおうかな・・・と。

     閑話休題。

結果、2作ともけっこう良い買い物だった・・んですが、最近アメコミの戦略みたいなものに、かなり感心しているんですよ。
単作でコケた作品もあるのだが、長いスパンで着実にシリーズ化して、結果的に世界的な成功を収めたのは凄いなぁ・・と。 そりゃあ良い面ばかりではないでしょうけど、最近は大コケしたって話も聞かないし。とうぜん、興行収入などはかなりの物だと思いますよ。

対して、我が国のコンテンツ と言えば・・。 
サブ・カルチャーとかで世界的にファンが多いのは朗報だけど、それらが上手く映画とシンクロしていないのが悔しいと言うか、モッタイナイと言うのか。
原石は良い物が多いと思うのだが、育て方がヘタといいますか・・相変わらず縦割り思考と言いますか・・国民性と言えば、そうなんでしょうけどね。もうちょっと、先を見越してくれれば良いのに・・と、要らぬ心配などしてしまった訳ですよ・・えぇ。

2012年09月25日 イイね!

急激な晩秋化に呆れる・・の巻(過去の写真より−2)

えーっと、日曜ロードショーだったかな・・? 小栗君主演の《岳》やってましたねぇ。
初めて知ったのだが)これまた原作コミックとかあるんですなぁ。もぅ20年以上、漫画・・いゃコミック本って買っていないのだが(大昔の所蔵分はたま〜に読んでるけど)、
そもそも実写作品ってそんなに楽なんだろうか? と、ふと考えたわけですよ。
まぁ一から練り上げるよりは人気作品を使った方が製作も早いし、ある程度の興行収益も見込まれる・・といった所なんでしょうね。加えて、旬の役者(タレント?)を使うと一層の相乗効果もあるだろうし・・あ、旬君ってタイムリーなお名前だったかもねぇ(わざとらしい・・でも、いい名前ですよ)。
共演は長澤まさみ嬢だった・・のだが、そう言えばあの《ロボコン》でも共演していましたねぇ。あの頃はふたりとも若かったし(今でも若いけど)、久しぶりの共演ってどんな感じなんだろうか? あまり関係ないところで少し気になってしまった。

映画の方は・・やはり、と言いますか、いつもの邦画パターンでありました。
出演者・スタッフ共に頑張っておられるのは分かるんですけどねぇ。たぶん良作ではあるのだが、いかんせん薄めの味付けだし、観終わっても印象に残らないのがイタい。
申し訳ないけど、料金払って劇場で・・は難しいです。ただ、山の美しさと残酷さはけっこうシビアに描かれていたんじゃなかろうか? と思えた次第。
やっぱり、山頂であの光景を自分の目で観られたら・・・そりゃあ、苦労もなんのその! は、ちょっと分かるような気がしますね。せいぜい1,500メートル程度の山しか登った事がない私でも、けっこう感動した記憶があるんだし・・。

 ・・あれ。 何だか違う日記になってきたような・・(?_?)

  で、タイトル通り小さな秋を見つけた・・(2) でお茶を濁しておきます。







  ・・・以上、お粗末さまでございました。 m(__)m

これから山登りやハイキングにも良い季節の到来です・・が、くれぐれも気を付けてお楽しみ下さいますように。 (合掌)


Posted at 2012/09/25 10:39:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 一服の写真とか。 | 日記
2012年09月23日 イイね!

急激な晩秋化に呆れる・・の巻(過去の写真より−1)

まったく・・先週まで熱波で死にそうだったのに、急に朝晩が冷え込んでます。
ここ数年、良く聞かれる事だが・・季節の移り変わりが無くなって来て、
ON-OFFだけになってきたような気がしますね。
こうなるともぅ、体の方がついてゆけなくなりますよ・・・困ったモンですな。

・・とまぁ、人間側の都合はさておき。(←元々、ソレが元凶なのだが…沈)
ちょっと外出しても、そろそろ秋の模様替えのシーズンではあります。公園の片隅には曼珠沙華(彼岸花)の群生が見られたり・・で、少しホッとする昨今ですね。
一応、ペンタのK-7にTamronの90mm Macroとか持っているんだが・・どうも写欲がまだ回復せず。モッタイナイなぁ・・とは思うけど、撮る気がなければ仕方ない。

・・ちゅうわけで。 以前撮った中から、幾つかチョイスしてUPしました。



 まぁ、彼岸花を目の前にすると普通、こんな感じで撮るんでしょうか。




 ちょっとヒネって、枯葉を入れてみるとか・・・。




 思い切って、アンダー掛けて・・じゃなくて、ソフトでイジってます(苦笑。




 少し遊んで、水彩画風に・・でも、あまり効果が無かったような気がするぞ・・。
(沈。 しかし・・みんカラにアップすると、いつも色合いとか解像感?まで変わっちゃって困るなぁ・・)


過去を振り返るのもナンだけど、しかし・・D200はいいカメラだったなぁ・・と思うな。
ちょっと無駄に寄り道し過ぎたような気もするのだが、う〜ん・・・これくらいで止めておけば良かったのかもしれませんねぇ。(反省。



設計の古い AiAF 60mm Micro F2.8D 、フィルム時代からお世話になってましたが・・なんでニコンだけがマクロじゃなくて、マイクロなんだろ・・? な疑問も今は昔・・・。
新型のGレンズはナノクリスタルコート+円形絞りになっていて、ちょっち羨ましいのですけど。まぁ今のところはペンタ・システムで通しておきますです、はぃ・・。m(__)m

Posted at 2012/09/23 07:29:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 一服の写真とか。 | 日記
2012年09月21日 イイね!

