• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Yos@DK5のブログ一覧

2016年07月23日 イイね!

PUREDIO SOUND Magic ~総括編

PUREDIO SOUND Magic ~総括編 前2回にわたって宇部にあるカーオーディオ専門店「SOUND PUREDIO」本店でマイカーの音質改善をして(私基準で)凄い代車に乗った話をしました。もし未読または未知の方でお時間とご興味のある方は前2回分の拙ブログをご覧いただけたら幸いです。 
 今回は3回目。角松敏生の横浜アリーナでの35周年ライブと軽井沢のT's Tripodライブ(いずれも満員御礼+立見席追加)での音を聞いたうえでの作成になるため、間が空きました。
 
 総括としての雑感などを述べる前にまず今年初、納車前に県内にあるカーオーディオ専門店に行った結果を。ガレージで作業中のところをわざわざ中断してもらって申し訳ないなあと思ったらこの方一人でやっているとのこと。

①某社のアンプ内臓プロセッサー(この店ではお馴染みらしい)。
⇒加工・工賃込みで15万。
②スーパーデットニング(ブログを見たところCX-3の場合、サービスカバーに制振材をべた張り+内張り側の処置。外板はしてないと思う)。
⇒工賃込みでドア1枚3万。
③スピーカー(とりあえずDIATONE DS-G20と言ってみる)
⇒これ自体の代金と工賃は訊かず。
 で、「30万くらいあれば随分いい音に変わるよ」と。また「これが最低ライン。ライブみたいな音が聞きたいんだったらもっと(カネ?)かかるよ」
 「あっ、BOSE付きは出来ないんだけど、付いてる?」「付いてませんけど…」
 「あと作業できるのは今予約して2ヶ月以上先になるよ。受けた順にやってるから」

 本当は「どう」音がよくなるのか訊きたかったのですが。説明の仕方等が悪かったのでしょう。釈然としないまま某社プロセッサーの載ったパンフレットを貰ってとぼとぼと帰宅。敷居が高すぎ&疲労困憊でした。ちなみにそのときは作業中のベンツのSLがおいてありました。
 翌日には「この店はあわねえわ」と判断。別の店を捜し求めて発見したのがSOUND PUREDIOでした。
  
 今回の作業はこの店の名物「ベーシックパッケージ」(ツィーターは純正を外し店オリジナルのものを追加、ウーハーは純正そのまま流用)とドア外板の防振遮音「ベーシック防振」前後ドアをお願いしました。料金は上記①の8割ほどですみました。改善内容は以下のとおりです(あくまで私個人の感想ということで)。

●ヴォリューム
 作業前:22±2程度。25超えると低音がビビって聞くに堪えなくなる。
 作業後:30±3程度。40でも低音はビビらないが自分には大きすぎ。
●マツコネの設定
 作業前:バス1(納車時は3で徐々に減らした)、トレブル4、Fadeを前よりMAX(リヤは鳴らなくした)、バランス0、ALC3、。
 作業後:バス・トレブル・バランス・ALC全て0、Fadeのみ前よりに2。
●低音の聞こえ方
 作業前:それなりに出ているが明瞭感は無い。
 作業後:かなり低い音も出ているし、レスポンスも純正のままとは思えないほど。
●高音の聞こえ方
 作業前:それなりに出ているがガラスに反射されて残念な感じ。
 作業後:ツィーターから明瞭かつクリアな音が降り注ぐ。しかもキンキンしない。
●その他雑感
 作業後:弦楽器(主にギター)の音がより明瞭に。ただしベースの音だけ他に比べると若干音量が小さく感じる。
 小さく感じるのがわかるのは代車で借りたノートの高級スピーカー仕様と比べられたから。
 知らなければ良かったとも言えるが(笑)、ライブと比べてもそう思うので仕方ない。
 音の聞こえ方は大げさに言えばデジタルっぽさが少ない。人によっては「地味」と感じるかも。(ダイアトーンの音はイベントのデモカーで何台か聞いた経験あり)

