• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

sadayanのブログ一覧

2013年07月31日 イイね!

7月も終わり)暑中見舞い申し上げます。

昨日〜今日と、久しぶりに電車乗って所用で市内へ。

いゃー、油断していた。そう言えば、今月の中頃に建て替え工事が終わり、
最寄りの駅がリニューアルしていたんだっけ・・・(完全に忘却済み)。
お陰で入り口がよく判らずに、1分ほどウロウロしちゃったじゃないか。
近くまで行くと、あっちゃ〜! ナンと綺麗になったことか。以前は町中の寂れたJRの駅…な感じだったのだが(沈)、これでやっと私鉄側にも胸を張れる、立派な駅になったわけですなぁ。(感無量)
・・とは言え。一歩外に出ると、相変わらずゴチャゴチャと寂れた街並みだし、自転車置き場がまだ整備されていないので、周辺はまだまだこれから・・と言う感じなんですが。

それにしても、贅沢な駅舎ですなぁ・・。以前が昔風味の平屋だったのだが、今度は上下のエスカレーターに加え、障害者/高齢者用のエレベーターも完備だし、駅舎の上階には立派なコンビニも。ちょっとした買い物であれば、帰りに済ませることも出来そうですな。もっとも相変わらず北側の道は狭くて、踏み切りを待つバス+クルマの列で渋滞しそうだし、南側(ウチの方)は狭い路地と古い住宅地ばかりで一向に開ける気配もナシ。まぁ自分的にはどっちでも良いのですが、道の狭さだけはナンとかならんもんかいな? と。


しかし、蒸し暑いですねぇ。
車検が済んでから最近、デミオに乗っていないのですが(ダメじゃん)、そろそろ洗ってやらんとイカンかな・・? あまり放置すると、スネて調子が悪くなりそうですけど・・ぶっちゃけ、この時期に無理やり理由をつけてどこかへ行こうなんて、さっぱり頭に浮かばないので困る。余程の用事であれば別ですが、ソレってほとんど実家絡みの用事だし・・。




購入したての頃は、まだ慣らしがてらプチ・ドライブにも行ったんだけどなぁ。最近はそれも面倒くさくなっちゃいまして、相変わらず部屋でグターっと仕事するか/適当に映画を観るか/気が向いたら自転車乗るか・・すっかりダレたオッサンになってしまった。
まぁガソリンもお高いことだし、運転を忘れない程度に乗れればオッケーなんですが。




しかし、これからが夏本番です。もうちょっと出動回数を増やさないと、またバッテリーがダメになるので・・(苦笑)ちょっと気合入れてみますか、えぇ・・。

Posted at 2013/07/31 12:57:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 一服の写真とか。 | 日記
2013年07月28日 イイね!

ちょっと楽しめる、自転車系ローカル番組。《快汗!自転車ライフ》

あれれ・・・ちょっと油断してしてました。
昨晩、BSとかでチャンネル・サーフィンしていたところ・・2013年のツール・ド・フランスをダイジェストで放送してくれてたんですか・・しまった!
とは言え、以前のCATV時代でも何度か視聴はしたものの、ざっくりと流し観しただけでドップリとのめり込む・・とまでは言えず。選手の超人ぶりは何度見ても凄いし、アルプス越えの死闘や背景の素晴らしい景色にウットリする程度で、ぶっちゃけ誰がステージ優勝したのかさえも良く解っていない始末でして(すいません)。

CATVの契約を見直して以降、久しぶりにF1(の、録画放送)も観られるようになったのは朗報だし、某科学系番組をダラダラと ”ついで見” できるのも、ちょっとした贅沢な時間。
もっとも地上波と同じで、いゃそれ以上に凄い通販の怒涛のような垂れ流し放送にはいささかマイッチングなのだが・・・ま、仕方ないですな。よくぞまぁ、アレだけ流せるなぁ・・と、感心していますが。(ちゃんと元は取れているんでしょうね、きっと)


 で、表題の自転車系番組。

最近、というほどでは無いんですが・・昨年から観始めた、と言うよりJ-COMの番宣時間帯などでちょくちょく目に入っていたのが、《快汗!自転車ライフ》というローカル番組であります。
契約更改後はオンデマンドでも無料で観られるようになった訳ですが、先だって《飛騨高山編》をホゲ〜っと流し見ていたトコロ・・・。
どっかで見たようなMTBが出てきて、おぉ! アレやんけ〜(嬉)で、テンション UP !



