• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

sadayanのブログ一覧

2013年01月17日 イイね!

続編を期待して、待ってみたい。《プロメテウス》

18日/金曜ロードショーで、また《地球が静止する日》やるそうで。
確か2年くらい前にも地デジでやってくれたのだが、この作品・・完全にタタキ売り状態になってきたような。まぁいつか愚痴ってみたい映画の一つなんだが、あまり細かいトコロは突っ込まずに(苦笑)鑑賞なさってくださいね。m(__)m

で、長引く鼻風邪でグズグズいいながら…)受注分をこなす日々なのだが、先だって2012年の話題作を2作品ほど(DVDだが)ゲットしたので、ボチボチと鑑賞しておりましたよ。さっそく感動・・もとぃ、ちょっと文句も含めまして、(↓)より一丁。


      《 プロメテウス/2012年公開 》



(↑)・・とかいった、壮大なサブ・タイトルをつけちゃったもんだから、エラく誤解を招いてますけど、ね。各評価サイトを見ても、いゃあ〜グチられるわ叩かれるわ、挙句は監督引退か? とまでコキ落とされる始末。
Yahoo!映画評でも賛否両論の真っ最中で、全体的には可哀想なくらいの低評価なのだが、個人的に言えば、ざっと3.6点はつけてみたいと思っているのですよ。まぁ今作だと73点? が自己評価って感じですか・・。

現時点でも各レビュアーさんがとても丁寧な解説や謎解きをなさっているのだが、低評価も高評価も、どちらの言い分も良く解る。内容的には私もイマイチ評価だし、公開前に配給会社がとった戦略も外れた一因ではないか? と考えていますし、ね。

 で、先にちょっとだけ言わせてもらいますと・・・



 『せめて、吹き替えはプロを起用してもらいたい。(怒』



主役の吹き替えで某若手タレント嬢を起用した事が余計に仇となり、結果、ネット炎上の一因になってしまった・・のは、やはり事務所+配給会社の責任でしょうね。一応、後学のため日本語吹き替えでも鑑賞してみたのだgy・・・いゃ、結局30分ほどでヤメた。それ以上は時間の無駄だったので。他のキャストはしっかりプロだったので、余計に彼女だけが浮いてしまった。オトナの事情もあるでしょうけど、これ・・まったくの逆効果ですから。(猛省をお願いします)


 ふ〜、ちょっとスッキリしたので続きをば。

実のところ、私も冒頭からちょっとした違和感を覚えたのだが・・S.ウィーバー女史の後釜(いゃ、前釜か?)としての女傑=ノオミ・ラパス嬢(エリザベス・ショウ役)が、ちょっとなぁ・・であります。



全編にわたる迫真の演技には凄みさえ感じたのだが、主人公のオーラと言いますか、まぁ正直なところ今ひとつ・・つまり、その『フツーのおばさんっぽくね?』と言うのが、ちょっと・・(すいません。m(__)m)
もっとも、話が進むにつれて結構馴染んできた・・と言って良いのか。いゃあ、この人もなかなかハマってくるんじゃ? と思えた次第。全自動手術システム(?)で自前の腹を開腹オペやったり(かなりエグい…)、最後で巨人と一戦交えたり・・は、なかなかの頑張り。強い女性を育むのもエイリアン・シリーズの真骨頂だし、ココは一つ続編に期待しながら、見守って行きたいと思いますな。


さて、ストーリー的にどうこう・・は各サイトで熱っぽく語られるので、個人的に気になった部分で一丁。



ロボット/デヴィッド役のマイケル・ファスベンダー氏。途中から、だけど ”ありゃ…完全に,このミッションの影の進行役じゃん?” と、確信犯的な行動をとりはじめる。
これまで、ロボットは ”例の三原則” が足かせとなっていて、人間を傷つける事が出来ないハズでは? と信じていた自分にとって、けっこう衝撃的な行動が目に付いたワケですよ。
このデヴィッド君ときたら・・クルーに例の黒い液体を飲ませるわ、命令を無視して勝手な行動するわ・・で、アレまぁ〜ロボットの描写としては新手のパターンじゃ無いのか? なんだが、そう言えば初代のエイリアンでもそういった描き方してましたねぇ・・R.スコット監督の頭には、定着した考えなのかな?(ブレード・ランナーでもそうだった気が・・)

