車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月18日 イイね!
●突然ですが、タントのコトを・・・

先日、所用でタントを運転する機会に恵まれた、

ハズカシながら人生初のタントの運転である、

モデルはなんと初代(笑)、途中追加されたカスタムのNA車、

後で調べてみたのだが、

初代は2003(平成15)年に登場、

カスタムの追加は2005(平成17)年のコトで、

2007(平成19)年には2代目へモデルチェンジしているようだ、

なので、試乗したモデルは平成17~19年あたりの年式で、

2年程しか販売していないモデルと言うコトである、

思ったよりもずっと古い(?)年式だなとカンジたのだが、

内装もキレイで走行も5万キロチョット、外装も美麗で機関類も良好と良い物件だった、

惜しむらくはタイヤがかなり減っていて某アジアンメーカーだったので、

乗りゴコチが本来よりも悪いのかと推測したが、

初代タントに関しては、私的に興味深い(ので忘れられない)内容がある、

何に書いてあったのか失念したが、当時の開発者さんが語っていたコトバである(と思う)、

(こんな内容だった)
「純正標準装着タイヤのグリップを落として、

(スタビを付けず)ロールしやすいサスセッティングにして、

(コーナリング中に)フロントタイヤが流れるようなセッティングにした・・・」とか、

一見、キケンな内容にも思えるが、

チョット深く考えると、ナルホドなとも思う、

車高の高いクルマがハイスピードでコーナリングできるようになると、

限界を超えた際に横転の危険があるのがお分かりかと思いますが、

限界を超えないよう、そして限界もかなり低いトコロに設定して、

安全を確保したと、開発者は言いたいのだろう、

「フロントタイヤが流れる~」と言う下りには、

そういう意味が込められているのだと、考えてみた、

コーナリング中に前タイヤが流れればそりゃあコワイですよね(汗)、

だからスピードを落としなさいと、開発者はそう分かるようにセッティングしたのでしょう、

踏ん張れるようなセッティングにすると、コーナーでスピードを出せるでしょうが、

物理的限界を超えたときは・・・コテンといってしまいますね、

そうならない為の考え方なのでしょう、

私はタントを見る度にソレを思い出すのです、

今回の試乗でモチロンそんな限界を試したりとか(苦笑)そんなコトはしませんが、
(確認はしませんでしたが、もしかしたらカスタムにはスタビがあったカモ)

チョット走っただけですが、良く出来たクルマだなぁと、

ごく普通の一般の方が、コレを買う理由が良く分かりました、
(我が家の近所にはたくさんのタントが生息しています)

中も広いしモノ入れも使い勝手良くて、乗りゴコチもまぁまぁとなれば、

売れるのも良くわかります、
(個人的にはシートの厚みがある、タント「エグゼ」の方が好みです)

コレで満足してしまえば、次に欲しいクルマはなかなか無いのかとも、

あるとすれば、より大きな普通車のミニバンになるのでしょうか、

私が思ったコトとすれば、

もしタントを買ったとするならば、

ステラなんてとんでもないハナシで(笑)、

ソレくらい良くできたモデルだと思いました、

マニアックなクルマ好きよりも、

一般の人の方が、商品としてのクルマを見る目はあるのカモしれません、

変な色眼鏡を掛けていない分、素直に・・・。


●でもね(笑)

タントのシートに座って、とっても違和感があったのですョ、

ソレは、天井がずっと上にあるコト、

シートリフターが低いのかと思い、レバーをひねったらリクライニングしてしまい(苦笑)、

どうやらタントにはリフター機構が無いみたいですが、

走っていると、アタマの上にムダをスゴくカンジて(?)、

何かグラグラと屋根(天井)だけが揺れている・・・そんな気分です、

クルマのローリングがどうとか、ではなく、
(実際はコーナリング感はごくフツーです)

アタマの上がフラフラすると言うか、何とも言えない気分になりました、

ステラも、今まで乗ったクルマ達も、手を伸ばせばカンタンに天井に触れますし、

良くある「こぶしひとつ分」入るとか、

そんなカンジなヤツばかりだったので、

タントの「だいぶ上にある天井」は、最後まで違和感がありました、

自分のステラに乗って、安心したのは言うまでもありません・・・。


●で・・・

マズイなと言うか、ヤバイなと言うか、思ったのは・・・、

タントにしてもステラにしても、

こういうクルマに満足とか、良くできているなぁとか、思ってしまうと、

他のクルマ、全く気にならないのですョ(苦笑)、

好きな旧車とか、魅力あるニューモデルとか、たくさんありますが、

こういうクルマを運転していると、

スピードも出さなくなりますし(出ない?し)、

コーナリングもへったくれもあったもんじゃない、

ブレーキもしかり・・・、

運転する楽しみを奪うのか、麻痺させるのか、

不思議なコトにソレで良しとなってしまうのですョ、

ある意味ではクルマ本来の姿、

A地点からB地点まで人と荷物を運ぶ・・・そんな存在になりつつあります、私の中で。


●しかしながら

ステラ固有のハナシになりますと、

コレはコレで、まぁ楽しめるなと、

運転していると、そう思う時もあります、

3気筒のタントには特にコレと言ったコトはカンジませんでしたが、
(3気筒の方が、やはりトルク感があって、乗りやすいと思いました、
言い換えれば、フツーに、良く出来ているのです)

4気筒の我が愛車は、変わっていると言うか、個性があると言うか、
(ブンブン回したくなるのです、バイクのように吹けが良い訳じゃないのですが)

ソコは汲み取れます、

もし、これから先、クルマに楽しみを見出せるとしたら、

楽しいかどうか、楽しみがあるか、そんな点カモしれません、

旧車や古い型のクルマには、ソレがたくさんありますが、

これからの新車はどうでしょうか?

自動運転とか、より高度な安全装備とか、

果たして楽しいのかどうか・・・?



それでは、また、次回。
Posted at 2017/03/18 14:26:54 | コメント(6) | トラックバック(0) | ステラ関連 | 日記
2017年03月10日 イイね!
前回のブログで大ベンリィ(CD125T)の充電不良を書きました、

で、ソノ後です、

配線関係をチェックして、

レギュレータを交換して(ついでに廻りもお掃除して)、

エンジン始動・・・暖機してテスターで電圧測定、

・アイドリング時・・・12Vチョイ

・アイドルよりチョイ上の回転・・・13Vチョイ

・更に回転上げて、もっと回転上げて・・・13.8~13.9Vに上昇した後、13.5V程度で安定

と、キチンとレギュレータの仕事してくれているような?

多分、コレで大丈夫でしょう、

ヘッドライトの明るさもほぼ一定ですし、

ウィンカーもハイフラにならず安定して点滅、

多分、大丈夫でしょう、
(苦笑)

バッテリーはとりあえず捕充電して復活させたのを再利用していますが、

コイツは近いウチに新品に交換しておきましょう、
(復活しなかったら新品購入するつもりでいました・・・)

今までキックでエンジン掛かるからと、
(セルはエンジンが温かい時にしか使わないのがほとんど)

バッテリーのコンディションをあまり気にしないでおりましたから・・・、
(液量はモチロン点検してますし、セル回り弱くなれば捕充電はしてましたが・・・)

実はコレ↑が、過充電を引き起こしたり、電球がいきなり切れたりとか・・・、

充電系や電装系のトラブルを引き起こす遠因になったりするんですよね、

わかっていながらも・・・ついつい、そんなコトありませんか?
(私だけか?笑)

大丈夫そうでも、ある程度使用したバッテリーは交換しないとイケマセンね、

わかっていながらも・・・ついつい、です、
(汗)

クルマやセル始動オンリーのバイクなら迷うコト無く即交換しますが・・・、

キックでエンジン始動できてしまうと、ついつい(笑)使い込んでしまいます・・・、

気をつけましょう、
(私が、ですね・笑)

次はケッチとLMLのバッテリーを交換しなくては・・・、

と思いつつも、共にキック始動だから、ついつい使い込んでしまいそうな・・・、
(懲りてない?苦笑)

皆さんは、そんなに使い込まずにバッテリー交換されてますかね???

それでは、また!
Posted at 2017/03/10 19:58:49 | コメント(3) | トラックバック(0) | 大ベンリィ関連 | 日記
2017年03月04日 イイね!
トラブル発生です、
(笑)

今回は大ベンリィことホンダベンリィCD125T、

今までもお気に入りでしたが、最近特に気に入っており、

コーナリングの勉強に良い題材だなと・・・、

購入して3年と3ヶ月余り、5,000キロ程度を走行、

オドメーターで先日ようやく15,000キロを超えて調子は絶好調・・・、

と、言いたいのもありますが、

購入当初から気になる部分もいくつかありつつも、

何とかなってきた?

一昨年にはCDIがパンクして始動不能になったりとか、

ソノ他細かいトラブルは抱えているようですが(?)、

乗ってしまうと余り気になるコトも無く、

前述のように「絶好調」な部分がありますから、

見過ごしてしまっていたのか、

車齢23年余りと言う経年変化からか・・・、

元々充電系統があまり強い(?)車種では無いみたいで、

当方のも走行中発電が多少低いのか、

ウィンカーがハイフラになったりとか良くありました、

バッテリーを充電すると回復するのですが、

忘れた頃(?)にハイフラになったりするので、

騙し騙し使ってきた、と言っても過言ではありません、
(キックでエンジン始動できてしまうので、セルが回らなくても気にならないし・・・苦笑)

「メンテが悪い」とお叱りになる方もいるカモしれませんが、

バイクと言うのは、まぁこんなもんカナ?動くんだから大丈夫でしょ?みたいな、

持論みたいのもありますので、

まぁ今まで、そのまま乗ってきたのでありますが、

先日、乗車したトコロ、

走行してもいつまでもウィンカーはハイフラのまま、

ヘッドライトはいつもより暗いわで、

チョットいつもと違うな、おかしいなと思い、
(挙句にはニュートラルランプもキーONで点灯しなくなった)

テスターで測定してみると・・・、

アイドリングで10V、

アイドリングチョイ上(2,000回転くらい?)で13V、
(コノ時はハイフラも治まり、ライトも明るくなる)

アクセルをドンドン吹かしていくと9V(!)と、

ありゃ~コレはいかんわと(苦笑)、

お世話になっているバイク屋さんに相談すると共に、

ネットでチョイチョイと検索しつつ、自分の過去の経験から、

「レギュレータ、イッてしまった???」と判断してみました、

エンジン回転上げて発電量が落ちるとすれば、

オルタネータ(バイクならジェネレータとも)=発電機の不良を疑いますが、

バイクですと、電圧制御するレギュレータを疑ってみる・・・と言う手もありますし、

実際、過去所有していたヤマハR1-Zも、

レギュレータ不良で、バッテリー新品にしてもスグに上がってしまい、

走ってもライトやウィンカーが暗いままと言うのを経験しており、

今回もほぼ同様の症状であるコトから、レギュレータと判断してみました、

コイツを交換して、症状が改善しないのであれば、

大元(ジェネレータ)から見直さないとイケマセンが、

コレで直るのであれば・・・とワラにもすがる思いでして(汗)期待しております、

ちなみに新品部品が・・・鈴鹿工場に在庫が6コ(汗)、

価格は13,500円と、ほぼ予想通りの値段、
(R1-Zのレギュレータは、20年前のハナシですが1万円程度でした)

バイク屋さんに発注をお願いし、今朝手元に届きました、

あとは、配線(特にアース)をチェックして、部品交換するのみ・・・、

結果は・・・次回のブログにて、報告できると思います、

ベンリィCD125Tのオーナーさんで充電不良のトラブルのケースがネットで散見されました、

気になる方は・・・部品はあと5コ、残りあります、

交換しておけば・・・あと20年は、まだ乗れますでしょうか?

一部の愛好者さんからは「上がりバイク」とも言われるベンリィCD125Tですから、

できれば長く乗りたいですね。
Posted at 2017/03/04 21:47:15 | コメント(4) | トラックバック(0) | 大ベンリィ関連 | 日記
2017年02月25日 イイね!
久しぶりに仮面ライダーの本を買いました、

良い内容だったと思うのでチョットだけご紹介、



「秋田書店」「冒険王」とは何とも懐かしい名前が並ぶコノ本、

残念ながらビニール被っており中身が見られずでしたが、



帯に書かれている文句を信じて購入しました、

お値段チョットお高めの3,800円・・・、
(汗)

まぁコノ手の大人向け?特撮誌にはありがちな値段ですが、

「未公開スチール」と「斉藤浩子」の2つだけでも、

私にとっては「買い」な内容でした、

特撮マニアにはきっとファンも多いでしょう、

斉藤浩子さん・・・、



映画「仮面ライダー対ショッカー」大道寺珠美役、



「快傑ズバット(第12話さらば瞼の母)」鶴間冴子役、
(コノ役の彼女は私大好きであります・笑)

ソノ他’70年代の特撮ドラマに多数出演・・・、

そんな彼女へのインタビューが掲載されております、



そして「未公開スチール」、



同時代に刊行されていた児童向け雑誌「たのしい幼稚園」や「テレビマガジン」といった類にも、

似たようなアングルの写真があったりもしますが、

コレはコレで確かに未公開・・・と言うか初見のカットも結構あったりで、

非常に資料性は高いなぁと思いました、

当時の空気感がスゴくカンジられますョ、

巻末にはライダー制作に関わった当時のスタッフ様方のインタビューも収録され、

1号~ZXまでのライダー好きな方には楽しめる内容かと思います、
(そういう意味でまさに私にとっては買いでした)

惜しむらくは、「新1号・2号編」からのスチール写真で始まっており、

私の大好きな「旧1号」や「旧2号」と言った、

初期のライダーのスチール写真が無かったコトですね、

でも、十分に見ごたえのある内容でした、

昭和ライダー好きな方は(斉藤浩子ファンは・笑)是非ご購入下さい!
Posted at 2017/02/25 20:18:34 | コメント(4) | トラックバック(0) | 特撮ヒーロー関連 | 日記
2017年02月17日 イイね!
●ステラのコト・・・

書けばイロイロあるのだが、

書いても大して意味の無い(?)、

まぁ私のブログ自体が意味の無い内容だから(汗)、

何を書こうと自由なのですが、

中身の無いクルマ・・・と言う訳では無いのですが、

書く方(私)が楽しい・面白い気持ちになったりしない・・・、

そんな訳でございます、

だからと言って不満ばかりのどうしようも無いクルマでもありません、

それこそ、私的なコンセプト(?)「空気のような存在」を確実に実行してくれています、

つまりは、全く不安や迷惑を掛けない、そんなクルマです、

思えば、今まで購入したクルマの中でイチバンフツーで一般的・常識的(?)なクルマ、

ソレが私にとってのステラ、でしょうか。


●XLのコト

コレは楽しませてもらっております(笑)、

同型車のオーナーしか分からない(?)密かな楽しみ、

コレは、XL、バイクに限らず、クルマでもあるコトと思います、

自分と、同じクルマ・バイクに乗っている人しか分からない楽しみ、

同時に苦労もあったりしますが・・・(汗)、

ソコも含めて、「楽しい」が強く思えるようになれば、

ホントに楽しめるクルマ・バイクになってくるのだなと、改めて思うのです。


●4速で走るのが楽しい

XLで楽しいとカンジるのは、当然走っている時ですが、

「おぉ~」と思うのは、4速ギヤで「できるだけ」走っている時でしょうか、

XLは5段ミッションですが、4速がイチバン楽しいと思うのです、

時速30~80キロ(実際にはもう少し引っ張れる)をカバーするのですが、

30~60キロ程度で流せるワインディングを走るのが楽しいのであります、

強制開閉キャブのおかげで、アクセルを手早く戻せばそれだけでエンブレが強く掛かり、

コレでコーナーを回れるならばそのまま4速で、

まだ速度が高いと思うならば、リヤブレーキで速度落として・・・、

それでも、4速のまま、

まだ速いならば、更にフロントブレーキで・・・、

でも、まだまだ4速のまま・・・、

こんな調子で、4速のまま、出来る限りのコーナーを抜けて行くのが、楽しいとカンジるのです、

シフトダウンによる減速は、最終手段・・・時速30キロ以下になる場合や、

前後ブレーキによる減速だけではとても足りない・・・と思う場面で使う、

そんな走り方が、今の私とXLの走り方、であります。


●ドラムブレーキは効かないのか?

XL230が不人気で終わった理由は、

以前も書きましたが、「前ブレーキがドラムだった」コトに尽きると思います、

ドラムブレーキ=効かない、と思う人が多いからだと思います、

私も、以前はそう思っていました(ハズカシながら・笑)、

でも、効く、効かないと言うのは、

使い方と整備状況による、のだと思う様になりました、

整備は言うまでも無く、ですが、

使い方は・・・バイクのブレーキって前後別々に効かせますから、

ソノ前後の効かせ加減で「効く」も「効かない」にもなるワケです、

コレが本当にムズカシイと今でも思うのであります、

で、問題の(?)XLのフロント・ドラムブレーキですが、

ブレーキの掛け始めは、「チョット効かない」とカンジるカモしれません、

でも、ホンの少しの間を置いてから、効いてきます、

ドラムブレーキの構造を理解している方ならお分かりかと思いますが、

ブレーキシューがドラムに食い込むまでにチョット時間が掛かるのですね、
(時間と言ってもモノのコンマ数秒も無いでしょうが)

ディスクブレーキならば、掛けた瞬間から制動力が立ち上がるので、

「効き」がスグに実感できますが、

ドラムブレーキはチョットだけ間があります、

コレを理解していれば・・・少なくとも「効かない」とは言えないだろうかと、

実際、XLのフロントブレーキは、「必要にして十分」な制動力は発揮します、

片ハブの小さい径のブレーキなので「絶大な」制動力ではありませんが、

オフロード系の車両は基本的にディスクブレーキであっても、

皆フロントブレーキは小さいのが大半ですから、

コレはXLだけの問題・・・では無いかと思います、

あとはシッカリ「リヤブレーキ」をいかに効かすか、

コレがイチバン大切だなぁと思うのです、

先にも書きましたがバイクは前後ブレーキを別々に操作します、

一部の車種では前後連動と言うのもありますが、

基本は前後別々に操作、です、

なので、操作タイミングやチカラの入れ加減・・・、
(突き詰めれば、ポジションや重心とか、イロイロ・・・)

こんなので、同じバイクでも制動距離がグンと変わってきます、

クルマは、同じチカラ加減でペダルを踏めれば、

(同型車であれば)同じ様な距離で止まれると思いますが、

・・・ABSも、今のクルマならほとんどが標準装備ですしね、

しかし、バイクは乗り手の技量で相当に違ってきますし、
(プロのレーサーや白バイ隊員のテクニックを見れば一目瞭然)

路面が濡れているとか、悪天候ならばスリップダウンによる転倒も有り得る、
(私も経験があります・・・苦笑)

本題のXLならば、リヤをいかに効かせて、フロントを上手く使うか、でしょう、

まぁXLに限らずとも、皆バイクは同じ様にブレーキングを楽しみ、

そしてムズカシイと・・・皆さんは思いますよね?

ホント、XLに乗ってソレを最近スゴク実感しています。


XLにしても、ステラにしても、楽しみ方はイロイロ、

たくさんのクルマ・バイクがある様に、

イロイロな楽しみ方ができますね、

コレがまたひとつ、ひとつと新しい、もしくは思い出せたりすると、

もっと楽しめるのカナと最近強く思う様になりました、

良い意味で捉えると、XLは忘れていた何かを思い出させてくれたバイクとなったワケであります、

それでは、また次回に。
Posted at 2017/02/17 21:55:21 | コメント(2) | トラックバック(0) | XL230関連 | 日記
プロフィール
「今更ながら人気車の実力を体験して知る http://cvw.jp/b/770138/39471233/
何シテル?   03/18 14:26
皆さんこんにちは、canonです、 どうぞよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
お友達
コメント・メッセージやり取りできる方ならば、お願い致します。
66 人のお友達がいます
白のECR33白のECR33 * 神奈川のりゅー神奈川のりゅー *
イソメイソメ * NN.JULIENN.JULIE *
リョーマ様リョーマ様 * ミハエル・シューマサシミハエル・シューマサシ
ファン
31 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ XL230 ホンダ XL230
家内とのタンデムツーリングをメインに 日常でも活躍できると思い購入に。 H28.10. ...
スバル ステラ スバル ステラ
空気の存在のような、 所有するコトを意識しているのをカンジさせない クルマをと思い購入 ...
ホンダ ドリーム50 ホンダ ドリーム50
ドリーム50、私の長年の相棒です。 手放そうと思った時期もありましたが、 乗り続けて良か ...
カワサキ KH250 カワサキ KH250
平成24年12月6日購入して まだお店にあります これから仕上げていきます・・・。 ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.