最近の放送分ではフルHD画質みたいですが、この当時はまだそうでも無かったようで。妙にハンドメイド感溢れる映像ですな(笑。

で、この(↑)飛騨高山編。どうやら、団長さんがライドしていたのは2010年モデルのCannondale RZ one 20 みたいでして。普段の愛車は同社のSuper-6/ロード車だったと思うんですが、う〜っむ・・走っている姿、なかなかカッコエエじゃないですか。飛騨高山のけっこうな坂道も走ってましたが、120mmストロークとは思えない登坂性能みたいで、前後サスがバランスよく沈み込んでクィクィ〜と登ってましたよ。最近のAMバイクは登りもイケますけど、(脚付きが悪い以外)Rizeシリーズはツーリングでも使えるし、オールマイティなヤツだと再認識した次第です。

そういやぁ近所で、しかも自分の眼で見たRizeシリーズは1台も無いですねぇ・・。購入した店内で数台見ただけで、CRで走っているのも自分だけだし(そもそも走る場所が違うのか…?)、まぁ国内では人気ないバイクですから、仕方ないのかなぁ。海外ではけっこう人気あるみたいで、わりと売れ筋だったような気もしますが・・。



検索コレクションから(苦笑) 撮影場所もそうだけど、如何にもセレブ感溢れる1台。
いゃあ、軽そうですね〜、イイですね〜。(SRAMのXX、くれい!)




ワイルド感溢れる場所に、真っ白な2本サスのRizeシリーズ。やっぱりレフティ仕様の方が、オリジナリティあって好きですが・・む〜、コッチもええのぅ。(出来れば2台欲しい…)







  ちゅうわけで、J-COMスタッフの皆さんへ。

  今度は海外編、できれば(↑)美女付きでお願いします♪



Posted at 2013/07/28 13:28:37 | コメント(3) | トラックバック(0) | 最近、ハマってます。 | 趣味
2013年07月25日 イイね!

3度観直して、ようやく入り口へ・・。 《 クラウド・アトラス 》

蒸し暑いのはもぅ分かりきっておりますが、先だって奥歯の治療をはじめたところ・・。
かぶせていた金属の痛みが激しくて、作り直し・・とのこと。表面を削ってグリグリ〜とヤットコ(みたいな器具)で外し、消毒を施してからウレタン? みたいな”仮歯”をかぶせてもらったのだが・・。
コレがまた、違和感アリアリで舌の横側を噛むわ、食事を始めるとまたホッペタの内側を噛むわ・・で、最悪。む〜、早いこと次の歯をかぶせてもらいたいですな。

とまぁ、ろくに食事も取れなかったりするのだが、仕方なく柔らかい冷やしうどんを造って食べたり、実家からカレーライスをもらってきたり・・で、ナンとかしのいでおります。


 そんな訳で(どんなワケだよ?)、どうにも体のバテ具合が進む昨今・・。
かねてより観たかった作品がオンデマンドに出てきたので、ちょっとワクワクしながら鑑賞した一本が(↓)であります。


         《 クラウド・アトラス/2012年公開 》



昨年の公開時。さぁて3時間の大作だし、たぶん途中でトイレに行きたいだろうな〜・・で、諦めた作品であります(半分ホント)。だいたい、こういった経験は過去にもあった訳ですが・・基本的に読解力も無いし頭が鈍いので、何度か見直さないと絶対に理解できないぜ・・は、良く分かっているつもり。

 …とまぁ、少しは期待して観始め・・る前に、一応の予習をば。

う〜っむ、なるほど! 案の定、評価の別れ方が激しい映画ですなぁ。あの《プロメテウス》もそうでしたが、ホントに分かる人と受け付けない人の差が激しいみたいで。
というわけで、不肖私も一応は)覚悟をキメて、しかしセコい大阪人らしく(?)525円(税込)の元は取らねばなるまい・・と、気合入れてリモコンの決定ボタンをON!


