• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

sadayanのブログ一覧

2013年09月30日 イイね!

久しぶりに、コンデジを買ってみた・・の、巻 《 FUJIFILM X10 》


 もぅ9月も終わりですか・・・今年も早いですねぇ。

昨日(日曜日)は実家の親を乗せて、スーパーへ買い出し部隊。私も久しぶりにごっそりと買い込んだのだが・・いゃはゃ、値上がってますね! アレコレと。
本当の値上げはこれから(10月から)なのだが、今後消費税も上がってゆく訳で・・・だんだん暮らしにくくなってくるんでしょうねぇ。あぁ・・嫌ですな。
いささか所帯染みた話題ですけど)いつも物色している豆腐コーナー、すでにごっそりと売り切れ済み。その他、野菜+果物なんかは手が出ないほどの高値続きだし、ポテチ系の菓子なども内容量の減少〜袋の小型軽量化(?)などが進行中。《武士の家計簿》ではないが、いっそうの自助努力をしなくてはなりませんな・・。


な〜んて愚痴っている反面、先だっては久しぶりにコンデジを仕入れてみたんですよ。



 某FUJIFILM製の旧型機、X10であります。

X20登場のお陰でグググ〜と値下がりまして。夏前からそろそろかな?と物色しておった訳ですが…さすがに秋の風に吹かれちゃうと、居ても立っても・・(苦笑)。
一時は中古も品薄になりかけてしまい、あちゃ〜! と(少しだけ)焦って探したところ、純正のレザーケース+ハクバのフィルター (40mm)+社外製の予備バッテリーのセットを発見。自分的には2.6万円までならば・・と入札したんですが、コレまた人気無いのか? あっさりスタート値で落札。『こ、こんなお値段で申し訳ない…。』の低額でゲットできました。手にして驚くほどの美品でして、前オーナー様のお人柄が忍ばれる一品であります。
が、届いたのが金曜日の夕方でして、さっそく土曜の朝ポタへ・・が出来なかった。まだ設定や操作系が飲み込めていないのと、手持ちのウエスト・バッグに手頃なサイズが無くて、収まりが悪すぎる。無理に入れると傷だらけになりそうだし、デカいバッグだと中でコロコロ・・コレまた収まりが悪すぎ。付属のレザーケースをたすき掛け・・は、流儀に反するし(意味不明)、仕方なく自宅待機であります。

最後に購入したのはSONYさんちのHX7Vでしたが、特に不満があるわけでは無いですよ。
起動や操作時に若干 イラッと来る程度 で(苦笑)、業務専用機のCanon G7と良いコンビだったんですが・・1年半経ってちょっと写欲が出てきたのと、もう少し所有欲をそそる物がイイな・・・ってことで、数台絞り込んで物色しました。

Nikon COOLPIX P7700
 最後まで悩んだ1台。G7の後継機としてのスペックも十分だし、何よりそのフォルムに惹かれましたね。ファインダーレスも最初は気になったのだが、たぶん使わないだろうし…。かえって先代のP7100よかは、スッキリしていて好印象でした。表面の仕上げも渋好みだし、操作系/描写共に好きな部類。今でもちょっと手が出そうな1台です。ま、G7の引退後にゲットするかもしれませんが・・中古物件が少ないのが気にかかる。

SONY DSC-RX100
 コレまた、物欲をそそった1台。何より1インチ・センサーに興味があったしZeissの描写力も好きだったんですが・・SONYとMacの相性があまりよろしくないのと(付属ソフト等)、搭載ズームがF1.8~F4.9という、まぁナンと言いますか・・F1.8をウリにするのはズルくね? とか、もしかしたらモッサリ・カメラ? などのレビューも気になった。
デザインはスッキリ系で良いのだが、グリップ・レスは持ちにくそうだし、メニュー設定が何となく(?)だったので、パス。ただ、描写力は一眼を凌駕しているし、今でも後ろ髪を引かれる一品です。

Olympus XZ-1/2
 う〜ん、けっこう悩みました。XZ-1なら爆安だし、プレミアム・キットの新品でも3万円弱と、これまた買い時価格。本体セットだけならざっと1.8万円以内でイケそうだったんですが・・ちょっと色乗りがキツいのと、何となくオリはちょっと・・とか、心理的な要素があったのかもしれませんね。ポタリング用で考えれば最高の1台だったんですが・・まぁ、もしかしたらポチッとやるかも?(意味不明)

あとはミラーレス機で数台、悩んだんですが・・まぁペンタのK-7は維持する予定だし、気合いが必要な時はソッチでGO。もぅゲットしちゃった訳だし、しばらくはこのコンビで楽しんでみますよ。

 それにしても、久しぶりに(↓)とか見ましたなぁ・・。



 最近の、特にデジタル商品には見られない [ Made in Japan ] の文字。
今ではほとんど見なくなった一文なんだが・・ちょっとだけ、有り難みが出たかも?しれません。FUJINONのロゴも懐かしいけど、当時は特にファンでも無かったので…(沈。
X20の方もアチコチで製品レビューとか出ているし、今さら?ではありますが、レスポンスは良いですよ。古い人間なので、老眼の始まった眼でモニターを見ながらピコピコ設定項目を出して・・は、ご勘弁。ダイヤル式の良さは引き継いていって欲しいトコロです。



ユーザー諸兄のサイトもアレコレと参照させてもらったんですが、けっこう多かったのが純正/社外品のレポ。不肖、私も例に漏れず(?)怪しげなメーカーの中華レンズ・フード+フィルターだけ買い足しました。純正の1/3程度の値段なので、ちょっと…いゃかなり不安はあったんですが、ちゃんと装着できて一安心(笑)。
ついでに、コレまたヤバい感じの赤枠の保護フィルター(52mm)も同梱してもらいましたが・・う〜っむ、ちょっとハデだったか? ま…お遊びカメラですし、こういうのもアリって事で。今後、場合によってはレリーズボタン・カバーも物色してみるつもり。




 全体的にスリムですが、横幅はあるほうかも。



業務カメラ=G7とのツーショット。レンズ内蔵ですから、G7はけっこう分厚いですね。
ただウェスト・バッグへの収まりは、やはりG7が良好。この辺り、判ってはいましたけど今後の課題になりますね。その内、適当なバッグを物色しなくては・・。



…まぁ小型とはいえ、ペンタのK-7とは比べるのもどうか? ではあります(笑。
横幅はほとんど同じで使い勝手もいい勝負だし、今後はこのコンビで遊んでゆく所存ですけど…基本的に私はクラシック路線の信奉者でもないし、あのPENシリーズが出た時には
”苦笑い” した側の人間なんですが・・(すいません)。
今回のX10も実のところ、外装はそれほど好みでは無いんです。シボ皮仕上げのレザー部分はわざとらしくて好きじゃないし、ズームレンズの根本にメイン・スイッチがあるのもそれほど使い良い…とは、思えない。従来機に比べると、かなり見やすい光学ファインダーなんですが、あまり実用的とは思えません。バッテリーも小型で持ちは悪そうだし。
まぁ隅を突くと、けっこうアレコレ出てくるんですが、さすがに発売当時7万円弱もしたモデルですね。持った感触は大きさ/重さともにベスト・バランス。オモチャっぽいホィール・リング以外はボタン類も感触良いし、何よりメーカーの気合いが感じられるのは◎ですね。コレ、けっこう重要なポイントだと思った次第です。
あ、肝心の写りなんですが・・まだベランダや室内で試写した程度でして、これから試行錯誤しなくちゃならんのですが。 さすがにノイズは少ないし、クリアーなレンズ性能はイケていました。これくらい写れば、今後のメイン機としても楽しめそうな予感であります。

しかし・・デジモノって、安くなるのが早いなぁ。買う時は良いですけど、売る時は・・(沈黙。

Posted at 2013/09/30 17:25:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | 若干,カメラネタ! | 趣味
2013年09月28日 イイね!

夜間のオツマミ程度であれば・・の、2本。《 スカイライン-征服- / 第9地区 》

ずいぶん風が涼しく感じられて参りました。
そろそろピークかも・・と、今朝も公園まで走ってはみたんですが・・あちゃ! やっぱり咲いてないですね、彼岸花。
郊外の田んぼ沿いの道端とかに群生するみたいですが・・ちょっと近場には無い。せっかく新しいコンデジを手に入れて、気合だけは入ってたんですが。ま、ソッチは紅葉シーズンに頑張ってもらいましょう。

・・で、そろそろ秋のCS無料キャンペーンも終わりかけ。けっこう映画を何本も観せてもらったので、忘れないうちに備忘録をば。


         《 スカイライン-征服-/2010年公開 》

    

・・まぁ、ナンと言いますか・・(苦笑) 今じゃ低予算でもこれくらいは出来まっせ! の、証明書みたいな1本。どうやら邦画の大作映画よりも低額で出来ちゃった・・との噂もあるそうな? (あっちゃあ、どーすんだよ邦画界! ではありますね)

とは言え、この作品。内容そのものは大したこと無いです。良く比較されている《ロサンゼルス決戦》は観てないけど、コッチは民間目線の ”エイリアン侵略モノ” って事で、例の《宇宙戦争》と《インディペンデンス・デイ》のエッセンスを取り入れて、地味な逃走劇で仕上げてみました。 …と、言った感じでしょうか。
朝起きたらいきなり頭上にデカイ円盤が被さっていて、得体のしれないエイリアンがいきなり襲ってきて・・冒頭からいきなりコレですから、あぁ〜もぅ飽きました、はぃ。
高級マンションから、ちょっとセレブ風の若い男女数人が逃げ惑い、適当に怒鳴りあった後、高級スポーツカーに乗ってさぁ脱出! でいきなり(↓)



 怪獣エイリアンに グシャ! 何となく《クローバー・フィールド》ぽい場面ですが、ここだけはなぜか?スカッとしましたけどね。(苦笑) まぁCGだから許せますが、大作映画みたいに実車壊しだったら嫌だな。モッタイナイ過ぎますし・・。

基本的に民間人が10人ほど、その他兵士が数人程度と、さすがに低予算が響いてますが、見せ方次第であまり気にならなかったのはウマい。戦闘シーンもけっこう迫力があって、出演者の少なさを補って余りある、と言った感じ。(最初にガバっと住人達をUFO内にさらっていったのは、そのせいかも?)
青い光線を浴びると体が固まったり、勝手に空に浮かんでいったり、空飛ぶ宇宙人に脳みそを吸い取られたり・・で、何だかもぅ良く解らない展開に。

   

最後まで粘っていた主人公2人も、ついに母艦へ吸い込まれる・・の、図。
このシーン見ていて私、何となく ”逆ラピュタ” じゃないか・・と思ってしまった(笑。パズーやシータじゃあるまいに…。)
この時点でそろそろエンディング・・う〜ん、やっとひと盛り上がりあるのか? と思ったら、若いニイチャンの脳みそを吸い取ったエイリアンがおかしくなって、急に寝返ってヒロイン救出。おぉ、まだ続きがあるのか?(ニヤ)…んが、あっさりエンドロール(爆死。

   ず・・ズルい、ズル過ぎるぜ監督さん! 

  最初から2部構成⇒ 続編作る気 満々じゃねぇか・・。 

   …とまぁ、何となく ”してやられた作品” でありました。



           《 第9地区/2009年公開 》

   

もぅアチコチで言われてますが、どう見ても南アのアパルトヘイトを描いた作品であります。”第9”ってことは、”第1”もあったのかな? と想像したりするんですが、コッチはどうやら続編=”第10” は造るみたいですね。(・・っても、たぶん観ないですが)
人種隔離政策を異星人に見立てて描いたのは良いアイデアだと思うし、全体的に退屈するシーンも無かったので、映画としては面白かったですよ。評価が高めなのも頷けました・・んが、どうにも『うぇ〜!』『おぇ〜!』の連続はさすがにツライ。相手が甲殻類?なので、いくぶんマシですが…それにしても、カニ鍋を食べたら思い出しそうで(うぇ…)。

まぁ救い・・と言って良いのか、エビ星人の子供がちょっとカワイイのと(ホンのちょっとですけど)、彼らにも多少はファッション感覚があるようで、頭にぶらじゃ被ったり(変◯仮面なのか…)、ボロですが一応服っぽいモノを着込んだり・・は、していましたね。
いつも思うのだが、なぜか? 敵型エイリアンはスッポンポンが多いですねぇ・・進化すると、恥ずかしいって感覚が無くなるのか? ちょっと不思議。



彼らが降りてきた当初はもの凄くセンセーショナルな出来事だったんだろうな・・と思わせる、記念碑が物悲しさを醸しだしております。あれだけの科学力を持ちながら、母船のパワーが無くて弱い立場になった時、凄まじい搾取などがあったんでしょうねぇ。もぅこれでもか! と暴力的な扱いを受けるさまは(映画と分かっていても)見ていて楽しいものではありません。あのシーンを人間に置き換えると・・想像するだけでも寒気がします。
主人公のエイリアン管理官=ヴィカスの目を通して、そうした惨事を展開させてあるんですが・・主人公の目線のみならず、周りの人間模様がけっこうディープでして、コレまた凄くシュールな展開に。
最初は迫害する立場に居た自分が、追われる立場になった時の行動心理がなかなかリアルで良かったですよ。けっこう自分勝手でご都合主義だったりするんですが、だんだんエビ星人に変身するにつけ、真の自分に目覚めてゆく・・みたいな。大げさですけど、人間見た目じゃないよなぁ・・と、今更ながら考えさせられました。

心理的な描き方も良かったんですが、ラストのクライマックスもなかなか、でして(↓)



エビ星人達のテクノロジーの結晶、カッコ良いパワードスーツまで登場。一部エイリアン化したヴィカスが乗り込み、外人部隊相手に決死の応戦がなかなか凄い。その前に観ちゃった《 スターシップ・トゥルーパーズ 》よかは断然イイ。アッチはもぅ安物のTVゲームみたいで全くXXXだったのだが、全くの素人パイロットだったヴィカス君。すっかり心を通わせたエビ星人を逃がすために奮闘、結果宇宙船は空の彼方に消えてゆきました・・とさ。メデタシ、メデタs・・・って、この次(続編)はどういう展開なんだろうか?

ちょっと興味はあるんですが、う〜ん・・・コレ以上の『オェ〜!』シーンは勘弁して欲しいですな・・。



Posted at 2013/09/28 12:47:51 | コメント(2) | トラックバック(0) | ”うーん、チョット困った”映画 | 音楽/映画/テレビ
2013年09月25日 イイね!

Specialized EPIC M5/豪雨の影響を確認ライド・・の、巻。

先週末はかなりの好天気。3連休という事で、各地の行楽地もさぞ賑わったことでしょう。

…とは関連もないんですが。またしても、困った自動車事故が起こってますね。18歳の少年(…と言うのも抵抗があるけど)が運転する、旧型フェ◯レディZが登校中の児童を跳ねた挙句、民家に突っ込むと言う絵に描いたような惨事がありました。
またかよ・・と、多くの人が落胆したと思うのだが、どうやら少年の危険運転は毎度の事だったらしいし、免許を取得してまだ1年も経っていないマニュアル運転・・しかも、ケータイ弄っていたのでは? とか、アレコレと。ニュース映像を見た限り、問題のクルマは如何にもXXXでござい…な、ソレっぽい車両。いくら旧型車とは言え、免許取りたての少年がおいそれと買える代物では無い。いゃ車本体は何とかなりますが、保険や税金等を加えるとかなりの額になるはずで、ココは購入を許した親の責任も否定は出来ないでしょう。
(免許の交付と同時に納車された・・との談話もあるので、おそらく親の名義貸し/あるいは、親ローンってヤツか・・。)
可愛い我が子に泣きつかれた挙句の出来事がコレでは、両親も立つ瀬がない。たぶん、ですが基本的に悪人では無いのだろう・・とは思いますよ。若い世代=カッコイイ車に乗りたい/思いっきり走りたい! も解るし、いい所を見せてやる! は、理解出来ますけどね。
以前、どこかで『暴走族と走り屋は違う!』的なコメントを見たんですが、う〜ん・・・正直なところ、あんまり変わらないのでは? と思う。周りの人間にとってはどっちも同じ、迷惑な存在なんですね、アレ。今一度、肝に銘じる必要があると思います。
まぁ起こった後から言うのもナンですが、危険運転の常習者には証拠映像を撮っておいて警察に連絡>当事者を事前に勧告処分とか、何かしら手を打てたのでは無いか? いつも、考える訳ですよ。メーカーや行政もそろそろ手を打たないと、社会的にエラい事になるんじゃないですか? もちろん、我々一般ユーザーも、ですが。


さて・・先週末は相も変わらず、で近所の朝ポタ三昧。
最近特に思うのだが、世の中、低速でクルクルと走っているくらいでちょうど良いのでは? と、年代なりに思うようになってきました。自分で制御できないパワーを手に入れると、つぃ無茶をしたくなるのだが・・自転車はその辺り、公平な乗り物。決してオーバーパワーにはならないですし・・あ、DHとかは別ですけど。

10日ほど前、あの豪雨で溢れそうになった河川が心配で、ちょっと見に行っておりました。





河川敷自体はそれほど・・でして、いつもと変わらぬ様相だったんですが・・さすがに橋脚部分はご覧の通り。まだまだ完全に復活、とは行かないようです。
それにしても、橋脚周りのエグレ方が凄い・・・しっかり埋めておかないと、ボキッと逝きそうで怖いですな。ちゃんと修復、するんだろうな? ちょっと心配だ・・。

 とまぁ、橋の下は怖かったんですが・・河川敷の方は、と言うと(↓)



 オジさんも、魚釣ってるし。 いつもの平和な光景であります。
ただ、対岸の木々はエラい事になってます。いかに流れが凄かったか…って事ですね。



  ・・で、私も気分よくクルクルとライド。





花壇なんかは全滅状態でして、ちょっと残念でしたが・・あの決壊寸前だった映像とは無縁の、いつもの光景が。何となく、ですが安心して帰ってきましたよ。風も涼しくて秋の空も気持ちいい。ざっと35km程度ですが、気分よく帰って参りました・・とさ。


Posted at 2013/09/25 09:53:55 | コメント(2) | トラックバック(0) | ぼちぼちと自転車 | 趣味
2013年09月22日 イイね!

TREK Y33/久しぶりに昔のシルエットに戻る…の、巻。

先週末は台風のせいでエライ目に遭ったわけですが、今週末はなかなかの好天気。
このところ夜間モードで走ったりしていたんですが、さすがに今朝はピーカン天気で目が覚めた。そそくさと、予め用意してあったY33号で出発であります。

で、相変わらず大げさなタイトルなんですが(笑)・・いい加減ヤバい状態のスリック・タイヤを剥ぎとって、コレまた古いRITCHEYのSPEEDMAXへ換装しただけ・・ではあるんですよ〜(沈。
元々、KLEIN号に着けていたヤツですが、夏頃に別タイヤへ換装。自転車小屋の隅に転がっていたのだが、ふと思い立ってTREK号へ戻しました・・の、図。



一番最初・・という訳でも無いけど、かなり前の状態に。
しかしまぁ、細いロード・スリックから普通のMTBタイヤに変えただけで、こうもイメージが変わるとは・・・いつもながら、MTBは面白いですな。
もっとも、この位のサイズの方が安心感は増しますよ。何となく…ですが、あの細いロード・タイヤ、いつも走っていてパンクの不安が消えません。まぁ駄目な時は何やっても駄目ですが・・ちょっとした段差越えとか、やはりMTBタイヤは安心できますね。




相変わらず扇子・・いゃセンスのカケラもない、ハンドル周り。某オクでついでにポチったグリップなのだが・・掲載されていた画像ではもうちょっと深い色合いだったのに、届いてみると、春っぽいパステル・カラー(笑
ここは失敗ですね。大昔みたいにOGKのクリアー・タイプの方が、まだマシかも? その内、変えてみるつもりであります。メイン・フレーム横のアップル・ステッカーはご愛嬌、と言うことでひとつ。




昔使った、セライタリアのフライトはもぅ無いので(擦り切れて廃棄済み)、コレまた箱の中で眠っていたtheのXC汎用タイプへ・・・んが、やっぱり長距離向けでは無いですね。たった15km程度でお尻がジワ〜っと・・。ペダリングはしやすいのだが、やっぱり座面が狭すぎる。プチ・ポタリング程度ならイケますが、30km程度が限界かなぁ・・。




ブツブツ言いながらも、”ちょい乗り仕様” としては、そこそこ良い感じのTREK号。今は完全にオブジェ・バイクなので、この日もダート走行は無し(あちゃ…)。前サスの古いROCKSHOX JUDY SL は最初期型で、エラストマー樹脂からスプリングへ交換済み。
交換部品も無くてとっくの昔にダンパー機能も死んでいるし、単なる衝撃緩衝装置に成り下がってますが、一応の機能は果たしている(…ハズだ?

まぁ、細かい事はいいんですってば。年間で数回しか乗らねぇバイクですし・・(苦笑。


で、この日。コレまた久しぶりに、ペダルを戻してみました。



かなり古い、RITCHEYさんちのビンディング。確か、古いSPECIALIZED車に付いてきた・・と記憶してますが、はて? (覚えてない。もしかしたら、後輩にもらったかも?)
基本、シューズは(コレまたボロい)SHIMANOさんちのツーリング・タイプ。コッチもそろそろ・・なんですが(沈)、衣食住にはお金をかけない人なので無問題。(予算少ないのでs…)使えるうちは徹底的に使いますよ、えぇ・・。

数年ぶりにビンディングを嵌めてみたんですが・・体は覚えているもんですねぇ。坂登りはやはり楽だし、脱着に迷うことも無かった。クリートの方はSHIMANOさんのペダル/PD-M959で位置出しをしてあるので、微妙に位置がズレる・・仕方ないですが。

朝方は涼しかったのだが、やはり日が昇るとけっこう暑い・・。郊外では、そろそろ彼岸花の季節ですが、明日は河川敷まで脚を伸ばしてみるか・・・と。花、見られるかな?


Posted at 2013/09/22 13:18:04 | コメント(2) | トラックバック(0) | ぼちぼちと自転車 | 趣味
2013年09月20日 イイね!

ちょいと気になるニュースや番組あれこれ。

今朝は朝から蒸し暑いですな。
久しぶりに、午前中からエアコンON。空はもぅすっかり秋の様相を呈しておるんですが、まだまだムッとする日が続くようで。

相変わらず、映画ネタ以外はほとんど無いわけで(沈)仕方ないので ”どうでもイイよネタ” であります。

リニア中央新幹線計画発表
基本、自分は鉄ちゃんでも無いし、仕事で新幹線に乗る機会も無いんですが・・今朝、Webニュースを見ていたら面白い記事が目に入った。
以前よりリニア・ネタではあれこれ言われておるみたいですが、ほほ〜!なるほどなぁ…と、ちょっと共感を覚えた次第。超音速旅客機コンコルドの末路を重ねた経緯は少し強引な気がするけど(鳥や飛び石対策と言うのは解るが)時速500kmでほぼトンネルやコンクリの防音壁を見続けるというのは、かなりの苦痛なんじゃ? と思っていたわけですよ。
人が速さを感じる仕組みって、周りの景色を見たり、微妙な横Gを感じて体感出来ると思うんですが・・ず〜っとトンネル内の照明(コレまた高輝度のLEDなんでしょうな)を淡々と見るなんて、精神的におかしくなりそうで。ちょっと退廃的な近未来SF映画にでも出てきそうな光景だし、個人的には御免被りたいですね。(ま、乗らないでしょうけど)
結局、話題にはなるけど恩恵が少なそう・・で、腕に自信のある撮り鉄さんからも不満が出るのは必須。特別急ぎの用事がある人以外、喜んで乗る人は案外少なそうな気もします。

孤独のグルメ Season 3
リニアからいきなり、でアレなんですが(苦笑)毎週のお楽しみ番組でもあるわけで。
と言っても、Season 2までは見逃した回もあるんですが…Season 3もいよいよ来週で最終回。今週放送分の冒頭で、井の頭ゴローさんが初めてマイカーを運転していたのを見た。
アレ? この人、運転免許を持ってたのか・・!
ちょっと意外でしたけど・・。出てきたのが、なんと(↓)



確か)BMW 5シリーズのツーリング。あちゃあ、ゴローさん儲かってますがな! 実は、もうちょっと しがない雑貨商かと思っていた んですけどねぇ(すいません)。
そう言えば、昼飯に3千円以上も払ったり、けっこう豪華なネタを食する回もある。痩せの大食いでバカ食いする回もあるし、う〜んやっぱりこの人只者じゃあなかったか・・。

プラネテス(CS放送中)
コレまたちぃと古いアニメなんですが・・以前、某NHKで観たと思うのだが、途中で頓挫して見逃した分を再び。コッチも今週で最終回みたいですが、いゃあ〜なかなか奥が深い作品じゃないですか。
木星探査船/フォン・ブラウン号に絡む終盤戦、見逃して損したぜ! な気分。元デブリ屋のハチマキが新型船に搭乗するためにどんどん自分を追い込む様や、テロ組織とのし烈な闘争+先進国間の国際的な駆け引きなど、けっこう見応えがありますね。いやはや、ココまで深かったとは・・正直なところ、今の年代だとジブリ作品よりも見応えがあるなぁ。


宇宙戦艦ヤマト2199(地上波D放送中)
コレまた、そろそろ最終回っぽいですが(笑)まだ先があるんですかねぇ?
懐かしさも手伝って、ボチボチと観始めておったんですが・・全体的に ”カルい” のと、妙に女性搭乗員の◯◯シーンが目立つのは、う〜っむ・・。前半はけっこうよく出来ていると思ったし、あのドメル艦隊との死闘ではかなり盛り上がっていたのだが、ソレ以降は(?)マークが目立つ。特に、イスカンダルで古代守が死去した後だったのは、かなりの違和感。気が付くと、さっさとコスモ・リバース・システムとやらを受け取って退去…。
あれまぁ! 別に、”コスモ・クリーナーD”でも良かったのでは…? 旧世代人間としては、いささか物足りないラストですな、えぇ。(先があっても、見ないかも…。)


・・とこんな調子で、秋の夜長はマッタリと進んでおります。(意味不明)

【P.S.】
あ、そう言えば・・昨晩は中秋の名月でしたな。夜間、外に出たら見事な満月が・・もう少し雲にかかっていた方が、趣きがあったんですが。
もぅ月を狙える機材も無いので、昔撮った一枚をアップしておきました。タイミング良く、【プラネテス】観たのも何かの縁・・かもね?




Posted at 2013/09/20 10:32:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | ふと考えた、ある事。 | 日記

プロフィール

「あれれ・・急にアレが手元に・・(苦笑)どうして?」
何シテル?   10/27 23:16
sadayanです。汎用省エネ車の週末ドライバーですが、以後よろしくお願いします。2010年の夏、8年半乗った旧型MPVからDEMIOに入れ換え。あまり4輪には...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/9 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

お友達

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
趣味のMTBの熱も冷めてきて、それほど遠乗りもしなくなる・・気がした、2010年夏。実家 ...
その他 自転車 その他 自転車
現在、メインで使っているMTBの一台です。4年前(2009年)に手に入れたバイクですが、 ...
その他 自転車 その他 自転車
ここ7〜8年、メインで乗っているMTBです。今はRIZE 5と併用して、週末の河川敷+サ ...
その他 自転車 その他 自転車
(写真-上)KLEIN Attitude Race/1995年モデルでしょうね…たぶん( ...

過去のブログ

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.