車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月15日 イイね!
本日は•••DmarkさんにTTの車検の見積もりにお伺いしました。
初っ端から車高はダメだろうっていわれてしまいました。さらに、
エアロが付いているけど構造変更してる?っていわれまして•••
エアロが付いてると構造変更が必要なのですか??
なんだか初っ端から雲行きがあやしいなぁなんて思いましたが。
車高とABSに関してはなんとか車検の時になんとかしてくださるとのこと。


今回見てもらったところです。
パワステポンプですが、漏れているのがセンサーのところかららしいのでセンサーを変えれば大丈夫のようです(^ ^)
ドラシャブーツはやはり、4つ交換です。素人がドラシャを抜くのは難しいといわれてしまいました。
国産車と違って簡単には抜けないらしく、固着しているとスライドハンマー等で5時間格闘することもあるという•••
そんな、話を聞いて•••、タイロットエンドブーツも破れているので、ここはひとつお願いしようかなぁというところです。タイロットエンドブーツはアライメントが崩れてしまうのですが、車高も落としているのでアライメントを取り直したいところですね。
しかし!!基本DIYを自称する私がこのままで引き下がるわけにはいかない!ということでフロントのブレーキパットとブレーキディスクは自分でやったろうと思います。
9万キロで一度も交換してないそうな。もうディスクに関しては耳が出て来てしまっているので交換が必要みたいです。
ブレーキオイルも2年に一回交換のようです。
ついでに•••クラッチのリレーズベアリングもきてるらしいです。クラッチはまだ大丈夫なのかしら?
エアコンフィルターとブレーキオイルはAUDIは2年毎に交換ということです。
タイベルとウォポンに関しては、サーモも一緒にお願いしたいなというところです。
リブベルトの交換もついでにしてしまおうかと。
オイルレベルセンサーの冷間時の点灯に関しては、この車に対して10w50は固すぎるようで、固すぎるので点灯しているのかもしれないとのことです。
夏でも40位がいいそうな•••次入れるオイルは40番にしたいと思います。
冬は30ですね。
あとはサーモが死んでいるのでオーバークールで油温も上がらず追い討ちをかけているようです•••オーバーヒートもそうですが、オーバークールもなかなか厄介なので•••
そんなこんなで、見積もりが今度出るので、自分で仕入れて安いものに関しては自分で仕入れていこうかと思います。
やはり、専門店でみてもらうといいですね、仕入れも直接問屋から仕入れるみたいなので、安く済むみたいです。
なんとか車検をクリアしたいところです。リフレッシュも兼ねて車検を通してこれからも乗り続けますよぉぉぉぉ!
Posted at 2017/04/16 22:32:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月07日 イイね!
ということで、昨日お店に見せにいってよかったかもしれません、内容はショッキングな内容でしたが、早い段階から対策できるわけすから。
ヘッドライトの光量はハイビームでは無くなってロービームになったんじゃなかったでしたっけ?それであればロービームはHIDなんで光量は足りるはず、なので一応指摘であったハイビームのバルブを純正のバルブに交換してみます、実は車検の見積もりを3店くらいにお願いしていまして、昨日お伺いしたのは私のお客さんのお店で主にアメ車を扱っているお店でして、次15日に行くお店はアウディーに強いお店です。車検と一緒にタイベルもお願いできます、まぁタイベルの工賃はTTを買ったお店に請求できるので車検費のアップにはつながりません。
ゆーばさんから頂いたタイベルとウォポンとテンショナーがあるのでそれを使わせていただきます。ありがとうございます、ついでに。やはりサーモが開きっぱなしになっているみたいなのでサーモもどうせ水回りやるんだから交換しちゃおうと思っています、オーバーヒートもそりゃやばいけど、オーバークールも同じくらいやばいですからね。純正型番は050121113Cですね?
車高は、最悪まじで最悪足りないってときはどうせブーツもやるんで、純正に戻していきます。純正品は捨てないでストックしておくこと間違いなしですね。
ということでブーツを自分で今回は交換しようとおもいます。できるかなぁ〜。
ブーツはアウターは左右セットがでていたのでそれをチョイス。
1K0498203A / 3B0498203ES1 / 3B0498203E / 1K0498203AS1
ってのが、純正番号でしょうかね?
問題はインナー側、これが数種類あってどれが適応なのかわからないです。
多分FFかQuattroか、MTかATか、1.8か3.2かで別れているんでしょうね、困りました。
ABSに関しては。
フロント ABSセンサー 右 1J0927804 1H0927808
フロント ABSセンサー 左 1J09278031H0927807 アウディ ホイールスピード
リア ABSセンサー アウディ TT 8N 1J0927807B
調べたところ上記が純正型番ですかね。ここで気になるのが、まずリアなんですが、リアは右左はなくリアはリアで単一なのですかね?
そしてフロントに関しては左側はスピードセンサーも兼ねているの?となるとスピードメーターは動いているからフロント左側のセンサーは壊れていない?可能性があるのはフロント右か。リアのどちらか?
ってことは2択なのかな?どうでしょう??
とりあえず、今度のお店で交換すべき部品の品番をゲットして自分で買って、自分で交換。
が一番ですね。

そんなこんなでTTと久しぶりにドライブに出かけることにしました、最近嫁がパートに勤め始めて子供たちは幼稚園と託児所なんで、早い話一人の時間ができたわけです。ムフフ笑
ということで、ハイタッチドライブのポイント稼ぎと前々から行ってみたかった正丸峠に行ってみることにしました。天気も良くなってきて最高のドライブ日和ですからね。

いやぁ狭い。狭すぎるよ、すごい山道。キャッツアイがセンターラインのあたりにあるんですが、邪魔すぎる。
イニDでハチロクvsハチロクTurboのバトルの舞台だったわけですが。そんな早いスピードで走れないよ笑
ブラインドコーナーが多すぎるし。コーナーのRもきつい。正直追い越すとかそういうことはできないと思う笑
しかし、登坂力すごいね、クワトロの恩師なのかしら?グイグイ路面を蹴るような感覚。余裕の登り、キャッツアイがなくてクローズコースだったらもっと飛ばしてやりたかった。

途中でレストランの跡地みたいなところで一休み。

山頂まで1キロらしい

だれもいない笑
誰かしら好きな人がいるんだろうなぁと思っていましたが、誰もいなくて貸切状態。

お店のおばちゃんは話しやすい人でした、土日は結構来る人が多いんだそうな。先週の土曜日は雪だったらしいのですが、遠方から夜通し走ってきた人がいたらしい、シリアルナンバー入りのステッカーの発売日だったらしい。
眺めは•••ちょっと曇っていたので悪いなぁ??

すごいステッカーがいっぱいありました。私は今までのステッカーに習って切り文字ステッカータイプをチョイス。もちろん色はホワイトです。

早速貼ってみました。

帰りは違うルートで帰ってきました。ぐるっと一周してきた感じです。


さてさて、無事に帰ってきたので車検に向けてまずやらないといけないことの一つにリアランプのスモーク外しがあります、リアはスプレーで塗ってしまったんです、なのでそれを剥がしていきます。
嫁の除光液を拝借してスモークを落としていきます。

なんか恥ずかしいですね。このボディーカラーにビビットすぎる真っ赤なテールランプがどうもマッチングしないなぁとおもってスモークをスプレーしたんです。

でもなんだか思ったより違和感ない??
ヘッドライトのスモークフィルムはすでに剥がしてあります。
なんだか裸にされてしまった気分でしょうね。
テールランプは社外のユーロテールに交換するか、はたまたヘッドライトと同じくフィルムかなぁ。
ってそんなことより、目の前の車検だよ。
今度のお店はアウディーに強いのでしっかりと交換に必要なパーツとパーツの品番を聞いて、ちょっとドラシャとか交換の情報を聞いて、車検までになんとか交換して車検を通したく思います。

夜は夜桜を見てきました、次の休みじゃ多分桜は散ってしまっていますし。子供と奥さんが夜桜見たいってことだったんで、川越は氷川神社でライトアップしているので、川沿いに提灯が並んでいて桜を映し出しているのでその下にちょっと路駐させてもらって。



いやぁ手放すわけにはいきまい。必ずやこのTTを車検に通してみせる!!
Posted at 2017/04/08 20:13:53 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月06日 イイね!
桜も咲き始めましたので、ちょろっとドライブに行くことにしました。
洗車をしてから3日目になりますが、以外と思ったより酷評しておいたAZのガラスコート(ガラスじゃないけどね)が効いているのか汚れがあまり、見えませんね、プレクサスの効果はすぐ無くなってしまうものと割り切っていましたが、なかなかAZのコートは長持ちしてるのかしら?評価を2にあげておこうかなぁ。あとは雨が降ったあとにどれだけ汚れがつかないかを見て評価をし直してみたいと思います。
そういえば、先月受けた運行管理者試験の合格発表がありましたが、無事に合格することができました。私にも無事に春がきました。
さて、私のTT様は、毎日朝晩の片道道路を10キロ、朝は渋滞夜はスイスイですが、早い話シビアコンディションなんですよね、朝は渋滞してるので回すこともなく。夜は私が疲れているので回すこともなく。左車線をゆっくりとだらだら走るわけで、毎日こんなかったるい移動手段としか使われないTTにすまんと思う日々でしたので、今日は回しがてらいつもお世話になっているお店に車検の見積もりに行きましたが、まさに死の宣告といっても過言ではないものでした、ショックで心が張り裂けそうです。
まず、私の中で車検に合格しないだろう項目は
フロントレンズに貼ったフィルム、
フロントのブーツ類の切れ
リアランプのスモーク
このあたりかなぁと思っていましたが•••
大誤算もいいところ•••
まず、車高がダメ
光軸を取ってみるも、ハイビームの光量が足りていないとのこと•••フィルム剥がしたのに•••?ヘッドライト交換をしないとダメかも•••純正はヤフオクで片側で8万です•••
車体をあげてエンジンアンダーパネルを外して驚愕、パワステからすげぇオイルが漏れてる。
これはポンプ交換しかないとのこと•••oh•••!ヤフオクで調べるもでていない•••いくらするんだよ•••
ブーツ類はリアは大丈夫だけどもフロントはインアウト左右アウトぉぉぉ!!!!
ってことで交換しなくてはならない羽目に•••
ってことで多額の出費になる模様の我がTT様、奥さんに話したら•••きっと降りることになるだろうなぁと•••。
どうしたらいいか、車検が5月の7日で切れてしまうので、さらにGWがあるので•••早めにどうするか決めないと身動きが取れなくなってしまいますね。
悲しいな。春は別れの季節でもあるのね。
ところで悲しい話ばかりじゃ私が死んじゃうので、春らしい写真を撮ってきました。































結構写真を撮ってる方々がいました。

走りの方は、やはりいいですね、TT。いやぁー昼間暖かいのっていいよね。朝晩と違って昼間は暖かいのでエンジンにも火をバッチリ入れてやって回してやってブーストもビンビンにかけてやってシュパンシュパン言わせてやりましたよ(*´▽`*)
調整したままブーストのかかりをチェックしていませんでしたが、ブーストも気持ちよく1キロを超えました、調整していたネジをもう少し緩めてみても良いかもしれませんね。




