車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2013年06月29日 イイね!
せっかくの梅雨の晴れ間だったのだが・・起きたら9時前(泣。
ダメですな。せめて、元気なお年寄りの集う公園までは走ってみるべきなのに・・って、完全に負けとるがな(沈。

とまぁ情けない話はさておき、先だってちょいと気分が晴れる作品に出会えたので、一丁。


          《 RED(レッド)/2010年公開 》



昔契約していたWOWOWであれば、かなりの頻度で新作とかを出してくれるのだが・・ただ、ムービープラスHDでも2〜3年前の作品をやってくれる時もあって、けっこう楽しめますよ。つい、新作の人気映画に目が行きがちなのだが、時には ”おぉ!” な掘り出しモノにも出会える時があるわけですし。

で、「Retired Extremely Dangerous」(引退した超危険人物)の頭文字でもあるREDなんですが・・コレが、なかなか。
当初『はて、どんな内容だったっけ?』程度のノリで観始めたのだが、いゃあ、ヤラれちゃいましたよ。
(何度も同じ事を書いてますけど)基本、銃撃戦とかカーチェイスとか、爆弾ドカーン! は疲れるのだが(苦笑)、観終わっての痛快感は久しぶりの感触。まぁ主役がブルースおじさんですから、基本路線は ”ダイ・ハード” なんだが・・この作品、コミック・ベースだそうで。オープニングで《DC》の文字が出て、ちょいとビックリ! でした。
ストーリーはけっこうイイ加減でその場しのぎっぽい展開でもあるし、『ありえねぇー!』なシーンてんこ盛りなんですが(笑。投げ込まれた手榴弾を銃で打ち返すとは…)



昨今、元CIAの職員が逃亡してエラい騒ぎになってますけど、叩くとホコリなんてドンドン出てくるんだろうなぁ。ぶっちゃけ、あの手のスパイ映画だったらあと数十年持つくらいのネタはありそうですな。
若い兵士時代、某国で虐殺をやらかした副大統領が選挙に出るため、後始末を任された関係者や嗅ぎつけた新聞記者を次々に抹殺! な展開なんですが、その矛先がREDに向けられる。怒った年金生活者/フランク・モーゼズが昔とったキネヅカってヤツで、ガンガン反撃して・・と、絵に描いたようなストーリー仕立て。
さすがに最長老のモーガン・フリーマン氏なので、今回はそれほど出番も無いし、要所要所でグループのまとめ役/といった感じ。逃亡途中、自らを犠牲にして退場・・なんだが、はて・・ホントに死んだのかな? もうすぐ続編が出来るそうですが、ひょっとしたら蘇ってるかもしれませんな。




RED軍団の紅一点(?)ヴィクトリア役のヘレン・ミレン女史。ヘリウッド界の重鎮でもある方なんだが、今作品では英国の(元)敏腕スパイを好演。後半、いよいよ盛り上がる所で白いドレスにコンバット・ブーツを履き(笑)、華奢な体でデカいマシンガンをぶっ放す! 個人的には、今作で一番スカッとしたシーンであります。いゃあ、このミスマッチが良いわけで。銃撃戦で楽しめたのは、けっこう久しぶりかもしれませんな・・。

その他、ちょっとイカれた元軍人のマーヴィン/ジョン・マルコビッチおじさんも良かったし、RED軍団を追いかけるCIA局員/クーパー役のカール・アーバンもけっこうはまり役でした。クーパーに若い時の自分を垣間見たフランク(ブルース)が、電話で諭すシーンも泣かせるし、最後の最後で黒幕が登場=あぁ、大ピンチ! な時に、フランクを助ける事になるんですが・・コレまた、派手さは無いけどスカッ!と良く出来たラストでした。世代交代は世の常だけど、今作ではそこも見所の一つ、といった感じでしょうか。
そうそう、年取ったブルースおじさんが思いを寄せる綺麗どころとして、メアリー=ルイース・パーカー嬢もコミカルな仕草がいいスパイスになってまして、全体的にキャスト陣のバランスがとれていましたよ。


元がコミック・ベースなので、殺害シーンがコミカルに描かれているのがちょいと気になったけど、まぁそこはソレ・・ベテラン軍団の役どころって事で、ひとつ。
意外や意外)マッチョなあの消耗品軍団よりもスカッとできた、久しぶりの 当たり!でしたね。


Posted at 2013/06/29 16:10:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | ”満足度80点以上”の映画 | 音楽/映画/テレビ
2013年06月27日 イイね!
いゃもちろん、今年の夏(梅雨の間)に車検かぁ…って事ぐらいは解ってましたけど。

登録月が7月末なので、まぁ来月の半ばにでも出せばイイッか・・と、ノンビリしていたところ。今月の初め、いつものディーラーさんから電話があって ”そろそろ如何でしょうか・・?” と。

『えぇ〜! いくらなんでも、ちょっと早すぎじゃねえか?』 と電話口で怒鳴ってしまったわけですが(沈)、聞くトコロによると来月から営業所のリフォーム工事が始まり、しばらく移転作業になるので・・とのこと。
で、早めにお願いできませんか? と、泣きつかれちゃいまして。むー、じゃ仕方ねぇなぁ・・で、水曜日(26日)に取りに来てもらいましたよ。
そりゃ、まぁ・・ね。車検を機に、もしかして他車に浮気されちゃうんじゃ? とか>別の営業所に寝盗られるんじゃ? とか> この競争時代、ウカウカしてられない・・と言った事情も分かりますけど。
それにしても、2ヶ月近くも早く電話してくるとわ・・・担当者が変わったとは言え、いささかビックリした次第です。ひょっとしたら、ス●キかダイ●ツにでも乗り換える? とか、思われちゃったかな。

で、代車が某ス●キのOEM、キャロル号(確か、中身はアルトだっけ?)まだ1万キロ程度の新しいブツですが、明日にはもぅおさらば。昨晩、ちょっとだけ乗ってみたのだが・・まぁ、フツーによく出来てますねぇ。近所の下駄代わりであれば、コレくらいでも十分ですよ。デミオ号より広いし(天井がね)、乗り降りしやすく、明るくてルーミーな室内は女性や高齢者にはウケそうですね。

 とまぁ、ちょい乗りの印象は良かったんですが・・ちょっと偏見混じりに言わせてもらいますと、う〜ん・・やっぱり軽自動車特有の”カルさ”だけは、今だに慣れません。昨今の軽自動車がとても良くできているのは解ってるんですが、何と言うのかなぁ・・普通に真直ぐ走っても、ちょっと信号を曲がっても、あのフラ〜リ感? と言うのが、ちょっと・・。
デミオ・クラス(フィットなど)だと、ボディが軽くて足元がけっこうドタドタするんですが、ハンドリングはクラス以上の安心感(安定感?)がイイ。絶対的なサイズから来る感触とも思えるんですが、ココを納得出来ないと軽自動車には行かないような気がするなぁ。



 ・・なんてブツクサ言っていたら・・。



 ありゃりゃ・・新型アクセラ号のスクープ映像とやらが出てますね。

(って、コレ・・完全なリーク写真じゃないのか・・? 苦笑)

 いゃ、ソレはさておきまして。へぇ〜・・アクセラ、もぅモデルチェンジですかぁ!
最近、ホントに時間の流れが早いですなぁ・・。なかなかカッコイイんですが、横幅がエラくでかくなっちゃうみたいですし、パッと見は完全にアテンザ・ワゴンの弟分。伸びやかなラインはかなり好みなんですが、う〜ん・・もうちょっとヒネっても良かったのでは?
もっとも、新型VWゴルフが異常なまでの高評価なので、その対抗馬としてどこまで迫れるのか・・は、やはり興味がありますよ。

 ただ、コイツが出たってことは・・そろそろ新型デミオも? でしょうか、ね。個人的にはソッチのスクープ(リークでも良いよ)が見たいですな、えぇ。

 ま、車検も通したことだし、ね。もうちょっと旧型デミオを可愛がってやらないと。

Posted at 2013/06/27 16:31:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | ちょっとだけクルマ | クルマ
2013年06月23日 イイね!
 今週もあれこれとニュースがありましたが・・。

フリーキャスター/辛坊氏のリタイア(ブラインド・セーリング)はまぁ、色々と思うこともあって残念半分、う〜んやっぱり無茶だったか・・が半分。まぁ、当のお二人が一番分かってらっしゃるとは思うので、あまり突っ込むのもどうか・・ではあります。
その他、コンフェデ杯では3連敗で早々にアウト・・とか、今年のル・マン24時間は序盤から大荒れで、残念ながら死者まで出てしまった・・とか。ようするに、あまり良いニュースが無かったようで。
(例の”世界遺産騒ぎ”は、む〜・・入山料を3万円くらい取れば良いんじゃね? と。)


・・とか言いながら、業界ではHONDAの新型アコードとか、出ていたんですな。
驚異的な低燃費は凄いし、さすがは新世代のHVカー! とは思うのだが、アコード・クラスで400万円と言うのは、さて・・・昔の世代を知っている人にとっては、いささか敷居が高そうな気もしますね。
 実家の父親が旧型アコードに乗っていたので、少しは思い入れもあるんですがねぇ。
しかしまぁ、時代も変わるもんですなぁ。実車も見ないうちからアレコレ愚痴るのもどうか? とは思いますが、む〜・・。最近の本田顔、どうにも馴染まなくて困る。インサイト以降、ちょっとサイバーチックな顔つきになってますが、なーんかオモチャっぽいと言いますか…。いゃ、コレで良いのだ! な方も当然いらっしゃるとは思うのだが、そう言えば・・このところの軽自動車もその傾向みたい。キラキラのグリル押し出し路線と言いますか、ちょっと ”ドヤ顔(死語?)”が多いような気がするし・・。


ソッチはまぁどうでも良いんですが(すいません)、のびのびになっていた(↓)が一応の完成って事で。



いつだったか、郊外の駐車場で見かけた Chrysler 300C(旧型)
堂々たる体躯に押し出しの強いマスク、メリケンのマッスル路線丸出しのデザインに、いたく感動・・いゃ、してやられまして。妙に気になる車両になってしまいました、とさ。
新型の方は、なんとなくアウディっぽい顔つきになったので、旧型をチョイス。

夕飯後に2〜3時間ほど、4日ほどで終了。わりと早かったような気もしますが、この路線がちょっと気に入った次第。飽きる前にカタチになるので(ダメじゃん)、意外と楽しめましたよ。古いアメリカ車とか、欧米のクラシック・カーとか描いたら面白そうですね。メッキ・パーツがかなり面倒くさいけど(苦笑。

仮にオーナー様が見たら、アレコレと突っ込みどころもあるとは思いますが・・お遊び+勝手な想像で描いたので、ご勘弁を。もう少しメッキ部分をナンとかしたかったのだが、まぁブログ・サイズだし。あまり描き込むと、Illustrator CS2>ラスタライズでエラいことになるので(沈)>最後はホトショップ CS4 でささっと陰影を付けて>昔描いたオネーサンのイラストからシルエットだけ持ってきて>横に立たせてハィ!終わり・・ナンという、安直な仕上げ。昔のアメ車っぽく、、クリーム色に赤いインテリア仕上げにしてみたんですが・・結構難しいですね。白とか銀ボディもクセモノですし、ボディ色で時間が左右されるのはイタイです。

ちょっとお姉さんが大きすぎたような気もするけど、ま・・いいっか(良くないって…)

とまぁ、相変わらずテキトーな仕上げ方ですが気分転換にはなりましたよ・・えぇ。
で、次は Ferrari号 のお尻でも描いてみるか? な、今日この頃。

Posted at 2013/06/23 11:19:04 | コメント(2) | トラックバック(0) | Original-illustration | 趣味
2013年06月21日 イイね!
先日まで死ぬほど暑かったのだが・・台風のせいなのか、夜間だと寒いくらい。
最近では5月病ならぬ6月病まであるとか。そりゃあ、こんなオン>オフしか無いような天候が続けば、おかしくなっても不思議ではないですな・・えぇ。

相変わらずつまんないネタで恐縮なんですが、春先から放送されている地上波TVでハマっている2作品をば。


宇宙戦艦ヤマト2199

 いちおう、リアル再放送世代ですから・・(沈)、半分義務で・・と言いますか、な~んとなく・・で、観始めたのだが・・コレが、けっこうハマってしまった訳ですよ。劇場+ネット配信の先行型だったそうですが、まぁそこまでは・・な人なので。
裏ではあれこれ言われておるそうですが、確かに初代のアレに比べると 『う〜ん、ちょっとカルいし…』と言いますか。当時の悲壮感があまり感じられないとか、戦艦の動きがモ◯ルアーマーっぽくね? とか、登場人物のキャラ設定が ”ガ◯ダムっぽくて” ついて行けねぇ・・などの不満はあるものの。
おおむね当時のストーリーを踏襲してあるし、基本的なメカ・デザインなどもそのまま。(先だっては確か)11話までだったと思うのだが、今のところ初代作の流れで進めてあるのは好感が持てる。コレであれば、当時のファン層でも納得なのでは? と思えた次第。
初代と少し違って、ガミラスを一方的な悪役にしていないとか、地球サイドの裏話も何やら伏線としてあるみたいですが・・この先も楽しんでみたいですね。


ガリレオ 2

 売れ筋のドラマは元より、バラエティでもかなり苦戦していた(と、言われる)フジTVの起死回生、渾身の一作ですな。・・と言っても私、初代作はTV点けたらやってるし・・でな~んとなく観ていた程度で、それほど熱も入っていなかったんですが。
なぜか、2作目はしっかりと観始めちゃいました。相方が(…とは言えないけど)柴咲コウ女史から吉高由里子嬢へ変わり、当初はいささかミスキャストでは? だったのだが。
意外や意外、あの小生意気な・・・もとぃ、ちょっと上から目線の喋り方が湯川先生と良い凹凸コンビになっとるがな・・で、けっこうハマってしまいました・・とさ。
いゃしかし、吉岡さんも気になったんじゃないかなぁ? 福山ファンから山のような苦情…いゃ脅迫状が届いたのでは? ソレにもめげず、けっこう頑張ってますよねぇ・・エラいですな、彼女。
 ストーリー的にはそれほど深い部分もないし、タネ明かしもちょいと強引すぎる傾向が目につくんですが、ソッチはあまり気にならないと言うか・・。このところ、ちょっと暗くて深すぎる刑事モノが多かったせいか、わりとあっさり観られる本作は貴重なのかも?
水戸黄門の印籠のごとく、そこらじゅうに数式を書き殴る光景も様になってるし(苦笑い) 気が付くと、もぅ最終回ですか・・しばらくは録画分で過ごしてみますか。えぇ・・。


しかし、梅雨とはいえ天気が・・ですな。台風4号はこのまま消え入るそうですが、すでに5号の発生が・・。今週末は少し天気も持ち直すみたいですが、できればササッと朝ポタだけはしておこうっと。

 あ・・そろそろクルマのイラスト、仕上げないと・・・(沈。

Posted at 2013/06/21 11:40:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | 最近、ハマってます。 | 日記
2013年06月18日 イイね!
今日は休み・・ではあるのだが、朝から病院へG0。
退院後3ヶ月目の検診・・て事で、先週にCTスキャンで検査した父親の診断日でして。例によって病院は混んでいたのだが、予約時間通りに診てくださって一安心。昼過ぎには帰宅できたのだが、これから夕方は母親の病院送迎へ。…っても薬の追加だけで、たぶんコッチも時間はかからない・・ハズだ?(ムリかもねぇ…沈)

 待ち時間はiPodで音楽、もしくは死んだふりして居寝るのが通例なのだが・・こんな時、(↓)な映画を観たら余計にイライラするだろうな・・の、2作品。


          《 臨場 劇場版/2012年公開 》



 コレまた、ドラマを観てないのでエラソーには言えないのだが・・む〜、高評価の割にはちょっとグターっとしていたというのか・・。まぁ地上波で無料鑑賞したので文句は言えないのだが、冒頭の残虐シーンは少し削られていたそうで・・そんな事よりも、扱うテーマがかなり重い割には(刑法第39条ですな)全体的に大味でよく分からない顛末・・と言うのが引っかかりました。

倉石役の内野 聖陽サン。まぁ実際の組織内にこういったキャラが居るかどうかは判りませんが、む〜・・・いきなりアレですかぁ。あんまりリアル感が無いような・・あるような・・かなり微妙な感じですな。
事件の核心がなかなか見えないうちに組織内部の裏の顔がチラホラ・・なので、頭の鈍い私にはちょっとついて行けない場面が多い。ドラマ・ファンならまだイケるのだろうけど、一見さんはお断り? なんでしょうか。ただ、劇場版にするならもうちょっと焦点を絞った方が良いような気がするんですけどねぇ。特に、今作のようなテーマの場合には。
これ、最近の”劇場版”によく見られる傾向で、TV局が製作に絡む以上は仕方が無いとは思うのだが・・コレが続くようだと、TV局系映画の未来はいささか暗いような気がする。

ただ、犯人役(波多野進)の柄本 佑君は頑張ってたなぁ。名優/柄本明氏のご子息だけあって、受け継ぐものは受け継いでるって事かな? あまり深入りせずに観ていたのだが、後半になるとかなり腹が立ったし・・(苦笑) 今後が楽しみな役者さんですな。
反面、倉石の恩師役/長塚京三さんがちょっと・・でした。もしかして、体調がベストでは無かったのかなぁ・・終盤のセリフが聞き取りにくくて、話に入れなかったのです。”実は、余命幾ばくもなかった…” の、リアルな演技>というのであれば分かりますが、失礼ながらウ~ン・・一応映画なので、ちゃんとして欲しかったなぁ・・と。以前からこういった話し方をされるので、まぁ余計なお世話とは思いますけど。

・・で、結局何を言いたかったのよ? が最後までイラッとした作品だった。そこはソレ、観客の皆さんのご採択に任せます・・ということなのか。倉石が犯人に刺された挙句、不死鳥のごとく立ち上がってオォ・・で、犯人をいきなりビンタ! うわ何をする・・で、犯人の処分はどうなったのよ? 全くもって、消化不良。つまるところ、制作陣も結論が出てないじゃん? と。そりゃあ、倉石が犯人の命を奪うラストなんて無いでしょうけど、事件の被害者(や、知り合い)がご覧になると、どういった感想を持たれるのか・・。


        《 アンストッパブル/2010年公開 》

   

某メリケンSF映画でエンタープライズ号の新米艦長になったクリス・パイン君が、今度は貨物列車の新人車掌で頑張った作品・・なんだが、デンゼル・ワシントン氏がベテラン運転士役とは、最初判らなかった。(かなりぽってり+スキンヘッドだったし・・すいません。)

故人になってしまった)トニー・スコット監督の作品って事で、地上波放送も楽しみにしていた訳ですよ。いゃあ、さすがに ”映画として” は面白い! 100分弱と割りと短めの作品なのですが、冒頭からノンストップで走りだす列車。徐々に運の悪さが重なって、ついには・・って、オィオィ。メリケンの貨物列車の作業員って、あんなにもエエ加減なのか? コレまた実話ベースだと知って、完全にイラッ〜! としながら観始めてしまったじゃないか・・・。

いゃもちろん、どこの国でもヒューマン・エラーで重大な事故が起こるって事はありますよ。お隣りの大国でコピー新幹線が落下したのは論外としても、国内だって過去に悲惨な事故はいくつかあるし、人間が操作する限り無くならないってことは理解しております。
 にも関わらず、映画化されたこの作品。案の定、いかにも映画的な・・いゃかなり脚色してあるよなぁ・・でイラッとするパートがてんこ盛り。例によって会社、いゃ自らの保身を優先したがる経営陣もそうだし、冒頭でエエ加減な仕事をしたくせに、助けに来た同僚をナイガシロにした挙句、最後はお祭りのように生還した二人を拍手で称えるお馬鹿な奴等もイライラ・・いゃソレ以上に幹部のバカな作戦で命を落とした(ハズの)ベテラン作業員がなぜ表彰されないのか? な疑問もイライラ・・(実話ではそんな人は居なかったそうですが…? う〜っむ。)

 まぁとにかく、映像的にはドキドキ・ハラハラで楽しめたものの、それだけで終わってしまった作品だった。久しぶりにロザリオ・ドーソン嬢(車両管制員役)の活躍を拝めたのは朗報だったんだけど、個人的にはヒーローになった二人の家族ネタが高評価へ・・と言うほどでは無かった。そりゃ、離婚の危機とかになると仕事も手に付かないぜ・・という事情も解るのだが、事あるごとにケータイを掛けてるとか・・。一歩間違えると大惨事になる仕事やってるんだから、このネタで単なるヒーロー映画になっちゃった・・のは、かなり惜しい気がする。ボケーッと観ればかなり面白いのだが、ちょっとツマヅクとかなりストレスの貯まる作品でありました。



Posted at 2013/06/18 15:58:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | ”うーん、チョット困った”映画 | 音楽/映画/テレビ
プロフィール
「あれれ・・急にアレが手元に・・(苦笑)どうして?」
何シテル?   10/27 23:16
sadayanです。汎用省エネ車の週末ドライバーですが、以後よろしくお願いします。2010年の夏、8年半乗った旧型MPVからDEMIOに入れ換え。あまり4輪には...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2013/6 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
ファン
5 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ デミオ マツダ デミオ
趣味のMTBの熱も冷めてきて、それほど遠乗りもしなくなる・・気がした、2010年夏。実家 ...
その他 自転車 その他 自転車
現在、メインで使っているMTBの一台です。4年前(2009年)に手に入れたバイクですが、 ...
その他 自転車 その他 自転車
ここ7〜8年、メインで乗っているMTBです。今はRIZE 5と併用して、週末の河川敷+サ ...
その他 自転車 その他 自転車
(写真-上)KLEIN Attitude Race/1995年モデルでしょうね…たぶん( ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.