・・で、ですね。まぁ結論から言わせてもらえば、個人的には◎(二重丸)でして、乏しい理解力がどうこう・・と心配する程ではなかった。レビュアーさんの中には厳しく1点をつけておられる方もいるのだが、なるほどなぁ・・。たぶん・・ですが、最初の1章でつまづくともぅ、後はぜんぜんダメでしょうかねぇ。後でそういったレビュアーさんの別の作品評とか見ると、確かにアクション物とか、ハデなドンパチ物には高得点を付けていたりする。ぶっちゃけ、かなり見る人を選ぶ作品みたいですね。
おそらく《インセプション》が楽しめた人であれば、OKでは無いかと思うのだが・・。

この作品(あまり書くとネタバレになるのだが…ま、イイッか)6つの時代をほぼ同じ役者で6つのエピソードを同時進行させてあるんですが、ワンシーンわずか数分(中には1分弱もある?)でクルクル変わるので、余計にややこしくなるんですな。最初にこのパターンが気に食わないと、後はもぅ完全に駄作の匂いがプンプン。しかも、大航海時代からワケの分からない未来世界まで、延々と流してあるワケですよ。映画鑑賞なんて、スカッとストレス解消作品に限るぜ〜! な人には向かないのも仕方ないですね。




全編、まんべんなくご紹介・・なんて不可能に近いので、個人的にガツン!!と来たパートといえば・・・やはり2144年の未来社会ですかねぇ。(たぶん)異常気象か大戦かで水没しちゃった後のネオ・ソウルでのシーンがかなり強烈でしたよ。

今作でハリウッド・デビューだそうですが、かなり頑張っていたのが(↓)



後に伝説…いゃ神となる、クローン少女/ソンミ451を演じた、ペ・ドゥナ嬢。
(失礼ながら《空気人形》だったっけ? で、ちょっと見かけた程度なのだが)独特の雰囲気が今作の役柄にピッタリだったと思う。革命軍の司令官とのカラミとか、ちょっとR指定の描写もあるのだが…映像が綺麗なせいか、それほどHな雰囲気では無かった。それよりも、さすがにちょっと引いたのが隠された処理工場(ある意味、屠殺場ですな)のシーン。
クローン生産された奉仕用の”製品”として、世に送り出される訳ですが・・年季明け、つまり”賞味期限切れ”ってことでまた再生工場へ送られたあとの処理が、かなり生々しくて残酷。ソレを司令官に見せられたソンミ451が一言漏らす場面が悲しい訳ですよ。
『共食いさせられていたのね…。』コレがキツかった。再生処理したタンパク質が実は、今まで自分達が摂取していたソープ(=栄養補給飲料)と分かったソンミ451。ココでようやく革命への意志が固まる、といった筋書きなんですが・・なぜ崩壊後の未来で神として崇められているのか、ちょっと説明が足りなかったような気も。時間が切迫しているのは解るのだが、その他のパートを削っても入れて欲しかったよなぁ・・と、思えた次第です。




まぁ確かに、逃亡シーンとかアクションはどこかのパクリっぽいし、なんせ6話同時進行ですから時間が限られている訳で。そりゃあ、ハデなハリウッド・アクションを期待するのは酷ってモノですよ。ネオ・ソウルなんてまんま《ブレードランナー》だし、空飛ぶパトカー(?)も見たようなデザインだし、最後の政府 Vs 革命軍との戦闘もかなりショボく、ぜんぜんハデでは無かった。
ただ、作品の流れに乗ると、そんな事は気にならないと言いますか・・。退屈にならない程度のドンパチですし、この二人の前世=奴隷貿易が盛んだった大航海時代に結ばれていて、最後は共に奴隷解放運動へ・・というオチが待っている訳で。全編において、こういった流れが最後に(6つの)ハッピーエンドへ繋がっておりました。




ちょっと見にくいとは思うんですが、コレまた親切な方が居るわけで(笑)。
ちょっとした年表? みたいなモノを公開されていましたよ。ざっと観直すと、あのシーンが・・と、また思い出されるのは嬉しい限りであります。

今作ではベテラン勢が何人か出ているんですが…まぁトム・ハンクス氏はいくら特殊メイク施してもトムさんでしたが、他の役者さんにはぜんぜん判らなかった人もチラホラと。前述のペ・ドゥナ嬢も数人、入れ替わりで出演なさっていたのだが・・。
ま、大航海時代の白人メイクはちょっと(苦笑)かなり無理はありましたなぁ・・。
逆に、けっこう凄かったのはヒュー・グラント氏かな? 良く見れば分かるんですが、うわ〜この人こんな役柄も出来るんだ!と、ちょっと見なおしたかも? 今まではデレ〜っとした二枚目役しか拝見してなかったし、そう言えばもぅ結構なお歳だし、ボチボチとこういった作品にも出て行かないと、ねぇ・・奥さん。(大きなお世話か…)


 そんな中で、さすが! な変身ぶりだったのが(↓)



最初、誰なのかぜんぜん判らなかったのだが・・なんと、あのキャット・ウーマn…もとぃ、ストーm…いゃ、ハル・ベリー女史ではないですか。
いゃ1970年代の記者役ではしごくノーマルな役柄だったのだが・・メイクはさておき、肌の色とかはどうやったんだろ? もしかして、CG? とか。



・・しかし、そろそろ五十路に手が届くとは到底思えない美貌をお持ちで・・(嬉。

その他、(結構悪役が多かった)ヒューゴ・ウィーヴィング氏などは、分かりやすい役柄だった。まぁ相変わらず殺し屋とか奴隷商人の親玉とか、む〜・・ココでアンダーソン君が出てきて弾除け合戦! とか始まるんじゃ・・? と、ちょっとだけ心配したじゃないか。
その他、場面によっては女装(男装も)までしちゃった人もいるし、こうなると『ウォーリーを探せ』状態でしたな。内容がけっこうシビアな作品ですが、ちょっとした息抜きも用意されていたわけですか・・いゃはゃ、監督兄弟(”ウォシャウスキー姉弟”になってますが)なかなかウマイ演出ですな。
登場人物にキーワード(彗星のアザ)を持たせたり、時折、激しいデジャ・ヴ(既視感)を挿入してみたり、ストーリーの整合性にはかなり気を配ってあるので、ちょっと入り込めれば、それほどシンドイって感じでもありませんでした。


相変わらずの長文+駄文なんですが(すいません)、気が付くと3時間が終わっていた・・といった感じだし、観終わっても失敗した! な作品では無かったですね。
ハリウッド作では珍しく”輪廻転生”とか、”生まれ変わり”を真面目なテーマにしたようで、東洋人には馴染みやすいのでは? 監督さんの ”姉” の方(ラナ・ウォシャウスキー)が性転換したせいか、中にはゲイを扱ったパートもあるし、全編通じて ”魂の再生/人生のやり直し” が公平に描かれていたように思う。前世では悪人だった人が生まれ変わって善人となり、また逆もしかり・・と言った具合に。


今作でもう一つ描かれているのが、”世の中の序列”の解釈について。大航海時代の奴隷制度もそうだし、1970年代の石油/原子力の台頭における、既得権のせめぎ合い+あるいは2144年のネオ・ソウルなど。支配階級と虐げられた者達の闘争や苦悩が1話あたりわずか30分で描かれていて、ラストに向けて一つに織り上げられてゆくのは、なかなか見応えがあった。副題が〈クラウド・アトラス6重奏〉と言うのはよく分かりましたよ。

と言う訳で、48時間の視聴制限時間一杯を使い、3回観直してみたわけですが・・(笑)。
久しぶりに観終わって良かったなぁ・・と思える、”当たり映画” でした。それに加え、自分もまだこんな長編が楽しめるのか・・と、少しだけ安心できた作品でもありますし。

また半年くらいたったら、中古DVDでも狙ってみるか・・と、考え中なんですが・・さて。




Posted at 2013/07/25 02:52:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | ”満足度80点以上”の映画 | 音楽/映画/テレビ
2013年07月21日 イイね!

早朝ポタったら、セミの大群が・・の、巻。

 相変わらず、投票率が低いですな・・。

今晩はもぅ開票速報オンパレードだと思うんですが、う〜っむ・・・毎度のことですが、この行き詰まり感って結局、国民全員の責任では? と思う次第。嘆いていても仕方が無いですが、投票さえ出来ないのならツベコベと文句は言わないで欲しいですな・・えぇ。

とまぁアレコレとグチもある訳ですが、今週末は意外と涼しいかも? 特に、朝晩はカラッと湿度も低く、朝ポタ(だいたい6時前後に出発)だとかなり涼しい。走り始めなどはヒンヤリとするくらいで、このままで過ごしてゆければ…(まぁ無理でしょうけどねぇ…)。



