車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月10日
思うコトを書いてみる・・・その⑥
最近一連の「思うコト」(気になるコト)のブログの最終回、

「バイクの排ガス規制」に関して、

先日の「ヤマハ50ccスクーター生産撤退」にも関するが、

バイク業界のアタマの痛い部分にコレがあるだろう、

騒音規制も年を追う毎にキビシクなるので、

コスト転換のしにくい車両価格の安い小さいバイクにはイタイ問題である、

騒音規制に関しては我々バイクユーザーの中に不届き者がいる為に
規制が強化されたのもあるが、

排ガス問題は世界的な流れもあるので、無視できないトコロでもアリ、

先進国の日本は諸外国と足並みを合わせないとイケナイ訳である、

私のブログを読んで下さる方はコトバだけならご存知であろうと思う、

LMLが「ユーロ3」対応でベスパPXは「ユーロ4」クリアはムリ・・・等と書いている、
(2020年にはユーロ5に移行する・クルマはすでに一部がユーロ6規制に対応)

「ユーロ○」と言う呼称だ、

日本はユーロ圏で無いのでコノ呼称は使わないが、

内容的にはほぼ同様か、

一部ではソレを上回る基準もアリ、

世界の中では最もキビシイ基準のひとつ・・・とも言われている、

そして今回はバイクの排ガス規制が、コノ「ユーロ4」から「ユーロ5」に移行するに伴い、

各社からニューモデル(ニューエンジン)が登場しているのだが、

規制に対応できないエンジンは市場から消えて行く、

ココの対応の仕方に、日本と欧米メーカーの違いがあるのを、

私は思うコトがあるのだ。



カワサキは今回の流れで、生産中止となるモデルに特別塗装色を採用する等して、

「ファイナルエディション」と称し、いくつかのモデルを販売している、

他メーカーは生産中止のアナウンス等は出していないトコロもあるが、

雑誌やネット記事には「コレが生産中止となる」等、車名が出ているのもある、

今回生産中止となるモデルの多くは、

新しい排ガス規制に対応できないモデルと言うのが大半であるが、

もうひとつあるのが、(新型車は)2018(平成30)年から義務付けされる、
(継続生産車は2021(平成33)年以降)

126cc以上の車種には「ABS装置」の搭載、

125cc以下は「ABSもしくはCBS(コンバインドブレーキシステム・前後連動ブレーキ)」の
搭載の件である、

コイツは車体の改良等が必要になるが、ソレができない車種も今回の生産中止となる理由に
含まれていると言うらしい、

また、今回生産中止となるモデルの大半が「国内専用車」、
(そしてメイド・イン・ジャパン・・・コスト・車両価格高い)

海外輸出をしていないモデルと言うのもある様だ、

なので、結構売れていると思われるモデルも生産中止予定になっている等、

とても残念と思えるのであるが、

更に残念にさせるのは生産中止に代わる新型モデルが出ると言う予定が
ほとんど聞かれないコトだ、

一部の雑誌では「コレに代わるモデルは・・・」と予想しているが、
(昔からあるスクープ記事の様なモノだ)

メーカー発表の記事で無いだけに、信憑性となると・・・「?」である、

ただでさえバイクが売れないと言う今、

次のモデルは出ないらしいとなると、業界発展を考えたらいかがであろう?

企業としては、隠し玉は用意しているカモしれないし、

出来る限りヒミツにしておきたいと思うが、

「こんなモデルを何時いつ出す」みたいなパフォーマンスをしておけば、

欲しい人は待っていると思うのだ、

バイクはクルマを違い、完全に趣味としての乗りモノとして確立しているので、

欲しいモデルが出る迄、ファンは待つのである。



こういう日本メーカーの流れに対して、外国メーカーは上手くやっているな、と思うコトがある、

ファンや欲しいと思う人に対して、「出すゾ」と見せ掛け、ジワリジワリと情報をリークして、

次のモデルを買ってくれ、と商売上手なのだ、

そして今回の排ガス規制に関しても、

数年前から対策していて(コレはドコのメーカーもだが)、

「いついつ出る」と言うタイミングを上手く計り、

そして販売を待ち望んでいたユーザーに「欲しいナ・良いナ」と思わせるモデルを発表するのだ、



ハーレーは17年振りに主要モデル向けの新型エンジン「ミルウォーキーエイト」を開発・搭載、

排気バルブ周りは水冷としているが(コレはすでに他ユニットで実施済み)、

基本的には空冷のまま、バルブ駆動も「OHV」とスペック的には進化が無いのだが、

中身のほとんどを新設計として、新時代に対応するエンジンとしている、

ハーレーの技術者は空冷でOHVでないとハーレーはダメだと思っているのだろう、

そしてハーレーユーザーも、空冷のOHVが欲しいと思うのだ、



トライアンフはすでに次期モデルは水冷になるとウワサはあった、

空冷を惜しむ声もあったが、現実的な対応をし、予想通り水冷ユニットを出して来た、

しかし、外観はできるだけ空冷エンジンに見える様配慮し、

インジェクションはキャブレターに見える様にデザインする凝り様で、

ラジエターも極力目立たない様に配置する等、とても気を遣っている、

今年初めから毎月の様に新型エンジン搭載のニューモデルを発表しているが、

デリバリーは好調の様だ、



オートバイのBMWと言えば、「水平対向エンジン」を挙げる人が多いし、

私もそうだと思う、

BMWの水平対向は「もしかして生産中止か」と言われた時もあったが、

シリンダーヘッド周りを水冷化してキビシクなる規制を乗り越えた、

すでに数年前に対策しているが、コレを搭載したモデルはマニアには憧れの的である、



日本ではあまりメジャーでないモトグッツィであるが、

ココも空冷・縦置きのVツインでずっとやっている、

当然排ガス対策済みで新型エンジンも空冷だ、

グッツィの設計者も、コノ型式のエンジンでなければグッツィでは無いと言う、

自負や誇りがあるのだろう、



ドゥカティはすでに’90年代に水冷化を果たし、基本的にはソレが大半であるが、

最近のニューモデル(スクランブラー)には空冷ユニットを使用してきた、

ニューモデルなのに空冷?と、正直とても驚いた、

現代の技術であれば、水冷エンジンでも軽量に仕上げられると思うが、

スタイルを重視したのだろう、しかしソレがウケて人気車となっている、

外国のメーカーは前向きでガンバっていると言うのが(ガンコでコダワリのカタマリとも言えるが)、

カンジられただろう、

ポリシーやアイディンティティと言うのをシッカリと意識しているのだろう、

「空冷で排ガス規制をクリア」しよう、「コレで無いとダメだ」と言う、

設計者や技術者の声が聞こえてきそうだ、

画像を並べて思ったのは、全て2気筒のエンジンである、

ガイジンさんは、2気筒がお好みなのだろうか?

私は、2気筒と言うと現在愛用している「大ベンリィ」と過去に愛用した2ストの「R1-Z」でアリ、

上記に挙げた様なフィーリングのエンジンと言うのは、

教習所で乗ったハーレー(883)しか知らないが、

確かに何か訴える、と言う様なカンジはすると思うし、

最近気になるバイクでも2気筒のモノが多い様な気はする、

日本では2気筒と言うとどうも中途半端感があるのか、

イマイチ人気に欠けると思うのだが、

過去を振り返ると時代を切り開いてきたモデルの多くが2気筒なのが多いと思うと、

そして今、250を中心に少し上のクラス迄2気筒車が多いと思えば、
(日本の場合のコレはコスト的な制約もあっての採用が大半であるが)

もしやバイクのこれからは2気筒が動かして行くのカモとカンジた、

少し排ガス規制のハナシからそれてしまったがご勘弁を。



今朝のニュースを見ると、

「F-1、鈴鹿・日本GPの観客が過去最小」とあった、

どうも最近の日本のクルマ業界のニュースでは暗い話題が多い、

先日のヤマハの撤退、三菱の燃費不正等残念な話題ばかりだ、

排ガス規制も必要であるが、販売には影を落とすし、

数年後の(バイクの)ABS関連の規制も、安全には必要だが、販売を思うと、

チョットキビシイのでは無いか?と思うのだが、

だからこそ、規制対応して出るニューモデルには「待っていた」「コレだョ、コレ!」と思わせる様な、

明るい話題を提供して欲しいと思う、

ガイシャにはソレが出来て、どうして日本メーカーには出来ないのか?



今年初めにホンダから発売した「アフリカツイン」・・・思えばコイツも2気筒であるが、

販売好調と聞いたニュースは少し嬉しく思ったのだが、

コレも「待っていた」モデルの一つでアリ、

各社からも多くの、こんな明るい話題をもたらすモデルを出してくれたらと願う、

でも、買うか、買わないかと言われれば、

他に欲しいモデルがあるので買わない(買えない?)となるのが正直なトコロではあるが・・・。



さて、最後にですが、

今回のブログをもって、しばらく更新をお休みしたいと思います、

でも、前回の様に長期では無く、少しの間だけ、と予定しています、

年末にできれば1度更新して、

来年からまた思うコトを好きなままに書いていこうと考えておりますので、

お付き合いいただけましたら、と思います、

ココまで読んで下さった方、どうもありがとうございました。
ブログ一覧 | 思考のブログ | 日記
Posted at 2016/10/10 10:29:05

イイね!0件



この記事へのコメント
2016/10/10 11:01:04
ビコーズ?何故?と言う答えなら

持ってますがね・・・(´Д`)

車業界が低迷した理由・・・・・

マジメが増えた!

不良が減った!・・・・・

不良が付く職種は給料が安い!

それだけのことです・・・はい!

世の中が『望んだ』流れですので

逆らってぁいけませんね・・・・・

゚.+:。(*-ω-)(-ω-*)゚.+:。ウンウン
コメントへの返答
2016/10/16 08:33:55
おはようございます
返信遅くなり申し訳ありません。


なるほど!
確かにそう言われれば
そうなのカモしれません、

でも、理由はどうあれ
ソレは望んでいないとも言えますが
こうするしか無いとしか
考えない人がたくさんいるのでしょう、

まぁ私も師匠も(?)
排ガス臭いのが好きな人種なので
こういう人間がたくさんいても
イケナイのでしょうケドね。
(笑)

2016/10/10 12:30:02
車は排ガス規制が進んでいますが、
同じエンジンを持つ乗り物としては
仕方ないことだと思います。
パワーダウンも否めないですが、
そこは技術で何とかして欲しいと思います。
環境に対する取り組みはヨーロッパが進んでいるので、そこで売れる商品であれば、世界中で売れると思いますがね。
日本企業も頑張って欲しいですね!
コメントへの返答
2016/10/16 08:42:53
おはようございます
返信遅くなり申し訳ございません。


仕方無い・・・と済ますのは
国産メーカーのやっているコトと
なってしまう様な・・・?

やはりエンジンへの「思い」なのだと
私は思います、

今回挙げたバイクは一例ですが
クルマでもそんな「思い」をカンジる
そんなエンジンはあると思います、

問題はソレが求められているモノか
買いやすいモノなのかどうかなのです、

あまりにも高価になってしまったり
メンテが面倒なモノになってしまうのは
良く無いのですが・・・、

コレは仕方無いのカモしれません、

2輪でも排ガス規制によって馬力低下は
否めませんがソコはヒジョーに良く
やっているなと私は思います、

しかしソコに「思い」があるかどうかは・・・?


クルマもバイクもまだまだ
欧州勢には敵わない
そんなトコロでしょうか、

価格・品質・性能では劣っている部分は
少ないと思うので、

やはり思いや考え方が
まだまだなのでしょうか。
2016/10/10 18:06:21
なかなか環境問題に合わせてとなると大変なんでしょうね〜(汗)


自動車も規制に対応するのに大変なのにバイクなんてもっと大変そうです(滝汗)
コメントへの返答
2016/10/16 08:48:08
おはようございます
返信遅くなり申し訳ありません。


仕向け地それぞれの規制もありますから
輸出用になるとそれだけ多くの部品を
造らないとイケナイでしょうから
大変ですよね、

灯火類は仕方無いにしても
環境性能を高めると高価に
なってしまいますが、

コレが途上国では受け入れ難いので
基準の甘いモノを造る・・・
とするとトータルのコストが・・・と
堂々巡りになります、

高価な車両であれば
排ガス関連はイチバンキビシイモノで
一種造ればソレで良いのですが
安価なモノだとソレがムズカシイから
技術者はアタマが痛いでしょうね、

小さいバイクは種類が多いので
大変なのですョ。
(汗)
2016/10/29 07:23:15
「こんなモデルを何時いつ出す」・・・これは是非やってほしいですね。
発売がかなり先だったとしてもその間にお金を貯めて準備できますし。

バイクを買った後に更に自分の好みにピッタリの新型車が出て来ないか・・・新車を買うたびにドキドキしてます。
コメントへの返答
2016/10/29 13:50:53
こんにちわ
コメントありがとうございます。


ナイショにしておいて
ビックリさせておきたい・・・と言う
コドモじみた言い分は無いと思いますが
メーカーとしては極秘にしておきたい
部分ですね、

新型車発売前に他社にライバル商品を
出されてしまっては敵わないでしょうし、

でも、今はネットである程度情報が
リークしてしまう部分もあるので
概略だけでも・・・教えて欲しいですね、

おっしゃる様に予算を組んだりとか
今のクルマの処分をどうするかとか
イロイロ考えられますから。


新車を買って残念に思うのは
やはり新型が出てしまうコトでしょう
中古ならより良い物件が出て来てしまうとか
タイミングの問題もありますから
とてもムズカシイハナシですが、

なるべく自分の考えや理想に近い
クルマ・バイクを手にしたいですね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「思うコトを書いてみる・・・その⑥ http://cvw.jp/b/770138/38673762/
何シテル?   10/10 10:29
皆さんこんにちは、canonです、 どうぞよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
コメント・メッセージやり取りできる方ならば、お願い致します。
66 人のお友達がいます
たか@しぃ~1たか@しぃ~1 * イソメイソメ *
銀汰狼銀汰狼 * LIBERTYLIBERTY *
リョーマ様リョーマ様 * トシJZA70トシJZA70 *
ファン
30 人のファンがいます
愛車一覧
カワサキ KH250 カワサキ KH250
平成24年12月6日購入して まだお店にあります これから仕上げていきます・・・。 ...
日産 ジューク NISMO 日産 ジューク NISMO
H25.12.21契約 H26.1.5ディーラーへ配車 画像のクルマが私の愛車になりま ...
ホンダ ドリーム50 ホンダ ドリーム50
ドリーム50、私の長年の相棒です。 手放そうと思った時期もありましたが、 乗り続けて良か ...
ホンダ ベンリィ CD125T ホンダ ベンリィ CD125T
H25.12.28 納車となりました。 H25.12.19 近所のバイク屋さんから ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.