危機一髪! デミオ(のブレーキ)に感謝した日。

いゃ〜・・ざっと20年ぶりくらいか? 久しぶりにパニック・ブレーキ踏んじゃいました。

昨日(20日)の夕方。所用ついでにちょっと家電量販店に寄ってくるか・・と言うわけで、営業車=デミオ号で出かけたんですよ。
用事を済ませて帰宅途中、幹線道路で軽く渋滞に巻き込まれたんですけどね。川をまたぐ高架橋が工事中で、2車線→1車線規制になっていて、そこが渋滞の元だったようです。

ノロノロと進んで、橋の上を通過したその時・・前の車が いきなり急停止!

基本、運転する時はいつも車間距離を取る人なんですよ。過去にそうして事故を回避できた経験上、幹線道路なら車3台分以上は常にキープして走ってます。が、この日は油断していたのか、ノロノロ運転中というスキがあったのか・・頭の中の運転中枢はすっかり微速前進モードだったので、車間も少ししか空けていませんでした。

あっ! と思って急ブレーキをかける。短いスキール音が聞こえて、激しく車がノーズ・ダイブ。自分でも意外だったのは、妙に落ち着いていてブレーキペダルの感触(ABS作動中)がけっこう判ったって事でしょうか。止まるまでの時間が長く感じられて、そのあと完全に
ぶつかるな・・ と、諦めた事まで覚えている始末・・・

・・なんですけど、間一髪で助かりました。夜間なので確認しずらかったんですが、ほとんど車間は無かったような・・前車のドライバーも何事も無かったような雰囲気だし・・。
帰宅後、バンパーを調べてみたんだけど、擦った形跡もナシ。もしかしたら、下のリップを擦ってるかもしれないですが・・。

購入後2年以上が経過したのだが・・未だに、乗るたびにハンドリングとか、ブレーキには好印象を抱いているんですけどね。今回ばかりはコイツに助けてもらったような気がしてなりませんでした。



ちょっと落ち着いてから、つらつら考えてみるに・・今回はけっこう、ラッキーが重なっていたんじゃなかろうか? と思えてきたわけです。

■ やっぱり、ABSは凄かった(ブレーキの素性も良かった?)
当たり前ではあるが、やはり必要なデバイスなんだな・・と、改めて思えた次第。今までお世話になった事はなかったけど、今回はコレに助けてもらったと思える。さらに言えば、DSCもあればもっと嬉しいのだが・・・(今さら無理だけど)。

■ 雨が降っていなかった(路面が乾いていた)
このところ不安定な天気が続いていて、急な豪雨とか頻繁に起こっていましたよね。
今週の半ばはカラッとした晴天が続いてくれていたお陰で、助かった・・かも。

■ 車体が軽かった(同乗者も居なかった)
元々、軽いデミオにドライバーの私一人。コレであと2人くらい乗せていたら、前車に突っ込んでいたかもしれません。・・で、純正のショボいエコタイヤでも何とかグリップしてくれた・・と(専門家でもないのに)妙に納得してしまった。いゃ、勝手な想像ですけど。

■ 後続車がなかった(自分が最後尾だった)
もし後続車が来ていたら・・と思うと、今でもゾッとしますよ。信号の切れ目だったのか、たまたまだったのか・・自分は止まれても、後ろから突っ込まれるともぅ、為す術も無し・・・ですからねぇ。


ところで・・その後少しだけ走ってゆくと、急ブレーキの原因が判明しましたよ。
2車線に回復する地点で、倒れたママチャリと中年のおじさんが座り込んでいました。
コレまた推測ですけど・・自動車専用道路(自転車禁止区域)なのに並走、もしくは逆走して、フラフラと自転車をこいでいたらしい・・ですね。
で、2車線になって進路を変えた車の横におじさんがヒョイッと現れて、接触・・な、パターンかと思えました。(実際見ていないので確信はないですが・・)
普段より大型トラックもゴーゴー通る危ない区間なのに夜間、しかも工事中の区間を走ろうなんて、そりゃあ無茶ってモンです。仮にその通りだったら、完全におじさんが悪いです。その上無灯火だったとか、もしかして飲酒? までしていたら・・(怒。

まぁ想像なんであまり悪者にするのも・・ですけど、少し離れた所に並行する歩道もあるんだから、安全の為にちょっと回り道をしてくれればいいのに・・と、思った次第。


何となく、マイ・カーに対する親バカみたいなコメントになっちゃいましたが・・・
今後、いっそう運転には気をつける所存でございます。皆様もお気をつけて・・。

Posted at 2012/09/21 09:44:15 | コメント(2) | トラックバック(0) | ちょっとだけクルマ | クルマ

プロフィール

「あれれ・・急にアレが手元に・・(苦笑)どうして?」
何シテル?   10/27 23:16
sadayanです。汎用省エネ車の週末ドライバーですが、以後よろしくお願いします。2010年の夏、8年半乗った旧型MPVからDEMIOに入れ換え。あまり4輪には...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

お友達

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
趣味のMTBの熱も冷めてきて、それほど遠乗りもしなくなる・・気がした、2010年夏。実家 ...
その他 自転車 その他 自転車
現在、メインで使っているMTBの一台です。4年前(2009年)に手に入れたバイクですが、 ...
その他 自転車 その他 自転車
ここ7〜8年、メインで乗っているMTBです。今はRIZE 5と併用して、週末の河川敷+サ ...
その他 自転車 その他 自転車
(写真-上)KLEIN Attitude Race/1995年モデルでしょうね…たぶん( ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.