• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

corvette82のブログ一覧

2017年12月14日 イイね!

水温センサー不良

水温センサー不良先週、鹿岳行きで関越、上信越をVetteで走りましたが、水温が全く上がらずメーターは左振り切りなのです。ヒーター全開でも寒い寒い。
11日に帰って来てトミーズさんに持っていき入庫。サーモスタットを160度から180度に、センサーを換えたとの事で夕方引き取りに伺います。
15分位で自宅に帰るとオーバーヒート、リザーバーからゴボゴボッとクーラントが溢れます。その音で解ったのですが。
モーターファンはエアコンが入ると回る様にしているので、エアコンを入れます。そして切ってもファンは回っています。センサーではという事で再入庫。
初期不良交換で落着。

しかし、モーターファンの威力は凄いですね。右にほとんど振り切りが4、50秒で定温に戻りました。
今日は江東区に出かけたのですが、写真の位置で温かい。ほかほかに効きます。



水温がおかしかったのはセンサーだったのですかね、ほんのちょっとの事なのですが。

江東区南砂で前の中型ダンプの運転席後ろに貼り紙が。


「誘導なしではバックしません」と書いてあります。2台いて両方ともです。



まー、バックはしないにこした事は無いですよね。ダンプは死角がありますし。



11日に路面凍結で中止した南牧村の立岩(たついわ)です、今年中に行きたいですね。スタッドレス車をレンタルして。
Posted at 2017/12/14 20:58:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2017年12月12日 イイね!

鹿岳(かなたけ)

鹿岳(かなたけ)懸案だった群馬県南牧村(なんもくむら)の鹿岳を登って来ました。とても良かったですね。10日は山奥の旅館に泊まり、女将や地元の方と話して面白かったですね。
南牧村は日本一の過疎の村で少子高齢だそうです。80代の方が多いとの事です。
砥石鉱山があって徳川幕府の天領だったのです。昔は金山、銀山と同じ位、重要だったのでしょうね。今は砥石は人工的に出来る様になり、砥石鉱山は過去の遺物となってしまいました。

鹿岳は猫耳の様な山で、知ってしまうと非常に気になるのです。10日5時前に出て上信越下仁田IC下車、IC近くのセブンで朝食、鹿岳登山口に8時前に到着して登りました。



南北に並び、写真の左、西側の南牧村の集落から登ります。東側の下仁田側は登山道はありません。2つの岩峰のつながっている所を鞍部(あんぶ)と呼びますが、下仁田側はのぞき込む様な絶壁です。
手前の南側を一の岳、後ろを二の岳と呼び、二の岳の方が何10mか標高が高いです。360度の眺望で素晴らしく、登山をされる方にはお薦めです。



絶壁の高度感や鎖場があり、登山経験の無い方は難しいかも。



二の岳山頂から一の岳を。見下ろす感じになります。左に見えるのが四つ又山で、この山を登って降りたので、下山は14時になりました。



山頂から北側、荒船山、浅間山、妙義、赤城、榛名、尾瀬の山々も見え、1時間いてもあきないでしょう。



下仁田IC付近からです。上信越を走っていても見えますね。

11日は立岩(たついわ)に登りたかったのですが、道路凍結で諦めました。



10日午後も象ヶ滝や三段の滝と思って途中まで行ったのですが、凍結表示で諦めています。
新緑の頃ですかね。
先週もブロぐりましたが、黒滝山不動寺、線ヶ滝等、ドライブや観光でも南牧村はお薦めです。


Posted at 2017/12/12 10:13:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 登山 | スポーツ
2017年12月07日 イイね!

Tバールーフ内張りの清掃、その2

Tバールーフ内張りの清掃、その2横のところが超きれいになったのに味をしめて、天井部分とフロンガラス手前の部分もトミーズさんに外してもらいました。


フロントグラスに付く部分はプラスティックです、グラストップ中央に付く部分は合板に内側は冴えない塩ビの吹きかけ、外側はビニールとプラの中間位の感じです。



中央の内側はむき出しになっています、これはグラストップから雨水が入ってくるからと思います。


このリアガラスに付く黒い部分が垂れてくるのです。前にムーンオートさんで直してもらってアルミプレートで整形してもらったのですが、またはがれて垂れてきました。

中央のビニールっぽいのはレンジクリーナーできれいに落ちますが、フロントのプラスティック製は落ちないですね。


中央部分は結構落ちました、云Good。ただ、横の部分は陽に焼けているのでしょう、茶色いのが落ちないです。




Tトップ周りの内張りを全て外していますが、これはこれでスパルタンで良い感じ。スポーツカーだからでしょう、セダンだとこうはいかないでしょうね。




Posted at 2017/12/07 19:48:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2017年12月05日 イイね!

ミシュランPS4のインプレ

ミシュランPS4のインプレ整備記録にもありますが(参照されて下さい)、フロントのPS4ですがポテンザS001に比べて柔らかい、しっとりした感じです。ゴツゴツ感がなくなった感じ。
C3は超フロントヘビーなので、フロントタイヤがインパクト強いとは思います。
PS4は今年春の製品です、ポテンザは何年も前の製品です。高性能スポーツタイヤは、そんなに出ないし今は商売にはならないでしょうね。ポテは新製品は何年も出てないですものね。

もちろんスポーツタイヤですから固いです。田舎の国道の路面は荒れてますので、勘弁してくれよという路面もあります。


Leeのホワイトジーンズですがタグが凄いんですよ、えーって感じに。


ま、こだわりでしょうか、一般の方は解らないと思う位に。一応ライセンスはアメリカから購入してるのですね、エドウイン生産ですが。


仕立てはしっかりしています。右フロントポケットのコインパースが半月型なんですよ、初めて見ましたが。普通は四角じゃないですか。何時もここにマンションの鍵を入れてるのですが、おさまりが悪く自転車で鍵を落としてしまいました。1本2万近いので・・。



ホワイトジーンズは何本も持っているのですが、先月、銀座で呑んで帰る時に年配のホステスさんが「Leeやエドウインは良いわねー」との事。Leeはエドウイン生産です、あー解ってるんだなと思いました。
お洒落な方は、さもありなん、ですね。



Posted at 2017/12/05 21:19:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2017年12月04日 イイね!

先週末は南牧村で過ごしました

先週末は南牧村で過ごしました群馬県の南牧(なんもく)村と読みます。長野県にも同名の村がありますが、そちらは南牧(みなみまき)村と読みます。
黒滝山登山がメインで伺ったのですが、登山口の黒滝山不動寺は禅宗の古刹で3つの岩峰の下にあります。


ここ目当ての観光客も引きも切らずです。


山門前には樹齢1200年の県指定天然記念物の杉がそびえています。


700m下の第1駐車場に車を停めて歩きます。崖の上に寺と岩峰が望めます。


山門脇のもみじが色づいています。


入口には崖上に鐘堂があります。寺は崖上に細長く各堂が並んでいます。


黒滝山登山の後、反対側の上底瀬(かみそこぜ)という集落に出て、軽トラしか走れない林道を戻ってくるのですが、放置された何段もの石垣の段々畑が随所にあり、6、70年前はこの山奥に生活者がいた事が偲ばれます。


落差35mの線ヶ滝です。立岩(たついわ)登山口にあり、車で行けます。この滝は一見の価値があります。螺旋階段が設置されており滝壺まで降りる事ができます。


滝の前に停めたVetteです。


行く途中の集落から見上げた立岩です、おおーっという感じです。



黒滝山から見た鹿岳(かなたけ)です。鹿の角というより猫耳という感じですね。この鹿岳と立岩は近々に登りたいと思います。どちらも片道1時間ちょっとですね。

今回は観光は線ヶ滝、不動寺、蝉の渓谷、大仁田神社と伺いましたが、次回は南牧村三名滝の三段の滝や象ヶ滝にも伺いたいですね。



Posted at 2017/12/04 17:06:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | 旅行/地域

プロフィール

「水温センサー不良 http://cvw.jp/b/761840/40850402/
何シテル?   12/14 20:58
corvette82です。経営コンサルタントして再生,起業、公開に携わって参りました。お話しがありますと幸甚です。https://twitter.com/cor...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

【新機能追加】フォトアルバム機能ができました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/14 11:50:36

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

シボレー コルベット クーペ シボレー コルベット クーペ
1982年に最新のパーツを投入しています。足回りとブレーキは強力です。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる