• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

横浜すみれっ子のブログ一覧

2012年06月09日 イイね!

BMW ヒストリックカーコレクション 見て来ました 山下公園 Y153 2012年6月2日☆

BMW ヒストリックカーコレクション 見て来ました 山下公園 Y153 2012年6月2日☆横浜セントラルタウンフェスティバル Y153 なるイベントが山下公園をメイン会場に先週末行われていたのですが、そこに 堺市ヒストリックカーコレクション所蔵のクルマが展示されるというので早速取材に行って来ました。 今回のイベント、みんカラお友達の せんべえさん さんのブログ記事で知ったのはイベント前日でしたが、それでも、横浜市内でのイベントということで、翌日の昼過ぎにはもう山下公園に(笑)



この横浜セントラルタウンフェスティバルY153そのものは、
第31回横浜開港祭2012がらみのイベントなんだと思いますが、クルマが展示されるとは知りませんでした。横浜開港祭については、子供が小さい頃は、ドラゴンボートレースなどを見にきた楽しい想い出がありますが、最近はさっぱり。。(苦笑)

そんなわけで、今回の取材ステージは横浜山下公園です。

今回のこのヒストリックカーの展示については、1920年代後半から80年代前半のドイツの名車BMWが中心ということのようです。 これまで、ヒストリックカー、クラシックカーのイベントも色々と足を運ばせていただきましたが、意外とBMWのクラシックカーっていうのは少ない、、(あくまでも展示されていたのがですよ、、)。 ということで、今回のこのBMW中心のヒストリックカー見学はちょっと楽しみ☆

それでは、いつものごとく撮影した写真をもとにクルマたちを見ていきたいと思います。 紹介する順序は、年代的に新しい、、、とは言っても既に45年以上前(汗)のクルマから時代を遡っていってみたいと思います。

先ずは、1965年式 BMW 3200 CS ベルトーネ からです。 47年前のBMW。流石に現代のBMWとはかなり違うと言えば違うし、いや、確かにBMWの系譜を確認するに相応しいスタイル、デザインだと言えば、それも間違いのない事実。 


1965年式 BMW 3200 CS ベルトーネ
水冷4サイクル V型 8気筒 OHV 3,168cc 160馬力


左右のワイパーがフロントウィンドウ中央で落ち合うようなデザイン。BMWを特徴づけるキドニーグリルが確認できることはもちろんのこと、丸型四灯式(二灯式プラス補助灯)が確認できます。

リアのデザインは、こんな感じ↓。 BMWのエンブレムが2つ見えるのはもともとそういったデザインだったのでしょうか。 


1965年式 BMW 3200 CS ベルトーネ


次に登場するのは、1958年式 BMW 503 クーペ。 エクステリアデザインとしては、ヘッドライトが少しボディー本体から飛び出しているような独立したデザインかと。 そして、やや大きめのバンバー。


1958年式 BMW 503 クーペ
水冷4サイクル V型 8気筒 OHV 3,168cc 140馬力



次に紹介するクルマは、ロードスター☆ ロングノーズです。この時代から、エンジンルームの脇腹辺りにフィンのようなものがデザインされいたんですね。 


1957年式 BMW507ロードスター
水冷4サイクル V型 8気筒 OHV 3,168cc 150馬力




1957年式 BMW507ロードスター 2シーターキャビン


ちょっとユニークなと言いますか、愛嬌のあるデザインのBWWと言えば、イセッタ。
このクルマに関しては解説不要ですね。もう、見たまんまです。シングルワイパーはもとより、クルマへの乗り降りが、、、フロントドアと、言いますか、ボンネットといいますか、、冷蔵庫のドアを開ける感覚で乗り降りするようなデザイン☆
スキー場のゴンドラにも見えるし、どこかシトロエン・チックな感じもします。


1955年式 BMW Issetta 250
空冷4サイクル 単気筒 OHV 245cc 12馬力



次に登場するのは、かなりボディ剛性がしっかりしていそうなとでもいいますか、丈夫そうなデザインです。 1948年式 BMW 335 ウェンドラー。
 

1948年式 BMW 335 ウェンドラー
水冷4サイクル 6気筒 OHV 3,485cc 90馬力


インパネ周りがもろクラシックな雰囲気を醸し出しています。 何かに例えるなら、旧きよき時代の柱時計みたいな。


1948年式 BMW 335 ウェンドラー


そして、なんとも今の時代のBMWにはまったくといって見られないようなこのリアの重厚さ。 どんな銃弾でも弾き飛ばすぐらいの厚みがありそうです。リアウィンドも小さく配置。 雨粒は決してルーフにたまることが無いだろうぐらいな曲線を描いたルーフからテールエンドに繋がるデザイン。


1948年式 BMW 335 ウェンドラー 重厚そうな リアデザイン


更に時代を遡ること10年、1938年式BMWの ロードスター 328。
この時代あたりのクルマだと、エンジンルーム、ボンネットのあたりを革ベルトを使ってグイット留めていたりするのがあるみたいですね。 かなり大きめのサイドフィンが見えます。


1938年式 BMW 328 ロードスター
水冷4サイクル 6気筒 OHV 1,971cc 80馬力



同じく1938年からもう一台、1938年式 BMW 328 ウェンドラー。 BMW 328 この名前をきくと、現代の328の祖先ということになるのでしょうか。 かなり時代を感じさせる一台です。


1938年式 BMW 328 ウェンドラー
水冷4サイクル 6気筒 OHV 1,971cc 80馬力


こちらには↓、この時代のカブリオレがありました。 1938年式 BMW 327 スポーツ カブリオレ。 ホイールの色もボディーと同色、イエローで決めています☆


1938年式BMW 327 Sports Cabriolet
水冷4サイクル 6気筒 OHV 1,957cc 55馬力


インパネは、こんな↓感じ。 クルマスペックによると、最高速度は130km/h だそうです。


1938年式 BMW 327 Sports Cabriolet インパネ周り


更に3年時代を遡って、クルマは、1935年式 BMW 315 / 1 ロードスター
この辺りまで遡ると、BMWのキドニーグリルは、かなり単調なデザインになってしまっているようです。


1935年式 BMW 315 / 1 ロードスター
水冷4サイクル 6気筒 OHV 1,490cc 40馬力


最後に登場してくれるのは、1932年式 BMW 3/20 AM-4。 このクルマが今回の展示車両の中で最も古い車両になります。 BMWのエンブレムがメルセデスやジャガーといったクルマがつい最近まで採用していたエンブレムの見せ方に共通しているところがあるようです。
でも、このクルマ、そういったBMWのエンブレムが付いているので、この個体はBMWと認識することができますが、、そうでもなければ、このクルマをBMWだと言い当てるのがかなり難しそうですよね。


1932年式 BMW 3/20 AM-4
水冷4サイクル 直列4気筒OHV 782cc 20馬力


以上、合計10台の貴重なヒストリック・カーを見て来ました。 こうしてみると、この10台の中に、現代のBMWの祖先にあたるクルマが含まれていたということになりますよね、特に現代の3シリーズあたり。


1957年式 BMW 507 ロードスター BMWエンブレム

BMWのヒストリックカー、どれもこれも本当に価値ある年代もので、今回は堺市から出張展示ということだったみたいですが、なかなか普段はみれない貴重なクルマ達を見せていただきました。 関係者の皆さんどうもありがとうございました。

昔のクルマってのは、どことなく表情が豊かなクルマが多いですよね、これは、どのメーカーを問わず。 一台一台がなんか職人さんの手作り、ハンドメイドのような温もりを感じをさせてくれます。 もちろん、こういったクルマ産業で先行したドイツ、イギリスなどの近代的な工場、機械的生産体制のいち早い確立というのにも目を見張るものがありますが。

ドイツのクルマ、BMWをより深く知ることができる、また、更に好きになれるイベントでした☆

追記:
なお、このブログ記事は、同じイベントを見に行った
みんカラお友達 BMW☆マニア さん、かれんこパパ さんらのブログ記事からパクッてしまったような解説表記があったとしてもそこはご愛嬌ということでお許しを(笑)
2012年06月01日 イイね!

BMW クラシックカー展示 山下公園 6月2日(土)3日(日) 横浜セントラルタウンフェスティバル ☆

BMW クラシックカー展示 山下公園 6月2日(土)3日(日) 横浜セントラルタウンフェスティバル ☆この記事は、横浜セントラルタウンフェスティバル「Y153」について書いています。

みんカラお友達の せんべえさん さんのブログ記事で知りました。 今週末、BMWのクラシックカーを見れるチャンスがあることを。




せんべえさん さんのブログ記事によると、堺市ヒストリックカーコレクション所蔵のクルマが展示されるとのことで、1920年代後半から80年代前半のドイツの名車BMWが中心のようです。
 

BMW Isstta 300


横浜セントラルタウンフェスティバルY153会場案内図

堺市の文化課ヒストリックカーコレクションクルマ達をみてみると、かなり、クラシックを極めたクルマ達のようで、横浜すみれっ子にとっては、クルマの名前がかろうじてわかるのが、BMWイセッタ300、そして、BMW2002ぐらいなもので、他は、もう完全にお手上げ状態といったところですが、一応BMW乗りとしては、ちょと見ておきたいクルマ達です☆
 

BMW Isetta 300


BMW Isstta 300

コレクションの中からどのクルマが展示されるのかも興味がありますが、ちょっと明日の天候もやや曇りぎみということで気になるところです。

イベント名称: 横浜セントラルタウンフェスティバル
日 程:     2012年6月2日(土曜日)と3日(日曜日)
会 場:     横浜 山下公園

詳しくは、横浜セントラルタウンフェスティバル のホームページでどうぞ。

プロフィール

横浜すみれっ子です。  普段は電車通勤しているサラリーマン生活なので、実際にクルマをドライブするのは週末ぐらい。 乗らないときは、2週間以上運転しないこと...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

お友達

楽しい、愉しめる会話募集中です。!
142 人のお友達がいます
ss.f2ss.f2 * シロナガスシロナガス *
papanecopapaneco * BWIBWI *みんカラ公認
fjk1970fjk1970 * z50zz50z *

ファン

129 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
E90 BMW320i を2009年4月に導入しました。 2008年10月下旬に陸揚げさ ...
その他 カメラ キャノン キャノネット (その他 カメラ)
実家で使われていたフィルム式カメラです。 あの頃と言えば、当然カメラと言えばフィルム式 ...
その他 カメラ ミノルタα-8700i (その他 カメラ)
1990年2月にミノルタから発売になったオートフォーカス一眼レフカメラ。手元の限りある資 ...
ホンダ ドマーニ ホンダ ドマーニ
1994年9月から2009年4月まで楽しく乗りこなしました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.