• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

canonのブログ一覧

2017年09月30日 イイね!

「クルマの映画、映画の中に出てくるクルマ」その77

●公開初日のレイトショウで家内と鑑賞

早速見てきました、

映画「僕のワンダフル・ライフ」、

犬好きの方は必見の作品となる一本でしょう、



元々涙もろい私(苦笑)、

終始ハンカチ手離せずの鑑賞です、

で、ナゼに 「クルマの映画、映画の中に出てくるクルマ」のタイトルかって・・・?

結構出てくるんですョ、



物語の主人公はあくまで「犬」ですが、

ソノ飼い主が’64年型と思われるシボレーインパラに乗っていたり・・・、
(コレが前半結構出てくる)

飼い主のお父様が車種不明のランブラー(消滅したメーカーですね)、

お母様が’67年型?のシボレーノヴァ、

他には’80年頃のシボレーカプリスのパトカーや、

初代RX-7や同じく初代のアコード3ドアとか・・・、

物語が50年余りの年月を再現しているので、

地元愛好家からこんな車種を借りたとパンフレットにありました、

他にも’70年ごろのキャディラックや’50年代のピックアップトラックもおります、

こんなクルマ探しするのも映画を見るひとつの楽しみでしたね。


●でも、あくまでも犬の物語

内容的には一匹の子犬からの成長と生涯を物語として、

一匹のワンコが生きる意味を探しながら、

ソノ犬がまた生まれ変わって、

初めて出会った飼い主を捜し求めてまた生まれ変わる・・・と

楽しいコト・嬉しいコト・哀しいコト等・・・イロイロな表情を描写しています、









監督さんが犬の映画はコレが3作めとなる言うラッセ・ハルストレム氏、

犬が大変好きなんだなぁと言うのが作品を通して伝わりました・・・(涙)、



物語のもうひとつの軸は画像上の少年~大人になった姿を描いているのですが、

コレがまた良いおハナシなんですね、

見終わったあと、

久々にココロの奥底からあったかくなった作品ですね、

泣いて目が真っ赤でしたケド(笑)、



「僕のワンダフル・ライフ」は邦題で、

原題は「A DOG’S PURPOSE(犬の目的)」だそうです、



帰宅してからコイツと「ワンダフル・ライフ」をしたのは言うまでもありません(笑)、

それでは、また次回!
Posted at 2017/09/30 21:03:31 | コメント(5) | トラックバック(0) | 映画・音楽関連 | 日記
2017年09月24日 イイね!

「クルマの映画、映画の中に出てくるクルマ」その76

●久々にこのタイトル使います(苦笑)

前回のブログ以降も、

いくつかのクルマ関連映画の新作や旧作は観てましたが、

まぁソレはまたいつかブログに書けば良いだろうと(汗)、

で、今回はつい先日から公開されたコレを・・・、



「スクランブル」ですね!!

私、大ファンの名優クリント・イーストウッド氏の息子、

スコット・イーストウッド氏が主演、

雰囲気は父親ソックリ!!

そんな姿見ていて「ダーティ・ハリーの新作みたいのやらないカナ~」なんて(笑)、

物語に登場するおクルマ達は・・・、



コブラに私の憧れの1台「ブガッティ・アトランティーク」、



フェラーリ250GTO・・・、

現在オークションで高値更新中のおクルマがたくさん出てきます、



細かいケチ付けると(笑)まぁあるのカモしれませんが、

こういう映画はオタクにならずに軽い気持ちでサラッと楽しむのがよろしいのではないでしょうか?



同行した家内も「面白いネ」と言ってくれました、

DVDが出たらお酒を片手にユックリくつろいで見直したい作品です。


それでは、また!!
Posted at 2017/09/24 16:59:28 | コメント(4) | トラックバック(0) | 映画・音楽関連 | 日記
2014年08月23日 イイね!

「クルマの映画、映画の中に出てくるクルマ」その75

「クルマの映画、映画の中に出てくるクルマ」その75話題の?映画
「ホットロード」、

レイトショーで
鑑賞してきました。






終わりが深夜0時近かったですが
観覧客は結構いましたね、

原作が少女マンガだからか、

女性客が多かったように思いました、



私的には画像のようなオートバイが多数出るとのコトで、

ソチラを期待して観に行ったのですが・・・、

やはり女性向けなのか、

チラホラとは見かけますが、

パンフレットに書かれているほど?

スゴく良かったとは思えなかった、
(苦笑)

映画の内容も、

私は原作を読んだコトなく内容は知らなかったのですが、

もっと派手で過激なのを期待したのですが、

かなり地味目?でやはり女性向けなのか、

そして当時(昭和61~62年くらい)の再現的な設定にもかかわらず、

チョット小道具・衣装等々の煮詰めが甘い?とか、
(スカートは長かったですがね・笑・私服がアノ時代はあぁじゃなかっただろう?と)

物語の登場人物とほぼ同じ世代を過ごした私は少し違和感を覚えながら、

「まぁ、こんなモノか・・・」と思い劇場をあとにしました、

ファンの方にはきっとステキな作品カモしれませんが、

私にはチョットモノ足りないなぁ・・・と思えた作品です、

なお、劇中で私と同じケッチ(色はB4型)を確認できました、

エンジン・排気音が1シーンですが良く聞こえました。
Posted at 2014/08/23 10:51:06 | コメント(3) | トラックバック(0) | 映画・音楽関連 | 音楽/映画/テレビ
2014年08月18日 イイね!

「クルマの映画、映画の中に出てくるクルマ」その63~74

「クルマの映画、映画の中に出てくるクルマ」その63~74皆さんご無沙汰しております、

暑い中いかがお過ごしでしょうか?

私canonはひたすら映画鑑賞して
おりました!
(笑)



そんなこんなでどどんと紹介!



63・・・クリスティーン

64・・・ザ・カー

コチラの2作は夏にふさわしいホラー作品
canon超おススメの2本!



canon大好きB級作品(笑)は
左上から時計回りに、

65・・・グランド・ザ・レース

66・・・スピードスター

67・・・ワイルドランナーX2

68・・・ドライヴ

69・・・エグジット・スピード

でも今回の5作品は「当たり」でした、

なかなか楽しめました、



バート・レイノルズ主演作品からはコチラの2本、

70・・・白熱

71・・・トランザム7000

「白熱」は初めて見ました、

「トランザム7000」はご存知の方も多いかと思います、



名作?系からはコチラ、

72・・・さらば青春の光

73・・・ゲッタウェイ

「さらば青春の光」はモッズスタイルに憧れる方には伝説の?映画、

「ゲッタウェイ」はスティーブ・マックイーンを代表する1本、



新作系からはコチラ、

「ワイルド・スピード・ユーロ・ミッション」は以前ご紹介したのでカウント外、
(DVDが安価でようやく手に入りました)

74・・・6月に公開された「ニード・フォー・スピード」は超高級スーパーカーの映画でしたが・・・、

と、ココ2ヶ月半の間に見たクルマ・バイク作品群でした、



canon的にはモチロン↑コチラの作品も忘れていません、

ケッチも出るようなので後日チェックしに行きます、



そしてクルマ以外の映画と言えば・・・、

「アナと雪の女王」は観てませんが、
(苦笑)

「マレフィセント」は観ました、

あとは・・・canon的(笑)の、

「鳳神ヤツルギ 木更津超決戦」

「キカイダー リブート」

「聖闘士星矢 レジェンド・オブ・サンクチュアリ」

「女子ーズ」を鑑賞、

イチオシは当然の?「女子ーズ」です!
(爆)



ココからはオマケ、



7月の終わりに数年ぶりの5連休が取れたので・・・、



茨城へ家内の父のお墓参りがてら
日光・中禅寺湖へ旅行してきました、

コチラより気温は10度くらい低くとても涼しくて快適でした、



宿泊はコチラ、

中禅寺金谷ホテル、



美味しい料理を食べてきました、



中禅寺湖の花火大会を偶然にも見学できたのがラッキーな旅行でした。



ココからはオマケの本題、

第6章、
(笑)



7月某日、

ジュークを走らせ東京・杉並にある「コネクティングロッド」さんを訪問しました、





日本でイチバン「ベスパ」を販売しているお店だそうです、



帰りにお店の支配人Hさんから画像の書籍をいただきました、



だって、新しいバイク買ったんだもん、
(爆)

もうスグ我が家にやってきます、

楽しみです♪



オマケのオマケ、



8月9日は・・・ウッキィ、5歳の誕生日♪



さて、まだまだ暑い日が続きますが、

皆さん熱中症にお気をつけてお過ごし下さい、

後日またコチラの場でお会いしましょう、

以上、canonのココ2ヵ月半ほどの近況報告でした!
Posted at 2014/08/18 11:10:58 | コメント(9) | トラックバック(0) | 映画・音楽関連 | 日記
2014年04月13日 イイね!

「クルマの映画、映画の中に出てくるクルマ」その62

「クルマの映画、映画の中に出てくるクルマ」その621976年のコチラの作品は
「タクシードライバー」、

主人公は名優ロバート・デ・ニーロ
彼がタクシー運転手を演じるのですが・・・、

コノ映画・・・人間がキレるとこうなると言うのでしょうか
ある意味コワい。
(苦笑)





物語前半はタクシー運転手としての日常を描いています、

しかし最後の最後で・・・
何がどうなったのか、

デ・ニーロは豹変し狂気の沙汰とも言える行動に出ます、

ある1人の女性の為に・・・、

ソノ女性とは・・・まだ若き頃のジョディ・フォスター、
(カワイイです・笑)

何がどうなったのか?
知りたい方は是非レンタル店へ。
(苦笑)
Posted at 2014/04/13 03:08:12 | コメント(2) | トラックバック(0) | 映画・音楽関連 | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「5年 http://cvw.jp/b/770138/40577517/
何シテル?   10/15 07:18
皆さんこんにちは、canonです、 どうぞよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

コメント・メッセージやり取りできる方ならば、お願い致します。
68 人のお友達がいます
リョーマ様リョーマ様 * ライド☆ギグライド☆ギグ *
ホシノテンパる!?ホシノテンパる!? * wata-pluswata-plus
教皇@ボマイェ教皇@ボマイェ kotarokotaro

ファン

37 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ XL230 ホンダ XL230
家内とのタンデムツーリングをメインに 日常でも活躍できると思い購入に。 H28.10. ...
スバル ステラ スバル ステラ
空気の存在のような、 所有するコトを意識しているのをカンジさせない クルマをと思い購入 ...
ホンダ ドリーム50 ホンダ ドリーム50
ドリーム50、私の長年の相棒です。 手放そうと思った時期もありましたが、 乗り続けて良か ...
カワサキ KH250 カワサキ KH250
平成24年12月6日購入して まだお店にあります これから仕上げていきます・・・。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.