しかし回した時のタービンの回転音とエンジンの回転音がいい感じにミックスされてなんとも言えない心地よいサウンドですね。やる気があがるというか。マフラーの音というよりもエンジンの音というか。良いよぇ。降りたくないな、このまま乗っていたいね。
なんとか車検を通さないとね、TTのために一肌脱いで頑張らないとね。やはりダウンサスじゃなくて車高調を入れないとダメだね、車検の時にあげられないのとコイルをいちいち純正にもどさなあかんからね。しかしそんなに下がってないと思っていたんだけど1センチくらい足らないらしい。空気圧をあげてどのくらいまで稼げるか。
光量とかはバルブを変えたりして調整をして、パワステポンプは•••6万らしい。
今は清掃だけにしてもらってのちのちチェンジかな。でも不思議なのは、入れてるパワステオイルは緑なんだけど、漏れてるオイルはオレンジっていうかエンジンオイルみたいな色なんだよね。なんだろうね??エンジンオイルを入れた時に垂れた分とかだったらいいんだけどなぁ。
あとはパワステオイルは漏れてると思ってレベルゲージ見てみたけど入ってるのよね。
なんだろうね。
フロントのブーツはインアウト4箇所交換。
これは自分でできるかなぁ?インナー左右18000円アウター左右15000円プラス工賃20000万らしい。馬鹿馬鹿しいよね。ヤフオクとかで3000円くらいで一つ売ってるわけだしさ、4箇所で15000円でしょ、自分でやればそれで済むわけ。
問題はABSの点灯問題。
これはどうしようかな。ABSのセンサーのどれかがエラーになってるけどそれがわからない。4本全部変えるってのは財布的にも厳しいし、できればどこのセンサーかわかれば自分でできるんだけどなぁ。
予定金額は28万くらいらしい。たけぇなおい!
Posted at 2017/04/06 20:44:01 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月05日 イイね!
タイトルが長くなりましたが、この問題は半月以上にも及ぶ壮大なスケールの問題でありました。
思い立ったが吉ということで、私は今の仕様に飽きてしまったので気分転換のお気軽な思ひでバックタービン仕様にしたのでありました。

当初はディバーターバルブ(以下DV)の出口とエアクリの後ろのリターンパイプををメクラするだけって思っていたわけですが、そのリターンパイプとDVを止めてるホースバンドがクソなもので取れないのなんのって、さらにはそれを取ろうとしてバキュームリザーバーを破壊。取っ払い、もうしゃらくせぇ面倒だと思い、ターボパイプからDVにつながるパイプにメクラをすることにしました。負圧経路は残っているけど、まぁ大丈夫だろうと思っていたわけで•••ついでに今回の主役のN75バルブ(当時は名前も知らない、役割もしらない何かでした)の頭についてる調整用ネジを動かしてしまった•••←これがこの壮大な路頭に迷う旅への入口だったとは•••。

ブースト圧が0.7までしかかからなくなった、またDVをメクラしたのにアクセルオフでエアが抜ける音がしたので、私は迷いもなくDVにつながる負圧経路パイプの仕業だと思い、取っ払いメクラ。
ついでにまたしてもここでやってしまった。N75バルブの頭のネジを右に回す•••(これが後戻りできなくなった)
走り出して今度はブーストが0.4で頭打ち。
そんなことでいよいよ煮詰まってきたときみんカラさんのゆーばさんから助言をいただき、バキュームリザーバーを元に戻しN75バルブの役目を聞き(ここで初めて名前と役目を知った)
思い切ってN75バルブまでの経路をメクラして過給圧1.2キロマーク!
N75バルブ死亡ということでブースト不調に陥った訳ですが。
というか私が適当にいじってしまったのが原因であり故障ではなかったかもしれません。
というのも分解してわかった事ですが。
それについては後の方で話します。
このN75バルブ、中々売ってませんでして、不調に陥った方々はECSから出ている強化品に換装しているもようで、私もと思いましたが、現在は取扱停止中(採算が合わない、3万程度かかるから)との事で•••
路頭に迷っておりましたが、今回はみんカラさんのkkzrxksrさんが使っていないのが余っているとのことで頂いてしまいました。
この度は本当にありがとうございました。誠にありがたく感謝でございます。
AUDIの福袋まで付けていただき感激でございます。
早速換装してみましたところ、ブースト圧は軽く踏んで0.5、踏み込んで0.9までかかる様になりました。
1.0キロまでかからないのが少し気がかりですがそこはこの分解作業から見えてきたN75バルブの構造から改良の余地でなんとかなりそうな気がします。
始めにこのN75バルブの役割について記述していきたいと思います。

まずこのN75バルブ(以下バルブ)はタービン後からブースト圧を拾ってきていますが、一つはタービンのアクチュエータに、もう一つはエアクリの後ろにエアを送っています。
エンジンに入るブーストが上がり過ぎないように、排圧が高くなった時アクチュエーターから排気を逃してタービンの過回転にならないように調整しています、エアクリに向かうのはアクチュエーターにフルで流れてしまうとアクチュエーターは開きっぱなしになってしまう(今の私の状態)になってしまうのでうまいことエアクリの後ろにもバイパスしてアクチュエータにかかる圧力を下げています。

まず分解をする前にタービン後からつながるパイプに息を吹きかけてみましたところ、アクチュエータにつながるパイプからしかエアが抜けませんでした。
このことからしてブースト圧がフルにアクチュエーターに向かっています。
頭のネジで調整をするも変わらず、随分とゆるゆるになっているのでどうやら調整機構としては機能しなくなってしまっているようです。
バルブの周りについている金属のふたなんだかなんだかわかりませんが取り外していきますが思った以上に固くなかなか外れません、無理やり隙間にマイナスを入れて力技でいきます。


バルブ頭の調整用のネジとそれを受ける金属?と周りの金属は合体していました。(ネジを回した時に本隊が一緒に回らないようになってる)
それと中にはピストンのような部品とバネとワッシャーが出てきました。
ちなみに。バルブ本体と三又パイプはボンド等で接着されているようです。


パイプの中の構造はちょっとわかりずらいんですが、こんな感じです、左側に繋がるのがアクチュエーター行き右につながっているのがエアクリの後ろ。真ん中はターボからです。
わかりずらいのですが、エアの流れはまずバルブに入る手前でアクチュエータに分岐されてます、エアクリの後ろに向かうエアだけが、バルブ内に入って抜けるようになっています。
ってことで大半はアクチュエータに向かっていますね。最大過給時にはエアクリの後ろに向かう経路をバルブが抑えてアクチュエータに100%エアが向かいます。

この写真だと上に向いている長いのがエアクリの後ろで、下がアクチュエータです、そしてこの右側に見える金属のパーツでエアクリの裏に流すか否かを決めている模様(この金属がパイプ側に閉まるとエアクリの後ろに向かう経路が閉じる。)

続いて本体になりますす。

中には二つの金属パーツが入っていました。


この右側の金属が周りについてる金属とくっついてました。

私はよくわかりませんが、感じからしてこれはモータみたいな感じで電磁の力で中のピストンみたいなやつを動かしてるっぽい?電磁スイッチみたいな構造なんでしょうかね?
電気が入るとおそらく閉じる方向に中のピストンが動くんじゃなかろうか??この辺はちょっとわかりません。
頭の調整ですが右に回すと

写真のようにネジが出てきて中のピストン機構を押してパイプの方に向かいます。
つまり、エアクリ側に向かう経路が閉じる方に向かいエアが入らないような方向性
逆に左回りに回すと

のように上記とは逆になります。が•••
この中に入っている金属のパーツがバルブの中でキツキツなんですよ、早い話、右回しに回してネジでパイプの方に押し切ってしまったら、いくらネジを反時計回りにして戻そうとしても、戻ってこないんです。このピストン機構がネジと合体していれば、ネジの調整で上げ下げできるんですが•••ただ単に押す方ばかりに力が入る機構なんでつまり、一回でもピストン機構を押してしまったら。そのままになってしまうんです•••。
なので、私が最初に反時計回りに回してしまったとき0.7だったものが、右に回したあと0.4までしかかからないという現象が起こったわけです。エアクリ後ろにエアが流れなくなってしまったためにアクチュエータに100%過給圧が流れてしまってアクチュエータが開きっぱなしに•••
だから外したときにエアクリ後ろに行く経路からは微塵たりともエアが抜けなかったわけです。
しかし、タービンから向かってくるパイピングに入る細くて硬い金属でバルブごと奥に押せればもう一度リセットすることは可能ではないでしょうかね??極小の六角レンチの長い方で押してみるとかすれば事実上はバルブが開い方向にセットできなくはないんじゃないかな?って思います。

この機構からしてしっかり高過給かつ過給圧安定かつタービンの過回転を防ぎさらにブースト圧力の損失を減らすには•••!
単純に経路を細くすればいいんじゃないかな?と思いました。
パイプの中にオリフィス等をいれてパイプの内径を小さくして圧力を下げてやればいいんじゃなかな?と。ベルヌーイの定理ということみたいです。そうすることで、相対的に過給圧があまりもれずに、尚且つ、アクチュエータにもしっかりと圧力がかかる構図になるはず。
ってことでまたまたやってみました。

6φくらいのシリコンかな?チューブが余っていたので適当な長さにカットしました、

このバルブに向かうホースはすぐ直角に近いカーブを描くのでうまい具合にそこで奥まで入らなさそうです。
割とターボパイプからのパイプが長いので短めにカットしてやります。
こんなオリフィスもどきをターボイプの後ろとバルブの前とバルブからアクチュエータのところにいれてやりました、3箇所です。予定ではバルブへの過給圧力が減るはずです。

走り出してみましたが•••
ドッカンターボ仕様になってしまった気がします。
オリフィスを入れること自体は間違いじゃなかった気がしますが、アクチュエーターに向かうホースだけにしたほうがよかったかな。というのも、ドッカンターボみたいになってしまいました。多少過給圧が徐々に抜けつつ過給していったほうが自然な感じになるんだと思います。
おそらくアクセルオンで排圧があがる、排圧がかかってタービンが回る、でも過給圧が上がった際にアクチュエータに過給圧がかかり開きながらもエアクリの後ろにもバイパスをしてバランスをとりながら過給圧上昇、一気に立ち上がらず徐々に立ち上がる、最大過給でアクチュエーターに100%ブースト圧が入りブーストを抜く。といった感じでしょうかね。
この機構ってどのターボ車も同じなんでしょうかね?もうちょい簡単にできなかったんでしょうか。エアクリの後ろなんかにバイパスしないで単純にアクチュエータに向かう経路だけにして単純に圧力センサーをつかってアクチュエータに送る空気量を調整してくれればいいんですけどね。そうすればせっかくの過給圧が抜けないで済むのになぁ。
今のTTの状態だと過給漏れしてるところに無理やり過給して過給圧をあげている感じですよね。要は小さな穴の空いた風船を一生懸命膨らましているようなものですよ、抜ける圧力よりも膨らます圧力が高い時は風船は膨らむ、といた感じです。N75バルブは構造上過給圧を完全に塞き止めることはできず、少なからずアクチュエーターなりエアクリの後ろなりに漏らす設定になっています。それも8φほどパイピングですからね。結構抜けてますよ。口で拭くとシューっと抵抗なく抜けていきますからね。内径は6φくらいですかね。今回入れたオリフィス的なパイプはおそらく4φくらいになるんでしょうかね。
まだ最大過給圧がどのくらいになっているかは確認していません、というのも案外街乗りでブーストをかける機会がないんですよね。ただ、4φでもまだまだ抜け過ぎているような気がしてなりませんね。さらに細いパイピングにしないとダメかもしれません。
Posted at 2017/03/05 17:49:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月15日 イイね!
新年が明けて初詣のおみくじにて末吉と出まして正月初っ端からホイールがぶっ壊れるという災難に•••m(_ _)m
事の発端はあまり行ったことがないスーパーの駐車場で出るときにダンッ!と車体下に大きな打音があり、どこを打ってしまったのかなぁ?と思っていましたがまさかのフロント左側のホイールの内リムでした、縁が曲がり空気が抜けてしまうという•••



でも不思議なのは、次の日普通に走ってるんですよ、初詣行ったんで、その次の日の朝出勤前になんかひっかかるなぁなんて思って降りてみたら空気がなくなってて、パンクかぁ?と思ったらこのざまだったと、しかし、出勤前ですからね•••朝っぱらから寒い中ホイール交換•••からの遅刻•••からのやる気ゼロ、からの•••
そんな新年の出だしだったわけですが、年始から悪いことが起きたのでもう今年一年はないだろうなと強気姿勢で今年も一年過ごそうかと思います。


そんなこんなで純正ホイールのお世話になるわけですが、



ガリ傷がひどかったので家にあったシルバーのペイントペンで傷をシルバーに塗りたくりぱっと見綺麗にしてから装着。
スズキ車用の?物でしたが、なんかホイールと同色でびっくりよ、色が合いすぎて綺麗に補修できました。
急いでたんで補修前と後の写真を撮り忘れたのが残念ですがここ一番の塗装の出来でしたよ笑



でもさすがは純正ホイール、デザインがバッチリTT8Nに合う、しょぼいけど笑
サイズは17インチでしたが、225/40だったのでなんと、超引っ張りタイヤのAEZの18インチ9Jに215/40よりもタイヤ外周が若干大きいという•••
若干だったので交換日当日はフロントだけ純正ホイールにして通勤しました。
でも四駆なのですぐさま4輪とも純正に戻しましたが。
純正ホイールはインセットが50なのでかなり内側にタイヤが来てしまってしょぼいのなんのって•••
そこで新しくホイールを物色していましたが、TT8Nにお乗りの方はわかると思いますが、中々履けるホイールが無い。
PCD100で5穴、オフセットが35あたり。
プリウス用とかインプ用のがあるやん?って思うでしょ?でも、問題はM14のホイールボルトに対応してるかどうかなんですよ。
って事で絞るとなかなか無いんですよねぇ。
そんな時に出会ったグノーシスGS5



最初はイメージがちょっと違うかなぁ、なんて思っていたのですが。
如何せん無いんですよ、選んでいるほど。
グノーシスをググりましたが、結構ユーロ圏の車で履いてましだし。カッコいいですよね。
気がついたらポチってました。



ホイールのサイズ等はパーツレビューに書いてあります。
フロントとリアでJ数やオフセットが違いますので、履かせる時どれがリアかなぁとかフロントかなぁとか迷いました。リアもフロントもなかなかの深リムです。




だがしかし、今まで履いていたAEZのホイールはオフセットが前後で30であるのに対し。
今回は3.5と3.8ということです。
リアに関しては8.5Jから9Jになりまして、オフセットが3.8。
J数はインチでして、1インチ25.4ミリです。つまり、0.5J増えたので25.4ミリを2で割ると12.7ミリホイールの厚みが増えたことになります。オフセットは前回よりも8ミリ内側に入ったことになります。
AEZのホイール8.5Jのホイールは25.4✖️8➕12.7で215.9となり、約216ミリということです、そんでもってオフセットはホイールの中心からなんで、216➗2➕30ということで78ミリ取り付けハブから出てる先がホイールのリムと言うことになります。
同じように9Jだと、ホイールの幅が228.6ミリ、取り付け位置から76.3ミリ先がリムって事で。
話が長くなりましたが、計算上は1.7ミリ内側に入ってしまっている状態です。
フロントに関しては8.5Jから8Jになり、さらにオフセットが5ミリ内側です。
って事で、計算省いて今まで77.9先がリム先でしたけども今回は取り付けハブから66.5ミリ先がリム先と言うことで今までより約10ミリ内側に入ってしまいました、なので、10ミリほど外に出したいところです。
フロントは今現在10ミリのスペーサーが入ってますから10ミリプラスですから20ミリのスペーサーが必要です。
リアに関してはまぁ今まで若干出っ張ってた感があったので今まで同様20ミリのスペーサーでちょうどいいかもしれません、しかし、ただいま私はハブ付きの15ミリに市販の汎用の5ミリをかまして20ミリにしていたのですが、ハブがないのと同じなのでホイールがセンターを取れていなくてブレが発生していたのです、なので今は5ミリは外して15ミリで取り付けています。が、かなーり良いようです、やはりしっかりとホイールセンターが取れているとブレがなく足回りの剛性感も違ってきますね、AEZからGS5に変える間純正ホイールにしていたのですが、なんだこの剛性感はって思っていたのですがそれは5ミリのハブなしを外してハブ付き15ミリで装着をしてしっかりとホイールセンターが取れていたからなんだなと思いました。
みなさんしっかりとハブ付きのスペーサーを選びましょう。
って事で、まとめますと、フロント、リア共に20ミリのハブ付きのスペーサーを入れればツライチ設定になりますねぇ。

話は変わりまして、私初めて愛車を洗車機に入れてしまいました•••
今まで手洗い一本でやってきましたから迷ったんです、しかし、汚いままも嫌だなぁと。
でも手洗いするのは寒すぎて•••
迷った挙句に外車も対応している評判のいい洗車機に入れてしまいました。
が、これがまたいい洗車機で最強コース1200円をおごりましたが、丁寧な洗車機で汚れも落ちるし水も弾くし洗車機から出る頃にはほとんどの水分が取れており真冬の10時ごろでも手を傷めず拭き取りができました。
撥水も素晴らしく残った水分も玉の様になっており感動すら覚えました笑
時間は4分間のコースなんですが、ぶっちゃけ車内で不安との戦いでした笑
ステッカーがはがれるんじゃないか、折りたためないミラーがもがれてしまうんじゃないか•••
エンブレムが持っていかれるんじゃないか•••
洗い残しがあるんじゃないか•••
傷が付くんじゃないか•••
と。
しかし、そんな不安は全くありませんでした。
素晴らしいですね。
今後も真冬は使わせていただこうかと思っています。
あとはよっぽど時間がない時とか。
洗車機も進化してるんですね。

洗車もして綺麗になったんで写真を撮りました。
時間が夕暮れ時だったので暗いですね。





































Posted at 2017/01/18 20:33:12 | コメント(1) | トラックバック(0)
プロフィール
2児のパパをしています。 愛車のTTはTT Mk1です、何と言ってもそのデザインは秀逸です、コンセプトカーのまま市販されてしまったかのごとくそのデザインに偏っ...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
リンク・クリップ
N249バイパス 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/17 14:13:23
電圧不良 解決しました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/21 19:29:24
PIONEER / carrozzeria DEH-970 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/17 16:12:08
お友達
ご気軽にお声がけくださいねぇ〜^ ^
38 人のお友達がいます
Audi11(アウディわんわん)Audi11(アウディわんわん) * keitanopapakeitanopapa *
あべたかあべたか * クワマンクワマン *
ボースンボースン * r1shuujir1shuuji
ファン
15 人のファンがいます
愛車一覧
アウディ TT クーペ TTmk1 (アウディ TT クーペ)
デザインに惚れて買ってしまいました。スペックもなかなかいいんです。6速MT、AUDI自慢 ...
マツダ RX-7 FDさん (マツダ RX-7)
1993/9以降発売の俗にいう20万台の2型です。 2シーターです。type RⅡです。 ...
ホンダ オデッセイ ホンダ オデッセイ
7の前に乗っていたオデッセイ☆ 免許とって初めてのった車♪ 親からのお下がりでバンド時代 ...
スバル ヴィヴィオ ヴィヴィ丸 (スバル ヴィヴィオ)
壊れやすいといわれるECVT搭載! 燃費は20らしいけど本当か?! なかなか低速がパワフ ...
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.