• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

由埜のブログ一覧

2017年09月19日 イイね!

ミニッツ合宿part6

ミニッツ合宿part6※始めに:ミニッツ(MINI-Z)とは室内用ラジコンです。

前回開催から4ヶ月。第6回目のミニッツ合宿の開催になりました。




参戦メンバーは私/A氏/T氏/N氏の4名。

開催地は合宿ではおなじみになりつつあるエコキャンプみちのくです。





現着したら、手馴れた様子で和室のドアを外してリビングと貫通。

コース設営を行います。前回は2畳忘れて10畳コースでしたが、今回はフルセットの12畳コースです。

壁面は前回から採用した塩ビ管作成です。

前回の問題点だった、ミニッツでぶつかると”塩ビ管が抜ける”という点については今回で対策をとってみる。

今まで手締め(手でぎゅっと差し込むだけ)だったのですが、今回は木槌で叩いて組み上げます。

結果は良好。ほとんど抜けることなくいけますた。これはいいね。


あとの問題点は、コース外周の塩ビ管がズレる事ですかね。

コースアウト防止の外周がズレてしまい、片輪が脱輪して身動きとれず・・・ってのが多々ありました。どうしたものか。





晩御飯はやきそば、餃子、手羽先スモーク。





N氏のNEWマシン(AWD ブラシレス[青])

白インプレッサのホイールハウスを削って、ワイドホイールベース&ワイドトレッドのシャシーに載ってます(笑)






今回の朝飯ハンティング用武器(嘘)
私:VSR-10
N氏:M&P 9、MP7A1






そういえば参戦マシン集合写真取り忘れました(笑)

○私の参戦マシン
・MR02 フェラーリ F599XX
・MR03VE マツダ 787B
・MA015 (ドリフト) スバル インプレッサ(鷹目)
・MA020VE ランボルギーニ ムルシエラゴ
・バギー オプティマ(モンスター化)


○A氏の参戦マシン
・MR03VE フェラーリ458イタリア
・MR03 トヨタ 86
・MA020VE アウディ R8
・MR02 ポルシェ911 GT-1

 
○T氏の参戦マシン
・MR03 トヨタ スープラ


○N氏の参戦マシン
・MR03 トヨタ GT-ONE
・MR02 アストンマーチン DBR9
・MA20VE スバル インプレッサ(GRB)





今回の大きな破損の記録(爆)

○私
ムルシエラゴ:ボディサイド固定用パーツ折損によりリタイア


○N氏
GT-ONE:ホイールスポーク折損によりリタイア
DBR9:衝撃や暖気後の自動電源オフ症状発症(持病?)によりリタイア
インプレッサ:モーター線の基盤との溶接部折損によりリタイア




今回はリタイア車両が何台か出てしまいましたが、無事遊びきりました。

次回開催は来春でしょうかね?皆様また遊びましょう。
Posted at 2017/09/19 20:42:05 | トラックバック(0) | その他イロイロ | 日記
2017年09月14日 イイね!

プラグは大事

プラグは大事セローちゃんを一時的にツーリング用のギアレシオに変更しました。
(リアスプロケ55→48T、チェーンも交換)
※というかこれがノーマルなのですが

で、家の前でエンジンかけて問題ないか確認したら、
途中でエンストしました。

そっからセルは回れど一向に爆発せず・・・。

バッテリーではなさそうだし、ポンプの掛かる音もするので燃料でもなさそう。

じゃ、プラグかね。





単気筒のセローの一本しかないプラグさま。





なんというか、真っ黒としか言えない。

ご臨終のようで。

とりあえず、予備品(前回交換時の残り)に交換してみたら無事にエンジン掛かりました。

前回交換っていつだっけ?と思ったら2014年の4月でした。3年以上前ですか。





折角新しくするならとイリジウムプラグを買ってきました。

いつもNGKを使ってる(※)のですが適合するのがDENSOしか売ってなかったのでデンソー品になりました。
※デンソーはプラグ熱価の数字がわかりにくいのでキライ。

セロー純正はNGK熱価7番です。デンソーだと22番。なのでIX22を買いました。





イリジウムのこの尖った電極がいかにも良さそうですね。

さくっと交換して始動テストして無事に掛かりました。

プラグが変わった影響は・・・よく分かりません(爆)

よくなったんじゃないでしょうか(笑)


しかし、プラグ死亡とは。・・・そういえば他の2台(インプレッサ/R6)も同じ時期に交換したっきりだし、交換しておこうかな。



~オマケ~

プラグを買いに行ったついでにアルミメッシュも買ってきました。



赤メッシュ。





エアアウトレットに付けてみる。





い~んじゃないでしょうか。
Posted at 2017/09/14 20:50:25 | トラックバック(0) | セロー250S | 日記
2017年09月10日 イイね!

栗駒山へツーリング

栗駒山へツーリング栗駒山へツーリングへ行ってきました。

オンロードなので私はR6で、A師匠はオンタイヤのセローです。

600ccスーパースポーツとと250ccオフ車の組み合わせですが、オンロードタイヤを履いたセローはナカナカ速いのです。





大和IC近くのセブンで集合して出発。

日曜日でしたが、車も少なく快調に走れました。





師匠から「前へGO!!」のサインが出たので私が先頭でワインディングを失踪。←いなくなってどうする。疾走。

私は不慣れな道なので探り探りな走りですが、R6の得意ステージではそれなりのペースアップ。





栗駒山の西側を通るルートで須川湖まで行って一旦休憩。





師匠のセローのチタンエキパイが真っ青になってます(笑)。

汚れたからって磨いたらその後青くならなくなったとの事でしたが、「このくらいのペースで走れば青くなるのね」と(笑)。

のんびり走行では青くなるほどの熱がかからないのですね。

え、私のセロー?土泥が焼きついて茶色くなってますがナニカ?
※私の使い方ではチタンの綺麗な青さはムリ(爆)





須川湖。

まだ夏っぽい雰囲気ですね。あと一月もすれば紅葉ですけど。





栗駒山を東へ抜けて一旦下山し、南側から登頂するルートへ。

若干雨粒が降ってきますが・・・大した事なくやみました。





頂上の駐車場にてパシャリ。





眼下はなかなかの絶景ですが、ちょっと靄がかかってますね。

ここで景色を眺めながら、途中で買っておいたお昼を食べました。





あとは山を降りて南下。

花山まで戻ってくると、栗駒山をぐるりと一周まわれました。

あとは帰路につきました。

晴れの日の日曜日らしく、バイクも沢山居ましたね~。


オンロードワインディング主体のツーリングでしたが、楽しく走りきりました。

しかしワインディングだとどうしてもギアを落として走りたくなってしまい、燃費は悪くなりますね~(笑)

給油なしで走りきれるかと思ったら、途中でランプ点灯しました(笑)

まぁ、燃費もタンク容量もそこまで良くないバイクなので仕方ないですけどね~。


ともあれ天気にも恵まれ快走できました。A師匠また遊びましょう。

ちなみに、ホントは5月に鳥海山へ行く予定でしたけど仕事のトラブルで延期。そのまま繁忙期の6/7月へ入り乗れず。8月はひたすら雨。9月入ってすぐにも予定してたけど台風到来で延期・・・と。今回のツーリングまでなかなか時間を要しました(爆)




最後に地図ぐるっと一周。GPSって便利ですね。
Posted at 2017/09/10 20:20:23 | トラックバック(0) | YZF-R6 | 日記
2017年09月02日 イイね!

今度はブレーキ

今度はブレーキセローさまのアクセルを弄ったので、今度はブレーキを弄りました。

前に出るようにしたなら、止まれるようにもしないと!!

って言うほどの事ではないですけど(笑)


定番ネタのステンメッシュホース化です。







整備手帳:セロー フロントブレーキホース交換 
 

レバーを握ると「ぎゅむっ」としたタッチだったのが、かなり「ぐっ」としっかりしたタッチになりました。

これなら結構良い感じに止まれそうです。

ちなみに、今回はステンメッシュホースへの交換だけですけど、合わせて純正より径の小さいブレ-キマスターへ交換もやると良い感じらしいですね。

ステンメッシュでタッチが固くなるので、その分径の小さいマスターにする事でレバーストロークを増やす。とタッチが固くなりすぎず、利くブレーキになるそうな。

今回はとりあえずそっちまでは手を出しません。そのうち手を出すと思うけど。


ブレーキは今まで「止まればいいや」くらいの感覚でしたけど、そろそろジャックナイフにも挑戦したい。

いや実用性云々ではなく、只の遊びとしてね。

そろそろってか何度か挑戦してるんですけど、ブレーキが弱すぎて・・・。

重い車体(トレール車ですし)に、利かないブレーキ。できる人はこれでもできるんでしょうけど、少なくとも私はできない。そんな技術はない。

手っ取り早くできるに近づく為には、第一にブレーキがもっと利けばいいんです。これ以上車体を軽くするってのは難しいので・・・。

まぁ、フロントアップとかと違って実用性はまずないような技なので気長に練習していきますけど、何時できるようになるやら(笑)

でもジャックナイフの前にフローティングターンの練習が先のような気もする。精度グダグダで実用レベルじゃないですから(爆)




~おまけ~



インプレッサさまのエンジンオイル交換しました。

写真奥の青いジャッキ様は頗る調子が良いです。AIRを使うので全然力いらず。

この味を知ると戻れませんね~・・・。
Posted at 2017/09/02 18:17:33 | トラックバック(0) | セロー250S | 日記
2017年08月29日 イイね!

超!久々のバイク

超!久々のバイク7月末からの異様な雨続きで、仙台観測で6~9月の降水連続日数記録36日という史上1位の記録を打ちたてました。
(7/22~8/26)



待ちに待った晴れ・・・とはいかず曇り空ですが、ようやくバイクに乗れました。

乗るのはセローちゃん。忙しかった6・7月から雨の8月のまでの約3ヶ月ぶり。


R6ではなくセローをチョイスしたのは雨続きの頃にちょっと仕掛けをしてたので確認走行のためです。





整備手帳:セロー ハイスロ化


ちょっとした思い付きでハイスロ化してみたんです。

そもそもセローのスロットルって90°捻らないと全開にならないので、普通に街乗りとかで使ってる分には良いけど(持ち替えてもいい)、お山で遊んでたりする時は持ち替えてなんていられません。

つまり、フロントアップなどのアクションシーンでは全開にならない(できない)。

折角使えるパワーがあるのに使えない。なんか勿体無いですね。

使えるパワーが増えれば色々と便利な筈。特にフロントアップの時とか。

対して開け始めの低速は乗りにくくなるはず・・・。低速重視のFIセローは尚の事かも?


って事で、ハイスロ化してみました。

大体11%くらいハイスロ化(持ち替えなしで全開可)しましたが、乗ってみてどんなもんか確認が必要。





川にきてみましたが、連日の雨の名残で水量多いですね。ここは平時は水がなくて渡れる場所なのですが。





いつもの練習広場に足を運ぶも入り口が草で囲まれ通れず・・・。

通れそうな所から入ってみますが・・・。





このザマです(笑)

とてもじゃないけど走れる環境ではないですね・・・。





仕方が無いので砂利の広場へ。(砂利といっても結構草生えてますが)

ここで遊びましょう。


・・・結果から言うとハイスロ化しても普通に使えます。

というか普通です。びっくりするぐらい普通。


スロットル開け始めは確かに若干ギクシャクするかなと感じたけど、すぐ慣れました。

フロントアップも気持ちやりやすくなったかなぁ~・・・うん。ってくらい。悪くはないけど劇的に良くなる訳でもない。
※一回勢い余って捲れそうになったのはナイショ。

結局はハイスロ化しても、使いたい出力が出るスロットル開度に無意識に調整して乗ってしまうのであまり差を感じないのかも。

でも、大きな出力を出したいときは前よりも出るのでそこは良いですね。
(※今まで90%開度でしか使えなかったのが100%開度で使えるようになった為)

使えてなかった最後の10%を使おうと思えばすぐに使えるってのは良い事。18PSしかない非力なセローには特に。

これで乗り方に幅が広がる。って言えればいいんですけど。まぁそこはライダーのへっぽこな腕前が足を引っ張るのでなんとも(爆)

折角できた余裕しろをうまく使えるようになりたいですね~。
Posted at 2017/08/29 20:58:17 | トラックバック(0) | セロー250S | 日記

プロフィール

「更新情報・・・9/19ブログ「ミニッツ合宿part6」」
何シテル?   09/19 20:43
はじめまして、由埜(ゆの)です。 ★できるだけ面白可笑しくをモットーに日々のクルマやバイク等に関する事を  書き綴っていきます。 ★クル...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ファン

120 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
2009年夏に三菱RVRから乗り換えました。 当然新車は無いので中古です☆ 新車インプS ...
ヤマハ YZF-R6 ヤマハ YZF-R6
念願の大型バイク。600ccスーパースポーツ。 2007年モデル。 このデザイン、この色 ...
ヤマハ セロー250 ヤマハ セロー250
2008年式FI車。 オフ車はセロー。と言う事でセローを購入。 キャブよりも低速に強 ...
イタリアその他 その他 イタリアその他 その他
※過去所有車です 初バイク。50ccフルサイズレーサーレプリカです。 こう見えても ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.