 結局は好みの問題です。正解なんて存在しませんが、自分はこの音が気に入りました。
 先日ライブで行った軽井沢の大賀ホール(クラッシックやコーラスでも使われるような会場です)で聞いたのと近似した音がカーステレオで楽しめます。

 現状の問題は次のステップへの欲。相談に乗ってもらいましたがいつまで我慢できるか(笑)。
 今のマツコネさんの能力範囲内、かつ自分の出せる妥当な資金で「最大限良い音」が聞けるようになるのが望みです。そのあたりもお伺い済みです。
 父のプレマシー(SKY)でブレーキランプをLEDに交換しただけで不具合が出たのを目の当たりにして「マツダの電気制御関係はあまり信用出来そうにねえなあ(苦笑)」と思っているため、アンプ等電装品を極力追加したくないのです。

 懇切丁寧な説明をしてくれた受付の△さん、そして作業をしていただいた社長さんをはじめスタッフの皆様、ありがとうございました。また機会があればよろしくお願いします。
 レカロシートに変えているだけで音が変わるなんてきっと自分には判らないと思うのですが、プロが聞くときっと違うのでしょうか…。その事実を知ったのは帰宅してブログを拝読してからでした。受取りの作業説明時にはそのようなことは言われませんでしたし。「当然のことですよ」という社長さんの声が聞こえてきそうです。

 余談:後学のため、早々に諦めた上記専門店の30万の音も聞いてみたいなあと思う今日この頃です。

 複数回にわたる長文に最後までお付き合い頂きありがとうございました。
 オタ余談はまた余裕があるときにでも。



 
関連情報URL : http://www.soundpuredio.jp/
Posted at 2016/07/23 23:19:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | CX-3 | 日記
2016年06月26日 イイね!

PUREDIO SOUND Magic ~代車編

PUREDIO SOUND Magic ~代車編 宇部市にある「SOUND PUREDIO」本店でマイカーの音質改善をしてもらった話の2回目です。お時間とご興味のある方は前回の拙ブログをご覧いただけたら幸いです。
 今回はそのとき借りた「凄い」代車の話です。
 ちなみに「凄い」というのはあくまでカーオーディオ愛好家として「初級+α」(★下記参照)の私の基準ですのでそのあたりはご了承ください。

 借りたのは現行の日産のノート。スーパーチャージャー無し。
 内装の見てくれ的に変わっているのはHDDの楽ナビとツィーターが付いているのみ。
 はじめ店から出る際、何も考えずアクセルを踏むと「ビュッ」と飛び出るような症状に焦ったが、その後は踏み初めを意識すると解決。しかし発進時のトルク不足からか、結構回転があがってから駆動力が出ます。あと勾配の強い坂道はもう少し頑張ってほしいかな、と。
 シートはクッションは薄いものの自分には合っており、結果的に全く合わなかったといわざるを得なかったCX-3よりよっぽど良い。違いは「シート側が人間の着座をを強制するか否か」です。CX-3ではクラッチを踏むたびに腰に違和感がありました(原因はサポートが抜け、腰に力が入っているためと思われる)が、今回のノートは常時左足ブレーキを使っていたにもかかわらずが腰が痛くなることはありませんでした。
 操安性も法規内での穏やかな運転なら良好。床から常時微振動(ジャダー、足回りの弱さ等からくる震え)が伝わってくるのが残念ですがそこの対策にあまりお金をかけられなかったのだろうな…と思う程度。ただ不思議なことにステアリングにはその残念な振動が伝わらなかったため、運転は楽しくは無いが、腹がたつこともストレスが溜まることもありませんでした。
 燃費は約500Km走行(地方の国道や県道を中心に走行。勾配のきつい所をそこそこ走行。渋滞はほぼ皆無)でメーター表示が18.2Km/L、満タン法で19Km/L(前回使用された方と自分の給油で差があるのでこれは参考程度で、普通は満タン法の方が少ないので)

 …とまあレンタカーなら以上でインプレ終了、となるわけですがこれはカーオーディオ専門店の代車。凄かったのは当然カーオーディオの「音」です。ヘッドは数年前のHDD楽ナビ。
 持参したのは全て128kbpsのMP3のCDですが、今まで聴いたことの無いような濃い音楽を聴くことが出来ました。角松敏生や山下達郎は「凄ぇ~。ベースの音がこんなにくっきり聞こえるなんて。圧縮でこれなら普通のCDはどうなるんや」と驚くのはまあ自分の予想内ですが、竹達彩奈の1st ALBUM「apple symphony」を聞いて「ゾクッ」とするような感覚に陥ってリピート再生することになるとは思わず。どうして「ゾクッ」としたかはよくわかりませんが(笑)。花澤香菜は圧縮を想定してCDを作成していたのか、特に驚き無し。あまり返却まで約500Km、とても楽しい一人ドライブでした。

 帰店後、「これが自分が頼んだベーシックパッケージとベーシック防振の実力か…」なんて思っていたら衝撃の事実が…
 「実はフロントスピーカーは12万8千円のミッドスピーカーが付けてありまして…」
 ガ~ン(笑)。そりゃそうか。いくらなんでも原価数百円の純正のスピーカーであんな音出るわけないかと妙に納得。「これでもヘッド側が能力的に負けているんですよ」ということなので、これはアンプを入れる方やハイエンドのナビやデッキを使っている方用なのだと理解。
 「高いスピーカーのインナー取り付けより、手ごろな価格のスピーカーをアウター化したほうがずっといいですよ」とは社長さんの談。手ごろな価格のスピーカーとこのスピーカーの価格差は4倍以上。その差がどれほどなのか自分には良くわかりませんが「いい音最優先」が店のポリシーと思われるのでそのあたりは納得して店を出ました。

 帰りの道中、CX-3で店に向かう前の音と比較して一通り感動&納得したあと、代車で聞いていたのと同じCD(MP3)を再生しました。結果、やはりあのスピーカーは凄かったという感想としか出ませんでした。しかし自分には手が出せそうに無い価格帯のスピーカー・システムでの音がどんなものかじっくり堪能できたのは望外の喜びでした。
 
 「たかがカーオーディオのためにそんな遠くまで…」と思う方も当然いるとは思いますが、そう決断するまでの話などの総括編は次回に。今週末の角松敏生の横浜アリーナ35周年ライヴとその2週後の軽井沢のコンサートの「生音」を聞いた比較等も含めたいので7月下旬くらいということで。



※この代車のネタが社長さんの本日のブログで紹介されていました。
 借受時に自分が訊いておくべきでしたのに、なんかすみません…。
 でも代車にこんな気遣いをされるお店はかなり珍しいと思います。
 


★初級+α:前の愛車HR-Vでは自分で、
①納車日にデッキ(SONY)にトレードインスピーカー(パイオニアのCクラスのセパレート)に交換してスピーカー周辺をデッドニング。
②サービスホールを金属シートでカバー
③リアスピーカーをサテライトスピーカーに交換(パイオニア)
④MP3が再生できるデッキに交換(SONY・中古)
⑤パワードサブウーファー追加(パイオニアの一番安いやつ)
⑥参考書代わりにカーオーディオマガジンを数冊買ってイコライザーをカスタム調整。
…と言うことを実施した程度です。





Posted at 2016/06/26 14:31:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | CX-3 | 日記
2016年06月23日 イイね!

PUREDIO SOUND Magic ~紹介編

PUREDIO SOUND Magic ~紹介編  たまにしかブログを更新しないクセに更新するとたいてい無駄に長い文章になり、苦労して読んでいただいていますが今回のネタはあまりに長いので3回に分ける予定です。よろしくお願いします。

  先日、ゲリラ豪雨のなかを駆け抜けつつ、8時間かけてカーオーディオ専門店「SOUND PUREDIO」本店(山口県宇部市)に赴き、マイCX-3(BOSE無し)の音質改善をしてもらいました。内容の詳細は社長さんのみんカラブログで紹介されています。
 こちらから⇒  『マツダ・CX-3 カーオーディオの音質アップ』

 自分が店を出てわずか30分後にアップされているのにはさすがに驚きました。
  ちなみにこのブログの文章後半で出てくる「あるアーティスト」というのは「角松敏生」です。そのブログも教えていただき拝読しました。
  こちらから⇒ 『今日は角松敏生さんと』

  そして、このブログで紹介されている「21分以上の大作」はスタジオ収録バージョンですが公式にアップロードされています。
 
こちらから⇒ 『The Moment of 4.6 Billion Years~46億年の刹那~』

 
さらにファンの義務として(笑)、今週末(2016/06/25深夜)にあるBSフジの特番の紹介(再放送)です。自分はレーザーでレコードを読み込むターンテーブルの話が特に興味深かったです。
 
こちらから⇒ 『角松敏生 音楽のなかの邂逅 一挙放送SP
 
(リンクは放送後に消えると思いますのであしからず)

 自分のプロフィール欄にも記載してありますが学生時代に衝撃を受けて以来20年以上のファンで、来週末(2016/7/02)横浜アリーナの35周年ライブ、そしてその2週後にある軽井沢のコンサートにも行きます。 
 
 角松さんは新作アルバムを引っさげてライブをするとき「レコーディングを再現して披露するようなもの」という言い方をされます。その角松さんが店のデモカーに乗って「レコーディングスタジオみたいな音がする」と称賛した。そして自分のクルマをそういう音に近い(※)セッティングにしてもらえたのですからうれしくないわけがありません…っていうかよりそれに近づけたくなりました。要するに「沼」に嵌りに行っているのが今の自分であります。
 
 次のステップの相談はさせてもらいました。今回と同じくらい費用がかかりそうですがいつまで我慢できるのやら(笑)。

※デモカーは店の信用と威信がかかった特別な仕様なわけで自分のマツコネのアンプ+純正のスピーカーと比べたら当然差があります。その高級スピーカーの付いた凄い代車を乗り回した話は次回に。


 
 
みんカラで公開範囲の選択が出来るのを今はじめて知りました…。





 

関連情報URL : http://www.soundpuredio.jp/
Posted at 2016/06/23 21:30:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | CX-3 | 日記
2016年05月15日 イイね!

卒業式という名のイベントへ

卒業式という名のイベントへ※今回のブログはオタ余談のみなります。
車ネタは整備手帳(下記URLから)にて。 

 先月末、アニメ「たまゆら」のイベントで広島の竹原まで同僚とCX-3で行ってきました。燃費は満タン法で22.94Km/L、メーター表示は25.4Km/Lでした。
 イベントは照蓮寺でのトークイベントと近くにある竹原高校を借りての「卒業式」の2部構成。生徒4人に対し保護者1100人強!そのほとんどが兄か父らしきふうに見えます。姉や母が極端に少ないのは何か事情があるのでしょうか…(笑) 感極まって涙ぐんでいられる方が結構いました。
 興味のある方は渾身のレポートがいくつかありましたので検索してみてください。
 
 今回ブログにしたのは同じ席番号になってしまった、見ず知らずのたまゆらー(=たまゆらファン)へのお礼を述べたいと思ったからであります。
 照蓮寺の席番号のダブりが複数あり、自分が当たってしまいました(チケットを買ったのは同僚ですが)。イベンタースタッフはチケットを確認した後、椅子をすぐ追加で用意してくれましたが場所は当然端側。壇上の声優さんと監督が非常に見づらい。
 で、元の席(自分の場合、中央付近で特等席に近い)との座り方は「じゃんけん」で決めろと仰る。自分はさほど熱烈なたまゆらーではないので座れたらOKで、相手(スーツ姿)の方に「どうぞ」と申し出たが相手も同じように返して下さる。埒が明かないので「隣の袴の人は同僚ですねん」と言ったら「だったらなおさら!二人で楽しさを共有しなければ!」と強く仰るので譲ってもらうことになりました。
 終了後は流れるように寺を出なければならなかったため、御礼もいえず。ですので遅ればせながら、ここで感謝の意を述べておこうと思った次第です。
 ちなみに他の方も「たまゆらー」らしく、怒りを露にするようなこともなく、イベントは何事もなかったかのように終わりました。

 一般の方には竹原といえばこっちの方が解りやすいと思います。
NHKのドラマにもなった「マッサン」

 
 自分の高校の卒業式の思い出は…かけらも無いなあ…担任と全くソリ合わなかったし…

 
Posted at 2016/05/15 09:55:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | おでかけ | 日記
2016年04月09日 イイね!

マツコネ四苦八苦

マツコネ四苦八苦 何かと評判のマツダコネクト(通称マツコネ)。罵倒する記事はたくさんあれど、絶賛する記事はあまり見かけません。
 
 昨年末の一部改良で「XD」はBOSEが選べなくなりました。その代わりにデミオのようにマツコネのレスオプションを設定してくれたらよかったのに……なんて言っても仕方ないわけですが。
 
 いろいろ機能があるマツコネさんですが自分が頻繁に使用するのはオーディオ再生のみですがこちらの思うように使用できない。メーター内のI-DMのランプ表示は2週間で「OFF」に。ホームポジションの中央にある「Communication」なんてアプリはぼっち族には無用の長物(笑)。AhaやSticherなんて国内で使用する人なんているのかってぼやいたところでどうしようもない。なぜならこのシステムがグローバルな視点で作られているから。
 まあ走行には支障が無いので改良を期待するのみです。できればスマホのミラーリングが出来るようになればいいかな、と個人的には思います。
 
 先日初めて音声コマンドを試したのですがなかなか思うように反応してくれません。まるで志村けんの「ひとみばあさん」のコントのよう。そう思えばUSBのリジューム不良などでも腹が立たなくなりました。オタ的には「アホの子」(該当キャラの選択は自由に)だと思えば愛着がわくかもしれません。
 
 例:「アルバム re-birth 再生」⇒再生されたのはアルバム「reborn」。
 例:「アルバム Real-Fusion 再生」⇒再生されたのはなぜか最後の曲(笑)。しかもアルバムの順番とおりに再生されない(アルファベット順とかかな?)

 ちなみにUSBに入れてある↓は音声コマンドでどういえば再生してくれるのか?



■オタ余談
 「アニメ・監獄学園を創った男たち」。ここ最近読んだ漫画のなかで格段に面白かった。「ロシア系の尻」と「南米系の尻」で悩む男(=スタッフ)たちとか…(笑)。
 ちなみにアニメは観ましたが原作はまだ読んでません…

参考記事⇒http://natalie.mu/comic/news/178705

 冬アニメはおそ松さんのヒドさ(褒め言葉)とルパンは別扱いとして、面白いと思ってみてたのは「少女たちは荒野をめざす」「Dimension W」「暗殺教室」くらい。

 先月中旬の多忙の反動か、先月末から読書が随分捗り、積読本がかなり減りました。




Posted at 2016/04/09 21:09:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | CX-3 | 日記

プロフィール

●CX-3・MTが愛車。どちらかといえばオタ系の夜勤族。独りドライブが好きです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ CX-3 マツダ CX-3
HR-V・3ドア・MTからの乗換えです。 同タイプの小型クロスオーバーでMTとなるとこの ...
ホンダ HR-V ホンダ HR-V
2016年2月まで乗っていました。 3ドア・MT・アクアグリーンというレアもの(笑)。 ...

過去のブログ

2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる