• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

sadayanのブログ一覧

2013年02月25日 イイね!

Cannondale Rize号/また、つまらんモノを・・の巻

だいたい、やる事はいつも遅いのです。(またかよ・・は、無しね)

そりゃあ仕事は納期がありますし、常にケツを叩かれながらやる訳ですが・・。
これが趣味品となると、けっこう遅い。当然、お財布の中身とも相談しながら…だし、中古品を狙う場合は商品との一期一会の出会いとか、適正価格との釣り合い?が大きなウェイトを締めるわけですね。

・・で、先だって思いの外いいお値段でお買い上げ頂いた、PENTAX AUTO110のセット。
ちょっとだけ懐が暖かくなって、へっへっへ・・と、春になったら新たなコンデジでも物色してみるべぇ! と、少しウキウキと過ごしておった訳ですが・・。
久しぶりに某オク等を彷徨っていたら、以前はあれだけ出回っていたMTB関連のブツ=特に油圧ブレーキ関係とか、ドロッパーズ・ポスト(可変ポスト)とかが、ことごとく姿を消しておりました。
し、しまった・・また、買い時を見逃してしまったか・・と、いささか焦ってチェックを始めた訳ですよ。

まずは・・チェックを始めてすぐ、終了間際に手に入れたのが(↓)



『何コレ?』・・って、画面右上の矢印の部品なんですよ。SRAMのシフターとFormulaのブレーキをダイレクトに締結する、ミックス・マスターってパーツなんです。
以前ちょっとだけ日記で書いたんですが)海外通販でも片側だけで3,500円もする(おバカな)パーツ。左右のセットで7,000円も出せるかっ!(怒)…で、完全にシカトしておったんですが、たまにはチェックをしてみるもんですねぇ・・片側だけですが、千円ちょっとでゲット出来ました。




ところで、なんで片側だけを? なんですけどねぇ・・実はもう一つありまして(↓)




やっと・・と言って良いのかどうか。FOX さんちの D.O.S.S.可変ポストってヤツをゲットしてみました。(どうやら、出品者様が間違って購入されたブツみたいです)
いゃ〜、実は昨年末・・けっこうアレコレと可変ポストは出ていたんですよね。
あの時、思い切って(中古でもいいから)Joplin 4とか、KOWAさんちのGRAVITY DROPPERとか、ゲットしておけば良かったのに・・と、ちょっと後悔した。
まぁ普段、走る場所がねぇ・・近所の公園ポタとか、週末の河川敷ダート程度じゃあ、こういったブツの必要性そのものが無い、と言うのもマゴマゴした一因ではあるんですが。それでも、スペシャのEpic号に着けたJoplinはすっかり気に入っているし、あったらあったで、使える時もあるじゃろぅ・・・と。
上のミックス・マスターは、このレバーをハンドルに装着させるスペースを稼ぐために必要だったわけで。まぁ、渡りに船・・といったトコロでしょうか(表現が違うか?)

このD.O.S.S.。Joplinみたいに無段階の調節ができるワケじゃなくて、上>中>下
まぁ早い話が3段階だけ動かすシステムなんですよねぇ。
ショップの説明とか読んでもイマイチ良く判らなかったのだが、う〜ん・・果たしてウチのRize号にジャスピンなんだろぅか? いささか不安はあるんですけど。

今日の昼過ぎに届いたばかりでして、これから2〜3日中に装着〜週末ライドでチェック〜の流れでしょうか。たぶん、リモート・ケーブルの取り回しで悩みそうな気もしますが、出来ればコレでRize号最終形態になってくれれば嬉しいのですけどね・・えぇ。


Posted at 2013/02/25 17:05:34 | コメント(2) | トラックバック(0) | ぼちぼちと自転車 | 趣味
2013年02月23日 イイね!

今さら、のメモリーアップ(自宅のiMAC 24を少し元気にする )

だいたい、やる事がいつも遅いのです。

我が家のiMAC 24 ( Ealry 2009 )。購入後、もぅ4年目に入る訳ですが・・。
O.S.なんて未だに 10.5.8= Leopard だし、入力機器も、昨年やっとBluetooth化したくらい。いつも使うブラウザなんて、事あるごとにバージョンアップを迫って来るのだが・・O.S.が古いもんで、新バージョンに対応出来ないのがイタい。まぁセキュリティ面で特に問題も起きないし、O.S.をアップしたら現行のソフトに不具合が出そうな気もするし・・で、シカトしております。

その昔、まだPower Macとかを使っていた頃は、また違った。O.S.のアップはしょっちゅう行ったし、G4時代はメモリ+GPU+HDD増設に各ソフトのバージョン・アップもやりまくり。あれこれ詰め込みすぎてオカシくなった挙句、ソフト類の総入れ替えなんて毎度の事でしたね。

まぁそんな昔の事はさておき。現状、コレといった不満は無いのだが・・趣味のプチ3D+ホトショップでの作業。だいたいは、どちらか一方だけを立ち上げるようにはしているのだが・・たまに同時起動やると、やっぱりツライ。
特に、ホトショップで300MB近いデータをイジるとなると、目に見えてスクロールがヤバそうな雰囲気に。まぁ普通、そんなデカいデータ動かすなんて、そうそうは無さそうな気もするのだが・・そこはやっぱりホトショップ。実装メモリーだけでは飽き足らず、仮想メモリー域まで使えるだけ使いやがる、やな奴だわ…。


ちゅうわけで、丸3年経った昨今。やっとこさ、メモリー増設に踏み切った訳ですよ。



もしかしたら、もぅどこにも売ってないんじゃ? と、少し心配だったのだが・・。
楽天内でざっくりと調べると、上海問屋さんでセット売りしていたのを見つけ、ゲット。
アップル・ストアには純正品の2GB✕2個セット(8,800円)しか無いし、このまま放っておくとホントに手に入らなくなるかも・・で、急きょ購入した次第です。

しかし、相変わらず楽天ショップは仕事が早い。注文入れて翌日には自宅に届きました。まぁ夜間枠の配達だったので、一瞬『誰だよ? こんな時間に・・』でしたけど(苦笑。
アップル純正品はだいたいがサムスン製みたいですが、今回は売り切れだったのでトランセンド製をチョイス。お値段はほとんど変わらなかったのですが、メモリーも安くなりましたよねぇ。4GB✕2個セットが、送料込みでざっと5,500円弱。
ちょっと気になって調べてみたら、新型iMAC(27inch) のメモリーが凄いお値段。
アップル・ストアーだと8GB✕2個セットでなんと ¥35,200−だと・・・(驚。
中古のウィンドウズ・マシンが1台、あっさり買えそうだな・・・。

で、届いた夜。速攻で底のフタを開けて交換作業!・・・と言える程の工程でも無くて、あっさり終了。ちょっとハメコミがキツかったけど、慎重にやれば無問題であります。
再起動後もぜんぜん問題なし。まぁ当たり前なんだろうけど、オーナー・レビューとか拝見したら、たまに不良品に当たった人もいるそうで。うーん、それは嫌ですなぁ。また返品して交換なんて、考えただけで面倒くさいよなぁ・・・。
ちょっと疑問に思ったのだが、我が古い iMAC だとDDR3/1067MHzが指定品なのだが、新型みたいに1333MHzになるとダメなんだろうか? 
いゃ、ちょっとしたシロウト考えなんですが・・クロックが速ければ性能アップにならないのか? なんて、セコい考えが浮かんだものでして・・。

まぁとにかく、コレでしばらくは古いiMACも安泰ですかねぇ・・あ、そろそろO.S.アップも考えないとダメかな・・今後のセキュリティ面がちょっと心配だし。(苦悶中
Posted at 2013/02/23 14:00:19 | コメント(1) | トラックバック(0) | 素人のパソコン・ネタ | パソコン/インターネット
2013年02月21日 イイね!

ノスタル爺でもいいんです。 《ALWAYS 三丁目の夕日'64 》

いゃ〜、全国的に冷え込んでますな・・・(寒。

昨晩、某地デジ映画で《スラムドッグ・・・》やってましたが。
ご覧になった方はことごとく高評価をつけておられるのだが・・帰宅したのがギリギリでオープニングを見逃した・・というのもあるけど、前半30分くらいでリタイヤした。
外出前に録画しておけば良かったのだけど、正直なところ、まぁ別にねぇ・・な、心境。もちろん、最後までのめり込んで観たらまた、印象も変わるハズなんだけど・・う〜ん。
はて、な〜んでダメなのよ? とつらつら考えるに・・あ! そう言えば私、クイズ番組ってダメなんだった。 と、後から気がついた次第。
昔は好きだったんですがねぇ・・ここ数年はサッパリでして。まぁ家族で見る分には良いのだが、正直、アレってそんなに勉強になるか? と。(あ、映画とは関係ないか・・)

さて、こっちは先だって録画しながら観た作品なのだが・・もしかしてこの作品。
世代間のギャップを測るリトマス試験紙? なのかもしれませんねぇ。(↓)


      《ALWAYS 三丁目の夕日'64/2011年公開 》



アレコレと、人によっては捉え方が違うんだろうな・・とは、思います。
このところずーっと、経済評論家達も ”今後の日本の競争力が・・” とか、聞けば聞くほど寂しくなるようなコメントを出す識者が多いようですね。
マァ確かに、ね。ぶっちゃけ、ノスタルジーに浸っている場合では無い!とは思いますし、この先はどんどん時代も変わってその内、トンデモナイ事が起こりそうな気もしますよ。
コレ以上内向的になっちゃうと、ホントにダメなんじゃないか・・とか。

このシリーズがヒットしたのは、単に『あの頃は良かったなぁ・・』だけじゃないだろう? と、個人的には思っているんですけど。(↑)より後の世代ではあるし、幼少期はちょっとだけ似たような生活も経験したし、当然バブル景気のドンピシャ世代でもあるんですが。
今振り返ってみても、当時に戻りたいとは思わないし、バブル期がそんなに良い時代だったとも思えない。今だって、現状を憂いてため息ばかりをついている訳でも無いですし。今作を観て、”あぁ元気をもらったぜ!” とか、そういったベタな感想もそれほど無い。観終わってから、単純に ”じぃ〜ん・・” と来れば、もぅオッケーであります。
良作>というのは間違いないのだが、コレが海外作品だと、どうしても感情移入できずにダメな場合が多い気がしますし、ね。《スラム・・・》なども、そういった分野ではなかったかと思います。



2005年の初作品からもぅ8年も経ってしまった・・のが、あれまぁ! ですな。
毎回、鈴木家と茶川家のプチ・バトルっぽい描写が楽しめるのだが、程よいライバル関係が上手いな、と思う。相変わらず茶川竜之介/吉岡秀隆氏は大げさな演技だし(引き取った)息子役の須賀健太君は良い子過ぎて目に余るぜ・・だし(苦笑)。
でも、いいんですよ。コレで。腹立つくらい、ベタな内容でも良いわけですよ、この場合。



・・それにしても・・いゃ、実はまったく個人的な事なんですが・・・。
須賀健太君演じる古行淳之介がねぇ・・なんちゅうか、その・・メガネをかけた姿が、甥っ子にかなり似とるのでs・・・(笑)。
彼が出る度に笑いを噛み殺すのが、けっこう辛かった。もちろん、素顔はぜんぜん似てないし、仕草や表情などは全く別人なのだが・・なぜか? 映画中ではそっくりに見える。いゃ、本人にはもちろん言えないのだが・・コレ以上、反抗期(?)が進むと、コッチも困るし(苦笑。 健太君みたいに良い子過ぎても怖いが…)
それはまぁ良いとして、今作の茶川親子。最後にライバルとして、淳之介が旅立ちを迎えるシーンが凄く良かった。普通、あそこまで子供の将来を考えて・・な場面はそうそう無いと思えるのだが、あの ”ベタさ加減” はじゅうぶん許せましたね。自分が親の立場であれば、う〜っむ・・・かなり悩みそうな気がする。


オープニング。例によって、紙と竹ひご製の模型飛行機がヒラヒラと宙を舞ってゆく。
その昔、子供時代に父親に頼んで作ってもらったり、出来は散々だけど自分で作って飛ばした経験のある年代であれば、けっこう感情移入はできるんじゃないか?
その飛行機が路面電車の走る街並みや、東京タワーをグルっと回り込む様が、なかなかウマいなぁ・・と思う。そりゃあ限られた予算だし限界はあると思うけど、今作でもCGスタッフは頑張っているんじゃないか? と。
街中を走る古いクルマ達なんて、けっこうよく出来ていたとは思いませんか?

最後にロクちゃん(堀切真希さん)が新婚旅行でゼロ系の新幹線に乗車するシーン。
当然、今は走っていないのでCGで走らせたと思うけど、(若干の違和感はあるものの)
そんな細かい事はどうでもイイですよ。もぅ当たり前すぎるくらいのハッピー・シーンなのだが、一緒になってバンザイ!が出来る自分に、まだ安心できたりする・・。
現役の世代は(リタイヤ世代も?)もちろんまだまだ頑張らないとダメなのだが、次の世代にも期待して行きたい・・と素直に思える、良い作品ではないか・・と思った次第。

Posted at 2013/02/21 11:45:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | ”満足度80点以上”の映画 | 音楽/映画/テレビ
2013年02月18日 イイね!

甘くてとろり・・の大吟醸(が入ったチョコをもらう)

相変わらず古いネタなのだが・・先週のバレンタイン・チョコ。

義理だろうが何だろうが、フリーランスの私にゃ縁のない(昔からだけど)日でもあるんですが・・まぁ身内にだけは、欠かさず頂いております。(感謝。ちょいと情けない話だが)

で、ひょっとしたら今年。年頃の姪っ子からも来るのでは・・?と淡い期待はしたものの。どうやら、普段よりの貢ぎモノが少なかったようで(沈)、全く話にも出ませんでしたよ・・えぇ・・。


 ・・で、毎年頂いている義理・・いゃ身内チョコがこれ。(↓)



トロ〜リとした食感が嬉しい(なんと)山田錦が使われた、大吟醸入りのポン酒ボンボンであります。

チョコ部分はけっこう甘いのですが、アルコールがダメな私でも結構イケるのが嬉しい。
まぁせっかくの大吟醸が・・な気持ちもあるのだが、チビチビと頂いていこうと思います。


しかし、今はネット時代。ちょっと調べると、色々と出てくるモンですな・・。
まぁお値段まで判っちゃうのはどうよ? とも思いますが、お返しはナンにしようか?
と、少しだけ悩む昨今であります。

Posted at 2013/02/18 17:27:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | 最近、ハマってます。 | 日記
2013年02月16日 イイね!

喜劇、というよりは・・・ 《 大鹿村騒動記 》

いゃもぅ、ロシアに落ちた隕石には驚きましたな。
ニュースで繰り返す落下映像を見ていると、ホントに映画のワン・シーンみたい。これまで散々見せられてきたハリウッド産のCG画像、けっこう上手い見せ方だったな・・とか、妙なトコロで感心した次第。

まぁソッチ系とは全く関係無いのだが、先だって地上波で《ダイ・ハード》やっていた訳で、まぁ久しぶりだしなぁ・・と、勇んで観始めたものの・・・。
もぅ何度も観た>というのもあるのだが、話半ばで挫折してしまった。先が見えて、と言うよりアクション系にいささか飽きた気分ですな。今、シリーズ最新作が公開されていますけど、今ひとつ洋画ファンの評価も伸び悩んでいるそうで・・。
シリーズ物の宿命?と言いますか、まぁ前作よりハデにドンパチやらないとダメなんだろうけど、行き着く所まで行くとやはり限界は来るってことなんでしょう。


・・で。最近観た中では、個人的にけっこう感動させてもらった(↓)で、一丁。


         《 大鹿村騒動記/2011年公開 》



そう言えば、あまり”喜劇もの”って観ていないような気がするなぁ・・。
スーさんとハマちゃんの”あのシリーズ”も最初は面白くて観ていたものの、途中から飽きちゃって✕✕だった。特に、”佐々木課長”こと谷 啓さんがお亡くなりになってからは真剣に観ていないし、そう言えば三谷作品もあんまりハマらなかった気がするし・・。

で、原田芳雄氏の遺作となってしまった、今作品。
深夜枠での放送予定分を偶然みつけ、速攻でHDD録画しながら鑑賞をば。実はけっこう眠かったのだが(沈)、ナンとか前半部分は観たものの・・・結局、途中で挫折。
後日、最初から録画分を観直した次第であります。

観るまではストーリーも知らなかったし、まさかでんでんと岸部一徳氏の生尻を見せられるとは思っていなかった・・というのもあり、正直あんまりなぁ〜 で途中まで来ると・・・なーんてこったぃ!
徐々に惹き込まれる何かがあって、結局2回も観直してしまったワケですよ。



今だに鹿肉なんて食した経験は無いのだが、ディア・ハンターならぬ ”ディア・イーター” なる料理屋を営む風祭 善(原田氏)。店の間口よりでかく描かれた看板にまず、クスっとした笑いを誘われるのだが・・映画セットで造られたお店が、そのまま今でも営業中だそうですよ。(いい意味での”村興し”になったようで、何よりですな)

それにしても公開時、あの舞台挨拶でのお姿には驚いたのだが・・今作の撮影中、すでに病魔に蝕まれていたとは思えない演技をされていたのは凄い!の一言。後半の見せ場でもある大鹿歌舞伎の立ち回りなど、とても重病人の演技とは思えません。稀代の名優というのは、こういう人の事を言うのだろうか・・? ざっと2〜3週間で撮影を済ませた…という話なのだが、それくらい気迫のこもった作品だったって事でしょうか。



もぅ、見るからに空気が美味そうな長野県 下伊那郡 大鹿村が素晴らしい舞台となる。
基本的に里山や河の流れる山間部は好きなのだが、遠くに見える南アルプスの山並みが見事ですな。関西圏ではなかなかお目にかかれない景観なので・・しかし、自転車でポタると気持ち良さそうだよなぁ・・もう少し上流でフライ・ロッドも振ってみたいぞ。



大御所>三國連太郎さんも出ておられたのだが、なぜか? ご子息/佐藤浩市さんとのツーショット/やり取りが無かったなぁ。(さすがに親子だと、やりにくいのかな?)

物語の最初、ゲイ・ボーイ役の雷音/富浦智嗣君の声が気色悪くて、う〜ん・・!
だったけど、コレまた不思議なもので・・・ストーリーが進むにつれ、善ちゃん(原田氏)と認知症になった妻/貴子役の大楠道代さんとの間を埋める、大切な役回りだったと気がついた次第。ただ、瑛太演じる郵便局員と恋仲?という流れが、ちょっと行き過ぎたか・・。

それにしても、幼馴染みの親友に自分の奥さんと駆け落ちされた挙句、18年も経ってから認知症になったと言う理由で返却に来た・・なんて事自体、トンデモない事件なワケで。
そりゃあ、小さな村あげての”騒動記”でしょうな・・。



今作を鑑賞してみて、つくづく俳優のポテンシャルって凄い・・と、感心した次第。
遺作となった原田芳雄さんはもちろんなのだが、妻役の大楠道代さんとのやり取りなんて、下手な恋愛ドラマなど足元にも及びませんな。
中盤以降、歌舞伎の練習をしながら徐々に記憶を取り戻してゆく様が描かれているのだけど、舞台の袖から貴子がボソッと呟くシーンが、素晴らしく良かったのですよ。

 『・・許してくれなくても、いいから・・。』

それまでの一見ダラダラとした流れが一変して、けっこうグッ・・と来たのですよ。
もぅ、たったこの一言で(関西人にはウケそうにない)スベリ気味のギャグとか、ツボを外した大げさな演技とか、そんな事はどうでも良くなっちゃいましたな。

最後、大役を演じ終えてのワンシーン(↑)。着替えを手伝ってくれた美江役/松たか子さんに一言 『…ありがとう。』と、コレまた ”ぐはぁ・・” と来た瞬間。
こりゃあ、単なる喜劇映画じゃなかったか・・・と、(大げさだけど)めちゃくちゃ感動してしまった。こういうシーンって、やはり経験がモノ言うんでしょうかね。若いタレント俳優にはちょっと無理そうですが、今作はベテラン勢が楽しんで造っているのがよく判る作品であります。ちょっと展開がツギハギっぽい部分もあるので、映画としてはイマイチ…な評価も受けそうですが、それだけでは測れない部分もあるはずなので・・。

いいねぇ〜。こういう作品を、もっと鑑賞してゆきたい・・と思えた、一作であります。
個人的には、88点を差し上げt・・・て、そんな失礼な。(点数は関係無し)

Posted at 2013/02/16 23:24:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | ”満足度80点以上”の映画 | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「あれれ・・急にアレが手元に・・(苦笑)どうして?」
何シテル?   10/27 23:16
sadayanです。汎用省エネ車の週末ドライバーですが、以後よろしくお願いします。2010年の夏、8年半乗った旧型MPVからDEMIOに入れ換え。あまり4輪には...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

お友達

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
趣味のMTBの熱も冷めてきて、それほど遠乗りもしなくなる・・気がした、2010年夏。実家 ...
その他 自転車 その他 自転車
現在、メインで使っているMTBの一台です。4年前(2009年)に手に入れたバイクですが、 ...
その他 自転車 その他 自転車
ここ7〜8年、メインで乗っているMTBです。今はRIZE 5と併用して、週末の河川敷+サ ...
その他 自転車 その他 自転車
(写真-上)KLEIN Attitude Race/1995年モデルでしょうね…たぶん( ...

過去のブログ

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.