• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

*Cherry*のブログ一覧

2017年05月10日 イイね!

*憧れの大地 冬の美しさ* ~冬の富良野・美瑛④~

*憧れの大地 冬の美しさ*  ~冬の富良野・美瑛④~こんばんは♪
とっても時間が開いてしまいました。
5月の半ばになってしまったけれど
北海道の撮影旅行の最後の日のブログをアップしますね。
季節外れですがよかったら見てくださいね。








いよいよ撮影旅行も最後の日になりました。

初めてひとりで参加した撮影の旅。
最初はだれも知らない人ばかりだったけど
3日目になるとお互い楽しく話もするようになって
ずいぶん仲良くなりました(*^_^*)



普通の観光旅行とは違って撮影のための旅だから
一日の動きはずいぶん特殊だったけど
それが自分の撮影のスタイルに合っていたので
どんなに早起きをしようと
どんなに凍りつくような寒さであっても
どれもワクワクした時間でした♪



*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

3日目の朝も早かった。
早朝撮影の出発は4時)^o^(

この日の朝一番は
⑭千望峠

1.日の出前



三日目の朝も天気がよくて
寒さも一段と厳しかった。
2.色づく芦別岳




3.朝の気配



日の出がだんだん近づいてきたんだけど
もう少しで顔を出しそうでなかなか出てこないよ。
4.山の端


上富良野の駅だろうか
列車の走る音が遠くに聞こえたと思ったら
動いている姿を捉えることができたよ。
5.夜明け前の列車



いよいよ朝日が顔を出したよ。
6.山の上からおはよう




朝日は雪の上に長い影を作り出してゆく。
7.



雪原に続く動物の足あとも影を落として
8.



明るくなって気が付いたんだけど
木々の周りにはわさわさと氷の結晶がくっついていたよ。
9.




10.棘とげの光



それが不思議な世界に見えて
しばらくこの妙なオブジェの虜になってしまった(*^_^*)
11.光の海




12.ばんざ~い




13.こびとのかけっこ




14.子ぎつねの足あと




15.虹色の輝き




16.きらきら




どこまでも続く雪原
17.


千望峠の朝は
カメラを凍らせ、スマホがシャットダウン。

すごい寒さだったけど
寒いからこそ見られた景色や木々の輝きが素晴らしかった。
こんな世界を体験できたことは本当に幸せだったよ。



その後 
朝食をとり 温泉に入って
次の場所へ出発。

着いたのは親子の木が見える場所。
近くまで行くことはできなかったけど
遠くから見るのもいいものだね。

この木は親子の木ではなくその隣に立ってたかわいい形の木。

18.すくっと立って



そして親子の木。
丘のむこうに湧き出てた雲がいい感じだったよ。

19.並んで



午後は札幌へ移動。
そして帰りの飛行機に乗り羽田空港で解散。
この旅は終わるのでした。








ちょっとみんカラをはなれていたのは
いろいろ思うこともあってのことでした。
その話はまた改めて。
Posted at 2017/05/10 23:37:28 | トラックバック(0) | 撮影会 | 日記
2017年03月18日 イイね!

*雪の中の木を巡る*  ~冬の富良野・美瑛③~

*雪の中の木を巡る*  ~冬の富良野・美瑛③~今日は撮影旅行二日目の午後のお話になります(*^_^*)

真っ直ぐ伸びる線路の先を曲がって行った列車を見送ったあと
私たちは途中のホテルで昼食をとりました。
お昼のメニューはカレーライス。
本当はスープカレーが食べたかったんだけどな・・・
いつも食べてる普通のカレーライスだった(笑)






立ち寄ったホテルはやはり高い丘の上にあって
そこからの見晴らしはすごくよかったよ。
雪をかぶった山々と雲がいい雰囲気だった。

1.観音様も見ている



雪原の上にはいつもキタキツネの足あとが残っていて
たくさんのキツネたちがここを行き来してるんだね。

2.キツネたちの通り道




次に訪れたのは
⑩セブンスターの木 のある丘

葉っぱがなくてちょっとおどろおどろしてたけど
とっても大きな木にエネルギーをたくさんもらったような気がした♪

3.エネルギーチャージ


この木は柏の木なんだって。
あの柏餅の葉っぱの木なのかなぁ?
これならたくさんの柏餅が作れそうだ(*^_^*)



今度は
ちょっと遠くから撮ってみたよ♪
照りつけるお日さまの光が夏のように眩しかった。

4.丘へ続く道




そして
前にここに訪れたときにお気に入りになった白樺並木

5.自動販売機のある風景


赤と青の自動販売機も相変わらず仲良く並んでたよ♪
でもね・・・
冬季閉鎖中で使用できなかったのが残念(^_^;)





天気がよくて道路の雪がとけてきてたよ。
これを見ると美瑛にも確実に春が近づいているの感じたんだ。

6.並木のリフレクション




並木の丘を 前と同じアングルで撮ってみた。
5月は緑の草原だったところが 今は真っ白な原っぱになって
景色も少し違って見えたけど
あの日と同じように並木のむこうには 
もくもくと雲が生まれていたよ。

7.雲の丘




その中の雲が一つだけ
上に上がっていったと思ったら
並木たちがいっせいに手を伸ばして
その雲を胴上げし始めたんだ♪

わっしょいわっしょい・・・
ん・・・?
それはお神輿だね(笑)

8.雲の胴上げ


やっぱり ここの景色が好きだ♪




この足あとはどこまで続くんだろう
生まれたての雪原に初めて足あとをつけるキタキツネ
どんな気持ちで歩いてたのかなぁ

9.雲へ続く足あと




キツネの足あとを見ていたら 小さな一本の木を見つけたよ♪

その木はか細い足で立ってたけど 
丘のむこうに見えたまん丸な木と何かお話しているようにも見えたよ。

10.小さいくんと真ん丸くんのおしゃべり


360°真っ白な大地を見ていたら
心が清められていくように目の前も真っ白になっていくような気がしたよ。
あ・・・・それは雪の白さに目がやられそうになったんだった(笑)

眩しくても素晴らしい光景だったんだ(*^^)v





この丘を堪能した後は
またバスに乗って次の場所へ・・・

トイレ休憩に寄った
⑪北西の丘展望公園

ここにもたくさんの足あとが模様を描いてたよ。
雲から天使の梯子も下りてきた。

11.縦横無尽




これは移動中のバスからの風景
雪上車?の通った跡かな・・・
こんな風景もとっても素敵に見えてしまう。

12.雪上の帯




移動中に辺りがだんだんと暗くなってきたよ。
日が長くなって来たとはいえ 
夜の帳が下りるころには寒さも厳しくなっていったんだ。



そろそろ丘にお日さまが沈むころかな。
その時この場所に着いたんだよ♪

それは
⑫クリスマスツリーの木
のたっている丘

13.丘に沈む




クリスマスツリーの木の向こうに沈む夕日ねらいだよ♪
雪の上に面白い影が映ってたのがステキだった。

14.影遊び



夕陽に照らされて雪がキラキラ虹色に光ってた。

15.一日の終わりに


そしてお日さまは 静かに沈んでいったんだ。
雪原の中に佇むクリスマスツリーの木。

16.ひとりぼっち



お日さまが沈んだ後は 東の空に月が上がってきたよ。

17.月の雪原



こんなことして遊んでみた

18.マッチ棒の灯り





19.月はここ




20.捕えられた月




クリスマスツリーの木の撮影が終わり
ホテルに帰るのかと思ったら
鉄道好きの講師 すぎっち先生がまた駅に寄っちゃったんだ(笑)

その駅は 
⑬美馬牛駅(びばうしえき)

21.月の見守り


富良野線の小さな駅だった。
列車はきっと来ないよね・・・なんて話してたら
カンカンカンカンと踏切の音が聞こえて列車が駅に入ってきたよ。

なんと今日2回目の列車だよ。
四つの目玉が近づいてきた(@_@。

22.四ツ目




今日の仕事を終えた人や学生さんが数人下りた小さな駅だった。
夜の列車って何だかジーンときちゃうね。
23.夜汽車に乗って


今日もみなさまお疲れさま(*^_^*)
そして本日の撮影も終わりだよ。

撮影旅行三日目につづく。
Posted at 2017/03/19 09:37:53 | トラックバック(0) | 撮影会 | 日記
2017年03月17日 イイね!

*始まりは朝焼けから*   ~冬の富良野・美瑛②~

*始まりは朝焼けから*    ~冬の富良野・美瑛②~
カメラマンと釣り人の朝はとっても早い(笑)






この旅は撮影の旅だから
朝はゆっくり寝ていることなんてできないの。
出発日の朝も3時半に起きたけど
旅の2日目も同じく3時半に目覚ましをセット。
前夜は気持ちが高ぶっていたせいか布団に入ってもなかなか寝付けず・・・
寝ないとだめ・・・と思っていたらいつの間にか眠ってたようで
微かに聞こえてくる目覚ましの音にびっくり(@_@。


カーテン越しの窓の外はまだ真っ暗。
それでも月明かりがほんのりと雪原を照らしているのが見えたの。
期待していた雪は降っていなくてちょっぴり残念だったけど
朝日は期待できそう♪

1.朝の月明かり



部屋の中はとってもここちよい暖かさだったから
外で凍えないように
上半身5枚重ね、下半身も5枚重ね(笑) 
それにカイロを2つ
厚手の靴下の裏にもつま先用のカイロを貼り付け
防寒用のスノーシューズを履いて完璧。

早朝撮影のバスに乗り込みます。
でもね・・・
撮影隊のバスは暖房を入れてくれないの(笑)
精密機器であるカメラやレンズが誤作動を起こさないように
外の気温との差を少なくするためなんですって。
それにしてもバスの中で凍えるとは思わなかったよ(笑)

その後バスは30~40分くらい走ったかな。
お日さまの出る方向の山がうっすらと色づいて来ています。
朝焼けが期待できるかな・・・(*^_^*)

あ・・・
今日のブログは写真の数がとても多いので覚悟しててね(笑)


④八幡丘

2.朝の気配



バスは富良野市までやってきたみたい←地理感覚ゼロ
広い雪原に1本の木が立っている丘に着いたのは
5時を少し回ったころ。

この木はドラマの撮影に使われた「春よ来い」の木だとか。
記憶がなくてすみません↓

3.春待ちの木

~明るく現像してます~



だんだん明るくなってきたよ♪

4.朝日を待つ


わぁ・・・焼けてきた♪焼けてきた♪
暖かそうに見えるけど寒さはMax^^;


5.朝焼けの丘




6.カラマツのむこうに



雪原がキラキラ
7.ほんのり染まる




8.薄桃色のベールに包まれて


空は赤く染まり雪原はほんのりと薄く色づいて何とも言えない色合いにうっとり。
寒さは厳しかったけれどそんなのは忘れるくらいの感動だったよ(*^_^*)
やっぱり早起きは三文の徳だね♪




朝日と反対の方向はこんな風景。
9.白樺と並んで


  いいなぁ・・なんか北海道って感じだね♪






八幡丘の撮影のあとは
⑤ハートヒルパーク
この展望公園でとひと休み
ここからの山々の眺望は最高だったよ♪

10.朝靄の上に


  望遠300mmで撮ってみた♪

11.



  迫力満点♪
12.



この景色を眺めてた時にね・・・
同じ撮影隊の仲間が凍ってた駐車場で転んじゃったの(T_T)
幸い怪我はなかったけど
カメラが吹っ飛んじゃってレンズと本体がバラバラに・・・((+_+))
幸い保険に入ってたので保障はされるけどすごいショックだよね。
こんなこともあるかもということで
カメラは2台持ってくるように言われてて、
私も二つ持って行ったけど幸い登場することはなかったよ。
寒いところでの撮影は足もとにも十分注意しないといけないね(p_-)





  朝食前の撮影はもう一か所あって

⑥鳥沼公園

13.冬枯れの紫陽花





14.枯草にも積もる


 美しい湧水の沼に鳥たちが遊んでたよ♪
 寒さで水面に水蒸気が立ち込めて幻想的な風景
 とっても寒いのに鳥たちは元気だね。

15.霧に包まれて


ちなみにこちらも望遠300mmで。
自然の中にいる鳥たちには近づくことができないので
望遠レンズがなかったら撮れなかった。
重いレンズを頑張ってもって来た甲斐があったよ(*^_^*)

16.水遊び




17.静かなひととき


   こんなに寒くても湧水は凍らないんだね♪
   すごいなぁ(*^_^*)




早朝撮影のあとはホテルに戻り
ゆっくりと朝食をとったよ♪
至れり尽くせりの旅はいいねぇ(*^^)v

そして少し休んだ後、また撮影に出かけたの(*^_^*)

そしてね
次の撮影場所に移動中
可愛い動物に出会えたよ♪

18.とことこお散歩中


なんと、雪の上を優雅に歩くキタキツネ君♪
もふもふの毛が可愛いね。
これも300mm望遠で。


撮影の旅は、いい被写体に出会うとどこでもバスが停まってくれて
撮影が終わったらささっと動く。
だから予定したところになかなかたどり着けないの(笑)
でも 
ほどなくして着いたのは
⑦拓真館

仲良く並んだ木々が雪の上に影を落としてたよ。

19.丘と雲と

後ろの丘には白い雲がもくもくと湧き出て
素敵な演出をしてくれてた(*^^)v
あまりに天気がよくて眩しかったけど
コントラストの高い素敵な景色だった*

そして 多分ここで私はサングラスをなくしてしまったみたい(T_T)
あとで気が付いたんだけど。
取りに戻れなかったよ・・・。
だれかここに行く人があったら見つけてくれると嬉しいなぁ。

20.青空のもと




本当にこの日はいい天気だった♪

21.空に背伸び




この後、
⑧四季彩の丘 
で真っ白な雪原を眺めたよ
時間があったら乗ってみたかったスノ―モービル。
気持ちいいんだろうなぁ(#^.^#)

22.待機中



ここではトイレ休憩だけ(笑)

次は鉄道ファンにはお待ちかねの場所が待ってたんだ♪


⑨美馬牛 原野第一線踏切
一時間に何本も走らないので来たとき勝負(#^.^#)
何とかこの一枚が撮れたよ♪

23.踏切とむこうに見える雪山



そして遮断機が上がり
遠ざかっていく列車を見送って

24.雪の一本道


白い雪煙を巻き上げながら まっすぐまっすぐ

25.どんどん遠ざかる



そして最後は左に曲がって見えなくなったんだ。
何だかこみあげてくるものがあるね。

26.さよならの曲がり道


最後の写真に列車 見えたかな?



次は逆方向から来た列車を

27.雪列車


今度は一両編成だったよ♪
バスみたいで雪の中を走る姿はかわいいね(*^_^*)

28.ガタタン ゴトトン


鉄道の写真はあまり撮ることはないけど
講師のすぎっち先生はローカル列車の撮影もしているらしく
とっても熱が入ってたよ♪
線路や踏切内には立いらないこと
それを守りながらフォーメーションを組んで
電車を待ったり移動したり、何だかとっても楽しい時間だった♪
撮影の旅だからこその醍醐味だね。



この日はまだまだ撮影が続くんだけど
昼食をとった後の午後の撮影については次のブログで綴ることにしますね。
今回はちょっとラフな口調で綴ってみたけど次もこんな感じになります♪

それでは2日目午後に続く・・・♪
Posted at 2017/03/17 22:30:47 | トラックバック(0) | 撮影会 | 日記
2017年03月15日 イイね!

*白銀の景色に逢いたくて* ~冬の富良野・美瑛①~

*白銀の景色に逢いたくて*  ~冬の富良野・美瑛①~昨年の春に訪れた北海道*✲゚
緑の丘とどこまでも続く大地に魅せられた私。

その大地の冬の景色に逢いたくて
今回はひとり旅に出ちゃいました(*^_^*)






・・・というとびっくりですよね(笑)

ひとりといっても
プロのカメラマンと一緒に白銀の世界を巡る旅。

富良野と美瑛を三日間かけて巡る撮影の旅に参加してきました。
参加者は日本各地から17名
カメラマン講師は 杉山浩氏。
とっても元気で明るくお話が大好きな先生でした。
詳しくはググってくださいね。


今日はそんな旅の1日目をアップします。
カラフルな彩りはないけれど
私の見てきた冬の景色を
楽しんでいただければとても嬉しいです♪






まず、北海道の入口は 新千歳空港から。
そこから専用のバスで富良野・美瑛方面へ移動です。

バスの中で空弁を食べてから
撮影開始です。


ここからは行った順に写真を並べていきますね。


① ケンとメリーの木

1.着陸  



講師の杉山氏 すぎっち先生の指導のもと
Mモードでシャッタースピード、絞り、ISOの設定など
レクチャーを受けながらそれぞれ撮影していきます。

図鑑のような写真より 自分の感動を残す写真を撮ろうね~♪
・・・・・観光パンフレットなどをたくさん見てきたので
どうしてもそのイメージから離れられないけれど
自分なりに撮ってみました。


② マイルドセブンの丘

2.足あとの向かう先 

キツネの足あとがくっきり(*^_^*)


3.並んで


4.ハロの丘

空に伸びるような雲が太陽を隠したときに
太陽の周りにハロ(丸い虹)が現れました。
一日目からなんて幸運なことでしょう♪

5.三姉妹


すぎっち先生の今回の撮影方法は
三脚を使わずにぶれないで撮る方法
・・・ということだったので
持っていくはずだった三脚は
カバンの中から出して持っていきませんでした。
大丈夫かな・・・と思ったけれど
何シテル?でもつぶやいてたように
28-300mmのズームレンズをもっていくことになってたので
その重さだけであきらめがつきました。


白銀の世界ではISOは100に固定し
F値はできるだけ開放で
あとはシャッタースピードで明るさをコントロール。

明るければシャッタースピードを速く
暗ければその反対
それを自分で調整しながら撮っていきます。



③白髭の滝

6.


先生は念仏のように
「F1.8 シャッタースピード1/8000 」
「F2.8 シャッタースピード1/4000」・・・・・など
ぶつぶつ言ってるのでそれを聞きながら自分の
レンズにあった設定にして撮るそれを繰り返します(笑)

7.煙る



8.氷瀑


かなり暗くなってからの撮影でしたが
手ブレ大丈夫でしょうか。


一日目は軽く3か所の撮影で終わりました。

移動もあって疲れていたので
この後は、近くの白金温泉でゆったり。
明日は早朝撮影から始まり10か所巡る予定なので
早目の就寝になりました(*^_^*)

二日目に続く♪
Posted at 2017/03/15 17:00:07 | トラックバック(0) | 撮影会 | 日記
2017年02月27日 イイね!

*雪と氷の世界へ*  

*雪と氷の世界へ*  
こんにちは╰(*´︶`*)╯
気が付いたら2月もそろそろ終わりですね...
そうそう
何年か前の山梨の大雪も2月でしたが
毎日の気温も少しずつ高くなってきたので
もう今シーズンは雪の心配はしなくてもいいかなぁ*



***

菜の花や早咲きの河津桜のブログも
いっぱいアップされてきましたね.。.:*♡
パステルカラーの春色はとっても好き.*✩


実は 私も河津桜を見に行って来たんですよ♪

その日は珍しく雪が降って...
驚きの雪桜になったんです.
そのお話は次のブログで紹介したいと思います(*^_^*)

1.雪見桜


今回は
まだ春には遠い お山の上のお話になります*




***

それは
夏にトレッキングで訪れたあの美ヶ原高原.
2.

今は雪と氷で真っ白に凍りついています


その美ヶ原高原から小高い丘の上に見えたたくさんの鉄塔群.
今回は冬のカメラ修行ならぬ雪山体験.
鉄塔のそばの「王ヶ頭ホテル」に泊まることになりました٩(๑❛ㅂ❛๑)۶
3.


ホテルまでは 車で行けないので
山のふもとの駐車場から送迎バスで向かいます.


冬の時期 閉鎖されている美ヶ原スカイラインを
このホテルのバスだけがチェーンを巻いて走ります.
標高が高くなってくるといつの間にか雪が降り始め
道路が一気に雪に埋もれ始めました.
シャンシャンとチェーンの音を鳴らしながら
力強いバスは雪をかき分け進みます.
そして一時間ほどかけて山のホテルに到着しました.
4.


標高2034mの所に建つホテル(@_@。
寒さもすごいし、酸素も薄いです.
アルコールもまわりやすいのでお酒は注意だそうです^^;




着いたあとも吹雪が続き 
この日は外に出られず
ホテルでまったり.

でもね...
夜中になって外を見ると雪雲が去って星空が見えていました.
お部屋の窓からこんな景色が見られました.
5.




鉄塔の灯りが眩しくて 星があまり写ってないけど....
どっかの宇宙基地みたいでカッコいいでしょ(笑)
6.


空は晴れてても
まだ吹雪の風はおさまってなくて
部屋の窓を開けて撮影してたら
なんと窓が凍りついて閉まらなくなっちゃった:;(∩´﹏`∩);:

部屋の中まで冷たい風がビュービューヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。.
窓としばらく格闘してたけど全然だめで
ポットのお湯をじゃんじゃんかけて温めたら
窓の氷がとけてやっと閉まりました
ああ...寒かったº·(˚ ˃̣̣̥⌓˂̣̣̥ )‧º·˚



それからもっと星空が見たくなって
屋上にも上がってみました.
そしたら 東の空にお月さまが見えたよ.

スリッパで出たことを後悔しながらも
雪の上に三脚を立て撮った月と夜の雲海
7.


遠くに静かな街灯りも見えて
とても綺麗でした⋆。°✩

8.

でも
あまりの寒さに耐え切れず そそくさと退散(笑)



***

翌朝は
雲海からの日の出をみようと早起きしました.
多くの宿泊客がカメラを構えています.
9.



う~~ん
流れる雲と毛嵐で なんかもやもや
この一瞬だけ空が焼けました.
10.



そして
日が昇り 明るくなったところでホテルの周りの雪原を散策.
11.



真っ白になった木々が所々にたってて
ダンスを踊っているように見えます.
12.



わぁ....ずっと雲海が続いてる
霧氷の林も粉砂糖をふりかけたみたいに
お化粧してる
13.



空も朝焼けにうっすらと色づいて
14.




放射線状に延びる面白い雲も見られました.
15.




これは立ち入り禁止の所に張ってあったロープ
氷の結晶がいっぱいついています.
16.




冬の厳しさを感じる光景
17.



柵のアイアンも霧氷まみれでがちがちに凍っています
18.



自分の足もとに雲がいっぱい
19.



真っ白になった木々
左の奥に見える山は浅間山
煙が出てるね
20.



朝ごはんのあとは雪上車体験.
8人乗りのこの車で美ヶ原高原の方へ下りていきます.
私はキャタピラの乗り物は初めて(*^_^*)
21.



すごい斜面ももこもこに積もった雪の上も雪を蹴散らしながら
案外速いスピードで駆け抜けていきます.
22.

でも 乗り心地は決してよくなく
乗り物酔いをする人も多数いることから
運転手さんが
「気分が悪くなった人はすぐ叫んでね~
そしたら止るから
後ろのドアから出て外で○ロゲ○してね。」って。
大きな声で言ってましたよ(笑)

私は大丈夫でしたけど(*´˘`*)♪
むしろワクワクしながら乗ってました.



***

美ヶ原高原に到着です.
真っ白な何にもない雪原が広がります.
23.




遠くに次の雪上車が走っています.
24.


ここでしばらくゆったりとしたあと
またホテルのある一番高い丘に戻りました.




今度はホテルの裏側の景色
25.



美ヶ原頂上の石も凍ってる
26.



崖っぷち
27.



その崖から下を見ると・・・
ひょえ~怖い((+_+))
28.



頭がクラクラしてきた・・・
30.


標高2,000m越えの雪と氷の世界
息が凍って髪の毛が真っ白になったり
カメラや三脚って凍るんですね...という気温
走ると息苦しいのは酸素が薄いから?

そんなふだんの生活では体験できない世界を堪能してきました.





これはネットフェンス*
ワッフルコーンやニットもに見える...(笑)
長さは5cm位あったかなぁ...
自然の芸術作品ですね.
31.





こうしてお山の上での二日間の修行は終わり
バスでまたふもとの駐車場まで送ってもらいます.

前日には吹雪で見られなかったスカイラインの途中の景色♬*


太陽に向かって手を伸ばしている木
32.


バスの中でここで撮りたいね~
なんて話してたら
運転手さんが3分だけ撮って来~い.*✩
とバスを停めてくれました.

33.



34.




あのお山のむこうが泊まっていたホテルのある場所
貴重な冬体験をさせてもらったことに感謝です*
35.


また来シーズンも来よう♪
今度はスノーシューをはいて歩いたりしてみたいなヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
Posted at 2017/02/27 16:00:04 | トラックバック(0) | おでかけ | 日記

プロフィール

 こんにちは'・:*。・:*:・゚' *Cherry*と申します(*^_^*) BMW MINI COOPER S(F56)に乗っています。 コンパク...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

スタイルシート(フォント変更) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/03 18:03:06
ブログの写真を大きく表示させる方法 No.1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/01 18:50:17
ブログの写真を大きく表示させる方法 No.2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/01 18:49:50

ファン

368 人のファンがいます

愛車一覧

ミニ MINI *MINIkapi* (ミニ MINI)
BMW MINI COOPER S の*minikapi*号です♪ 小回りが利いてちょこ ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) Cherry GTI (フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック))
レッドのボディカラーとグリルのピンストライプ DSGの心地よさと加速のすごさにメロメロで ...
フォルクスワーゲン ポロ Candy POLO (フォルクスワーゲン ポロ)
小さいけどパワーのあるかわいい車です。 ******************** ...
フォルクスワーゲン アップ! * うっぷ * ちゃん (フォルクスワーゲン アップ!)
POLO(candypolo)からの入れ替えです。 2ドアのムーブアップを選んだ理由は ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.