• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

横浜すみれっ子のブログ一覧

2012年06月12日 イイね!

動画 マツダ787B ル・マン24時間 1991年ウィナーカー☆

動画 マツダ787B ル・マン24時間 1991年ウィナーカー☆今週末は、ル・マン24時間耐久レース決勝があるとのことですが、ル・マンと言えば、マツダでしょうか、、(ちょっと唐突で、無理があるかな。。(汗))

昨年、2011年10月29日に開催された、第6回モータースポーツジャパン2011において、1991年ルマン24時間耐久レースの総合優勝車、マツダ787Bのデモランを見る機会があったので、その時の動画をブログにアップしてみたいと思います。

が、何せ、横浜すみれっ子にとっては、動画をアップするのが初めてで取材機材もプアだし、腕前もプアということで、画像の質の悪さについては予めご了承願います(汗)

ただ、最近たまたま F1マシンのデモラン とかを取材する機会があったものですから、この動画を使ったブログにもチャレンジせねばということで、、、。

それにしても、PCを含みネット環境がプアなのか、動画って結構時間がかかりますね、YouTubeにアップロードするのに、、、(汗)

ということで、取材ステージは、お台場です。

ちなみに、このマツダ787Bについては、昨年は、宮城県仙台市においても取材をするチャンスがあり、お台場での実車見聞ならびにデモランはその仙台でのクルマチェックに続いての出来事でした。
 
では、早速その動画やらを、、、
なお、ドライバーは、寺田陽次郎さんです。





ということですが、画像の質の悪さについては、マツダ787Bファンの方に申し訳ないなと思いつつも、マツダ787Bかなり良い音してましたね☆

ブレーキをかけるたびに「キッキッツっ」と鳴っていたのは気のせいかな。。
関連情報URL : http://www.lemans.org/jpn/
Posted at 2012/06/12 21:43:48 | コメント(7) | トラックバック(0) | クルマ マツダ | クルマ
2011年08月27日 イイね!

カーグラフィックTV - ル・マンウィナー マツダ787Bの秘密を探る

カーグラフィックTV - ル・マンウィナー マツダ787Bの秘密を探る2011年8月24日(水曜日)のカーグラフィックTV、
#1289 のテーマは、
「日本車で唯一のル・マンウィナー マツダ787Bの秘密を探る」。






昨夜、録画していたのを見ましたが、かなり内容が興味深かったです。 それは、

1) 4ロータ・ロータリーエンジンを組み上げていくシーン、と
2) エンジン始動直後の爆音

についてです。

最近、購読し始めていた、雑誌カーグラフィックのLFAについての連載記事なんかをみていると、あのクラスのエンジンになると、かなり精密にできており、エンジンの組み上げもクリーン・ルームに近いところでやっている雰囲気を感じとっていたのですが、
なんと、マツダ787Bのエンジンの組み上げは、
そうでもない感じのところでしたね(爆)




ただ、思ったのは、レースにでるようなクルマである以上、いつも、エンジンの点検がクリーン・ルームなんかで出来るわけはないはずですから、あれはあれでいいのか、とも思いましたが。 それにしても、マツダのロゴマークが刺繍された作業着を着て、素手でもくもくとエンジンを組み上げていく姿にはいろんな意味で感心させられてしまいました。 ☆

あのロータリー・エンジンは、油を射しつつ、情熱たっぷりのエンジニアさんたちの素手で組み上げられていくんですね~



ちょっと面白かったのは、組み上げの途中で、なんか、エンジンに「とって」といいますか、「長い棒」みたいなものをとりつけて、エンジンを手でまわして、ローターの動きを目視チェックされていましたよね(笑)
 
あのシーンも、なんか、けっこう原始的なんだな~と感じました。 最近ですと、一般市販車でも、コンピューターを接続しないとエンジンの調整ができない、とかって聞いたりしますが、あの時代の4ローター・ロータリーエンジンは、目でみて触って調整していくといった時代だったのでしょうか。

設計者の方が、いまのマツダには残念ながらこの700馬力のエンジンをテストする環境がない、と苦笑いとちょっと寂しそうに語っていたのが印象的でした。

そして、エンジン音です。 仙台の取材先では実車を見ることはできても、エンジン音までは聞くことができなかったのですが。
(もちろん、ネットでサーキットの走行シーンのサウンドというのはパソコンを通じて聞いてはいましたが。)

あれ、エンジン始動直後、凄い爆音するんですね(爆)



というか、横浜すみれっ子が感じとった音を擬音化すれば、、、なんか、夏祭りの大太鼓の音が爆音として混じっていた感じ。 すみません、表現が下手で、、、でも、けっして悪くいっているつもりはまったくないですから。

ロータリー・エンジンの特徴なのでしょうか、あの爆音っていうのは。 ただ、一度、クルマが走りだすと、テレビを通じて聞いている分には、すごい、いい音だな~と思いました。

今週の番組は、横浜すみれっ子にとっては、番組をかなり食い入るようにみせてくれる、非常に興味深く楽しめたプログラムでした。
 
それから、最後に日本のクルマがやはり、ル・マンとかで勝てる実力を持ってた、持っている、というのは、とても素晴らしいことだと思います。 ☆
Posted at 2011/08/27 07:11:57 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマ マツダ | クルマ
2011年07月24日 イイね!

ルマンを勝ち抜いた マツダ787B の魅力とは☆

ルマンを勝ち抜いた マツダ787B の魅力とは☆夏休み特別取材企画第一弾は、仙台の牛タンを一泊二日で食べに行く弾丸ツアーだったわけではないのですが、


企画第2弾として、、フランス・ルマンに行ってみることにしました~(笑)。




と、、そんな簡単に行けるわけはないのですが、
今回のイベント情報、やはり、地元のフランス、、いや、宮城の情報は、地元紙に限りますね、、宮城県の地元紙といえば、河北新報です。
あれ、、日経新聞とかにも出てたかな~このマツダ787Bのこと、週末みてないしな。。(笑) 



というわけで、この日の情報収集は、朝マックをとりながらの地元紙、河北新報に目を通していたところに飛び込んできたのが、

ALL WITH YOU JAPAN.
フランス・ルマンから日本へ、心のこもったエールが届いています。

というやつ。 マツダは、
オールスターゲーム2011のビックスポンサーだったんですね~
マツダの広告記事によると、Kスタ宮城に、あの、

ルマン24時間耐久レース優勝車である「マツダ787B」を展示すると☆

早速、行ってみました~、日本製紙クリネックススタジアム宮城です。 



もう既に試合が開始されていた時間ということもありましたが、一通り人混みははけていたようで、すんなりと、実車に近づくことができました。 



二つ前のブログ記事にも書いておきましたが、このクルマは、1週間ほど前にフランスから帰ってきたばっかしの
本物の優勝車だそうです。 これって、今年6月のルマンにおいて、デモンストレーション走行で使ったやつということですね☆ 



本物は、いつもオーラーが違いますね。

この4ローター・ロータリー・エンジンの魅力については、「カーグラフィック8月号誌」でたっぷりと勉強させていただきました。
偶然にもそんなクルマをこんな近くで見れるとは、とてもラッキーでした☆

クルマは、エンジンとタイヤの関係式 が大事とかっているブログを最近目にしましたが、
横浜すみれっ子も、ちょとは知ったかぶりをして、タイヤにカメラを向けてみました。。。 



が、この私では、
これを一体全体
どのように評価していいものやら(核爆)

ということで、タイヤ、ホイールについては、専門の先輩たちにコメントを譲るとして、私が気づいたのは、「がんばろう日本」と「がんばろう東北」のステッカーぐらいでしょうか。。。(笑)

ところで、コンデジで、こんなアングルで
カメラ小僧のようにバシバシと写真を撮っていったら、 



なんと、マツダのスタッフの方が親切にドアを開けてくれて、ドライバーズ・シートをみせてくれました。 どうもありがとう、ございます。マツダさん! 名前が松田さんだったかどうかはネームプレートのチェックし忘れましたが。。

で、ドライバーズ・シートは、こんな感じでした~☆ 



なんか、我々が普段乗っているクルマとは全然ちがうといいますか、なんか、
不思議な箱のよな物がインパネのところに括りつけられてありますね(笑)

最後の1枚は、リアからの一枚です。 手が届きそうな距離だったのですが、流石に触るのはダメですよね、こんな大事なクルマですからね。
 


こうしてみると、20年前とはいえ、日本のクルマは、凄い歴史を持っているんですね~、マツダが20年前にルマンで優勝していて、その後は、F1でいえばホンダ・エンジンの活躍が記憶に新しいですが、日本って、やればできるんですよね、素晴らしいクルマ造りってのが、、勉強になりました。。

あっつ、試合結果は、ところでどうだったんでしょうね~、、、(笑)
Posted at 2011/07/24 23:42:18 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ マツダ | クルマ
2011年07月24日 イイね!

ルマン優勝車 マツダ787B イン Kスタ宮城

ルマン優勝車 マツダ787B イン Kスタ宮城今日は、みちのく宮城まで、マツダ787Bを取材しにやって来ました~(笑)

夏休み特別取材企画第一弾といったところでしょうか。

ここKスタの中では熱いオールスター戦が真っ最中のようですが、入り口前に展示されたクルマの周りもルマンファンで盛り上がっていました☆

このクルマ、一週間ほど前に日本に帰ってきた本物のルマンカーだそうです。マツダのスタッフの方に確認しましたが、決してレプリカとかではないそうです。

こうしてクルマを見ると20年前の興奮が思い出される方もいらしゃるのでは☆

がんばろう!東北
Posted at 2011/07/24 14:58:31 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ マツダ | クルマ

プロフィール

横浜すみれっ子です。  普段は電車通勤しているサラリーマン生活なので、実際にクルマをドライブするのは週末ぐらい。 乗らないときは、2週間以上運転しないこと...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ブログカテゴリー

お友達

楽しい、愉しめる会話募集中です。!
142 人のお友達がいます
papanecopapaneco * BWIBWI *みんカラ公認
fjk1970fjk1970 * cobla11cobla11 *
z50zz50z * みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認

ファン

129 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
E90 BMW320i を2009年4月に導入しました。 2008年10月下旬に陸揚げさ ...
その他 カメラ キャノン キャノネット (その他 カメラ)
実家で使われていたフィルム式カメラです。 あの頃と言えば、当然カメラと言えばフィルム式 ...
その他 カメラ ミノルタα-8700i (その他 カメラ)
1990年2月にミノルタから発売になったオートフォーカス一眼レフカメラ。手元の限りある資 ...
ホンダ ドマーニ ホンダ ドマーニ
1994年9月から2009年4月まで楽しく乗りこなしました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる