• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

sadayanのブログ一覧

2015年08月29日 イイね!

懲りずにまたPHILIPSのシェーバーを購入して…の、巻。

 う〜っむ…このトコロ、星回りが良く無かったのか・・?

相変わらずクルマ・ネタも無いのですが、ざっと1年半前に(嬉々として)グチった電気かみそりのネタ。(…の、後日談)


先々週のこと。

いつものように朝、出る前にいそいそと髭剃りを…と、思ったら…。
愛用中のPHILIPS-RQ 1151の表示がおかしい事に気が付いた。
3ついっぺんに点滅して、回るには回るが点滅の表示が消えないまま。はて? とは思ったけど、まぁ動くし単なる誤表示かも? と、そのまま充電台に置いて外出。

帰宅後、消えていたので一安心。ま、誤表示だったのね〜っと完全にシカトしたのだが・・コレが、まずかったみたいで。(⇒たぶん、【充電不可】のサインだったかと)

2〜3日後。改めて見ると、使用後に充電台に置いても【充電中】の表示が出ない。
アレレ〜? と、遅まきながら機能不全に気が付いた…と言うわけですよ。

このRQ 1151。当時、半値近くで楽天ショップより購入。
(一応)ハイエンド・クラスだし、センソタッチは肌にも優しく…と、この1年半は嬉々として使っておったのですが…ただ、アウトレット品らしく説明書も保証書も無し。もしかしたら、店頭のデモ機? だった可能性も…。
(後悔、先に…ですな。道理で安かったハズだわ…。)

…とは言え。わずか1年半でオシャカになってもらっては困るので、メーカー・サイトから資料をDLすっかぁ…んが、コレまた困った事に。
10ヶ国語以上でまとめられた、PDFファイルの総数が300ページ以上(泣)
しかも、日本語表記が無い(爆死)。英語表記のページを出して、簡易翻訳ソフトで見ても、的を得ず…で、諦めた。

かなりガッカリしたのだが、ここは1つ普段の仕事の延長で…と、バラシにかかるのです(笑。分解は得意です…が、組立は苦手)

 

今回も業務用のトルクス・ドライバーが役に立って…の、図。
初めての構造物なのでけっこう慎重にバラしたのが(↑)であります。
(パーツは洗浄後です。実は、ジェルや何やでドロドロ…うぇ〜!)

なぁるほど・・さすがにハイエンド機。内部構造や部品の総数もなかなか凄い。手が込んだ構造だったし、それなりにカネもかかってますなァ〜!

 ・・と感心していても前に進まないので、原因究明をば。

 

 

徐々に核心部へ迫ってはいたのだが・・なにぶん、電気系はシロートなので(沈。

はてさて・・どーこが悪いんだろ? と、しげしげと眺めていたら(↓)

 

 え〜と・・どうやら、ココが鬼門だったみたいで。

このシリーズ。充電台の両端に電気接点があるんですが、そこにタッチする端子(の金属板)が腐食して、抜け落ちていた感じですネ。銅の合金板っぽくて、まわりが緑青みたいになっていました。

…てか、なーんで腐食するんだよ? と、いささか疑問符も。
しかも、片側だけ。ひょっとして、最初からヤバかった?…今となっては、解りません。

技術系の人や手先が器用な人なら、ちょちょいと加工して再生しちゃいそうですが、さすがにそこまでは無理ですわ…。わりと複雑な形状でもあるし、何よりショートでもしたら、ビビビ〜! で困るし(苦笑。


 んで、さぁて・・サブ機のパナ製もあるのだが、アレはちょっと肌にヒリヒリ来るし、キワゾリ以外は使いたくない。大昔使っていたモデル(=PHILIPS製)を出してみたトコロ、充電は無理だが何とか使えそう。
…んが、すでに11年以上だし。ここは1つドイツ製のブラウンとか(ニヤ。


 

 なーーんて。結局、またしてもPHILIPS製のPower Touchシリーズ/PT725Aをチョイス。(またかよ…ブツブツ…)

早速、価格ドットコム等でユーザー・レビューをチェックして、量販店で実物を見る。
おぉ〜! エントリーモデルらしく、さすがにチープ感は素晴らしいのだが(笑)使用感はなかなかエエ感じ! …ってことで決定。

当然ながら、近所の量販店は5000円越えだったので、某オクで探すと…3500円程度で発見。まぁこれなら…と、間際で入札〜落札の運び。

家電もとうぜん、消耗品ではありますが…しかし、定価で2万円近いブツが2年も持たずにあっさりアウトとは・・。
自分の使い方が悪かったせいもあるけど、ちょいと納得できない買い物だったな。デザインも良いし、使い心地も最高! だったのだが・・む〜。

まぁ人によりけりですが、この手の家電は2〜3年で消耗品/と考えるのが妥当かも。
こりゃ、替刃を買う前に買い替えかもなぁ…(たぶん)。

Posted at 2015/08/29 11:07:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 最近、ハマってます。 | 日記
2015年08月22日 イイね!

(今さらですが)新型ロードスター、なかなかイイみたいで…。

やれやれ・・暑さのピークは落ち着いたものの、今朝もポタってみたら…。
湿度が異常に高いみたいで、涼しいわりには汗がボタボタ…まさに、ボタリングでしたな(=オヤジギャグっすねぇ…)。

盆明けのデータ納品が終わって、ちょっと一息…なハズが…。
いきなり仕様変更がかかり、1/3ほどが手直し。昨今の家電製品には設計変更なんてほとんど無いのに、嗚呼…油断したら、コレだもんなぁ・・。

最近は自転車もカメラもあまり食指が伸びず…で、とうぜん自動車も。
…とは言え、先月の終わりにデミオ号の車検が上がり、いそいそとディーラーさんへ受け取りに寄って来まして…。遅まきながら、久しぶりに各新型車なぞを下見だけ。

 

…まぁ、アレですね。馴染みの営業さんがいた頃は、率先して試乗車を回してくれたり、ささっとカタログを包んでくれたり(笑)他愛もない世間話で2時間以上も遊んで来たって言うのに…なァ。
受け取りに行ったのが夕方5時半過ぎでもあって、カード払いの手続きや何やらで、結局40分ほどでチェック・アウト。冷珈琲だけ飲んで、帰ってきましたよ…(泣)。

  …で、いくらなんでも手ブラ帰りは情けないので、

   『親戚がちょっと検討したいとか…。』

 な〜んてウソこいて、カタログだけもらって来たのだ。(↑)

せっかくだし、ササッと内外装のチェックのみですけど(2台とも試乗もせず)。昨今は街中でも良く見かける新型デミオ号>いゃ〜、さすがに内装の進化は凄い! 店頭に置いてあったのは上級車のXDだったか…う〜ん、ホワイトのレザーシートっていいですネ。車格が2ランクくらい上がったような(ウチの旧型と比べて…ですけど)。

CX-3>言わずもがな、デミオの兄貴分みたいな感じでしたが…コレまた、エエ感じで。実のトコロ、真横から見ると曲線が2本交じる外装デザインがイマイチ…だと感じていたんですが。
ジックリと見ると、う〜ん! コレも目に馴染むとカッコええ〜じゃないですか…。
両車ともヒップまわりの”締め方”が好みでして、なかなかのボディコンでしたなァ(苦笑。

 

 …で。完全にシカト状態だった、新型ロードスター。
まぁ滅多に寄ることも無いし、一応後学のために…と(意味不明)ちょっとだけ、見せてもらいましたよ。
…あ、当然試乗はせず。・・てか、私が見ていた時点で2人、試乗希望者がいたそうで。
担当者に説明を受けていると、30代(かな?)のオニーサンがいそいそと乗り込み、嬉しそうに出かけて行きました…とさ。

コッチはもぅ完全に外観だけだったのだが、アレレ〜? 近所の店頭に置いてあるヤツよか、ず〜っとカッコ良かった気がするな…。

 

 (注:写真はお借りしました。m(__)m)

 あぁ、そういうことか・・。
2ヶ所あるご近所ディーラーの試乗車は赤/黒の2台。今回、間近で見せてもらったのは(↑)のホワイト。もしくは、新色のセラミック系シルバー? だった。
赤や黒系はちょっと迫力不足…と言いますか、まぁ見慣れすぎていて新鮮味が無かった感じでして。夕暮れが近かったのも幸いしたのか、白系でもボディのうねりやエッジがクッキリしていて、意外とカッコ良かったですよ(赤/黒オーナー様、ゴメン!)。

それにしても、小さいなァ・・。車高が低いせいもありますけど、NC型から一気に小さくなりましたよね。試乗車はATでしたけど、アレだったら6速マニュアルかなぁ…? ゴーカートみたいで、楽しそうですねぇ…ハィ。
パッと見には古典的なラインなので、個人的には新鮮味が薄かったんですが…なぁるほど。間近で見ると、なかなか凝ったラインでしたな。いゃー、ネットなんかの写真で見た時はちょいと拍子抜けだったんですが、さすがにmazdaさんの肝いりだわ・・。

と、まぁ個人的には好印象でしたが・・やっぱり台数的には出ないんだろうなぁ。過去3世代車もそれなりにヒットはしたろうけど、このご時世。同じ価格帯だと、CX-3に行く人も多いんじゃなかろうか? 2座のオープンカーだと、ホントに好きな人しかチョイスしないでしょうし、家族絡みとなると・・なかなか、ね。

新型デミオやCX-3なんかはすでに街中でもチラホラ見かけるのだが、さすがにロードスターは・・まだ一台も出会って無いですね。
早朝、初老の紳士がさっそうと運転するオープン状態のロードスターに会ったら、何となく霊験あらたかな気分になるかも…ねェ。

Posted at 2015/08/22 11:57:09 | コメント(2) | トラックバック(0) | ちょっとだけクルマ | クルマ
2015年08月09日 イイね!

偉大なり。スピルバーグ教授の未来予想図ー《 ジュラシック・パーク/旧三部作 》

まぁ本来であれば、新作(4作目)の《ジュラシック・ワールド》でもグチってみたいのですが…。
何度も書いてますが)劇場での大音響・鑑賞がもぅシンドくなっておりまして、ここ2~3年は完全にシャットアウト状態。特に、暑苦しいこの季節・・ちょいと涼むつもりで入ったところで、余計に頭が痛くなって出ること必至なわけですよ。情けないですけど…ね。


今夏の目玉って事で、CS/地上波でも新作の番宣を兼ねて、旧作を流しているみたいで。もぅ何度も鑑賞してはいるものの…TV点けると嗚呼・・やっぱり観ちゃったぜぇ!
…の三部作でグタグタ~っと一丁・・いゃ三丁ほど。(↓)


        《 ジュラシック・パーク/1993年公開 》

 

つくづく、S.スピルバーグ監督はアイデアマンと言うのか、先見の明があるのか…もしかしたら、宇宙人なのか。
数々のヒット作を生み出した功績は素晴らしいと思うし、まぁ時にはちょいとハズレた作品もあるにはあるけど・・ただ、J.ルーカス監督との二強時代も含め、この人が居なければ映画業界は寂しかったかもねぇ? と思う訳ですよ。

本作の公開当時は私もまだ若かったので(笑)出張先の取材が早く終わったついでに、後輩と地元の映画館に寄って鑑賞。実のトコロ、あまり興味は無かったのだが…ぜひ! と誘われて観たわけですが・・。
うへぇ~! まさか、このような映像が堪能できるとは・・。
当時、どエラく感動しちゃった作品でもありますね。確かに、今見るといささか雑な部分はありますが、何と言っても20年以上も前に公開された作品だと思えば、このクォリティは凄い! 凄すぎますなァ。



グラント博士(サム・ニール)もはまり役だったし、孤島の草原で最初に遭遇するブラキオサウルスの登場シーンは今見ても鳥肌モノですよ。
そりゃあ〜アレから時間も経ってますし、今ではドキュメンタリー番組だってもっと凄いCG恐竜が拝める時代であります。
…なのだが、(個人的には)映画館のスクリーンにブラキオサウルスの2足立ちシーンが出たあの瞬間、『あぁこりゃあ~、コレまでの映画とは全く違う次元に入ったんだなァ…。』と、思いましたよ。
(↑)T-REXはやはり人気もあるし、その登場シーンも不気味で良かったのだが…。
ぶっちゃけ、大体の予想通りの展開になっていた…のもあって、やはり冒頭のインパクトは越えられなかったと思います。

…とは言え、あのど迫力。単にCG化しただけではなかなか、ですよねぇ。
ずいぶん前に、CSで今作の製作秘話っぽい番組を観たんですが…。 監督の構想当時はまだ映像化の技術が無かったので、これまで通りクレイ・モデルの駒撮りで進める予定…だったのだが、コンピューター内での3D技術が開発されて、ようやくイメージを映像化出来る目処がついた。
で、クレイモデルの製作スタッフがクビを覚悟していたトコロ・・。恐竜の動きを正確に出すために、アドバイザーとして雇い直す…>といった内容だったかな?
まぁ後日談としては良い話だし、ちょっと創っている部分もあるかもしれないけど…ね。
当の本人が語っている事だし、その後も側近の一人として活躍しているようで。常に最先端の映像技術を求める一方、熟練したスタッフへの信頼も寄せていた…と言うオチとしては、イイ話ですよねぇ。


毎度のごとく、子役に凝るのも監督さんの趣向通りなんですが…。
今作での子役=ハモンド氏の孫達2人が、ウマい立ち回りでしたな。T-REXに襲われるシーンもしかり>わざわざアイツを呼び寄せたり、怒らせたり・・で、見ているコッチもドキドキ・・いゃ、イライラしっぱなし(苦笑。
最初観た時はそれほど腹も立たなかったのだが、数回観ると、ちぃ~っと腹立つよねぇ。いゃはゃ、ウマい演出ですわい!

まぁシビアに考えると…。いくら純粋な動機があったとしても、遺伝子操作で恐竜を創って見せること自体が不純極まりない訳だし、カネが絡むと当然、バカなプログラマー(ネドリ-だったっけ?)も出てくるし。メタボ体型の役者を出す辺り、ちょっと監督さんの悪趣味も見え隠れはするものの、わかり易さと言う点ではウマいキャスティングではありましたが・・。

たぶん、10年後に観ても楽しめそうなので、☆4.5個。89点辺りで個人票かな。 [126]



     《 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク/1997年公開 》

 


だいたい1作目がヒットすると、柳の下何とやら・・で、しくじるパターンは多いようですが。
単作で観るとなかなか面白かった…とは思うものの、やはり初代作の偉大さが仇となり・・で、けっこう叩かれた今作品であります。

ちょっと前に、メリケンの歯医者さんがアフリカのパークで人気者のライオンを射殺して、エラい騒ぎになっていましたよねぇ。
(弓矢で倒せずに、最後は銃で射殺した…とか。ヒドいことするよね…。)
今作がそれほど評価されなかった理由はアレコレあれど、やはり人間のエゴ…というか、メリケンのエゴみたいなモノがそこかしこに見受けられたせいかも…と、思えた次第。
父親の跡を継いだハモンド2世はやっぱり同じ過ち…いゃ、もっと悪どい過ちをしでかして最後は…だし、獲物がデカいほど燃えてくるエイハブ船長みたいなハンター(ピート・ポスルスウェイト)なんて、さっきの歯医者ハンターとダブりまくり、ですな。まぁ冒頭で紳士っぽい部分は見せておりますが、やはり銃使い+猛獣狩りが生きがいで…というのは、ちょっと。
まぁメリケンのみならず、どこの国でもああいった勘違い君は居るもんですが・・たとえ映画とは解っていても、観ていて決して気持ちのよい行動ではないですね、えぇ…。


 

初代作ではあまり活躍出来なかったのか? 今作では頑張っていたマルコム博士(J.ゴールドプラム)もけっこう良かったと思うのだが…。
個人的には、恋人役のサラがちょっとしたサプライズ。…てか、今作以降の出演作だともっとスリムになられていたので、ちょいと気が付かなかったジュリアン・ムーア女史に驚いたんですけどね。この頃は少しふっくらなさっていたんですな・・と。
(映画とぜんぜん関係無いけど…スイマセン!)

孤島の方は一大狩猟パークに、そしてサンディエゴにはT-REX親子の見世物小屋を・・と、まさに現代の卑しい拝金主義がたっぷり盛り込まれておりましたな。(だったら、動物園や水族館はどうよ? にもなりかねないのだが…)

オマケに、狩る側と守る側の主義主張もメリケンっぽくて困る。まぁハリウッド製ですから、最後はアメリカ正義の押し売りっぽくなるのは仕方が無いとしても、さすがにスピルバーグ監督でも御せない部分ではあったのかなァ…と。
本土上陸後に暴れまわるT-REXで収支決算したかったのかもしれませんが、最後は普通の怪獣映画風になったのは誤算だったかも…。案の定、低評価は避けられない一因だったか。

4年間の歳月で映像技術も進み、更に古代生物の研究自体も進んでいるので、恐竜の造形も微妙に進化しているそうな。映画と共に、そういった部分を観られるのはイイんですが・・いかんせん、ハモンド2世やサラ=J・ムーア女史の行動にいささか疑問符が?…で、☆3.3個。66点辺りが個人票。しつこいですが、”娯楽作” としては楽しめましたけど…ね。 [127]



       《 ジュラシック・パーク 3 /2001年公開 》

 

ちょいと2作目が低迷しちゃった>反省! って事で、グラント博士の再登場で起死回生をば…(苦笑。4年ごとに1作品って…オリンピック映画か?)

ざっとレビューも拝見してみたものの、やはり厳し目のご意見は多いですなァ。
まぁ考えるに、初代作はそれほど衝撃的だったわけで…。進化した映像技術やデカい恐竜を出してはみても、なかなか1作目のハードルは高かった…ということでしょうか。

まぁストーリー的には大方の仰る通りで、3作目にして原点回帰路線は良かったと思う。
尺も短めだし、冒頭でさっさとスピノサウルスを出して喝っ! を入れたのも良かったですね。実際に戦うとどうなるか? は、解りませんが、映画的には程良いスパイスが効いていたと思いますよ。

 

…で、1作目で(ちょっと)イライラさせられた子役たちの代わりに、今回は失踪した子供を探す両親>特に、”猛獣達” の中でわめき散らす母親=アマンダ(ティア・レオーニ)が、なかなか・・(イラッ)。子を思う親の心境・・と言うにはあまりにもイラつくのだが、まぁ監督さんはこの路線が好きみたいで。(もっとも、監督はジョー・ジョンストンに代わってますが…当然、”総指揮”でスピルバーグ氏も入ったんだろうなァ)


 

続編が出るたびに映像の進化もさることながら、さて・・次はどの恐竜を出すのか?
◯◯◯ザウルス・ファンでなくとも気になるんですが、今作のデカい(↑)も良かったけど、個人的には翼竜=プテラノドン系がバンバン出てくれてラッキー!だったかと(笑。
当然、滑空シーンでの逃亡劇も楽しめたし、霧の立ち込める中をヨチヨチ歩いて来る姿も、オォ・・な~んかリアルだし? と、けっこう楽しめた作品ではあります。こういったシーンは、なかなか博物館ではお目にかかれないので…ちょっと嬉しいかも。


…とまぁ、この路線で続編を量産し過ぎるのもナンですけど…ね。最新の映像技術・実際の研究成果も併せながら、また凄い恐竜を堪能できるのも本シリーズの良いところで・・・
な~んてノンビリと構えていたら、最新作ではついにハイブリッド恐竜を創ってしもぅたらしく・・。(オィオィ…)
3作通じて訴えている部分=好奇心や技術の進化に伴い、モラルも進化させる必要があると言うこと。…にも関わらず、ついに行き着く所まで逝っちゃったんですなァ。
嗚呼・・ったく、な〜んてことするんだよ。レビュー自体はけっこう高評価だし、まぁ初代作越えは無理としても、観たら観たでまたドキドキ・ハラハラなんだろうなぁ・・。

今作自体は☆3.6個。72点辺りが個人票でしたが…。
まぁ2~3作目はちょっと…ですけど、S監督さんの功績はじゅうぶん素晴らしいと思うので。今回はソッチに80点以上! かな。 [128]




Posted at 2015/08/09 00:47:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | ”満足度80点以上”の映画 | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「あれれ・・急にアレが手元に・・(苦笑)どうして?」
何シテル?   10/27 23:16
sadayanです。汎用省エネ車の週末ドライバーですが、以後よろしくお願いします。2010年の夏、8年半乗った旧型MPVからDEMIOに入れ換え。あまり4輪には...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/8 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

お友達

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
趣味のMTBの熱も冷めてきて、それほど遠乗りもしなくなる・・気がした、2010年夏。実家 ...
その他 自転車 その他 自転車
現在、メインで使っているMTBの一台です。4年前(2009年)に手に入れたバイクですが、 ...
その他 自転車 その他 自転車
ここ7〜8年、メインで乗っているMTBです。今はRIZE 5と併用して、週末の河川敷+サ ...
その他 自転車 その他 自転車
(写真-上)KLEIN Attitude Race/1995年モデルでしょうね…たぶん( ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.