後半、ついに実現した異星人とのファースト・コンタクトで、あっさり首をもぎ取られるのもお約束のパターン。この辺り、初代作を知る人にはオマージュ的な面白さはありますね。
(見ようによっては『ウェ〜!』だが、プレデターの背骨抜きよかはマシだ・・)

で、今作でも一応、注目株と思い込んでいた S.セロン嬢なのだが・・・。



相変わらず、どんなコスプレをしても、お似合いになるセロン嬢。さすがにアップ・カットになると★★★なんだが、スーツ姿になると背筋がシャキッと伸びてカッコ良すぎます。
ちょっと意外・・と言うのか、もしかしたらこの人もロボット? かと思ったのだが、どうやら ウェイランド氏のお嬢さん だったようで。当のウェイランド氏はざっと120〜130歳?くらいの老人だし、えらく年齢差が・・とか、疑問符もつく設定だよなぁ・・。
しかしまぁ、ちょっと勿体ない使われ方だったな。最後の特攻シーンなんて、もぅ最悪。
ビビって脱出したまでは良かったが、あっさり異星人の船に踏み潰されるし・・今回はちょっとイイ所がなかったですな。まぁ人間側の都合だけで見れば、惑星=LV223で繰り広げられる 親娘のケンカ…といったトコロでしょうか。




今作ではもの凄い老人を演じていたけど、若き日のスピーチ・シーンもあった(と言われる)ピーター・ウェイランドを演じるガイ・ピアース氏。もしかしたら、続編でその辺りの謎解きもしてくれるかも? 少し期待してますけど、そうじゃないと、わざわざ彼を起用した意味が無いような・・単なる老人役なら、別に彼でなくとも良かったのでは。こっちもまた、何となく謎を匂わせる出演だったか・・。


それにしても、初代作から見るとやはり映像美は凄い訳ですよ。個人的に感動した・・いゃ、ロボットのデヴィッド君も感動していた(↓)なシーンが凄い。




異星人の船のナビゲーション・システム? こういったシーンはやはり、3Dで観るべきなのでしょうね。まぁショボい2D+DVDでも結構良かったですよ。
地球を愛おしそうに手にかざすシーンなど、デヴィッド君の2面性を表現しているのが面白かった。今から80年後にこういったロボットが出現するとは思えないのだが、出来たら出来たで、ちょっと怖い未来かもしれませんな。




 で、最後はやはりコイツでシメてくれましたね。
途中形態(?)の、あのダイオウイカみたいなアレの正体がまだよく解からんのだが・・・黒い液体って、生物を遺伝変換するためのiPS細胞みたいなモノかしらん? イカの触腕が巨人の口に入り込み、結果この(↑)が出てきたって事は・・。

ますますもって、深まる謎が多い、この作品。前4作を見ておかないと(特に初代作)完全に置いてけぼりを食わされること必至なんですが、私的には一部で騒がれるほどヒドイとは思えなかった。キッチリ説明しながら・・だと、今作でも2部構成に分けないと到底追いつけないほどの内容になっちゃいそうで。まぁ2時間ちょいのSF大作としては、結構楽しめた・・と言うのが本音であります。

ま、人物像や科学者達の幼稚な行動などにあれこれ不満は残るものの・・・続編で一気に巻き返してくれることを期待しますので・・ひとつ、よろしく。

Posted at 2013/01/17 13:07:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | ”うーん、チョット困った”映画 | 音楽/映画/テレビ
2013年01月15日 イイね!

体も痛いがココロも痛む、この一本。《レスラー》

昨日の雪は凄かったようですね。
こっち(大阪)はそれほどでも無かったのだが、都市部でゲリラ豪雪になると、アッと言う間に交通マヒ・・。せっかくの成人式だったのに、新成人さんはエラい目に遭ったでしょうし、配達などでクルマを動かす人々も大変だ・・。

ちょっと資料が不足していて、作業も一時中断と相成った昨日。外は雨+強風で轟々だし、特に出る用事も無かったワケですよ。
じゃ、時間が有るうちに観ておこうか? って事で、先だってゲットした新作DVDとか、正月に録画したブツとかをまとめて鑑賞。・・で、感動が薄れないうちにこの一本から。


          《 レスラー/2008年公開 》



以前はSFアクション系とか、壮大なスペース・オペラが好き! って事で、けっこうな本数を稼いでいたのだが・・・さすがに寄る年波には勝てず(苦笑い)、ここ数年はこういったソウルフルな作品も加わるようになりましたよ。
主役のランディ ”ラム” ロビンソン=ミッキー・ローク氏はその昔《エンゼル・ハート》とか、《ジョニー・ハンサム》等、独特の雰囲気がある作品で好きだった俳優なのだけど、いつの間にかボクサーに転身(?)していましたよねぇ。

で、この作品。観終わってもジ〜ン・・とハッピーエンド!ってわけではないし、少々ダルい展開で眠いシーンもあったのだけど、都合3回は観直しても、飽きる事は無さそうです。
そこはやはり、ミッキー・ローク氏の人生とかぶる部分もあるのかどうか・・。かつてのスター・レスラーだったランディが20年近くも経って、落ちぶれたドサ回り試合(失礼!)をこなすシーンから物語は始まるのだが、全くもって彼以外には思い浮かばないベスト・キャスティングでは無いかと思いますね。



まぁ、あっちの芸能ニュースとかはさっぱり(?)なのだが・・けっこう長くて辛い時間を過ごしたのでは?と思える、最近のローク氏の佇まいが前面に溢れていたような気がする。かなり強面なのだけど、瞳を見ると優しそうだし、せっかく仲直りしかけた一人娘から再び辛い仕打ちを受けるシーンなどはもぅ・・すっかり惹き込まれてしまいましたよ。

それにしても、レスリングのシーンはけっこう凄い・・いゃ、イタい。痛すぎますよ・・・えぇ。
さすがに有刺鉄線や殴るイスなどはフェイクだろうけど、ロープの上から飛んだり跳ねたり、首絞めて投げ飛ばしたり・・は、実際ローク氏がやってるんだもんなぁ・・。
作り物とは解っていても、ステップル攻撃(いわゆるホチキスですな)とか、わざとカミソリで自分の頭を切ったり、なシーンはやっぱりイタい
リング場外でも、トレーラーハウスの家賃が払えずに締め出しを喰らったり、同業者達と(客の来ない)サイン会に出たり・・と、見ているだけで辛い場面が満載であります。

ストーリーが進むにつれ長年の無茶な試合や(職業柄?)ステロイド系の投薬がたたり、ついに心臓バイパス手術を受けるハメになるランディだったのだが・・・せっかく仲直りができた一人娘からも愛想を尽かされ、ストリッパーの恋人からも疎遠・・な展開に。結局、自分の生きる世界はココだ・・とばかりに再度リングへと戻ってゆくのですけどね。一言で言えば ”やっぱり、オトコってバカ。” ってことになるんでしょうか・・ね。
ラストのシーンもかなりツライ。ドクターストップがかかったその体で、止めに戻ってくれた恋人の懇願も振り切り、昔のライバルと再戦するシーンなんて、さすがにグッと来るものがありましたよ。

作品の構成上、いささかヤバい大人向けのシーンもちらほら出てくるので、やはりファミリー向け・・とはいかないのだが、個人的にはかなりの秀作ではないかと・・。
(これまた盛りが過ぎて)イマイチ人気のないストリッパー役(失礼!)のマリサ・トメイ嬢や、ランディの娘役/エヴァン・レイチェル・ウッド嬢も役柄なりの渾身の演技で、とても良かったと思う。

アルバイト先の惣菜コーナーで、全く似つかわしくない姿で慣れない仕事に精を出すランディ。老眼鏡を掛けて娘に電話をするランディ。プロレスという”ショー”のため、控え室で相手と【打ち合わせ】をするランディなど、さまざまなシーンでローク氏の自然体が光る、いい作品だったと思いますね。好評価も納得、なぜか元気をもらえる一本でした。

Posted at 2013/01/15 07:29:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | ”満足度80点以上”の映画 | 音楽/映画/テレビ
2013年01月12日 イイね!

Cannondale Rize号/ニュータイヤが届く・・の巻

世間では3連休って事ですが・・只今、自宅軟禁状態であります。
久しぶりにPCデスクに座りっぱなしだと、肩は凝るわ眼は疲れるわ・・で、イヤ。
ストレス解消にポタリングに行けばいいのだが・・・気がつくと朝の10時過ぎだったり
(ダメじゃん) 一服して外を見ると、とっぷりと暮れていたり・・で、アウト。

ま、いいっか・・・。 もぅ1月は外に出ないぜ! 宣言でもしてみますか。


・・とは言いつつも、Rize号のタイヤだけはちゃっかりゲットしておりまして・・。




SCHWALBEさんちのRACING RALPH-EVO 2.25 UST を選んでみましたよ。

なーんてエラソ〜に書いていますが、選ぶも何も・・某オクで2本セット6,000円ちょいのブツに入札したら、あっさり落とせたってだけなんですが・・(苦笑。人気、無いのか?)
もちろん、入札前にちょいと調べてはみたのだが、う〜ん・・・あまり使ってる人、居ないんでしょうかね? コレといった情報も無くて、29inchだと嵌めにくくて難儀したぜ! な人や、お定まりのメーカー説明文?程度しか、拝見できなかった。

まぁ、2.25サイズにしては妥当な重さ(実測で690g前後)だし、トレッドパターンも以前使ってみたHUTCHINSON−BULLDOG とけっこう似ていて、イイかも? であります。
コンパウンドは(これまた)前タイヤのMOUNTAIN-KING のようなネト〜とした柔らか目の感触。コレだと舗装路のグリップが良くて、移動区間が安心できそうですな。



サイク用のSONY HX7V は妹に貸出中なので、贅沢にペンタのK-7で撮ってみました。
うーん、さすがは大口径! 背景のボケ具合が・・って、自分がボケとるがな・・(沈。

しかし・・自転車のパーツって、お高いですなぁ。
一応、趣味ってことで片足は突っ込んでいるのだが、頭では理解してますけど実際、イイお値段しますよねぇ。今回のMAVIC・ホィール込みで考えると、ぶっちゃけDemio号の足まわり(インチアップ)が出来そうな感じ。まぁそっちは中古品にはなりますけども。

・・で、さっそくRize号の換装劇場を・・のハズだったのだが、またしてもトラブル、と言いますか。
長年使っていた(最近は放置状態だった)ボロいフロアーポンプがついにダメになっちまいまして・・。先だって出してみたら、中のシリンダーが錆びたのか、パッキンがイカれたのか、妙な引っ掛かりが出来ていた。あっちゃー! であります。
そりゃまぁ・・12〜13年も経てば、いい加減ダメにもなるか・・・で、またしても散財品リストにポンプを加えることになってしまった。ついでに、チューブレス専用のタイヤ・レバーやローションも揃えておいても良いか・・だし、換装はまだ先になりそうな気配。
2月末まではバタバタしそうなので、まぁイイでしょう。EPIC号もあるわけだし、体が怠ける前に(春の足音でも聞きながら)ボチボチと取りかかる予定であります。

Posted at 2013/01/12 15:09:07 | コメント(2) | トラックバック(0) | ぼちぼちと自転車 | 趣味
2013年01月10日 イイね!

大晦日に出会った、458 Italia(・・の、ヒップ。)

おおっと、久しぶりに更新が空いたようですねぇ・・。
鼻風邪の方はずいぶんマシにはなったのだが、相変わらず寒いとグスグス…しとります。
年始は5日くらいから仕事始めだったのだが、久しぶりに細かいブツなので・・指の動きがイマイチでして、鼻を垂らしながら(キタネェ・・)ぼっちぼち・・と進める始末。納品に向けて、やっとエンジンがかかって来た昨今であります。



またしてもネタ不足なので、昨年末(大晦日)に出会ったFerrari号のお話でも、一丁。


31日の夕方。除夜の鐘ツアーに向けて、某社のレンタカーを借りて妹一家を迎えに行った時の話なんですけどね。
4人乗って,某国道170号線(通称:外環)を南下していた時のこと。渋滞中の後方から


 ”ズボボボ・・・・・” と、ドスの利いた爆音が近づいて来たわけですよ。


 『ほ〜、どっかの暴ヤンとは音が違うなぁ・・?』と思った次の瞬間。

ペッチャンコの白い車体がゆったりと横を通り過ぎて・・・・信号待ちでストップ。

いゃあ〜不肖私にとりましては、初めての458 Italia 遭遇の瞬間でありましたよ。

好き勝手にしゃべりまくっていた、車内の全員がその白いヒップに釘付けに・・・。





ちょっと画像を探してみたのだが、白のリア画像が無かった・・(ので、赤です)。
もぅ夕暮れだったし、後ろ姿しか拝見できなくて誠に残念!だったのだが、年末に来て、何だかイイ物を見たような気がしましたよ・・。(霊験あらたかな・・? 合掌)


  で、その時の車内の会話を少し・・。

   私:『うおぉ〜! 458やないけっ!』(ひとりで、はしゃぐ)
 甥っ子:『え? あの白いの・・どこのクルマ?』(←あまり車に詳しく無い)
   妹:『ひゃあ〜・・どこに座ったらいいのん?』(←低い車に乗った経験なし)

 姪っ子:『・・・。』(←興味が無いので、スマホいじってる)

   私:『こ、こんなトコロでお目にかかるとわ・・!』(テンションMAX)
   妹:『・・でアレ、いくらするのん?』(さすがは主婦)
   私:『・・さぁ・・ざっと3千万円前後かなぁ・・もっと上かもねぇ?』
   妹:『・・ひょえぇえ〜! 家が一軒分かぁ・・ウチより高そう。』
   私:『・・まぁ・・そうとも言えるな・・(苦笑』

 姪っ子:『・・・・・。』(←興味が無いので、相変わらずスマホをいじる)


  以上、庶民の平和な会話でございました。m(__)m



しかしまぁ・・大きなお世話ではあるのだが、出来ればもうちょっと良いシーンで出会ってみたかったですわぃ。



(↑)とか、雄大な景観だと感動もひとしお・・ではないかと。市内の渋滞路では、さすがの458もストレス貯めまくり・・じゃ、ありませんかね?

 それにしても、魅力的なヒップですな・・(ニヤ。

Posted at 2013/01/10 23:18:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | ちょっとだけクルマ | クルマ
2013年01月06日 イイね!

ドラマから入らないとダメ・・? 《麒麟の翼〜》

気がつくと、もぅ正月休みも終わり・・のようで。
まぁ4日くらいから仕事始めの方もいらっしゃるわけだし、私みたいにフリー人だと、盆〜正月の境目が無い人もけっこう多いのではなかろうか? ・・なのだが、どうしても頭の中は”正月休みモード”だし、風邪も相まって手の動きがやたらと鈍いままだったり・・。

昨年の年末〜正月特番(映画)はわりと良いものを流してくれたように思うのだが、どうにも今年はイマイチだったような・・。そんな中、自分的に良かったのはミッキーおじさん主演の《レスラー》くらいで、後はう〜む・・(悩) まぁ、”無料放送”ですから仕方無いけど、たいして面白くもないバラエティ番組と共に、デフレ化が目立つ放送内容でしたな。

そんな中、個人的にはちょっと嬉しかった放送分が(↓)


  《 麒麟の翼 ~劇場版・新参者~/2011年公開 》



・・しかし、困った作品ですよ。たぶん、良作と言って良いとは思うのだけど、どうにも内容の振幅が浅いというのか、これぞ邦画! と割りきって良いやら・・やっぱりこの手の作品は、ドラマを観てから入るべきなのだろうか? わりと期待していただけに、いささか消化不良だったですね。ケチをつけられるほどミステリーに深入りしているわけでも無いのだが、原作だともうちょっと深みのある作品なんだろうなぁ・・。

若手俳優にケチをつけるつもりも無いし、脇を固めるベテラン勢は相変わらず見応えもあるのだが、いささかわざとらしさが目立つ作品になってしまった気がした。水泳部のコーチ役/劇団ひとりはハマリ役とは思えないし、例によって警察上層部の間抜けぶりも見ていられないくらい、ヒドい。
まぁ主役の加賀恭一郎/阿部サンを目立たせる算段でもあったのだろうが、妙に空回りしたような印象が残ってしまった。結局、犯人・・と言うよりある事故が事件の始まりになってしまったのだけど、中盤〜最後の謎解きまでが浅くて長め・・と言いますか。中だるみが多く、いささか退屈してしまった。『さぁ、今度こそ感動シーンですから・・』とクドクドと見せつけられた挙句、じゃあ労災隠しはどうなったの? とか、犯人(ある学生と、その仲間+教師)の責任はどうなるの? などと、シビアな目で観てしまうじゃないか。

・・とはいうものの。さすがに中井貴一サンは相変わらずで、またしても子供に手を焼くエリート・サラリーマンをやらせたらバッチリ! だし(苦笑)、父親らしい苦悩ぶりは何とも言えない哀愁が漂っていたと思う。レビューの中には若手(タレント)俳優陣に対する誹謗中傷もチラホラ・・だけど、私的にはあまり気にならなかった。と言うか、そこには重点を置いて観ていない・・と言うのもあるんですが・・。

内容以外に、ちょっと感動した・・と言って良いのかどうか。事あるごとに登場していた、この場所での撮影シーンはなかなか良かったと思えた次第。(↓)



なかなか立派な像ではないか・・と。事件に関わる複数の人達にとって、それぞれに思い入れのある、東京/日本橋の麒麟像ですね。この作品のお陰で、ちょっとした観光スポットになったようですが、なるほど・・一度、自分の目で観てみたい気もしますよ。
そう言えば、想像上の動物たる”麒麟”には羽はついていなかったですね。この像の隠された秘密とかを知れば、ふぅむ・・少しだけど、グッと来たラストではあったのだが・・。

チャンスがあればドラマの方も観てみたい気がするのだけど・・たぶん、やってくれないだろうなぁ。年末年始、代わり映えしない再放送のオンパレードするくらいなら・・って、あぁそうか。人気ドラマはDVDセットで見ておくれ・・ってことなのか。Yahoo! 映画評もそれほど悪くは無いのだが、個人的には3.3点/5点といったトコロでしょうか。

Posted at 2013/01/06 14:17:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | ”うーん、チョット困った”映画 | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「あれれ・・急にアレが手元に・・(苦笑)どうして?」
何シテル?   10/27 23:16
sadayanです。汎用省エネ車の週末ドライバーですが、以後よろしくお願いします。2010年の夏、8年半乗った旧型MPVからDEMIOに入れ換え。あまり4輪には...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
趣味のMTBの熱も冷めてきて、それほど遠乗りもしなくなる・・気がした、2010年夏。実家 ...
その他 自転車 その他 自転車
現在、メインで使っているMTBの一台です。4年前(2009年)に手に入れたバイクですが、 ...
その他 自転車 その他 自転車
ここ7〜8年、メインで乗っているMTBです。今はRIZE 5と併用して、週末の河川敷+サ ...
その他 自転車 その他 自転車
(写真-上)KLEIN Attitude Race/1995年モデルでしょうね…たぶん( ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる