• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

sadayanのブログ一覧

2016年08月31日 イイね!

リブート/仕切り直しは良かったが、そもそも…。《 MAN OF STEEL 》

 月2回の更新パターンな管理人です・・こんにちは。


台風10号はすでに本州を抜けて、熱帯性低気圧に変わったそうで。
もろに縦断した関東~東北地方の方々は大変でしたが、
今年も自然災害には気を付けねばならないようですね。

…で。こう書くとお叱りを受けそうですが、台風の影響か?
ここ2~3日の関西は涼しくて、週明けは日中でもエアコン無しで過ごせるほど。いゃ~、先月〜今月の電気代はけっこう凄かったので(沈)ちょっと秋のそよ風が嬉しくて…んが、今週末はまた熱波到来だそうで(泣)。

ま、コレばかりはどうしようも。
できれば、(↓)のような、鋼鉄の肉体/精神があればねぇ…。


       《 マン・オブ・スティール (2013年公開) 》

 

以前、一度地デジで放送してくれたけど、CSではノーカットで観直しが出来たので再度挑戦。カット部分も含め、もう一度…いゃ、二度観直すとアレコレと分かった事もあり…で、またしても暇つぶしの映画レビューであります。
毎度の事ながら、鑑賞後にレビューのおさらいを…が、意外と辛口評もあったりしますね。
なるほどねぇ、そういった観方もあるかもね? と、いつもながら個人の受け取り方は違うもんですなァ。

そうですねぇ…Yahoo! 映画の評価点=この3.4点前後もしごく納得かな?
映像美やスローモーにこだわるザック・スナイダー監督だし、第2シーズンのバットマン3部作を手がけたC.ノーラン氏も製作側で参加…とくれば、
まぁ~そんなにヒドくはなかろう? と、いさんで鑑賞をば。

なんせ、このシリーズ。本国では誕生してすでに3/4世紀に至るわけで、初期の(あの恥ずかしい…)コスプレは個人的に馴染めなかったし(苦笑)あまり先入観無しで観られたんですが。
先の《S/リターンズ》でもまだ赤いパンツ履いてたし…う~ん、やっぱりあのコスプレ姿は恥ずかしいですわ(笑。役者も大変やなぁ…と、思わず突っ込む。)

今作からは、グッとシックでカッチョ良いスーツ姿になって、しかもデロリ…とした二枚目俳優では無くて、渋みの光るヘンリー・カヴァルは上手いキャスティングだったと思う。ちょいとヒゲの剃り跡が/胸のお毛毛が/も、今風のイケメンでけっこう良かったのではないでしょうか。ま、赤いマントだけは変えようが無いでしょうが…ね。


 

リブートって、ある意味『便利な逃げ方なのか?』と思う時はありますけど。
私しゃアメコミの原作本なんて読んだことが無いので解らないけど…冒頭、Sマン誕生秘話のクダリはけっこう納得して・・なわけも無くて。進化して宇宙を席巻したクリプトン星の衰退とかは・・う~ん。あれだけ科学も文化も発達した超人類?が、まだ資源の枯渇問題や権力闘争みたいな事をやっとるのかよ?
ちょいとばかり、無理矢理感が残るオープニングでしたが…皆さんはどうでしょうか。

まぁそれを言い出すと、もぅ映画化なんてできないでしょうし、”ウルトラマンの米国版” とも考えれば、ま…それもイイっか。(=エラく単純)
もっとも、カル・エル(=S.MAN) の父親役にラッセル・クロウとか、地球での育て親にケビン・コスナーやダイアン・レイン女史と来れば、半ば完成度の高さが期待できると言うものでしょうか。少年〜青年時代の主人公の苦悩や両親とのやりとりとか、見慣れた感じはあるのに、またカンドーしてしもぅた…ではないか。

相変わらずクリプトン星での景観やCG戦闘シーンとかは、もぅさすがにハリウッド製ですなァ。ちょっと他の作品の真似っポもあるけど(笑)一度観始めると、もぅどうでも良くなってしまうのが困るな。 

 

このシリーズ物には弱いけど、仇敵がゾッド将軍くらいは知ってましたけどねェ。
今作のゾッド=マイケル・シャノン氏は怖いですわ(苦笑)しかし、母星での戦闘シーンでは超人パワーも無かったのに、地球に流れ着いたらSマン以上にパワーアップ…へぇ~、太陽光線ってこんなにエネルギーがもらえるんですな。こりゃ、新たなトリビアだわ…。(って、感心しとる場合では…)

中盤以降、ファントムゾーンへ流された囚人達とSマンとの対決=
あるレビュアーさんの一言がウマかったねぇ。

    まさに、ドラゴンボール= ”超サイヤ人” ですがな…(笑)

全くその通りでしたわ。アベンジャーズも真っ青、街並みやビル群を壊すわ壊すわ…。
まさに、破壊の限りを尽くした挙句、果たしていったい何人犠牲になったのか…考えるだけでもゾッとしますよ(洒落ではありません)。

元々、とんでもない設定なんだよなァ…このSマンって。
いくら何でも、こんなえげつないパワーを人類型の生物が持てるわきゃ無いのだが…もぅ、ここまでやっちゃうと後が続かないと言いますか。MARVELのヒーロー戦隊も似たような設定で…と言うか、まぁアッチが先行=成功しちゃったせいで、DC COMICSも後に続かないと、負けが込むって流れなんでしょうか?

実は、今作を観た勢いでケーブル局の戦略に乗ってしまい、後から《Sマン vs Bマン/ジャスティスの誕生》まで観てしもぅたのです…。(やられた…嗚呼!)
ソッチはまた、おぃおぃと…ただし、ソッチはアレコレと詰め込みすぎて、収拾がつきにくくなった感じでしたが。この先、リブート作品の製作もハードルが高くなりそうな気配ですけどねぇ。
まぁ《スーサイド…》がけっこうヒットしているので、また懲りずに製作して欲しいですけども…しかしまぁ、アッチのコミックってぶっ飛びキャラのオンパレードだなぁ。ホントに超人とか、ミュータント系が好きだねぇ。


 

新たなSマンのヒロイン=ロイス・レーン役が、エイミー・アダムス嬢。
パッと見には若々しくて芯の強さも見て取れるのだが、個人的には(↑)の超サイヤ人/クーデター軍の女性将校のアクションがカッコよくて良かったぞ。(こらこら…)
ゾッド将軍はさておき、この御方も(地球に来たら)エラく強い。なんで太陽系だとこんなパワーが出るのか? かなり不思議だったのだが、ま~悩んでも続編は止まりそうに無いしなぁ・・できれば、復活して…あ、ソレは無理か。

ノーラン監督絡みって事で、今作もジャスティス…もまた長~いのだが(苦笑)終盤戦。
あろうことか、地球上でブラックホール/特異点を発生させるとか、お~ぃおぃ! …たく、なんて作戦なんだよ~! な疑問はさておきまして、特に退屈する場面も少ないし…で、☆3.4個。69点で締めておきたいと思います。 [139]


Posted at 2016/08/31 12:43:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | もう一度、観直したい映画 | 音楽/映画/テレビ
2016年08月18日 イイね!

大金投じて、B級路線まっしぐら…?《 ターミネーター:新起動/ジェニシス 》


 すっかり月一更新日記の管理人です…こんばんは。

完全にネタ切れ…んが、ちょっとは更新しておかないとアップの仕方を忘れそうで(沈。


いゃ~しかし、今大会=リオ五輪も女子ーズの活躍ぶりは凄い。
もちろん他の競技も含め、団体や男子部の活躍~メダル・ラッシュも素晴らしいのだが…
今回のレスリング女子/金メダル三連チャンなんて、鳥肌モノではありませんか。
だいたい、欧米の選手って元々筋肉質で肉食系?の面持ちだし、場合によっては頭ひとつ大きいし。盛り上がった体格を見ると、もぅ見るからに強そうで…よく勝てますな、えぇ。
終了間際の逆転劇も冷や汗モノですが、しかし心臓に悪いな・・(笑。


…で。盆休み中はまたしても7分休み/3分仕事の組み合わせ。
週明けに少し納品があるけど、まぁ自転車ポタの方は(別室でアップしてますが)それなりに。遠出…と言える程では無いんですが、ちょいと足を伸ばしてみたり…で、少し日焼けはしております。

このトコロ、CATVでの放送分はイマイチやなぁ~と。
目が疲れるので有料チャンネルを増やすのもナンだし、まぁこの時期ですからねェ。
特に映画だと、戦争モノか真夏の絶叫ホラー!モノが多いのですね。懐かしいタイトルだと、座り込んで観ちゃう場合もあるけど…でも、深夜枠のドキリ!も、最近ちょっと…。
(休み前に観たアメコミのアレとか、ソレとか…ま、気が向けばいずれまた。)

ホントは戦争モノと言っても、《終戦のエンペラー》とか、《日本のいちばん長い日》
みたいにじっくりと鑑賞できて、レビューをアップしてみたい秀作もあったのだが…。
どうにも、自分の中で歴史を消化できないもどかしさがあるんですね。
う~ん…歴史映画ってまとめるのが難しいですな・・。


さぁて…んじゃまぁ、久しぶりにCATVのオンデマンド欄を見てみると・・。
期間限定で100円ショッp・・もとい、配信中。
フッフッフ…んじゃ、アレでも? と…(↓)


     《 ターミネーター:新起動/ジェニシス (2015年公開) 》


 


まぁ昨年公開時より賛否両論な作品だったようで。
Yahoo! 映画の評価点が3点台前半というのは、なかなか良いトコロですね。
ぶっちゃけ、自分もざっと☆3個辺りだと思いましたよ。

ちょっとズルいけど、今作はほぼレビュアーさん達の肩を持ちたい心境であります。
この大河ドラマ…いゃシリーズ2作目までが真骨頂だし、ズッコケた3作目はまぁ~個人的にはそれほど悪いとは思っていないんですが(ジョン・コナーはXXXでも、T-X=女性型ターミネーターのクリスタナ・ローケンが良かったので…笑)、作風が急展開した4作目はC.ベールにS.ワーシントンまで出したのに『あんれマァ!』になっちまったし。
新作を立ち上げるたびにタイム・ワープのごとく、仕切り直しのオンパレード。途中からもぅ、誰がどの時代にスリップして…????? あれ?アンタ、どの時代から来たっけ? であります。

4作目 (T-4/TERMINATOR SALVATION) は雰囲気がガラリと変わり、スピンオフっぽさが漂う気がするのだが…。今作も単体で観ると、さすがに大金を投じて製作しただけに、けっこう楽しめた…とは思うんですがねぇ。
いかんせん1~2作目がストーリー的に秀作すぎて、またしても ”ババ引いちゃった感” …は、否めません。あろうことか、反乱軍のリーダーを【T-3000?】にしちゃったのは、如何なものかと。まぁシュワちゃんを壮年姿で出したり、サービスカットも(多少は)あったり…で、そこそこリブートしたのは評価できるんですが。
途中からもぅX-MENの新手のミュータントか、何か違ったSF映画でも観ているのでは…と、いささか軽いめまいを感じたのは、どうやら自分だけでは無さそうですね。


 


つらつら考えるに、1~2作目のサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)は適役だったよなぁ…。
2作目の出演時にはかなり鍛えあげて、あのかっこいい姿は今でも強烈な印象が残る。残念ながら、初代ヒット作のイメージというのはなかなか払拭できないモノがあるんですねぇ。
今作のサラ・コナーも(作中では)それほど違和感は無かったのだが、やはり往年のイメージが被さってしまい、なおかつコメディ・タッチ路線を挟んだのが良かったのか、それとも…う~っむ。
中には、今作のサラ役が可愛いのでオッケー! なご意見もあるし、この辺は個人差が出たポイントでしょうか。

あ…元々、キーパーソンになるはずのご両人=ジョン・コナーとカイル・リースの存在が薄かったのも、イタいような? ジョンは中盤で新型マシーンになっちまうし、カイルはな~んとなくホゲ~とした雰囲気で頼りなくてサラ母さんの腰巾着みたいになって来るし…で、こりゃあシュワちゃん定年後の趣味で無理やり造っちゃった感…も、チラホラと。
そこまでやるなら、T-1000 にビョン様じゃなくて、ちょいと老化の入ったロバート・パトリックさんとか出して・・あ、ついでにハミルトン姉妹にも出てもらって、T-6祭り! でも作ってもらうとイイか…。(=勝手な妄想です)

エンドロールのあと、(例によって)思わせぶりなワンカットを入れたのは相変わらず。
『市場の動向しだいでは・・』的なスケベゴコロが見え見えですが、今作はスカイネットの立ち位置があまりにも中途半端だし…。
いくらリブートとは言え、本来軍事用だったアレがなぜか? ジェニシスとか言う ”何でもアプリ” になったのはちょっと…。(最初、”ジェネシス” かと思った…)

観ていくうちに、だんだんと《アイ、ロボット》のアレか、《トランセンデンス》のソレみたいに思えて来て…ブツブツ…。
まぁ本国でも散々だったそうですが、経営陣の誰かが酔って『続編の製作、オッケーよッ!』となっても、CATVのオンデマンドなら観ても良いですよ。(し、失礼かも…)


それはともかく、相変わらず予算も出し惜しみせず ドカーン! と車両や建物をぶっ壊す爽快感は健在だし(個人的には飽きてますが)たとえ製作費の半分をシュワちゃんがもっていったとしても、ゴリ押しで作ってくれた事に敬意を評して☆3・2個。63点といったトコロが個人票であります。
2000円近くも出して劇場で観たいとは思わないけど、108円(税込)なら煩悩も持たずにサクッと鑑賞できたのはラッキー! かも。 [138]




Posted at 2016/08/18 23:27:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | ”うーん、チョット困った”映画 | 音楽/映画/テレビ
2016年07月17日 イイね!

久しぶりにオートバイのイラストを…(その1/欲しかったけど諦めた…で古い絵を)

 完全に月一の更新日記の管理人です、こんにちは…。

暑いなぁ…いゃ、湿度ムンムンで、な〜んにもヤル気が出ない日々。
ちょっと部屋の模様替えとか、掃除機かけたら…もぅ出るのもイヤ(爆沈。

昨日…土曜日は久しぶりに遠回りして公園までの早朝ポタ。
出る前から汗がポタポタ…でしたが、意外と幹線道路なんかは涼しくて、けっこう走りやすかったですね。
世間的にも3連休? らしいので、園内のトラックも走る人が多い。
加えて、夏の甲子園シーズンですよ。地区予選があるのか、早くから園内の野球場は人出が多いですね。帰る頃にはもぅ、応援部隊で一杯でした。


そ〜ろそろ、自前のMTBの選別に入らないと駄目なのだが…コレが、なかなか。
常に稼働するのは基本、実用車のフルサス2台だし・・部屋の飾り=
蒼き2台の処遇が結局、運命の分かれ目? になるって事ですかね。

あぁ・・困ったのぅ…(と、イジイジ女々しい昨今であります)



 相も変わらず新ネタは無いので、過去帳から抜粋。

ここ何年か…早朝、幹線道路に出ると、たま〜に
『す、すんげ〜!』なマシン(2/4輪車)に遭遇するのだが…
いかんせん、最近は『こッ、これはァアアアアッ!』なマシンが少ない気がしますね。

その昔、友人とツーリングしたら山中でドカティに出会って鳥肌立ったとか、
高速道路でイタリア~ンなスポーツカーにブチ抜かれて喜んだとか
(=ちょとMっぽい)、まぁそんな体験が減ったなぁ…と、しみじみ。

 …が、昨日(土曜日)の朝。
いつものコースで幹線道路に出ると、路肩に停まっていたのが

 

  (注:写真はお借りしました)

なんと…Ferrariさんちの512TRではありませんか。
マニアやコレクターの間では人気が再燃して、価格が高騰しておるとか…。
まぁ東京都内だったらチラホラ拝める可能性もありそうですが…こんな郊外の中途半端な道路で拝めるとは…。
数年前、年末に 458 Italia に遭遇した時のような…いゃ、それ以上の衝撃ではありましたな。

…んで。いつものルートで走ると、途中で外車ディーラー(二輪車)があるんですが…ショーケースの中に、チラッと見えたのが

 

コレの市販モデル=公道仕様。クラシックと言うほどでは無いものの、かなり古いモデルですよね。へぇ〜! 意外な所で拝めるもんだ…と、けっこうドキッとした朝ポタでありました。

毎度の如く)コレまた昔、PC内で描き起こした(練習用の)絵。

 元は…と言えば、

 

コレも当時の事務所から言われて、何かのために起こした下絵だったか…。
以前、押し入れから発掘された(苦笑)バインダーの中に入っていたんですよねぇ。はて…なーんに使ったんだろ?(謎

後年、コレの1/6スケールモデル(某◯宮模型製)を5〜6台購入/組み立てやって、けっこう馴染み深いオートバイであります。


もっとも・・イラストや模型だけで満足してしまい、実車にはとんと縁がなかった…のも、今は昔のお話かねぇ?(沈。

Posted at 2016/07/17 14:39:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | Original-illustration | 趣味
2016年06月22日 イイね!

久しぶりにクルマのイラストを…(その6/頑張ったT社…が、残念! で古い絵を)

 あちゃ・・また更新が伸び伸びに・・。(わざとらしい…)
1週間に一度は…も、ネタ無しで駄目なのですな・・。

せめて1ヶ月に1度と言う事で、ひとつ(自沈。

とは言え、すでに過去ネタ=今年のLe MANS 24H。
途中まで快走していたT車が…最後の最後であんな事に・・。
ぶっちゃけ、もぅカー・レースにも興味が無いし、
有料chになっちゃったF1もサッパリ観ていないのだが…
でも、結局はその程度の《にわかファン》だったって事か。

 つぅわけで、特にTVにかじりつくことも無くなった昨今。

いつもながらの急発進・急ブレーキの受注業務ではありますが、
仕事の合間に個人絵を描くこともほぼ無くなってしもぅた気が…。

サイクリングも写真撮影もあまり気乗りしない時期ではあるし、
ここはひとつ新作イラストでも・・と意気込んではみるものの。
な〜んか仕事の延長みたいな気がしてきて、やっぱりダレ〜っと(ダメじゃん


年2回くらい、急激に断捨離モードに入るんですが、
先月の末のこと…ふと平たいダンボールを開けたら、
大昔の仕事が少しだけ見つかりまして。(懐かし〜)



もぅ20何年か前、某事務所の依頼で下図だけ起こしたレース・カー。
(確か、某模型会社の箱絵からトレースした記憶が…)

何に使ったのか、すっかり失念してしまったのだが…急にあの当時に
タイムスリップしてしまいました。いゃぁ、まさか残っていたとは…。

当時は製図台に紙貼ってドラフターでイラスト起こし(手書き)をやっていた時代。
たぶん、外注さんに頼んで色乗せ(エアブラシ)をやってもらったと思う。

しかしまぁ…つくづくあの当時は元カメラ会社も元気だったよなぁ…と(しみじみ)


で、それから2〜3年くらい経ってから…なのだが。
PC内でイラスト・図面作図をやりだして、間もない頃。
残業後の練習がてらに選んだのが、この下図でありました。




…まぁ、ね。今見ると、けっこうベタやなぁ〜とは思いますが。(苦笑
確か、Adobeの Illustrator が Ver.5.0〜5.5 くらいの時だったと思う。
線画ばかりで面白くねぇ…と、色乗せ用に選んで描いたのが、(↑)だったか?
PC内で作図した、記念すべき色付き1作目だったと思いますよ。

後年はPhotoshopを使い出して、もちっとマシな絵になってきたのだが…
何でもそうですけど)最初の◯◯…と言うのは、いつまで経っても捨てがたいですね。
実は別の業務イラストも少しだけ残っていたのですが、
その場に座り込んで見入ってしまった…のは、ココだけの話(笑。

 (他に2輪車もあったので、その内アップさせて頂きます)

Posted at 2016/06/22 22:01:44 | コメント(2) | トラックバック(0) | Original-illustration | 日記
2016年05月12日 イイね!

SF大河ドラマを三・三・三拍子で楽しもうか。《 スター・ウォーズ/フォースの覚醒 》

 地震関連のニュースも徐々に減ってゆくのは成り行きではあるものの・・。

こういった災害時には必ずと言って良いほど、心温まる話題と聞くだけで腹が立つニュースがあるわけです。
大型連休中には全国からボランティアの皆さんが多数、駆けつけるシーンを見ていると…ホッとする反面、何かと理由をつけて動けない自分にちょいと失望するとか…。
いゃ…ソレ以上にガッカリするのが、こういった災害時の火事場泥棒ですね。


 …しかしまぁ、よくそんな事が出来るよねぇ・・ホントに。


とうぜん、現地に入って半壊/倒壊した家屋で盗人をやらかすわけですから、
その場の悲惨な光景をすぐ間近で見ているわけで。
現場でいったい、何をどう考えて行動(窃盗)出来るのか…?
もし可能であれば、一度聞いてみたいもんですわ。
と言うか、いつ、どんな理由で ”ダーク・サイドに落ちるのか…?” と。


…で。GW中は半分休み/半分仕事の組み合わせ。特に境界線も無いのですが、休み前に自転車で大転倒やらかしたし(沈)、ちょっとビビって朝のポタリングも、いつもより緩めに…(苦笑。マァ、ケガの方はほぼ治っているんですが、なにぶん気分的なモノも大きくて…。(ダメじゃん)


さぁて…んじゃまぁ、久しぶりにCATVのオンデマンドでアレでも? と…(↓)


      《 スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (2015年公開) 》

 

すでに、ファンの皆さんのレビューも出揃っているのだが…意外と辛口評もあったりして。
Yahoo! 映画の評価点が4点以下というのも、ちょいと意外だったかな…とは思うのだが、何と言っても前6作は大抵の人が観ていると思うし、自分も当然鑑賞済みだし…ねぇ。
J.J監督のSWワールドの描き方にも興味が湧いてきて、急にリモコンをポチッとな…。


 

ざっとではあるものの、前作のスター・トレック路線っぽい映像/アングルがチラホラと。
例によって、完全な個人評ですけど)1回めでは『ちょっと軽くね?』な印象でした。
これの原作本なんて読んでないので、本当の筋書きがどうとか…は解りませんが。あるレビュアーさんのコメントにもあるけど、初代作=エピソード4の焼き直しかよ? みたいな感触は確かに有るかな…と思いますね。

…んが、都合2〜3回目になると(いつも3回は観直してます…笑)だんだん世界観が解ってきて、最終的には82点くらいが個人票。☆4つ以上でもじゅうぶんでは?と思いましたが。

『ちょっと軽くね?』と言うのも、JJ監督流の”軽さ”が目立つ程度で、コレは仕方がないかもねェ? ちょっとダーク調だったセカンド・シーズン(EP-1・2・3) のルーカス版に比べると…ではありますが。
この ”フォースの覚醒” がエピソード7になるので、新たなメンバー(↑)が今後のキモになってくるのだが…ぶっちゃけ、どのキャラも気合が入ってるよねェ? と思えた次第。(その分、あの船長が…! と言ったシーンにも、ファンにはグッと来る場面ではないでしょうか。)

特に、ニューヒロインたるレイ=デイジー・リドリーは顔立ちもさることながら、ちょっとした仕草に気品や若さ溢れる正義感もにじみ出ていて、今作にはピッタリだったかと。
『良いキャラ見つけたなぁ・・監督さん!』ですな。フォースのお導きもあった…のか?



 

なんせ、1作目(EP−4)が公開されたのが1977年ですもんねぇ…すでに、40年近く前の作品だったか…。
あの当時、世界的なブームに乗って国内でも映画館へ向かった人も多かったでしょうし、あの出演者達が戻って来ただけでも熱狂するファンは多いと思う。
反面、さすがに年齢を感じさせるそのお姿に、いささかガッカリした…な見解(でも無いかな?)もけっこう見受けられるのが、今シリーズの特徴かも。

さぁて・・この辺りをどう捉えるかで、今作の観方も方向性が変わってくる可能性はありますね。あの ”Mr・スポック” を登場させたJJ監督ですから、とうぜん今作も出すことは十分考えられた事ですから。
自身、熱狂的なファンでは無いけど…久しぶりにレイア姫(今作では将軍ですが)とか、チューイ+ハン・ソロのペアが出てくると、やはり当時の興奮はよみがえるのですね。

…とまぁ、物語の方はさておき(おけないけど)当時の出演者やメカ達がバンバン出てきて画面狭しと飛び回り、活躍する場面を観るだけで…う〜っむ。こりゃあ、3回観てもまだ観足りないねぇ・・なんて。(笑

 

モロに(EP-1)でジャンク屋のアナキンと、R2ユニットが出会ったような雰囲気。
コッチもまた、デジャ・ビューっぽさ満点なのだが…解ってはいても『アァ、飽きたぜ〜!』とはならないのがこのシリーズの良い所。(…だと思うが?)
そこかしこにこういった ”カブリ場面” が出てくるけど、コレが面白くなければもぅ今後、観なければ良い…だけの事。個人的には、残り2作もこのイメージで進めて欲しい…と思えた次第であります。

まぁ隅っこを突けば、う〜ん? な部分もJJ監督さんらしくて良いし(苦笑)、大音響がダメなので劇場鑑賞はスルーしても、CATVもしくはDVDでも良いので…また、期待したいと思っております。



まぁ主役たちの役回りなどはちょくちょくと疑問点も出てくる今シリーズですが、トルーパーのフィン=FN-2187 がなんで急に正義に目覚めたの? とか(次回作辺りで分かるのかな)、反乱軍の凄腕パイロット=ポーにも、ひょっとしてフォースがあるのか?(なんかニュータ◯プみたいだし…)な〜んて、次回作への期待もチラホラと。
結局、スピンオフも含めて残りの全作も観ないことには、どうにも気が晴れなくて…と、ざっと半世紀に渡るSF大河ドラマを創ってしまうメリケン/ハリウッドにはやはり脱帽! ですねぇ・・ハィ。


結果、ダラダラと映画日記を書いていて困るのが…今作のキモ。

最初に感じた”軽さ”は消えたものの、このシリーズって結局、SFの姿を借りた過去〜現在〜未来の人間模様そのものって事でしょうか。
カッコイイ戦闘機やデカい宇宙船がばんばん飛び出す ”スペース・オペラ” ではあるものの、最終的には善と悪/陰と陽/光と影/ 等々、人間の持つ本来の姿を延々と描き出しているって事で…最後は一体どうなるのか。
な〜んとなく見えては来るけど、結局、悪玉が滅びることは無いような気がするなぁ…。
3作☓3シーズンとも、すべて似たような展開になるので、若い人には馴染めない部分があるのかもしれませんね。

特に、アメリカが従来より持ち続けるジレンマなどが、今作には脈々と見て取れるのも
良いのか、それとも・・・。[137]




Posted at 2016/05/12 00:54:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | ”満足度80点以上”の映画 | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「あれれ・・急にアレが手元に・・(苦笑)どうして?」
何シテル?   10/27 23:16
sadayanです。汎用省エネ車の週末ドライバーですが、以後よろしくお願いします。2010年の夏、8年半乗った旧型MPVからDEMIOに入れ換え。あまり4輪には...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
趣味のMTBの熱も冷めてきて、それほど遠乗りもしなくなる・・気がした、2010年夏。実家 ...
その他 自転車 その他 自転車
現在、メインで使っているMTBの一台です。4年前(2009年)に手に入れたバイクですが、 ...
その他 自転車 その他 自転車
ここ7〜8年、メインで乗っているMTBです。今はRIZE 5と併用して、週末の河川敷+サ ...
その他 自転車 その他 自転車
(写真-上)KLEIN Attitude Race/1995年モデルでしょうね…たぶん( ...

過去のブログ

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.