車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

dekaguriの愛車 [ホンダ CR-Xデルソル]

ブレーキ系の見直し 02 部品の選定
カテゴリ : 足廻り > ブレーキ関連 > ブレーキパッド交換
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度
作業時間30分以内
作業日 : 2016年10月16日
1
フロントのディスクパッドです。

前から気になっていた、PFCさんのカーボン・パッド「621-R」(サーキット用)です。サーキットの周回レースや、海外ラリーでは超有名ですね。

温度領域:100~1000(推奨300~600)
摩擦係数:0.3~0.56

運よく、オークションで新品が出品されていたので、ポチリました。

BRIGさんのラリーSRCと迷いましたが、メタル系は前例のローターが錆た件が気になったので、今回は錆びないカーボンを選択しました。
2
事前に「ローターにカーボン被膜作る」とか、「低温で連続使用してカーボン被膜が剥がれるとメッチャパッドが消耗する」とか、いろいろと制約事項が多いです。

やはり周回レース向けってことは、温度が上がるまでは効かないのか?

一応、カーボン被膜が形成されていれば、そこそこ低温でも効くそうです。

でも、冷間状態からスタンディング・スタートのタイムアタック競技では、一発目の進入が怖そうですね。
3
リアのパッドは、私には定番のBRIGさんラリーハードです。

温度領域:30~850
摩擦係数:0.45~0.7

選択理由は摩擦係数です。メッチャ効きます。私の好きなドアンダー設定のFF車を、コーナー進入のブレーキで姿勢制御できます。カーブ中に何かあっても、チョン踏みや、サイドブレーキで簡単にリカバリー可能なので、非常に助かります。

左は今回の購入品、右は今まで装着していたもの。

形状が全く異なるので、やっぱり今までのは「マーベル」のスーパーラリーSRだったようです。いったい何年使ったんだろう。

以前にシビックEK4に乗っていた頃に、新品を購入した覚えがあるので、ちょうど20年くらい前になります。
4
20年使っても、残りは7部山以上ありそうです。セミメタルパッドの寿命、ランニングコスト恐るべし。

パッドの残り山があるのに買い替えた理由は、パッドの脆性破壊とか、接着面が劣化して剥がれるなどトラブルを考慮したものです。
5
次にディスクローターは、ディクセルさんの「PD」です。パッドに高いものを選択しておきながら、ローターはお安いベーシック品を選択しました。先立つものがありませんので。

メーカーさんのWEB説明見ると、スリット入れると効きが10%向上するとかありますが、どうなんでしょうか。

焼き入れも、結局のところ入熱次第では歪むようです。

スリット、焼き入れ・・・差額が結構高いんですよね。

まあ、今回のローターも歪んだら、その時は財布と相談して、検討します。


ちなみに、いつもエンジンの機械加工を頼んでいる加工屋さんに確認したら、ディスク研磨は262㎜なら3000円/枚とのことでした。

うーん、ディスク4枚の加工費が12000円、ディクセルさんPDの新品が2万円・・・。

今回は新品を選びました。でも、手持ちが焼き入れスリットローターだったら、素直に研磨を頼んだと思います。
6
ブレーキホースは、素直に純正品を購入しました。

信頼性を重視しての選択です。接合部の加締め強度とか、品質管理とか・・・。

他に、パッド固定金具なども新品です。

この純正部品も、意外と金額が掛かるところです。
7
キャリパーのオーバーホールキットは、消費税の増税前に買い溜めておいた在庫です。

前後セットで揃えましたが、今回は作業時間の関係でフロントのみオーバーホールします。

実際、フロントは汚れや錆、ピストンの動きが悪くなっていましたので、イベント前にキッチリやっておきます。

リアはピストンの動きも良く、フロントに比べれば劣化は遅いようです。

なお、今なら間違えなく、モノタロさんで社外品を買います。
8
ブレーキフルードは、今までDOT-3を使っていました。ダートラや群サイのタイムトライアル走行では、全く問題ありませんでした。

さすがに、林道の下りを3㎞以上降りてくると、後半はペダルが少しフカフカになりますが、怖いレベルまでは逝きません。

ところが、倉庫を漁っていたらENDLESSさんのブレーキフルード、しかもDOT-5が出てきたので、今回はこれを使います。多分、何かのイベントの賞品と思われます。密林では2930円でした。高っ!?。

今まで「DOT-3」なのに、いきなり「DOT-5」に昇格です。
はあ~、吸湿で定期的に交換とかメンドクサそーですね。

材質は、ホウ酸エステル及びグリコール系とありますので、従来のグリコール系フルードと同じと思われます。沸点の高い一部のフルードでシリコン系のものがあり、グリコール系とは混在禁止らしいので、材質の確認は重要のようです。

イイね!0件




入札多数の人気商品!

 

もうすぐ掲載終了!

 
関連整備ピックアップ

ブレーキ系の見直し 05 フロント周り交換

難易度:

ブレーキ系の見直し 01

難易度:

ブレーキ系の見直し 07 リアのパッド交換

難易度:

ブレーキ系の見直し 06 フロント周り交換

難易度:

ブレーキ系の見直し 04 フロント周り交換

難易度:

ブレーキ系の見直し 03 フロント周り交換

難易度:

関連リンク
この記事へのコメント
コメントはありません。
プロフィール
「[整備] #CR-Xデルソル PCVバルブのブローバイ検討 http://minkara.carview.co.jp/userid/765486/car/651340/3828428/note.aspx
何シテル?   07/18 18:51
CR‐Xデルソルで、年1~2回ほど、JAF非公認のダートトライアルを中心に、B車両で出場できる競技へ参加しています。貧乏サラリーマンゆえ、中古部品をコツコツと買...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
お友達
4 人のお友達がいます
ぶらすとぶらすと うざりんうざりん
kazbb4kazbb4 SHUN.SHUN.
ファン
15 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ CR-Xデルソル ホンダ CR-Xデルソル
我家では2代目のデルソルSi-R(EG2)マニュアルトップです。 オープンルーフとデザ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.