• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

けろさんのブログ一覧

2017年11月27日 イイね!

羊蹄山麓のふきだし公園(ピカソで行く北海道旅行 その9)

羊蹄山麓のふきだし公園(ピカソで行く北海道旅行 その9)(9月の旅の様子を今頃投稿してます。備忘録代わりなのでご容赦ください)

ピカソで行く7泊8日の北海道旅行 7日目

今回の旅では私が一人でピカソで出発し、先行してフェリーで北海道へ
5日後に家族が飛行機で合流という変則的な旅となりました。
(その1 新日本海フェリーで渡道ー帯広泊)
(その2 ナイタイ高原牧場)
(その3 士幌線タウシュベツ川橋梁跡ー浜頓別ー猿払)
(その4 猿払ークッチャロ湖ー宗谷岬)
(その5 稚内ー豊富温泉ー北竜町 道の駅)
(その6 1日1往復のJR札沼線乗車)
(その7 三笠鉄道村)
(その8 新千歳空港で家族と合流し登別温泉へ)

家族と合流し登別温泉で一泊した翌日は、雨の中 羊蹄山の麓にある京極町まで移動
道の駅で家族で初めてピカソでの車内泊

翌朝は前日とはうって変わっていい天気
道の駅の丘の裏には雲を被った羊蹄山が



道の駅の丘に登ります。




丘の上からの景色


ここで Jアラートが鳴りました。

道の駅の公園内には「ふきだし公園」があり、名水百選に選ばれた「羊蹄のふきだし湧水」が

昼間はこの名水目的の団体客が観光バスでぞくぞくやってくるので、まだ人気のない早朝に名水で顔を洗い 水を汲みました。







道の駅の公園で 北海道限定「山わさび」のおにぎりやちくわパンなどで朝食
子供向けの遊具もあったので家族でのんびり過ごしました。



遊具でしばらく子供を遊ばせた後、洞爺湖方面へ出発
Posted at 2017/11/29 22:38:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ・旅行 | 旅行/地域
2017年11月27日 イイね!

新千歳空港で家族と合流(ピカソで行く北海道旅行 その8)

新千歳空港で家族と合流(ピカソで行く北海道旅行 その8)(9月の旅の様子を今頃投稿してます。備忘録代わりなのでご容赦ください)

ピカソで行く7泊8日の北海道旅行 5日目の続き

まずは私が土曜日に一人で出発し、先行してピカソとともにフェリーで北海道へ

帯広ーナイタイ高原牧場ー士幌線廃線跡 タウシュベツ川橋梁ー幌加温泉ー上川ー紋別ー浜頓別ー猿払ー宗谷岬ー稚内ー豊富温泉ー札沼線乗車ー三笠鉄道村とピカソでのひとり旅を満喫

休みの都合が合わなかった家族は5日遅れの水曜日に松本空港からFDAの飛行機で新千歳空港へ
ここから合流して家族旅行となりました。

(その1 新日本海フェリーで渡道ー帯広泊)
(その2 ナイタイ高原牧場)
(その3 士幌線タウシュベツ川橋梁跡ー浜頓別ー猿払)
(その4 猿払ークッチャロ湖ー宗谷岬)
(その5 稚内ー豊富温泉ー北竜町 道の駅)
(その6 1日1往復のJR札沼線乗車)
(その7 三笠鉄道村)

見所いっぱいの三笠鉄道村に後ろ髪引かれつつ、最短ルートを考えながら空港へ大急ぎ
なんとか飛行機の到着時刻にギリギリ間に合い、無事家族と合流できました。

途中 道路脇にいる大きな角のエゾシカを目撃

まずは支笏湖へ


特徴的な形の樽前山


学生時代に登った恵庭山
支笏湖を見下ろすお気に入りの山


この日の宿泊地 登別温泉へ移動

宿にチェックインする前に大湯沼へ立ち寄り






登別温泉のホテルに宿泊


夕食はバイキング形式
娘のお目当はチョコレートフォンデュ


部屋でのぼりべつ地ビールを



ホテルでは温泉を堪能

翌朝 出発前に徒歩で地獄谷へ





ピカソで登別市内の水族館 登別マリンパークニクス



お気に入りのチンアナゴ と ダイオウグソクムシ



イルカショーに娘も大満足

この日は洞爺湖に行く予定でしたが、本降りの雨が降って来たので予定を変更
オロフレ峠経由で羊蹄山麓の町 京極町

日帰り温泉施設で入浴し、道の駅で家族で初めての車内泊
Posted at 2017/11/27 12:25:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ・旅行 | 旅行/地域
2017年10月28日 イイね!

三笠鉄道村へ(ピカソで行く北海道旅行 その7)

三笠鉄道村へ(ピカソで行く北海道旅行 その7)(9月の旅の様子を今頃投稿してます)
ピカソで行く7泊8日の北海道旅行 5日目 その2
(その1 新日本海フェリーで渡道ー帯広泊)
(その2 ナイタイ高原牧場)
(その3 士幌線タウシュベツ川橋梁跡ー浜頓別ー猿払)
(その4 猿払ークッチャロ湖ー宗谷岬)
(その5 稚内ー豊富温泉ー北竜町 道の駅)
(その6 1日1往復のJR札沼線乗車)

1日1往復しか列車が走らない JR 札沼線の浦臼ー新十津川 間を往復乗車した後、この日 2ヶ所目のテツな場所 三笠鉄道村を訪れました。

着いた早々 駐車場脇に展示されている車両達に既に興奮

かつて釧路の太平洋炭鉱を走っていたナローゲージの電気機関車の前にピカソを停め、記念撮影



キロ26
北海道専用車両独特の通常よりも小さな窓がソソります。






かつてはここ幌内と幾春別まで国鉄幌内線が走っていました。


駐車場で既に興奮して何枚か写真を撮った後、やっと三笠鉄道村に入園


実は当初あまり期待していなかったのですが、予想に反して展示車両が充実していてビックリ!

DD15


DD14



操重車 ソ80とチキ6000
列車事故が起こった時に出動するクレーン車


北海道専用の窓が小さいキハ56とキハ22


キハ22とDD51


ソ80とDD16


救援車スエ32


キ100


キ700
構内除雪用の広幅雪かき車だそうですがマイナーな車両好きの私もよく知りません



救援車スエ30とスエ32


ED76 500番代とDD13


ED76 500番代


車内に入れます






DD13




9600


C12



キシ80
レストランとして営業しているようです。


DE15にセキ6000、ワム6000


写真はありませんが、実は館内も見所満載

でも後ろ髪を引かれつつ短時間で見学切り上げ

三笠鉄道村 ここ当たりです。
またいつか来よう。

この後、私の出発から4日遅れで松本空港から飛行機で渡道してくる家族を迎えに新千歳空港へ急いで移動

この後は家族旅行の始まりです。
Posted at 2017/10/29 00:12:41 | コメント(3) | トラックバック(0) | ドライブ・旅行 | 旅行/地域
2017年10月26日 イイね!

1日1往復のローカル線(ピカソで行く北海道旅行 その6)

1日1往復のローカル線(ピカソで行く北海道旅行 その6)(9月の旅の様子を今頃投稿してます)
ピカソで行く7泊8日の北海道旅行 5日目の午前
(その1 新日本海フェリーで渡道ー帯広泊)
(その2 ナイタイ高原牧場)
(その3 糠平湖ー幌加温泉ー上川ー紋別ー雄武ー浜頓別ー猿払)
(その4 猿払ークッチャロ湖ー宗谷岬)
(その5 稚内ー豊富温泉ー北竜町 道の駅)

雨降る中 稚内から南下して21時頃にたどり着いた北竜町の道の駅 サンフラワー北竜 で車内泊した翌朝
この日はまず、1日1往復しか列車が来ないローカル線の終着駅 札沼線の新十津川駅へ

始発であり かつ最終でもある列車の到着前だったので誰も人はいません。







列車は午前の1日1往復のみ
到着した列車がそのまま折り返すだけの運転

当然定期券利用客など存在しないでしょう
(だれか定期券買いませんか?)


駅舎内にはいろいろ貼られています。



新聞記事も





駅前には大きな総合病院があり、近くにコンビニがある市街地も
1日1往復しか走らないローカル線とはとても想像できない環境
でもみんな車を利用するのでしょうね。

札沼線は浦臼ー新十津川間のみ1日1往復です。
ピカソで浦臼駅へ移動



浦臼から石狩当別方面には6本列車があるのに、新十津川行きは朝の1本のみ
つまり始発列車が最終列車ということ


浦臼駅から函館本線の滝川駅方面に行くバスの時刻表
なんと石狩当別から来る列車が到着する5分前にバスが発車する不親切なダイヤ



時刻表通り無情にも列車到着5分前に滝川行きのバスは発車
客を一人も乗せずに(列車に接続すれば少しは客乗るんじゃないの?)


町営バスも走っています。



浦臼駅で列車の到着を待ちます。




石狩当別から来た新十津川行きの列車が到着
くどいようですが1日1往復









浦臼駅からは私を含めて3人の旅行者が乗車
車内は各ボックスに一人+ロングシートに数人という程度の乗車率

1駅目 鶴沼駅


ずっと田んぼの中を真っ直ぐ走るので景色は単調気味


2駅目 於札内駅


3駅目 南下徳富駅 このあたりで下車した人がいましたが、撮影のためでした。



4駅目 下徳富駅


終点 新十津川駅に到着
保育園児がお出迎え





1日1往復の最終列車で浦臼に戻ります。
(まだ午前中ですよ)

保育園児がお見送り


この日 車と列車で2度新十津川駅を訪れて駅周辺には街があることは分かりました。
1日1往復しか列車が来ない終着駅から感じるど田舎というイメージとは異なります。

列車本数が少ないから乗る人がいないのか?
乗る人がいないから列車本数が少ないのか?

とはいえ、最低でも1日3往復は走らないと鉄道として成り立たないですね。

いつまで存続するのか気になります。


浦臼駅に戻ったらピカソで次なるテツな場所へ移動


(北海道旅行のブログというより まるで鉄道ブログのようになってきた ^^; )
Posted at 2017/10/27 15:01:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ・旅行 | 旅行/地域
2017年10月23日 イイね!

稚内ー豊富温泉ー北竜町(ピカソで行く北海道旅行 その5)

稚内ー豊富温泉ー北竜町(ピカソで行く北海道旅行 その5)(9月の旅の様子を今頃投稿してます)
ピカソで行く7泊8日の北海道旅行 4日目の午後
(その1 新日本海フェリーで渡道ー帯広泊)
(その2 ナイタイ高原牧場)
(その3 糠平湖ー幌加温泉ー上川ー紋別ー雄武ー浜頓別ー猿払)
(その4 猿払ークッチャロ湖ー宗谷岬)


稚内港の北防波堤ドーム


稚内の回転すし屋で昼ごはん



新しくなった稚内駅
軒下で寝袋にくるまって駅寝(野宿)していた頃とはほど遠い雰囲気


綺麗すぎて最果ての旅情がなくなったのは残念
これでいいのだろうか?

駅舎が南側に移転し、かつての終点がモニュメントとして残されています。


改札口が近代的に


旭川行き特急サロベツ4号が停車中




稚内副港市場でホッケの干物など乾き物系のつまみやとろろ昆布などを土産に買った後、日本海沿いに南下していきます。

サロベツ原野を走ります。
お気に入りの道ですが残念ながら雨で利尻島は見えず。


途中 宗谷本線の抜海駅に寄り道
駅舎の表側は綺麗にリフォームされていますが、


ホーム側は昔ながらの味がある木造駅舎




宗谷本線 列車が少ない
これじゃあ乗りたくても利用できないな


サロベツ原野と豊富温泉の玄関口の駅 豊富駅
学生時代に駅舎内で駅寝(野宿)した思い出があります。
現在は駅舎内に喫茶店がオープンしており当時とは雰囲気が少し違います。


豊富駅の横には救援車オエ61の展示が


かなり朽ちてる


豊富温泉の日帰り入浴施設 「ふれあいセンター」
お気に入りの温泉の一つです。

石油くさい独特の泉質がクセになる。
アトピーなどで悩んでいる人が湯治に通う温泉です。


まだ200kmほど走らなければならないのに、2時間近く居座ってしまいました。

幌延ー羽幌ー留萌と雨の中 日本海沿いを南下
留萌から一部高速道路
21時頃 この日の目的地 道の駅 サンフラワー北竜に着きました。

雨の夜間走行で淡々と走って来たので晩御飯の買い出しも忘れました。

近くのコンビニまで距離があるので、残っていた菓子パンでひもじい晩御飯
買っておいたビールと雄武で買った韃靼そば焼酎で晩酌

車内泊した道の駅サンフラワー北竜
温泉もあります。





翌日 遅れて来た家族と合流
でもその前にテツな場所を2つ訪れます。
Posted at 2017/10/23 17:09:34 | コメント(3) | トラックバック(0) | ドライブ・旅行 | 旅行/地域

プロフィール

「しまった!このラウンジの奥にカクテルも飲めるバーカウンターがあるのに気づきました。既にビールで満腹なので断念」
何シテル?   12/11 16:35
ケロさんです。関西出身で長野県在住です。欧州車のある生活に目覚めこのサイトに登録しました。「晴耕雨読」、いつかこんな生活ができたらいいなあと思いつつ、しがない会...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

RS3がもっと愛おしくなる 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/19 16:59:33
神々の国出雲へ・・・最後の定期寝台特急サンライズ出雲 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/01 22:57:20
中華製 Z型雲台 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/21 22:13:36

お友達

2台続けてフォルクスワーゲンに乗っていましたが、ずっと次こそはシトロエン と思い続け、このたびやっとピカソのオーナーとなりました。ピカソとゴルフの2台体制です。クルマだけでなく、旅、酒、鉄道、飛行機などいろいろ好きです。
車種に関わらずお気軽にお誘い下さい。
162 人のお友達がいます
渓山遊人渓山遊人 * ととちととち *
YOKOYOKO * ezoflatezoflat *
Gris BorealGris Boreal * topicdesaignetopicdesaigne *

ファン

38 人のファンがいます

愛車一覧

シトロエン グランドC4ピカソ シトロエン グランドC4ピカソ
いつかはシトロエンという思いをやっと実現しました。 操作系の難易度が高いのでこれから勉強 ...
フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント
ゴルフヴァリアントです。色は迷いましたが、思い切って赤に。122馬力仕様で妥協したつもり ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
ゴルフⅤのGLiです。初めての欧州車。それまで外車には批判的でしたが、この車に乗ってから ...
マツダ ベリーサ マツダ ベリーサ
奥さんの車です。最近のものは熟成されたのか高評価のようですが、年式が古いのは物足りない気 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.