チンタラとMTBを漕いで、公園に着くと6時半くらいなのだが・・すでにウォーカーやジョガーさんがチラホラと。自転車組はだいたい私一人ですが(泣)、真ん中の公園(橋続きで3箇所あり)で一休み。例の新型スポーツ飲料を買い込み、至福のひとときであります。




奥の木立ちに移動して、適当にクルクルと遊んで約1時間ほど。時には自転車を降りて、草むらを歩くことも・・。もうちょっと深い森とかがあれば森林浴気分が味わえるのだが・・ま、それでも結構気分転換にはなりますよ。頑張って遠方の公園まで行けば、ちょっとした森もあるのだが・・(かなり気合が要るので…沈)



 ・・とまぁ、朝の空気を吸い込んで気分は良かった訳ですが。




 そこら中で泣きわめくセミの声に誘われて、ふと上を見上げると・・(↓)





  ・・脱いでるし。(苦笑) しかも、ダブルで脱衣後とは・・はて?






 コレで火がついたのか、子供の頃を思い出してセミの抜け殻探しをば。すると・・・






    うゎ 何をする きさまら・・・








      異生物、襲来!







  こっちは3P状態gy・・(ピー! 放送禁止)






 ・・私が悪うございました。(もぅ来ません) m(__)m



 とまぁ、今夏分のセミは十分に堪能させて頂きましたよ・・・えぇ。(自分が退散)

Posted at 2013/07/21 18:12:43 | コメント(5) | トラックバック(0) | ぼちぼちと自転車 | 趣味
2013年07月19日 イイね!

決してオススメできない2本 《 メガ・シャーク VS…/スパイダー・パニック》

 あちゃ・・ちょっと更新が開いてしまいましたな。

久しぶりに”待ったナシ”のツッコミ仕事が入り、コレまた久しぶりにアクセル全開! だったんですが、む〜・・。もちろん文句など言える立場では無いのだが、そろそろアクセル ON/OFF の生活もしんどくなって参りました。クルマの運転もそうだけど、基本的に一定の速度で走った方が、燃費も良くなるしメカの負担も少なくて済むはずなんですが・・(コレばかりは仕方が無いが・・急発進/急停止は体にも良くない。)

とっくに夏バテ状態だし、頭の中もボケ〜っとしておる昨今ですが、そんな状態に追い打ちを掛けるような(↓)の2作をご紹介。(決して観ないでください…と。)


     《 メガ・シャーク VS ジャイアント・オクトパス/2009年公開 》

     

(↑)なポスターは気合十分。深夜枠のB級映画放送にはガッカリ・・もとぃ、ハズレも多いわけですが、『も、もしかして当たったりして…?(^^♪』 と、ちょっとだけ期待してHDD録画。(情けない…)
で、明けて次の日。まだ忙しく無かったので、夕方さっさと観直してみたわけですよ。



 ・・案の定、地雷踏みましたよ・・えぇ・・・(爆死



しかしまぁ、B級どころかウルトラD級? な出来栄え。それでも、Yahoo! 映画評ではナンと1.94点もあるのが意外と言いますか・・夏の怪談というのか。あの邦画界の汚物ともいうべき《デビルマン》よりも高得点とは・・(如何にデビルマンが低いか・・って事か)

で、この作品。(邦題が長いので無視しますが)とにかく凄い。何が凄いって、ああた・・巨大なサメ=メガロドン? が空飛んでジャンボ機を喰うわ、駆逐艦よりデカくて船体を真っ二つに噛み切るわ。挙句に、行く手を阻む鉄橋を噛みちぎるわ・・のやりたい放題。




・・んなアホな! と、ツッコミどころ満載であります。
いゃしかし、普通はココまで馬鹿やってくれると ”コレはコレで、イイ味がねぇ・・” な展開もあるはずなんだけどなぁ…? メガ+ジャイアント盛りでかなり気合だけは入っていたのだが・・完全に空回りだったし、スタッフ+出演者も恥ずかしすぎて、試写会はシカトしたんじゃないか? と思うぞ。
この手のB級映画(…ても、Vシネマっぽいけど)、お決まりのお色気シーンとか、少しくらいあっても無問題♪ なハズなのだが…コレまた何故か? ほとんど無し(ソッチかい…)一応、主人公っぽい女性の海洋生物学者とか登場するのだが、一向に脱ぐ気配gy・・もとぃ、そっち系のシーンは無し。コレまた何故か? 日本人の科学者(=中国系の役者さん)が出てきて、女性学者と何故か? ロッカールームで良い雰囲気になっちゃった以外、 結局見どころってねぇじゃん! で、あっさり終わり。
約1時間半あまり・・いゃ後半はほとんど倍速モードで済ませましたよ・・えぇ。




ちゅうわけで、ストーリーはほとんど記憶になし。何となく、科学者達が妙な媚薬みたいな薬品を開発して、それを元にサメをおびき出して・・あ、そういゃデカいタコも居たわけで、何となく2匹を闘わせてハィ…幕引き!・・だったかと。

観終わってから、一段と夏バテが進んだのは言うまでもありません。ま、時にはこんなバカ映画も・・って、低予算とはいえ良くこんなの作れたよなぁ…と、アッチの底力を見せられた気がしましたよ。 当然ながら、HDDの容量確保のために、あっさり消去。(合掌)




     《 スパイダー・パニック/2002年公開 》



 コレまた、タイトルだけでもぅ ヤバい香りがプンプン! なんですが・・
いゃいゃ、チョットだけ嬉しい誤算が・・と言いますか。あの女優さんのお宝映像? があったお陰で、(個人的には)最凶最低映画の烙印を免れた作品であります。

内容なんて、タイトル通りで特にヒネリも無し。有毒物質をバラ撒かれたせいで、クモたちが巨大化して>繁殖のため、付近の住人たちを襲い始める>ちょっとクモに詳しい子供がその知識を発揮>逃げる住人達を先導して>最後は銃撃戦+鉱山から滲みでたメタンガスに引火させて、ドカーン! な展開。


   ナンという、解りやすさ。 


(まぁ一応)主人公っぽい男はいた訳ですが、別にイケメンでも無ければ超絶的に強いわけでも無し。あのエイリアンの路線を狙ったのか、保安官の女性が頑張って巨大クモ達をガンガン撃ちまくり。フォークリフトに乗った時は、おぉもしかして? と思ったのだが…。(ま、ソレは無いか…)



CG映像がかなりショボいので、(↑)の大群がお嫌いな方でも、ナンとか耐えられるかも・・(保証はできませんが)。あらゆる種類のクモがてんこ盛り! ですが、巨大なハエトリグモがモトクロス・バイクを追いかけるシーンとか、家ネコが襲われるシーンなどはジョークも効いていて、けっこう面白かった。群がるクモをジェイソン風(13日の金曜日ですな)の男がなぎ倒す場面とか、じっくり観てみると色々発見は出来そうですな。

 んが、個人的に おぉ! な発見といえば・・(↓)



最初、ぜんぜん気が付かなかったのだが…ナンと、若き日のスカーレット嬢(右)がご出演だったとは・・(嬉
しかし、やはり彼女クラスになると若い時からオーラが出てますな。若干、ソレっぽい(ドレっぽい?)場面もあって、何だか得をしたような気もしたんですが・・ま、ソレ以外はちょっと・・。


今回の2作。あえて言うとしたら、人間の都合とかで妙な薬品をタレ流すとか、軍事兵器で眠れる巨大生物(?)は起こさないようにしましょうね・・と言ったトコロでしょうか。


暑い日が続きますが、今週末の選挙もあることだし(意味不明)。夏の定番=ホラー作品に飽きたら、お寒い(↑)でも如何でしょう? とは、決して言えませんので。m(__)m


Posted at 2013/07/19 19:01:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | ”うーん、チョット困った”映画 | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「あれれ・・急にアレが手元に・・(苦笑)どうして?」
何シテル?   10/27 23:16
sadayanです。汎用省エネ車の週末ドライバーですが、以後よろしくお願いします。2010年の夏、8年半乗った旧型MPVからDEMIOに入れ換え。あまり4輪には...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/7 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

お友達

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
趣味のMTBの熱も冷めてきて、それほど遠乗りもしなくなる・・気がした、2010年夏。実家 ...
その他 自転車 その他 自転車
現在、メインで使っているMTBの一台です。4年前(2009年)に手に入れたバイクですが、 ...
その他 自転車 その他 自転車
ここ7〜8年、メインで乗っているMTBです。今はRIZE 5と併用して、週末の河川敷+サ ...
その他 自転車 その他 自転車
(写真-上)KLEIN Attitude Race/1995年モデルでしょうね…たぶん( ...

過去のブログ

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.