• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Mokuのブログ一覧

2017年05月28日 イイね!

横浜赤レンガ ル・ボラン CARS MEET 2017

横浜赤レンガ ル・ボラン CARS MEET 2017横浜の赤レンガ倉庫で行われているル・ボラン CARS MEET 2017に行ってきました。

関西でもやっていたのですが、結局行けず終いだったので、今回3年ぶりくらいでしょうかね。

無料で見て回れるし、参加型イベントも多いので非常に楽しめました。

このイベント、どういう訳かいつも晴天です。

赤レンガ倉庫も久しぶりに行きましたが、なかなかいいところですね。
倉庫の前には花がたくさん。


会場で一番最初に目についたのは、レクサスのLC
この車、今注文すると3年待ちってホントでしょうか?(驚)


LCの助手席に初めて乗る人には、オーナーがドアを開けてあげるか、開け方を教えてあげる必要がありますね。



NSXも二台展示されてました。





シボレー コルヴェット


コルヴェットの驚いたのがこのリアスポです。
空気抵抗強すぎのように見えてしまいます。



スバルは、アイサイトのデモ走行を行っていましたが、外から見ている分には、単に急ブレーキ踏んでいるようにしか見えませんでした。



ランドローバーは登板能力をアピールするためにスペシャルステージを用意。



しかし三菱はもっとすごかった。
まるで大空への発射台のようです。


マツダは赤メタリックで揃えてきたと思ったら・・・



まだデビューしてないエクリプスクロスも同じような色でした。
この手の色、流行っているのでしょうかね?




アケボノブース
この巨大なパッドは、新幹線のものです。
もしかして20ポッドのピストン?


これはソーラーカーか?


オレンジのニッサンGTR


このGTRは、随分豪華な内装でした。





ウラカンスパイダー
こういった車があると、華やかになります。



ウラカンの内装




アバルト124スパイダーも初めて見ました。
ボンネットが黒いとレーシー&クラシカルに感じます。



カウンタック



アベンタドールもすごいけれど、カウンタックのほうが見た目の衝撃度は強いか?


ベントレー コンチネンタル GTスピード



ベントレーの内装はいつ見てもすごいですね。


ベントレー ベンティガ

ベンティガの内装
これだけ素敵な白い内装だと、ドライバーの服装がよほどのものでない限り、内装に負けてしまいそうです。



ロータスヨーロッパ


ジャガーFタイプSVR
ケイマンっぽいクーペなのですが、Fタイプのほうがリアにボリューム感がありますね。


レーシングカーも何台か展示されていました。




ランドローバーのデモ走行が開始。
高さはそれほどでもないと思っていたら・・・



途中からぐぐ~っと持ち上げられ、なかなかの高さと角度に変化しました。
登りよりもこのように下りのほうが恐怖心は大きいかもしれません。




三菱は、階段やいろいろ楽しめる特設コースになっていました。
私は、勇気を出してこれに申込みしました



一番上は、45度と結構すごい角度です。
怖そうだな~


私は助手席に乗っていたのですが、だんだんと急になり・・・・

見えるのは青空だけになった頃に
「うぉおおおお・・・」
と誰でも絶対声をあげると思います(笑)。

あり得ない角度、すごい加速よりも大きなGを背中に感じます。
わかっていても、重心高いし、ひっくり返らないかと、怖いのなんの!!



清水さんのトークショーも見学してきました。
タイヤの安全性の話が中心でしたが、非常にためになるお話でした。



横浜名物の乗り物(名はわかりませんが)



駐車場にすごい二台を発見、と思ったら一日前に展示されていた車両のようでした。

助手席に乗って町を一周するイベントもあったのですが、スーパースポーツは早々と満員御礼になってました。

NSXとかR8とか乗りたかったな~


交通費はかかりますが、今の時代無料で楽しめるイベントは貴重ですね。
Posted at 2017/05/28 22:55:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月21日 イイね!

夜景とケイマン

夜景とケイマン
久しぶりにカメラを持って東京の街を撮影してみました。

実はレンズを落として壊してしまい、修理に出したら部品がないとかで、修理費支払って新品レンズに交換となりました。
そのレンズでは初めての夜間撮影。




江東区でなかなかいい場所を発見しました。


なるべくライト下に車を置きます。






前のレンズと基本同じなのですが、細かいところがモデルチェンジされていて、モーター音は静かだし、新しいこともあって幾分前のよりきれいに撮れるようです。







個人的にはちょっと暗いけれど、これ↓が一番気に入ったかもです。


落ちてしまうから仕方ないのですが、ガードレールが邪魔ですね。


今度はBRZで撮ってみます。


Posted at 2017/04/21 20:45:53 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月29日 イイね!

ディーラー企画のレッスン

ディーラー企画のレッスン「ドライビングレッスンがもてぎであるのですが、参加してみませんか?」

一か月くらい前にポルシェセンターに行った時、担当のK氏にお誘いいただきました。
いつの間にか、ディーラー単位でもレッスンイベントが行われているようですね。
セールスマンも大変です。


今回、午前だけのレッスンではありますが、参加費は高級弁当付で激安でした。

私は新品タイヤをあまり減らしたくないという思いもあったので、午前だけで丁度良かったかもしれません(汗)。





もてぎに到着すると、快晴で寒くもなく、絶好な運転日和でした。
もてぎの集合場所は、何だかおもしろそうなトレーニングコースです。


しかしここを使うのはマカン等SUVのみで、我々はもてぎの南コースという場所に向かいます。

今回集結したポルシェは新しいのばかりで、どういう訳かボクスター・ケイマンとマカンが非常に多かったです。





もてぎの南コース、広い駐車場にラインが引いてあって、簡易型サーキットという感じでしょうか。走るのは初めてです。

周回すればかなりスピードが出る(160km?)ようですが、今回は一周して順番待ちといったジムカーナに近い形式だったので、MAX120kmあたりか?

コースアウトやスピンしてもかなり安全なコースなのですが、目印がないのでポイントが掴みにくいような気もしました。


今回ごいっしょさせていただいたスパグラさんのアタック画像。

「初めまして」にもかかわらず、気さくにお話いただき寂しい思いをせずに済みました(汗)。

練習は1アタック50秒くらいで、待ち時間もほとんどなく、短時間の割にはたくさん練習できたし楽しめました。

私はインストラクターの操るカイエンGTSと718ボクスターSの助手席に多く乗って、参考にするようにしてみたのですが、やっぱり難しいですね・・・

インストラクターは、もてぎのインストラクターでしたが、さすが、いや感動するくらいお上手です。

それにしてもカイエンのGTSの走行にはたまげました。
ものすごい安定感で、SUVでも全然サーキット攻めれるんですね。

平日にもかかわらず、ディーラーの呼びかけで20名以上集まるのですから、企画としてご非常にすばらしいものと感じました。

PCの皆さま、スパグラさんお世話になりました。

今回の動画
Posted at 2017/03/30 00:04:32 | コメント(1) | トラックバック(1) | サーキット | 日記
2017年03月12日 イイね!

パナメーラターボ試乗と自転車

パナメーラターボ試乗と自転車




ケイマンのオーディオ(ボーズのみ)のリコール関係のため、ポルシェセンターに行ってきました。

丁度パナメーラのイベントをやっていて、運良く試乗させていただきました。

試乗したのは、パナメーラターボ!
550馬力、トルク78.5kgm!
トルクは、人生乗った車の中で一番。

最初スイッチがわからず戸惑い、動き出すとシートベルトを自動でキュッと締めてくれるあたり高級感を感じました(汗)。

乗った感じ、笑ってしまうほど強烈に速いけれど、頑張っている感がほとんどなく、車内はとっても平和です。

この前試乗したカレラS以上に気に入ってしまいましたが、車よりもこういうのがマッチする生活に憧れているのかもしれませんね(汗)。



店舗には自転車も置いてありました。
持ち上げてみると、超軽!
さすがカーボンフレーム。


下の画像は似たような形の私の自転車ですが、自転車に乗るようになってから、個々のパーツの差を実感します。
ポルシェの自転車、すべてが太くて頑丈に見えるんですよね・・・
重そうに見えるんだけど、持ち上げてみると軽い。

お値段が10倍近く違うのだから当然か?

出来ればポルシェの自転車も試乗してみたいものです(笑)。


それからケイマンのリアタイヤ、お役目終了となりました。

何かゴムが剥がれまくってました(汗)。

ポルシェのタイヤ、寿命早すぎです。
Posted at 2017/03/12 20:14:55 | コメント(3) | トラックバック(0) | | 日記
2017年03月04日 イイね!

ケイマンGTSとGT4でオーバルレッスン

ケイマンGTSとGT4でオーバルレッスン
「たまにはケイマンも酷使してみるか」と思い、GT4の弾丸パパといっしょに「ユイレーシングスクール」のレースではなく、スクールのほうに参加してきました。

ポルシェでオーバルコース走るのは、10年ぶりくらいでしょうかね。


レッスン初参加の弾丸号を拝見してみると・・・
何ですか?このブレーキ!

何でもカップカーと同じキャリパーらしく、その場停止しそうです(笑)。
これを見た後に自分のブレーキを見てしまうと、何だか心配になってしまうくらいローターが小さく感じますね。

それにこの軽量化!
助手席の人に窓の開閉操作の権利はないようでした(笑)。

タイヤもアドバンA052!
脚まわりもクァンタムと完全武装で、インストラクターのトムさんもその仕上がりぶりには、絶賛してました。

かわいい羽を上げて、少しだけ抵抗してみました。



午前の練習は、オーバルに慣れたBRZと違って、なかなかリズムが掴めませんでした。
何だかお尻がツルッと滑るんですよね~
一度コースアウトする失敗もしてしまいました(汗)。


しかし、午後になると、徐々に慣れてきて、いろいろ試すことができました。
一度トムさんに私のケイマンを運転してもらったのですが、お尻出まくりのドリフトマシンのようで、やっぱりリアが滑りすぎのようです。
「あ~スピンする~」と思ってもうまく修正してしまう様は、さすがですね。

私のは無改造なのですが、終了間際のタイヤでトレッドも剥離してきているせいなのか、車自体の個体差なのか、スポーツシャシーだからなのか、そもそもそういう特徴の車なのかはわかりません。
とにかくスピン防止装置のPSMカットで、限界域までいくとやたらリアが出ます。



今回、初めてケイマンでオーバルコースを走りましたが、BRZや987ボクスターと比較して、こんな感想を持ちました。

・アンダーステアが出にくい(フロントショルダーが減りにくい)
・PSMカットだと、リアが出やすい(加速でも減速でも出やすい)
・PSMがとっても優秀。ドライをスポーツモードで走っている限り、すごく自然に介入し、介入したのかしなかったのかがわかりにくい。BRZだけでなく前期モデルの987と比較してもかなりの差を感じ、カットしなくてもインストラクターにばれないのでは?(笑)。
・お尻が滑ってからのコントロールは、BRZのほうがやっぱり楽でケイマンのほうが忙しい。
といったところでしょうかね。


GTSとGT4の音の違いも検証してみましたが、音質はとても似ているものの、やっぱりGT4のほうが少し勇ましいですね。(どちらもスポーツモード)
GTSのほうが、アクセルオフ時のフォロロ・・・音は幾分大きめかもしれません。
弾丸パパ、初参加ながら煽りまくられました(汗)。


しかし楽しまれたようで誘った甲斐がありました(笑)。


そして今回のレッスンで、予想どおりリアタイヤはご臨終になりました。
P-ZEROもそうだったのですが、ある程度減ってから酷使すると、イーグルF1もトレッドが剥離しますね。

リアは12000キロで終了となりましたが、鈴鹿南一時間と今回のレッスン以外、高速道路メインだったことを考慮すると、もう少しもってほしいものですね。


最後に今回のレッスンに参加されていた方々の勇姿画像です。











ご参加された方々、お疲れ様でした。

Posted at 2017/03/04 23:53:02 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「[整備] #BRZ ブレーキフルード交換 ゴールデンクルーザー550AA http://minkara.carview.co.jp/userid/758358/car/1040738/4099313/note.aspx
何シテル?   02/05 21:15
Mokuと申します。 2016年10月、関西から関東に三年ぶりに戻ってきました。 現在は、青いスバルBRZ 6MTと赤いポルシェケイマン 6MT...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

 何しようかなぁー ・・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/05/15 15:13:16

ファン

65 人のファンがいます

愛車一覧

スバル BRZ スバル BRZ
ボディ色 WRブルーパール グレード RA 6MT OPはパフォーマンスパッケージと ...
ポルシェ ケイマン ポルシェ ケイマン
2015年4月納車。 グレード GTS ボディカラー カーマインレッド 内装 ブラック ...
ポルシェ ボクスター (オープン) 海苔僕 (ポルシェ ボクスター (オープン))
外装ダークオリーブメタリック、内装ナチュラルブラウン オプションは、PASM、スポクロ、 ...
スズキ スイフトスポーツ バナナ号 (スズキ スイフトスポーツ)
ほぼノーマルのままサーキットで酷使していましたが、すごいタフな車でした。 使用タイヤ  ...

過去のブログ

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.