• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

sadayanのブログ一覧

2014年02月27日 イイね!

頑張ったサム君にはご褒美が・・。《 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 》

 ソチ五輪も終わり、世間では寝不足も解消されて何より・・なんですが。

帰国した選手達がワイドショーの華になっていくのは恒例ではありますが、インタビューへの答えとして良く聞かれるのが、支えてくれたスタッフ~応援してくれた人達への”感謝の意”であります。
なんでもそうですが、一人でやることには限界があるわけで。特に、極限の世界で活躍するのであれば、常人では考えられないような努力が必要なはず。一人を送り出すために、いったいどれほどの人材が必要なのか・・凡人には解りかねる世界なんでしょうな、えぇ・・。


 もうすぐホビット主演の2作目が公開されるそうで。
少し前からCSTVでもやたらと3部作一気放送! とかやってまして。10年前にも観たはずだし、まぁイイっか・・いゃ、久しぶりに一気飲みするべ?(出来ないけど)で、頑張ってまとめて鑑賞! の、巻。(↓)


     《 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 /2003年公開 》

 

 いゃもちろん、今作の(一応の)主人公はフロド・バギンズなんでしょうけねぇ。ただ、彼だけではどうにもならなかった訳で、途中で命を落とした兵士なども含めると、膨大な数の犠牲の上に成り立っている物語ってことですな。
…なのだが、この手のファンタジー系は元々ダメでして、原作はおろか内容さえも知らなかった体たらく(恥)。初めて初回作を観た時も、あんまり感動も無くて ”ふ~ん…” で終わった記憶が・・(スイマセン)。
確かに壮大で最先端のCG(予算も)使いまくり、雄大なニュージーランドの大自然には感動したものの、まぁさすがはヘリウッド映画やなぁ・・で、ちゃんちゃん・・だったかな?

 んが、約10年ぶりに本作を含め3部作を観直したトコロ・・・おぉ、ナンという壮大なスケール+深い内容だったか。出演陣もエラく豪華な顔ぶれだし、今作のエンドで豪華な顔ぶれが一斉にホビット4人にかしずくシーンを観た日にゃあ、ああた・・・年甲斐もなく、感動してしまった次第であります。
3つ合わせて、ざっと560分。連続して9時間以上を取られるというのに、全くもって退屈しなかった・・のは、ちょっとした驚きでもありました。
原作は未読だし、観直した今でも何処の国で誰がどうこう・・はあんまり解っていないのだが(ダメじゃん)、何となく邪悪な指輪を処分するために世界中が動いた…というのは解る(…誰でも解りますな、えぇ)。
幾多の民族がこぞって指輪という魔力(権力の象徴)をめぐり、血で血を洗う闘争を繰り広げる・・のは、ぶっちゃけ人間の歴史そのものだし、あえてファンタジーの姿を借りなくても描かれた作品は多い。…んが、こういった有名な原作を通じて世界中に配信できるのも、映画の良い所だと思えた次第です。


 

 この二人の旅と取り巻きの戦士たちの対比と言う手法が、面白みを添える一因だったかと…。ホビット庄のエリート階級? っぽいフロド君は・・心が純粋で指輪の魔力に負けない(惑わされにくい)ってことなのかな? 伯父さんのビルボがずっと守ってきた指輪を受け継ぐわけなのだが、魔法使いのガンダルフや諸国の王家が持つと、強大な力に屈して魔界へまっしぐら・・って事で、彼に処分を任されたそうですが・・う~む、深いなぁ。K.ブランシェット扮するエルフ族のガラドリエル婦人でさえ、その魔力に打ち勝つにはそうとう抵抗しないと駄目だったみたいだし・・。

旅が進むに連れ、だんだんと指輪の持つ魔力に惹き込まれてゆくフロドではあるが、最後まで彼をサポートして道を正してあげたサム君にはエールを送りたいですな。まぁ彼が指輪の力に全く屈しなかったか? といえば、嘘になりそうですが(そういうシーンもあったし)、やはりこの偉業は彼なしでは成し得なかった訳で。ある意味、金メダル級のふんばりだったかと思いますよ。
…いゃ、メダルはこのさい問題では無かったか。帰国してホッと一息入れた後、彼にはかわいいワイフが、そして数年後には二人の愛すべき子供達が…。主人であるフロドがエルフ族と共に海の向こうへ渡ったのとは対照的なラスト・シーン。あのシーンを拝むための9時間だと思えば、じゅうぶん納得はできますねぇ。


それにしても、凄いキャスト陣でしたな。アラゴラン役のヴィゴ・モーテンセンははまり役だったし(カッコ良すぎ)、ガンダルフなんてイアン・マッケラン以外には考えられないキャスティング。その他、どの役どころをとっても全く違和感が感じられなかったのはやっぱりイイ。原作を読んでいないので、余計にそう感じるだけかもしれませんが・・Hollywoodの底力は凄いですわ、えぇ・・。


とまぁ、個人的には完全に好印象を持てるんですが・・・まぁ世間は広いですし、人によってはサッパリ駄目な方もいらっしゃるようで。特に、熱烈な原作ファンからは手厳しい話も聞こえるし、映画的にもどうよ? な評価もある。とは言え、3部作そろって4点以上というのもなかなか・・なんですけどね。

何と言っても、主人公含めて各人の魅力が最大限に生かされたので、☆4.4個。89点辺りが個人票でした。[101]

Posted at 2014/02/27 23:34:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | ”満足度80点以上”の映画 | 音楽/映画/テレビ
2014年02月23日 イイね!

もぅ2輪車に戻る事は無いが、気になるマシンが…《 Lotus/C-01 》

 早いもので、ソチ五輪も終わりであります。

先日のフィギュア・スケート/個人女子はなかなか見応えもあって、良い意味で五輪出場の意義や入賞・メダルの重みというモノを見せてもらった気がしますね。例によって、判定後のゴタゴタはいっそう激しさを増しておるようですが・・・まぁあの国とあの国のことですから、なんにつけ文句は多いのもご愛嬌って気もしますけど。(シラケますなぁ…えぇ)
それに引きかえ・・と言っちゃあナンですが、日本女子達の清々しさは、さすがだねぇ…と。各選手の皆さんには、胸を張って帰国してほしいと思えた次第。いゃたぶん、空港は大歓迎ムードになるんでしょうけどねぇ。


 さて、今週末も例によって公園ポタのみ。カメラの携行も面倒なので撮影はシカトしたんですが・・最近、ノラネコ達の数が増えてきたような。

  

 先週くらいからお目見えした、新入り? ノラ君。ガラケー写真なのでショボすぎる一枚ですが、以前は3匹しか見えなかったのだが・・・今日数えたら、5〜6匹は居る模様。
きれいに等間隔で寝そべっているので(笑)、やはり ”縄張り” ってあるんですな。時折、2匹がじゃれ合っている時もありますが・・どのネコもけっこうふっくらしていて、毛並みがよろしい。誰か餌付けしてるんだろうなぁ・・きっと。(微妙な気分だ…)


 とは、ま〜ったく関係無いのだが・・。

すでに我が家のMTB4台はすっかり終了しちゃいまして、ほとんどイジる所も無いんですが…。
以前、その内2台を手放してロード・レーサーを1台・・とか、考えておったわけですよ。が、なーんか面倒くさくなっちまって…いゃ、そうだ! 思い切って、オートバイにカムバックするのも、へっへっへ・・・とか。いささかヤバい考えも浮かんでいた訳ですよ。

前にお世話になっていた事務所の上司が、いわゆる ”カムバック組” でして。
子育ても落ち着き始めたことだし、なーんか趣味でもなぁ・・って事で、某オークションで約20年前の中古バイクを購入。嬉しさのあまり? 嬉々として事務所まで乗ってきた事もあったんですがねぇ。
もちろん、どう乗ろうが個人の勝手なんですが、聞くところによれば・・やっぱり、下手な中古バイクに手を出すべきではなかったみたいで。結局、2〜3回ほど遠乗り(…っても大阪→奈良県程度ですが)に行ったくらいで、ほとんど ガレージの肥やし だったらしい。
しかも、一人で走るのは寂しくて…と、長期の放置プレイ→エンジンがダメになり、挙句は完全なGARAKUTA状態。直すのも金がかかるし、車検費用や保険の継続で維持費もかさむ一方とか。今はどうなさっているのか分かりませんが、たぶん不動車のままではないかと。

これ、意外と多いケースじゃないかな? と思うんですよ。今の自分が乗ってもたぶん、同じ状態になる気もするし、近所にあるスポーツ・タイプのクルマとか見ても月1〜2回しか動いていない気がしますし、ね。
まぁ大人の趣味と言いますか、楽しみ方として週末の一時をサクッと楽しむのも解るのだが、それにしてはモッタイナイ使われ方をされているマシン達のなんと多いことか。(いゃ、自戒も込めて…なんですけど)

 なーんてブツクサ愚痴っていたトコロ。やっぱり本場の趣向品は違うよなぁ…で、感激したのが(↓)

 

 

 ロータス社のプロトタイプ、C-01がカッコ良い・・いゃ、良すぎる訳ですよ。

こういうのを見せられると、また国産品との文化の違いってヤツを痛切に感じる訳ですが・・まぁ価格帯が違うのは仕方ないとして、なーんで自国では出来ないのかなぁ…と。
やっぱり歴史が違うのか、そもそもマシンに求めるモノが違うのか? たぶん、ですが日本のモータリゼーションそのものがまだ成熟していないって事ではないかと思うのです。
確かに、W-GPで活躍する国産マシン群は凄いし、どのメーカーも素晴らしい技術を誇っているのだが・・ぶっちゃけ、一般ライダーにアレは必要無いわけで。イメージだけで流行ったレプリカ・ブームがどんな結末になったのかは、当のメーカーが一番よく分かっているはずなんですが、ねぇ。

 

スペック的には物凄いみたいですが、どう見ても山道でヒザを擦るタイプでは無さそう…。
かと言って ”直線番長” って感じでもないし、半キャップのヘルメットにゴーグル+黒い革ジャンに身を包んだ初老の紳士がさっそうと乗りこなすのが似合っているような。
晴れた週末のひととき>朝早く好きな場所へフラリと出かけるとか、馴染みのカフェに乗り付けて、一服しながら停めた愛車を眺める…みたいな(オッシャレ〜! ですなぁ)。
オトナの楽しみ方と言うモノを良く分かっているよなぁ・・とか、オシャレに全く縁のない自分でもウットリしそうな出来栄えであります。

 

 

 もぅ、どこから見ても完璧過ぎる。他国の資本が蹂躙する英国の自動車産業だけど、そのジョンブル魂は健在みたいで。ちょっと…いゃ、かなり羨ましい限りであります。
(田宮模型から1/12シリーズ、出ないかな…?)


Posted at 2014/02/23 11:30:13 | コメント(2) | トラックバック(0) | ちょっとだけクルマ | 日記
2014年02月20日 イイね!

期待はずれだが、監督の描きたいことは理解できる。《 エリジウム 》


 実写版《パトレイバー》の製作も順調だとか、そう言えばあのハリウッド版《 AKIRA 》もいよいよ製作開始? な情報も、ちらほらと・・まぁ、あまり期待せずに待っていたいと思いますけども・・どうなんでしょうね。

 さて。例によって、ケーブルのオンデマンドで選んだのだが・・。
ホントは《 オブリビオン 》を観たかったのだが、いつの間にやら期間終了になっていたので(沈)仕方なく? コッチで我慢。(↓)


           《 エリジウム/2013年公開 》

  

 久しぶりに J.フォスター女史 のお姿も見たかったし、あの《第9地区》のN.ブロムカンプ監督作品ってことで、ちょっと期待値も上がって鑑賞してみたんですが・・。
事前の予習通り、やっぱりあの路線は変わらず・・って感じでしたね。いゃ別に、テーマとしては悪く無いですし、あのリアルな映像世界がいっそうパワーアップされていて、楽しめたとは思うのだが・・いかんせん最初から最後まで、けっこうツッコミどころが多い。

舞台設定が2154年のロスって話ですが、え~? 今から140年近くも経って、まだこんな状態なのかよ? と。そりゃあ近年の格差社会が進めば、(アメリカの主要都市といえど)こんな街並みになってもおかしくは無いのだが・・それにしては、ちょっとばかり ”やり過ぎ感” は否めないかも。

この手の近未来SFに求めるのはやはり実現しそうなリアルさだと思うのだが、
(前作同様の ”グロ・シーン” はさておき)その点でもアレレ? な部分が・・。


  


   なぜか? 140年後もGT-Rが・・・(苦笑。もったいない…)


しかも、ご丁寧にマッドマックス仕様。まだガソリンで動いているのかどうか? ちょっと気になったのだが…まぁソッチは良いとして、使っていた武器もけっこう骨董品が並ぶ。
悪役の工作員/クルーガーの使うSF忍者っぽい小道具は面白かったのだが、それにしてもあんまり進化してねぇなぁ・・・が、正直なところであります。
前作の《第9地区》ではエビ星人に変化しちゃったコプリーさん(↓)。前回のイメージがあるのでどうかな? だったのだが、今作では一転、腕利きの地上応援部隊で頑張ってましたねぇ。けっこうハデなアクションもこなしていたし、M.デイモン君を殴って蹴って切り捨てて? の、大活躍。パワード・スーツ(エクソ・スーツだっけ?)姿も似合っているし、キレ具合もなかなかサマになってましたよ。

  


 で、掃き溜めのような地上に対するエリジウム/宇宙ステーションなのだが・・。
”天空の楽園” にしては、かなり無機質で面白みのない設定。リッチな富裕層ばかりって話でしたが、それにしては空き物件も多くて住人の少ないことが、かえって不自然だった。幹部連中の描き方はいつも通りだったし、日課のオシャレなパーティ・シーンでいかにも◯◯・・なセレブ達もおなじみの感じ。
映像的にはあの ”ガン◯ム” のスペース・コロニーっぽいし、なかなかリアルで良かったとは思いますが・・しかし、改めて観せられると ”意外とツマンナイ描き方” だったよなぁ・・と思った。(お金かけた割には…って事ですが)

まぁこの辺は本編のストーリーを明確にするという伏線? なのかな。


  

 さすがにアップカットになると、それなりにお年を召されたなぁ・・(失礼!)の、J.フォスター女史。…とは言え、やっぱりこういった役柄だとお似合いになりますな。今作では楽園を守るデラコート防衛長官役でしたが・・メイキングで裏話とか観たら、長い俳優業でも 初めて殺される側の役柄 だったとか…(笑)。

それにしても、”楽園”の割にはセキュリティが甘いし、各家庭にある医療再生機が統治ビル内部にはあまり見当たらないのも不自然な感じ。官僚のわりにSPもついていないし、アレさえすんなり見つかれば、デラコート長官もあっさり生き返ったのでは? と思うのだが…。
手榴弾で頭を吹き飛ばされたクルーガーさえ生き返ったんだし、ちょっとくらい時間が経ってもオッケーだったのでは・・。 いゃソレで行けば、最初にM.デイモンが襲撃した際に胸を撃たれて死んだカーライル社長なんて、速攻で生き返ったんじゃないか? とか、何となく(?)の連鎖反応が多かったような気がしますね。アレコレと新手のガジェットは面白かったのだが、何となくその場の成り行きで・・なシーンも多かったような。


南ア出身のブロムカンプ監督なので、差別や格差社会に対するビジョンはお持ちだと思うし、ソレを映像化して世に出すのも誠に結構だと思う。たぶん、作品化にあたっては周りの雑音や制約も多かったとは思うのですが・・主役のデイモン君が個人的な理由で頑張る⇒いつしか、虐げられた人達の救世主になる…のも、どこかで観たような設定でちょっと残念。
上映時間が短いのと、あまりヒネリも無いので観やすいとは思うのだが、もう一段階登ってもらえたら・・と、感じた次第。

やはり、この手の路線は2~3作辺りが限界かも。次の作品を期待して☆3.1個。61点辺りが個人票であります。[100]

Posted at 2014/02/20 16:09:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | もう一度、観直したい映画 | 音楽/映画/テレビ
2014年02月18日 イイね!

ちょっと微妙な買い物だった。《 JVC/HA-WD100 ワイヤレスヘッドフォン 》

 ソチ五輪もたけなわであります。

さすがに毎晩の深夜生放送は辛いモノがあるので(苦笑)、朝方のニュースでお茶を濁す毎日ではありますが・・やはり、昨晩のラージヒルは盛り上がりましたな。もしかして、金? な期待もあったのだが、表彰台に登る各選手達を見ていると、メダルの色はもぅいいか…な、気分。
ああいった ”やりきった感” は、何度見ても清々しい思いですよね。


 で、もしかしたら深夜応援? も視野に入れて、先週初めに届いていたブツが(↓)




JVC製の-ワイヤレスヘッドフォン、HA-WD100をゲットしたんですが。コレが、ちょっと うむむ〜・・? な、買い物だった。(沈

コレまでは ”映画専用” と言いますか、午後9時以降にTV用のスピーカーをボンボン鳴らすのもなぁ…って事で、安いコード式ヘッドフォンを使っていたわけですよ。
まぁ某ソニーの汎用廉価タイプってこともあり、パッドが小さくて中途半端な遮音性だし、何よりコードそのものがが邪魔になってきたわけでして。元々、音量も上げないし(うるさいのはキライ…)、映画鑑賞もアクション系ドンパチ〜!はそれほど・・ではあった訳で。
現在使用中の小さなBOSE製の汎用外部スピーカーで事足りていたわけですし、寝る前の2時間ほどを快適に使えたらオッケー!・・って事で、コイツに決定。毎度の楽天ショップで物色してみたんですが・・。




 さすがにJoshin経由だと、梱包も手慣れて良い感じ。近くからの出荷だったので、積雪による遅れもなく次の日の午後には受け取り完了。ここまではいつもどおりで、ネットショッピングの恩恵に預かったわけですね。

 で、さっそくTVに繋いでセッティング。…んが、ちょっと微妙な買い物だったかも。

まだ1週間ほどしか使っていないのだが、う〜む? 製品レビューでもなかなか高評価だったし、わりと期待を込めたブツだったのだが・・・まぁ購入価格帯が数千円だと、このレベルなんだろうな・・って事ですかね。(近くの量販店で7〜8千円位)

どこかでノイズを拾っている可能性もあるし、まだまだエージング自体もこれからなのだが・・何かの拍子で音量が上下するし、左右の定置感? が微妙にずれる時があるんですよ。またTV直結なので音量自体が小さい…のもあるんですが、もうちょっと中〜低音が出ても良かったかな? と。

外部スピーカー端子から引いても音量は変わらないので(そりゃあ、ワイヤレスだもんねぇ)諦めるしか無さそうです。確かにコードレスは快適だし、パッドの装着感も悪くはない。長めの映画(ざっと3時間モノ)だとイラッと来ることもありそうですが、2時間程度なら無問題。遮音性も優れているし(以前に比べれば)、スタンド置きで勝手に充電してくれるのは至って便利であります。今後、置き場所などを変えたら音切れも治りそうな気がするし(ほんのチョットなんですが…惜しいな)。

まぁ1万円以上も出してコレだと、けっこうムカつくと思うんですが・・数千円ちょいと考えれば、まぁまぁコスパは良いのか・・・な? 正直、オススメ品とまではいきませんが、しばらくはコレで楽しんでみたいですね、えぇ・・。


Posted at 2014/02/18 13:45:41 | コメント(2) | トラックバック(0) | 最近、ハマってます。 | 趣味
2014年02月14日 イイね!

大変な週末になりそうな・・。

 全国的に、荒れ模様との予報でしたが・・。


 今朝、ゴミ出しで玄関を出たら(↓)




    微妙に積もってるし・・。


 思わずMTBでこぎ出すか? と、一瞬考えたのだが・・・。

 けっこう横殴りの雪で、断念した。


 で、部屋に戻ってベランダから見ると(↓)




 全車、ホワイト・カラー。(笑。 なんか美味しそう…)




 ツートン・カラーのJukeとか・・。




 結局、2時間たっても降り止まず・・いゃ、どんどん積もってゆく・・。

 今日は大変な一日になりそうであります。 皆様、お気をつけて。





Posted at 2014/02/14 08:00:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | 一服の写真とか。 | 日記

プロフィール

「あれれ・・急にアレが手元に・・(苦笑)どうして?」
何シテル?   10/27 23:16
sadayanです。汎用省エネ車の週末ドライバーですが、以後よろしくお願いします。2010年の夏、8年半乗った旧型MPVからDEMIOに入れ換え。あまり4輪には...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/2 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 

お友達

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
趣味のMTBの熱も冷めてきて、それほど遠乗りもしなくなる・・気がした、2010年夏。実家 ...
その他 自転車 その他 自転車
現在、メインで使っているMTBの一台です。4年前(2009年)に手に入れたバイクですが、 ...
その他 自転車 その他 自転車
ここ7〜8年、メインで乗っているMTBです。今はRIZE 5と併用して、週末の河川敷+サ ...
その他 自転車 その他 自転車
(写真-上)KLEIN Attitude Race/1995年モデルでしょうね…たぶん( ...

過去のブログ

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.